※6/14 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶35,744,899人・ 死者 6百310,428人!。★国内感染者 29人死亡(累計3万955人)・ 1万5,331人感染(累計907万8,876人)!。※コロナウィルスの”接種”励行!。▼コロナ渦”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸高階 パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日15(水)19℃14℃曇/雨 明日16(木)28℃17℃曇/晴 明後日17(金)28℃19℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

★東北の梅雨入り発表 梅雨のない北海道除く全地域梅雨入り!。気象庁は15日午前11時「東北の南部と北部が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。これで、梅雨のない北海道を除くすべての地域で、梅雨入りが発表されました。東北の梅雨入りは、▽平年に比べて、南部で3日遅く、北部は平年並み、▽去年に比べて、南部、北部ともに4日早くなっています。これで、梅雨のない北海道を除くすべての地域で梅雨入りが発表されました。梅雨の時期には毎年のように記録的な大雨が降り、各地で被害が起きています。あらかじめハザードマップなどで自宅や職場の周辺の災害のリスクを調べ、もし大雨になったらどう行動したらよいか、避難場所はどこにするか、再確認して下さい。       ★近畿・東海・北陸・中国地方が梅雨入り 各地で平年より遅い梅雨入りに!。14日(火)、気象台から近畿、東海、北陸、中国地方の梅雨入りが発表されました。各地で平年より遅い梅雨入りで、中国地方は昨年と比べると1か月以上も遅い梅雨入りです。なお関東甲信では平年よりも早く、先週6日(月)に梅雨入りとなっていました。これで関東以西の各地が梅雨入りしたことになります。平年より遅い梅雨入りに2022年の梅雨入り日今年は各地で平年よりも遅い梅雨入りとなりました。昨年と比較すると、東海・近畿・中国は8日遅く、北陸は3日遅い梅雨入りです。気象庁の梅雨入り発表・中国地方:平年より8日遅く、昨年より33日遅い 対象:岡山県広島県島根県鳥取県山口県は九州北部地方に含む)・近畿地方:平年より8日遅く、昨年より2日遅い  対象:滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県・東海地方:平年より8日遅く、昨年より1日遅い  対象:静岡県、愛知県、岐阜県三重県北陸地方:平年より3日遅く、昨年より1日遅い 対象:新潟県富山県、石川県、福井県・梅雨入りには平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討の結果、期日が見直しされる場合があります。

この先の天気予報 この先10日間の天気予報 この先は梅雨前線が本州の南岸付近に停滞し、曇りや雨のすっきりしない天気の日が多くなる見通しです。なお今週末は、前線の活動が活発になって大雨となる可能性があるため、今後の情報に注意してください。湿度も高まって不快な蒸し暑さとなるため、体調管理にお気を付けください。本州各地の平年の梅雨明けは7月中旬頃ですが、今年はラニーニャの影響で梅雨明けが早くなる可能性も考えられます。今年の梅雨の時期の降水量は平年並みか平年より少ない予想です。梅雨の期間が短くても、集中豪雨となることもありますので油断は出来ません。特に6月下旬から7月前半にかけては前線活動の活発化が想定されるため、大雨の季節への対策を早めに進めるようにしてください。

