※6/25 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶42,916,270人・ 死者 6百327,835人!。★国内感染者 7人死亡(累計3万1,128)・1万6,693人感染(累計924万3,407人)!。※コロナウィルス”接種”励行!。▼コロナ渦の”脅威”終息?。

    ---ようこそ!。小江戸越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日26(日)35℃24℃曇/晴 明日27(月)35℃25℃晴/曇 明後日28(火)35℃25℃曇/晴 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予対策!。

★東京都心など35度以上 関東甲信中心に猛暑日 熱中症に警戒!。高気圧の影響で26日も全国的に気温が上がり、東京の都心で35度以上の猛暑日となるなど関東甲信を中心に各地で厳しい暑さとなっています。引き続き、熱中症に警戒してください。一方、日中の気温の上昇に伴い午後は西日本から北日本の内陸を中心に大気の状態が不安定になる見込みで、急な激しい雨などにも注意が必要です。気象庁によりますと、日本の南にある高気圧の影響で26日も全国的に気温が上がり、特に関東甲信の内陸を中心に各地で35度以上の猛暑日となっています。午後0時半までの最高気温は▽栃木県佐野市で36.6度、▽東京・練馬区と埼玉県越谷市で36.4度、▽茨城県大子町で36.3度▽東京の都心で36.2度、▽群馬県高崎市で35.8度▽岩手県釜石市で35.2度などと各地で猛暑日となっています。引き続き熱中症に警戒し、▽こまめに水分を補給する、▽我慢せず冷房を適切に使用する、▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど、注意をうながすよう心がけてください。一方、気温の上昇や上空の寒気の影響で午後は西日本から北日本にかけての内陸の山沿いを中心に大気の状態が不安定になる見込みです。急な激しい雨のほか、落雷、竜巻などの突風、それに「ひょう」にも注意してください。


★きょうも関東甲信を中心に猛暑日熱中症に警戒 水分補給を!。25日は群馬県伊勢崎市で国内の6月の気温として最も高い40.2度を観測するなど、東日本を中心に猛烈な暑さとなりました。26日も各地で厳しい暑さが続き、関東甲信の内陸などでは35度以上の猛暑日となる見込みで、引き続き熱中症に警戒してください。気象庁によりますと、25日は東日本を中心に晴れて気温が上がり、群馬県伊勢崎市では40.2度と、国内の6月の気温としては観測史上最も高い気温となりました。このほか東京の都心でも35.4度と、全国の64の観測地点で35度以上の猛暑日となりました。26日は湿った空気が流れ込んで雲が広がるところがありますが、高気圧の影響で全国各地で30度前後まで気温が上がる見通しです。特に関東甲信を中心に晴れて気温が上がる見込みで、日中の最高気温は前橋市と埼玉県熊谷市で36度、福島市富山市甲府市水戸市、東京の都心で35度と猛暑日が予想されています。今月末にかけてもところによって35度以上の猛暑日が予想されるなど、全国各地で厳しい暑さが続く見込みです。熱中症に警戒し、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。毎年、高齢者が冷房を使用せずに熱中症の疑いで亡くなるケースが確認されています。離れて住む家族の方や周囲の人が声をかけるなど、注意をうながすよう心がけてください。また、気温の上昇に伴って各地で大気の状態が不安定になる見込みで、急な激しい雨のほか、落雷、竜巻などの突風、それに「ひょう」にも注意が必要です。

★早起きの花、涼やかに 行田で古代蓮が見頃 花蓮42種類約12万株 早朝から開花、昼にはつぼみに!。ピンク色の花が咲き、見頃を迎えた行田蓮=24日午前9時45分ごろ、行田市小針の「古代蓮の里」© 埼玉新聞社 ピンク色の花が咲き、見頃を迎えた行田蓮=24日午前9時45分ごろ、埼玉県行田市小針の「古代蓮の里」 埼玉県内は24、高気圧に覆われた影響で気温が各地で上昇した。最高気温は鳩山町で35・2度、熊谷市で35・0度を観測し、県内で今年初の猛暑日となった。熊谷地方気象台によると、県内の観測地点8カ所のうち、7カ所で今年の最高気温を更新した。行田市小針の「古代蓮の里」では、行田蓮(古代蓮)の花蓮が見頃を迎え、ピンク色の大輪が訪れた人々を楽しませている。行田蓮をはじめ、42種類約12万株の花蓮が咲き誇る。古代蓮会館によると、今年の開花は例年並み。花弁は早朝からゆっくり開き、昼にはつぼみに戻るため、観賞は午前7~9時ごろがお勧め。開花時期が種類によって異なり、8月上旬まで楽しめる。午前5時から午後2時までは駐車場が有料で、普通車は500円。問い合わせは、古代蓮会館(電話048・559・0770)へ。

★日本遺産の大山に「山頂広場」 砕石舗装・ベンチ設置で整備完了!。砕石で舗装された大山山頂広場=神奈川県伊勢原市日本遺産協議会提供 「大山詣(まい)り」で日本遺産に認定されている大山(1252メートル)の「大山山頂広場」で、砕石による舗装や排水施設などの整備が完成した。神奈川県伊勢原市が事務局を務める市日本遺産協議会などが整備した。市によると、準備工事を含めて昨年2月から今年5月まで、広場の約500平方メートルを総額約6400万円をかけて整備。砕石による舗装のほか、雨水浸透枡(ます)、登山者用テーブル8台、ベンチ24脚、土留めなどを設置し、階段も改修した。これとは別に、大山阿夫利神社玉垣設置などの追加工事をしており、秋ごろまでに終える予定という。

