※7/24 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶69,630,858人 ・死者 6百383,435人!。★国内感染者 25人死亡 (累計3万1,915人)・17万6,554人感染(累計1,138万人)!。※コロナウィルス”接種”励行▼コロナ渦”脅威”終息?。

    ー--ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日25(月)34℃24℃晴 明日26(火)33℃26℃曇/晴 明後日27(水)33℃26℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱症予対!。

   ★夏を華やかに彩る!暑さに強い植物のいろいろ!。高温多湿な日本の夏は、私たちはもちろん、庭の植物にとっても過酷な季節です。いつもならガーデニングに手をかけることができても、この時期は暑さに負けてお手入れもおろそかになってしまい、気がつけばお花もばててしまう…そんなことはありませんか?今回は猛暑でもメンテナンスしやすく健気に咲いてくれる、暑さに強い夏向きの植物をご紹介します。1.一年草 まずは気軽に楽しめる一年草からご紹介します。一年草の特徴としては開花時期が長いことや、花が終わってからの植え替えなどの手間がなく、メンテナンスがしやすいなどといった点があげられます。季節に応じた寄せ植えを気軽に楽しめるのも、一年草のメリットといえるでしょう。子どもの頃、アサガオを種から植えて、夏休みに観察日記を書いた記憶がある方も多いと思います。アサガオは見た目が涼しげで、次々とお花が咲くところも魅力的ですね。アサガオは日本で古くから親しまれている植物のひとつで、かつては薬用植物としても用いられていました。アサガオは耐暑性はありますが、葉がしおれやすいので、西日を避けた風通しのよいところで育てます。ヒマワリもアサガオと並んで夏の花を代表する、親しみのある植物ではないでしょうか。ヒマワリが一輪咲くだけで、庭が華やかになりますよね。夏の盛りに草丈がぐっと伸び、大きな花を咲かせるイメージのあるヒマワリですが、最近はプランターでも楽しめる、草丈が10cm程度のミニヒマワリも出回っています。2.多年草 次に多年草で夏に楽しめる植物をご紹介します。多年草は地上部が枯れても地下部が越冬して翌年また花を咲かせます。エキナセアモナルダ、フロックスは夏の暑さにも負けずに咲く多年草の仲間です。ナチュラルガーデンにもよく似合う花姿が魅力的ですね。エキナセアは花の中央が丸く盛り上がるキク科の花で、比較的開花時期が長く、夏の花壇を豪華に彩ります。モナルダはシソ科の多年草で、丸く赤い花をつけます。フロックスは小さなお花が集まって咲く植物で、シバザクラもこの仲間に入ります。ゼラニウムは常緑性の多年草で開花時期が長く、初心者でも育てやすいお花です。条件が整えば一年中いつでも花が咲く四季咲き性で、乾燥に強い性質があります。湿気には弱いので、風通しの良いところで管理するとよいでしょう。ゼラニウムの芳香はリラックスや虫よけにも効果的といわれています。クレマチスは耐寒性の強い多年草ですが、品種によっては剪定すると次々に花を咲かせる四季咲きものもあります。耐暑性は非常に高いというわけではありませんが、水切れに注意すれば、夏の盛りでも花を咲かせます。クレマチスはイギリスではつる性植物の女王とよばれており、バラのパートナープランツにもよく用いられます。 3.多肉植物多肉植物にも様々な種類がありますが、夏の庭で育てたい場合は、日光が大好きで水やりをあまり必要としないタイプをおすすめします。耐暑性・耐寒性ともに強いもの、耐暑性はあるが耐寒性は弱いものなどがあるので、地域や庭の条件に合ったものを選びましょう。お手入れしやすい多肉植物は、外階段のすき間に植えることもできます。石との相性も良く、素敵なエクステリアになりますね。4.家庭菜園ゴーヤのグリーンカーテンは、日差しを調節したり室内の温度上昇を抑えることでも知られていますよね。真夏にはたくさんの実をつけて、食卓に旬の味を届けてくれます家庭菜園での収穫も、夏のお楽しみのひとつです。トマトやキュウリ、ナスなど夏に旬を迎える野菜を家庭菜園で育てているご家庭も多いと思います。子どもたちと一緒に野菜を育てれば、食べることへの関心が深まり、食育にもつながるのではないでしょうか。お庭のスペシャリストはこちらからお探しいただけます。

★沖縄 八重山地方「豊年祭」コロナで規模を大幅縮小して開催!八重山地方ではこの時期、五穀豊じょうと地域の無病息災を願う「豊年祭」が各地で開かれますが、新型コロナの感染が拡大している影響で規模が大幅に縮小されています。このうち石垣市平得地区で23日、開かれた豊年祭は、観客を呼ばず、子どもたちの参加も取りやめるなどの感染対策がとられました。祭りでは地域に繁栄をもたらすとされる旗頭に酒や塩をかけて清めたあと、若者たちが2つの旗頭を掲げながら集落内を移動しました。そして、地区の信仰のよりどころの「大阿母御嶽」に到着すると、「さーさーさーさー」とかけ声をあげながら旗頭を上下に動かし、五穀豊じょうと無病息災を願いました。このあと、御嶽に奉納する「巻き踊り」や地域の婦人会など参加する踊りが披露されましたが、感染対策のため、踊りの数も例年の3分の1以下に減らしたということです。地区の代表の波照間督正公民館長は「ことしも縮小開催となりとても無念です。若者たちには来年以降の豊年祭に向け強い気持ちを持って臨んでほしい」と涙をうかべながら話していました。旗頭を奉納した男性は「縮小開催でしたが、地域の人たちが頑張って運営しているのを実感しました。来年こそは以前のように盛大に開催できたらいいなと思います」と話していました。

★山奥でウォータースライダー 屋外プールがオープン 宮崎 日南!。日南市で、山奥の大自然の中でスピード感あふれるウォータースライダーなどが楽しめる屋外プールがオープンし、夏休みの家族連れなどでにぎわいました。日南市北郷町にある「広渡ダム・レイクサイド公園プール」は市が管理するプールで、23日オープンしました。山の斜面を生かして造った落差およそ10メートル、全長70メートルのスピード感あふれるウォータースライダーが人気で、夏休みの子どもたちは専用の浮き輪に乗って滑り落ちながら歓声を上げていました。広さが800平方メートルあるプールは、近くを流れる渓流から水をひいているため水温が22度から23度と低めですが、子どもたちは、元気に水しぶきを上げていました。ウォータースライダーを体験した小学4年の女の子は「コースがくねくねしていて落ちるスピードが速くてすごく楽しかったです」と笑顔で話していました。この屋外プールは来月24日まで毎日オープンしています。

★大阪 天神祭始まる「船渡御」中止も あす3年ぶりに「陸渡御」!。大阪の夏の風物詩、「天神祭」が始まり、24日は無病息災を願って木のほこを川に流す「鉾流神事」が行われました堂島川の岸辺で行われた神事では、神の使いの役である「神童」に選ばれた西天満小学校の6年生、脇本寛太さんにひのきでつくった「神鉾」が授けられました。脇本さんはおはらいを受けて身を清めたあと、川に浮かべた船に乗り込み、歌や笛の音が流れるなか、「神鉾」を川に流して無病息災を祈りました。「天神祭」は、例年、7月24日と25日に行われる大阪を代表する夏祭りですが、新型コロナの影響で100隻の船が川を行き交う「船渡御」はおととしと去年に続いて中止となりました一方、行列がまちを練り歩く「陸渡御」は規模を縮小するなどして、ことしは3年ぶりに25日行われることになっています。

