※7/22 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶・67,899,829人 ・死者 6百,380,676人528千人!。★全国感染確認者死者52人(累計3万1,815人)・ 過去最多の19万5160人!※コロナワクチン”接種”励行!▼コロナ渦”脅威”終息?

    ー--ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日23(土)34℃24℃晴/曇 明日24(日)34℃24℃曇/晴 明後日25(月)34℃24℃曇/晴 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱症予対!。

★東北・北海道など 局地的に非常に激しい雨 関東では猛暑日も!。低気圧や湿った空気の影響で、東北や北海道などで局地的に非常に激しい雨が降っていて、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。一方、関東では気温が35度以上の猛暑日となっているところがあり、熱中症対策をとるようにしてください。気象庁によりますと、低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、東北や北海道では大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。▽午後2時までの1時間には国土交通省岩手県八幡平市に設置した雨量計で、▽午後1時までの1時間には北海道が釧路市に設置した雨量計で、いずれも54ミリの非常に激しい雨を観測しました。これまでに降った雨で岩手県と北海道では土砂災害の危険性が非常に高まり、土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。東北や北海道では今夜にかけて雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するとともに落雷や突風にも注意するよう呼びかけています。方、関東を中心に晴れて気温が上がり、午後2時までの最高気温は、▽栃木県佐野市で37.5度、▽山梨県甲州市勝沼で36.5度、▽群馬県館林市で36.4度、▽埼玉県熊谷市甲府市で36.1度などと各地で猛暑日になっています。又、東京の都心でも33.6度などと厳しい暑さとなっています。24日朝にかけても関東や西日本では気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されています。熱中症に十分注意し、こまめに水分を補給する、冷房を適切に使用するなど対策をとるようにしてください。

★赤、ピンク…300種 華やか大輪10万本 全国有数の球根産地「宝塚ダリア園」がオープン!。華やかに咲き誇るダリアの大輪=宝塚市上佐曽利 全国有数のダリア球根の産地として知られる兵庫県宝塚市上佐曽利地区で「宝塚ダリア園」がオープンした。赤やピンクなど色鮮やかな300種・10万本が青空に映え、カップルや家族連れでにぎわっている。【写真】300種、10万本が楽しめる「宝塚ダリア園」 ダリアはキク科で、初夏から秋にかけて開花する。市北部の同地区では、1930(昭和5)年に栽培を開始。花言葉は「華麗」「優雅」などで歌劇のまちにふさわしいとして昨春、すみれに続いて二つ目の市花に選ばれた。現在、佐曽利園芸組合の農家18戸が生産し、毎年夏と秋、地域住民から農地を借り、ダリア園を開いている。 広さ約60アールの農園では「シュシュ」「ラルゴ」など華やかな品種の大輪が咲き誇る。5月下旬ごろに、球根を植え、梅雨明けが例年よりも早く、好天が続くなどしたため、順調に生育したという。8月7日までの金-日曜に営業。午前9時~午後4時。入園料は小学生100円、中学生以上200円。1本100円で摘み取り可能。7月31日に「感謝祭」を開き、入園料無料で、先着100人に生花をプレゼントする。佐曽利園芸組合TEL0797・91・0003。

★鹿の赤ちゃん80頭が公園デビュー 保護施設「鹿苑」から一斉に外へ 愛護会「遠くから見守って」!。奈良公園で今年生まれた鹿の赤ちゃんが、22日に公園デビューしました。奈良公園にある鹿の保護施設「鹿苑」の門が開くと、一斉に鹿の親子が飛び出しました。体の大きな鹿に交じり、辺りをきょろきょろと見渡す小鹿たち。奈良の鹿愛護会では、ことし生まれた126頭の鹿の赤ちゃんを母親と一緒に鹿苑で保護していて、22日は80頭の小鹿が公園デビューしました。小鹿たちは、慣れてくると公園を自由に駆け回り、愛らしい姿を見せてくれました。鹿愛護会は、小鹿に近付こうとすると親に突進され、けがをする恐れもあるため、遠くから見守ってほしいとしています。