★風鈴5670個ゆらゆら 涼運びコロナさよなら、岐阜・関ケ原町!。風に揺られて涼しい音色を放つ風鈴のトンネルを楽しむ観光客=関ケ原町関ケ原関ケ原ウォーランド 5670個の風鈴で福寄せを願う催し「風鈴まつり」が、岐阜県関ケ原町関ケ原関ケ原ウォーランドで開かれ、観光客らが風に揺れる風鈴の涼しい音色を楽しんでいる。9月25日まで。 催しは、厄よけの願掛けとして、同施設が2019年に始めた。風鈴の個数は「コロナゼロ」の語呂合わせで、日本一という。昨年は、3万人を超す来場者でにぎわった。 会場には、全長約200メートルの風鈴のトンネルがお目見えし、多くの人がカメラやスマートフォンを向けて、動画や写真に収めていた。コケ玉市や風鈴市も開かれており、土産品を買い求める観光客の姿もあった。 バスツアーで訪れた大垣市の主婦(63)は「伊吹山から吹く風が気持ちよく、風鈴の音がきれいで本当に癒やされた」と話した。 入場料は大人800円、小学生500円、幼児300円、3歳以下無料。併設のレストランで食事をすると割引がある。

★新潟 真夏日海開き 家族連れなどが海水浴楽しむ!。25日、真夏日となった新潟市中央区では海開きが行われ、早速家族連れなどが海水浴を楽しんでいました。新潟地方気象台によりますと、25日の新潟市中央区は最高気温が30.1度の真夏日となりました。区内の「関屋浜海水浴場」では25日、新潟県内では今シーズン、最も早い海開きが行われました。太陽が照りつけるなか、早速、家族連れなどが海水浴を楽しんでいました。家族と一緒に訪れた7歳の女の子は「水が冷たくて気持ちよかった」と話していました。「関屋浜海水浴場組合」の鈴木博之組合長は、「新型コロナウイルスの影響が続いていますが、海岸で夏を楽しんでもらいたいと張り切って準備してきました。けがや事故がないよう安全第一で、海を目いっぱい楽しみ、夏の思い出をたくさん作ってもらいたい」と話していました。

★特定外来カミキリ急増 県が注意報!。和歌山県北部で急増しているクビアカツヤカミキリ(県林業試験場提供) 和歌山県北部で急増しているクビアカツヤカミキリ(県林業試験場提供) スモモやモモ、梅などの木に被害を及ぼす特定外来生物のクビアカツヤカミキリが和歌山県北部で急増しており、県農作物病害虫防除所は24日、早期発見や対策を呼びかける注意報を発表した。発表によると、4月末現在に確認している被害は、かつらぎ町橋本市九度山町紀の川市岩出市和歌山市の4市2町でスモモ、モモ、梅の計158園地、533本。被害は前年と比べて園地数が3倍、本数が2.1倍に増えた。成虫は体がツヤツヤした黒色で、胸部が赤色。幼虫はふんと木くずが混じったフラスを排出する。成虫の発生盛期は6月中下旬から8月上旬で、羽化した成虫は多数の卵を産み続けるため、この時期の防除を徹底する必要があるという。県農作物病害虫防除所は「早く見つけ、早く対処することが大事。見つけたらすぐに捕殺し、最寄りの県振興局や役場、JAに連絡してほしい」と呼びかけている。

★ガス会社がウナギ養殖に挑戦 「生育不良」稚魚を独自技術で育成!。屋内でウナギを養殖する武州瓦斯水産研究所の水槽=武州ガス提供 埼玉県西部などで都市ガスを供給する武州ガス(本社・川越市)がウナギの陸上養殖に挑戦する。ウナギの養殖プラントで実績のあるサイエンス(本社・さいたま市)と提携し、これまでに東松山市に養殖施設を建設し、来年度の出荷を目指す。同社によると、県内で他にウナギ養殖を手掛ける業者はおらず、県内唯一の養殖となる。同社は、サイエンスが開発した屋内の水槽で水をろ過、循環させてウナギを飼育する「閉鎖循環型陸上養殖方式」を導入。東松山市内に年間6万5000匹を養殖できる水槽を備えた「武州瓦斯水産研究所」を建設した。地下水を循環させて排水を極力減らし、太陽光発電を使うなどして環境負荷の低減に努めて運営するという。飼育するのは、漁獲量の減少が心配されている稚魚の「シラスウナギ」ではなく、シラスウナギの成育途中で1割ほど出る生育不良の「クロコ」。水温管理などサイエンスの持つ独自の飼育技術で成魚に育てるため、ウナギ資源の有効活用ができるという。武州ガスは「県内には浦和や川越などウナギ料理の有名所はあるが、養殖業者はおらず、ウナギの地産地消を目指したい」と話している。
※6/25 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶42,916,270人・ 死者 6百327,835人!。★多い国①アメリカ感染者86,909千人死者1,015千人②インド感染者43,378千人死者524千人③ブラジル感染者32,023千人死者670千人④フランス感染29,658千人者146千人⑤ドイツ感染者27,771千人死者140千人⑥英国1染者22,592千人死者179千人。⑦韓国感染者18,319千人死者24千人。

