※7/1 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶47,470,114人・ 死者 6百335,808人!。★国内感染者 21人死亡(累計3万1,315人)・ 2万3,156人感染(累計935万6,329人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦”脅威”終息?。

  ---ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日7/2(土)37℃25℃晴/曇 明日3(日)37℃25℃晴/曇 明後日4(月)32℃24℃曇/雨 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予対策!。

★観測史上初 6地点で最高気温「40℃台」 今年1番の暑さが続出!。観測史上初 6地点で最高気温「40℃台」今年1番の暑さが続出© tenki.jp 提供 観測史上初 6地点で最高気温「40℃台」今年1番の暑さが続出 1日金曜16時までの最高気温は、群馬県桐生市で40.4℃、群馬県伊勢崎市で40.3℃、山梨県甲州市(勝沼)で40.2℃、埼玉県鳩山町で40.1℃、熊谷市岐阜県多治見市で40.0℃となり、同じ日に6地点で40℃台を観測したのは観測史上初めてです。最高気温35℃以上の猛暑日は、今年初めて200地点を超えました。又、東京都心や名古屋市大阪市広島市など、今年1番の暑さの所が続出しました。●観測史上初 6地点で最高気温40℃台を観測 6月末から、関東甲信を中心に、最高気温が40℃近い日が続きましたが、1日金曜は、暑さがレベルアップした所が多くなりました。16時までの最高気温は、群馬県桐生市で40.4℃、群馬県伊勢崎市で40.3℃、山梨県甲州市(勝沼)で40.2℃、埼玉県鳩山町で40.1℃、熊谷市岐阜県多治見市で40.0℃を観測しました。群馬県桐生市群馬県伊勢崎市、山梨県甲州市(勝沼)、埼玉県鳩山町は、7月として1位の記録的な暑さです。今年、これまで、最高気温40℃台を観測したのは、2回ありました。1回目は、6月25日に群馬県伊勢崎市の40.2℃、2回目は6月29日で、25日と同じ群馬県伊勢崎市の40.0℃でした。7月1日金曜は、6地点で最高気温40℃台を観測しました。尚、同じ日に、6地点で最高気温40℃台を観測したのは、観測史上初めてです。(これまでの最多は、2007年8月16日、2019年8月15日の5地点でした。)更に、1日金曜は、危険な暑さのエリアが、広がりました。最高気温35℃以上の「猛暑日」は、今年初めて200地点を超えました。又、東京都心や甲府市名古屋市岐阜市京都市大阪市、神戸市、奈良市和歌山市広島市松江市徳島市高松市高知市山口市佐賀市熊本市などで、今年1番の暑さになりました。●この先 暑さはどうなる?この先の暑さは、どうなるのでしょうか?「熱中症情報」を見ますと、東京・名古屋・大阪・福岡は、週明けにかけて、一番上のレベルの「危険」な日が続くでしょう。4日月曜は、仙台でも「危険」と予想されています。来週中ごろには「危険」な所は少なくなりますが、それでも「厳重警戒」レベルです。那覇は、この週末以降、「厳重警戒」の日が続き、来週中ごろからは、「危険」とレベルアップしそうです。無理をしないで、できるだけ涼しくするなど、熱中症対策を心がけてください。●熱中症予防のポイント熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。③ 暑さを我慢せず、エアコンや扇風機を使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してくださいもし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意下さい。

 台風4号 沖縄本島奄美に最接近のおそれ!。2日夜遅くに沖縄本島と鹿児島 奄美に最接近のおそれ 4日から5日にかけて九州に接近するおそれ高波に警戒強風や土砂災害などに十分注意。

★都心で8日連続猛暑日 歴代1位並ぶ!。都心で35.1℃を観測して8日連続の猛暑日 歴代1位記録に並ぶ きょう2日(土)午後0時7分、東京都心で35.1℃を観測した。東京都心はこれで6月25日(土)から8日連続で35℃以上の猛暑日となり、猛暑日の過去最大継続日数だった8日(2015年7月31日~8月7日)に7年ぶりに並んで1位タイ記録となった。

台風4号 今夜遅くに沖縄本島 奄美地方に最接近か 高波に警戒を!。台風4号は、沖縄の南の海上を北上していて、2日夜遅くには沖縄本島地方と鹿児島県の奄美地方に最も接近し、4日から5日にかけて九州に接近するおそれがあります。気象台は高波に警戒するとともに強風や土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。気象庁の観測によりますと、台風4号は2日午前9時には南大東島の南南西160キロの海上を1時間に30キロの速さで北北西へ進んでいます。中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側440キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。現在、大東島地方が強風域に入っていて、北大東空港では午前11時7分に25.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。台風は今後発達しながら北西に進み、今夜遅く、沖縄本島地方と鹿児島県の奄美地方に最も接近する見込みで、4日から5日にかけて九州に接近するおそれがあります。沖縄県や鹿児島県、鹿児島県の奄美地方では3日にかけて激しい雨が降り、特に沖縄本島地方では、局地的に1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。3日正午までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽沖縄本島地方で200ミリ、▽鹿児島県と奄美地方で100ミリと予想されています。風も強まり、3日にかけて予想される最大瞬間風速は▽沖縄本島地方と▽鹿児島県の奄美地方で35メートル、▽大東島地方で30メートルとなっています。3日にかけての波の高さは▽沖縄本島地方と大東島地方、▽鹿児島県の奄美地方で6メートルと予想されています。気象台は高波に警戒するとともに、強風や土砂災害、低い土地の浸水、それに河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。台風はその後、東シナ海を北上し、4日から5日にかけて九州に接近するおそれがあり、気象庁は今後の情報に注意を呼びかけています。

★2週間天気 台風4号 沖縄や九州に接近 猛暑が収まっても蒸し暑い!。週明けにかけて、台風4号が沖縄や九州に接近。記録的な猛暑がいったん収まっても、かなり蒸し暑く感じられそう。

★夏に映える 水田のハスが満開 日差しの下で涼やかに/丹波市!。早く訪れた夏に大輪を咲かせたハス=2022年6月30日午前9時3分、丹波市春日町山田で 涼やかに―。兵庫県丹波市春日町山田の水田に植わるハスが見ごろを迎えている。ピンクや白色の花が、夏の田園を彩っている。ハスの花言葉の一つは「清らかな心」。【写真】白色から咲き始める 例年、梅雨が本番の時期に満開を迎えるが、今年は梅雨が早く明けたため、照り付ける夏の強い日差しの下で大輪の花が揺れている。所有者の男性(76)によると、水田の一角に水はけが悪い場所があったため、知人から譲り受けたハスの株を植えて育てている。男性は「今年も順調に咲いてくれた」と喜んでいる。

★斜面を彩るヒマワリ6千本、夏空に映える 兵庫・神戸総合運動公園!。梅雨明け後の青空の下、黄色い花をまっすぐに咲かせるヒマワリ=神戸総合運動公園 史上最短の梅雨が明け、青い空が広がる中、神戸総合運動公園(神戸市須磨区緑台)のコスモスの丘で、約6千本のヒマワリが見頃を迎えている。4日まで楽しめる。約4千平方メートルの斜面は、春は菜の花、秋はコスモスで彩られるが、2015年から市内の幼稚園や保育園の園児らがヒマワリの苗を植えるようになった。新型コロナウイルスの影響で、20、21年は見送ったが、今年は5月中旬に27園の計約900人が苗を植え付け、6月下旬から一気に開花が進んだ。通常は大人の背丈まで育つ品種だが、今年は雨が少ないからか、子どもも見やすい高さで花を咲かせ、親子連れらが散策を楽しんでいた。コスモスの植栽に向け、5日には園児らによって、ヒマワリの刈り取り作業が行われる。神戸総合運動公園管理センターTEL078・795・5151。