★京都・下鴨神社で「御手洗祭」境内池に足つけひんやり、無病息災願う!。水に足をつけながら、ろうそくを供える参拝者たち(22日午前、京都市左京区下鴨神社)境内の池に足をつけて無病息災を願う「御手洗(みたらし)祭」が22日、京都市左京区下鴨神社で始まった。蒸し暑さが強まる中、参拝者がひんやりとした水に入って涼を感じながら、献灯した。 平安時代の貴族が夏の疫病を防ぐために始めたみそぎが起源とされ、「足つけ神事」とも呼ばれる。毎年土用の丑(うし)の日のころに行われる。セミの鳴き声が響いた日中には、次々と参拝者が訪れ、御手洗池に素足を浸しながら、御手洗社にろうそくを供えた。愛知県東郷町から訪れた会社員男性(35)は「冷たい水に足をつけ、心が清められた気がする。家族で来ることができ、いい思い出になりました」と笑顔で話した。31日まで午前9時から午後8時に行われる。

★世界のカブトムシ・クワガタ展 夏休みに合わせ 石川 白山!。白山市の施設で、世界各地のカブトムシやクワガタを紹介する企画展が22日から始まりました。この企画展は夏休みの時期に合わせて「石川県ふれあい昆虫館」が開き、カブトムシとクワガタ、合わせて20種類が展示されています。このうちカリブ海の島に生息し、世界最大のカブトムシとして知られる「ヘラクレスオオカブト」は体長が15センチほどで、体の半分ほどもある1本の長く大きな角が特徴です。又、体長5センチほどの「ニジイロクワガタ」は、オーストラリアや周辺地域に生息していて、体の表面に緑や赤の金属のような光沢があるのが特徴です。小学5年生の男の子は「クワガタが好きなので見に来ました。特にニジイロクワガタがきれいでした」と話していました。石川県ふれあい昆虫館の石川卓弥学芸員は「角の本数やあごの大きさなど種類によって違うので、比較しながら楽しんでほしいです」と話していました。この企画展は8月末まで開かれています。

★福島 桧原湖の湖底に宿場町の痕跡 潜水調査で確認!。福島県磐梯山は明治時代に起きた噴火の影響でできた湖に、当時の宿場町が沈んだことが知られていて、海洋研究開発機構などの研究グループは潜水調査を行い、石垣などの宿場町の痕跡をおよそ130年ぶりに確認したことがわかりました。福島県磐梯山明治21年に噴火した影響で川がせき止められて水位が徐々に上がり、ふもとにあった江戸時代からの宿場町「桧原宿」の住民は避難しましたが、集落は現在の福島県北塩原村にある「桧原湖」に水没したことが知られています。海洋研究開発機構などの研究グループは「桧原湖」で去年から潜水調査や無人の探査機による湖底の調査を行ったところ、これまでに墓石の一部とみられる人工的な丸い穴が空いた石のほか、石垣の一部など、「桧原宿」の集落の痕跡を確認したことがわかりました。研究グループによりますと、集落の痕跡が正式な調査で確認されたのは初めてで、およそ130年ぶりだとしています。研究グループは今後、少なくとも2回の調査を予定していて、当時の宿場町の様子を明らかにしたいとしています。研究グループの代表で海洋研究開発機構の谷川亘主任研究員は「災害を受けた水中遺跡を対象とした学術調査の第一歩になるもので、詳しい集落の状態を確認することで将来の防災にも役立てたい」と話していました。

★別の生き物なのでは...? ボウルの中で溶けちゃったトロトロにゃんこが激写される!。(以下引用)「なにか...なにか、その体おかしくないかっ?!?」(以上引用)飼い主でさえ驚いて、思わずそう漏らしてしまうニャンコの衝撃の姿が、ツイッター上で注目を集めている。これが噂の妖怪猫又...キャットタワーの透明ボウルの中に見えるのは、一反木綿のような妖怪――ではなく猫さん。顔は下を向いているのに、お腹は天井を向いている......?ツイッターユーザーのゆさこ(@yusakovichi)さんが2022年7月12日に投稿したこのビックリ写真には、20日時点で2万7000件以上のリツイート、15万件を超えるいいねのほか、(以下引用)「妖怪猫又だ」「猫は液体という証拠がまたひとつ」「これがツチノコなんですね」「ヌルンッてしそう」(以上引用)と驚きの声が寄せられるなど、注目を集めている。一体何がどうしてこうなったのか、Jタウンネット記者は13日、ゆさこさんに話を聞いた。近年まれに見る液状化現象 ゆさこさんによると、液体と化していたのはベンガル猫の「うり」さん(生後7か月、メス)。居間に設置したキャットタワーの最上段にある透明なボウルを寝床にしているという。そして7月12日の夜中。猫の様子を確認しようとしたゆさこさんが顔をあげると、写真の光景が目に飛び込んできた。(以下引用)「静かなので寝たのかな?と思いふと見上げたらあの状態でした」(以上引用)とゆさこさんは振り返る。うりさんはボウルの縁に顎を乗せて寝るのが好きで、溶けていることもしばしば。然し、撮影当時はひときわ盛大に「液状化」していたそうだ。(以下引用)「あの時はいつも以上にぐにゃぐにゃになっていて驚き、面白くて笑ってしまいました」(ゆさこさん)(以上引用)どぅるんどぅるんに溶けてボウルにフィットする姿は、まさに「にゃん(軟)体動物」といった感じ。記者も初見で、かなりの衝撃を受けてしまった......。