★在来種の3倍以上の繁殖力、民家のベランダで特定外来種カミキリ発見!。宇都宮市で発見されたクビアカツヤカミキリ。胸部が赤いのが特徴だ 宇都宮市の民家のベランダで国指定の特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」が発見されたと発表した。クビアカツヤカミキリは全国で確認されており、県内自治体では栃木、佐野、足利、小山市、壬生、野木町に続き7か所目。クビアカツヤカミキリは、幼虫が桜やモモ、ウメなどバラ科の樹木に寄生し、木の内部を食い荒らす害虫。桜の名所や果樹園などで繁殖すると大きな被害につながる。県自然環境課によると、現時点で宇都宮市では被害が確認されておらず、これから県と市で周辺樹林の被害について緊急調査を実施するという。クビアカツヤカミキリは、在来種のカミキリムシの3倍以上の繁殖力があるといわれ、特に6月から8月にかけては産卵や生育が活発となる。県は、樹木を食い荒らす幼虫だけでなく、成虫を見つけた場合にも被害拡大防止のために対策が必要だとして、注意を呼びかけている。

★お盆の贈答用 高級メロンの出荷が最盛期 茨城 鉾田!。メロンの出荷量が全国一の茨城県鉾田市で、お盆の贈答用などとして高級品種のメロンの出荷が盛んに行われています。鉾田市で出荷が最盛期を迎えているのは、緑色の果肉で美しい網目模様にT字のつるがついた「アールスメロン」です。1本のつるに1つの実しかならないように栽培される高級品種で、贈答用として人気があります。このうち「JA茨城旭村」アールスメロン部会長の出津陽一さんの農業用ハウスでは、直径14センチほどに育ったメロンを、はさみを使って一つ一つ丁寧に収穫していました。出津さんは、「ことしは天候不順で大変な時期もありましたが、ここにきて天候が回復し、おいしいメロンができました。届けたいです」と話していました。収穫されたメロンは近くの集荷所に運ばれ、光センサーで糖度や大きさを測って規格ごとに仕分けされていました。メロンは最後に一つ一つ丁寧に箱詰めされていました。アールスメロンの出荷の最盛期は来月中旬までで、県内や首都圏をはじめ全国に出荷されるということです。茨城県はおととしのメロンの出荷量が3万1000トンと、全国一で、市町村のなかでは鉾田市で最も多く生産されています。

 

★観測ロケット「S520-RD1号機」打ち上げ 宇宙輸送システム開発極超音速飛行時の燃焼データ取得 内之浦宇宙空間観測所!。内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられ、上昇する観測ロケット「S520-RD1号機」=24日午前5時、鹿児島県肝付町 宇宙航空研究開発機構JAXA)は24日午前5時、鹿児島県肝付町内之浦宇宙空間観測所から観測ロケット「S520-RD1号機」を打ち上げた。【写真】極超音速飛行時の燃焼データを取得する観測ロケット「S520-RD1号機」=23日、鹿児島県肝付町内之浦宇宙空間観測所 防衛装備庁の委託研究で、極超音速飛行時に得られる燃焼データなどを取得するのが目的。高速移動による、空気の圧力の高まりで起きる加熱現象やエンジン内部の燃焼具合を調べ、宇宙輸送システムの開発に役立てるという。

★巨大セイウチ、北欧の港でボートを沈めまくって大混乱。SNSの人気者だけど心配なことも…!。ノルウェーの港に現れた、体重1500ポンド(およそ680キロ)ほどの巨大なセイウチ。北欧神話の女神にちなんで「フレイヤ」と呼ばれており、ノルウェーのあちこちの港に現れては、ボートを沈めて回るなどし、住民とネットを騒がせている。桟橋やボードで寝っ転がる「天才的な夏の過ごし方」6月、ドイツの放送局「ドイチェ・ヴェレ」は、フレイヤが港町クラーゲリョーに現れ、海岸沖のボートに乗り込む様子を映像にとらえた。その重さからボートが沈んでしまうこともあり、ボートの所有者はフレイヤに迷惑していて「いなくなってほしい」と話していた。一方、フレイヤを一目見ようと、港には多くの人が集まってきた。フレイヤは人々に注目されることをストレスに感じ、さらに人混みが苦手なために、最近は動揺している様子だという。ノルウェーの通信社NTBのインタビューで、セイウチに詳しいノルウェー南東部大学の研究者であるRune Aae氏は、「彼女(フレイヤ)は、安らぎを得られていない」と指摘する。Aae氏は、テレビ局の報道陣がボートでフレイヤの至近距離まで近づき、逃げられないよう囲い込んでいるところを目撃。さらに、港湾局のスタッフがフレイヤを追いかけ、ボートに近づけないように、ホースで水を吹きかけることもあったという。Aae氏は「フレイヤが安らぐためには、最大20時間を必要としています。人間の存在によってストレス疲れする状況が続くのは、良いものではありません」と懸念を示す。人が近づかないよう、フレイヤの周辺を封鎖する必要があるとも指摘した。フレイヤは最初にクラーゲリョーに現れた6月頃からネットユーザーの間でも注目が集まっており、大きな身体でゴロンと桟橋やボートで寝転がる写真や、ボートのポンプから出る水を浴びている写真などが拡散されている。多くのネットユーザーがフレイヤを応援しており、「この時代の絶対的な女王」「フレイヤに漲るエネルギーをリスペクト」「天才的な夏の過ごし方」などのコメントが寄せられ、人気者になっている。気候変動の影響も一方、北極圏に生息することの多いセイウチが、遠く離れたところで発見される背景には、気候変動により氷河が溶け出す問題があると、ニューヨーク・マガジンは伝えている。BBCによると、これまでにもデンマーク、ドイツ、オランダ、イギリスなどでもフレイヤが目撃されている。

★体長3mのクジラ2頭と泳げる海水浴場…「自由に泳ぎ回る姿を間近で見て」!。いけすに移されゆっくりと泳ぎだすハナゴンドウ和歌山県太地町で) 和歌山県太地町立くじらの博物館は21日、近くの「くじら浜海水浴場」にハナゴンドウ2頭を移送した。22日から8月16日まで、湾内に設置したいけす(12メートル四方)で飼育し、1日2回、海水浴客が間近で見られる時間を設ける。「くじらに出会える海水浴場」として2008年から続く夏の人気企画。今年は雌の「サツキ」(推定13歳、体長約2・9メートル)と雄の「シロ」(推定26歳、体長同)が参加する。この日、博物館職員が2頭を担架に乗せ、飼育する森浦湾から30分以上かけて小型船で移送した。いけすに移された2頭は落ち着いた様子で餌を食べ、ゆったりと泳ぎ回っていた。期間中、午前11時と午後1時からそれぞれ約15分、遊泳エリア内に放たれる。男性主任(34)は「クジラと一緒に泳げる海水浴場は全国でも珍しい。自由に泳ぎ回るクジラを多くの人に間近で見てもらいたい」と話していた。