★富士山にシーズン到来 高山病と寒さに注意「弾丸登山」も控えて!。山開きされた富士山山頂から日の出を眺める登山者たち 富士山(標高3776メートル)の吉田ルートが1日、山開きを迎えた。新型コロナウイルスの影響で2020年は全登山道が閉鎖。昨年は2年ぶりに山開きをしたが、登山者数は19年の約3分の1に減った。今夏は3年ぶりに登山者が戻ることが期待されている。【写真】夜明け前には、頂上直下で雲一つない星空も見られた。この日開通したのは、山梨県富士吉田市の5合目から山頂をめざすルート。その山頂部では1日は早朝から快晴で、午前4時半ごろに東の空を赤く染めながら太陽が昇った。富士山には20回以上登ったという横浜市の鏑木昌幸さん(64)は「今まで見た中で一番きれいなご来光。雲がなく、太陽が真ん丸のまま昇るのは初めて見ました」。ドイツから仕事で来日中のニコル・イェケルさん(48)は富士山に登るのが長年の夢だったという。ご来光を見て「ベリーナイス。一生のメモリーになります」と喜んでいた。富士登山で、多くの登山者が利用するのは5合目から山頂に向かう四つのルート。静岡県側の須走(すばしり)、富士宮、御殿場の各ルートは10日に開通する見込み。いずれも9月10日までを予定する。■水分をとりながら、ゆっくりと登って 標高の高い富士山を登るにあたって注意したいのは高山病と寒さだ。吉田ルート8合目の山小屋「太子館」総支配人の堀内由彦さん(63)は「水分をとりながら、ゆっくりと登ることが大切」と登山者にアドバイスする。服装については「5合目は暑くても、上に来ると寒くなる。防寒対策をしっかりしてほしい。軽装では絶対に来ないで」。また、一日で山頂を登り降りする「弾丸登山」は、けがなどにつながりかねず危険なため、控えてほしいと呼びかける。登山道は、6月23日に山梨県などが安全確認の調査をした際は山頂付近に残雪が多くあったが、その後数日間強風が続き、一気に雪が解けたという。現在は登山道に雪は残っておらず、普通の登山靴であれば、問題なく山頂まで行くことができる。■空気清浄機と抗菌カーテンを用意 又、この夏は各山小屋では感染防止対策を徹底して登山者を迎える。宿泊は事前予約制(週末は完全予約制)とし、定員も半分ほどに抑える。週末やお盆期間を中心に満室となっている山小屋もある。吉田ルート7合目の「鎌岩館」では、宿泊部屋の換気を徹底し、仕切りとして抗菌カーテンをつけた。枕カバーは使い捨て。食事をする大広間には空気清浄機とサーキュレーターを置いて換気を徹底する。テーブルにアクリルの仕切り板を置き、飛沫(ひまつ)を防ぐようにした。 岩佐克圭代表(43)は「換気、清掃、除菌などコロナ対策を徹底している。安全に気をつけて、富士登山を楽しんでほしい」と話す。

 ★京都、祇園祭始まる「お千度の儀」で安全祈願!。祇園祭の安全を祈る「お千度の儀」で、八坂神社を参拝する稚児ら=1日午前、京都市東山区 7月中、さまざまな行事が行われる祇園祭の安全を祈願する「お千度の儀」が1日、京都市東山区の八坂神社であった。今年は、新型コロナウイルス感染拡大を受け中止していた最大の見せ場「山鉾巡行」が3年ぶりに再開。31日まで関連神事が続く古都の祭典が幕開けした。 儀式には、祭前半の「前祭」の山鉾巡行(17日)で先頭を行く「長刀鉾」に乗る稚児役の小学5年岡本善太君(11)が参加。関係者ら約30人とともに八坂神社本殿の周りをゆっくりと3周した。3周で千回参拝したことになるとされる。岡本君は記者団の取材に「とても暑かった。今後の神事も楽しんでいきたい」と笑顔を見せた。

★予報士のつぶやき「災害級の暑さのち大雨警戒」 気象庁予報士つぶやき「災害級の暑さのち大雨警戒」記録的に早い梅雨明けに6月とは思えない災害級の暑さ…!。東京都心は10時台に35℃に到達し、6日連続の猛暑日です。去年までは観測開始以来、東京都心では6月に2日以上猛暑日が続いたことはありませんでした。東京都心では通年でみても、猛暑の連続は2015年8月7日までの8日が最長でそれに次ぐ連続記録を更新しています■熊谷、名古屋で40℃予報 暑さの中心は関東と東海で6月最終日の熊谷40℃、名古屋でも39℃日予想、8月でもめったにみることのない数字が並びます。7月1日は今度は名古屋で40℃となる見込みです。名古屋で40℃に到達したのは2018年8月の一度のみ、今まで7月に40℃になったことはありません。この危険な暑さは週末までがピークとなる見通しです。熱中症には屋外でも室内でもそして昼だけではなく、朝も夜もお気を付けください。■7月はじめは大雨の恐れその後、猛烈な暑さは少し落ち着きますが今度は大雨にも警戒です。30日夜、今夜にも沖縄の南では台風の卵ができる見込みで、来週は大雨のもととなる湿った空気がより日本列島に流れ込みやすくなります。7月2~3日は沖縄奄美を中心にその後週明け月曜の4日からは西日本の太平洋側でまとまった雨になる恐れがあります。い梅雨明けで水不足が懸念される中での雨予想…災害級の雨ではなく恵みの雨となることを願いますが最新の情報に注意してください。

※7/1 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶47,470,114人・ 死者 6百335,808人!。★多い国①アメリカ感染者87,623千人死者1,017千人②インド感染者43,452千人死者525千人③ブラジル感染者32,358千人死者671千人④フランス感染30,216千人者146千人⑤ドイツ感染者28,293千人死者141千人⑥英国1染者22,728千人死者180千人。⑦イタリア感染者18,532千人死者168千人。

★韓国 NATOと協力強化で一致 対中関係の維持が課題!。NATO北大西洋条約機構の首脳会議に出席した韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領はストルテンベルグ事務総長と会談し、新たにNATOの代表部を設置するなどして協力を強化していくことで一致しました。一方、中国がNATOへの反発を強めていることから、韓国としては最大の貿易相手国の中国との関係をいかに維持していくかが課題になると見られます。韓国のユン・ソンニョル大統領は、先月30日、訪問先のスペイン・マドリードで、NATO北大西洋条約機構のストルテンベルグ事務総長と会談しました。韓国大統領府によりますと、会談でユン大統領は、韓国とNATOがさまざまな国際的な課題に共に対応してきたとしたうえで、ことし下半期に新たなパートナーシップを結び、NATOの代表部を設置するなどして協力を拡大していく考えを示しました。これに対し、ストルテンベルグ事務総長も、韓国が初めてNATOの首脳会議に出席したことの意義を強調し、関係強化に向けて努力していくと応じました。一方、今回NATOが採択した「戦略概念」で、中国について安全保障や利益、価値観に課題をもたらす存在だとしたことに中国が反発していることから、韓国としては今後、最大の貿易相手国である中国との関係をいかに維持していくかが課題になると見られています。

プーチン大統領「サハリン2」主体をロシア企業へ 大統領令署名!。日本の大手商社も出資してロシア極東のサハリンで進められている石油・天然ガスの開発プロジェクト「サハリン2」について、プーチン大統領は事業主体の会社をロシア企業に変更する大統領令に署名しました。日本からの出資にどのような影響が出るのかは、不透明な状況です。石油・天然ガスの開発プロジェクト「サハリン2」について、プーチン大統領は先月30日、事業主体の「サハリンエナジー」社をロシア企業に変更するとする大統領令に署名しました。大統領令はその要因として「ロシアの国益と経済安全保障に対する脅威」をあげていて、ロシア政府が新会社を設立したうえで、現在の株主は1か月以内に株式を取得することに同意するかどうかを通知する必要があるとしています。「サハリン2」の事業主体の「サハリンエナジー」社には、▽ロシア最大の政府系ガス会社、ガスプロムが50%、▽イギリスの大手石油会社シェルが27.5%、日本から▽三井物産が12.5%、▽三菱商事が10%、を出資していますが、シェルはことし2月に事業からの撤退を発表しています。事業主体がロシア企業に変更されることで、今後日本の大手商社2社の出資にどのような影響が出るのかは不透明な状況です。

