6/16 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶37,332,766人・ 死者 6百314,365人!。★国内感染者 20人死亡 (累計3万99,8人)・1万5,515人感染(累計911万940人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦の”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日17(金)30℃18℃曇/晴 明日18(土)28℃21℃晴/曇 明後日19(日)27℃20℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

★約60品種10万本のユリ!『早咲き・中咲き・遅咲き』揃う 今は“早咲き”が見頃!。丹波篠山市では10万本のユリの花が見ごろを迎えています。ピンクや白、黄色など色とりどりのユリの花が一面に咲き乱れています。丹波篠山市の「篠山玉水ゆり園」では、『早咲き』『中咲き』『遅咲き』と開花時期の異なるユリ約60品種10万本が植えられています。現在は早咲きのユリが見ごろで、今年は寒い日が多かったことから例年より開花は4日程遅れたということです。(ユリの花を見に来た人)「すごくきれいです。こんなにユリを見たことがなかったので。いろんな種類があるので」「すごくきれいに咲いています。もうびっしり咲いていて感動しています。私は黄色とオレンジが好きです」これから中咲きや遅咲きのユリが咲き始め、7月上旬ごろまで楽しめるということです。

 

★これぞ「黄色い声」 野鳥のキセキレイ 甲高いさえずり響かせ/丹波篠山市!。

電線にとまり、甲高いさえずりを響かせるキセキレイ。まさに「黄色い声」?。丹波篠山市内で 丹波篠山市内の電線にとまり、甲高い声で「ピピピピピ、ピイピイピイピイ」とさえずりを響かせていたのは野鳥の「キセキレイ」だ。全長20センチほどで九州以北に分布。最大の特徴は腹部の黄色で、繁殖期の証しのさえずりを響かせる夏季はより鮮やかになる。「黄色い声」と言えば、アイドルなどに向かって発せられる甲高い「キャー」という歓声の意味があるが、語源をたどると古代中国の陰陽五行説を基に、僧侶が経を上げる際の音の高さを色で表現し、最も高い音を「黄色」と表現したためという説がある。キセキレイが黄色い体を震わせて放つ甲高いさえずりは、これぞ「黄色い声」。と思いついてみたものの、無理があるか。

 ★【石川県】橋立に超大物マグロ 200キロ超級、2本水揚げ「この大きさは初」!。水揚げされた200キロ超級の2本のクロマグロ=15日午前7時半、加賀市の橋立漁港 ●定置網に入り「びっくり」漁港沸く 石川県加賀市の橋立漁港に15日朝、橋立沖の定置網に入った体長約2メートル、重さ200キロ超級のクロマグロ2本が水揚げされた。石川県漁協加賀支所の担当者によると、同漁港では少なくとも過去30年で最大クラス。漁業関係者は「こんな大きいマグロを見るのは初めて」と目を丸くし、漁港は夏の訪れを告げる「超大物」の漁獲に活気づいた。同日夕方の競りに掛けられる。加賀支所所属の第八金城丸が橋立漁港から5キロの沖合で水揚げした。船主の窪川敏治さん(41)によると、15日午前6時ごろ、定置網を回収していると黒い大きな魚影が目に入り、サメかと思って引き上げると特大のクロマグロだった。同漁港ではこの時期、60~70キロのクロマグロが水揚げされることはあるが、200キロを超える個体は記憶にないという。窪川さんは「ただただびっくりした。定置網はいろいろな魚が入るので、たまにこういうことがあるとうれしい」と笑顔を見せた。県水産総合センター(能登町)によると、5月に沖縄県付近で産卵したクロマグロは栄養を蓄えるために日本海を北上し、夏場は県内の漁港にも水揚げされる。大型の個体も取れるが、県内で200キロを超えるのは珍しい。県漁協加賀支所の谷保誠一参事(56)は「漁協に勤めて30年になるが、こんな超大物は初めて。しかも2本取れており、競りでどれくらいの値が付くのか楽しみだ」と期待した。●1本100万~150万円 橋立漁港の関係者によると、クロマグロは1キロ4千~5千円程度で取引されており、今回は1本当たり100万~150万円の値が付くとみられるという。

★“少しでも涼しさを”五箇山和紙のうちわ作り最盛期 富山 南砺!。五箇山和紙」の産地として知られる富山県南砺市五箇山地区では、伝統の和紙を使ったうちわ作りが最盛期を迎えています。「五箇山和紙」は、400年余り前から山あいの五箇山地区で作られてきた特産品で、南砺市にある工房「五箇山和紙の里」では、今も職人たちが和紙作りを受け継いでいます。夏を前にしたこの時期はうちわ作りが最盛期を迎えていて、16日も職人が和紙に絵付けを行う「手染め」と呼ばれる作業に追われていました。「手染め」の作業は、和紙を張ったうちわの上にあじさいや金魚などをかたどった型紙を置いて行い、職人が絵筆を丁寧に運びながら夏らしい図柄を描いていました。「五箇山和紙」のうちわ作りは1年を通じて行われていますが、この時期の注文が最も多いということで、夏用のうちわは160枚ほど制作され、富山空港の土産物店のほかインターネットでも販売されるということです。うちわ作りを行う職人の土屋宣子さんは「少しでも涼しさを感じてもらえるような色や形で作りました。手で触ったり、置いて眺めるなど五感をつかって楽しんでほしいです」と話していました。


★食用コオロギの粉末食材で肉まん作り 高校生が調理実習で 徳島!。
食糧問題の解決に貢献しようと、食用のコオロギを使った商品開発に取り組む徳島のベンチャー企業が高校で特別授業を行い、生徒たちがコオロギを粉末にした食材で料理を作って試食しました。徳島大学発のベンチャー企業「グリラス」は、世界で深刻さを増す食糧問題の解決に貢献しようと、食用コオロギなどを使った商品を開発しています。16日は、会社の社員らが徳島県小松島市小松島西高校を特別授業のため訪れ、食物科の生徒たちと一緒に食用コオロギを材料にして調理実習が行われました。実習では肉まんを作ることになり、生徒たちは、生地にコオロギを粉末にしたパウダーを練り込み、イノシシのジビエ肉などを詰めて蒸しました。生徒たちはできあがった『コオロギ肉まん』を試食して感想を話し合い、「香ばしいにおいがいい」などと好評でした。調理実習に参加した生徒は「最初はコオロギと聞いて敬遠していましたが、食べてみるとおいしくてもっと別の料理でも試してみたいと思いました」と話していました。このあと会社の社員が授業で食糧問題について講義し、食糧危機の中でコオロギなどの昆虫食がタンパク質不足を補う食材として期待されていることなどを説明しました。この高校では学校の給食にコオロギを食材にしたメニューをことし中に取り入れるということです。