★死闘!住民を恐怖に陥れていた犬喰いの巨大ヒグマ「RT」…捕殺までの一部始終!。死闘の末、捕獲成功「'18年から相次いで住宅街の飼い犬を襲っていたヒグマ『RT』がついに駆除されました。箱罠にかかり、箱が激しく揺れるほど暴れていたところを、肩に刺した電極から高圧電流を流す機械で仕留められたのです」7月11日未明、知床半島羅臼町で、1頭のヒグマが駆除された。死骸の一部が北海道大学へ送られ、DNA鑑定を行った結果、この個体が羅臼町を恐怖に陥れていたRTだと判明したのだ。「RTとはこのヒグマが最初に目撃されたルシャ地区からつけられたコードネームです。猟友会や町、知床財団は対策を打っていました。しかし箱罠にはかからず、猟師と遭遇した際も猟銃を発砲できない方向へ素早く逃げ出すなど、実に4年間にわたり逃げ続けていた)終らないヒグマの恐怖 例年RTによる被害は6月以降に起きていたため、今年に入り町は監視カメラ付きの箱罠を増設していた。RTが捕獲されたポイントは、昨年6月に3匹の飼い犬が襲われた海岸町・ハシコイ川の付近。箱罠が置かれていなかった場合、再び住宅街へと姿を現していた可能性が高かった。猟友会所属のハンターが語る。「住民を悩ませてきたRTを駆除できたことはよかったです。しかし、ヒグマの餌場である山と海岸の間に位置する羅臼町は、常にクマの通り道になっています。RT以外のヒグマも数多く目撃されている。こうした個体も放置しておけば、いつ人的被害が出てもおかしくない状況なのです」危険個体が駆除されても、それは氷山の一角に過ぎない。羅臼町を襲う試練は、まだ終わりを迎えそうにはない。

※7/24 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶69,630,858人 ・死者 6百383,435人!。アメリカ感染者90.390千人死者1,026②インド感染者43,888千人死者526千人③ブラジル感染者33,555千人死者676千人④フランス感染32,513千人死者147千人⑤ドイツ感染者30,331千人死者143千人⑥英国感染者23,212千人死者182千人。⑦イタリア染20,608千人死170千人。

★干ばつのイタリア 川から遺跡出!。干ばつのイタリア、川の水位低下で遺跡出現 イタリアでは一部地域がここ70年で最悪の干ばつに見舞われており、河川の水位が低下したことで、これまで水没していた考古学的な遺構や遺物が出現している。

ウクライナ侵攻5か月 小麦輸出再開は不透明 東部は戦況こう着!。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まってから24日で5か月となりました。ウクライナ産の小麦などの輸出再開に向けてロシアとウクライナが国連などの仲介で合意した翌日に南部の輸出拠点がミサイル攻撃を受け、合意が確実に履行されるのか、早くも不透明な情勢となっています。ロシアは、ことし2月にウクライナへの軍事侵攻を開始し、24日で5か月となりました。ロシア国防省は、東部2州のうちルハンシク州の全域を掌握したと主張したあと、ドネツク州の全域掌握もねらって激しい攻撃を続けていますが、ウクライナ軍も徹底抗戦し、戦況はこう着しているものとみられます。アメリカのシンクタンク「戦争研究所」は23日の分析で、ドネツク州にあるウクライナ軍の拠点の1つ、シベルシクの東側やバフムトの南側で、ロシア軍の地上部隊が進軍を試みて、局地的な戦闘が行われたと指摘しました。こうした中、ウクライナ軍などは黒海に面する南部の港湾都市オデーサで23日、ロシア軍が巡航ミサイルで港を攻撃し、けが人が出たほか、インフラ施設が被害を受けたと発表しました。オデーサの港はウクライナ産小麦の輸出拠点で、ロシア軍による封鎖で輸出が滞っていましたが、ウクライナとロシアはトルコと国連の仲介のもとで22日、輸出再開に向けて合意したばかりでした。攻撃についてロシア外務省のザハロワ報道官は24日、SNSで、港の軍事インフラを破壊したものだと主張しました。食料供給の安定に向けて関係各国が合意を歓迎したやさきの攻撃で、合意が確実に履行されるのか、早くも不透明な情勢となっています。一方、ロシアは、軍が掌握したと主張する地域で支配の既成事実化を図る動きを加速させています。このうち南東部ザポリージャ州では、親ロシア派の幹部が24日、ロシアの国営通信社に対して州の警察トップにロシアから派遣された人物が着任したと主張したほか、将来的には軍の常駐を求めたいという考えを明らかにしました。イギリス国防省は24日に発表した分析で、ロシアのラブロフ外相が、ウクライナの南部や南東部の掌握も視野に入れていると明らかにしたことについて「ロシアは戦争を『拡大』したのではない。こうした地域を含めて長期的な支配を維持することが、軍事侵攻の当初からの目的であったことは、ほぼ間違いない」という見方を示しました。ウクライナでロシア軍の戦争犯罪 捜査続く ウクライナでは、ロシア軍の戦争犯罪を追及するため検察や警察が捜査を続けています。検察によりますと、ロシアによる戦争犯罪とみられるケースは、今月22日の時点で2万4000件以上に上るということです。ウクライナ当局が行っている捜査を現地で支援したオランダ軍警察の捜査チームの責任者、ムールマン副司令官が、NHKの取材に応じました。この捜査チームは、ことし5月からおよそ3週間、ウクライナの首都キーウ近郊のボロジャンカなどで、住民から証言を得たり、ウクライナ当局がロシア軍の捕虜などから押収した携帯電話の通信記録や画像を調べるなど、証拠の収集を行ったりしました。捜査の状況について、ムールマン副司令官は「ウクライナの司法システムは機能してはいるが、捜査すべき事案の数が膨大なのでまだまだ人手が必要だ」と訴えました。そして、戦争が続くなかで、すでに戦争犯罪をめぐる捜査が行われている現状について「これまでは事案が起きて何年もたち、戦争が終わってから捜査が始まることが多かったが今回は事案が起きて数週間で捜査ができ、証拠も多く残されている」と述べ捜査に有利だという認識を示しました。只、ムールマン副司令官は「通常の犯罪現場は封鎖されるが、今回は、遺体が収容されたり、捜査が行われる前に周辺がきれいにされたりしてその過程で現場に残されたDNAが混ざり合う可能性なども考慮しなくてはならない。どうすれば信頼に足る証拠を集められるかが課題だ」と指摘しました。ムールマン副司令官は、より詳細な捜査を行うため今後もほかの国から捜査チームが派遣されることに期待を示したうえで「より多くの人員が派遣されるようになれば、より統率のとれた連携が必要になる」と述べ、戦争犯罪を1件でも多く立件していく上でウクライナと各国当局の連携が鍵になるという認識を示しました。イギリス参謀総長プーチン大統領の健康不安 希望的観測”イギリス軍の制服組トップのラダキン参謀総長は、今月17日のBBCのテレビ番組で、一部の欧米メディアがロシアのプーチン大統領について健康不安を指摘する見方を伝えていることに関連して「希望的観測だ」と否定しました。そのうえでラダキン参謀総長は、「ロシアは比較的安定した政権であり、プーチン大統領は反対勢力を一掃することができる。上層部は、プーチン大統領にたてつく野心は持っていない」と述べ、強権的な体制が継続するロシアは、イギリスにとって脅威であり続けると強調しました。又、ラダキン参謀総長はロシア軍の損害について「われわれはロシア軍が陸上における30%以上の能力を失ったとみている。5万人のロシア兵が戦闘により死亡するか負傷し、1700台の戦車と4000台近くの装甲車が破壊された」と明らかにしました。そして、ウクライナ各地で民間施設を標的にしたロシア軍による攻撃が相次いでいることについては「プーチン大統領は民間人の犠牲を承認している」としたうえで「ロシアは、心理的な圧力をかけなければならない状態になっている」と指摘し、徹底抗戦を続けるウクライナの市民に対して精神的な圧力をかけて士気をくじくねらいだと分析しました。