             アジサイ盛りの奈良の寺、石段や池にずらり、撮影客も続々!。アジサイとダリアが彩る池 梅雨入り前の奈良県内で、アジサイが見頃を迎えている。各寺では、久しぶりに全面的に開花させたり、コラボしたりして、初夏の彩りを楽しむ人たちを迎えている。アジサイの名所として名高い矢田寺(大和郡山市)に、にぎわいが戻った。コロナ下の2020、21年は参拝客の殺到を防ぐため、アジサイのつぼみを全て刈り取っていた。今年は境内の至るところで、青、白、ピンクと満開に。「2年間咲けなかったためか、勢いはかなりよろしい」と前川真澄(しんちょう)山主(78)。寺が60年ほど前に育て始めた300株は今や約60種1万株を数える。梅雨の時期は全国から4万~6万人の参拝客が集うといい、今年の出足は好調だ。7月初めまで楽しめる。前川山主によると、寺に安置される地蔵菩薩(ぼさつ)は「代受苦(だいじゅく)地蔵」とも呼ばれ、人々の苦しみを代わりに引き受ける。「雨でびしょぬれになりながら人の目を楽しませるアジサイはお地蔵さんの教えを表しているともいえます」と語った。長谷寺桜井市)、岡寺(明日香村)、壺阪寺(高取町)の3寺では「大和三大観音あぢさゐ回廊」が始まった。坂道、花手水(ちょうず)に大仏――。それぞれの寺の特色をいかし、色とりどりの鉢植えのアジサイが輝く。7月3日まで。きっかけは昨年、ボタンでも有名な長谷寺で登廊(重要文化財)につながる石段に鉢植えのアジサイを飾ったことだ。「コロナ下でアジサイに癒やされた」。そんな参拝客の声を聴き、長谷寺が2寺を誘った。いずれも日本最古の観音霊場「西国三十三所観音巡礼」の霊場だ。 長谷寺では10日、大勢の参拝客がアジサイを楽しんだ。水色、ピンク、白や緑のがくが石段の上に色とりどりの雲のように並ぶ。撮影、観賞する姿はアジサイの雲に埋もれるようだった。大阪市東淀川区の高瀬陸人ちゃん(2)は「楽しかった」と笑顔。地植えのアジサイも今週中に見頃を迎えるという。 ダリアを池や手水舎に浮かべた「華の池」が人気の岡寺は、手水や地蔵の並ぶ道々にアジサイも列をなす。春に大仏が桜に覆われたような光景が広がる「桜大仏」が有名な壺阪寺では、大仏の手の上や周囲にアジサイが並び、「アジサイ大仏」になっている。各寺の入山料が必要。期間中、各寺のアジサイのある風景をデザインした切り絵の御朱印(1千円)も用意する。問い合わせは長谷寺(0744・47・7001)。

 ★黄色のラッパ、陽気に誘われ一気に開花 六甲高山植物園!。ラッパ形の黄色い花を咲かせたニッコウキスゲ=神戸市灘区六甲山町、六甲高山植物 山地の湿地や草原に群生するニッコウキスゲが、標高865メートルの六甲高山植物園(神戸市灘区)で見ごろとなっている。黄色いラッパ形の花が咲き誇り、高原に夏の訪れを告げている。色いラッパのようなニッコウキスゲ 花は朝に開いて、夕方には閉じてしぼんでしまうが、1本の茎にたくさんのつぼみを付けるため、毎日、次々と咲くのが特徴。6月に入って、同園でも夏のような陽気が続き、一気に開花が進んだという。園を訪れたハイカーらは、花畑のような光景を背に、記念写真を撮るなどして楽しんでいる。同園では今月中旬まで亜高山帯型の千株が見ごろで、高原型の2千株は今月下旬から咲き始める見込み。午前10時~午後5時。入園料は中学生以上が700円、4歳以上が350円。六甲高山植物園TEL078・891・1247。

★夏の味、ごろごろ こだまスイカ出荷最盛期 茨城・筑西!。こだまスイカの出荷が最盛期を迎え、大久保修一さん方の作業所で進む箱詰め作業=、桜川両市の特産品「こだまスイカ」の出荷が最盛期を迎えている。JA北つくば西瓜(すいか)部会長で筑西市桑山、大久保修一さん(59)方では13日、作業所で箱詰め作業が進んだ。収穫した80個ほどのスイカが、ごろごろと積み重なり緑の山を作る。大久保さんは一つ一つを手で磨き、丁寧に箱に入れた。こだまスイカはシャリッとした食感や糖度の高さが持ち味。今回箱詰めしたのは「スウィートキッズ」という品種で、ねっとりと舌に残るような甘さが特徴という。大久保さんは「出荷が始まった3月時点で糖度が13度もあった。雨が少なかったり寒暖差が大きかったりと、天候のバランスが良かった」と出来を語る。JA北つくばによると、直売所ではLサイズ5玉(8キロ入り)を5000円台で販売し、既に計約20万ケースが売れている。