★ハートに「キュン」癒しのジャガイモ 畑で収穫/兵庫!。

ハート形をしたかわいらしいジャガイモ 丹波市内の畑で、ハート形をしたかわいらしいジャガイモが収穫された。 いいことがありそうな、左右対称のきれいなハート形。見つけた女性は「癒やされました」とうれしそうな様子だった。

★安倍元首相の「国葬」 9月27日に実施決定 東京 日本武道館で!。政府は参議院選挙の応援演説中に銃で撃たれて亡くなった安倍元総理大臣の「国葬」を9月27日に東京の日本武道館で行うことを決定しました。

★石川 能登地震活動 原因解明へ地下の流体調査を支援 文科省!。能登地方で続く地震活動の原因解明につなげようと、文部科学省は金沢大学の教授らから提案のあった、地下にある流体などの調査を支援することになりました。石川県の能登地方ではおととし12月以降、地震活動が続いていて、先月中旬には珠洲市震度6弱の激しい揺れが観測されました。この原因解明につなげようと、文部科学省は金沢大学の平松良浩教授らから提案のあった調査を、科学研究費助成事業の対象として支援することになりました。平松教授らは、地震活動に関わっている可能性があるとされる地下の流体などの調査・研究を行うということで、助成額はおよそ4000万円です。末松文部科学大臣は、記者会見で「住民の不安は大きく、防災対策に生かすためにも原因解明に向けた調査研究は極めて重要であり、必要な支援に努めたい」と述べました。

★世界の累計感染者 5憶・67,899,829人 ・死者 6百,380,676人528千人アメリカ感染者90,200千人死者1,026千人②インド感染者43,847千人死者525千人③ブラジル感染者33,505千人死者676千人④フランス感染32,439千人者147千人⑤ドイツ感染者30,239千人死者143千人⑥英国感染者23,212千人死者182千人。⑦イタリア染20,467千人死170千人。

★シリア人道支援めぐりロシア拒否権行使 説明求める国連総会!。国連の安全保障理事会で、内戦が続くシリアへの人道支援をめぐりロシアが拒否権を行使したことについて説明を求める国連総会が開かれました。ロシアはみずからの立場を主張した一方、各国からは人道問題で拒否権を行使すべきではないといった意見が相次ぎました。国連安保理では今月8日、内戦が続くシリアに隣国のトルコから人道支援物資を運び込む「支援ルート」をめぐり、欧米側がルートの期限を1年間延長する決議案を提出しましたが、ロシアが拒否権を行使して否決し、4日後にロシアの主張に沿って6か月間だけ延長する修正決議が採択されました。拒否権の行使を受けて説明を求める国連総会が21日に開かれ、冒頭ロシアのポリャンスキー国連次席大使は人道支援は隣国からの支援ルートではなく、シリアのアサド政権を通じて行われるべきだとして「ロシアは拒否権の行使でシリアの主権と領土の一体性を守った」と主張しました。このあとおよそ50か国が演説を行い、ノルウェーのユール国連大使が支援ルートの1年間の延長は支援物資を頼りに生活しているシリアの人々にとって不可欠だとしたうえで「1か国によって安保理はつまずいた」とロシアを非難したほか、各国から人道問題で常任理事国は拒否権を行使すべきではないといった意見が相次ぎました。一方、ロシアが拒否権を行使した安保理では棄権した中国のほか、北朝鮮やイランなどロシアの主張に理解を示す国もありました。拒否権を行使した常任理事国に説明を求める国連総会が開かれるのは先月に続いて2回目で、各国からは常任理事国による拒否権の乱用に懸念を示す意見も出されました。兼国連大使「建設的な役割を果たしていく」国連総会で演説した日本の石兼国連大使は「シリアの人道支援ルートは政治問題化されることなく人道的な配慮から延長されなければならない」と述べ、ロシアによる拒否権の行使に深い遺憾の意を表しました。そのうえで「来年から安保理非常任理事国になる日本はシリアをめぐる関係国の間のギャップを埋め、人道状況を改善するため引き続き建設的な役割を果たしていく」と述べました。