EU首脳会議 域内各国のガス需要抑制へ共通の計画 来月策定へ!。EUヨーロッパ連合はロシアからの天然ガスの供給が滞っていることへの対策として、域内各国でガスの需要を抑えるための共通の計画作りを進めて来月、加盟国に示す考えを明らかにしました。EUは24日までの2日間ベルギーのブリュッセルで首脳会議を開き、エネルギーの確保や価格高騰への対応などについて意見を交わしました。会議のあとの記者会見で、フォンデアライエン委員長は、ロシアからの天然ガスの供給がすでに12の加盟国で止まったり減ったりしていると明らかにしました。そして、「供給がさらに滞っても対応できるよう、緊急事態に備えた各国の計画を見直した。又産業界や加盟国とともに、需要を抑えるための域内共通の緊急的な計画の作成も進めている」と述べ、共通の計画作りを進めて来月、加盟国に示す考えを明らかにしました。ヨーロッパでは、暖房需要が増える冬場に向けてガスの貯蔵を進めていますが、ロシアからの供給が減る中で貯蔵が十分にできなくなる懸念が強まっています。ドイツが緊急事態に備える警戒レベルを1段階引き上げると宣言して国民や企業に節約への協力を呼びかけるなど、各国は対応を迫られています。

★G7を前に議長国のドイツで食料危機をテーマに国際会議!。世界的に懸念が高まる食料危機をテーマにした国際会議が、G7=主要7か国の議長国ドイツで開かれ、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻によって世界中で食べるものに困る人たちが増えているとして、解決に向けて連携していくことを確認しました。食料危機への対応は、26日から始まるG7サミット=主要7か国首脳会議の主な議題となる見通しです。議長国ドイツのベアボック外相は24日、記者会見を開き、ロシアが食料価格の高騰の原因は欧米などの制裁だと主張していることについて、「まったく根拠がない」と批判したうえで、「子どもに何を食べさせようか毎日悩んでいる親たちのため、誰が解決策を示せるか知りたい」と述べ、各国に協力を呼びかけました。会議には、G7の各国とウクライナのほか、アフリカ、アジアからの閣僚や国連機関の代表などもオンラインも含め参加しました。この中で、ウクライナの代表は、ロシアが穀物の倉庫などをミサイルで攻撃していると非難したうえで、隣国のポーランドルーマニアなどを経由して穀物を運び出すためのインフラの整備の必要性を訴えました。又、ユニセフ=国連児童基金の代表も、「戦争は食料をめぐる深刻な状況をさらに悪化させている。影響を受けるのは子どもだ」と述べ、一層の取り組みを訴えるなど、参加者は解決に向けて連携していくことを確認しました。

IMF 米の経済成長率 4月に示した予想より低い2.9%へ下方修正!。IMF国際通貨基金は、アメリカのことしの経済成長率の見通しをこれまでの予想より0.8ポイント低い2.9%へと下方修正しました。中央銀行が進めるインフレ抑制に向けた金融引き締めの加速で、経済活動が鈍るためだとしています。IMFは24日、アメリカ経済の最新の見通しを公表し、ことしの成長率を2.9%と、4月に示した予想よりも0.8ポイント下方修正しました。エネルギー価格の高騰などによる影響に加え、中央銀行にあたるFRB連邦準備制度理事会が、インフレの抑え込みに向けて大幅な利上げなど金融引き締めを加速させていることで、個人消費や企業活動の需要が鈍るためだとしています。IMFのゲオルギエワ専務理事は記者会見で、アメリカの景気後退の可能性について、「回避できる道は狭まっている。さらなるショックがあれば、状況は厳しくなる」と述べ、先行きへの警戒感を示しました。アメリカ経済は、金融引き締めが不十分だとインフレが抑制できない反面、引き締めが過剰だと景気を冷やしすぎるリスクも抱えていて、どうバランスをとるか難しい局面を迎えています。

★中国 習近平国家主席 途上国支援の基金を新たに10億ドル増資!。中国の習近平国家主席は、BRICS・新興5か国に、ほかの新興国を加えた拡大会合で演説し、途上国支援のための基金を新たに10億ドル増資することを明らかにしました。ウクライナ情勢を受けて欧米などが首脳会議を開くのを前に、連携をアピールするねらいがあるとみられます。中国やロシア、インドなど新興5か国でつくるBRICSの拡大会合は、中国が主催して24日、オンラインで開かれ、中国メディアによりますとインドネシアやイラン、エジプトなど新興国や途上国13か国の首脳なども出席しました。中国外務省によりますと、習近平国家主席は演説でウクライナ情勢をめぐってロシアへの制裁を強める欧米などを念頭に、「一部の国が極端な制裁を行い、人為的に分裂と対立を作り出している」と批判しました。そのうえで習主席は、「南北格差が拡大し続ける中、新興国や途上国の団結の意思は一層強くなっている」と強調し、途上国どうしの協力を促すため中国が主導する30億ドル規模の基金に新たに10億ドルを増資すると明らかにしました。又習主席は、世界有数の穀物地帯ウクライナからの輸出が滞って世界的な食料危機への懸念が高まっていることを念頭に、各国と協力して穀物などの生産能力を高めることなども訴えました。中国としては、G7など一連の首脳会議で中国への対応も話し合われるのを前に、途上国との連携をアピールするねらいがあるとみられます。

       

★巨大ニシキヘビを捕獲、フロリダ州史上最大 米!。フロリダ州で過去最大となるニシキヘビが捕獲され 米フロリダ州の湿地エバーグレーズでこのほど、生物学者のチームが記録に残る中で最大のニシキヘビを捕獲した。地元環境保護団体が明らかにした。巨大ニシキヘビを捕獲、州史上最大 米フロリダ州同団体によると、捕獲されたヘビは体長約5.5メートル、体重約98キロのメスで、122個の卵を体に宿していた。研究チームは無線送信機を装着したオスの「偵察」ヘビの助けを借りて、記録的な大きさのこのビルマニシキヘビを発見したという。フロリダ州ではビルマニシキヘビは侵略的外来種に当たり、ウサギやオポッサム、オジロジカを含む在来種の哺乳類を捕食する。環境保護団体の関係者は会見で、フロリダ州だけで他の国よりも多くの爬虫(はちゅう)類や両生類が生息していると指摘した。