★銀座のビル屋上に田園風景…「白鶴」社員ら酒米の田植え!。白鶴酒造東京支社の屋上で田植えをする人たち(14日午前10時43分、東京都中央区で)銀座の白鶴酒造東京支社のビル屋上で14日、酒米の田植えが行われ、繁華街の一角にのどかな風景が広がった。同社は、銀座から「日本酒文化」を発信しようと、地上約30メートルのビル屋上に広さ約110平方メートルの水田を整備している。新型コロナウイルス対策で大勢の人が集まるイベントは取りやめ、この日は、社員ら約30人が自社で開発した酒米「白鶴錦」の苗約1700株を植えた。屋上は日当たりが良いため、こまめに水を補充して水温を調整するなど工夫して育てていくという。稲刈りは10月頃。収穫したコメは、日本酒の仕込みに使われる予定だ。

チョウザメを一般公開、滋賀 本来いないはずの琵琶湖で捕獲!。滋賀県立琵琶湖博物館で一般公開された「ベステル」という改良した養殖品種のチョウザメ=13日© KYODONEWS 滋賀県立琵琶湖博物館で一般公開された「ベステル」という改良した養殖品種のチョウザメ=13日 滋賀県立琵琶湖博物館(同県草津市)が14日から、「ベステル」という品種のチョウザメを一般公開した。本来は生息していないはずの琵琶湖で5月に捕獲され、博物館が飼育していた。博物館によると、チョウザメは全長約1メートル。分析をしたところ、コチョウザメとオオチョウザメを掛け合わせて改良した養殖品種ベステルであることが判明した。飼われていたものが放たれたか、逃げ出したものとみられるという。展示期間は未定で、チョウザメの状態を見ながら判断をする。入館にはホームページからの事前予約が必要となる。

★佳子さま 「日本工芸会」の総裁に就任!。秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、「日本工芸会」の総裁に就任されました。日本工芸会は、陶芸や染織など伝統工芸の作家や技術者が加入する団体で、「日本伝統工芸展」をはじめとする展覧会を各地で開いているほか、後継者の育成などにも取り組んでいます。秋篠宮ご夫妻の長女の小室眞子さんが平成28年から総裁を務めていましたが、去年10月に結婚をして皇室を離れ退任していました。今年3月、日本工芸会側から願い出があり、佳子さまが14日付けで新しい総裁に就任し、今後、「日本伝統工芸展」の受賞作品を選んだり、授賞式に出席されたりすることになります。宮内庁によりますと、佳子さまは、これまでも総裁だった眞子さんに同席して、日本工芸会から説明を受けるなど、日本の工芸に高い関心を持たれているということです。

※6/14 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶35,744,899人・ 死者 6百310,428人!。★多い国①アメリカ感染者85,632千者1,011千人②インド感染者43,230千人者524千人③ブラジル感染者31,497千人死者668千人④フランス感染28,917千人死者145千人⑤ドイツ感者26,915千人死者139人⑥英国1染者22,410千人死者179千。⑦韓国感染者18,239千人死者24千人。

★露が避難ルート破壊 東部要衝孤立!。ロシア、ウクライナ東部要衝を孤立化 避難ルートの橋破壊[キーウ(キエフ)14日 ロイター] - ウクライナ当局は、東部の要衝セベロドネツクから市民を避難させる最後のルートだった橋をロシア軍が破壊したと明らかにした。

★世界の核使用リスク「冷戦後で最大」…プーチン大統領「使用辞さず」の姿勢から!。ロシアのプーチン大統領 スウェーデンストックホルム国際平和研究所は13日、世界の核軍備に関する報告書を発表した。世界の核弾頭の数は減っているものの、プーチン露大統領が、ウクライナ侵攻に際して核兵器使用も辞さない構えを示したことなどから「核兵器が使用されるリスクは冷戦後で最大」と危機感を示した。米、露、英、仏、中、印、パキスタンイスラエル北朝鮮の9か国が保有する核弾頭数(今年1月時点の推計)は、前年比375発減の1万2705発だった。最多がロシアで前年比278発減の5977発。2位の米国は同122発減の5428発、3位の中国は前年と同じ350発。北朝鮮は、20発保有すると初めて明示された。 報告書では、核弾頭数が今後10年で増加に転じる予測も示された。増加すれば、冷戦後で初となる。報告書は、米露で老朽化した核弾頭の解体が進む一方、「全ての核保有国が核兵器の増産や改良を進めており、軍事戦略上の核兵器の役割はより鮮明になっている」と指摘した。今後、核の抑止力を強化する動きが進むとの見通しを示した。同研究所は「核保有国が軍縮に向け、ただちに具体的な行動をとらなければ、冷戦以来で初めて増加に転じる可能性がある」と警告している。