★香港返還25年で記念式典 習主席「一国二制度は成功」!。香港は1日、中国に返還されてから25年の節目の日を迎え、記念の式典が開かれました。出席した習近平国家主席は「祖国の全面的な支持と香港政府の努力により『一国二制度』は香港の成功として認められてきた」と述べ、中国共産党の指導による統治の正当性を強調しました。香港がイギリスから中国に返還されて25年になるのに合わせて、習近平国家主席は30日香港入りし、1日は習主席や各界の代表などが出席して記念の式典が開かれました。式典では、新たに香港政府トップの行政長官となった李家超氏が習主席に向かって就任の宣誓を行いました。このあと、習主席が演説し「この25年間、祖国の全面的な支持と香港政府の努力により『一国二制度』は香港の成功として認められてきた」と述べ、中国共産党の指導による統治の正当性を強調蘇しました。習主席が中国本土の外に出たのはおよそ2年半ぶりで、式典の会場周辺では朝早くから大勢の警察官が警戒にあたるなど、ものものしい雰囲気となっています。台湾 行政院長「香港の自由と民主主義 跡形もなくなっている」 台湾の首相にあたる蘇貞昌 行政院長は1日、香港の「一国二制度」について「香港の状況がよいか悪いかは、香港の人たちの苦痛を見れば一目瞭然だ。返還からまだ25年しかたたないのに、『50年間は不変だ』という約束は、どこかへ行ってしまった。自由と民主主義はすでに跡形もなくなっている」と述べました。そして「台湾の主権や自由、民主主義をかたく守らなければならない。中国の『一国二制度』は試すに値しない」と述べ、将来、台湾にも「一国二制度」を適用しようという中国の方針を拒否する姿勢を改めて示しました。

ASEAN特使 ミャンマー軍トップと会談!。ミャンマーを訪問中のASEAN東南アジア諸国連合の特使は、クーデター後実権を握る軍のトップと会談し、人道支援などについて話し合いました。今後、特使が軍と対立する民主派勢力と面会できるかどうかに関心が集まっていますが、軍は拒否する姿勢を崩しておらず、先行きは不透明です。クーデター後の混乱が続くミャンマーで軍と民主派などとの対話を仲介するASEANの特使、カンボジアのプラク・ソコン副首相兼外相は先月30日、首都ネピドーで、ミャンマー軍トップのミン・アウン・フライン司令官と会談しました。国営テレビによりますと、会談ではASEANからミャンマーへの人道支援の在り方や、軍と対立する民主派の武装勢力への対応などについて、双方が意見を交わしたということです。プラク・ソコン特使は、今月3日までミャンマーに滞在する予定で、今回の訪問ではこれまでASEANが求めてきた民主派勢力との面会が実現するかどうかに関心が集まっていますが、軍は拒否する姿勢を崩しておらず、先行きは依然不透明です。

★大統領権限 大幅強化の憲法改正案を発表 チュニジア!。政治の混乱が続く北アフリカチュニジアで、サイード大統領の権限が大幅に強化される内容の憲法改正案が発表されました。チュニジアは、アラブの春、唯一の成功例と言われてきましたが、野党や市民からはその精神に逆行していると批判の声が上がっています。チュニジアでは11年前、市民の大規模なデモによって独裁的な政権が倒れ、これが中東各地に広がった民主化運動「アラブの春」のきっかけとなり、その後民主化が進んだことで唯一の成功例といわれました。しかし3年前、選挙で選ばれたサイード大統領は、政治や経済の混乱が続く国を立て直すためとして去年7月、議会を停止するなど強権的な統治を強め、7月25日に憲法改正の是非を問う国民投票を行うと発表していました。6月30日に地元紙などに掲載された改憲案では、大統領が議会の承認なしに首相を指名できることや、これまで議会が問うてきた政府の責任を今後は大統領のみが問うことができるなど、大統領の権限が大幅に強化される内容となっています。これを受けて、野党や市民からは改憲案はサイード大統領の独裁に道を開くものであり、民主化を求めた「アラブの春」の精神に逆行していると批判の声が上がっています。

★シャチ2匹がホホジロザメを襲撃、海岸沖から追い出す 南アフリカ!。南アフリカのガンズバイ海岸(CNN) 南アフリカ沖に生息するシャチ2匹が2017年のわずか数カ月の間にホホジロザメ5匹を殺した後、ホホジロザメはシャチのいる海域に寄り付かなくなった――。そんな新研究の結果が発表された。【映像】伝説の巨大ホホジロザメの撮影に成功 6月29日付の海洋科学専門誌に掲載された論文によると、ホホジロザメはかつてケープタウンの東約100キロにあるガンズバイ海岸付近を支配していたが、近年はこの海域を避けているという。以前のガンズバイ海岸は人気のホホジロザメ観察スポットだったが、近年では目撃例が激減している。研究ではホホジロザメがシャチに追い払われたことを証明するため、長期間にわたる目撃情報や追跡タグのデータを活用した。又、海岸に打ち上げられたホホジロザメ5匹の死骸を分析したところ、そのうち4匹は栄養豊富な肝臓がえぐり取られ、1匹は心臓もなくなっていた。5匹とも同じシャチのペアから受けた傷があり、研究チームはこのシャチ2匹が他にもホホジロザメを殺した可能性が高いとみている。研究では5年半にわたってホホジロザメ14匹を追跡。その結果、シャチの進出に伴い一帯から逃げたことが判明した。ホホジロザメはシャチの存在を知ると、恐怖心からすぐに長期間の集団移動を開始するとみられている。シャチの襲撃が始まる前、ホホジロザメがガンズバイに姿を見せなかった期間は07年の1週間と16年の3週間のみだった。つまり、研究チームが目撃したような長期の不在は前例がなく、この海域の生態系そのものを変化させている。いまではクロヘリメジロザメが一帯の新たな中位捕食者として台頭しているという。

★来年5月のG7サミットへ 広島県警が「サミット対策課」新設!。来年5月に広島で開催されるG7サミット=主要7か国首脳会議に向けて、広島県警察本部はテロ対策や要人の警護にあたる専門の部署を新設し、1日、発足式を行いました。広島県警察本部の警備部に新たに設置された「サミット対策課」は、警察庁と連携して全国の警察本部からの応援を受け入れ、テロ対策や要人の警護、それに交通規制などにあたります。発足式には7月1日付けで着任した46人の課員のほか、本部長や警備部長などが出席しました。この中で、広島県警察本部の森内彰本部長が「G7伊勢志摩サミットでの外務大臣会合や、アメリカのオバマ大統領の訪問など、世界的に注目を集める行事の警備の実績はあるが、サミットの警備は最大規模になる。部門間の連携を図りつつ、官民一体となってテロ対策を完遂し活躍を期待する」と訓示しました。又、サミット対策課の植義則課長は「責任の重さに身が引き締まる思いです。一同、課せられた使命を肝に銘じ、サミット警備を完遂いたします」と決意を述べました。「サミット対策課」は、今年9月をめどに人員を100人以上に増やし、体制を強化することにしています。

