※7/25 “コロナ渦!” ★世界の感染者数 5憶70,187,854人・ 死者 6百384,301人!。★国内感染者 48人死亡(累計3万1,963人) 12万6,575人感染(累計1,151万5,894人)!※コロナワクチン”接種"励行!▼コロナ渦”脅威”終息する!。

    ー--ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日26(火)32℃26℃雨/曇 明日27(水).33℃25℃曇/晴 明後日28(木)33℃25℃曇/雨 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱症予対!。

 桜島が噴火、警戒レベル避難の5 噴石2.5キロ飛散、避難指示も!。噴火した桜島=24日午後8時5分、垂水市牛根麓から(15秒間露光、無人定点カメラ撮)24日午後8時5分ごろ、桜島で爆発的噴火が発生した。気象庁によると、大きな噴石が火口から約2.5キロまで飛散した。同庁は噴火警戒レベルを3の「入山規制」から、最高レベルの5「避難」に引き上げた。南岳山頂火口および昭和火口から約3キロ以内の居住地域では大きな噴石に厳重な警戒を呼びかけた。約2キロ圏では火砕流が起こる可能性もある。【写真】爆発的噴火が発生した桜島から鹿児島市中心部のフェリーターミナルに到着した人たち 鹿児島市は市内の一部地域に避難指示を出した。桜島の一部の住民らはフェリーで鹿児島市街地側に向かった。市によると、25日午前0時時点で17世帯28した。県によると24日午後10時半現在、人的被害は確認されていない。

★「おばぁも祝福してるようだね」 形見のトックリランが満開 根回りは7メートル。子孫を見守る!。伊波博さんの自宅ではトックリランが50本以上の花を咲かせ、道行く人の目を楽しませている=宜野湾市の伊波博さ(73)宅の『形見のトックリラン』が6月後半から50本以上の花を咲かせ、今年も地域の話題になっている。嘉数高台公園近くの人通りの多い住宅街で、ウオーキング中の人々の目を楽しませている。(仲西光江通信員)【写真】「何これ、デカッ!」20個も実った果物のサイズは「保育園児くらい」 近隣の安川地区に住む70代女性は「散歩中にこの木を見た時は、こんな近くにこんな大きな木があるのかと思った。小学3年生の孫を連れてまた見に来た」とうれしそう。ウオーキング中の70代男性も「2年前にも見たけど今年も立派だね」と見上げていた。 開花は数年から数十年に1度とされる。50年以上前に伊波さんの両親が植えて、50本以上の花を付け満開となるのは2017年、20年に続き3回目。根周りも約7メートルに成長している。 この日は、隣地に伊波さんのおいの新築工事の地鎮祭が行われるため、親族が集まった。「おばぁも祝福してるようだね」と義妹の京美さん(59)。弟の康博さん(68)は「初めて花が咲いた時に喜んだおばぁの顔を思い出す。花が咲くたびに感動する」と15年に他界した母シズさんをしのんだ。 伊波さんは「両親の残してくれた木をこれからも大事にしていきたい。伊波家のシンボルツリーとして子や孫の成長も見守ってほしい」と話し、蜜を求めるハチが花から花へと飛び回る様子を見て目を細めた。

マガモの赤ちゃん誕生…アート作品に囲まれ“子育て” 箱根町!。アートに囲まれながらの子育てです。箱根町にあるべネチアングラス専門の美術館で21日朝、マガモの赤ちゃんが生まれているのを美術館の職員が見つけました。3羽は日なたぼっこ。お母さんのおなかの下にはさらに4羽の赤ちゃんがいるようです。箱根ガラスの森美術館広報・柳井康弘さん:「カラスとか他の動物に狙われるので、優しく見守りながら育てていきたい」親子が身を寄せているのは、アメリカ出身の彫刻家が手掛けたガラス作品「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」。美術館の職員は雨風や強い日差しを防げるほか、天敵から身を守るのに、この作品の複雑な形状がちょうど良いのではと話しています。この美術館では20羽ほどのマガモが暮らしていますが、親鳥はいつもこの作品の下で子育てをしているそうです。

★直径550メートル 3尺玉が北海道・小樽の夜空彩る!。小樽の夏の夜空を彩った3尺玉=24日午後8時50分、小樽市旭展望台から【小樽】第56回おたる潮まつり最終日の24日夜、フィナーレを飾る道新納涼花火大会(実行委、北海道新聞小樽支社主催)が小樽市の小樽港周辺で開かれた。3年ぶりに通常開催されたまつりの締めくくりで、道内最大級の3尺玉が直径約550メートルの大輪の花を上空に咲かせると、市民や観光客から歓声と拍手がわき上がった。第56回おたる潮まつり ねりこみ3年ぶりに実施 同花火大会は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い2020年、21年と中止された。24日は色内埠頭(ふとう)公園からスターマインなど約3千発が、洋上の台船から3尺玉1発が打ち上げられ、メイン会場の小樽港第3号埠頭に見に来た小樽桜陽高3年の生徒(18)は「撮影していたスマートフォンの画面いっぱいに花火が広がった。こんな大きい花火は見たことがない」と驚いていた。