★水陸両用部隊の指揮官集まる国際シンポジウム 日本初開催!。インド太平洋地域などから水陸両用部隊の指揮官が集まる国際シンポジウムが始まり、東京都内で開会式が行われました。アメリ海兵隊が主導するこのシンポジウムが日本で開かれるのは初めてで、中国の海洋進出などを念頭に連携強化を図るねらいがあるとみられます。「PALS」と呼ばれるこのシンポジウムは、インド太平洋地域の平和と安定に向けて、友好国の水陸両用作戦の能力を高めることなどを目的に、アメリ海兵隊が主導して7年前から行われています。今回はアメリカ側の提案で、初めて日本での開催となり、都内のホテルで開かれた開会式には、オーストラリアやフィリピンなど18か国から参加した、およそ70人の指揮官らが出席しました。この中で、陸上自衛隊トップの吉田圭秀陸上幕僚長は「インド太平洋地域では、大国間の競争に加え、核不拡散体制への挑戦やテロなど、多層的な脅威が集約している」と述べ、連携を呼びかけました。16日まで開かれるシンポジウムでは、全体会議が行われるほか、各国の指揮官らが自衛隊の基地を訪れ、陸上自衛隊の水陸両用車や、陸上自衛隊アメリ海兵隊の輸送機、オスプレイなどを視察することになっています。シンポジウムにはイギリスやフランスも参加していて、中国の海洋進出などを念頭に、インド太平洋地域の平和と安定に向けて多国間の連携強化を図るねらいがあるとみられます。

★米韓外相会談で韓国外相「GSOMIA 正常に運用すべき」!。アメリカと韓国の外相会談が行われ、北朝鮮が核実験に踏み切った場合には、日本を含む3か国で連携し、速やかに対応することを確認しました。一方、韓国のパク・チン(朴振)外相は、北朝鮮への対応のためにも日本との軍事情報包括保護協定=GSOMIAを正常に運用すべきだという考えを示しました。韓国のパク・チン外相はユン・ソンニョル(尹錫悦)政権発足後初めてアメリカを訪問し、13日、ワシントンでブリンケン国務長官と会談しました。会談後、両外相はそろって記者会見し、北朝鮮による7回目の核実験の可能性に懸念を示した上で、実際に行われた場合には、日米韓の3か国で連携し、速やかに対応することを確認したと明らかにしました。ブリンケン長官は「われわれの目標は地域と世界の平和と安定だ。北朝鮮が方針を変更するまで圧力をかけ続ける」と述べ、北朝鮮に対話を呼びかけつつも、挑発には強い姿勢で臨む考えを強調しました。又、パク外相は「核実験をはじめとする北のいかなる挑発に対しても、われわれの同盟や国際社会は団結して力強く対応することを確認した」と述べました。一方、パク外相はムン・ジェイン文在寅)前政権が一時、破棄すると通告した日本との軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて「北の脅威に対応するため、安全保障に関する協力と情報共有は日本との関係同様できるだけ早く正常化することを望む」と述べて、北朝鮮への対応のためにもGSOMIAを正常に運用すべきだという考えを示しました。松野官房長官北朝鮮の完全な非核化に向け連携」松野官房長官は、閣議のあとの記者会見で「核・ミサイル活動を活発化させる北朝鮮への対応は、これまでもアメリカや韓国との間で緊密に意思疎通を行っている。政府としては引き続き必要な情報の収集・分析と、警戒監視に全力を挙げていくとともに、北朝鮮の完全な非核化に向け、日米や日米韓で連携していく」と述べました。また、ムン・ジェイン前政権が一時、破棄すると通告した日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて「日韓の間の安全保障分野における協力と連携を強化し、地域の平和と安定に寄与するものと認識している。北朝鮮弾道ミサイルの発射を繰り返すなど、現下の厳しい安全保障環境を踏まえれば、本協定が引き続き安定的に運用されていくことが重要だ」と述べました。岸防衛相「円滑な運用に向け 相互の意思疎通を期待」ムン・ジェイン前政権が一時、破棄すると通告した日韓の軍事情報包括保護協定=GSOMIAについて、岸防衛大臣閣議のあとの記者会見で「現場ではしっかり機能しているとは思うが、さらなる円滑な運用に向けて相互の意思疎通が行われることを期待している」と述べました。

