※8/7 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶84,179,691人・ 死者 6百417,815人!。★国内感染者 152人死亡(累計3万3,711人)・ 20万6,495人感染(累計1,430万2,864人)!。※コロナウィルス”接種”励行!▼コロナ渦”脅威”終息?。

    ー--ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺隠れ家へ!。ー--

☆今日8(月)35℃25℃晴 明日9(火)36℃26℃晴 明の後日10(水)36℃27℃晴/曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・感染症熱中症・脱水症予対・対策!。

★前線停滞 北海道や東北で10日にかけ激しい雨のおそれ。停滞する前線の影響で、北海道で非常に激しい雨が降り、留萌地方の多いところでは平年の8月一か月分を超える大雨となっています!。北海道や東北では10日にかけて激しい雨が降り続くほか、前線は1週間程度停滞するため、東北の日本海側を中心に大雨となるおそれがあります。雨が夜の時間帯に強まる地域もあるため、状況が悪化する前に安全な場所で過ごすようにしてください。北日本で前線停滞 非常に激しい雨 気象庁によりますと、日本海から北海道付近にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、北海道や東北では大気の状態が非常に不安定になっています。午後5時までの1時間には、北海道の音威子府村国土交通省が設置した雨量計で51ミリの非常に激しい雨を観測しました。北海道遠別町では、午後4時半までの6時間に降った雨の量が観測史上最も多い151.5ミリに達し、平年の8月1か月分の雨量を超えています。北海道では、土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。北海道と東北では10日にかけて各地で激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。9日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽東北で200ミリ▽北海道で150ミリと予想されています。更に、10日夕方までの24時間には東北で100ミリから200ミリと予想され、ふだんあまり雨の多くない東北北部などでは災害の危険性が高まる雨量です。前線は1週間ほど停滞 総雨量が非常に多くなるおそれさらに前線は今月15日ごろにかけて、向こう1週間にわたり東北付近に停滞することから東北の日本海側を中心に警報級の大雨が続き、総雨量が非常に多くなるおそれがあります。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。このあと雨は、夜の時間帯に強まる予想で、川や崖の近くなど災害の危険性が予測される地域などに住む方は、自治体の避難情報などを確認し、状況が悪化する前に安全な場所で過ごすようにしてください。西~東日本 各地で猛暑 今後1週間程度は続く見込み一方、西日本と東日本では高気圧に覆われて晴れ、各地で猛烈な暑さとなりました。日中の最高気温▽富山市で37.1度▽群馬県館林市山口県萩市で37度ちょうど▽高松市で36.9度▽埼玉県熊谷市で36.5度などと猛暑日となったほか▽大阪市で34.9度▽東京の都心で33.9度と厳しい暑さになりました。9日も猛烈な暑さが続く見込みで日中の最高気温は▽大分県日田市と甲府市、埼玉県熊谷市で37度福岡市と京都市福島市で36度▽東京の都心や名古屋市で35度などと猛暑日が予想されています。「熱中症警戒アラート」が新潟県や北陸といった大雨の被災地のほか、関東甲信から九州にかけての各地に発表されています。猛烈な暑さは今後1週間程度は続く見込みで、熱中症に警戒し、こまめな水分補給や適切な冷房の使用など一層の対策を心がけてください。「前線の停滞」なぜ1週間程度も気象庁は、北日本付近で1週間程度にわたって雨が降り続き、災害のリスクが高まるとしています。その大きな原因の1つが「前線の停滞」です。なぜ1週間程度も前線が停滞し続けるのか。それは、日本の東の太平洋高気圧と日本の北の低気圧がいずれも勢力を保ったままその場にとどまる予想となっているためです。暖かい空気を伴った高気圧と、寒気を伴った低気圧の間に沿うように前線が停滞する見込みで、その停滞する場所が東北北部など北日本付近と予想されています。さらに、この前線に向かって太平洋高気圧のふちを回るように暖かく湿った空気が流れ込み続ける見込みです。このため気象庁は、東北の日本海側など前線の周辺では雨量が多くなり、先週のような大雨が降ってもおかしくない状況だとして、警戒を呼びかけています。