★長野 「昆虫食」の自販機登場 食糧不足解決の新たんぱく源!。昆虫を食べる文化がある高森町に、世界の食糧不足を解決する新たなたんぱく源として注目を集めている「昆虫食」の自動販売機が登場しました。「昆虫食」の自動販売機が設置されたのは、長野県高森町にあるグランピング施設です。コオロギやバッタに加え、カイコやタガメゲンゴロウなどを素揚げしたり焼いたりした合わせて18種類の商品が、24時間販売されています。塩味のほかチョコレートで味付けされているものもあり、価格は1000円から2600円となっています。この自動販売機は新たなたんぱく源として注目されている昆虫を手軽に食べてもらおうと、インターネットのライブ配信などの活動をしている大澤麻実さんが(34)設置しました。大澤さんは先月、長野県阿智村にも昆虫食の自動販売機を設置し、売り切れになる昆虫もあったということです。大澤さんは「長野県にも昆虫食の文化があるので、自動販売機を通じて広めていきたいです。チョコレートなどの変わった味のものもあるので、子どもや女性にも気軽に楽しんでいただきたい」と話していました。この自動販売機では今後、長野県産のイナゴなども販売される予定です。

★大人気 “10段ソフトクリーム” の職人技 岩手 花巻!。花巻市の食堂で人気の「10段ソフトクリーム」。25センチの高さです。巨大なソフトクリームを美しく巻き上げるには、熟練の技と経験が必要です。喫茶コーナーのリーダー・藤川優樹さんは、10段ソフトを作り続けて15年。6台の製造器を使い分け、鮮やかな手さばきで次々と特大ソフトクリームを作ります。「まっすぐ」仕上げるのが美学という藤川さん。まさにアーティストともいえるこだわりです。10段ソフトクリームが生まれたのは「みんなで分け合って食べられるように」という創業者の思いから。客に愛される味と形を守り続けたい。作り手のこだわりが、子どもからお年寄りまで、みんなを笑顔にしてくれる、伝統の10段ソフトクリームです。

※6/16 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶37,332,766人・ 死者 6百314,365人!。★多い国①アメリカ感染者85,941千人死者1,012千人②インド感染者43,245千人者524千人③ブラジル感染者31,611千人死者668千人④フランス感染29,133千人死者145千人⑤ドイツ感者27,096千人死者・140千人⑥英国感染者22,447千人死者179千人。⑦韓国感染者18,256人死者24千人。

★生後6か月から5歳未満への接種 “利益がリスクを上回る” FDA!。FDAアメリカ食品医薬品局の外部の専門家の委員会は15日、ファイザーとモデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、生後6か月から5歳未満への接種は「利益がリスクを上回る」とする結論をまとめました。FDAが緊急使用の許可を決定すれば、5歳未満が初めてワクチンの接種対象となります。アメリカでは現在、新型コロナウイルスワクチンの対象年齢は、ファイザーの「5歳以上」が最も低い年齢となっています。この対象年齢について、ファイザーは生後6か月から5歳未満に、モデルナも生後6か月から6歳未満に、それぞれ拡大するようFDAに申請していました。FDAは15日、外部の専門家の委員会を開いて検討を行い、この中で2社は、それぞれの臨床試験の結果を示したうえで、「十分な効果が得られ、健康への影響についても新たな懸念は見られなかった」などと説明しました。専門家からは、「子どもの重症化リスクが比較的、低い中、必要性を慎重に検討すべきだ」といった意見も出ました、「接種が可能になる選択肢は必要だ」として、最終的に全会一致で「接種による利益がリスクを上回る」とする結論をまとめ、FDAに対し対象年齢の拡大を推奨しました。ワクチンは、▽ファイザーが大人の10分の1の量を3回、▽モデルナが大人の4分の1の量を2回、それぞれ接種します。今回の結論を受けて、FDAが緊急使用の許可を決定すれば、アメリカでは5歳未満が初めて新型コロナウイルスワクチンの接種対象となります。

★仏独伊3か国首脳がキーウに 結束して支援する姿勢示すねらいか!。ロシア軍がウクライナ東部で攻勢を強める中、フランスとドイツ、イタリアの3か国の首脳はそろってウクライナの首都キーウに入りました。ゼレンスキー大統領と会談する予定で、6月下旬から立て続けに開かれる国際会議を前にEUヨーロッパ連合として結束してウクライナを支援する姿勢を示すねらいがあるとみられます。フランスのマクロン大統領と、ドイツのショルツ首相、イタリアのドラギ首相は16日朝、日本時間の午後ウクライナの首都キーウに列車で入りました。マクロン大統領は到着後、報道陣に対し「ウクライナの国民に対して連帯と支援のメッセージを伝えるために来た」と述べました。3か国の首脳はこの後、ルーマニアのヨハニス大統領とともに、激しい戦闘が行われたキーウ近郊のイルピンを訪れ、被害の具体的な状況について説明を受けました。ウクライナではロシア軍が東部ルハンシク州の完全掌握に向け、ウクライナ側の拠点となっているセベロドネツクを包囲しようと攻撃を続けています。ウクライナ軍のザルジニー総司令官は15日「ロシア軍はルハンシク州の北部に戦力を集中させ、9つの方向から同時に攻撃しようとしている」と述べています。又、地元のハイダイ知事は16日、SNSで、セベロドネツクにはいまもおよそ1万人の市民が残っていると明らかにしていて、市民の避難が喫緊の課題になっています。6月下旬から7月にかけては▽EU首脳会議や▽G7サミット=主要7か国首脳会議、▽さらにNATO北大西洋条約機構の首脳会議など、ウクライナEU加盟や、軍事面、経済面での支援をめぐる国際会議が立て続けに開かれます。これを前にEUを主導する各国の首脳がそろってウクライナを訪問することで、EUとして結束して支援する姿勢を示すねらいがあるとみられます。イルピンでロシア軍に破壊された建物など視察 フランスのマクロン大統領とドイツのショルツ首相、イタリアのドラギ首相は16日、ルーマニアのヨハニス大統領とともにロシア軍の激しい攻撃を受けた首都キーウ近郊のイルピンを視察しました。首脳たちは、多くの報道関係者や警護の兵士に囲まれながら、ロシア軍によって破壊された建物や町の様子を見て回りました。そして、攻撃される前の写真や動画も見ながら、ウクライナのチェルニショフ地域発展相から被害状況や復興の計画などについて説明を受けていました。