      

★ロシア マクドナルドからロシア資本の店へ その意味はウクライナへの軍事侵攻後、欧米などの企業の事業撤退が相次ぐロシア!。撤退したアメリカのハンバーガーチェーン大手、マクドナルドの店舗を利用して、ロシア資本の新たなハンバーガーチェーンが12日、15の店舗で営業を始めました。マクドナルドが開店したのはソビエト時代末期の1990年。当時は、西側の資本や資本主義的な手法を導入する象徴的な出来事として受け止められました。そのマクドナルドに代わるロシア資本の店がオープンしたことが、どのような意味を持つのか。

  ★少女に襲いかかる無数の手・泣く女性…「陰鬱な絵」描くウクライナの子、心に侵攻の影!。公園に並べられた子どもたちの絵を見る親子連れ(5月下旬、ウクライナ・キーウで 長期化するロシア軍のウクライナ侵攻は、子どもたちの心にも影響を及ぼす。描く絵は陰鬱(いんうつ)になり、憎悪をむき出しにする子どもたちも多い。向き合う大人たちの思いも複雑だ。5月下旬の日曜日。首都キーウ中心部のナタリカ公園に、子どもたちの絵が並んでいた。兵士に抱きつく子どもを描いたユリアさん(11)の父は、ウクライナ軍の兵士だ。「お父さんが前線に行くことになったので、絶対に帰ってきてほしいという願いを込めて描いた」という。思いが届いたのか、この日は一時帰宅していた父と一緒に公園を訪れ、絵の前で写真に納まることができた。「お父さんとウクライナの兵士たちを応援しています」。そう、うれしそうに話した。只、並んでいる絵の雰囲気は明るくはない。母子を守る兵士や泣いている女性、少女に襲いかかる無数の手など、侵攻の影をうかがわせる。公園では、そんな子どもたちの心を癒やそうと、多くのボランティアが活動していた。美術学生マリア・ジュイコバさん(17)は、パン作りを教えに来ていた。自身も不安でいっぱいだ。大学で専門的に絵画を学ぼうと考えているが、侵攻下で見通せない。「一日も早く争いが終わり、子どもたちみんなが、好きなことを好きなだけできるようになってほしい」と語った。キーウとその周辺で親子の姿を見かけるのは、あちこちにある壊れたロシア軍の戦車などの周りだ。ロシア軍の撤退後に多数の民間人遺体が見つかったブチャには、焼け焦げた戦車など約10両が放置された「戦車の墓場」と呼ばれる場所がある。砲身にまたがって無邪気に遊ぶ子もいれば、憎々しげに車体を蹴ったり、たたいたりする子がいる。「ここで何が起きたのかを子どもたちに教えたかった。自分の目で真実を見てほしい」。長男(14)と次男(7)を連れて来たタチアナ・ザポースキさん(42)はそう言ったが、連日、多くの親子連れが訪れ、この場所で記念写真を撮る姿を目にしている近所の教員ソフィア・モートーズさん(22)は戸惑う。「とても悲しい光景だと思う。教え子にこの事実をどのように伝えればよいのか分からない」■心のケアに「親子が集える場所必要」侵攻で傷ついた子どもたちの心のケアに何が求められるのか。諏訪赤十字病院(長野県諏訪市)の臨床心理士・森光玲雄さん(42)は「まず必要なのは、親子が安心して集える場所だ」と訴える。森光さんは、ロシアによるクリミア併合(2014年)後に起きたウクライナ東部の紛争で避難を余儀なくされた人々を支援するため、2015年から7回、現地に入った経験がある。「当時も避難してきたのは女性や子どもたちが大半だった。砲撃への恐怖から音に敏感になったり、夜眠れなくなったりする人が多かった」と振り返る。無口になったり、母親にしがみついて離れなくなったりした子どもも多く見たが、好きな遊びに夢中になることで落ち着きを取り戻した。母親たちにとっても、同じような境遇にある人たちと顔を合わせることで悩みが共有でき、ストレスの軽減につながったという。森光さんは、今回の侵攻で国外に逃れたウクライナ難民を支援するため、日本赤十字社の派遣で6月上旬、隣国ポーランドに渡った。出発前の取材に、森光さんは「侵攻が長期化し、生活再建に踏み出す人がいる一方で、新しい土地で人間関係を築くのに苦労したり、貧困状態に陥ったりする人もいて、格差が生まれつつあるのではないか」と指摘。「ウクライナの国内外に支援拠点を増やし、必要な人には専門家の助言が受けられる体制を早急に整える必要がある」と強調した。