★列島は昨日から「立秋」なのに厳しい暑さ! 。東京都心4日ぶりに真夏日 あすも体にこたえ 8日もうだるような暑さの所が多いでしょう。最高気温は東北でも30℃以上の所が多くなりそうです。関東は33℃ほど、北陸や東海から九州は35℃くらいまで上がる所が多くなるでしょう。沖縄も33℃くらいで、蒸し暑くなりそうです。熱中症情報をみますと、東北や沖縄は「厳重警戒」、関東から九州は広く「危険」となっています。熱中症リスクが高くなりますので、暑さ対策をしっかりとなさってください。●熱中症の応急処置 熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。先ずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。只、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。

★鎌倉 鶴岡八幡宮「ぼんぼり祭」開催 大河出演者が描いたものも!。鎌倉市鶴岡八幡宮で、夏の夜を彩る「ぼんぼり祭」が6日夜から始まりました。鶴岡八幡宮の「ぼんぼり祭」は、鎌倉にゆかりのある文化人らが奉納した絵や書をぼんぼりに仕立てて境内に飾る催しで、毎年この時期に開かれています。初日の6日は、辺りが暗くなり始めると、大小およそ400のぼんぼりの中のろうそくに次々と火がともされました。今年は、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場する歴史的人物を描いたぼんぼりが多く見られ、このうち、出演者の大泉洋さんが描いた源頼朝や脚本家の三谷幸喜さんが描いた北条政子のぼんぼりが注目を集めていました。訪れた人たちは写真を撮るなどして幻想的な夏の夜を楽しんでいました。家族と訪れた母親は「鎌倉殿の13人のぼんぼりが楽しかったです」と話していました。鶴岡八幡宮の「ぼんぼり祭」は9日まで開かれる予定です。
★増水で死亡事故 沖縄・ター滝閉鎖!。
沖縄やんばるの人気行楽地だけど・・・「ター滝」きょうから閉鎖 増水で死亡事故 地元「最悪の事態が起きてしまった」 大宜味村「最悪の事態が起きてしまった」。沖縄県大宜味村津波の人気観光地・ター滝の周辺で女性(25)=東京都=が急な増水で川に流され死亡した事故では、やんばるの大自然を満喫していた多くの行楽客が取り残されたとみられる。楽しい行楽の場が、天候の急変により痛ましい事故の現場となり、地元住民からはショックの声が上がった。

★空から見ると…住宅地の真ん中に、巨大なミステリーサークル?。直径1キロの広大な緑地!。横浜市泉区深谷通信所跡」 横浜市泉区の南部、戸塚区と接するエリアに広大な緑地がある。空から見ると直径約1kmの見事な円形で、14面の野球場や広場があるかと思えば、立ち入りを制限されているエリアも少なくない。なぜこのような円形になっているのだろうか。■戦時中は海軍の通信隊がおかれていた円形のエリアは「旧深谷通信所跡」と呼ばれていて、もともとは海軍の通信所だった。2018年(平成30)2月に横浜市が公開した「深谷通信所跡地利用基本計画」によると、ここには戦時中、旧日本海軍の通信施設があって「東京海軍通信隊戸塚分遣隊」という通信部隊がおかれ、地元の人たちは「深谷通信隊」と呼んでいたようだ。対米戦争を睨んで西太平洋地域における送信力を強化するため、1941年(昭和16)に用地が買収されると工事が開始され、1944年(昭和19)3月に開隊した。敷地は直径約1kmの円形、面積は約77haと記されている。戦後は通信施設用地として米軍に接収されていたが、2004年(平成16)の「日米政府間における返還方針合意」を経て、2014年(平成26)6月に日本へ返還された。現在は一部を横浜市が国から委託を受けて管理し、多目的広場や野球場などとして使われている。一方で、外周に接するほとんどの部分と中央部は、財務省関東財務局横浜財務事務所が管理しており、今後どのように活用するかについては横浜市で利用計画を策定中とのこと。■今後の利用は主に防災機能を重視した施設にこれだけ広大な土地を遊ばせておくわけがなく、返還方針が合意された2004年から「跡地利用指針」や「行動計画」が策定されて、今後の利用法が検討されている。「旧深谷通信所跡地利用基本計画の考え方」によると、広大な敷地を活用して防災性を向上させ、広域避難場所に指定したりヘリポートを設置したりするほか、貯水槽や備蓄倉庫などの設置も検討されているという。また、もともとは海軍部隊が常駐していたため、排水施設が整備されている。これを活用して雨水の流出を抑制する施設を整備するほか、水や緑あるいは花などがもつ潤いや安らぎを活かした「グリーンインフラ」の考え方を取り入れた都市基盤の整備も検討されているようだ。敷地の中には車が通行できる通路が縦横に整備されていて、周辺地域に住む人たちに不便がないような配慮がなされている。グーグルマップで「かまくらみち」と表示されている県道に、「通信隊前」というバス停まである。人家がないので、野球場や広場へ遊びに来る人が利用するのだと思われる。将来は一部でも、民間に払い下げる計画はないのだろうか。財務省関東財務局横浜財務事務所に尋ねてみたところ、「横浜市で策定中の計画が具体的に決まり次第、処分方針の策定にかかる協議を進めていく」とのことだった。横浜市政策局が出している「深谷通信所跡だより」第2号によれば「本格的な整備までの間に、地域の皆様が返還を実感できるよう暫定利用をしています」とあって、ごみを投棄しないことや国の管理地へ立入らないことなど利用のルールを定めている。広場では、防災や環境をテーマにしたイベントがたびたび行なわれ、多くの人が訪れて賑わうそうだ。余談ながら、千葉県船橋市行田2丁目の行田公園を含むエリアにも、円形になった地形がある。こちらもやはり旧海軍の通信施設跡で、「海軍無線電信所船橋送信所」があったそうだ。