グリーンランドも異常気象、1日60億トンの氷が解ける!。グリーンランドも異常気象により氷床に急激な変化が起きていることがわかった グリーンランド・ピッツフィック(CNN) 氷に覆われた北極圏の島、グリーンランドの北西部沖。水面はガラスのように静かだが、氷山の上にできた水たまりは、氷床に急激な変化が起きていることを物語る。グリーンランドの氷床から流れ出す水 グリーンランド北部では異常に気温が高い日が数日続き、急激に解けた氷の水が川になって海に注ぎ込んでいる。専門家によれば、15度前後という気温は、平年を5度ほど上回る。米コロラド大学の国立雪氷データセンターによると、グリーンランドで氷が解けて水になった量は、15~17日にかけ、1日あたり60億トンに上った。これはオリンピックの水泳プールを720万回満たせる量に匹敵する。同センターの専門家は「過去30~40年の気候平均と比較すると、北部のこの1週間の解け方は普通ではない」と述べ、解ける量が急増していると指摘した。氷床を観察している研究者は、異常な温かさに危機感を強めていた。グリーンランドに駐在するテキサス大学の研究者は「昨日はTシャツで歩き回ることができた。本当に予想外だった」と話す。2019年には5320億トンという記録的な量の氷が解けて海へ流れ込んだ。研究者は毎年夏になると、そうした事態が繰り返されることを懸念する。今年春から7月にかけては予想外に気温が上昇して氷床のほぼ全表面が解け、世界の海面は1.5ミリ上昇した。もしもグリーンランドの氷が全て解けたとすると、世界の海面は約7.5メートル上昇する。今回の調査は、北半球で最も氷の多いこの島が、ますます不安定な状況になりつつあることを物語っている。今年2月には、グリーンランドの氷床の下の氷が「前例のない」ペースで解けているという研究結果が発表されていた。

★19年前の殺人容疑などで国際手配 南アフリカで容疑者死亡か!。19年前、26歳の男性が殺害され、東京 奥多摩町などで遺体が見つかった事件で、殺人などの疑いで国際手配されていた容疑者が逃亡先の南アフリカで死亡したという情報があり、警視庁は現地に捜査員を派遣し確認することにしています。19年前の2003年、元飲食店従業員の古川信也さん(当時26)が殺害されたあと、切断された遺体が東京 奥多摩町などに遺棄され、男女11人が殺人などの疑いで逮捕されました。警視庁は、南アフリカに逃亡した松井知行容疑者が事件を主導したとして殺人や死体遺棄などの疑いで逮捕状を取り、国際手配していましたが、現地の捜査当局から容疑者とみられる遺体が見つかったと連絡があったということです。自殺とみられ、見つかった遺書に容疑者の名前が記されていたということです。警視庁は24日、現地に捜査員を派遣し、埋葬されているDNA鑑定を行って身元を確認することにしています。本人と確認された場合、容疑者死亡のまま書類送検し、一連の捜査を終えることにしています。