★「プーチン6月辞任」説の現実度 フジ風間解説委員「プーチンは無事でいられるのか」!。 12日(2022年6月)の「ロシアの日」(建国記念日)に、プーチン大統領は「この国の歴史への誇りと将来への希望で満たされている」と演説した。ただ、筑波大の中村逸郎名誉教授は「プーチン6月辞任」説を主張する。13日の「めざまし8」はこの「6月辞任」説を検証した。中村教授は、この日の演説で「ウクライナ侵攻への直接の言及がなかった」点に注目する。また、ロシアでは、毎年6月に行われる「国民との対話番組」の日程が決まらない。去年の6月30日には、国民との直接対話「プーチン・ホットライン」で、同大統領が国民から寄せられた質問に、4時間にわたって答えるテレビの生放送が行われた。「単にやめるだけだと...」中村教授は、番組延期に関連して、「私は6月がヤマ、最後だと思っている。限界説っていうのを考えている。政治ショーができないのは、プーチン大統領にとって非常に痛い。プーチン政治を正当化する口実さえできないということで、近々、辞任を念頭に置いているのではないか」。さらに、「毎年発表している、年次教書が出ていないことも関係している」という。「やはり政権を放り出すのか。それともやめる気があるから、ここで年次教書を発表して、国民に何か約束をすることは意味がない、と」。13日には、ロシアから撤退したマグドナルドの後継店がオープンした。その名は、「フクースナ・イ・トーチカ(おいしい。それだけだ)」。女性店員らが胸元につけるバッジには、「まさにその笑顔」と書いてあった。オープンの会見後には、「ビッグマックを戻せ!」と書いた紙を持った男性が、いきなり中央に現れるハプニングも。コメンテーターの風間晋・フジテレビ解説委員は、「辞任ということでぼくが一番疑問に思っているのは、辞任して、それでプーチンは無事でいられるのか。権力の継承が、制度として決まっていない国なので、前のエリツィン大統領からプーチン大統領(への継承)も、汚職や疑惑の追及をしないという密約があったからそうなった、と言われている。それを考えると、単にやめるだけだと、プーチンさんはおおごとになるんじゃないか。それはとてもできないんじゃないか」。MCの谷原章介「継承が決まった場合に、うまいことスライドして辞任があるとしたら、このウクライナへの政策は変わらないのでしょうか」風間「前任者の政策をまるまるひっくり返すのは、なかなかやれないのは、洋の東西を問わず同じじゃないですか。すぐに変わるというのは、どうなのかと思う」。

ウクライナで何が?:戦闘放棄するロシア兵たちの証言!。兵士が戦場で戦闘を拒否するのは容易なことではない。母国に対する裏切りとして、厳しく処断される可能性もあるのだ。戦闘を拒否する兵士たち 兵士が戦場で戦闘を拒否するのは容易なことではない。母国に対する裏切りとして、厳しく処断される可能性もあるのだ。

★「17の村が焼き払われた」スーダンで民族間衝突 100人以上死亡!。2005年、民族間の争いによって焼け野原になった村=スーダン西ダルフール州 スーダン西部ダルフール地方で先週以降、アラブ系と非アラブ系住民が衝突し、100人以上が死亡した。AFP通信などが報じた。2020年に国連の平和維持軍が活動を終了して以降、ダルフール地方では民族間の衝突が激しさを増し、被害が広がっている。同通信によると、衝突が起きたのは西ダルフール州。アラブ系住民1人と非アラブ系住民1人の間の土地争いをきっかけに、他の住民を巻き込む大規模な争いに発展したという。非アラブ系住民の一人は13日、同通信に「戦闘でこれまで少なくとも117人が殺され、17の村が焼き払われた」と話した。犠牲者の多くは非アラブ系住民といい、多くの行方不明者がいるという。同地方では民族間の争いで、4月だけで200人以上が犠牲になった。ダルフールでは03年、当時のバシル大統領が率いるアラブ系中心の政権に対し、非アラブ系の反政府勢力が武装蜂起。政権が支援するアラブ系民兵が非アラブ系の村を襲撃するなどして戦闘が激化し、推計約30万人が犠牲になった。

