※8/3"コロナ渦!"  ★世界の累計感染者 5憶79,449,545人・ 死者 6百405,470人! ★ 全国感染過去最多死者169人 ・24万9830人 !。 ※コロナワクチン”接種”励行!▼ロナ渦”脅威”終息?。

 ー--ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--

☆今日4(木)30℃23℃雨/曇 明日5(金)28℃23℃曇/雨 明後日6(土)30℃23℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・感染症熱中症・脱水症予対・対策!。    

★東日本中心に5日にかけ大雨 警戒。大気非常に不安定 東日本中心に5日(金)にかけて大雨!。土砂災害や低地の浸水・河川の増水や氾濫に厳重警戒 東日本を中心に、5日(金)にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。落雷や、竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。

★新潟 大雨特別警報 福井 線状降水帯確認 各地で記録的な大雨に!。新潟県では大雨の特別警報が発表され、経験したことがないような大雨となっています。浸水や土砂災害、川の氾濫による重大な災害の危険性が高い状態となっていて、少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。この時間、福井県では非常に激しい雨が降り続いていて気象庁は線状降水帯が確認されたとして「顕著な大雨に関する情報」を発表し、厳重な警戒を呼びかけています。気象庁によりますと、東北や北陸付近に低気圧をともなった前線がのびている影響で山形県新潟県に発達した雨雲が流れ込み、予想を上回る記録的な大雨となっています。気象庁は、4日午前2時前に新潟県に大雨の特別警報を発表しました。現在、特別警報が発表されているのは、新潟県の▽関川村、▽胎内市、です。特別警報は5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で、新潟県では数十年に一度のこれまで経験したことのないような大雨となっています。土砂崩れや浸水、川の氾濫による重大な災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況で、最大級の警戒が必要です。又、山形県新潟県村上市に出されていた特別警報については、大雨警報に切り替えられました。これらの地域の大雨は峠を越えましたが、最上川上流で氾濫が発生するなどこれまでの雨で川の氾濫や土砂災害の危険性が非常に高まっているため厳重な警戒を続けてください。この時間北陸や福島県にも発達した雨雲が流れ込み、気象庁は、福井県嶺北で「線状降水帯」が確認され、非常に激しい雨が同じ場所に降り続いているとして「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。気象庁によりますと、福井県の▽大野市付近と▽勝山市付近ではレーダーによる解析で午前9時半までの1時間におよそ80ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。又、大雨が続いている新潟県では関川村の下関で、午前2時過ぎまでの1時間に149ミリの猛烈な雨が降ったほか、関川村村上市胎内市、阿賀町の付近ではきょう未明から明け方にかけて1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り続き、記録的短時間大雨情報が14回発表されました。4日の朝にかけての24時間の雨量は▽新潟県関川村の下関で560ミリ▽新潟県村上市の高根で410ミリ▽福島県北塩原村の桧原で314.5ミリ▽山形県飯豊町の高峰で306.5ミリといずれも観測史上最も多く、8月の平年1か月分から2か月分にあたる雨量となっています。各地で川の水位が高い状態が続き、午前4時すぎには山形県を流れる最上川上流の、長井市の河井山の右岸付近で越水による氾濫が発生しました。これまでの雨で石川県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。又、山形県新潟県福島県、石川県、富山県福井県、それに岐阜県では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。東北南部 北陸 新潟 夜にかけ非常に激しい雨おそれ 今後の見通しです。東北南部や北陸、新潟県などでは4日夜にかけて猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、さらに雨量が増えるおそれがあります。5日の朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽新潟県を含む北陸で150ミリ▽東北と関東甲信、近畿で100ミリと予想されています。引き続き安全な場所に移動している場合は避難を続けてください。既に周囲が冠水している場合などは建物の2階以上に移動するなど、少しでも安全な場所で過ごすようにしてください。山形県 警報切り替え後も引き続き厳重警戒を山形県では大雨の特別警報が警報に切り替えられましたが、引き続き厳重な警戒が必要です。過去には▽雨が弱まったりやんだりしてから数時間もたって土砂災害が発生して犠牲者が出たケースや、▽大雨の特別警報が解除されたあとに川の氾濫が発生して大きな被害となったケースがあります。3年前、2019年の台風19号では、大雨の特別警報が解除されたあと、長野県の千曲川宮城県の吉田川など複数の河川で氾濫が発生しました。このとき、大雨特別警報の解除をきっかけに自宅に戻り、その後、氾濫による浸水被害にあった人もいました。山形県ではすでに最上川上流で氾濫が発生しているほか、水位が高い状態が続いている川があります。山あいの広い範囲に降った雨が川に流れ込んで水位が上昇するのには時間がかかるため、今後、雨の降り方が弱まっても自治体の情報などをもとに川から離れた場所で避難を続けてください。