★全国感染確認者死者52人(累計3万1,815人)・ 過去最多の19万5160人!。これまでに全国で19万5160人となりました。これまでで最も多かった21日の18万6000人余りを上回り、3日連続で過去最多となりました。また全国22の都道阪府で5人、福岡県で4人、千葉県で3人、山口県で3人、沖縄県で3人、静岡県で3人、富山県で2人、岐阜県で2人、岩手県で2人、熊本県で2人、神奈川県で2人、秋田県で2人、群馬県で2人、三重県で1人、京都府で1人、佐賀県で1人、北海道で1人、宮崎県で1人、岡山県で1人、栃木県で1人、滋賀県で1人、福井県で1人、香川県で1人の合わせて府県で最多となっています。【国内感染】52人死亡 19万5160人感染(22日18:40) 22日はこれまでに全国で19万5160人の感染が発表されています。また東京都で7人、大52人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め1101万1243人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて1101万1955人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万1802人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1815人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。(  )内は22日の新たな感染者数です。▽東京都は188万738人(34995)▽大阪府は119万841人(19952)▽神奈川県は90万1772人(10747)▽愛知県は67万8306人(12068)▽埼玉県は65万7701人(11598)▽福岡県は54万6355人(12155)▽千葉県は53万7262人(9463)▽兵庫県は51万8936人(9256)▽北海道は41万2142人(4464)▽沖縄県は31万5022人(4654)▽京都府は24万6021人(3951)▽静岡県は21万8228人(5890)▽広島県は19万86人(2548)▽茨城県は18万2202人(2753)▽熊本県は15万4729人(4211)▽岐阜県は12万7516人(1997)▽鹿児島県は12万1280人(2816)▽岡山県は11万8530人(1866)▽群馬県は11万4450人1974)▽滋賀県は11万825人(1760)▽宮城県は11万526人(2508)▽奈良県は11万515人(2067)▽栃木県は10万7988人(2184)▽三重県は10万5207人(2132)▽長野県は9万487人(1545)▽新潟県は8万7952人(1968)▽長崎県は8万1958人(1706)▽青森県は7万8710人(1620)▽大分県は7万6588人(1602)▽福島県は7万5853人(1106)▽宮崎県は7万5781人(1935)▽佐賀県は7万5327人(1469)▽石川県は7万833人(1549)▽山口県は6万751人(1337)▽愛媛県は5万9935人(1194)▽香川県は5万9840人(1147)▽和歌山県は5万5920人(1185)▽富山県は4万8408人(1098)▽福井県は4万7227人(841)▽岩手県は4万6339人(976)▽山梨県は4万2002人(929)▽秋田県は3万7586人(700)▽高知県は3万7091人(600)▽島根県は3万6168人(943)▽山形県は3万5769人(610)▽徳島県は2万9642人(595)▽鳥取県は2万3378人(472)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は2万347人(24)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、22日時点で191人(+2)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、22日時点で、▽国内で感染が確認された人が978万7072人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて978万7731人となっています。又、20日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で14万1376件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★6月の消費者物価指数 前年同月を2.2%上回る 2%超は3か月連続!。家庭で消費するモノやサービスの値動きをみる6月の消費者物価指数は、天候による変動が大きい生鮮食品を除いた指数が去年の同じ月を2.2%上回りました。政府・日銀が目標としてきた2%を超えるのは3か月連続で消費税率引き上げの影響を除けば13年9か月ぶりの水準となります。総務省が発表した6月の消費者物価指数は、生鮮食品を除いた指数が2020年を100として、101.7となり、去年の同じ月を2.2%上回って10か月連続で上昇しました。上昇率が政府・日銀が目標としてきた2%を超えるのは3か月連続で、消費税率引き上げの影響を除けば2008年9月以来、13年9か月ぶりの水準となります。物価上昇の主な要因はエネルギー価格の高騰で、「エネルギー」全体では去年の同じ月と比べて16.5%の大幅な上昇となりました。個別にみると▽電気代は18%▽ガス代は17.1%▽ガソリン代は12.2%それぞれ上昇しました。又「生鮮食品を除く食料」は3.2%の上昇となり、このうち輸入原材料を多く使う食料油は36%、食パンは9%、それぞれ上昇しています。政府・日銀は2%の物価上昇を目標としてきましたが、日銀は今の物価上昇は賃金の上昇を伴っておらず、本来目指している形でないとしています。総務省は「ロシアの軍事侵攻や新型コロナの影響など複合的な要因で物価が押し上げられているが輸入原材料を使っている品目を中心に円安の影響も広く出ており、今後の物価の動向を注意深くみていきたい」としています。

出入国在留管理庁 新長官に最高検察庁検事の菊池浩氏を起用!。出入国在留管理庁の新しい長官に、最高検察庁検事の菊池浩氏が起用されることになりました。出入国在留管理庁は外国人材の受け入れ拡大に合わせて3年前に設置されました。初代の長官は法務省で入国管理業務を長く担当してきた佐々木聖子氏が務めてきましたが、来月退職することになっています。これに伴って佐々木長官の後任に、最高検察庁検事の菊池浩氏が起用されることになりました。菊池氏は58歳。これまでに奈良地方検察庁の検事正や法務省の人権擁護局長などを務め去年7月に最高検察庁の検事になりました。この人事は来月2日に発令されます。仙台高裁 新長官に大阪家裁の森純子所長また仙台高等裁判所の古財英明長官が来月定年退官することから、後任に大阪家庭裁判所の森純子所長が起用されることになりました。森所長は64歳。これまでに奈良地方裁判所の所長などを務め、去年6月に大阪家庭裁判所の所長に就任しました。この人事は来月20日以降に発令されます。