 ★滋賀の水田で「斑点米カメムシ類」大量発生 県内全域に2年ぶり注意報!。滋賀県はこのほど、コメに茶色い斑点を生じさせる「斑点米カメムシ類」が各地のあぜで大量発生しているとして県内全域に病害虫発生予察注意報を発表した。斑点米カメムシ類に関する注意報は2年ぶ】カメムシの影響で茶色い斑点ができた米 県病害虫防除所によると、7月6~8日に県内36カ所のあぜで行った捕獲調査で、アカスジカスミカメやアカヒゲホソミドリカスミカメ、クモヘリカメムシなどの斑点米カメムシ類の平均生息数が例年の倍近い88・3匹となり、過去10年間で最も多かった。田に侵入して穂の汁を吸うと、斑点米となり品質と収量の低下を招く。同所は農業者に、水田内のイネ科雑草の早急な除去や殺虫剤散布による防除を呼びかけている。

★事故で亡くなった男の子のひまわりの種受け継ぎ 交通安全を!。交通事故で亡くなった4歳の男の子が育てていた、ひまわりの種を受け継ぎ、交通安全を呼びかける活動が、25日に長野県駒ヶ根市で行われました。この活動は、全国の警察が行っている「ひまわりの絆プロジェクト」で、平成23年京都府で交通事故で亡くなった4歳の男の子が育てていた、ひまわりの種を受け継ぎ、各地で植えて花を育ててもらうことで交通安全を呼びかけます。25日は長野県の駒ヶ根警察署の警察官など15人が、地元の中学校の前で登校中の生徒たちに、横断歩道の渡り方などを説明したあと、ひまわりの種やプロジェクトに関するチラシを配っていました。警察によりますと、長野県内では、ことしに入って24日までに27人が交通事故で亡くなっていて、去年の同じ時期より4人増えているということです。駒ヶ根警察署の沢渡健一交通課長は「県内でも悲惨な交通事故が発生しています。ひまわりの種を家庭で植えてもらい、命の尊さを再確認してほしい」と話していました。

★ぶどう「巨峰」 畑から約200房なくなる 窃盗で捜査 山梨!。24日、笛吹市の畑から収穫前の「巨峰」およそ200房がなくなり、警察は窃盗事件として捜査しています。警察によりますと、県内のぶどうの盗難被害は今シーズン初めてだということです。24日午前5時ごろ、笛吹市一宮町北野呂の畑で農家の男性が栽培していたぶどうが大量になくなっていることに気付き、警察に通報しました。警察が調べたところ、収穫間際だった「巨峰」およそ200房が枝ごと切られていて、被害は金額にしておよそ16万円分に上るということです。23日昼に農作業を終えた際は畑に異常はなかったということで、警察は23日昼すぎから24日朝までの間に何者かが畑に侵入して持ち去ったとみて窃盗事件として捜査しています。警察によりますと、県内でぶどうの盗難被害が確認されたのは今シーズン初めてだということです。
※7/25 “コロナ渦!” ★世界の感染者数 5憶70,187,854人・ 死者: 6百384,301人!アメリカ感染者90.410千人死者1,026②インド感染者43,905千人死者526千人③ブラジル感染者33,591千人死者676千人④フランス感染32,513千人死者147千人⑤ドイツ感染者30,331千人死者143千人⑥英国感染者23,212千人死者182千人。⑦イタリア染20,660千人死170千人。