★猛暑影響の規格外野菜 業者が販売し「食品ロス」削減へ!この夏の猛暑の影響などで大きさや形が不ぞろいとなった規格外の野菜を販売し、いわゆる「食品ロス」を減らそうという取り組みが食品を扱う業者の間で広がっています。農林水産省によりますと、この夏の猛暑の影響で急速に生育が進み通常よりサイズが大きくなる野菜も見られるということで、こうした野菜が市場の規格にあわないと、まだ食べられるのに廃棄されるおそれがあります。こうした中、東京 品川区に本社がある食品の宅配会社は、規格外の野菜などを専門に扱うサービスを今月立ち上げました。この会社では、大きくなりすぎたかぼちゃや、暑さで水分が行き渡らず、大きく曲がったきゅうりなど、これまでに5品目を販売しています。「オイシックス・ラ・大地」の東海林園子さんは、「通常では出荷できない野菜が増えていると聞いてサービスを立ち上げました。今後も生産者の声を聞きながら商品を提供していきたい」と話していました。又、生産者が直接出品できる通販サイトを手がける岩手県花巻市の会社も、規格外の野菜や果物を販売していて、生産者と消費者を仲介し、「食品ロス」を減らそうという取り組みが食品を扱う業者の間で広がっています。

※8/7 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶84,179,691人・ 死者 6百417,815人!。アメリカ感染者92,197千人死者1,034人②インド感染者44,137千人死者526千人③ブラジル感染者34,011千人死者679千人④フランス感染33,098千人死者149千人⑤ドイツ感染者31,228千人死者144千人⑥英国感染者23,368千人死者185千人。⑦イタリア染21,286人死者173千人。

イスラエル ガザ地区空爆続け応酬も 国連が鎮静化呼びかけ!。パレスチナ武装勢力に軍事作戦を行っている中東のイスラエルは、6日もガザ地区への空爆を続け、パレスチナ側の死者の数は女性や子どもを含めて24人に上ります。これに対して武装勢力側もロケット弾で反撃し、国連は双方に事態の鎮静化を呼びかけています。イスラエルは今月5日、イランからの支援を受けるガザ地区武装勢力イスラム聖戦」への軍事作戦を始め、6日には地区の中心的都市ガザ市で、勢力の拠点だったとみられる住宅などへの空爆を行いました。NHKが独自に撮影した映像では、建物が密集した町なかから突然黒煙と赤い炎が上がり爆発音が聞こえるほか、夜間にはロケット弾と迎撃ミサイルによる応酬の様子が確認できます。一方、イスラム聖戦は、5日に軍事部門の幹部が空爆で殺害されたことなどに反発し、イスラエル南部をロケット弾で攻撃しています。今回の攻撃の応酬でパレスチナ側は、子どもや女性を含む24人が死亡し200人以上がけがをしまし一方のイスラエル側は、死者は出ておらず、避難の際に数人のけが人が出たと伝えられています。今回の事態を受けて国連で中東和平を担当するウェネスランド特使は、最近のウクライナ情勢を念頭に「世界的に資源がひっ迫するなか、さらなる人道支援や資金援助を用意する余裕はない」と懸念を示し、双方に事態の鎮静化を呼びかけています。