福島県の新教育研究拠点 理事長に金沢大前学長 山崎光悦氏起用!。東日本大震災からの復興の一環として福島県内に設立する新たな教育研究拠点の初代の理事長に、金沢大学の前学長の山崎光悦氏が起用されることになりました。政府は原子力発電所廃炉や震災からの復興などの研究を通じて科学技術や産業競争力の強化を図るため、来年4月に福島県に「福島国際研究教育機構」を設立することにしています。この機構の初代の理事長に、金沢大学の前学長の山崎光悦氏が起用されることになりました。山崎氏は70歳。機械工学が専門でことし3月まで8年間、金沢大学の学長を務めました。政府は、9月までに機構の具体的な置場所を決定することにしています。

★濃厚接触者の待機期間 5日に短縮で調整 政府 感染急拡大で!。新型コロナの感染の急拡大を受け、岸田総理大臣は22日午後、関係閣僚と対応を協議することにしていて、社会経済活動を維持していくため、濃厚接触者に求める自宅などでの待機期間を原則7日から5日に短縮する方向で調整を進めています。新型コロナの21日の新たな感染者数は東京で初めて3万人を超え、全国で18万人を上回って2日連続でこれまでで最も多くなり、感染の急拡大が続いています。こうした中、政府は社会経済活動を維持していくため、濃厚接触者に求める自宅などでの待機期間を現在の原則7日から5日に短縮し、さらに2日目と3日目の検査が陰性であれば、3日目に待機を解除できるようにする方向で調整しています。又、医療のひっ迫を防ぐため症状のある人が発熱外来を受診する前に検査キットでみずから検査できる体制を整えることや、医療機関などへの財政支援を延長すること、それに若い世代にワクチン接種を促す方策などについても検討しています。岸田総理大臣は、こうした内容について22日午後、後藤厚生労働大臣ら関係閣僚と協議し、方針が固まれば速やかに公表することにしています。後藤厚生労働相「感染状況の変化踏まえ対応したい」 後藤厚生労働大臣は記者会見で「濃厚接触者の待機期間を決めるにあたっては、前提となる感染状況の数値がある。状況の日々の変化を踏まえ、専門家の意見もうかがって、必要な対応を適宜適切、迅速に検討し、実行していきたい」と述べました。又「きのうの専門家会合では、直ちに行動制限を行うほどの医療のひっ迫の程度であるという評価はされておらず、可能なかぎり社会経済活動を維持するためにも基本的な感染対策の徹底を呼びかける必要があるという意見が多かった。行動制限を新たに行わないことは、決して対策の手を緩めていいということではない」と述べました。金子総務相「接種促進 自治体の取り組みを支援」 金子総務大臣は、閣議の後の記者会見で「総務省として都道府県や政令指定都市の幹部に対し、3回目接種に関する広報強化や接種環境の整備、4回目接種の促進などについて働きかけを行っている。自治体の課題など、現場の生の声を聞き、関係省庁にフィードバックすることで、自治体の取り組みをしっかりと支援していく」と述べました。山際新型コロナ対策相「必要あれば方針変えて対応」 山際新型コロナ対策担当大臣は閣議のあとの記者会見で「現時点では、政府が決めている基本方針にのっとって今のオペレーションを続けていくが、医療提供体制に相当な負荷がかかり、十分な医療サービスを提供できないことが見込めるのに何も対応しないということではない。状況が変われば、当然、政府の方針も柔軟に変わっていくので、必要があればちゅうちょなく方針を変えて対応する」と述べました。松野官房長官「専門家の意見も踏まえつつ必要な対応検討」 松野官房長官閣議のあとの記者会見で「病床使用率は地域差が見られるものの総じて上昇傾向にあり、医療提供体制への影響を最大限の警戒感を持って注視している。保健医療体制の確保に万全を期すとともに重症化リスクのある高齢者を守ることに重点を置いてワクチン接種のさらなる促進やメリハリのある感染対策に取り組んでいる」と述べました。又、濃厚接触者の待機期間の短縮について「濃厚接触者の特定や行動制限、基本的な感染対策の在り方などを、感染状況や科学的知見を踏まえ検討を進めることにしており、感染状況が日々変化している中、専門家の意見も踏まえつつ必要な対応を検討していく」と述べました。更に松野官房長官は午後の記者会見で「発熱外来へのアクセスがしづらくなっているという声が聞かれる。配る数は現場の必要に応じて対応するため答えるのは困難だが、できるところは今週末からでも実施できるよう働きかけたい」と述べました。そして「政府としては、引き続き感染状況や科学的知見などを収集しつつ、『BA.5』への置き換わりを見据え、社会経済活動をできる限り維持しながら、重症化リスクのある高齢者を守る対策に全力を挙げて取り組む」と述べました。公明 石井幹事長[「しっかりした対策を講じるべき」 公明党の石井幹事長は、記者会見で「今後、多くの地域で感染者数の増加が見込まれ、しっかりした対策を講じるべきだ。症状のある人がみずから検査できる体制を整えることや、医療機関などへの財政支援の延長を検討すること、それにワクチン接種を着実に進めることが必要だ」と述べました。一方、行動制限のあり方については「専門家も、社会経済活動との両立をいかに図るかが重要だと言っており、当面、行動制限をしないという政府の方針は理解するが、今後の医療状況などもしっかり見守っていく必要がある」と指摘しました。