★セクハラ拒んだ女性に激しい集団暴力、中国世論が怒りで沸騰…警察への批判も噴出!。飲食店内で女性客に殴りかかる男をとらえた映像(10日、中国・河北省唐山市で)=ロイター© 読売新聞 飲食店内で女性客に殴りかかる男をとらえた映像(10日、中国河北省唐山市の飲食店で今月、女性客が男たちから激しい暴力を受けて負傷する事件があり、中国世論が沸騰している。地元警察の対応への批判が高まったことを受け、「社会の安定」を重視する習近平(シージンピン)政権は24日、犯罪グループの摘発に手抜かりがあれば厳しく責任を問う方針を示した。中国メディアなどによると10日、団体で食事中だった30歳代の女性客が男の客に声をかけられ、背中を触られた。女性が拒むと男は殴りかかり、男の仲間も暴力に加わった。頭部などを負傷した女性2人は一時、集中治療室に入った。暴行の動画が拡散すると「公共の場でセクハラを拒めば暴力の被害者となるのか」と衝撃が広がった。警察は地元の男女9人を逮捕したが、現場到着が遅かったとの批判が噴出。犯罪グループの横暴を訴えても地元警察が対応してこなかったとの住民の告発がSNSで相次ぎ、犯罪グループとの癒着を疑う声も出た。これを受け、省の当局は地元警察幹部ら5人を規律違反の疑いで調査。官製メディアは22日、政権が、「住民の素質と文明度が高い」と判断された都市に贈られる「全国文明都市」の資格を唐山市から剥奪したと伝えた。市当局への懲罰とみられる。

 ★ロシアの飛び地カリーニングラード「違法な封鎖だ」…リトアニアに「痛み感じる方法で報復」!。リトアニア南西部のロシアとの国境付近で、カリーニングラードに向かう貨物列車(22日)=AP© 読売新聞 リトアニア南西部のロシアとの国境付近で、カリーニングラードに向かう貨物列車(22日)バルト海に面するロシアの飛び地、カリーニングラード周辺で緊張が高まっている。リトアニアが自国を経由する対露制裁の対象物資の鉄道輸送を止めた問題を巡り、ロシアが猛反発しているためだ。対立が欧州全体に広がる可能性もある。リトアニアのイングリダ・シモニテ首相は22日、ロシアに反論する動画をツイッターに投稿した。制裁発動後もロシアの鉄道利用者はカリーニングラードまでリトアニア経由で自由に往来でき、ロシアの貨物の約1%しか影響を受けていないと説明。「カリーニングラード封鎖に関するあらゆる話がウソだ」と強調した。発端となった制裁は欧州連合(EU)が3月に決定した。露産の鉄鋼や金属製品などの域内通過を禁じるもので、6月17日に発動された。ロシア側は「違法な封鎖だ」と反発し、リトアニア国民が痛みを感じる方法で報復すると警告している。旧ソ連構成国のリトアニアはEU内の対露強硬派で、ウクライナを積極支援しているほか、露産天然ガスの禁輸などより厳しい制裁の導入を求めている。EUは、ロシアがリトアニアに圧力をかける目的で事実を歪曲(わいきょく)化し、意図的に対立をあおっているとみて警戒する。ロイター通信によると、リトアニアのギタナス・ナウセーダ大統領は、ロシアが送電網を遮断する可能性に言及した。カリーニングラード周辺では、不穏な動きが相次いでいる。今月中旬、デンマーク領海にロシアの軍艦が2度侵入し、エストニアの領空をロシアのヘリが侵犯した。カリーニングラードロシア海軍のバルト艦隊の拠点で、ロシアが戦略的に重視する。28日にスペインで開幕する北大西洋条約機構NATO)首脳会議では、バルト3国などの部隊増強が議論になる見通しで、ロシアによる一連の行動はNATO側をけん制する思惑もありそうだ。