アメリカなどウクライナへ追加の軍事支援発表 ロシア側は反発!。ロシア軍がウクライナ東部で攻勢を強める中、アメリカなどはウクライナへの追加の軍事支援を発表しました。ウクライナのゼレンスキー大統領が謝意を示した一方、ロシア側はプーチン大統領の最側近の1人が「さらなる人的被害と破壊につながるだけだ」と反発しています。ロシア軍は、完全掌握を目指す東部ルハンシク州のセベロドネツクを包囲するため攻勢を強めています。アメリカ軍の制服組トップのミリー統合参謀本部議長は15日、訪問先のベルギーの首都ブリュッセルで記者会見し、セベロドネツクについて「現在、おそらく4分の3をロシア軍に奪われている」と述べました。一方で、ウクライナ軍も街の至るところで応戦していて、決着はついていないと指摘しています。又、ルハンシク州のハイダイ知事は、セベロドネツクにあるウクライナ側の拠点のアゾト化学工場に、今もおよそ500人の市民が避難していて、そのうち40人は子どもだと明らかにしています。ロシア国防省は、こうした市民を工場から避難させるための「人道回廊」を15日に設置すると発表しましたが、その後「ウクライナ側が人道的活動を妨害した」と一方的に主張し、依然として市民の避難は困難な状況とみられます。こうした中、15日ベルギーの首都ブリュッセルではアメリカの主導でウクライナへの軍事支援について話し合う会合が開かれました。NATO北大西洋条約機構の加盟国などおよそ50か国の関係者が参加し、各国からは多連装ロケットシステムなどさらなる兵器や弾薬の供与が相次いで表明されました。 又、アメリカのバイデン大統領はウクライナのゼレンスキー大統領と15日電話で会談し、対艦ミサイルなど10億ドル、日本円にしておよそ1300億円相当の追加の軍事支援を行うことを伝えました。ゼレンスキー大統領は15日、新たに公開した動画で「この支援に感謝している。ドンバス地域の防衛にとって特に重要だ」と述べ謝意を示しました。一方ロシア側は、こうした欧米の軍事支援の動きを強く警戒していて、プーチン大統領の最側近の1人、パトルシェフ安全保障会議書記は15日「こうした行動は逆効果であり、人為的に紛争を起こし、さらなる人的被害破壊につながるだけだ」と反発しています。

 

FRB 大幅な利上げを決定 異例の対応 米経済は重要な局面に!。アメリカの中央銀行にあたるFRB連邦準備制度理事会は15日、0.75%の大幅な利上げを決めました。事前に示していた利上げ幅を拡大する異例の対応となり、景気後退を招かずにインフレを抑え込めるか、アメリカ経済は重要な局面を迎えます。FRBは15日まで開いた金融政策を決める会合で、およそ27年半ぶりとなる0.75%の大幅な利上げを決めました。先週末に発表された先月の消費者物価の上昇率がおよそ40年半ぶりの高い水準となったことで、事前に示していた0.5%の利上げ幅をさらに拡大する異例の対応となりました。アメリカでは、インフレ抑制のためのFRBの対応が後手に回っているとの指摘が専門家などから上がってきましたが、パウエル議長は記者会見で「次回、7月の会合では0.5%か0.75%の利上げの可能性が高い」と述べ、大幅な利上げを続けて物価の沈静化を急ぐ姿勢を強調しました。外国為替市場では、日本とアメリカの金融政策の方向性の違いを背景に円安ドル高が進んできましたが、方向性の違いという構図は一層際立つことになります。一方、アメリカでは同じ日に発表された個人消費の動向を示す先月の小売業の売上高が5か月ぶりに減少しました。FRBが進める急ピッチの利上げは経済活動の重荷になるおそれがあり、景気後退を招かずにインフレを抑え込めるか、アメリカ経済は重要な局面を迎えます。松野官房長官「影響を引き続き注視していく」 松野官房長官は午前の記者会見で「他国の金融政策について具体的にコメントすることは差し控えたいが、アメリカの金融政策の変更が金融市場に与える影響などを踏まえ、日本経済や世界経済にどのような影響が生じるか、引き続き注視していく考えだ」と述べました。経団連の十倉会長「適切な処置だと思う」 アメリカのFRB連邦準備制度理事会が0.75%の大幅な利上げを決めたことについて、経団連の十倉会長は16日午前記者団に対し「インフレが進めば、早いうちに芽を摘むというのが対策の常とうだ。アメリカはひと言で言うと景気が超過熱していてこれを一刻も早く冷やすと言うことなので、適切な処置だと思う」と述べました。又、日銀が大規模な金融緩和を維持する中で日米の金利差を背景に円安が進み、企業活動などに影響が出ているのではないかという問いに対し、十倉会長は「今の物価高は為替で苦しんでいるのではなく、新型コロナの影響やロシアによるウクライナへの侵攻などによるものだ。それを為替に結びつけて日銀の金融政策などというストレートな議論をするのはいかがなものかと思う」と述べました。そのうえで「為替というのは経済の基礎的な状況の反映であり、円安の問題は日本の企業や経済、産業を強くするしかない」などと述べ、経済成長に向けた取り組みを加速させることが重要だと強調しました。

ウクライナ穀物輸出停滞、英首相は「数日中の進展」に期待…ゼレンスキー氏と電話会談!。英国のジョンソン首相は15日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と電話で会談した。英首相官邸によると、ロシア軍による黒海封鎖でウクライナ穀物輸出が停滞している問題を協議し、ジョンソン氏は「数日中の進展」に期待を示した。詳細は不明だが、事態打開に向けた検討が加速している可能性がある。ゼレンスキー氏はこれまで、ロシア以外の有志国の海軍が「護送船団」を組んで海上輸送する案を軸に、英国やトルコ、国連などと輸出方法を協議していると明らかにしていた。