★東大が「メタバース工学部」開設へ 仮想空間で中高生や社会人に発信!。 東京大学は、インターネット上の仮想空間「メタバース」で工学系の各種教育プログラムを提供するプロジェクト「メタバース工学部」を、今年度後期から展開する。「社会全体で先端テクノロジーが次々に生まれるなか、DX(デジタルトランスフォーメーション)人材が決定的に不足している」との問題意識から、工学や情報に関する学習の機会、工学キャリアに関する情報を多様な人々に提供する場とする方針だ。

★東京都 新型コロナ 7人死亡 3万4995人感染確認 2日連続で最多!。都内の22日の感染確認は3万4995人で、初めて3万人を超えた21日に続き、2日連続で過去最多となりました。22日までの7日間平均も初めて2万人を超えて感染の急激な拡大が続いています。また都は、感染が確認された7人が死亡したことを発表しました。東京都は22日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の3万4995人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。初めて3万人を超えた21日より、さらに3000人余り増え、2日連続で過去最多となりました。1週間前の金曜日と比べるとおよそ1.8倍で1万5936人増え、感染の急激な拡大が続いています。22日までの7日間平均は前の週の165%で、初めて2万人を超えて、2万1099.6人となり、こちらも過去最多となりました。22日に確認された3万4995人を年代別に見ると、20代が最も多く、全体の20.7%にあたる7235人でした。65歳以上の高齢者は2736人で、全体の7.8%でした。又、人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は、21日と同じ15人でした。一方、都は、20代と60代から90代の男女合わせて7人が死亡したことを発表しました。小池知事「必要な対策 先手先手で]東京都内で新型コロナウイルスの感染確認が急増するなか、小池知事は記者会見で、行動制限の必要性を問われたのに対し、「感染状況などをモニタリングし、必要な対策を先手先手で行っていきたい」と述べ、状況を注視する考えを示しました。東京都内では新型コロナウイルスの感染が確認された人が、21日、初めて3万人を超えたのに続き、22日はさらに増えて3万4995人となり、2日連続で過去最多となりました。小池知事は記者会見で、記者団から「行動制限は行わないのか」と質問されたのに対し、「都としては命を守ることを最優先の項目に挙げ、そのために何をしていくのか、順番に重点化して行っている」と述べました。そのうえで「感染状況や病床使用率などをモニタリングし、国や専門家の意見なども踏まえて必要な対策を先手先手で行っていきたい」と述べ、状況を注視する考えを示しました。そして「ウイルスを跳ね返す『ワクチン』、追い出す『換気』、近づけない『マスク』の3つをお願いしたい。皆様の命を守るために医療提供体制を強化していく」と述べました。臨時のワクチン接種会場を1日限定で開設新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、東京都は若い世代への3回目のワクチン接種を進めようと、事前の予約がなくても接種を受けられる臨時の会場を1日限定で東京 武蔵野市に設けました。この臨時の接種会場は、若い世代への3回目のワクチン接種を進めようと、東京都が武蔵野市と協力して1日限定で市内の商工会館の会議室に設けました。都民だけではなく都内に通勤・通学している人も対象で、接種券と本人確認ができる書類があれば、事前の予約がなくても接種を受けることができます。22日は受け付けが始まる前から若い世代を中心におよそ20人が列をつくり、医師の問診のあと接種を受けていました。都によりますと、20日までに、都民全体で3回目の接種を終えたのは60.9%で、年代別にみると65歳以上が88.6%になっているのに対し、30代は53.1%、20代は45.9%と若い世代の接種率が低くなっています。都は来週28日と29日にも、JR新橋駅前のSL広場に予約なしで接種を受けられる臨時の会場を設ける予定で、時間帯は午後5時半から午後8時半までとなっています。