★ロシア セベロドネツク掌握の見通しも一進一退の攻防続くか!。ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアは東部で攻勢を強めていて、ウクライナ側が拠点としている東部ルハンシク州のセベロドネツクを掌握する見通しが強まっています。これに対して、ウクライナ側は欧米から供与された兵器で攻勢に転じる構えで、戦闘の終結に向けた道筋は見えていません。ロシアがウクライナへの軍事侵攻を始めてから24日で4か月がたち、ロシア軍は、東部2州のうちルハンシク州の完全掌握を目指してウクライナ側が拠点とするセベロドネツクへの攻撃を続けています。ルハンシク州のハイダイ知事は24日、地元メディアに対して「残念ながら、ウクライナ軍はセベロドネツクから撤退せざるをえない」と述べ、防衛にあたってきた部隊が別の拠点に移動することを明らかにしました。アメリカのシンクタンク「戦争研究所」は23日、ルハンシク州のセベロドネツクなどをめぐる攻防でロシア軍の優位を認めつつも「ウクライナ軍はロシア軍の侵攻を遅らせ、部隊に打撃を与えるという基本的な目標を達成している」と分析しています。そのうえで「ロシア軍の攻撃は今後数週間停滞し、ウクライナ軍に反撃の機会を与える可能性が高い。セベロドネツクを失うことはウクライナにとって損失だが、この戦いはロシアの決定的な勝利にはならないだろう」と指摘し、今後も一進一退の攻防が続くという見通しを示しました。こうした中、ウクライナのレズニコフ国防相は23日、射程が長く、精密な攻撃が可能な高機動ロケット砲システム=ハイマースがアメリカから届いたことを明らかにし、欧米の軍事支援を弾みに攻勢に転じる構えを示しました。ロシア外相 “EUNATO ロシアと戦争するため連合を結成” こうした動きに対し、ロシアのラブロフ外相は24日「EUNATOがロシアと戦争を行うために現代の連合を結成している。われわれは非常に注意深く見ていく」と述べて欧米を強くけん制しています。ウクライナ非常事態庁 地雷除去に少なくとも10年 一方、ウクライナの非常事態庁の報道官は24日、ウクライナ国内のすべての地雷を除去するのに、少なくとも10年はかかるという見通しを明らかにしました。そのうえで「戦闘が続いている地域の状況がわからないため、あくまでも楽観的な推定だ」と述べ、さらに時間がかかる可能性も示唆していて、戦闘の終結に向けた道筋が見えないなか、今後の影響も懸念されます。ロシア大統領「食料危機は欧米の責任」 ロシアのプーチン大統領は24日、BRICS・新興5か国に加え、アジアや中東、アフリカなどの首脳も参加する拡大会合にオンラインで参加し、演説を行いました。この中でプーチン大統領は、各国で食料やエネルギーなどの価格が急激に高騰していることについて、「ロシアやベラルーシの肥料の供給を制限したり、ロシアの穀物の世界市場への輸出を困難にしたりしている」と述べ、アジアやアフリカなどの発展に深刻な影響を及ぼしていると批判しました。そのうえで、ロシアがウクライナ南部の港を封鎖して穀物が輸出できないと各国から批判を受けていることについて、「ウクライナ軍が港の機雷を除去すれば穀物を積んだ船舶の自由な航行を保障する用意がある。ウクライナ側からの建設的な姿勢が足りない」と主張しました。プーチン大統領は、世界的な食料などの価格高騰について、「これはロシアによる特別軍事作戦の結果ではない。G7=主要7か国による無責任なマクロ経済政策の結果だ」とも強調し、あくまで責任は欧米側にあると主張しました。

大谷翔平 4試合連続ヒット 1安打1打点 指名打者でフル出場!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がマリナーズ戦に指名打者でフル出場し、ヒット1本を打って1打点をあげました。大谷選手はここ2試合でバッターとしては大リーグの日本選手で最多となる1試合8打点をマークし、ピッチャーとしては大リーグで自己最多の13個の三振を奪って6勝目をあげるなど投打で活躍をみせています。24日は本拠のエンジェルスタジアムで行われたマリナーズ戦に3番・指名打者で先発出場し、1回の第1打席はストレートのフォアボールでした。4回の第2打席は150キロを超える速球を痛烈な当たりでライト前に運び、4試合連続のヒットをマークしました。第3席は2点を追う6回ノーアウト三塁のチャンスで、初球の変化球を引っ張ってファーストゴロとなり、三塁ランナーがかえって1点差に詰め寄りました。8回の第4打席は1アウト一塁でホームランが出れば逆転という場面でしたが、160キロの速球を空振りして三球三振で、この試合は3打数1安打1打点、フォアボール1つでした。打率は2割6分1厘に上がりました。ンジェルスは主砲のトラウト選手が2打点、大谷選手が1打点をあげましたが、3つのダブルプレーが響いてあと1点届かず3対4で敗れました。

★“子猫”を保護した夫婦が仰天! 獰猛な野生動物と判明し米メディア注目!。しかし、子猫を保護したと思っていたのに、施設で“似て非なる”と言われたら……。米国ではそんなまさかの展開に見舞われた夫婦に大きな注目が集まった。米紙「シャーロット・オブザーバー」が、今回の“珍事件”の経緯や同様のケースに直面した場合に求められる対応などを報じた。子猫だと思っていたら実は“ボブキャット” 「明らかに子猫ではない」と施設担当者同紙によると、今回の当事者となったのはテネシー州で暮らすある夫婦。2人は現地時間6月17日の午前、自宅の裏口にやってきた“子猫”を保護し、同州マウント・ジュリエットにある動物保護施設「トゥルー・レスキュー」へと緊急搬送した。この時、夫婦は“子猫”を保護したものと思い込んでいたが、施設で衝撃の事実が伝えられることに。何と保護したのは、“ボブキャット”だったのだ。ボブキャットとは、ネコ科オオヤマネコ属に属する中型獣。カナダ南部からメキシコ辺りにかけて広く生息している。オオヤマネコの中では比較的小さな体つきだが、それでも体長は55~100センチ程度になる。オスで大きいものだと、体重は30キロを超えるものもいるといわれている。同紙は、施設の創設者で最高責任者を務めるエイミー・シムシックさんが、急に運び込まれたその中型獣について語った、報道番組「マクラチ・ニュース」のインタビューを紹介。記事によると、シムシックさんは夫妻が運び込んだ動物を一目見て「明らかに普通の子猫ではないと分かった」そうだ。「頭や足など、体がとても大きく、野生でじゃ香のような香りがした」とその根拠を語っている。さらに、シムシックさんは被毛や鳴き声についても一般的な子猫とは違う特徴が見られたと判断したという。また、今回のように野生生物の保護に直面した場合の最適な対応についても言及しており、「自分たちで保護しようとすることが動物を危険な状態にさらす」ため、「ほとんどのケースにおいて、そのままの状態にしておくことが求められる」と指摘している。「トゥルー・レスキュー」は公式フェイスブックで、今回保護されたボブキャットの“その後”も紹介。投稿によると、夫妻が保護したボブキャットは現在、「パール」と名付けられテネシー州チャタヌーガにある野生生物のリハビリテーション施設「フォーフォックス・セイク・ワイルドライフ・レスキュー」で暮らしているそうだ。