★フランスで記録的な干ばつ 電力供給や農業生産に深刻な影響!。ヨーロッパで猛暑が続く中、フランスでは記録的な干ばつで一部の原子力発電所が出力の大幅な低下を余儀なくされるなど電力供給や農業生産に深刻な影響が出る事態となっています。ーロッパの西部や南部では、ことし6月ごろから高温や乾燥した状態が続き、このうちフランスでは、一日を通して高温となる日が数日にわたって続く「熱波」が、相次いで発生しています。この影響で7月、1か月の全国の降水量の平均値は9.7ミリと、去年の同じ月の90.8ミリの1割余りとなり、7月の降水量としては統計を取り始めてから最も少なくなりました。国内およそ100の自治体で、飲料用の水が不足していて、政府は「フランス史上、最悪の干ばつだ」として緊急の対策チームを立ち上げました。パリでも水を再利用しない噴水の運転が止められたほか、市民に対し風呂に湯をためずシャワーを使うなどの節水を呼びかけています。又、原子炉の冷却に川の水を利用している原子力発電所では発電所から出る温排水で川の水温が上昇していることから環境への影響を抑えるために一部で出力の大幅な低下を余儀なくされるなど電力供給にも影響が出る事態になっています。更に、干ばつは小麦や牛乳などの農業生産にも打撃を与えていて政府はことしの小麦の生産量が前の年に比べ7%余り落ち込む見通しを示しています。フランスでは干ばつが来週以降も続くと予想され、さらに影響が広がることが懸念されています。酪農 水や栄養不足で牛乳量や品質低下 記録的な干ばつは酪農地帯にも深刻な影響を与えています。フランス南部にある人口300人ほどの村、ルブシェサンニコラです。6月からの暑さと乾燥で地下水が大きく減りました。住民の飲み水は村がトラックを手配し、1週間に3回、合わせておよそ30万リットルの水をほかの地域から確保し、給水施設に運んでいます。夫婦で酪農を営むギヨーム・ジュリアンさんと妻のセリーヌさんは、乳牛を80頭飼育していますが、村に1つしかない農業用の貯水槽が利用できなくなり、6月以降毎日、湖からトラクターで水を運んで急場をしのいでいます。エサにも影響が出ています。干ばつのため牛のエサとなる牧草が順調に育ちませんでした。穀物価格が高騰していて、新たに飼料を購入することも難しいため冬用の備蓄を切り崩して使っています。それでも水や栄養が足りないせいか、牛から取れる牛乳の量は2割ほど減っているほか、品質も低下しているということです。ジュリアンさんは、「とても壊滅的な状況で、干ばつのせいでみんな落胆している。なんとか解決策を見つける必要がある」と窮状を訴えていました。電力供給に追い打ち 記録的な干ばつは、フランスの電力供給にも大きな打撃を与えています。各地の河川や貯水池で水の量が大幅に減ったため、水力発電所がタービンを回す水を十分に確保できず、なかには運転を止めるところも出ています。南部ガロンヌ川の流域では、降水量が最も多いはずの5月からほとんど雨が降らず、13ある水力発電所の出力は大幅に低下し、発電量がおよそ30%減ったところもあります。更に、国の電力のおよそ70%をまかなう原子力発電所にも影響が出ています。フランスの原発の多くは川の水を使って原子炉を冷やし、再び川に戻しています。しかし、強い日ざしに加えて原発から出る温排水で川の水温が上昇していることから、環境への影響を抑えるためにこれまでに少なくとも6つの発電所が出力の大幅な低下を余儀なくされていてこのうちガロンヌ川沿いにある原発では出力が30%以下に落ち込む日もあるということです。フランスの原発は定期点検に加えて、一部で不具合が見つかったことから、56基のうち30基が運転を停止する異例の事態となっており、記録的な干ばつは厳しい電力供給に追い打ちをかけています。

キューバ 落雷により石油貯蔵施設で大規模火災 80人近く負傷、消防士など17人行方不明!。|カリブ海の島国キューバの石油貯蔵施設で5日、落雷により大規模な火災が発生し、80人近くが負傷したほか、消防士など17人が行方不明となっています。AP通信によりますと、大規模な火災が発生しているューバ西部のマタンサスにある石油貯蔵施設です。火災は5日夜、落雷により発生し、複数のタンクに燃え広がっていて、これまでに4回の爆発が起きているということです。77人がケガをしたほか、延焼を防ごうと放水を行っていた消防士17人の行方がわからなくなっています。現場にいた人「タンクの下にいたが、爆発があり、トラックにも燃え広がったので現場を離れざるをえなかった」メキシコやチリなどが消火活動の支援を申し出ているということです。