★「Huawei機器が実はアメリカ国防総省核兵器に関する通信を傍受することができた」とFBIが主張!。国内の通信インフラの安全を脅かすとの懸念から、アメリカでは中国の通信事業者であるHuaweiの機器を通信インフラから排除することに力を入れており、すでに国内各地に配備されたHuawei製の機器に対しても厳しい調査のメスを入れています。そのような状況の中、とあるアメリカの民間企業が配置したHuawei製機器が「中国に情報を送信することが可能だった」とFBIが懸念していることが報じられています。 CNN Exclusive: FBI investigation determined Chinese-made Huawei equipment could disrupt US nuclear arsenal communications - CNNPolitics https://edition.cnn.com/2022/07/23/politics/fbi-investigation-huawei-china-defense-department-communications-nuclear/ 問題となった機器が配備されているのは、アメリカのワイオミング州・F.E.ウォーレン空軍基地の近くにある通信塔です。 この塔を使用するのはアメリカのインターネットサービスプロバイダーであるViaero。Viaeroは2014年頃から塔に高解像度の監視カメラ数十台を取り付け、天気や交通状況を24時間365日生配信し、地元の報道機関と共有するサービスを開始していました。この監視カメラの一部に、Huawei製のネットワークカメラが使用されていました。 しかし、このカメラは空軍基地の装備や人員の動きを偶然にも捉えてしまっており、カメラが捉える映像を中国政府が閲覧している可能性が高く、場合によってはネットワークに侵入し、カメラを制御することが可能であったとFBIは考えているとのこと。なお、FBIはHuawei製機器が軍の使用する高度に制限された電波を傍受し、重要な通信を妨害したり、中国政府にアメリカの核兵器に関する情報を送信したりしていたとも指摘しています。 FBIは「厳重に守られた軍事施設の活動パターンを追跡する能力を他国に与えてしまった」として調査を行っているとのことですが、実際に何らかのデータが傍受された形跡や、中国にデータが送信された形跡が見つかったのか否かは不明です。この問題に詳しい関係者によると、技術的な観点から、何らかの情報が盗まれて海外に送信されたことを証明するのは非常に難しいとのこと。アメリカは2020年にHuaweiおよび中国通信事業者のZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定し、実質的な国内からの排除を画策。2021年には「安全な機器に関する法律(Secure Equipment Act)」を制定し、政府組織のみならず民間企業からもHuawei・ZTE製機器を一掃することを目指しています。しかし、両社の機器を完全にアメリカのネットワークから排除するには56億ドル(約7600億円)もの費用がかかると見積もられており、実現には時間がかかっているのが現状。この費用は全額政府から拠出されるはずが、2022年7月時点で資金が30億ドル(約4100億円)以上不足しているため、政府は撤去費用の約40%を支給する方針に切り替え始めていると伝えられています。政府には2万件を超える撤去申請が送られているものの、実際にはまだ撤去されていないとのことです。 FBIが上記のような懸念からHuawei製機器を調査する一方で、Viaeroは中国がカメラを制御する可能性があったという主張に疑問を抱いています。Viaeroいわく、同社はカメラ設置の際に自社ネットワークのサポートとメンテナンスをHuaweiから引き継いでおり、不適切な行為が行われていないかを正確に把握しているとのこと。 また、Viaeroは「カメラが映す範囲に軍基地があることは把握していたものの、軍からカメラを外すよう要請されたことはない」と述べています。FBIが調査しているという今回の報道も、FBIからではなく新聞記事から初めて知ったとフランク・ディリコCEOは話しています。ディリコCEOは政府の「Huawei製機器を撤去せよ」という主張には理解を示す一方で、中国の諜報機関Huawei製機器を悪用することができるという主張には同意しないと述べました。Huaweiは今回の件に関し「アメリカに輸入される当社の製品はすべて、アメリカで展開する前に連邦通信委員会(FCC)によるテストと認証を受けています。当社の機器はFCCが商業用に割り当てている周波数帯でのみ動作し、国防総省に割り当てられている周波数帯にはアクセスできません。30年以上にわたってHuaweiはサイバーセキュリティで確固たる実績を維持しており、我々はいかなる悪意のあるサイバーセキュリティ事件にも関与したことはありません」という声明を発表しています。 FBIはHuawei製機器が軍の使用する高度に制限された電波を傍受する能力を持ち、重要な通信を妨害し、中国政府にアメリカの核兵器に関する情報を送信できるようにしていたのは間違いないと考えており、Viaeroの例だけでなく複数の企業を調査しているとのこと。一方で当局は「Huaweiの技術が国家安全保障に脅威を与えている」という主張を裏付ける証拠を提供することを拒否しているため、一部の評論家からは「外国人嫌いの行き過ぎた行為である」と非難されています。また決定的な証拠がないことから、アメリカ当局が「中国の合法的な投資」と「スパイ行為」を切り分けられるかどうかは不明という疑問も生じていると伝えられています。

★ロシア外相「政権転覆目指す」 ウクライナ国民の解放を支援!。24日、エジプトのカイロを訪問したロシアのラブロフ外相 ロシアのラブロフ外相は24日、ウクライナ侵攻について「国民を敵視する政権からウクライナ国民が解放されるよう、必ず支援する」と述べ、ゼレンスキー政権の転覆を目指す考えを示した。ドイツのメディアが、訪問先のエジプト首都カイロでの発言として伝えた。 ラブロフ氏は、今年4月のインドのメディアのインタビューでは「ウクライナでの政権交代は目指していない」と説明していたが、前言を覆した形。 ラブロフ氏は20日にも、欧米の兵器供与を理由に、ロシア側が一部を実効支配するウクライナ東部ドンバス地域を守るにはウクライナ軍をさらに押し戻す必要があると強調していた。