ボルダリングW杯 女子は野中生萌が3位 年間ランキングは2位に!。スポーツクライミングボルダリングのワールドカップは24日、今シーズンの最終戦オーストリアで行われ、女子は東京オリンピック銀メダリストの野中生萌選手が3位に入りました。その結果、今シーズンのワールドカップ6戦のうち3戦で表彰台に上がった野中選手が年間ランキングで2位となりました。スポーツクライミングボルダリングは「課題」と呼ばれるコースを制限時間内にいくつ登ったかを競う種目です。オーストリアインスブルックで行われたワールドカップの今シーズン最終戦は24日、6人で争う女子の決勝が行われ、日本勢は3人が出場しました。今シーズンここまで2回表彰台に上がっている野中選手は、最初の課題を1回で登り切りましたが、2つ目と3つ目の課題は最後まで登り切ることができませんでした。それでも最後の4つ目の課題を登り切って3位に入り、2大会ぶりに表彰台に上がりました。このほかの日本勢は、伊藤ふたば選手が1つの課題を登り切って4位、菊地咲希選手は4つの課題すべてで最後まで登り切ることができず6位でした。優勝は、すべての課題を最後まで登り切ったアメリカのナタリア・グロスマン選手でした。ボルダリングのワールドカップは、女子も今シーズンすべての試合が終わり、6戦中3戦で表彰台に上がった野中選手が年間ランキングで2位に入りました。年間総合優勝は、アメリカのグロスマン選手で、開幕戦を除く5戦で優勝を果たす圧倒的な強さを見せました。野中「徐々に自分の登りの感覚取り戻した」スポーツクライミングボルダリングのワールドカップの最終戦で3位に入った野中生萌選手は、「3つ目の課題までは思ったような展開ではなかったので少し悔しかったが、最終課題でまだチャンスがあると分かっていたので、そこで決めきることができてよかった」と話していました。又、年間ランキング2位で終えた今シーズンについては、「シーズンの初めは絶望的で、今シーズンどうなるんだろうとすごく不安だったが、徐々に自分の登りの感覚を取り戻していった。最後に年間ランキングの表彰台に乗ることができて本当にうれしい」と笑顔で振り返りました。25日からは、壁を登った高さを競うリードの今シーズンのワールドカップが始まりますが、野中選手は出場しないということで、「日本に帰って、2種目の複合のトレーニングをしっかりしていこうと考えている」と話し、ボルダリングとリードの2種目で争う「複合」が実施される2年後のパリオリンピックを見据えていました。