★国内感染者 21人死亡(累計万1,315人)・ 2万3,156人感染(累計935万6,329人)!。神奈川県で5人、熊本県で3人、東京都で2人、三重県で1人、京都府で1人、埼玉県で1人、宮崎県で1人、岐阜県で1人、岡山県で1人、岩手県で1人、石川県で1人、福岡県で1人、茨城県で1人、青森県で1人の合わせて21人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め935万5617人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて935万6329人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万1302人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1315人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は1日の新たな感染者数です。▽東京都は160万2377人(3546)▽大阪府は101万6315人(2135)▽神奈川県は78万1908人(1519)▽愛知県は57万2026人(1294)▽埼玉県は57万808人(1133)▽千葉県は46万5319人(1026)▽福岡県は45万136人(1292)▽兵庫県は44万5302人(1070)▽北海道は38万2401人(641)▽沖縄県は25万5102人(1543)▽京都府は21万2876人(448)▽静岡県は17万9808人(374)▽広島県は16万9466人(385)▽茨城県は16万5323人(243)▽熊本県は11万2022人(843)▽岐阜県は10万7995人(280)▽岡山県は10万4725人(191)▽群馬県は9万8382人(143)▽滋賀県は9万5581人(152)▽奈良県は9万4826人(153)▽栃木県は9万4169人(127)▽宮城県は9万4164人(218)▽鹿児島県は9万4008人(413)▽三重県は8万7575人(248)▽長野県は7万7813人(104)▽新潟県は7万5858人(119)▽福島県は6万6760人(82)▽長崎県は6万6318人(357)▽青森県は6万4089人(255)▽石川県は6万258人(147)▽宮崎県は5万8942人(258)▽大分県は5万8428人(243)▽佐賀県は5万7499人(334)▽香川県は5万984人(114)▽山口県は4万9453人(175)▽愛媛県は4万4990人(285)▽和歌山県は4万4855人(188)▽富山県は4万211人(67)▽福井県は3万9134人(97)▽岩手県は3万8120人(73)▽山梨県は3万4589人(60)▽秋田県は3万2121人(26)▽高知県は3万793人(129)▽山形県は3万592人(73)▽徳島県は2万4587人(78)▽島根県は1万9954人(355)▽鳥取県は1万6646人(95)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万9836人(25)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、1日時点で52人(±0)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、7月1日時点で、▽国内で感染が確認された人が913万5363人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて913万6022人となっています。又、6月29日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で5万2994件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★5月の全国の完全失業率2.6% 前月比0.1ポイント悪化!。総務省によりますと、5月の全国の完全失業率は2.6%で、前の月と比べて0.1ポイント悪化しました。

★路線価 全国平均2年ぶり上昇も 東京都心のオフィス街で下落!。相続税などの基準となる土地の価格「路線価」が1日公表され、新型コロナの影響が徐々に緩和され、全国の調査地点の平均は2年ぶりの上昇となりました。一方、東京 千代田区などは去年に続いて下落していて、リモートワークの普及に伴うオフィス需要の低迷などが影響しているとみられます。路線価は1月1日の時点で、国税庁が算定した全国の主な道路に面した土地の1平方メートル当たりの評価額で、相続税贈与税を計算する基準となります。今年の路線価は1日公表され、調査対象となった全国およそ31万7000地点の平均は、去年に比べて0.5%上がり、2020年以来、2年ぶりに前の年を上回りました。国税庁は新型コロナの影響が徐々に緩和していることが影響しているとみています。都道府県別の平均では、20の都道府県で去年を上回り、最も上がり幅が大きかったのは▽北海道の4.0%、次いで▽福岡県の3.6%でした。都道府県庁所在地の最高価格は15の道府県で上がり▽千葉市の千葉駅前大通りは5.1%▽札幌市の札幌停車場線通りは4.8%、上昇しました。一方、東京、大阪を含めた16の都府県では去年より下落し、このうち37年連続で全国最高額となった東京 銀座5丁目の銀座中央通りは4224万円で、去年より1.1%下がり、2年連続の下落となりました。又都内のオフィス街として知られる、千代田区丸の内2丁目の大名小路と、中央区八重洲1丁目の外堀通りでは、いずれも去年より、1.3%下落しました。国税庁は全国的にコロナ禍からの回復基調にある中、東京 都心のオフィス街は、空室率が高く、賃料の低下も続いているとしていて、コロナ禍で普及したリモートワークや在宅勤務が路線価にも影響を与えているとみられます。専門家「オフィスの影響続く」 不動産市況に詳しいニッセイ基礎研究所の※吉田資主任研究員は、路線価の動向について「住宅地、商業地とも全体的に去年の下落傾向から回復してきているが、インバウンドの喪失の影響が大きかった地域では、なかなか回復しづらいという印象だ」と指摘しました。そのうえで、大企業のオフィスが集まる都内の千代田区中央区などで下落が続いていることについては「新型コロナにともなうリモートワークの普及など働き方の大きな変化を受けて、オフィスを見直して集約するような形を取る企業が増えたことが反映されている。こうした流れは今後も地価の動向に影響してくると思われる」と話しています。※「吉」の上は「土」大企業のオフィス縮小が背景オフィス賃貸大手「三幸エステート」の調査によりますと、千代田区中央区など都心の5つの区のオフィスビルの空室率は、コロナ前のおととし1月には0.58%でしたが、ことし5月には、8倍余りの4.66%に上昇しています。この会社はリモートワークや在宅勤務の普及などで、大企業を中心にオフィスの縮小や移転が進んでいることが背景にあるとみています。大手電機メーカーの富士通は、リモートワークや在宅勤務が定着したことを受けて、今年度末までに全国のオフィスの面積をコロナ前と比べて、半分程度に削減する計画で、すでに東京 都心にあった複数のオフィスを解約したということです。新たな拠点として去年、JR川崎駅前の高層ビルに整備したオフィスは、社員の出社率を最大で30%と想定して社員ごとに机を固定せず、座席の数を減らしたうえで、出社予定の社員やオフィスの混雑状況を、スマートフォンなどで簡単に確認できるシステムなどを導入しているということです。富士通・ワークスタイル戦略室の赤松光哉室長は「社員の自立的な働き方を目指す中で、働く場所がオフィスだけにとどまらなくなっていることから、縮小やリニューアルを決断しました。オフィスの拠点数や面積をただ減らすだけではなく、そこに来る意味や価値を感じられるオフィス作りが求められていると思います」と話していました。都道府県別の状況都道府県別の平均の路線価が去年を上回ったのは20都道府県でした。▼北海道は4.0%▼東北では▽宮城が2.9%▽福島が0.5%上昇しました。▼関東甲信越では▽東京が1.1%▽千葉が0.8%▽神奈川が0.6%▽埼玉が0.4%上昇しました。▼東海・北陸では▽愛知が1.2%▽石川が0.2%▼関西では▽京都が0.2%▽大阪が0.1%上昇しました。▼中国では▽広島が0.9%▽岡山が0.3%▽山口が0.1%上昇しました。▼九州・沖縄では▽福岡が3.6%▽沖縄が1.6%▽佐賀が1.1%▽熊本が0.6%▽長崎が0.5%▽大分が0.1%上昇しました。上昇率の1位は北海道、2位が福岡3位が宮城です。一方、去年を下回ったのは27県でした。▼東北では▽秋田が0.6%▽青森が0.4%▽岩手が0.2%▽山形が0.1%下落しました。▼関東甲信越では▽群馬が1.0%▽山梨が0.8%▽新潟が0.7%▽茨城が0.6%▽栃木が0.5%▽長野が0.4%下落しました。▼東海・北陸では▽福井▽岐阜▽三重がいずれも0.9%▽静岡が0.7%▽富山が0.4%下落しました。▼関西では▽和歌山が1.3%▽滋賀が0.8%▽奈良が0.7%▽兵庫が0.2%下落しました。▼中国では▽鳥取が0.7%▽島根が0.4%▼四国では▽愛媛が1.1%▽香川と徳島がいずれも0.9%▽高知が0.4%下落しました。▼九州では▽鹿児島が0.6%▽宮崎が0.4%下落しました。下落率の1位は和歌山で、2位が愛媛3位が群馬です。