★ブラジルに移住した被爆者ら 原爆の恐ろしさを演劇で伝える!。広島で被爆し戦後ブラジルに移り住んだ被爆者たちのグループが、原爆の恐ろしさを広く知ってもらおうと、広島原爆の日にあわせてみずからの体験をもとにしたポルトガル語の演劇を披露しました。広島で被爆し、戦後ブラジルに移住した森田隆さん(98)、盆子原邦彦さん(82)それに、渡辺淳子さん(79)の3人はみずからの被爆体験をブラジルの人たちにポルトガル語の演劇で伝える活動を10年近くにわたって続けてきました。広島原爆の日の6日、最大都市サンパウロで公演が行われ、会場にはブラジル各地からおよそ200人が集まりました。体調不良で欠席した最年長の森田さんの役は日系人の俳優が演じ、映像や音楽を交えながら原爆が投下されたときの衝撃や大勢の人たちが飲み水を求めて町の中をさまよった様子などを演じました。グループによりますとブラジルに移住した被爆者は高齢化が進んでいますが、今後も若い世代を中心に戦争や原爆の体験を伝えていくことにしています。演劇を見た17歳の女子高校生は「憎しみは死をもたらすだけです。演劇を通じて寛容であることの大切さを学びました」と話していました。

★ 西岡良仁、シティOP決勝進出 世界8位のルブレフ破る!。決勝ではウィンブルドン選手権準優勝のニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。過去の対戦成績はキリオスの3戦全勝。西岡は2018年の深センオープン以来となるツアー2勝目を目指す。

★【MLB大谷翔平の衝撃24号は“97人が死球” ひどい悪球打ちすぎて!。■アスレチックス 8ー7 エンゼルス(日本時間5日・アナハイム)エンゼルの大谷翔平投手が4日(日本時間5日)に放った24号ソロの衝撃が収まらない。見逃せば完全にボールとなる内角への一投は、多くの打者が死球になるほどの“超悪球”だったことが判明。ファンは「マジでクレイジー」「酷い球、そして歴史的な打撃」と、今でも信じられないだ。拠地で行われたアスレチックス戦の7回。内角へのスライダーを巻き付けるようにフルスイングすると、打球は右翼スタンドへ。打球速度107.1マイル(約172.4キロ)、飛距離399フィート(約121.6メートル)。角度39度のムーンショットだった。米国でスポーツデータを提供する「コーディファイ・ベースボール」は、「ショウヘイ・オオタニがなぜか本塁打にしたこの球よりも内角に入っていない球で死球になった左打者が97人いる」と驚くべき事実を紹介。ファンは理解できないようで「これはヤバイ」「どうやったらこんなことが可能なんだ」などとコメントを寄せていた。

★陸上 U20世界選手権 男子400mリレー 日本が優勝 大学生4人で!。コロンビアで行われた陸上の20歳未満の世界選手権で、男子400メートルリレーに大学生4人で臨んだ日本が39秒35のタイムで優勝しました。コロンビアで開かれた陸上の20歳未満の世界選手権は5日、男子400メートルリレーの決勝が行われました。池下航和選手、藤原寛人選手、舘野峻輝選手、柳田大輝選手の大学生4人で臨んだ日本は、アンカーの柳田選手が前を行くアメリカをかわし39秒35のタイムで2着でフィニッシュしました。然し、1着でフィニッシュした南アフリカが失格となったため、日本が優勝となり、2位は日本と同タイムだったジャマイカで、3位はアメリカでした。