更に、2018年の西日本豪雨では、天候が回復して復旧作業が進む中で広島県府中町を流れる榎川の上流で土石流が発生し、住宅に土砂が流れ込みました。山形県などでは記録的な大雨となっているため大量の水を含んで地盤が緩くなっています。土の中の水はすぐには抜けず、少しの雨でも土砂災害が起きるおそれがあるため、崖や山の斜面など危険な場所には近づかず、厳重な警戒を続けてください。なぜ大雨になったのか 「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表され、線状降水帯の発生も次々と確認されるなど記録的大雨となった東北や新潟県。なぜ、当初の予報を上回る大雨になったのか。気象庁は7月末に沖縄に接近した台風6号から変わった熱帯低気圧から大量の湿った空気が供給されたことが背景にあると考えています。台風6号は7月末に沖縄に接近したあと8月1日に東シナ海付近で熱帯低気圧に変わり、朝鮮半島付近を北上しました。3日は日本海から東北地方にかけて前線がのびていますが気象庁はこの前線に向かって高気圧の縁をまわるように南から湿った空気が流れ込んだうえ、熱帯低気圧からも大量の暖かく湿った空気が供給されたことで、雨雲が次々と発達したとみられています。気象庁によりますと、北日本では、来週前半も高気圧の縁をまわるように湿った空気が流れ込みやすく、日本海側を中心に降水量が増えるおそれがあります。気象庁は現在大雨になっている地域は、土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけるとともに、北日本では最新の気象情報にも注意するよう呼びかけています。特別警報 崖や川の近くや低い土地での警戒すべき点は 特別警報は5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で、土砂崩れや川の氾濫、浸水などによる重大な災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況です。何より安全な場所に避難して命を守ることが重要ですが、暗い夜間となり、周辺にでるのはすでに危険な状況になっている可能性があります。崖や川の近く、低い土地での警戒すべき点です。崖や山の斜面の近くの場合 土砂災害の危険性が高まっています。近くに崖や山の斜面はないでしょうか。雨が強まっていない場合は離れた頑丈な建物に避難してください。只、周囲が暗い、浸水が始まっているなど危険な状況の場合は、近くや自宅の建物の少しでも高い階、更に崖や斜面から離れた部屋に移動するなど少しでも安全な場所で身を守って下さい。川の近くの場合川の氾濫のおそれもあります。川のすぐ近くにある家屋ではあふれた濁流に襲われると建物ごと壊される可能性があります。離れた頑丈な建物の高い階へ避難することが何よりも重要です。只、周囲が暗く浸水が始まっている場合は、少しでも高い階へ移動し、助かる可能性の高い行動をとって下さい。低い土地も注意を田んぼや畑の近くのほか、住宅地でも周囲より低い土地に住んでいる方は警戒が必要です。急激に浸水の深さが増して被害に遭うおそれがあります。見通しが悪い夜間に歩いて避難したり車で避難したりすると、側溝や用水路に落ちたり、車ごと流されたりする危険があり特に警戒が必要です。見通しがよく浸水していない状況であればなるべく高い土地の安全な場所へ避難を、周囲の見通しが悪くすでに浸水が始まっているなど危険な状況であれば、近くの高い建物の上の階に移動するなど少しでも命の助かる可能性の高い方法をとって下さい。山形 平年8月の一か月分の雨量 半日で降るような記録的大雨に 山形県では、平年の8月一か月分の雨量が半日で降るような記録的な大雨になっています。山形県置賜新潟県下越では今回、長時間の大雨になっていることから川の氾濫や浸水の被害に最大級の警戒が必要です。中小河川の氾濫に警戒を気象庁の危険度分布=キキクルでは中小河川の洪水の危険度は警戒レベル5に相当する「災害切迫」になっている川が多数あります。特別警報の出ている自治体では洪水や土石流に最大級の警戒をしてください。山間部の中小河川では、土砂が一気に流れ下る、土石流のおそれがあります。土石流の危険のある渓流沿いでは木造家屋も押し流されるおそれがあります。又、流木などによって川の水位が急上昇してあふれたり、流木によって家屋が被害を受ける可能性もあります。大きな川の氾濫 警戒点 又、今回は山あいの広い範してください。気象台と、河川を管理する国や県は、氾濫の危険性が非常に高くなっている川の流域に「氾濫警戒情報」や「氾濫危険情報」を共同で発表します。水位が上がり氾濫の危険がある川には近づかず、気象台や自治体からの情報に注意して早めに避難することが必要です。むやみな移動は危険 車移動は危ない 一方、すでに夜となり周りは暗くなっています。状況がわからない場合、むやみな移動は危険です。特に、車での移動は避けてください。川が氾濫してしまった場合、国土交通省などによりますと、氾濫した水の流れは勢いが強く、水深が膝の高さほどまであると大人でも歩くのが困難になります。車での移動も危険があります。浸水の深さが▽10センチから30センチでブレーキ性能が低下するほか、▽30センチから50センチでエンジンが停止、▽50センチ以上は車が浮き、閉じ込められ、流される危険があるとされています。すでに状況が悪化の場合は建物の2階以上に避難を 「土砂災害警戒情報」が発表されている地域で、山の斜面や渓流の近くなど危険な場所にいる方は、ためらわず早めに安全な場所や避難所に避難してください。すでに状況が悪化している場合は建物の2階以上に避難してください。土砂災害から身を守るために斜面の反対側の高い階の部屋に移動することも有効です。川の近くや低い土地、斜面といった危険な場所にないマンションなど頑丈な建物で、高い階に住んでいる人は、自宅で避難生活する「在宅避難」も考えてください。ただ、周囲に不安があれば、ためらわず避難所に移動して下さい。