日銀短観 非製造業が大きく改善 夏場に向け回復期待も…!。日銀が1日に発表した短観=企業短期経済観測調査で、大企業の製造業の景気判断を示す指数はプラス9ポイントと、前回を5ポイント下回り、2期連続で悪化しました。今回の短観は、原材料価格の高騰などが重荷となった製造業と、新型コロナの影響が和らいできた非製造業で、景気判断が分かれる結果となりました。日銀の短観は国内の企業1万社近くに3か月ごとに景気の現状などをたずねる調査で景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた指数で景気を判断します。このうち、大企業の非製造業では、まん延防止等重点措置が解除されたことで、いわゆる対面のサービス業を中心に景気判断が大きく改善しました。ゴルフ場やウエディングなどの「対個人サービス」はプラス18ポイントと、前回から32ポイント改善したほか、ホテルや居酒屋などの「宿泊・飲食サービス」はマイナス31ポイントですが、前回から25ポイント改善しました。一方、大企業・製造業では、「自動車」が部材の調達難に加えて中国・上海市などでの厳しい外出制限の影響による減産で、4ポイント悪化してマイナス19となったほか、「鉄鋼」も自動車の減産の影響を受けて16ポイント悪化し、マイナス6となりました。「食料品」は原材料高による仕入れコストの上昇で6ポイント悪化し、マイナス11となりました。水族館 夏場の客足回復に期待も…旅行やレジャー関連の業界では、この夏、本格的な客足の回復に大きな期待が寄せられていますが、原油高を受けた電気代などの負担が懸念材料になっているところもあります。神奈川県の新江ノ島水族館では、まん延防止等重点措置が解除されて以降、団体客も増えて、このところの来場者数は感染拡大前の8割程度まで回復しています。夏のレジャーシーズンに向けてはさらなる回復につなげようと、11年ぶりに人気のイルカショーをリニューアルします。飼育員とイルカたちは、今月16日のリニューアル後の初公演に向けて、実際に観客も入れながらジャンプなどの技の練習を繰り返していて、この夏の呼び物のイベントにしたい考えです。只、今気がかりなのは、電気代の値上がりです。水族館には、地元の相模湾や深海の魚など、およそ600種類が展示されていて、魚の種類に合わせた温度や水質などの管理が欠かせません。24時間体制で水を循環させるポンプやろ過装置などを動かす必要があり多くの電力を使います。又、新型コロナ対策も緩めるわけにはいかず、館内では展示室ごとに送風機を設置しています。原油高の影響を受けた料金値上げもあり、電気代は1年前と比べて3割近く増えています。ほかにもイワシなどの餌となるプランクトンや館内で飼育しているカピバラの好物の干し草なども値上がりしていて、負担が増しているということです。新江ノ島水族館飼育設備チームの川端康祐さんは、「せっかく新型コロナが落ち着きお客さんが増えてきてうれしく思っていたが、今度は電気代が上がってしまった。海の生き物は少しの環境変化にも弱く、設備は止めるわけにいかず対応は難しい」と話しています。旅行の滞在時間伸ばすため「夜の時間」の新たな楽しみ方 広島旅行関連の業種の景気判断が上向く中、広島県内ではより多くの客に長く宿泊してもらおうと、「夜の時間」を充実させる取り組みが広がっています。広島県では宿泊者1人当たりの宿泊日数が全国平均と比べて短くなっていて、滞在時間を伸ばすことが課題となっています。このため広島県内では「夜の時間」の新たな楽しみ方を提案する動きが広がっています。このうち、広島市中区の「ひろしま美術館」では、閉館後の夜7時ごろから暗がりの中、ランタンを片手に作品を鑑賞する「ナイトミュージアム」が行われています。劇団員が画家にふんして作品や時代背景を説明し、非日常感が楽しめるとして、イベントを始めた去年春以降、申し込みの倍率は10倍を超えています。福岡から参加した旅行客は「ナイトミュージアムに参加するために、広島に初めて宿泊しました」と話していました。美術館近くのホテルでは、こうしたイベントに合わせて、ことし5月から、ナイトミュージアムの鑑賞券をセットにしたプランを販売しています。宿泊客が感染拡大前より1割ほど少ない状況が続く中、グレードの高い部屋の宿泊と組み合わせることでお得感を打ち出しています。リーガロイヤルホテル広島の安武亜希 課長代理は、「夜の体験イベントはそのあとに宿泊につながるお客様が増えてるという期待感が大きい」と話しています。義肢装具メーカー「短期間にコストが急増」エネルギーや金属などの高騰に加え、急速に進む円安で海外から輸入する原材料のコストが上昇していて、国内のメーカーにとって重荷になっています。東京 世田谷区にある「小原工業」は、創業76年の老舗の義肢装具メーカーで、職人が義足や義手の部品を手作業で作っています。部品には主に軽くて丈夫なアルミが使われていますが、アルミの高騰の影響で仕入れ価格がこの半年間で2倍近くに値上がりしたといいます。そのほか、合わせて200種類にのぼる部品や材料を海外から輸入していますが、急速に進む円安の影響で仕入れ価格が2割上昇し、収益が圧迫される形となっています。義足などの部品の場合、こうしたコストを販売価格に転嫁し値上げするには国の認可を得る必要があり、円安などの状況を見極めたうえで一部の部品で値上げを申請する予定ですが、仮に認められたとしても実際に値上げできるのは来年4月になるということです。そのため、部品や材料の在庫を必要最小限に減らして、コストの削減に努めています。一方、新型コロナの感染拡大や原材料価格の高騰をきっかけに仕入れ先のうち10社ほどが廃業したということで、新たな仕入れ先の確保にも追われているということです。小原工業の秋山七奈子 社長は「経験したことがない厳しさで、短期間に急激にコストが増えて準備する時間もなく、すぐに値上げもできないので現状を耐えるしかない。ただ、患者や医師などに心配をかけたくないので、会社で工夫しながら安定した製品の供給に努めたい」と話していました。アルミ加工メーカー 原材料価格高騰に加え急激な円安で… 大阪 西成区にある従業員およそ80人のアルミ加工メーカーでは、新幹線の部品など、アルミ製品の設計や加工を手がけていますロシアによるウクライナ侵攻や円安の影響で原材料価格が高騰しこの会社では、アルミ板の仕入れ価格がこの1年で3割以上、上昇し、採算が悪化しているといいます。さらに、急激な円安の進行にも頭を悩ませています。この会社では納品先の企業に見積もり価格を提示したあと、実際に注文を受けるまでの間に円安の影響でアルミ板の仕入れ価格が大幅に上がったため、当初、示した価格では採算が取れないケースが出ているということです。このため、納品する際の価格を見積もりの段階から引き上げられないか交渉しているということですが、価格への転嫁は難しいということです。坂口製作所の坂口清信 社長は「材料費が上がるものの、納品価格は上げてもらえない板挟みのような状況になっている。円相場や材料費に関しては安定して先が読みやすい状況になってほしい」と話しています。