 

★日本生まれの巡視船「メルチョラ・アキノ」フィリピンで就役 ヘリや無人艇も運用OK!。円借款事業で建造・供与されたフィリピン最大の巡視船 フィリピン沿岸警備隊は12日(日)、首都マニラの港湾南地区において最新巡視船「メルチョラ・アキノ」の就役式典を実施しました。「メルチョラ・アキノ」は、日本政府による円借款事業「フィリピン沿岸警備隊海上安全対応能力強化事業(フェーズII)」によって供与された多目的対応船(Multi-Role Response Vessel:MRRV)です。なお、同型船の「テレサ・マグバヌア」もフィリピン沿岸警備隊に引き渡されており、こちらは5月6日に就役しています。【船内は?】同型船「テレサ・マグバヌア」に見る船内の様子ほか フィリピン沿岸警備隊の多目的対応船「メルチョラ・アキノ」(画像:在フィリピン日本大使館)。全長は約96.6m、総トン数は約2260トンと、同国沿岸警備隊に配備された船艇のなかでは史上最大を誇り、最大速力は24ノット(約44.45km/h)、4000海里(約7400km)以上の航続距離を有するほか、排他的経済水域EEZ)を監視する能力を持つ通信設備や、ヘリコプターの発着艦設備、遠隔操作型の無人潜水艇、高速作業艇など、海洋状況の把握と海事法の執行活動に必要な装置や機器を装備しているといいます。建造は三菱重工の下関造船所江浦工場が担当。設計には海上保安庁のくにがみ型巡視船がベースとして用いられており、2021年11月18日に進水し、各種艤装や試験ののちフィリピンへ向け回航され、このたび就役となりました。尚、「メルチョラ・アキノ」の就役式典にはフィリピンのドゥテルテ大統領も参列。フィリピン最新最大の巡視船が2隻揃ったことを祝福するとともに、同国沿岸警備隊がフィリピンの主権維持に役立っていると訓示しました。

★パラ競泳 世界選手権 男子100mバタフライ 木村敬一が金メダル!。パラ競泳の世界選手権は13日、男子100メートルバタフライ視覚障害のクラスに、東京パラリンピックでワンツーフィニッシュを果たした木村敬一選手と富田宇宙選手が出場し、木村選手がパラリンピックに続いて金メダルを獲得し、富田選手は銅メダルでした。ポルトガル領のマデイラ島で行われている、パラ競泳の世界選手権は大会2日目の13日、男子100メートルバタフライの視覚障害のクラスが行われました。東京パラリンピックのこの種目でワンツーフィニッシュを果たした木村選手と富田選手が出場した決勝は、前半の50メートルを富田選手が2位、木村選手が3位で折り返しました。後半、木村選手が持ち味の力強い泳ぎで富田選手とオランダのロヒエル・ドルスマン選手をかわしてトップに立つと、1分2秒68のタイムでフィニッシュしました。木村選手はこの種目で前回、2019年の世界選手権と去年の東京パラリンピックに続く金メダル獲得で、今大会の日本勢で最初の金メダルとなりました。一方、富田選手は1分3秒64のタイムで銅メダルでした。た、男子100メートル自由形運動機能障害のクラスには、この種目の東京パラリンピック金メダリストの鈴木孝幸選手が出場し1分23秒36のタイムで銀メダルでした。さらに、男子50メートル背泳ぎ運動機能障害のクラスでは、両腕に障害がある16歳の高校生、日向楓選手が持ち味の力強いキックを見せて37秒98のタイムで3位に入り、世界選手権で初めてのメダルとなる銅メダルを獲得しました。木村「最後は自分のプライドと戦った」男子100メートルバタフライ視覚障害のクラスで金メダルを獲得した木村敬一選手は「トレーニングが十分にできていたとは言い切れなかったので、あまり自信はなかったが、最後は自分のプライドと戦って頑張ることができた」とレースを振り返りました。そのうえで「パラリンピックでチャンピオンになってから、最初の金メダルを取ることができたので、また一つ選手として人間としてステップアップできた気がする」と充実感をにじませていました。日向「銅メダルを取れたことは大きな一歩」男子50メートル背泳ぎ、運動機能障害のクラスで銅メダルを獲得した16歳の日向楓選手は「世界選手権でのメダル獲得は名誉なことなので、とてもうれしい。手応えはものすごくあり、練習の成果が得られてよかった」と話していました。そして出場を目指す再来年のパリパラリンピックについて「ここで銅メダルを取れたことは大きな一歩になった。パリへ向けて、改善できるところを探しながら練習していきたい」と話していました。