★ロシア軍失速「力尽きる寸前」=人的不足、作戦行動一時停止も―英情報長官!。国の対外情報機関、秘密情報部(MI6)のムーア長官=2019年4月、仏北西部ディナール(EPA時事)© 時事通信 提供 英国の対外情報機関、秘密情報部(MI6)のムーア長官=2019年4月、仏北西部ディナール 英国の対外情報機関、秘密情報部(MI6)のムーア長官は21日、ウクライナに侵攻を続けるロシア軍について「失速し、力を失う寸前にある」とする見解を明らかにした。ロイター通信が伝えた。長官は「今後数週間、人的資源の供給がますます困難になるだろう」と述べ、ロシア軍が作戦行動を何らかの形で一時的に停止せざるを得なくなる可能性を指摘した。米コロラド州で開かれた安全保障フォーラムで語った。ロシア軍はアゾフ海黒海に面したウクライナ南東部の広範な地域を占領。東部ドンバス地方で支配領域の拡大を目指しているが、このところ部隊の動きが目立って緩慢になっているもようだ。 米シンクタンク、戦争研究所の21日付の戦況報告によると、ロシア軍は7日から16日にかけて作戦行動を一時休止。その後、ドンバス地方のドネツクスラビャンスクの北西、セベルスクとバフムト周辺で小規模な攻撃を続けているが、21日現在、新たに「決定的な領域」を確保するには至っていない。一方、英国防省は22日の報告で、ロシア軍が地上攻撃用ミサイルの「深刻な不足」により、本来防空用のミサイルを転用するケースが増えていると指摘した。

ウクライナから避難の女性や子ども “人身売買に遭うリスク”!。ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、林外務大臣は、国際的な組織犯罪の分析などを担う国連機関のトップと会談し、ウクライナから避難した女性や子どもたちが、人身売買の被害に遭うリスクが高まっているとして、対策の強化が必要だという認識で一致しました。林外務大臣は、日本を訪問中のUNODC=国連薬物・犯罪事務所のワーリー事務局長と25日、外務省で会談し、ウクライナ情勢をめぐって意見を交わしました。この中で、両氏は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて増加している、周辺国に避難する女性や子どもたちが、人身売買の被害に遭うリスクが高まっているとして、対策の強化が必要だという認識で一致しました。又、ワーリー事務局長は、こうした喫緊の課題にUNODCが取り組んでいくうえで、日本からの協力の継続を要請しました。これに対し林大臣は、東南アジアやアフガニスタンでのテロ対策や薬物対策などでも、日本とUNODCが連携して大きな成果をあげてきたことを強調し、両氏は、引き続き、法の支配の確立に向けて連携していくことを確認しました。

★Xゲームズ スケートボード女子ストリート 西矢椛が初優勝!。アメリカで開かれていたアクションスポーツの世界最高峰の大会「Xゲームズ」は最終日の24日、スケートボードの女子ストリートが行われ、この種目の東京オリンピック金メダリストで14歳の西矢椛選手が初優勝を果たしました。「Xゲームズ」は、スケートボードや自転車のBMXなどのアクションスポーツの世界最高峰の大会で、アメリカ カリフォルニアでの大会が20日から開催されていました。最終日の24日は、スケートボードの種目のうち、手すりや階段などが設置されたコースで技を競う、女子の「ストリート」が行われ、日本選手4人を含む9人の選手が出場して、制限時間の中で45秒の「ラン」を繰り返し、最も評価の高いランで順位を競いました。この種目の東京オリンピック金メダリストで、14歳の西矢選手は、1回目に板を回転させたあと手すりを滑り降りる得意の「ビッグスピンボードスライド」や、後ろの車輪をつなぐ金属の部分を滑らせる「サラダグラインド」などの技を決め、ミスのない滑りでトップに立ちました。2回目以降は大技に挑んだものの決められませんでしたが、トップを譲らず、Xゲームズ初優勝を果たしました。西矢選手は「うれしすぎる。1本目はノーミスだったけど、乗りたかった技は乗れなかった」と悔しさもにじませました。また、15歳の織田夢海選手が3回目で、板を裏表に回しながら手すりに飛び乗って滑り降りる「キックフリップボードスライド」を決めるなど、得意の技を見せて3位に入りました。このほかの日本勢は、東京オリンピック銅メダリストの中山楓奈選手が5位、東京オリンピックに出場した西村碧莉選手は6位でした。