松井秀喜さん アメリカで3年ぶり野球教室 野球の楽しさ伝える!。大リーグのヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんが6日、アメリカで野球教室を開き子どもたちの前でバッティングを披露するなどして野球の楽しさを伝えました。松井さんは、巨人でプレーしたあと大リーグのヤンキースでは7シーズンプレーし、引退後は野球の普及を目的とするNPO法人を運営しています。6日はアメリニューヨーク州新型コロナウイルスの感染拡大後、開いていなかった地元の子どもたちを対象にした野球教室をおよそ3年ぶりに開催しました。松井さんはおよそ30人の子どもたちを相手にバッティングピッチャーを務めながら、球をよく見てバットを強く振るといったバッティングのポイントをアドバイスしていました。、松井さんが実際にバッターボックスに立ち、外野の柵を越えるバッティングを披露すると子どもたちから歓声があがっていました。松井さんは「無事に開催できたことと、子どもたちが笑顔で終わってくれたことがいちばんです。参加した子どもたちが野球に興味を持ってくれたらうれしいです」と話していました。又、投打の二刀流で活躍を続けるエンジェルスの大谷翔平選手に向けては「健康でプレーしてほしい。誰もやっていないことをやっていて彼にしかわからないことばかりだと思うが、同じ日本人として応援している」とエールを送っていました。

★米デスバレーで前例のない大雨 洪水で1000人立ち往生!。エンジンも日本製 純国産機OH-1「ニンジャ」初飛行-1996.8.6 攻撃ヘリっぽい…米デスバレーで前例のない大雨 洪水で1000人立ち往生 米デスバレーで前例のない大雨 洪水で1000人立ち往生【AFP=時事】乾燥地帯で知られる米カリフォルニア州デスバレー国立公園で5日、「前例のない大雨」で大規模な洪水が発生し、園内で観光客約500人と職員500人が足止めされている。米国立公園局が明らかにした。約60台の車が土砂などにはまり動きが取れなくなっているが、負傷者は確認されていない。洪水の影響で舗装された道路の一部が陥没した他、大型のごみ収集容器が駐車中の車を直撃し、玉突き事故が発生。オフィスやホテルも浸水した。

★国内感染者 152人死亡(累計3万3,711人)・ 20万6,495人感染(累計1,430万2,864人)!。※コロナワクチン”接種”励行!。▼コロナ渦”脅威”終?。大阪府で19人、千葉県で12人、東京都で12人、兵庫県で9人、三重県で8人、埼玉県で8人、神奈川県で7人、福岡県で7人、静岡県で7人、愛媛県で6人、愛知県で6人、鹿児島県で6人、熊本県で5人、香川県で5人、宮城県で4人、岡山県で4人、宮崎県で3人、広島県で3人、福島県で3人、山口県で2人、山梨県で2人、岐阜県で2人、岩手県で2人、島根県で2人、京都府で1人、北海道で1人、奈良県で1人、山形県で1人、栃木県で1人、滋賀県で1人、青森県で1人、鳥取県で1人の合わせて152人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め1430万2152人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1430万2864人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万3698人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万3711人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は7日の新たな感染者数です。▽東京都は238万8862人(2万6313)▽大阪府は151万1135人(1万8309)▽神奈川県は112万2866人(1万2554)▽愛知県は89万5609人(1万3212)▽埼玉県は84万8684人(1万3008)▽福岡県は73万5475人(1万0767)▽千葉県は68万7399人(9085)▽兵庫県は67万5553人(1万598)▽北海道は50万1385人(6322)▽沖縄県は39万3953人(4277)▽京都府は32万4582人(4654)▽静岡県は30万1703人(4700)▽広島県は24万1699人(6029)▽茨城県は23万7302人(4377)▽熊本県は21万3616人(4001)▽岐阜県は17万732人(2984)▽鹿児島県は16万9733人(3123)▽岡山県は15万6226人(2874)▽宮城県は15万3778人(2448)▽群馬県は15万953人(2466)▽滋賀県は14万5960人(2271)▽栃木県は14万5503人(2102)▽三重県は14万4861人(3090)▽奈良県は14万1108人(1779)▽新潟県は12万8216人(3376)長野県は11万9281人(1819)▽長崎県は11万4433人(2560)▽宮崎県は10万9159人(2431)▽大分県は10万5391人(1841)▽青森県は10万777人(1248)▽福島県は9万9640人(2066)▽佐賀県は9万8424人(1102)▽石川県は9万3070人(1654)▽山口県は8万5066人(1853)▽愛媛県は8万3584人(1675)▽香川県は7万9584人(1700)▽和歌山県は7万6092人(1645)▽富山県は6万7544人(1055)▽福井県は6万7259人(1231)▽岩手県は6万1569人(969)▽山梨県は5万8699人(1259)▽秋田県は5万2004人(829)▽高知県は5万590人(1142)▽島根県は4万8769人(811)▽山形県は4万8696人(938)▽徳島県は4万858人(1118)▽鳥取県は3万3740人(798)です。このほか、空港などの検疫での感染確認は2万857人(32)、中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は7日時点で551人となっています。一方、症状が改善して退院した人などは7日時点で、国内で感染が確認された人が1198万6205人、クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて1198万6864人となっています。また、今月4日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で10万2785件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★男子ゴルフ 日本プロゴルフ選手権 堀川優勝 国内メジャー2勝目!。男子ゴルフの国内メジャー大会、「日本プロゴルフ選手権」は静岡県で最終ラウンドが行われ、首位で出た堀川未来夢選手が通算15アンダーで逃げきって優勝しました。29歳の堀川選手は、2位に3打差をつけて最終ラウンドをスタートし、バーディー4つ、ボギー1つ、ダブルボギー1つでスコアを1つ伸ばし、国内メジャー2勝目、ツアー通算3勝目を挙げました。7日スコアを6つ伸ばした片岡尚之選手が通算12アンダーで2位に入り、吉田泰基選手がさらに1打差で3位でした。