★国内感染者 7人死亡(累計3万1,128)・1万6,693人感染(累計924万3,407人)!。東京都で2人、京都府で1人、宮崎県で1人、愛媛県で1人、熊本県で1人、青森県で1人の合わせて7人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め924万2695人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて924万3407人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万1115人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万1128人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は25日の新たな感染者数です。▽東京都は158万5463人(2160)▽大阪府は100万5853人(1572)▽神奈川県は77万4979人(1111)▽埼玉県は56万5811人(648)▽愛知県は56万5453人(881)▽千葉県は46万1102人(555)▽福岡県は44万4303人(823)▽兵庫県は44万656人(676)▽北海道は37万9114人(585)▽沖縄県は24万6508人(1499)▽京都府は21万788人(339)▽静岡県は17万7895人(280)▽広島県は16万7299人(332)▽茨城県は16万4154人(236)▽熊本県は10万7936人(560)▽岐阜県は10万6575人(238)▽岡山県は10万3801人(142)▽群馬県は9万7762人(101)▽滋賀県は9万4679人(170)▽奈良県は9万4097人(108)▽栃木県は9万3632人(83)▽宮城県は9万3046人(215)▽鹿児島県は9万1862人(372)▽三重県は8万6275人(178)▽長野県は7万7181人(143)▽新潟県は7万5251人(129)▽福島県は6万6354人(77)▽長崎県は6万4517人(185)▽青森県は6万2792人(272)▽石川県は5万9588人(97)▽宮崎県は5万7476人(227)▽大分県は5万7283人(113)▽佐賀県は5万5866人(206)▽香川県は5万450人(69)▽山口県は4万8436人(146)▽和歌山県は4万3996人(85)▽愛媛県は4万3473人(184)▽富山県は3万9738人(79)▽福井県は3万8500人(125)▽岩手県は3万7713人(74)▽山梨県は3万4270人(77)▽秋田県は3万1946人(34)▽山形県は3万162人(64)▽高知県は3万95人(127)▽徳島県は2万4177人(72)▽島根県は1万8335人(164)▽鳥取県は1万6167人(63)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は19713人(17)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、24日時点で36人(±0)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、24日時点で、▽国内で感染が確認された人が905万1825人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて905万2484人となっています。又、23日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で4万9353件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★全国で気温上昇 39度予想も 危険な暑さ 熱中症に厳重な警戒を!。25日全国的に気温が上がり、関東などでは午前中から猛暑日となっていて、熊谷市では最高気温が39度と危険な暑さが予想されています。こまめに水分補給したり我慢せず冷房を適切に使用したりするなど熱中症に厳重に警戒してください。一方、九州では非常に激しい雨が降っていて、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。気象庁によりますと、25日も東日本や北日本を中心に晴れて午前中から気温がぐんぐん上昇しています。午前11時までの最高気温は▽群馬県高崎市で36.7度、▽東京・八王子市や山梨県大月市で36度ちょうど▽三重県尾鷲市で35.5度など関東を中心に各地で猛暑日となっているほか、▽東京の都心で34.1度などと広い範囲で厳しい暑さとなっています。このあとさらに気温が上がり、日中の最高気温は▽熊谷市で39度、▽さいたま市前橋市で38度と危険な暑さが予想されています。又▽宇都宮市で37度、▽福島市長野市富山市などで36度、▽東京の都心や京都市で35度と猛暑日が予想されているほか▽名古屋市岡山市で34度、▽大阪市仙台市で33度などと予想されていて、広い範囲で真夏日になる見込みです。熱中症の危険性が極めて高くなるとして、気象庁環境省は関東から沖縄にかけての合わせて6つの県に「熱中症警戒アラート」を発表しています。熱中症に厳重に警戒し、対策をとってください。来週にかけてもところによって35度以上の猛暑日が予想されるなど、厳しい暑さがしばらくの間、続く見込みです。この時期はまだ暑さに慣れていないため、▽こまめに水分を補給したり▽我慢せず冷房を適切に使用したりするほか▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなどして熱中症に警戒してください。一方、九州地方を中心に暖かく湿った空気が流れ込み、雨雲が発達しています。午前11時までの1時間には▽熊本県が小国町に設置した雨量計で60ミリの非常に激しい雨を観測したほか、▽佐賀県鳥栖市で38ミリ、▽熊本県南小国町で35ミリの激しい雨が降りました。気温の上昇に伴い北日本から西日本では山沿いを中心に大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達し、特に九州では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも注意するよう呼びかけています。暑さに慣れていない時期 熱中症要警戒 熱中症のメカニズムに詳しい帝京大学医学部附属病院高度救命救急センターの三宅康史センター長によりますと、人間の体は、体温が上がると▽皮膚血管を広げて血流量を増やし、体の表面から熱を逃がすほか▽汗による気化熱で体温を下げますしかし、こうした能力は1年中同じわけではなく、2週間ほどかけて徐々に暑さに慣れることで高まっていくということです。これを「暑熱順化」といいます。特に、急に気温が上がる時期は、「暑熱順化」がまだできていないため▽熱が逃げにくく、▽汗がうまくかけずに熱中症になるリスクが高くなるといいます。三宅センター長によりますと▽急に暑くなった日やその翌日は外で働く人やスポーツをする子どもたちは運動で体に熱が生じるため熱中症になりやすく、▽それ以降も暑い日が続くと夜も気温が高くなりはじめ、外出する機会の少ないお年寄りや持病がある人の発症が目立ち始めるということです。「高齢者」にはしつこいくらい「声かけ」を 高齢になると暑さを感じにくくなり、基礎代謝も落ちるため、若い人より寒がりになります。体感に頼ると、「まだ暑くない」と対策が遅れます。基準を設け、家族や周囲の人が電話など直接声をかけてエアコンの使用を確認してください。又、水分補給は食事の時だけでなく、時間を決めて行うことも大切です。三宅康史センター長は「家族や周囲の人が電話する時は『室温は何度?』と確認し、『28度に下がるまでエアコンを入れ続けて』などと具体的に伝えてください。そして『2時間後にまた電話するね』と継続して確認する意思を伝えることも大切です。しつこいようですが、繰り返し確認することで、エアコンを付けることが習慣になるのが望ましいです」と指摘しています。子どもの体調変化に注意をまた、子どもは体温調節の機能がまだ発達しておらず、体に熱がこもりやすくなっています。体の異変をうまく伝えられないため、大人が体調の変化に気を配り、水分の補給などを心がける必要があります。屋外でも会話少なければマスク外すことしはコロナ禍での3度目の夏となります。屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すことも大切です。

★オートキャンプ場近くでクマを目撃 警察と猟友会がパトロール 富山市山田地域!。25日午前9時20分すぎ、富山市山田若土地内の「牛岳パノラマオートキャンプ場きらら」付近で、成獣のクマ1頭が目撃されたと地元の住民から猟友会を通じて富山市役所に通報がありました。市の職員などが現地を調査したところ、クマが通った形跡を確認しました。警察や猟友会が付近のパトロールを行うとともに防災無線などで注意を呼びかけています。

★ヤクルト・村上宗隆が2日連続で2打席連続アーチ! 25号&66打点はともにリーグ独走!。七回裏、ヤクルトの村上宗隆が2ラン本塁打神宮球場 七回裏、ヤクルトの村上宗隆が2ラン本塁打神宮球場セ・リーグ、ヤクルト―巨人、10回戦、24日、神宮)ヤクルト・村上宗隆内野手(22)が13―3の七回1死二塁で左中間へ、2打席連となる25号2ランを放った。若き主砲の勢いは止まらない。戸田の真ん中低め119キロのカーブを完璧に捉えた。8―2の六回には桜井の内角高め144キロの直球を捉えて2ラン。23日の中日戦(バンテリンドーム)に続いて2日連続で2打席連続アーチをかけた。これでリーグトップを独走する25本塁打、66打点とした。

   

★警戒心強いアカウミガメ、まさかの「真昼の産卵」…夜まで待てなかった?。保護監視員らに見守られ上陸、産卵したウミガメ(23日、美波町で)徳島県美波町の大浜海岸で23日、日中にアカウミガメが上陸して産卵する珍しい光景が見られた。午後1時30分頃、同海岸を訪れた観光客が、砂浜に上陸したカメの姿を見つけ、近くの「日和佐うみがめ博物館」に連絡した。産卵を終え、海に帰るウミガメ(23日、美波町で)ウミガメは甲長78センチ、甲幅63センチ、推定体重70キロの小型で、波打ち際から約45メートルの適地に上がるとすぐ穴を掘り、同2時頃に産卵を始めた。20分ほどかけ、ピンポン球サイズの卵を次々と産み落とし、砂地を埋め戻すと同2時50分頃、海に帰って行った。ウミガメは警戒心が強く、昼間は沿岸にいて、暗くなってから静かな砂浜で産卵するのが通常。産卵が近づき、夜まで待てなかったとみられるという。4月に東京から移住し、初めて産卵シーンを見た同町の住民(46)は「遠い所からやって来て、暑い中、産卵する姿に感動し涙が出そうになった」と話していた。