★山形 大江町 川近くの複数の住宅が浸水 ドローン映像!。山形県大江町左沢付近で4日、午前7時40分ごろにNHKのドローンが上空から撮影した映像です。川から水があふれた茶色く濁った水が地区の広い範囲に広がっています。水は住宅が建っている場所にも広がっていて、川の堤防と道路の区別がつかない状態になっています。川に近い場所では、1階部分が水につかってしまっている住宅が複数確認できます。

★米沢など山形6市町に大雨特別警報、最大級の警戒呼びかけ…青森で住宅数棟が半壊!。大雨で冠水した道路(3日午後8時35分、山形県長井市で)停滞する前線の影響で、東北の一部や新潟県で3日、記録的な大雨となった。気象庁は同日午後7時15分、これまで経験したことのないような大雨になっているとして、山形県南部の6市町に大雨特別警報を発表した。河川氾濫などの危険が差し迫っているか、すでに発生している可能性が高いとして最大級の警戒を呼びかけている。 特別警報が発表されたのは山形県米沢市南陽市長井市高畠町、川西町、飯豊町の6市町。同日夜の記者会見で気象庁の黒良龍太・予報課長は「今降っていないところでも、急に川が増水することがある」と注意を促した。3日は青森、秋田、山形、新潟の4県に相次いで線状降水帯が発生。同日午後8時までの24時間降水量は、新潟県村上市313・5ミリ、山形県飯豊町239・5ミリ、青森県平川市178・5ミリで、いずれも観測史上最多となっている。山形県によると、南陽市長井市飯豊町、川西町、高畠町が、避難情報のうち最も危険度の高い警戒レベル5の「緊急安全確保」を出した。飯豊町では午後6時半頃、小白川が氾濫危険水位に達し、県道にかかる大巻橋が崩落した。県警によると、車1台が川に流されたという情報があるという。東北電力ネットワークによると、米沢市などで最大約2600戸で停電が発生したという。JR東日本山形支店によると、山形新幹線は4日昼頃まで運転見合わせとなる見通し。青森県では弘前市八戸市など20市町村(計2万6000世帯超)、秋田県では大館市能代市など計6市町(4000世帯超)、新潟県では村上市(約5560世帯)で避難指示が出された。青森県外ヶ浜町では住宅数軒が半壊したほか、秋田県大館市では市内を流れる下内川の堤防が決壊し、住宅が浸水する被害が出た。4日午後6時までの24時間降水量は東北180ミリ、北陸130ミリ、関東甲信・近畿100ミリが予想されている。