日銀短観 大企業製造業 2期連続で悪化 原材料価格の高騰重荷に!。日銀が発表した短観=企業短期経済観測調査で、大企業の製造業の景気判断を示す指数はプラス9ポイントと、前回を5ポイント下回り、2期連続で悪化しました。ロシアのウクライナ侵攻を受けた原材料価格の高騰が引き続き重荷になっています。日銀の短観は国内の企業1万社近くに3か月ごとに景気の現状などをたずねる調査で景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた指数で景気を判断します。今回の調査は5月下旬から6月30日にかけて行われ、大企業の製造業の指数はプラス9ポイントと、前回・3月の調査を5ポイント下回り、2期連続の悪化となりました。これは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて原材料価格が一段と高騰していることや、中国・上海で5月末まで続いた厳しい外出制限の影響による部品の調達難が続いていることが主な要因です。一方、大企業の非製造業の景気判断はプラス13ポイントと前回を4ポイント上回り、2期ぶりの改善となりました。まん延防止等重点措置が解除されて以降、飲食や宿泊などのサービス業で持ち直しの動きが強まっています。3か月後の見通しでは、大企業・製造業は部品の供給不足が解消に向かうという見方などから、1ポイントの改善となっています。大企業の非製造業では、新型コロナからの経済や社会生活の正常化で消費の持ち直しに期待が広がる一方、原材料価格の高騰への懸念もあって横ばいとなっています。

日銀短観 非製造業が大きく改善 夏場に向け回復期待も…!。日銀が1日に発表した短観=企業短期経済観測調査で、大企業の製造業の景気判断を示す指数はプラス9ポイントと、前回を5ポイント下回り、2期連続で悪化しました。今回の短観は、原材料価格の高騰などが重荷となった製造業と、新型コロナの影響が和らいできた非製造業で、景気判断が分かれる結果となりました。日銀の短観は国内の企業1万社近くに3か月ごとに景気の現状などをたずねる調査で景気が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた指数で景気を判断します。このうち、大企業の非製造業では、まん延防止等重点措置が解除されたことで、いわゆる対面のサービス業を中心に景気判断が大きく改善しました。ゴルフ場やウエディングなどの「対個人サービス」はプラス18ポイントと、前回から32ポイント改善したほか、ホテルや居酒屋などの「宿泊・飲食サービス」はマイナス31ポイントですが、前回から25ポイント改善しました。一方、大企業・製造業では、「自動車」が部材の調達難に加えて中国・上海市などでの厳しい外出制限の影響による減産で、4ポイント悪化してマイナス19となったほか、「鉄鋼」も自動車の減産の影響を受けて16ポイント悪化し、マイナス6となりました。「食料品」は原材料高による仕入れコストの上昇で6ポイント悪化し、マイナス11となりました。水族館 夏場の客足回復に期待も…旅行やレジャー関連の業界では、この夏、本格的な客足の回復に大きな期待が寄せられていますが、原油高を受けた電気代などの負担が懸念材料になっているところもあります。神奈川県の新江ノ島水族館では、まん延防止等重点措置が解除されて以降、団体客も増えて、このところの来場者数は感染拡大前の8割程度まで回復しています。夏のレジャーシーズンに向けてはさらなる回復につなげようと、11年ぶりに人気のイルカショーをリニューアルします。飼育員とイルカたちは、今月16日のリニューアル後の初公演に向けて、実際に観客も入れながらジャンプなどの技の練習を繰り返していて、この夏の呼び物のイベントにしたい考えです。只、今気がかりなのは、電気代の値上がりです。水族館には、地元の相模湾や深海の魚など、およそ600種類が展示されていて、魚の種類に合わせた温度や水質などの管理が欠かせません。24時間体制で水を循環させるポンプやろ過装置などを動かす必要があり多くの電力を使います。又、新型コロナ対策も緩めるわけにはいかず、館内では展示室ごとに送風機を設置しています。原油高の影響を受けた料金値上げもあり、電気代は1年前と比べて3割近く増えています。ほかにもイワシなどの餌となるプランクトンや館内で飼育しているカピバラの好物の干し草なども値上がりしていて、負担が増しているということです。新江ノ島水族館飼育設備チームの川端康祐さんは、「せっかく新型コロナが落ち着きお客さんが増えてきてうれしく思っていたが、今度は電気代が上がってしまった。海の生き物は少しの環境変化にも弱く、設備は止めるわけにいかず対応は難しい」と話しています。旅行の滞在時間伸ばすため「夜の時間」の新たな楽しみ方 広島旅行関連の業種の景気判断が上向く中、広島県内ではより多くの客に長く宿泊してもらおうと、「夜の時間」を充実させる取り組みが広がっています。広島県では宿泊者1人当たりの宿泊日数が全国平均と比べて短くなっていて、滞在時間を伸ばすことが課題となっています。このため広島県内では「夜の時間」の新たな楽しみ方を提案する動きが広がっています。このうち、広島市中区の「ひろしま美術館」では、閉館後の夜7時ごろから暗がりの中、ランタンを片手に作品を鑑賞する「ナイトミュージアム」が行われています。劇団員が画家にふんして作品や時代背景を説明し、非日常感が楽しめるとして、イベントを始めた去年春以降、申し込みの倍率は10倍を超えています。福岡から参加した旅行客は「ナイトミュージアムに参加するために、広島に初めて宿泊しました」と話していました。美術館近くのホテルでは、こうしたイベントに合わせて、ことし5月から、ナイトミュージアムの鑑賞券をセットにしたプランを販売しています。宿泊客が感染拡大前より1割ほど少ない状況が続く中、グレードの高い部屋の宿泊と組み合わせることでお得感を打ち出しています。リーガロイヤルホテル広島の安武亜希 課長代理は、「夜の体験イベントはそのあとに宿泊につながるお客様が増えてるという期待感が大きい」と話しています。義肢装具メーカー「短期間にコストが急増」エネルギーや金属などの高騰に加え、急速に進む円安で海外から輸入する原材料のコストが上昇していて、国内のメーカーにとって重荷になっています。東京 世田谷区にある「小原工業」は、創業76年の老舗の義肢装具メーカーで、職人が義足や義手の部品を手作業で作っています。部品には主に軽くて丈夫なアルミが使われていますが、アルミの高騰の影響で仕入れ価格がこの半年間で2倍近くに値上がりしたといいます。そのほか、合わせて200種類にのぼる部品や材料を海外から輸入していますが、急速に進む円安の影響で仕入れ価格が2割上昇し、収益が圧迫される形となっています。義足などの部品の場合、こうしたコストを販売価格に転嫁し値上げするには国の認可を得る必要があり、円安などの状況を見極めたうえで一部の部品で値上げを申請する予定ですが、仮に認められたとしても実際に値上げできるのは来年4月になるということです。そのため、部品や材料の在庫を必要最小限に減らして、コストの削減に努めています。一方、新型コロナの感染拡大や原材料価格の高騰をきっかけに仕入れ先のうち10社ほどが廃業したということで、新たな仕入れ先の確保にも追われているということです。小原工業の秋山七奈子 社長は「経験したことがない厳しさで、短期間に急激にコストが増えて準備する時間もなく、すぐに値上げもできないので現状を耐えるしかない。ただ、患者や医師などに心配をかけたくないので、会社で工夫しながら安定した製品の供給に努めたい」と話していました。アルミ加工メーカー 原材料価格高騰に加え急激な円安で… 大阪 西成区にある従業員およそ80人のアルミ加工メーカーでは、新幹線の部品など、アルミ製品の設計や加工を手がけていますロシアによるウクライナ侵攻や円安の影響で原材料価格が高騰しこの会社では、アルミ板の仕入れ価格がこの1年で3割以上、上昇し、採算が悪化しているといいます。さらに、急激な円安の進行にも頭を悩ませています。この会社では納品先の企業に見積もり価格を提示したあと、実際に注文を受けるまでの間に円安の影響でアルミ板の仕入れ価格が大幅に上がったため、当初、示した価格では採算が取れないケースが出ているということです。このため、納品する際の価格を見積もりの段階から引き上げられないか交渉しているということですが、価格への転嫁は難しいということです。坂口製作所の坂口清信 社長は「材料費が上がるものの、納品価格は上げてもらえない板挟みのような状況になっている。円相場や材料費に関しては安定して先が読みやすい状況になってほしい」と話しています。