★大リーグ 大谷翔平出場の試合で俳優の渡辺謙さんが始球式!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が出場した15日のドジャース戦で、俳優の渡辺謙さんが始球式を行いました。15日のドジャースとエンジェルスの試合は「ジャパニーズヘリテージナイト」としてドジャースの本拠地、ロサンゼルスのドジャースタジアムで日本に関連したさまざまな演出が行われました。このイベントは、アメリカから日本に野球が伝わってことしで150年になることなどを記念して行われ、始球式には多くのハリウッド映画にも出演している俳優の渡辺謙さんがゲストとして招かれました。渡辺さんはドジャースで活躍した野茂英雄さんがつけていた背番号「16」のユニフォーム姿でグラウンドに登場し、キャッチャーを務めたドジャースのロバーツ監督にワンバウンドのボールを投げ、観客からの拍手に笑顔で応えていました。このほか、試合前にはグラウンドで和太鼓の演奏が披露されたほか、国歌斉唱ではアメリカ国歌とともに君が代も流れ、イベントを盛り上げました。球場内にはアメリカと日本にまつわる野球の歴史を紹介するコーナーが設けられ、渡辺さんも試合前にロバーツ監督とともに訪れ、野茂さんが現役時代に使用したスパイクなどを見て回っていました。渡辺さんは始球式の前に取材に応じ「アメリカにとって野球は国技だと思っているが、その中で大リーグがちゃんと日本を受け入れてくれることを感じる1日だと思う。始球式の緊張が終わったら楽しく野球を観戦したい」と笑顔で話していました。大谷選手については「想像を超える活躍だと思う。自分の分野とは似て非なるものなのでどうこうは言えないが、未知なるものにずっと挑戦するところはすごくシンパシーを感じている。長いシーズンでいい時も悪い時もあると思うが、コンディショニングやメンタル面を含めて挑戦し続けていることはすごい」と賛辞を送っていました。

★エンジェルス 大谷 ノーヒットノーラン阻止する三塁打!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がドジャース戦に指名打者でフル出場し、9回に相手のノーヒットノーランを阻止するスリーベースヒットを打って連続試合ヒットを「10」に伸ばしました。大谷選手は15日、相手の本拠地、ドジャースタジアムで行われたドジャース戦に3番・指名打者で先発出場しました。エンジェルス打線は、ここまで7勝負けなしのドジャース先発の左腕、アンダーソン投手の変則的なフォームから投げる多彩な球種に苦しみ、8回までヒットが出ませんでした。アンダーソン投手から過去ホームラン1本、スリーベース2本の3打数3安打と、相性のよい大谷選手も1回の第1打席は見逃し三振、4回の第2打席は空振り三振、7回の第3打席は詰まったショートゴロに打ち取られました。然し、9回1アウトで回った第4打席で初球を引っ張って、ライト線にライナーで運ぶスリーベースヒットを打って、アンダーソン投手のノーヒットノーランを阻止しました。大谷選手のスリーベースは今シーズン初めてで、アンダーソン投手はここでマウンドから降りました。続くバッターのヒットで大谷選手がホームにかえり1点をかえしましたが、エンジェルスは1対4で敗れて3連敗となりました。大谷選手は4打数1安打で連続試合ヒットを「10」に伸ばし、打率は2割5分9厘となっています。

 ★「世界遺産イエローストーン国立公園で“洪水”と“土砂崩れ” 全入り口閉鎖 !。アメリカ・イエローストーン国立公園で、大雨による洪水と大規模な土砂崩れが発生。公園内の複数の道路が濁流によって崩落し、家が川に飲み込まれるなどしています。走行中の車の横に石が落ちて来る様子を、ドライブレコーダーが捉えました。石は次々と落ちて地面とぶつかり、粉々になるものもありました。映像が撮影されたのは、アメリカのイエローストーン国立公園です。大雨による洪水と、大規模な土砂崩れが発生していました。イエローストーンは、1872年にアメリカが世界で初めて国立公園に指定した場所で、世界遺産にも登録されている人気の観光地です。これから夏にかけてが観光シーズンですが、公園内の道路は複数のか所が濁流によって崩落。さらに公園の周辺では、川が勢いよく流れ、地面は崩れ落ち、少し宙に浮いたような状態の家もありました。家はその後、ゆっくりと傾いていき、濁流に飲み込まれていきました。地元のモンタナ州当局などが、取り残された人たちの救助に当たっています。別の場所でも、激しい川の流れに、今にも流されそうな家やウッドデッキがありました。周囲を流れる川では、水位が過去最も高い4.2メートルを記録したということです公園の5か所の入り口は全て閉鎖され、再開時期は未定だということです。