★奈良 東大寺 大仏の「お身拭い」 お盆を前に3年ぶり!。奈良市東大寺で大仏にたまったほこりを落とす「お身拭い」が3年ぶりに行われました。「お身拭い」は東大寺の大仏に美しい姿でお盆を迎えてもらおうと、毎年、8月7日に行われています。7日は午前7時から、大仏殿に白装束姿の僧侶や関係者などおよそ140人が集まり、お経を唱えて大仏の魂を抜くための法要を営みました。そして、大仏の手のひらやひざの上にのぼり、ほうきやはたきでほこりを払い落としたあと、布で全身を磨きました。大仏は、高さがおよそ15メートルあるため、頭や顔は天井からつるしたかごに乗った人たちが丁寧に拭いていました。お身拭いは去年とおととしは新型コロナの影響で中止となり、今回は3年ぶりです。参拝に訪れた人たちは、作業の様子を写真に収めたり、手を合わせたりして見守っていました。夫婦で横浜市から訪れた40代の女性は「3年ぶりのお身拭いを見ることができてうれしいです。早くコロナが収まって普通の生活ができるといいと思います」と話していました。又東大寺の橋村公英別当は、「従来のお身拭いをようやく再開することができ、ありがたく思っています」と話していました。

★北陸大雨で線路もゆがむ 復旧難航!。

北陸を襲った大雨で線路もゆがむ…流通への影響懸念されるなか難航する復旧作業 5日の猛烈な雨の影響で運転見合わせが続いている福井県内のJR北陸線は復旧作業が難航し、南北の交通寸断が続いています。一方、通行止めが続く北陸道国道8号では今週前半から半ばをめどに解除できるよう作業が進められています。

★福井 南越前町 大雨で9集落が孤立状態「困っているのは水」!。5日の記録的な大雨で道路が寸断された福井県南越前町では9つの集落で車が通れない「孤立状態」が続いています。このうち大きな被害が出ている上新道地区の田中利治区長がNHKの取材に応じました。田中区長は「地区にある22軒のうち10軒ほどが床上まで浸水しました。中には家の中を通り抜けるように土砂が流れ込んだところもあります。地区の中と外は徒歩でしか行き来できない状態で、これまでに3回、自衛隊や役場の人から食料や水を受け取りましたが、食事よりも家のことが心配でなかなか食事のことを考える気にもなりません」と話していました。田中区長によりますと上新道地区の住民はほとんどが65歳以上の高齢者ですが、上下水道が全く使用できない状態が続いていて、生活に大きな支障が出ているということです。田中区長は、「いちばん困っているのは水です。住民の多くはトイレに困っていて、町には早く仮設トイレを作ってほしいとお願いしています。道路が使えないので給水車も来ることができず、ペットボトルの水だけが頼りですが、体を拭いたり、飲み水に使ったりするだけで精いっぱいです。土砂を流すこともできないので今は一輪車を使って家の中から土砂を出すだけです」と話していました。町によりますと道路が復旧する時期が見通せないため、9つの集落の孤立状態が解消する見込みは立っていないということです。福井県運送業者に委託して水や食料を運ぶとともに、仮設トイレを積んだ車を現地に設置するといった対応を取っているということです。