大谷翔平 20号ソロホームラン 9試合ぶり!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が23日、ブレーブス戦に1番・指名打者で先発出場し、5回の第3打席に今シーズン20号のソロホームランを打ちました。大谷選手のホームランは9試合ぶりです。

筒香嘉智 決勝タイムリーヒット 鈴木誠也 5打数ノーヒット!。大リーグ、パイレーツの筒香嘉智選手は23日、本拠地のピッツバーグで行われたマーリンズ戦にフル出場し、決勝のタイムリーヒットを打ちました。筒香選手はこの日は8番・指名打者で先発出場し、0対0の6回、2アウト一塁三塁のチャンスで回った第3打席で、センター前に先制のタイムリーヒットを打ちました。2回の第1打席はファーストゴロ、4回の第2打席はファーストライナー、8回の第4打席はセカンドゴロでした。ヒットは1本でしたがその1本が貴重な決勝タイムリーとなり、パイレーツが1対0で勝ちました。筒香選手は4打数1安打1打点で打率は1割7分5厘となりました。カブス鈴木誠也選手は相手の本拠地フィラデルフィアで行われたフィリーズ戦に、3番・ライトでフル出場しましたが5打数ノーヒットでした。第1打席と第2打席はいずれも空振りの三振で7回の第3打席はセカンドライナー、9回の第4打席は空振り三振、延長10回の第5打席はショートゴロで、打率は2割7分8厘になりました。カブスは延長10回、6対2で勝ちました。

★スポーツクライミング リードW杯 本間が2位 3大会連続表彰台!。スポーツクライミング、リードのワールドカップがフランスで行われ、男子の22歳、本間大晴選手が2位に入り、3大会連続で表彰台に上がりました。スポーツクライミングの「リード」は壁を登った高さを競う種目で、2年後のパリオリンピックでは「ボルダリング」と合わせた2種目の総合成績で争う「複合」の中の1つとして実施されます。今シーズンのワールドカップ第4戦は、23日、フランスで男女の決勝が行われました。このうち男子では22歳の本間選手が安定した登りでルートの上部まで高度を上げて2位に入りました。今シーズンワールドカップで初優勝を果たした本間選手はそれ以来、3大会連続での表彰台となりました。このほかの日本勢は緒方良行選手が、6位に入りました。優勝はアメリカのジェシー・グルーパー選手でした。一方、女子は日本選手2人が決勝に進みましたが、18歳の谷井菜月選手は高度を上げられず5位となり、中川瑠選手は8位でした。優勝は東京オリンピックの金メダリストでスロベニアのヤンヤ・ガンブレット選手で、開幕戦から4連勝と圧倒的な力を見せています。本間「安定して実力を出せて成長感じる」スポーツクライミング、リードのワールドカップで2位に入り3大会連続で表彰台に上がった本間大晴選手は「とてもうれしい。安定して実力を出せて、成長していると感じた。安定して強さを発揮するのは難しいことなので、プラスに捉えていきたい」と話していました。今シーズンのリードのワールドカップは残り3戦となり、ここまで年間ランキングでトップに立っている本間選手は「折り返し地点を迎えたが、まだラウンドは続くので、いい順位を目指して頑張っていきたい」と意気込みを示しました。

★Xゲームズ 女子パーク 四十住2位 男子ストリート 堀米3位!。アクションスポーツの世界最高峰の大会、「Xゲームズ」がアメリカで開かれ、スケートボードの女子パークでは四十住さくら選手が2位となり、男子ストリートでは堀米雄斗選手が3位に入るなど東京オリンピックのメダリストたちが実力を示しました。「Xゲームズ」は、スケートボードや自転車のBMXなどのアクションスポーツの世界最高峰の大会で、ことし4月には日本で初めてとなる大会が千葉で開かれました。20日からはアメリカ・カリフォルニアでの大会が始まり、23日は、スケートボードなどの種目が行われました。このうち、すり鉢状のコースで技を競うパークの女子には10人の選手が出場し、制限時間の中で40秒の「ラン」を繰り返し最も評価の高いランで順位を競いました。この種目の東京オリンピック金メダリストの四十住選手は、板をつかまずに1回転半回る「ノーハンド540」を繰り出すなど多彩な技を決めて2位に入りました。また、東京オリンピックの銀メダリストの開心那選手も得意とするコースの縁を使った技を見せ3位でした。優勝は東京オリンピックの銅メダリストで、イギリスのスカイ・ブラウン選手でした。一方、手すりや階段などが設置されたコースで、45秒の「ラン」を行って技を競う「ストリート」の男子に出場した東京オリンピック、金メダリストの堀米選手は、1回目で▼270度回転して手すりに飛び乗る技や、▼逆スタンスで板を回転させたあと、手すりを滑り降りる技などを決めて、トップに立ちました。しかし、2回目以降はミスが出て順位を落とし3位でした。優勝はオーストラリアのシェーン・オニール選手でした。また、自転車のBMXパークでは、20歳の中村輪夢選手が滞空時間の長い高いジャンプを生かしたダイナミックな技を見せて5位に入りました。