★合成メタン生成施設を公開 都市ガスにかわるクリーンエネルギー!。都市ガスに代わるクリーンエネルギーとして期待されている合成メタンを生成する施設を、東京ガスが公開した。東京ガスは24日、水素と二酸化炭素を合成してメタンを生成する「メタネーション」と呼ばれる技術の実証施設を公開した。合成メタンは、燃焼時に二酸化炭素が出るが、製造時に二酸化炭素を使っているため、実質的に温暖化ガス排出ゼロとみなされている。又、都市ガスの成分とほぼ同じであるため、現在使われているガス管やガスコンロをそのまま利用できるメリットがある一方で、製造コストが高く、大量生産に向けた課題は残されている。東京ガスは2030年までに、都市ガス販売量の1%を合成メタンに置き換えることを目指している。

★澄んだ用水路に乾電池1500本以上を不法投棄…水質汚染の懸念も!。表面が薄汚れたペットボトル。中をよく見ると、詰まっているのは乾電池です。こうした乾電池入りのペットボトルが、ある場所で不法投棄され続けているといいます。川に捨てられていた乾電池入りのペットボトル。びっしり詰まっている。澄んだ水に…乾電池入りペットボトル16本不法投棄 その場所とは、京都府福知山市。不法投棄されていたのは、住宅街にある、澄んだ水が流れる用水路です。川にはアメンボの姿もみられ、住民は、ホタルも生息している場所だと話します。福知山市土師宮町の自治会長・吉見道徳さんは、「早くやめてほしいですね。悪いことをしているというのを感じてもらいたい」と怒りを露わにします。福知山市土師宮町・吉見道徳 自治会長:5月5日の朝にこの付近で、乾電池をばらで約60本拾った。下流の神社の橋のところでペットボトルに入った電池を引き上げた。それが最初です。それ以来、見つかったペットボトルは、6月20日までで16本。拾ったというペットボトルの写真を見せてもらうと、2リットルのペットボトルに乾電池がびっしり詰まっています。乾電池の数の合計は…福知山市土師宮町・吉見道徳 自治会長:ペットボトル1本につき(乾電池が)約100本入ってますので、1500本以上。何に使ったんでしょうね 捨てられていた乾電池はこれまでに1500本を超えるといいます。付近に防犯カメラはなく、目撃者もゼロ。電解液は人体に有害なアルカリ性物質…液漏れで水質汚染の懸念 自治会長の吉見さんは、「環境汚染が一番心配」だと心境を吐露します。用水路の水は、近隣の農業用水にも使われていて、水質汚染が懸念されているのです。そのリスクを、乾電池のメーカーに聞くと…乾電池のメーカー:時間が経過することによって、スチール缶が錆びることにより、乾電池の内部の電解液というものが出てしまいます。電解液は人体に有害なアルカリ性物質です、錆びた乾電池から液漏れが起これば、水質汚染の可能性もあり得るといいます。実際、6月20日自治会長が見つけたという乾電池を見せてもらうと…福知山市土師宮町・吉見道徳 自治会長:こういうふうに腐食するんだよね。単三電池には茶色い錆がこびりつき、表面が剥がれているように見えるものもあります。2020年 市が「事業者」が出す乾電池の受け入れ停止…有料に 一体、誰が不法投棄を続けているのでしょうか。福知山市では、「家庭」から出る乾電池に関しては、不燃物回収の日に、ゴミのステーションに出すことができます。一方で「事業者」に関しては、ごみの処理費用削減のため、20年4月以降、市が受け入れを停止。現在、市内の処理業者2社が有料で回収・処理しています。処理費用について業者に聞いてみると…株式会社スリーエス・丸岡陽太 社長:電池も蛍光灯も1kgあたり450円という単価設定をしています。投棄されていたペットボトルと同じ状態のものを再現し、重さを量ると、1本約2kg。これまでに見つかった16本分を適切に処理する場合、費用は、単純計算で1万4400円にのぼります。株式会社スリーエス・丸岡陽太 社長:なかなか処理費用が捻出できないということで、いろんな形で不法投棄につながるということはあるかもしれません警察は廃棄物処理法違反の疑いで捜査している。★そこで寝る?気持ち良い休憩のはずが…タヌキ“落下”!。気持ち良さそうに休憩をする兄弟のタヌキ。2頭ともまだ0歳だそうです。 気になるのは、寝ている場所。嫌な予感しかしませんが…。どうやら寝起きの伸びが原因です。落ちた後も、何が起こったのか分かっていません。

★夜中に起こされて…母さんの部屋で見た絶望!。女性は子どもを産んだら、仕事を辞めて子育てに専念するのが当たり前?働く女性が少なかった時代「ワーキングマザー」として生きた鈴。彼女の生き方は、育児と仕事の両立に悩む私たちの心を励ましてくれます。保育園全滅で職場復帰を断念した女性が、祖母の生き様に触れて、自分の生き方を見つめ直していくストーリー。夜中に起こされて…母さんの部屋で見た絶望 幸の具合が良くなった。そう信じていた鈴が、母さんの部屋で見た光景…。兄姉の涙と幸を抱く母の姿に鈴は言葉を失うのでした。