★砂浜の「プラスチック片」に要警戒。触ると死の危険も... 大量漂着した「カツオノエボシ」かもしれない!。
カツオノエボシ 透き通った水色の、風船やプラスチック片のような物体。砂浜に落ちていたら「きれい!何だろう?」と触りたくなるが、実はこれ、「電気クラゲ」の異名を持つ毒のあるクラゲ「カツオノエボシ」。6月下旬、神奈川県内の砂浜に大量に漂着しているという。清掃活動などをしている「かながわ海岸美化財団」が触らないよう注意を呼びかけている。カツオノエボシは全長10センチ程度。かながわ海岸美化財団の公式サイトなどによると、触手に強い毒を持つ。刺されると電気ショックを受けたような痛みがあり、二度目に刺されるとアナフィラキシーショックを起こして死に至ることもある。カツオノエボシが死んだ状態であっても、毒が残っていて危険だという。かながわ海岸美化財団はTwitterで「現在、フィルム状のプラスチック片が波打ち際に漂着しており、カツオノエボシとぱっと見似ているため、間違って触れてしまう可能性が高くなっています」と投稿。場所によっては1メートルおきくらいに漂着しているため、触らないよう連日注意を呼びかけている。同財団のTwitter投稿には、「子供が触らないように本当に気を付けて」などど心配する声が寄せられている。夏本番が近づき、海水浴に出かける人は注意が必要だろう。

★新種の大型深海魚 ヨコヅナイワシの撮影に成功 八丈島の沖合!。新種として確認されたばかりで、謎に包まれている大型の深海魚ヨコヅナイワシについて、海洋研究開発機構の研究グループが、全長が2メートルを超えると推定される、巨大な個体を撮影することに成功したと発表しました。ヨコヅナイワシ静岡県沖の駿河湾で発見されて、去年、新種と確認されたばかりの大型の深海魚で、これまでに捕獲されたり、撮影されたりした個体は6匹しかなく、生態は謎に包まれています。海洋研究開発機構の研究グループは去年10月、伊豆諸島の八丈島から南西に100キロほどの沖合の水深2000メートルの深海にカメラを沈めたところ、ヨコヅナイワシをカラー映像で撮影することに成功しました。推定された全長は2メートル53センチと巨大で、これまで駿河湾で確認された最大の個体のおよそ2倍だったということです。ヨコヅナイワシは表面が黒く、餌が入ったかごにゆっくりと近づき、別の深海魚に大きく口を開けて威嚇して追い払ったあと、餌を食べようとかごにかみつく様子が確認できました。又、研究グループは、駿河湾に続いて八丈島の沖合の深海でも確認できたことから、ヨコヅナイワシ北太平洋の特に深い深海に広く生息している可能性があるとしています。海洋研究開発機構の藤原義弘上席研究員は「巨大な体に驚いた。深海にはまだまだ驚くことが多く残されている」と話しています。さかなクン「大きく“すギョい”迫力です」 東京海洋大学客員教授の「さかなクン」は、今回の映像について「初めてヨコヅナイワシを見たときは『こんなにも大きな深海魚がいるのか』と感動したのに、今回はさらに大きく“すギョい”迫力です。一方で、これだけ大きいにもかかわらず、とても柔軟性に富んだ動きをしていて、本当に目からウロコが落ちそうになりました」と、さかなクンならではの表現で驚きを語りました。また、ほかの深海魚を威嚇する様子について「口を大きく開けるのは縄張りを主張したり、ほかの生物を追い払ったりするための肉食の魚の典型的な行動ではありますが、それを撮影できたのは大変貴重です。まだまだギョっとするような生き物がいるかもしれません」と目を輝かせて話していました。そして、今回の発見を記念して30分ほどで描いたという長さ2.5メートルの実物大のヨコヅナイワシの絵を披露し「両手を広げた長さよりもずっと大きく改めて大きいことがよくわかります。いつかこの目で実物を見てみたいです」と語りました。

熱中症で2歳児死亡 “何度か1人で残して外出” 同居の容疑者!。 富田林市の団地の部屋で、ベビーサークルの中に置き去りにされた2歳の女の子が熱中症で死亡し、同居する祖母と男の容疑者が逮捕された事件で、このうち男の容疑者が「これまでも何度か自宅に1人で残して外出し、その時もベビーサークルに入れていた」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。29日、富田林市小金台の団地の部屋でこの部屋に住む小野優陽ちゃん(2)が死亡しているのが見つかり、警察は祖母の小野真由美容疑者(46)と、同居する桃田貴徳容疑者(50)の2人が優陽ちゃんを早朝から夕方まで置き去りにして外出したとして保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、1日、検察庁に送りました。優陽ちゃんは、高さが90センチほどあるベビーサークルの中で亡くなっていて、死因は熱中症だったということです。その後の調べで、桃田容疑者が「これまでも何度か自宅に1人で残して外出したことがあり、その時もベビーサークルに入れていた」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。又、29日の早朝に外出した際のことについては「ベビーサークルで寝ていた。ほったらかしにして出て行った」と供述していて、実際に食べ物や飲み物は置かれていなかったということです。優陽ちゃんは両親とは別居していて、警察はこれまでの育児の実態について調べを進めています。

★日大 林真理子新理事長が就任 女性理事9人「魅力的な学校に」!。日本大学の新たな理事長に作家の林真理子氏が1日、正式に就任し、大学の理事22人のうち女性が9人を占める新体制を発表しました。女性が理事になるのは創立以来初めてで、林氏は「新しい風が吹いている。学生や社会にとって魅力的な学校にしていきたい」と述べました。日本大学芸術学部出身で作家の林真理子氏(68)は、田中英壽 元理事長(75)の有罪判決が確定した脱税事件などを受けて大学が改革を進める中で6月、新たな理事長に選出され、1日正式に就任しました。都内で会見した林氏は「『新しい日大キャンペーン』に取り組みたい。学生や卒業生などを含めた有識者による委員会をつくり、どういう日大にしたいか一緒に考えていきたい。日大が受験生や在校生、社会にとって必ず魅力的なものになると信じている」と述べました。又日大の理事は、明治22年の創立以来すべて男性でしたが、1日に発足した執行部の新体制は、22人の理事のうち林氏を含め、9人を女性が占めています。これについて林氏は「新しい風が吹いている。マッチョな体質を変えていきたいということは第1に考えている。とにかく日大は本部にも女性幹部が少ないので、そこから変えて間違っていることは間違っていると言える体質にしていきたい」と述べました。このほか、大規模な調査委員会を設置して学内の問題などを洗い出していくとしており、新たな体制で改革を実行し、一連の事件で損なわれた日大の信頼を取り戻せるか、林氏の手腕が注目されます。

★東京都内 6月に熱中症疑いで搬送 1517人 “過去10年で最多”!。厳しい暑さが続く中、都内では6月、熱中症の疑いで搬送された人が合わせて1517人に上り、6月としては少なくとも過去10年で最も多くなったことが分かりました。東京消防庁はこまめに水分を補給するなど熱中症の対策を徹底するよう呼びかけています。東京の都心は6月25日から30日にかけて6日連続の猛暑日となりましたが、東京消防庁によりますと、都内では6月30日、熱中症の疑いで6歳から97歳までの男女294人が病院に搬送され、3日連続で200人を超えました。これで6月の1か月間に搬送された人数は速報値で合わせて1517人となり、6月としては少なくとも過去10年で最も多くなりました。去年の同じ時期と比べるとおよそ6倍に上っています。このうち、搬送した時点で、▽10代から80代までの16人が重篤、▽42人が重症、▽516人が中等症、▽943人が軽症でした。又年代別にみますと、▽80代が384人と最も多く、次いで▽70代が285人、▽20代が147人となっていて、高齢者だけでなく若い世代の搬送も多くなっています。更に、6月は熱中症の疑いで死亡するケースも相次ぎ、東京都監察医務院によりますと、これまでに40代から90代までの男女合わせて11人が亡くなっています。都内は7月1日も厳しい暑さとなっていて、東京消防庁などは、我慢せずに冷房を使用し、のどが渇く前にこまめに水分を補給するほか、屋外で人と2メートル以上距離が確保できる場合はマスクを外すなどして、対策を徹底するよう呼びかけています。