★石川県内に記録的短時間大雨情報 白山・河内110ミリ、鳥越、小松市山沿い付近100ミリなど!。冠水した国道157号を水しぶきを上げて走る車=白山市内 石川県内は4日早朝、南下する前線の影響を受けて非常に激しい雨が降り、気象庁は相次いで記録的短時間大雨情報を出し、土砂災害や浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けている。【写真】冠水した道路を水しぶきを立てて走る車=4日午前10時45分、小松市吉竹町 気象庁は、白山市河内付近で1時間に約110ミリ、同市河内で103ミリ、同市鳥越付近で約100ミリを観測したとして午前4時50分に、小松市山沿い付近でも1時間に約100ミリを観測したとして同5時20分に、それぞれ記録的短時間大雨情報を出した。白山市尾口付近も同8時30分に約100ミリ、小松市山間部付近でも同10時に約100ミリを記録し、それぞれ記録的短時間大雨情報を出した。小松市平野部付近や白山市白峰付近でも同10時半に約100ミリを観測し、記録的短時間大雨情報を出した。県と金沢地方地方気象台は、金沢、白山、小松、加賀、能美市に土砂災害・浸水害警戒情報(警戒レベル4)を出し、警戒を呼び掛けている。

       ★ 登院表示盤の前で撮影に応じる自民党生稲晃子氏=、国会内、7月の参院選の後、初めての国会が3日召集され、初当選した議員らが登院した!。投票日直前に元首相が殺害されるという事件があった選挙。当選した新人議員らは、事件で問われた課題を含め、国政にどう取り組むのか。表示盤の前で撮影に応じる自民党生稲晃子氏年8月3日午前8時51分、国会内、川村直子撮影© 朝日新聞社 登院表示盤の前で撮影に応じる自民党生稲晃子氏=2022年8月3日午前8時51分、国会内、7月の参院選の後、初めての国会が3日召集され、初当選した議員らが登院した。投票日直前に元首相が殺害されるという事件があった選挙。当選した新人議員らは、事件で問われた課題を含め、国政にどう取り組むのか。稲晃子氏=2022年8月3日午前8時51分、国会内、川村直子撮影© 朝日新聞社 登院表示盤の前で撮影に応じる自民党生稲晃子氏=2022年8月3日午前8時51分、国会内、 7月の参院選の後、初めての国会が3日召集され、初当選した議員らが登院した。投票日直前に元首相が殺害されるという事件があった選挙。当選した新人議員らは、事件で問われた課題を含め、国政にどう取り組むのか。

宮城県福島県で震度4の地震 津波の心配なし!。4日午前9時48分ごろ宮城県福島県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度4を観測したのは宮城県の▽石巻市丸森町福島県の▽福島市、▽相馬市、▽二本松市、▽田村市、▽南相馬市、▽伊達市、▽桑折町、▽国見町▽川俣町、▽泉崎村、▽楢葉町双葉町浪江町でした。このほか震度3から1の揺れを東北と関東、それに新潟県の広い範囲で観測しました。気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で震源の深さは60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.6と推定されています。福島第一原発福島第二原発 新たな異常は確認されず東京電力によりますと、先ほどの地震で震度4や3の揺れを観測した福島県大熊町双葉町にある福島第一原子力発電所と、楢葉町富岡町にある福島第二原子力発電所では今のところ新たな異常は確認されていないということです。また、いずれの原発も周辺の放射線量を測るモニタリングポストの値に変化はないということです。