★韓国外交文書で「慰安婦10億円の合意」の“舞台裏”が明かされた…! “渦中の人物”の「知らない発言」をめぐって大騒動へ…!。慰安婦10億円の合意」の舞台裏が明かされた!韓国の反日慰安婦団体こと挺身隊対策協(韓国挺身隊問題対策協議会)の代表と正義記憶連帯(正義連)の理事長を務めたとの功績により、「共に民主党」の公認を受けて国会議員になった、尹美香(ユン・ミヒャン)無所属議員がいまふたたび注目されている。このほど、韓国外交部局長が2015年の日韓慰安婦合意当時に、「慰安婦10億円の合意」を外交部が発表することを事前に尹美香に伝えたことが明白になったにもかかわらず、彼女がこれを完全否定したからである。尹美香氏 photo/gettyimages© 現代ビジネス 尹美香氏 photo/gettyimages5月26日、「韓半島の人権と統一のための弁護士の集い」が公開した「東北アジア局長-挺身隊対策協代表との面談結果(日本軍慰安婦問題)」など4件の外交部文書を通じて、外交部が、2015年、韓国・日本慰安婦合意の過程で合意内容を事前に尹美香に知らせたことを明らかにした。「慰安婦10億円の合意」と自身との関連を否定してきた尹美香だけに、事前に説明を受けていたということが明らかになったことでいま騒動になっているわけだ。ク・チュンソ弁護士は、「4回にわたって事前に説明し、また、意見があるのかどうかも尋ね、すべてを取りまとめ、前日もまた、尹美香さんに会って、具体的な合意内容の詳細を知らせた」と述べた。ただし、尹美香の当時の反応に関する文書は、公開されなかった。こうした事態を受けて、尹美香は、「非公開合意内容を、発表前にまったく教えてもらえなかったという事実が、明らかになっただけのこと」と語ったのだ。「説明してもらったこと」はあった尹美香は、確かに外交部と当時の正義記憶連帯(過去の韓国挺身隊問題対策協議会)の常任代表であった身分として4回会い、説明してもらったことは認めながら、一方で「『密室・屈辱合意』ともいえる最終合意の内容は教えてもらえなくて、自分は知らなかったということが、ただ証明されただけである」という主張を展開している。更に尹美香は、「『慰安婦問題は、最終的および不可逆的に解決したことだと確認』、『駐韓日本大使館前の少女像問題の解決努力』、『国際社会における相互非難・批判の自制を約束する』という屈辱的な合意事項は、まったく説明してもらっていない。韓国・日本慰安婦合意の発表後に初めて知った」と反論したのである。このように尹美香は、自分が“道徳的に正しい選択をした”ということを強調した。彼女は、「真実を置き去りにして、外交部が、私と何回会ったという、内容の一部分だけを意図的に選別し、事実関係を歪曲し、2015年の韓国・日本屈辱合意を取り繕うとする政治的攻勢を、直ちに止めなければならない」と促し、最終合意内容に関しては、具体的に知らなかったという見解を述べているのだ。そして、「本日公開された文書からもわかるように、合意発表前日でも、当時の外交部は、合意内容に関して、日本政府の責任痛感、安倍総理の謝罪表明、日本政府からの資金一括拠出について言及しただけだった」と主張している。尹美香が「指摘していたこと」もともと尹美香が韓国で“スター”になった理由は、「慰安婦問題日韓合意」に反対する世論を主導したためだ。尹美香側は、朴槿恵(パク・クネ)政府が日本の安倍政府との合意案で、(1)挺身隊対策協を説得(挺身隊対策協という特定の団体名が合意書に登場する)、(2)駐韓日本大使館前の少女像問題の解決、(3)韓国や他国に少女像を建設するとき、韓国政府の支援は不可、(4)「性的奴隷」という表現を削除し「慰安婦被害者問題」という名称で公式化する、という“ウラ”の合意があったと指摘した。朴槿恵氏 photo/gettyimages© 現代ビジネス 朴槿恵氏 photo/gettyimages彼女は、外交部はこれらの内容を自分には教えず、(1)当時の軍の関与、日本政府の責任痛感、(2)安倍内閣総理大臣の日本国内閣総理大臣として謝罪と反省表明、(3)韓国政府が財団を設立、日本政府予算から資金を一括拠出、という3つの案のみを知らせたとし、みずからが「知っていた」というのは事実無根であると主張した。もともと慰安婦合意を締結したということに対して、大規模なデモを開き、反日運動を本格化させたのが、尹美香だ。そんな彼女が、上記の言い分によれば、当時、事前に日本からの支援金10億円を受け、総理の謝罪と反省が表明されることは知っていたにもかかわらず、そのような合意に至る過程や背景などについては尋ねなかったということになる。そのため、韓国国内では「常識的に考えるとあり得ない」「尹美香の主張は、明らかに苦しい言い訳であり、責任転嫁の弁解にしか映らない」といった批判の声が上がっているわけだ。「知っていながら知らないふりをする」過去 2020年5月、慰安婦出身の李容洙(イ・ヨンス)おばあさんが記者会見を行って、水曜集会および正義連などの団体を批判したことは記憶に新しい。彼女が、「学生からの寄付が、別の用途に使われているかもしれない」という衝撃的な発言をしたところ、尹美香はあわてて、「おばあさんがボケたようだ。1992年から、おばあさんの支援金領収書を保管している」と弁明した。さらには彼女自身に糾弾の声が向かうと、手のひらを返して、「李容洙さんは、慰安婦ではない」と、これまた“爆弾発言”をしたのである。彼女は、みずからのFacebookに、「約30年前、李容洙おばあさんが、蚊の鳴くような小さな声で震えながら、『私は被害者ではないよ。私の友達が…』と言ったことを、昨日のことようにはっきりと覚えている」とまで載せたのだ。まるで「これ以上口を開けば、全部暴露するぞ」と、おばあさんを脅迫しているように受け取れた。もしこれが事実だとすれば、尹美香は慰安婦ではないことを知っていながら、慰安婦として利用していたことになる。そうした“過去”があることから、「知っていながら知らないふりをする」尹美香の態度は、慰安婦合意内容をすでに知っていながらも、一言も言わず、自身の政治的な目的のためだけに利用した姿と重なってしまうのだ。「親日派」を「積弊」そうした尹美香のダブル・スタンダードに、韓国国民の怒りは収まらなかった。市民団体の相次いだ告発により、尹美香は、横領・背任・詐欺など、8つの容疑で起訴された。たとえば、幽霊職員による虚偽報告書によって、7年間国庫補助金3億ウォン(約3000万円)を搾取し、慰安婦支援金1億ウォンあまりを横領し、217回にわたって少しずつ引き出しては、自身の生活費として使っていたという疑惑が指摘された。ところが、尹美香が不正受領した補助金を裁判所の判決が出る前でも還収すると言っていた女性家族部は、なぜか「裁判結果を見て処理する」と突然態度をひっくり返した。さらに検察は、告発された尹美香の起訴を、数ヵ月間先送りした。さらに韓国民主党議員などは、「歴史の真実を正しく立て直そうとする運動を引き降ろそうとする、親日勢力の攻勢」という声明まで発表。追い風を受けた尹美香は、不正会計の部分の文書全体を公開しなさいと言われても、「公開できない」と拒否しつづけた。与党要人は「疑惑提起=親日行為」というフレームで、尹美香を守る態度に出た。文在寅(ムン・ジェイン)政府は露骨に、「親日派」を「積弊」とし、これを清算することが、韓国を正しく立て直すことだと言って反日運動を続けた。文前大統領は、大統領選挙公約で、日韓関係に3つの約束をしたが、1つ目、「12・28慰安婦合意」の再協議を行い、被害者が認め、国民が同意できる合意を導き出し、2つ目、日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)は、効用性を検討し、延長の有無を決め、3つ目、独島問題と歴史歪曲にはきっぱりと対応する、ということだった。象徴の如き存在実際に、慰安婦合意は破棄した。GSOMIAも破棄しようとしたが、条件付きの延長となった。文前大統領は、慰安婦合意として日本側から受けた10億円を執行する、女性家族部所管の財団法人「和解・癒やし財団」を事実上、廃棄した。反日運動の先頭に立つ文前大統領は、2019年、3.1節記念演説で、「日帝が独立活動家を『思想犯』として追い立てて弾圧し、『赤』という言葉が生まれた。解放後も、日帝警察出身者が独立活動家を『赤』として追い立てた。政治競争勢力を誹謗する道具となった『赤』や『赤=共産主義』といったものは、一刻も早く清算しなければならない、親日残滓である」と、何のためらいもなく話した。文在寅氏 photo/gettyimages© 立つ鳥跡を… photo/gettyimages 文在寅氏 photo/gettyimages更に、徴用工賠償判決だけではなく、韓国と日本政府の間には外交・通商・安保の摩擦が増幅し、「親日勢力清算」の声はさらに強くなり、全国的な反日不買運動起爆剤的な役割を文前大統領は果たした。このような流れのなかで、尹美香は現在も国会議員の席を守っているのだ。彼らは、反日勢力にとって守らなければならない聖域であり、なにがあっても守護しなければならない、象徴の如き存在なのだ。しかし、韓国国民はその欺瞞に気づき始めており、声を上げだしているのがいまの現実なのだ。そのためにも、今後はさらに外交部の文書などによって事実がより一層明確にならなければならないという機運が高まっている。韓国の若者たちの「声」2020年5月27日、韓国の代表的なアンケート調査機関であるリアルメーターの調査によれば、全体回答者の70.4%が、尹美香が「議員職を辞退しなければならない」と答えた。「辞退する必要がない」という回答は、20.4%に終わった。9.2%は「よく分からない」と答えた。正義連の水曜集会に参加した、ある大学生は、「水曜集会のとき、小、中、高校生が豚の貯金箱を持ってきて募金したのに、その金を盗んだということが、あまりにも残念だ。イベント自体もボランティアだったが、イベント主催側は、お金がないと、ご飯も奢ってくれなかった」と恨みがましく語った。韓国の若者たちは、左派中心の反日運動に、失望どころか嫌悪さえ感じているという。