★WHO「サル痘」で緊急事態を宣言 “世界に急速に拡大している”!。欧米などを中心に報告が相次ぐ「サル痘」についてWHO=世界保健機関は、日本時間の23日夜に記者会見し、感染の拡大が続いているとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。WHOは現在、新型コロナウイルスとポリオの感染拡大について緊急事態の宣言を継続していて「サル痘」は3つ目となります。WHOは今月21日、各国の専門家や保健当局の担当者による緊急の委員会を開催し、欧米などを中心に感染が拡大する「サル痘」の状況について検討しました。この検討結果を受けて23日、スイスのジュネーブで記者会見したテドロス事務局長は専門家などの委員会では、さまざまな意見が出され、宣言を出すべきかどうか全会一致の結論には至らなかったものの、サル痘の感染拡大についてはわからないことも多く、世界中に急速に拡大しているなどとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言に踏み切ったと述べました。WHOは現在、新型コロナウイルス、それにポリオの感染拡大について緊急事態の宣言を継続していて「サル痘」は3つ目となります。WHOによりますとサル痘は、これまでに75の国と地域で1万6000人余りの感染者が確認され5人が亡くなっています。テドロス事務局長は、適切な対策を講じれば感染拡大は防げると述べ、まだ感染が確認されていない国も含めてウイルスの監視態勢を強化し、さらなる感染拡大を防いでいくべきだと訴えました。なぜいま?宣言に踏み切った背景はWHOは先月にも専門家による委員会を招集して、緊急事態を宣言すべきかどうか検討しましたが、見送りました。その時の感染者の数は、およそ3000人。ところがその後も感染者は増え続けこれまでに75の国と地域で1万6000人余りにのぼっています。テドロス事務局長は記者会見で、WHOが招集した専門家などによる委員会ではサル痘は一般的に症状が軽いとされ、死者もこれまでに5人となっていて緊急事態宣言を出す必要があると捉えていない専門家もいて全会一致の結論には至らなかったと明らかにしました。只サル痘は、感染のしかたなどについてまだわからない点も多い上、急速に広がっているとして、みずからの判断で緊急事態の宣言に踏み切ったとしています。今後、必要な対応は会見でテドロス事務局長は欧米などでの今の感染状況について「今回の感染拡大は、男性と性的関係がある男性、特に、複数のパートナーと性的関係を持つ男性の間で集中的に感染者が発生している。これは適切なグループに対して適切な戦略を講じれば、感染拡大を止めることができることを意味する」と述べました。一方で、サル痘は、密接な接触によって誰もが感染する可能性があり、特定のグループの人たちの病気ととらえずに警戒するべきだとしていてテドロス事務局長は、偏見や差別はウイルスと同じように危険だとしています。そして各国がとるべき対策として、サル痘が確認されている国では、感染を止める対策の実施や重症化リスクが高い人への対応を求めているほかサル痘が確認されていない国などでも、保健当局が協力して信頼できる検査態勢を構築することなどを求めています。国内の対応は 厚生労働省によりますと、日本では集計が開始された2003年以降、サル痘の感染は報告されていません。サル痘は感染症法上、狂犬病などと同じ「4類感染症」に指定され、診断した医師は患者の発生を保健所に届ける必要があります。サル痘は、現在、欧米だけでなく、日本に近い韓国やシンガポール、タイ、台湾でも感染者が確認されています。厚生労働省都道府県などに対し事務連絡を出し、疑わしい患者があれば報告し、指定医療機関への入院体制を確保するよう求めています。サル痘のウイルスは、水疱に含まれている液体などから新型コロナウイルスと同じようにPCR検査で調べることができることから、国立感染症研究所のほか、各自治体の地方衛生研究所でも検査体制の整備が進められています。