陸上世界選手権 男子1600mリレー決勝 日本新で過去最高の4位!。アメリカで開かれている陸上の世界選手権、男子1600メートルリレーの決勝に19年ぶりに進んだ日本は、2分59秒51の日本新記録をマークし、過去最高の4位に入りました。アメリカのオレゴン州で開かれている陸上の世界選手権は、大会最終日の24日、男子1600メートルリレー決勝が行われました。19年ぶりに決勝に進んだ日本は、1走に佐藤風雅選手、2走に川端魁人選手、3走にウォルシュ ジュリアン選手、アンカーに中島佑気ジョセフ選手のメンバーで臨みました。レースは、1走の佐藤選手が好スタートを切り、2走の川端選手につなぎました。その後、3走のウォルシュ選手が積極的な走りを見せて4番手に浮上し、アンカーの中島選手も粘り強く上位にくらいつき、過去最高順位となる4位でフィニッシュしました。タイムは、2分59秒51で日本新記録をマークしました。これまでの日本記録は、3分0秒76のタイムでしたが大幅に更新しました。「悔しいがメダルはすぐそこ」「来年はリベンジ」選手談話 1走の佐藤風雅選手は「予選のレースのように自分が展開を作っていきたかったが、うまい流れを作ることができず1走としての務めを果たすことができなかった」と振り返りました。2走の川端魁人選手は「最初からいったつもりだったがうまく位置取りができなくて、自分のレースが終始できなかったのがすごく悔しい」と話しました。3走のウォルシュ ジュリアン選手は「このメンバーで銅メダルをねらっていたので、それを達成できなかったのは悔しいがメダルはすぐそこだと感じた。悔しがるのはきょうまでにして、あしたからは次に切り替えて、メダルを目指して頑張りたい」と前を向いていました。アンカーの中島佑気ジョセフ選手は「このチームだからこそメダルが取れる実力があると信じていたし、メダルしかないという気持ちで挑んだ。あと少しだったので本当に悔しい。あの差が世界との差なので、そこを詰めて来年はリベンジしたい」と意気込みを話していました。

★まさか?の“逆なおエ”大谷翔平、4打数無安打もエンゼルス大量9得点&1失点リレーで完勝 大谷が登板しない試合での連敗「14」でストップ!。大谷翔平とオルソン【MLBブレーブス1-9エンゼルス(7月24日・日本時間25日/アトランタエンゼルス大谷翔平投手が「1番・DH」で先発出場し、4打数無安打1四球だった。期待された2試合連発の21号は生まれずヒットも出なかったが、この試合はチームメイトが奮起。大谷が投手として登板しなかった試合で続いていた連敗を、ついに「14」で止めた。塁上で相手選手とニコニコしながら話す大谷翔平 大谷が活躍しても勝てないエンゼルスに対して「なおエ(なおエンゼルスは負けました)」と呼ばれてきたが、この試合を表現するなら「逆なおエ」だ。1回、大谷がレフトフライに倒れた後、2番のウォードが先制ソロを放つと、ここから打線がつながり打者一巡の猛攻。6安打を集めて5得点をもぎ取った。さらに4回にも2本のヒットに相手のミスも絡んで3点を追加。中盤までに勝負を決めるほどの大量リードを奪った。 十分すぎる援護に投手陣も奮起した。先発デトマーズは5回まで3安打無失点6奪三振の好投。6回以降のリリーフ陣が負けじと好投した。直近の5連敗では打線がつながらず、先発投手が早々に失点、相手に主導権を奪われる試合が続いていたが、鬱憤を全て晴らすような快勝となった。大谷は1回、2度回ってきた打席でレフトフライ、ショートライナーに倒れると、第3打席以降は四球、サードフライ、ファーストゴロ。前日の試合ではライトへ弾丸ライナーの20号を放っていたものの、2試合連発とはならなかった。それでもチームの勝利を何よりも欲する選手だけに、出塁した際には塁上で笑顔も見えた。奮起したチームメイトを目の当たりにし、明日以降の試合で大谷もさらに活躍したいところだ。

★大リーグ 大谷翔平 ノーヒットもチーム連敗止まる!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がブレーブス戦に指名打者でフル出場し、大谷選手はノーヒットでしたが、チームは打線がつながり連敗を「5」で止めました。大谷選手は24日、相手の本拠地アトランタで行われたブレーブス戦に1番・指名打者で先発出場しました。1回の第1打席はレフトフライでしたが、後続の打線がつながり、一挙5点を奪って打者一巡し、2アウト一塁二塁の場面で大谷選手に2打席目がまわってきました。大谷選手は速球に反応し鋭い当たりを飛ばしましたが、相手の守りに阻まれショートライナーとなりました。4回の第3打席は、フォアボールで塁に出たあと、後続のバッターのタイムリーヒットで追加点のホームを踏みました。5回の第4打席は、2アウト一塁の場面でサードフライ、7回の第5打席は、2アウト二塁三塁と追加点のチャンスでしたがファーストゴロに倒れました。大谷選手はこの試合、4打数ノーヒット、フォアボールが1つで打率は2割5分6厘に下がりました。エンジェルスは、9対1で快勝して連敗を「5」で止めました。