★輸入肉高騰「ステーキ県」に暗雲!。ステーキ値上げ必至か 中国に「買い負け」 輸入肉が高騰 観光客戻る“ステーキ県”に暗雲 ステーキで好まれるロイン系(テンダーロイン・サーロインなど)の輸入牛肉の卸売価格が高止まりしている。農畜産業振興機構によると、4月の1キロ当たりの国内卸売価格相場は、米国産が前年同月比43%増の4890円、豪州産は同24%増の4248円に上昇。それに伴い、観光需要が戻りつつある沖縄県内ステーキ店のほか、地元客相手の飲食小売店などでも「価格転嫁するしかない」と今後の動向に懸念を隠さない。

★パラ競泳世界選手権 男女200m個人メドレー 富田と由井が銅獲得!。パラ競泳の世界選手権は15日、男女の200メートル個人メドレーが行われ、男子の視覚障害のクラスでは東京パラリンピックの銅メダリスト、富田宇宙選手が銅メダルを獲得し、女子の運動機能障害のクラスでは、19歳の由井真緒里選手が世界選手権で初めてのメダルとなる銅メダルを獲得しました。ポルトガル領のマデイラ島で行われているパラ競泳の世界選手権は、大会4日目の15日、男子200メートル個人メドレー視覚障害のクラスの決勝が行われました。東京パラリンピックのこの種目の銅メダリストの富田選手は、最初のバタフライをトップでターンしたものの、続く背泳ぎでは3番手に順位を落とし、平泳ぎではさらに差を広げられます。然し、得意とする最後の自由形では粘りの泳ぎでトップとの差を詰め、2分28秒17のタイムで3位に入り、今大会、100メートルバタフライに続き、2つ目のメダルとなる銅メダルを獲得しました。又、女子200メートル個人メドレー、運動機能障害のクラスには、病気の合併症の影響で腰から下が動かない障害がある由井選手が出場しました。東京パラリンピックでは、この種目で6位だった由井選手は平泳ぎで3番手に浮上すると、最後の自由形でも伸びのある泳ぎを見せて、3分47秒10のタイムで世界選手権で初めての銅メダルを獲得しました。更に、4チームが出場した混合400メートルメドレーリレー視覚障害のクラスには、エースの木村敬一選手と、齋藤元希選手、小野智華子選手、辻内彩野選手の4人が出場しました。日本チームは、キャプテンで第4泳者の辻内選手が4番手で飛び込むと、得意の自由形で一気に差を詰め、フィニッシュ直前でイギリスをかわして3位に入り、4分38秒66のタイムで銅メダルを獲得しました。
★国内感染者 20人死亡 (累計3万99,8人)・1万5,515人感染(累計911万940人)!。埼玉県で3人、愛知県で3人、東京都で3人、兵庫県で2人、京都府で1人、北海道で1人、千葉県で1人、奈良県で1人、山形県で1人、広島県で1人、熊本県で1人、神奈川県で1人、鹿児島県で1人の合わせて20人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め911万228人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて911万940人となっています。亡くなった人は、国内で感染が確認された人が3万985人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万998人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は16日の新たな感染者数です。▽東京都は156万8442人(1819)▽大阪府は99万5095人(1213)▽神奈川県は76万6889人(652)▽埼玉県は56万182人(705)▽愛知県は55万8096人(819)▽千葉県は45万6847人(553)▽福岡県は43万7918人(732)▽兵庫県は43万5337人(591)▽北海道は37万3283人(902)▽沖縄県は23万5372人(1404)▽京都府は20万8146人(337)▽静岡県は17万5777人(248)▽広島県は16万4356人(381)▽茨城県は16万2168人(262)▽岐阜県は10万4962人(227)▽熊本県は10万4039人(442)▽岡山県は10万2207人(196)▽群馬県は9万6672人(139)▽滋賀県は9万3261人(168)▽奈良県は9万3135人(117)▽栃木県は9万2760人(90)▽宮城県は9万1073人(265)▽鹿児島県は8万8865人(429)▽三重県は8万4854人(142)▽長野県は7万6102人(131)▽新潟県は7万4132人(117)▽福島県は6万5337人(134)長崎県は6万2552人(235)▽青森県は6万734人(211)▽石川県は5万8450人(168)▽大分県は5万6417人(138)▽宮崎県は5万5960人(152)▽佐賀県は5万4404人(155)▽香川県は4万9825人(71)▽山口県は4万7317人(142)▽和歌山県は4万3338人(53)▽愛媛県は4万2098人(124)▽富山県は3万8820人(111)▽福井県は3万7422人(113)▽岩手県は3万6949人(133)▽山梨県は3万3794人(60)▽秋田県は3万1581人(59)▽山形県は2万9594人(61)▽高知県は2万9205人(144)▽徳島県は2万3466人(96)▽島根県は1万7496人(26)▽鳥取県は1万5748人(26)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万9578人(22)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、16日時点で44人(-9)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは16日時点で、▽国内で感染が確認された人が891万5068人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて891万5727人となっています。又、14日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で5万5818件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★日銀 金融政策決定会合 景気の現状や円安の影響など分析か!。日銀は16日、金融政策を決める会合で景気の現状や24年ぶりの水準まで進んだ円安が経済や物価に与える影響などについて分析したものとみられます。日銀は16日午後、金融政策決定会合を開き、黒田総裁をはじめとした9人の政策委員らが出席しました。先ず、日銀の執行部から景気の現状や最近の金融市場の動向について報告が行われ、その後、24年ぶりの水準まで進んだ円安が経済や物価に与える影響のほか、上昇圧力が強まっている長期金利の動向や、金利抑制のために実施している国債の買い入れの状況、それにロシアによるウクライナ侵攻の影響などについて分析したとみられます。黒田総裁はこれまで、景気を下支えするため大規模な金融緩和を粘り強く続ける方針を繰り返し示していて、17日の会合ではこうした方針が確認される見通しです。但、アメリカの中央銀行にあたるFRB連邦準備制度理事会が0.75%の大幅な利上げを決めるなど金融引き締めを加速しているのに対し、日銀が金融緩和を続ければ日米の金利差の拡大を背景に一段と円安が進み、経済へのマイナスの影響が大きくなる懸念も出ています。こうした状況を踏まえ、17日の記者会見で黒田総裁が円安の影響や金融政策の先行きについて、どのように説明するか注目されます。