★国内感染者 25人死亡 (累計3万1,915・人)17万6,554人感染(累計1,138万人)!。

愛知県で3人、福岡県で3人、北海道で2人、大阪府で2人、東京都で2人、熊本県で2人、福井県で2人、三重県で1人、佐賀県で1人、奈良県で1人、山口県で1人、岐阜県で1人、岩手県で1人、茨城県で1人、静岡県で1人、高知県で1人の合わせて25人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め1138万8680人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1138万9392人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万1902人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1915人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は24日の新たな感染者数です。▽東京都は194万1548人(28112)▽大阪府は123万782人(17445)▽神奈川県は92万7588人(12100)▽愛知県は70万4167人(11514)▽埼玉県は68万2310人(12185)▽福岡県は56万9726人(10758)▽千葉県は55万5284人(8436)▽兵庫県は53万7767人(9340)▽北海道は42万850人(4072)▽沖縄県は32万4944人(4625)▽京都府は25万4909人(4687)▽静岡県は22万8429人(3790)▽広島県は19万4642人(2205)▽茨城県は18万7507人(2757)▽熊本県は16万1269人(2822)▽岐阜県は13万1365人(1739)▽鹿児島県は12万6124人(2254)▽岡山県は12万2248人(1825)▽群馬県は11万8379人(1847)▽宮城県は11万4750人(2017)▽奈良県は11万3619人(1535)▽滋賀県は11万3574人(1506)▽栃木県は11万2040人(1914)▽三重県は10万9390人(2186)▽長野県は9万3613人(1500)▽新潟県は9万1759人(1965)▽長崎県は8万5156人(1637)▽青森県は8万1602人(1308)▽大分県は7万9799人(1617)▽宮崎県は7万9372人(1811)▽福島県は7万8146人(1070)▽佐賀県は7万7540人(757)▽石川県は7万3471人(1316)▽山口県は6万3234人288)▽愛媛県は6万2265人(1058)▽香川県は6万2040人(1070)▽和歌山県は5万7995人(1234)▽富山県は5万502人(1099)▽福井県は4万9089人(923)▽岩手県は4万8301人(911)▽山梨県は4万3681人(741)▽秋田県は3万9057人(640)▽高知県は3万8385人(561)▽島根県は3万7678人(659)▽山形県は3万6912人(543)▽徳島県は3万862人(622)▽鳥取県は2万4415人(516)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は20422人(37)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、24日時点で233人(+30)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、24日時点で、▽国内で感染が確認された人が995万7109人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて995万7768人となっています。又、今月21日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で10万7250件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★外国人観光客受け入れ再開も 1か月で約1500人にとどまる なぜ?。外国人観光客の受け入れが再開されてから1か月余りがたちましたが、実際に入国した外国人観光客はおよそ1500人にとどまっていることが出入国在留管理庁などのまとめでわかりました。専門家は「入国の手続きがかなり厳しく、きちんと検疫体制をとっていることの表れだ。新型コロナの感染拡大の中で国民が受け入れを納得する環境を作ることが必要だ」と指摘しています。外国人観光客の受け入れは新型コロナ対策で2年余りにわたって中断されていましたが、政府は6月10日から98の国と地域からのツアー客を対象に受け入れを再開しました。出入国在留管理庁によりますと7月10日までの1か月間余りの入国者は全体で48万4000人余りで、平均すると一日あたりおよそ1万2000人と、2万人の上限の6割程度となっています。入国者のおよそ6割は日本人で、外国人はビジネス目的や留学生などが多く、観光ビザを取得して入国した外国人観光客は7月10日までの1か月間で合わせておよそ1500人にとどまっていることがわかりました。出入国在留管理庁や観光庁などによりますと、観光客が増えない理由として▼現在はすべての国でビザの取得とコロナの陰性証明の提出が必要で、手続きに時間と手間がかかることや▼現状はツアー客に限定されるため個人旅行を好む欧米からの観光客の入国が低調なことなどが考えられるということです。専門家「ここまで少ないのは予想外」 観光政策に詳しい立教大学観光研究所の玉井和博特任研究員は「ここまで少ないのは予想外で、ビザなどの手続きが他国に比べてかなり厳しく、きちんと検疫体制をとっていることの表れだと思う。コロナで痛んだ日本経済をどう立て直すかを考えると観光は大きな柱にならざるを得ず、今後は観光立国を目指して緩和を進めたい。一方でコロナの感染者が増えていて、無作為に外国人観光客を受け入れることを国民は危惧している。医療体制も早く整備し、受け入れを納得する環境を作ることが必要だ」と指摘しています。ビザ取得手続きできず入国断念した人も ビザの取得手続きを進めることができず、日本への入国を断念した人もいます。アメリカ・ニューヨーク州に住む冨田忠君さん(44)はこの夏、アメリカ国籍の妻と4人の子どもを連れて日本を訪れ、愛知県に住む両親に5年ぶりに会い、その後、岐阜県下呂温泉などで観光する予定でした。然し、妻と子どものビザ取得のために必要な書類について問い合わせをしようとニューヨークの日本の総領事館に何度も電話をかけたもののつながらなかったということです。更に航空券を予約し、自分の戸籍謄本を日本から取り寄せて申請の予約を取ろうとしてもその電話もつながらず、日本行きを断念せざるを得なかったということです。冨田さんは「両親は孫の顔が見られると思ってウキウキしているなか、今年は無理だったととても言いにくかった。温泉に行ったりおすしを食べたりするのも楽しみでしたが、本当に残念です。怒ってもしかたがないので、来年改めて行こうと思います」と話していました。浅草 外国人観光客ほとんど見られず 新型コロナウイルスの感染拡大前は多くの外国人観光客でにぎわった東京・浅草の商店街では、いまもその姿はほとんど見られません。浅草の仲見世商店街は、感染拡大前は浅草寺やその周辺で観光したり土産物を買い求めたりする外国人観光客が多く訪れていました。24日も商店街を歩いていたのはほとんどが日本人で数少ない外国人もビジネスや親族への訪問など観光以外の目的で入国した人でした。ドイツ国籍の50代の男性は「ビジネス目的でちょうどきょう来日しました。ビザはビジネスしか許可されていないので観光の予定はありませんが、昼食を食べに来ました」と話していました。イスラエルから来たという40代の男性は「ビジネス目的できょう入国し、数時間だけあったので浅草に来ました。ビザの取得がとても大変だったので観光目的の人はもっと緩和された後に来たいと思うのではないか。できれば早く受け入れを緩和してほしい」と話していました。観光で来たという日本人の10代の女性は「新型コロナの感染拡大が続いているので、もう少しの間は入国制限は続けてほしい」と話していました。商店街にある創業からおよそ100年のヘアアクセサリーなどを販売する店も感染拡大前は売り上げのおよそ半分が外国人への販売でした。店では、6月の外国人観光客の受け入れ再開に合わせて、外国人に喜ばれる桜の模様など和柄を施したヘアピンなどの品ぞろえを増やしたということです。然し、再開から1か月以上がたったいまも外国人観光客はほとんど訪れておらず、経営は厳しい状況が続いているということです。店舗を運営する会社の岩崎孝俊社長は、「コロナの前は、外国人しかいないのではという時間帯もあるくらいでした。非常に購買意欲も高かったので、受け入れ再開はうれしかったですが、外国人のお客さんが増えた実感はなく、待ち遠しいです」と話していました。ほかの国に行き先を変更する動きも外国人観光客の中には日本での観光は制約が多いとして旅行を取りやめたり入国の緩和が進んでいるほかの国に行き先を変更したりする動きも出ています。イギリスの旅行会社、「インサイドジャパン・ツアーズ」では現在、およそ4000人がイギリスやアメリカなどから日本への旅行を予約しているということです。しかし、先月10日の受け入れ再開以降、実際に入国したのはこの会社では25人にとどまっていて、この夏のコロナの感染拡大の前に旅行の見合わせを決めた人も多いといいます。その理由について会社は日本政府がまとめたガイドラインで、受け入れはツアーに限定され全行程で添乗員の同行が求められていることをあげています。通常、この会社を利用する旅行者の8割が個人旅行を希望するということで旅行者から「ロマンチックなディナーの時まで添乗員が同行するのか」という声が寄せられているほか、中には「監視されているようで歓迎されていないと感じる」という人もいるといいます。こうしたなか、週に10人程度が日本への旅行を取りやめたり、この会社が扱っているベトナムやタイなど入国の制限がより緩和されている別の国に行き先を変更しているということです。インサイドジャパン・ツアーズの予約管理の責任者のタイラー・パルマさんは、「秋の旅行シーズンに日本行きを希望している人も多いが、制限が今のままではほとんどが旅行を見合わせるか旅先を変更するだろう。どんな条件なら緩和が進むのか見通しを示してほしい」と話していました。外国人観光客 なぜ増えない?98の国と地域を対象に受け入れが再開されたのにもかかわらず、外国人観光客はなぜ増えないのか。1 ビザ取得に手間と時間 理由のひとつはビザの取得に手間と時間がかかるという点です。日本では新型コロナの感染拡大前までは、68の国と地域からは短期滞在であればビザを取得せずに入国し、滞在が可能でした。然しおととし3月以降、感染拡大に伴って順次、日本国籍の人を除いてすべての国からの入国にビザの取得が必要となりました。このため日本への訪問を希望する外国人はパスポートやビザの申請書など必要な書類を準備したうえで、現地にある最寄りの日本大使館総領事館などで申請を行う必要があります。然し、問い合わせが多いため、日本大使館総領事館の電話がつながりにくかったり申請のための予約が埋まっていたりすることもあるということです。又、ふだんは申請が受理されてから最短で5日ほどで発給されますが申請数が多いためそれ以上に時間がかかるケースも出ているということです。2 入国前の検査もうひとつの理由は入国前の検査です。政府は海外から入国するすべての人に対し現地を出国する前の72時間以内に検査を受け、コロナの陰性だったことを証明する書類の提出を求めています。証明書を提出できない場合は、日本への入国が認められていません。3 観光客はツアーのみさらに制約になっているのが観光目的での入国は添乗員付きのツアー客に限定されている点です。観光庁や旅行会社によりますと欧米からの観光客の多くは個人旅行を好むということで、行き先を別の国や地域に変更する人も出ているということです。観光庁出入国在留管理庁によりますと観光目的で訪れたのは6月は合わせて252人で、7月は10日まではおよそ1200人です海外では入国制限を緩和する動き 海外では欧米などでは入国の制限を緩和する動きが広がっています。▼アメリカでは先月、ワクチン接種の完了を原則として義務づける措置を継続する一方で、入国の際に義務づけていた出発前の1日以内の陰性証明書の提出を不要にしました。又▼イギリスでは出発前の検査は必要なく、▼フランスでも、ワクチン接種を完了していれば、出発前の検査は不要としています。いずれの国でも日本国籍の人が観光目的で入国する際はビザの取得は免除されます。政府の見解は 観光庁は「インバウンドなどの本格的な回復を図る中で、1日2万人の入国者の上限やビザの免除措置の再開などが課題になってくると旅行業界から強い要望が出ている。要望を受け止めて水際対策の今後のあり方について政府として引き続き検討したい」と話しています。