★多頭飼育崩壊 ウサギが家「占拠!。ウサギが住宅“占拠”多頭飼育崩壊 繁殖力高く2匹が2年で200匹以上に 神奈川県の県西地域で30代夫婦が飼育していたペットのウサギ2匹が、わずか2年足らずで200匹以上に繁殖し、自宅内を“占拠”するほどの多頭飼育崩壊が起きた。犬や猫の多頭飼いのケースは多いが、飼い主のSOSを受けた県担当者やボランティアも「経験上初めてのこと。ウサギに詳しい職員は限られて現場も混乱している」と困惑。今月5日までに1匹を残して全てのウサギが保護され、新たな飼い主を待っている。

★記録的大雨の山形 飯豊町 行方不明の男性 7日も現場周辺を捜索!。記録的な大雨となった山形県飯豊町で橋が崩落し、行方が分からなくなっている男性について6日、男性の車は見つかりましたが、行方につながる手がかりが見つからなかったことから、警察と消防は7日も現場周辺で捜索を行っています。山形県飯豊町では3日、県道にかかる橋が崩落し、橋の上を走っていた車1台が流されたという内容の通報が警察に寄せられ、当時、車に乗っていたとみられる男性1人の行方が分からなくなっています。警察と消防が6日、周辺を捜索した結果、橋の下流から300メートルほど離れた河川敷で男性の車が土砂に埋まった状態で見つかり、車は引き上げられましたが、これまでの捜索で、車内や周辺で男性の行方につながる手がかりは見つかっていないということです。警察と消防は7日もおよそ20人態勢で午前10時半ごろから捜索を始め、時折雨が降る中、スコップを使って車がみつかった付近の土砂を掘り起こしたり、川岸にたまった流木をかきわけたりして、手がかりを捜していました。警察と消防は天候の状況を見ながら、午後も捜索を行うことにしています。特産のアスパラガスも被害 飯豊町では、アスパラガスの生産が盛んで町の特産品となっていますが、8月3日の記録的な大雨で、町内の小白川地区のおよそ160アールのアスパラガスの畑は、6割余りが水につかる被害を受けました。このうち田中俊昭さんの畑は、およそ60アールのうち半分が、流れ込んだ雨水などでアスパラガスがなぎ倒されたり、折れたりする被害を受けました。田中さんによりますと、この畑では3年目となることしから本格的な収穫が始まり、お盆の時期に収穫のピークを迎える予定だったということです。又、畑に泥が流れ込んでしまったことで土の質が落ちてしまい、今後この畑でアスパラガスを再び育てるのは難しいということです。田中さんは「この時期は毎日収穫していたが、一瞬にして失われてしまった。被害の状況を目にしてことばが出なかったです。がっかりしています」と話していました。岩手 一戸町 行方不明の男性見つからず 記録的な大雨で、岩手県一戸町では78歳の男性の行方が分からなくなっていて、いまも手がかりは見つかっていません。警察によりますと男性は雨が降り止んだ今月3日の午後6時ごろ、「農業用ハウスの様子を見てくる」と家族に告げて外出しましたが夜になっても帰宅せず、家族が警察に届け出ました。農業用ハウスの近くを流れる宇別川は大雨の影響で増水していたということで、警察と消防は男性が川に流された可能性があるとみて下流などを捜索しましたが、行方につながる手がかりはこれまで見つかっておらず、8日以降も捜索を行うことにしています。

★副反応低いとされるノババックスのワクチン 集団接種開始 札幌!。国内で4種類目の新型コロナワクチン、ノババックスのワクチン接種が7日から札幌市の集団接種会場でも始まりました。アメリカの製薬会社ノババックスが開発したワクチンは、ファイザーやモデルナとは異なる仕組みで作られ、副反応が出る頻度も低いとされています。札幌市の集団接種では7日からノババックスのワクチンが使われ、会場の札幌市医師会館には事前に予約した人たちが次々に訪れて接種を済ませていました。ノババックスのワクチンは、1回目と2回目の接種では12歳以上、3回目の接種では18歳以上が対象です。この会場では来月上旬までに合わせて8日間の日程で集団接種が予定され、およそ2000回分のワクチンが用意されているということです。接種を受けた50代の女性は「アレルギーがあってワクチン接種を控えていましたが、今回初めて受けることができて安心しました」と話していました。札幌市保健福祉局の細川幸男課長は、「ワクチンの種類が増えたのでぜひこの機会にワクチン接種を検討してほしい」と話していました。