★大リーグ パイレーツ筒香 同点に追いつく2点タイムリーヒット!。大リーグ、パイレーツの筒香嘉智選手は24日、本拠地のピッツバーグで行われたマーリンズ戦にフル出場し、9回に一度は同点に追いつく2点タイムリーヒットを打ちました。筒香選手は、前日に続いて8番・指名打者で先発出場し、2点を追う9回、1アウト二塁三塁のチャンスで回った第4打席で、ライト前に同点に追いつく2点タイムリーヒットを打ちました。第1打席と第2打席は空振り三振、第3打席はショートゴロでした。パイレーツは延長10回、5対6で敗れました。筒香選手は4打数1安打2打点で、打率は1割7分7厘となりました。カブス鈴木 フル出場もノーヒット カブス鈴木誠也選手は、相手の本拠地フィラデルフィアで行われたフィリーズ戦に、4番・ライトでフル出場しましたが、4打数ノーヒットでした。第1打席はライトフライ、3回の第2打席は1アウト満塁のチャンスに見逃し三振、第3打席はファーストへのファウルフライ、第4打席はライトフライで、前日に続いてヒットは出ず、打率は2割7分3厘になりました。カブスは4対3で勝って4連勝としました。ッドソックス澤村 3失点レッドソックス澤村拓一投手は、本拠地のボストンで行われたブルージェイズ戦で、2対5とリードされた5回に2人目で登板しました。ォアボールとツーベースヒットなどで1アウト二塁三塁から、レフト前タイムリーで1点を失い、続くサードゴロがフィルダースチョイスとなって2点目、さらにファーストへのタイムリー内野安打などで3点を失いました。澤村投手は、1回を投げてヒット3本、フォアボール1つ、3失点で、防御率は3.13となりました。レッドソックスは4対8で敗れ、5連敗です。

★ペットのヘビに巻き付かれた飼い主が失神、警察が発砲して救出 米!。ペンシルベニア州で、警官がペットのヘビの頭を撃って巻き付かれた飼い主を救出する出来事があった。米ペンシルベニア州で、ペットとして飼われていた体長約4.6メートルのヘビが飼い主の男性の首に巻き付いて失神させ、駆け付けた警察に頭を撃たれて死んだ。飼い主の28歳の男性は病院で快方に向かっている。同州アッパーマクンジータウンシップ警察によると、撃たれてけがをしたヘビはその場から逃げ、間もなく絶命した。通報を受けて警官2人が同州東部フォーゲルスビルの民家に駆け付けたのは20日午後2時過ぎ。ヘビに巻き付かれた男性は、心停止状態となっていた。家族の案内で家の中に入った警官は、ヘビに首を絞められて意識を失い倒れている男性を発見した。「間違いなくこの人が生きるか死ぬかの状況だった」と警察は説明する。警官が廊下をのぞき込み、廊下と部屋の間の戸口をまたいで倒れている男性の様子をうかがったところ、ヘビは警官をにらみ返した。警官がヘビを狙って撃った1発はヘビの頭部に命中。ヘビの体が長かったため、頭は男性から離れた場所にあった。警官は男性をヘビから引き離してリビングルームに運び、救急隊が応急措置をして病院に搬送した。男性はこのヘビを自宅でペットとして飼育していて、家の中からはほかにも2匹のヘビが見つかった。駆けつけた警官のとっさの判断がなければ、男性は間違いなく死亡していただろうと警察の広報は話している。

★国内感染者 48人死亡(累計3万1,963人)・ 12万6575人感染(累計1,151万5,894人)!。福岡県で6人、神奈川県で5人、兵庫県で4人、青森県で4人、北海道で3人、東京都で3人、熊本県で3人、宮崎県で2人、愛知県で2人、群馬県で2人、茨城県で2人、京都府で1人、千葉県で1人、大阪府で1人、富山県で1人、山形県で1人、山梨県で1人、岡山県で1人、広島県で1人、愛媛県で1人、長野県で1人、静岡県で1人、鳥取県で1人の合わせて48人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め1151万5182人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1151万5894人となっています。亡くなった人は、国内で感染が確認された人が3万1950人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1963人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は25日の新たな感染者数です。▽東京都は196万3935人(22387)▽大阪府は123万8558人(7785)▽神奈川県は94万83人(12495)▽愛知県は70万9185人(5018)▽埼玉県は69万1570人(9264)▽福岡県は57万8386人(8665)▽千葉県は56万2600人(7320)▽兵庫県は54万4023人(6262)▽北海道は42万4211人(3361)▽沖縄県は32万7506人(2562)▽京都府は25万8669人(3760)▽静岡県は22万9965人(1524)▽広島県は19万6687人(2046)▽茨城県は18万9454人(1947)▽熊本県は16万3652人(2389)▽岐阜県は13万2455人(1090)▽鹿児島県は12万7991人(1867)▽岡山県は12万3532人(1284)▽群馬県は11万9577人(1226)▽宮城県は11万6605人(1855)▽奈良県は11万5753人(2134)▽滋賀県は11万4864人(1290)▽栃木県は11万3102人(1062)▽三重県は11万1048人(1660)▽長野県は9万4351人(738)▽新潟県は9万3334人(1577)▽長崎県は8万5971人(815)▽青森県は8万2536人(934)▽大分県は8万754人(956)▽宮崎県は8万393人(1026)▽福島県は7万8951人(805)▽佐賀県は7万8655人(1117)▽石川県は7万4566人(1095)▽山口県は6万3924人(690)▽愛媛県は6万2769人(504)▽香川県は6万2518人(478)▽和歌山県は5万8569人(574)▽富山県は5万1201人(699)▽福井県は5万11人(922)▽岩手県は4万8903人(602)▽山梨県は4万4182人(501)▽秋田県は3万9409人(360)▽高知県は3万8656人(271)▽島根県は3万8050人(373)▽山形県は3万7267人(355)▽徳島県は3万1369人(507)▽鳥取県は2万4797人(383)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は20462人(40)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、25日時点で249人(16)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、25日時点で、▽国内で感染が確認された人が1003万8410人▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて1003万9069人となっています。又、今月21日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で10万7250件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが、過去の原稿はさかのぼって修正しないため、累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★全国のデパート 6月の売り上げ 4か月連続で増加!。日本百貨店協会によりますと、全国のデパートの先月の売り上げは、既存店どうしの比較で前の年の同じ月を11.7%上回り、4か月連続のプラスとなりました。去年のこの時期、緊急事態宣言に伴う営業制限が一部で続いていた反動で、来店客数が増えたことに加え、宝飾品といった高額品や、暑さ対策のための日傘や帽子などの販売が好調だったことが主な要因です。一方、新型コロナの感染拡大前にあたる3年前との比較では11%余り下回っていて、依然、感染拡大前の水準には戻っていません。