★大相撲名古屋場所 逸ノ城が初優勝 平幕力士の優勝は9場所ぶり!。大相撲名古屋場所は千秋楽の24日、平幕の逸ノ城が12勝3敗の成績で初めての優勝を果たしました。平幕力士の優勝は去年初場所の大栄翔以来、9場所ぶりです。大相撲名古屋場所は23日、14日目を終えて3敗で横綱照ノ富士と前頭2枚目の逸ノ城がトップで並んでいました。24日の千秋楽では、先に取組があった逸ノ城が前頭3枚目の宇良に勝ち、結びの一番で照ノ富士大関貴景勝に敗れたため、12勝3敗で逸ノ城の初めての優勝が決まりました。平幕力士の優勝は去年初場所の大栄翔以来、9場所ぶりです。又、モンゴル出身の力士としては8人目の幕内の優勝力士となりました。逸ノ城新型コロナウイルスの感染で先場所を休場し、休場明けで今場所に臨みました。序盤から左の上手を取って前に圧力をかけて攻める相撲が光り、今場所の5日目には照ノ富士から金星を挙げました。6日目までは勝ちっぱなしの6連勝で7日目と8日目に2連敗したものの後半戦は再び落ち着いた取り口で安定感を取り戻して初めての優勝を果たしました。逸ノ城とは逸ノ城はモンゴル出身の29歳。身長1メートル92センチ、体重211キロの角界でも屈指の巨体を生かした四つ相撲が持ち味です。12年前の平成22年、横綱照ノ富士とともに来日して、相撲の強豪、鳥取城北高校に入学し、相撲に取り組みました。高校卒業後も相撲を続け、平成25年全日本実業団選手権の個人戦で優勝して湊部屋に入門し、平成26年初場所で、幕下15枚目格付け出しとして初土俵を踏みました。初土俵から2場所連続で勝ち越し夏場所十両に昇進してすぐに十両優勝を果たしました。更に、その年の秋場所で新入幕を果たし前頭10枚目で横綱鶴竜から金星を挙げるなど13勝2敗という活躍で殊勲賞と敢闘賞を同時に受賞しました。続く九州場所では西の関脇として新三役になり幕下付け出しでの初土俵からわずか5場所での関脇昇進は、昭和以降では武双山の7場所を上回る最も早いスピード出世となりました。当時は、一緒に来日した照ノ富士をしのぐ存在感を示していましたが、その後、腰痛や右肩のけがの影響で休場するなどしておととしの初場所では十両に番付を落としました。その年の秋場所には再び幕内に復帰しその後三役にも返り咲きましたが、前頭筆頭となった先場所は場所前に新型コロナウイルスへの感染が確認されたことからすべて休場し、今場所は休場明けで臨んでいました。初優勝までの道のり初優勝を果たした逸ノ城は今場所、素早くまわしを取って力強く寄り切る相撲が光りました。先場所は新型コロナウイルスの感染で休場を余儀なくされ、休場中の心境を「テレビで相撲を見て、俺も頑張らないとなと考えた。しっかり次の場所に向けてやろうと」と振り返っていました。そのことばを証明するように幕内最重量の体重211キロの巨体を生かし、前に出る相撲を貫き、白星を重ねていきました。5日目は過去の対戦成績で2勝13敗と大きく負け越していた横綱照ノ富士との結びの一番で立ち合いすぐに左の前まわしを取って横綱相手に先手を取り、そのあとももろ差しのまま前に出続けて横綱を寄り切って金星を挙げました。今場所の調子のよさを象徴するような取組で、逸ノ城は、取組後も「自分の相撲に集中するだけ」と冷静に話していました。金星について日本相撲協会八角理事長は「落ち着いているし、先に圧力をかけているから照ノ富士が何もできなかった。優勝候補に名乗りをあげたという感じかな」と評価していました。その後、7日目には大関・正代に、中日には平幕の琴ノ若に連敗したものの、9日目は過去の対戦成績で3勝3敗と互角の霧馬山を相手に前に攻め続ける相撲で勝ち、14日目に平幕・明生に敗れるまで5連勝して終盤の優勝争いを盛り上げました。今場所の好調ぶりについて師匠の湊親方は「立ち合いは低く、速く立てているのが1つかなと。上手が早く取れている攻めもいい」と相撲内容を評価していました。又、湊親方逸ノ城が一時は歩くことができないほどの腰の痛みを経験したことから「前は『腰が痛くなったらどうしよう』と怖がっていた。『こうなったらどうしよう』というのが土俵際ですぐ下がったり粘りがなかったりした原因だったと思う。今場所はそれが気にならず相撲を取れている」と分析していました。場所中でも若い力士を相手にぶつかり稽古を行うなど決められたメニューを着実に行ってきたという逸ノ城。新入幕からまもなく8年となる今場所、地道に稽古に打ち込んだ成果が実を結びました。

★大相撲 逸ノ城が殊勲賞 横綱照ノ富士を破る金星も評価!。大相撲名古屋場所三賞選考委員会が開かれ、今場所、横綱照ノ富士を破る金星を挙げ、14日目まで3敗で優勝争いのトップに並ぶ平幕の逸ノ城が殊勲賞に選ばれました。三賞選考委員会は千秋楽の24日、名古屋場所が行われている名古屋市で開かれ、殊勲賞に平幕の逸ノ城が選ばれました。逸ノ城は今場所、力強い四つ相撲で勝ち星を積み重ね、23日、14日目を終えて11勝3敗と横綱照ノ富士と並んで優勝争いのトップにつけています。又5日目、照ノ富士との対戦で左の前まわしを取り前に出る相撲で金星を挙げた点も評価されました。逸ノ城の殊勲賞受賞は平成31年春場所以来、3回目です。新入幕で14日目まで9勝を挙げている平幕・錦富士は千秋楽の取組に勝って10勝目を挙げれば初めての敢闘賞に選ばれることになりました。技能賞は該当者がいませんでした。

★大相撲 感染拡大のなか千秋楽 八角理事長「皆様の支援に感謝」!。大相撲名古屋場所は24日、千秋楽を迎え、日本相撲協会八角理事長は恒例の協会あいさつで「今場所は大関をはじめ多数の休場者が出た厳しい本場所のなか、力士は皆様のご支援に支えられて千秋楽を迎えることができました」と述べました。名古屋市で行われている大相撲名古屋場所は、新型コロナウイルスの感染拡大以降初めて入場者数の制限を設けずに開催され、24日、千秋楽を迎えました。場所中は感染拡大の影響で力士や親方などの途中休場が相次ぎ、十両以上の関取の休場者はけが人も含めて戦後最多の22人に上る異例の場所となりました。日本相撲協会八角理事長は中入り前に土俵上から行う協会あいさつで「協会員の検査や体育館での応急対応でご尽力を賜りました地域の医療従事者の皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます」と述べました。そのうえで「今場所は大関をはじめ多数の休場者が出た厳しい本場所のなか力士は皆様のご支援に支えられて千秋楽を迎えることができました。協会員一同、心より感謝申し上げます」と述べました。会場を訪れた人「熱い相撲を見たい」大相撲名古屋場所新型コロナウイルスの感染拡大の影響で関取の休場が相次ぐ異例の場所となりました。こうした中千秋楽に会場を訪れた人からは出場する力士たちの熱い取組を期待する声が聞かれました。妻とともに訪れた31歳の男性は「2年連続での観戦ですが、運営をしてくださっている方々に感謝です。照ノ富士に期待していますが、きょうの優勝争いを楽しみたい」と話していました。名古屋市内の60代の男性は「テレビとは雰囲気が違うので、現場でみるのがいちばんです。力士たちの熱い相撲を見たい」と話していました。また、愛知県愛西市から来た60歳の男性は「新型コロナの感染拡大はしかたのないことだと思う。それでも千秋楽らしい相撲を期待しています」と話していました。