※8/3"コロナ渦!"  ★世界の累計感染者 5憶79,449,545人・ 死者 6百405,470人アメリカ感染者91,585千人死者1,030千人②インド感染者44,050千人死者526千人③ブラジル感染者33,890千人死者679千人④フランス感染33,001千人死者148千人⑤ドイツ感染者31,044千人死者144千人⑥英国感染者23,304千人死者183千人。⑦イタリア染21,059千人死者172千人。

    ★決死の撮影…米カリフォルニア州“最大規模”山火事!。アメリカ西部のカリフォルニア州では、乾燥と強風のために各地で山火事が起きていて、特に被害が大きな地域では、5万人以上に避難命令が出され、地元の観光産業などにも大きな影響が出ています。 カリフォルニア州では山火事が相次いでいて、アメリカのメディアは現在もおよそ20か所で同時に発生していると伝えています。


★新型コロナ 全国感が過去最多 24万9830人 24道府県で最多!。 新型コロナウイルスの感染確認の発表が3日、これまでに全国で24万9830人となりました。
コロナ全国24の道府県で最多となっています【国内感染】新型コロナ 169人死亡 24万9830人感染(3日18:30)3日は、これまでに全国で24万9830人の感染が発表されています。又、大阪府で26人、東京都で12人、神奈川県で12人、愛知県で10人、埼玉県で9人、福岡県で9人、兵庫県で7人、北海道で7人、千葉県で6人、静岡県で6人、岡山県で5人、三重県で4人、愛媛県で4人、沖縄県で4人、熊本県で4人、茨城県で4人、京都府で3人、岐阜県で3人、島根県で3人、広島県で3人、群馬県で3人、青森県で3人、香川県で3人、鹿児島県で3人、佐賀県で2人、大分県で2人、宮崎県で2人、栃木県で2人、長野県で2人、和歌山県で1人、宮城県で1人、山口県で1人、山梨県で1人、徳島県で1人、石川県で1人の合わせて169人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め1339万5843人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1339万6555人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万3019人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万3032人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は3日の新たな感染者数です。▽東京都は225万8473人(38940)▽大阪府は142万7584人(24038)▽神奈川県は106万9029人(15730)▽愛知県は83万5836人(17778)▽埼玉県は79万4988人(13780)▽福岡県は68万6452人(12812)▽千葉県は64万6649人(10345)▽兵庫県は63万1592人(11201)▽北海道は47万3768人(6930)▽沖縄県は37万3840人(6180)▽京都府は30万3925人(6891)▽静岡県は27万7170人(7320)▽広島県は22万2886人(3549)▽茨城県は21万8747人(3984)▽熊本県は19万7695人(4414)▽岐阜県は15万8113人(3464)▽鹿児島県は15万6214人(3356)▽岡山県は14万3916人(2996)▽宮城県は14万2261人3471)▽群馬県は14万255人(2538)▽滋賀県は13万5412人(2238)▽栃木県は13万5087人(2859)▽三重県は13万2985人(3658)▽奈良県は13万2284人(1738)▽新潟県は11万5503人(2957)▽長野県は11万1070人(2350)▽長崎県は10万4413人(2605)▽宮崎県は9万9758人(3126)▽大分県は9万7664人(2424)▽青森県は9万5077人(1342)▽佐賀県は9万2680人(1781)▽福島県は9万1982人(2063)▽石川県は8万6536人(1761)▽山口県は7万7729人(2081)▽愛媛県は7万6364人(1864)▽香川県は7万3772人(1715)▽和歌山県は7万92人(1663)▽富山県は6万2478人(1686)▽福井県は6万1866人(1718)▽岩手県は5万7429人(1038)▽山梨県は5万3316人(1436)▽秋田県は4万8211人(1085)▽高知県は4万5964人(1021)▽島根県は4万5341人(991)▽山形県は4万4650人(1120)▽徳島県は3万7311人(917)▽鳥取県は3万567人(851)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は2万736人(25)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、3日時点で478人(+14)となっています。方、症状が改善して退院した人などは3日時点で、▽国内で感染が確認された人が1121万7611人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて1121万8270人となっています。また、今月1日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で12万1676件でした。・集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。・在日米軍の感染者は含めていません。