★サル痘の感染者 国内で初確認 厚生労働省!。厚生労働省によりますと欧米などを中心に報告されている「サル痘」の感染者が国内で確認されたということです。感染者は東京都内の男性だということです。国内でサル痘の感染者が確認されたのは初めてです。感染確認されたのは30代男性都の関係者によりますと、国内でサル痘の感染が確認されたのは男、30代の性だということです。このあと、都の担当部局が詳しい内容を説明するということです。

★38年ぶり 内閣府景気動向を示す新たな経済指標 来月から公表!。内閣府は、サービス産業の動向を踏まえて景気の現状を表す新たな経済指標を来月から公表します。内閣府が景気の動向を示す経済指標を新たに作るのは38年ぶりです。内閣府が毎月公表している「景気動向指数」では、生産や雇用といった経済活動の動きをもとに景気の現状を「一致指数」として表しています。只、この指数について専門家の間では製造業の動向に重点が置かれ、サービス産業が広がっている経済構造の変化を反映していないという指摘も出ていました。このため有識者で作る内閣府の研究会が議論した結果、今の「景気動向指数」とは別に外食や旅行、医療などサービス産業の動きをより反映した新しい経済指標を設けることになりました。内閣府が景気の動向を示す指標を新たに作るのは38。年ぶりです。内閣府は、この指標を来月下旬から参考指標として公表する予定で、景気の基調判断に活用するかどうかはデータを蓄積したうえで検討することにしています。

★政府 G7サミット準備会議初会合 “万全の警護含め円滑運営を”!。来年、広島で開催するG7サミット=主要7か国首脳会議に向けて、政府は関係府省庁の幹部でつくる準備会議の初会合を開き、栗生官房副長官が万全の警護態勢を含め円滑な運営を目指して政府一丸となって準備に取り組むよう指示しました。来年5月に広島で開催するG7サミットに向けて、政府は25日、総理大臣官邸で準備会議の初会合を開き、外務省や警察庁など関係府省庁の局長級の幹部およそ30人が出席しました。この中で、栗生官房副長官は「G7に加え、招待国の首脳や多くの国際機関が参加する国際会議となる。サミットと関係閣僚会合は各開催都市の魅力や強みを世界に発信する重要な機会でもある」と述べました。そのうえで「引き続き会議の円滑な運営と万全な警備を含め、政府一丸となって準備に取り組んでいただきたい」と指示しました。そして、準備会議では今後、セキュリティ対策や広報などの部会を設け、具体的な対応の検討を進めることを確認しました。磯崎官房副長官「政府一丸となって準備に取り組む」 磯崎官房副長官は午前の記者会見で「『G7広島サミット』は、G7に加えて招待国の首脳や多くの国際機関が参加する国際会議であり、サミットや関係閣僚会合の開催都市の魅力や強みを世界に発信する重要な機会でもある。円滑な会議運営の確保や警備、安全確保、積極的な広報などが重要な課題になる」と指摘しました。そのうえで「本日の会合では、出席者からサミットに向けた準備状況について報告があり、栗生官房副長官から会議の円滑な運営と万全な警護を含めて政府一丸となって準備に取り組むように格段の協力を要請した」と述べました。