★ゴルフ 国内女子ツアー 菊地絵理香が今季初勝利!。地元北海道女子ゴルフの国内ツアーの 大会は北海道で最終ラウンドが行われ、地元出身の34歳、菊地絵理香選手が通算20アンダーで今シーズン初勝利をあげました。最終ラウンドを首位でスタートした菊地選手は、バーディー4つ、ボギー1つで回り、スコアを3つ伸ばして通算20アンダーで優勝しました。菊地選手はツアー通算5勝目です。1打差の2位に三ヶ島かな選手が入り、さらに1打差で小祝さくら選手が3位、賞金ランキングトップの山下美夢有選手は通算13アンダーで5位でした。

★感染拡大 行動制限なしでどう対応!。国内の新型コロナ感染者20万人超 行動制限なしでどう乗り越える日本国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が23日、初めて20万人を超えた。政府はワクチン4回目接種の対象を医療従事者らに拡大するほか病床の追加確保を行うなど「保健医療体制の確保」に万全を期す構えだが、政府は現時点では「まん延防止等重点措置」などの新たな行動制限は行わない考えだ。

★金城重明さん死去 93歳 沖縄戦の「集団自決」証言!。沖縄戦のさなか沖縄県渡嘉敷島で起きたいわゆる「集団自決」を生き延びた、沖縄キリスト教短期大学の元学長、金城重明さんが7月19日、急性心不全のため亡くなりました。93歳でした。金城さんは、渡嘉敷村出身で、77年前の沖縄戦のさなか起きたいわゆる「集団自決」を生き延び、戦後は、沖縄キリスト教短期大学の学長などを務た。作家の大江健三郎さんが沖縄戦の集団自決について書いた本をめぐり、旧日本軍の守備隊長らが「自決を命じたように書かれ、名誉を傷つけられた」と訴えた裁判では、平成19年9月に被告側の証人として法廷に立ち、「私も、兄とともに、母親と妹、それに弟の命を奪った。日本軍の軍命なくして住民の集団自決は起こりえなかった」と証言しました。その後の平成23年4月、最高裁判所で元隊長らの上告が退けられ、集団自決への軍の関与を認めた判決が確定しました。金城さんはみずからの体験を子どもたちに語る活動にも取り組み、新型コロナの感染拡大による影響が出る前まで続けていました。家族によりますと、金城さんは今月19日、那覇市内の病院で急性心不全のため亡くなったということです。93歳でした。

★登山中の男性 クマに腕などをかまれけが 栃木 鹿沼!。24日午前、鹿沼市で登山をしていた30代の男性がクマに襲われ、腕などをかまれるけがをしました24日午前11時半ごろ、鹿沼市の山中を通る県道草久足尾線の路上で男性が倒れているのをオートバイで通りがかった人が見つけ、119番通報しました。警察によりますと、男性はクマに左腕などをかまれてけがをしていて、意識はあり命に別状はないということですが搬送先の病院で手当を受けています。男性は、栃木県外に住む30代で、午前10時半ごろ1人で登山中に子グマぐらいの大きさのクマに遭遇し、かまれたと話しているということです。現場は鹿沼市北西部の標高およそ1100メートルの峠道です。

★コロナ感染急拡大 発熱外来は日曜日も混雑 診療所外で待つ人も!。新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、日曜日は休診となる医療機関も多いことから診療を行う都内のクリニックには症状を訴える人などが次々に訪れ、対応に追われていました。土曜日と日曜日も発熱外来での診察を行っている東京 港区のクリニックには、感染の急拡大にともなって土日に訪れる人が急増しています。24日も午前10時の診療開始前から症状を訴える人などが次々と訪れ、診療開始から15分ほどで待合室が埋まり、外で体調がすぐれない様子で診察を待つ人もいました。熱が出たため母親とともに訪れた男の子は検査の結果、感染が確認され、発熱のほか、のどの痛みや頭痛などの症状を訴えていました。母親は、医師に対し、「子どもが夜に『お母さんあつい』と言ったのではかったら39度4分の熱がありました。私も感染してしまったら子どもの世話が難しくなるので心配です」と話していました。虎ノ門中村クリニックの中村康宏院長は「土日に診療しているところが少ないこともあって、土日は多くの人が来ています。神奈川や埼玉などから来る人もいるほどです。かなり限界に来つつあり、スタッフの手が本当に足らない状態です」と話していました。感染急拡大の中、土曜日や日曜日は休診となる医療機関も多いことから、岸田総理大臣は22日、日本医師会に休日も診療を受け付ける発熱外来を増やすことなどの協力を求めたほか、東京都も23日の診療分から休日の診療実績に応じて医療機関に協力金を支給するなど対応の強化を図っています。



★サルに襲われ8人けが 近隣被害38人に 麻酔銃で捕獲へ 山口!。サルによる被害が相次いでいる山口市小郡地区では、23日から24日にかけて新たに8人がサルに襲われてけがをしました。7月8日以降、近隣での被害者は合わせて38人にのぼり、山口市はサルの捕獲に向けて24日から麻酔銃を使った捕獲に乗り出しました。アパートの網戸を開けて入ってきた 警察によりますと24日午前2時15分ごろ、山口市小郡新町のアパートの3階で、網戸を開けて入ってきたサルに10代の少女が右足をかまれました。その後、一度サルが外に出たため網戸を閉めましたが、サルは網戸を突き破って再び部屋に入り、今度は40代の母親の左足にかみついたということです。又、午前6時前には同じ地区のアパートの4階で窓からサルが侵入し、この部屋に住む50代の女性の両手をかんだということです。同じ頃には近くの屋外にいた50代の女性が後ろからサルに襲われ、左足にかみつかれました。この女性が傘を振り回したところサルは逃げていったということです。このほか小郡地区では23日夕方から24日にかけて男性2人と女性2人が家の中や屋外で相次いでサルに襲われていて、合わせて8人がサルに襲われてけがをしました。これで7月8日以降、サルによる被害者は合わせて38人になりました。相次ぐ被害を受けて山口市はサルの捕獲に向けて麻酔銃を使用するための許可を受けていて、24日から麻酔銃を使った捕獲に乗り出したということです。近くに住む男性「子どもやお年寄りが狙われ不安」夜勤明けだったという近くに住む50代の男性は、「けさ6時くらいに、団地の方からキャーという悲鳴が聞こえたので車で見に行ったところ、警察や救急車が停まっていて、人がまたサルに襲われたと聞きました。子どもやお年寄りが狙われているようなので不安です」と話していました。又、近くに住む60代の男性は、「麻酔銃を使った捕獲方法をとるという連絡がきょうありました。1日も早くサルを捕獲してこれ以上被害が増えないようにしてほしいです」と話していました。

★革命 高級コンビニおにぎりヒット!。「個性派おにぎり」コンビニ席巻、300円超え商品も 大ボリュームで食卓接近...「ものすごい革命」識者驚き 従来のおにぎりのイメージを覆す「個性派おにぎり」がコンビニに相次いで登場し、ヒットを記録している。弁当やお子様ランチをイメージした大ボリュームのおにぎりや、海苔ではなく具材でご飯を覆ったおにぎりなど、そのコンセプトは様々だ。