★5月の貿易収支 2兆3847億円の赤字 5月としては過去最大!。先月の貿易統計は、輸出から輸入を差し引いた貿易収支が2兆3800億円余りの赤字と、5月としては過去最大の赤字額となりました。貿易赤字は10か月連続で、原油などのエネルギー価格の上昇を背景に、1か月の輸入額も初めて9兆円を超えました。財務省が発表した先月の貿易統計は、輸出から輸入を差し引いた貿易収支が2兆3847億円の赤字と、比較可能な1979年以降、5月としては過去最大の赤字額となりました。貿易赤字は10か月連続です。去年の同じ月と比べて、輸出額は15.8%の増加だった一方、輸入額が原油LNG液化天然ガスなどのエネルギー価格の上昇を背景に、48.9%の大幅な増加となったためです。輸入額は、円安によっても押し上げられ、1か月として初めて9兆円を超え、9兆6367億円でした。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻でエネルギー価格が高止まりしているうえ、円安も進んでいることで、貿易赤字が長期化するのではないかという指摘もあり、財務省は「今後の動向を注意深く見ていきたい」としています。

法隆寺のクラファン 1日で2千万円!。法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」世界遺産法隆寺は6月15日、維持管理費や諸経費をまかなうためにクラウドファンディングを開始。支援総額はわずか1日で目標金額の2000万円を突破しました。

★はだしの女性に「駅はどこですか」と声掛けられ…中2男子、会話しながら一緒に交番へ!。県警察本部 兵庫県警芦屋署は15日、路上で迷子になっていた認知症の高齢女性を保護したとして、芦屋市立精道中2年の男子生徒(13)に署長感謝状を贈った。署などによると、男子生徒は5月24日夜、芦屋市内の自宅から西宮市内の学習塾へ歩いて向かっていたところ、「駅はどこですか」と女性に声を掛けられた。女性は靴を履かず、はだしで、手にしたメモ帳に名前や住所が書かれていたことから、「認知症の人だと気付いた」といい、和やかな雰囲気で会話を重ねながら、近くの交番へ連れて行った。中学で行われた贈呈式で藤川真実署長から感謝状を手渡された男子生徒は、「塾へ向かう途中で正直迷ったけれど、落ち着いて助けることができた。これからも困っている人がいたら手助けしたい」と話していた。

★県民割 全国拡大の場合 支援額引き上げや平日クーポン割り増し!。政府は旅行代金の割り引きを受けられる「県民割」の対象を全国に拡大する場合、国からの割り引き支援の額を引き上げるほか、平日のクーポンを休日より高くして、旅行客の集中を避ける新たな方策も導入する方針を固めました。国が費用を支援して都道府県が実施する県民割は▼住んでいる都道府県内や、▼全国を6つに分けたブロック内の旅行を対象として旅行代金の割り引きや土産物の購入などに使えるクーポン券がもらえる観光需要の喚起策です。これについて岸田総理大臣は、15日の記者会見で、感染状況の改善が確認されれば、7月前半から対象地域を全国に拡大する方針を明らかにしました。これに伴って政府は全国に拡大する場合、旅行代金の割り引きのための支援額を現在の1人につき上限5000円から、公共交通を利用する旅行商品については、上限を8000円に引き上げる方針を固めました。また、土産物の購入などに使える上限が2000円のクーポン券は休日は1000円とする一方、平日は3000円とすることで旅行客の集中を避ける方策も新たに導入することにしています。期間はお盆を除く8月末までとする方向です。政府が全国への拡大を決めた場合でも実際に適用するかどうかは都道府県の判断に任されています。感染状況などに応じて都道府県が適用を判断できる県民割の拡大によって観光需要を喚起し、公共交通の支援にもつなげていきたい考えです。