★組織委会長務めた橋本氏 自民に復党 参院選 自公55で過半数!。東京オリンピックパラリンピック組織委員会の会長を務めてきた、参議院議員橋本聖子氏は、組織委員会が6月いっぱいで解散したことを受けて、1日付けで自民党に復党しました。橋本聖子氏は去年2月、森 元総理大臣の後任として東京オリンピックパラリンピック組織委員会の会長に就任し、政治的な中立性を明確にしたいとして自民党を離党しました。橋本氏は組織委員会の活動が終われば復党したいという意向を示していたことから、自民党組織委員会が6月いっぱいで解散したことを受けて、1日付けで橋本氏の復党を認めました。橋本氏の復党を受けて、自民・公明両党の非改選の議席は1増えて70となります。このため今回の参議院選挙で、両党が「勝敗ライン」としている参議院全体の過半数を維持するために必要な議席は55となります。又、憲法改正に前向きな自民・公明両党と日本維新の会、国民民主党の4党で、改正の発議に必要な参議院全体の3分の2を占めるのに必要な議席数は、82となります。注目される数字今回の選挙は、欠員の補充を合わせ、125議席をめぐって争われるので、「63」議席がその過半数に当たります。今回の選挙で与党と野党、どちらが多くの議席を獲得したのか、その分かれ目の数字となります。自民・公明両党の、非改選の議席数は70です。今回の選挙で、両党で「55」議席を獲得すれば、参議院全体での過半数を維持することになります。これを割り込むと、与党だけでは、参議院で法案などを可決できなくなります。憲法改正を国会で発議するためには、衆参両院で3分の2の賛成が必要になります。今回の選挙を経て、参議院全体の3分の2は166議席になります。憲法改正に前向きな自民・公明両党と日本維新の会、国民民主党の4党で「82」議席を獲得すれば、衆議院だけでなく参議院でも、国会で改正を発議するために必要な3分の2の議席を占めることになります。

★小学5年生死亡 スケートボードに似た遊具で街灯に衝突か 大津!。30日大津市スケートボードに似た2輪タイプの遊具で遊んでいた小学生の男の子が首から血を流した状態で帰宅し、その後死亡しました。警察は男の子が遊んでいるときに駐車場の街灯にぶつかった可能性があるとみて詳しい経緯を調べています。30日午後6時ごろ、大津市穴太で小学5年生の10歳の男の子の家族から「子どもが玄関で意識がない状態で倒れている」と消防に通報がありました。男の子は首から出血している状態で市内の病院に運ばれましたが、およそ6時間後に死亡が確認されました。警察によりますと、防犯カメラには男の子が自宅近くの駐車場でスケートボードに似た2輪タイプの遊具に1人で乗って遊んでいる様子が写っていたということです。又、駐車場の街灯のカバーの一部が割れ血の跡が残っていたほか、近くには男の子のものとみられるボードがあったということで、警察は男の子が遊んでいるときに駐車場の街灯にぶつかった可能性があるとみて詳しい経緯を調べています。

★化学肥料の使用量減らした農家を支援 政府の価格高騰対策!。エネルギーなどの価格高騰対策の一環として政府は、農産品の生産コストを削減するため、化学肥料の使用量を減らした農家に対し、肥料価格の上昇分の7割を支援することになりました。物価や景気への総合的な対策に取り組む政府の「物価・賃金・生活総合対策本部」のもと、1日、関係省庁の担当者が具体策を検討する会議を開きました。会議で農林水産省の担当者は、農産品の生産コストを削減するため、学肥料の使用量を2割減らした農家に対し、肥料価格の上昇分の7割を支援する新たな仕組みを設けると説明しました。対象は、先月購入された肥料からとし、導入時期は引き続き検討するとしています。また、経済産業省からは一定の節電を行った家庭などに幅広く使えるポイントを付与する新たな支援制度の検討状況などが報告されました。

★「服を再利用へ」駅の改札で回収する実証実験始まる JR東日本!。毎年大量に捨てられている「服」。その再利用を進めようと、JR東日本の一部の駅の改札で服の回収を受け付ける実証実験が始まりました。これはJR東日本が中央線の武蔵境、東小金井、西国分寺と、南武線稲城長沼の合わせて4つの駅で1日からことし9月末まで毎日実施します。対象は靴下や下着などを除く衣服で、午前10時から午後4時の間、改札の窓口にいる駅員に直接渡す形で回収を受け付けます。事前の予約は必要なく、1人5点まで回収に出すことができます。初日の1日、中央線の西国分寺駅には、ジャケットやズボンなど使われなくなった服が次々と持ち込まれていました。回収した服はベンチャー企業と協力し、色を落とすなどして作業服として地元の企業に使ってもらったり、繊維を分解するなどしてセメントの材料などに作り替えたりする予定だということです。JR東日本のグループ会社の齋藤七瀬チーフは「駅を有効に使うことで、地域で使った服を地域で再利用する仕組みづくりをしたい」と話していました。環境省によりますと、国内で使われた衣服のうちおよそ3分の2がごみとして処分されてて、持続可能な社会の実現に向けてアパレル業界などでも再利用の動きが広がっています。

キユーピー マヨネーズ値上げ 去年以降で3回目に ソースなども!。食品メーカーの「キユーピー」は原材料価格の高騰などを受けマヨネーズやソースなどを値上げすると発表しました。マヨネーズの値上げは去年以降では3回目となります。発表によりますと、キユーピーはマヨネーズやマスタード、それにタルタルソースなど家庭用の93商品について、ことし10月1日の出荷分から値上げします。値上げ幅はいずれも参考小売価格で、▽マヨネーズが3%から11%程度、▽マスタードが17%から20%程度、▽タルタルソースが2%から6%程度、などとなっていて、代表的な商品である450グラム入りのマヨネーズは税込みで今の436円から475円になります。又、業務用についてもマヨネーズなどの157商品について、ことし10月1日の出荷分から最大で15%程度値上げします。理由について会社では食用油などの原材料価格が一段と高騰しているためなどとしていて、マヨネーズの値上げは、去年以降では3回目となります。日本ハムも値上げなど発表 一方、食品メーカー大手の「日本ハム」は原材料価格の高騰などを受けて今年10月1日の出荷分から、ハムやソーセージなど一部の商品について、値上げしたり、内容量を減らしたりすると発表していて、身近な食品の値上がりが続いています。

パナソニック“ガスで動く”空調機器 展開強化へ 電力不足受け!。電力需給が厳しい状況が続く中、大手電機メーカーのパナソニックは、電気ではなくガスで動く空調機器の展開を強化する方針を明らかにしました。パナソニックは、1日都内で記者会見を開き、ガスで動く「吸収式冷凍機」と呼ばれる業務用の空調機器について、病院や工場、公共施設などへの展開を強化すると発表しました。ガスなどで発電したに発生する熱を冷暖房などに活用するコージェネレーションという技術を組み合わせることで、二酸化炭素の排出量やコストを大幅に削減できるとしています。会社では、電力需給が厳しくなる中、ガスを使う空調機器の需要が今後、高まるとみていて、空調事業の売り上げを昨年度の7000億円から2025年度には1兆円に拡大する目標を掲げています。パナソニックの小松原宏ビジネスユニット長は「ガス空調は省エネで、電力不足のなかエネルギー安定供給にも貢献できると考えている」と話しています。