★植物由来の原料使った料理 外食業界で広がる!。健康志向の高まりなどを受け、外食業界では肉などの代わりに植物由来の原料を使った料理を提供する動きが一段と広がっています。ラーメンチェーンの一風堂では、肉や卵など動物性の食材を一切使わないラーメンを定番メニュー化し、今月上旬から東京 新宿区の店舗で提供を始めました。店の売りである豚骨ラーメンの味わいを再現するため、スープは豆乳をベースに植物油や野菜を組み合わせてコクや風味を出し、麺は全粒粉を使い製法を工夫して卵を混ぜずにコシを出すなど、運営会社がおよそ3年がかりで開発しました。値段は20%ほど割高ですが、健康志向や環境問題への意識が高まるなか、新たな客層を取り込みたいねらいです。又、ロイヤルホストでは大豆ミートを使ったガパオライスの提供を今月20日から一部を除く全国の店で始めました。運営会社は今後も植物由来の原料を使ったメニューを増やしたい考えで、ロイヤルフードサービスの生田直己社長は「肉の代わりということでなく、新しい素材の料理として提案していきたい」と話していました。民間の調査会社、TPCマーケティングリサーチによりますと、植物由来の代替食品の国内市場規模は、2020年度の265億円から2025年度には730億円と2倍以上に拡大するとみられ、消費者のニーズの高まりを見据え外食業界でも参入の動きが一段と広がっています。

上村春樹講道館館長「再開金鷲旗に元気をもらった」!。令和4(2022)年度金鷲旗高校柔道大会は24日、福岡市の照葉積水ハウスアリーナで男子の4回戦以降を行い、決勝で埼玉栄国士舘(東京)を破って初優勝金鷲旗最終日の熱闘を、柔道の総本山、講道館上村春樹館長が見守った。「世界一の大会が3年ぶりに再開され、高校生の躍動に元気をもらった」。目を細めた自身も八代東高時代に出場。「まだ九州の大会だったが、熊本県からは8校しか出場できなかった。何とか出場権をつかみ、死に物狂いで闘ってベスト8。自信をもらった原点の大会」と振り返る。「2人でやれなければ1人打ち込みをやる。やらなければいけない、やれる修業を、知恵を出してやってほしい」と、コロナ禍での厳しい練習環境下で稽古を重ねる高校生にエールを送った。

アクアラインでごみ収集車が横転…運転手死亡!。25日午前、東京湾アクアラインでごみ収集車が横転する事故があり、50代の運転手が死亡しました。この事故の影響で、東京湾アクアライン上り線の一部が通行止めとなっています。

★大相撲 初優勝の逸ノ城が記者会見 「本当に長かった」!。大相撲名古屋場所で初めての優勝を果たした平幕の逸ノ城が千秋楽から一夜明けて記者会見に臨み「優勝争いを何回かしてきたが優勝できるまでが本当に長かった」と心境を語りました。逸ノ城は今場所得意の四つ相撲で前に出る攻めが光り、横綱 照ノ富士から金星を挙げるなど12勝3敗の成績で初優勝しました。平成26年初土俵を踏んでその年に新入幕を果たし、そこから8年、腰のけがに悩まされる中でようやく手にした賜杯でした。千秋楽から一夜明けた25日、逸ノ城はオンラインでの記者会見に臨み「この8年間優勝争いを何回かしてきたが、優勝できるまでが本当に長かった」と心境を語りました。そして「初日から6連勝したときには、もしかしたらいけるのではないかと優勝をちょっと意識した。その後、2連敗し、これはだめだなと思って気持ちを切り替えて相撲に集中した」と振り返りました。更に、今後に向けて「今場所の相撲は自信になった。優勝をきっかけにして大関を目指していきたい。自分から圧力をかける相撲をしていけばいけると思うので前に出る相撲を目指していきたい」と話しました。

プロ野球 オリックス 平野佳寿と椋木蓮の2投手 新型コロナ感染!。プロ野球 オリックスは、パ・リーグトップの25セーブをマークしている抑えの平野佳寿投手と、ドラフト1位のルーキーで今月、ノーヒットノーランまであとアウト1つに迫る好投を見せた椋木蓮投手の、2人が新型コロナに感染したと発表しました。球団によりますと、2人は24日、選手やスタッフを対象に行った検査で陽性と判定され、平野投手は、のどの痛みとけん怠感があるということですが、椋木投手は今のところ症状はないということです。38歳の平野投手は今シーズン、日本球界で通算200セーブを達成するなど、リーグトップの25セーブをマークし、防御率は1.03と、抑えとして好成績を残していました。又、ルーキーの椋木投手は、ことし2月のキャンプで左脇腹を痛めて開幕には出遅れましたが、今月プロ初登板を果たすと、20日日本ハム戦では、ノーヒットノーランにアウトあと1つに迫る好投を見せるなど、2試合に先発して、いずれも無失点で2勝をマークしています。