★個人の健康データ活用し新サービスを 企業15社がルール作りへ!。
食事や睡眠などの個人の健康データを活用して新たなサービスを生み出そうと15の企業がデータの共有に向けたルールを整備するため新たな団体を設立しました。団体には損害保険大手のSOMPOホールディングスや大手電子機器メーカーのオムロン、それに健康管理アプリを提供するベンチャー企業など15社が参加します。16日は各社の代表が出席してイベントが開かれ、来年度中に団体を設立することが発表されました。団体はウエアラブル端末やスマートフォンで集めた食事や睡眠などの健康データのほか、服用している薬や検査結果などの医療データについて、各社が共有する際のルール整備や悪用を防止する対策などを検討していくということです。健康データの収集や活用をめぐっては、アメリカの大手IT企業が先行していますが、日本企業が業種の壁を越えてデータ共有や連携を進めることで新たなサービスや産業の創出につなげたい考えです。又、医療機関とデータを共有できる仕組みも整備することで、効果的な診察や診療に役立てるねらいもあります。SOMPOホールディングスの櫻田謙悟会長は「データは1社だけが持っていても解決策を提示することはできず、ルールをつくって組み合わせることによって、必ず新しいサービスが生まれ大きな成長産業になっていく」と話していました。内IT企業 健康データを医療機関と共有するサービスを提供 団体に参加している都内のIT企業です。個人の健康データを医療機関と共有するサービスを提供しています。利用者の女性がこの会社のスマホのアプリで毎日、生理や基礎体温の記録をつけ、受診したい医療機関を選ぶと6ケタの番号がアプリ上で発行されます。そして診察の際、医師が手元のパソコンで6ケタの番号を入力すると女性のデータが表示される仕組みになっています。このサービス、全国の1000を超える医療機関が登録しているということです。このうち、横浜市磯子区の婦人科クリニックでは不妊治療を受ける患者が多く利用していて、基礎体温の推移を示すグラフや生理周期を確認して治療に役立てています。以前、紙で記録してもらっていたときには「つけ間違い」がありましたが、このサービスを導入してからは正確に記録する患者が増え、紙に書き写す煩わしさがなくなったということです。又、再診の患者の場合はデータを確認しながら電話での診察もできるようになり、実際の受診回数を減らせるメリットもあると言います。井橋レディースクリニックの井橋俊彦院長は「患者がその場にいなくてもデータを見られるため非常に使いやすい。転院したときにも情報共有が簡単にできる」と話していました。サービスを提供する「エムティーアイ」ルナルナ事業部の日根麻綾事業部長は「入力したデータがいろいろなシーンで使えることがポイントだ。他社のさまざまなシステムとの連携がサービスをより便利なものに発展させてくれると考えている」と話していました。

★知床 観光船沈没 運航会社の観光船事業の許可 取り消し!。知床半島沖で沈没した観光船の運航会社に対し、国土交通省北海道運輸局は16日、出航判断の基準を順守しないなど、複数の違反が確認されたとして、観光船事業の許可を取り消しました。知床半島の沖合で、観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、北海道運輸局は、運航会社「知床遊覧船」への特別監査の結果、出航判断の基準を順守しないなど、海上運送法の違反が複数の項目で確認されたとして、16日に観光船事業の許可を取り消しました。運輸局によりますと、事故をきっかけに観光船事業の許可を取り消すのは全国で初めてだということです。北海道運輸局の岩城宏幸局長は、運航会社の桂田精一社長に対し「処分を重く受け止めて、引き続き行方不明者の捜索に対する協力を行うとともに、乗客の家族への損害賠償について、真摯な対応をするよう求める」とする文書を出しました。一方、運航会社側は今月14日に行われた、処分について意見を述べる聴聞の手続きで、陳述書を事前に提出し「事故の責任を会社のみにあるとするのはおかしい。責任は監督官庁の国にもある」などと主張していました。松野官房長官「二度と痛ましい事故を起こさないよう」松野官房長官は、午前の記者会見で「北海道運輸局が実施した特別監査で海上運送法の違反が多数確認されたことから、国土交通省が今回の取り消し処分を決定したと承知している。政府としては、二度と今回のような痛ましい事故を起こさないよう取り組んでいきたい」と述べました。知床小型観光船協議会「判断妥当も重く受け止め」斜里町ウトロの同業者でつくる「知床小型観光船協議会」の神尾昇勝新会長は「判断は妥当だと思いますが、協議会としては事故を防げる立場にあったわけなので、事故の大きさや重さを今回の判断で改めて感じ、事業者としても重く受け止めています。桂田社長と話をしたいというタイミングではない。乗ってもらえる人に向けて安全の取り組みやその案内に力を入れていきます」と話していました。一方、斜里町ウトロを訪れた人からは、事業許可の取り消しは当然という意見や再発防止を求める意見が聞かれました。大阪府から訪れた40代男性は「ルールなどの徹底もできていない会社だったので、厳しく対応するべきですし、取り消しは当然だと思います。知床は何回も行きたいと思える場所なので、事業者には、命を預かるという意識をもう一度もって事業に取り組んでほしいです」と話していました。札幌から訪れた70代男性は「判断は遅いと思います。国も検査のしかたや事業者の状況を把握しておく必要があるので、今後は、許可や検査を厳しくして人命尊重につなげてほしいと思います」と話していました。

★東京 港区 解体中のビル 外壁崩れ落ち 作業員の男性死亡!。

16日午前、港区にある解体工事中のビルで外壁の一部が崩れ落ちて作業員の男性が下敷きになり、搬送先の病院で死亡しました。警視庁と東京消防庁によりますと、16日午前9時すぎ、港区西新橋にある解体工事中の商業ビルで、「壁が崩れて作業員が下敷きになった」と119番通報がありました。消防隊員などが駆けつけたところ、9階建てのビルのコンクリート製の外壁の一部が崩れ落ちていて、30代の作業員の男性が下敷きになっているのが見つかりました。男性はおよそ4時間半後に救助され、意識不明の状態で病院に搬送されましたが、その後死亡しました。男性はビルの9階で解体作業にあたっていたということで、警視庁などが当時の状況を詳しく調べています。現場はJR新橋駅から西におよそ400メートル離れた商業ビルなどが立ち並ぶ地域です。

東武野田線 踏切で電車と乗用車が衝突 1人けが 千葉 流山!。16日朝、流山市にある東武野田線の踏切で電車と乗用車が衝突し、車を運転していた男性がけがをしました。16日午前6時半ごろ、流山市東深井の東武野田線の踏切で大宮発柏行きの6両編成の上り電車が踏切内に入ってきた乗用車と衝突しました。電車は車を押しながらおよそ30メートル先で止まり、警察や消防によりますと車を運転していた男性は全身を打つなどけがをしましたが命に別状はないということです。又、電車には乗客などおよそ300人が乗っていて、このうち1人が気分が悪くなり、病院で手当てを受けています。現場は運河駅からおよそ100メートル離れた遮断機と警報機のある踏切で、警察が事故の詳しい状況を調べています。この事故で東武野田線は、運河駅と柏駅の間の上下線でおよそ3時間に渡って運転を見合わせました。