★大相撲 芝田山 片男波 伊勢ノ海部屋で新型コロナ感染 力士休場!。日本相撲協会は、芝田山部屋、片男波部屋伊勢ノ海部屋新型コロナウイルスの感染が確認されたため、所属する力士が名古屋場所13日目の22日から休場すると発表しました。新型コロナの感染に伴い場所中に力士が途中休場するのは7日連続です。日本相撲協会によります、芝田山部屋、片男波部屋伊勢ノ海部屋の3つの部屋で、新型コロナウイルスの検査で陽性者が確認され、各部屋に所属する力士は名古屋場所13日目の22日からすべて休場となりました。このうち、片男波部屋に所属する37歳の平幕 玉鷲は、平成16年に初土俵を踏んで以来18年余り一度も休場しておらず、今回が初めての休場となります。玉鷲は、21日までに初土俵からの通算の連続出場の記を歴代4位となる1448回としていますが、日本相撲協会の関係者は、今回の休場は新型コロナの影響によるものでみずからの意思ではないことなどから、連続出場は続く見込みだとしています。又、伊勢ノ海部屋では21日まで8勝4敗と勝ち越していた平幕の錦木が休場することになりました。13日目の22日、錦木と対戦する予定だった逸ノ城と、玉鷲と対戦する予定だった宇良は、不戦勝となります。名古屋場所の場所中に新型コロナの感染に伴い力士が途中休場するのは7日連続です。

KDDI 数百万人に補償の方針固める auなどの大規模通信障害で!。auなどを展開するKDDIは、今月発生した大規模な通信障害について、利用者、数百万人に対して補償する方針を固めました。今回の通信障害では、会社は最大で3915万の利用者に影響が及んだ可能性があるとしていて、今月28日にも詳細な原因などを盛り込んだ報告書を総務省に提出することにしています。

★J1サンフレッチェ広島 スキッベ監督がコロナ抗原検査で陽性!。サッカー、J1のサンフレッチェ広島は、スキッベ監督が新型コロナウイルスの抗原検査で陽性と判定されたと発表しました。クラブによりますと、サンフレッチェでは21日までに、選手3人とスタッフ1人の合わせて4人が新型コロナの感染が確認され、スキッベ監督も濃厚接触の疑いがあることから、21日、抗原検査を受けた結果、陽性と判定されたということです。スキッベ監督は22日、広島市長への表敬訪問や平和公園の原爆慰霊碑に参拝する予定でしたが、すべて取りやめました。スキッベ監督は22日、PCR検査を行うということです。サンフレッチェは、今シーズン就任したスキッベ監督のもと、ここまでJ1で18チーム中6位で、上位を争っています。サンフレッチェの次の試合は今月30日にホームで行われるリーグ戦で、FC東京と対戦する予定です。

プロ野球 日本ハム 野村佑希など3人が新たに新型コロナ感染!。プロ野球日本ハムは打線の主軸の野村佑希選手など3人が新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。これで日本ハムでは今月16日から22日までに合わせて24人の感染が確認されています。日本ハムによりますと、21日、1軍でPCR検査を行った結果、野村選手やレナート・ヌニエス選手、それに加藤武治投手コーチの3人の感染が確認されたということです。日本ハムは21日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦して、ヌニエス選手は代打で出場し、加藤投手コーチはベンチ入りしていました。又、野村選手は発熱の症状があったため、21日、1軍の出場選手登録から本ハムは23日から、前半戦の最後のカードとして、札幌ドームでロッテとの2連戦が予定されています。外れていました。日本ハムで今月16日から22日までに確認された感染者は、新庄剛志監督をはじめ、コーチ7人、選手12人、スタッフ4人の合わせて24人に上っています。