★国内感染者 29人死亡(累計3万955人)・1万5,31人感染(累計907万8,876人)!。東京都で6人、広島県で3人、愛知県で3人、青森県で3人、京都府で2人、兵庫県で1人、和歌山県で1人、大阪府で1人、山形県で1人、岡山県で1人、岩手県で1人、滋賀県で1人、熊本県で1人、神奈川県で1人、福岡県で1人、静岡県で1人、鹿児島県で1人の合わせて29人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め907万8164人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて907万8876人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万942人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万955人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は14日の新たな感染者数です。▽東京都は156万4608人(1528)▽大阪府は99万2562人(1590)▽神奈川県は76万5402人(652)▽埼玉県は55万8806人(445)▽愛知県は55万6364人(1068)千葉県は45万5791人(351)▽福岡県は43万6540人(593)▽兵庫県は43万4052人(650)▽北海道は37万1416人(621)▽沖縄県は23万2589人(1342)▽京都府は20万7400人(296)▽静岡県は17万5181人(349)▽広島県は16万3554人(312)▽茨城県は16万1738人(155)▽岐阜県は10万4519人(372)▽熊本県は10万3162人(553)▽岡山県は10万1772人(173)▽群馬県は9万6365人(155)▽滋賀県は9万2941人(202)▽奈良県は9万2877人(67)▽栃木県は9万2557人(122)▽宮城県は9万461人(305)▽鹿児島県は8万8099人(481)▽三重県は8万4519人(126)▽長野県は7万5801人(177)▽新潟県は7万3890人(102)▽福島県は6万5076人(111)▽長崎県は6万2071人(283)▽青森県は6万297人(226)▽石川県は5万8104人(80)▽大分県は5万6176人(140)▽宮崎県は5万5606人(157)▽佐賀県は5万4062人(187)▽香川県は4万9654人(96)▽山口県は4万7042人(145)▽和歌山県は4万3197人(64)▽愛媛県は4万1824人(193)▽富山県は3万8560人(113)▽福井県は3万7190人(77)▽岩手県は3万6631人(135)▽山梨県は3万3683人(85)▽秋田県は3万1470人(96)▽山形県は2万9458人(74)▽高知県は2万8949人(141)▽徳島県は2万3287人(77)▽島根県は1万7451人(30)▽鳥取県は1万5693人(21)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万9544人(13)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、14日時点で61人(±0)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、14日時点で、▽国内で感染が確認された人が887万9350人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて888万9人となっています。又、今月12日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で2万172件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★「急速な円安進行を憂慮 一層の緊張感持って注視」鈴木財務相!。円相場が13日、一時およそ24年ぶりに1ドル=135円台前半まで値下がりするなど、このところ円安が一段と加速していることについて、鈴木財務大臣は「急速な円安の進行を憂慮している」などと述べました。鈴木財務大臣は14日の閣議のあとの記者会見で「為替相場は、ファンダメンタルズ=基礎的条件に沿って安定的に推移することが重要だが、最近の為替市場では急速な円安の進行が見られて憂慮している。政府としては、日本銀行と緊密に連携しつつ、為替市場の動向や経済、物価などへの影響を一層の緊張感を持って注視していく」と述べ、警戒感を示しました。そのうえで「為替政策については過度の変動や無秩序な動きは、経済や金融の安定に悪影響を与えうるといったG7などで合意された考え方を踏まえて、各国の通貨当局と緊密な意思疎通を図りつつ、必要な場合には適切な対応をとりたい」と述べ、市場の動きをけん制しました。

 ★持続化給付金詐欺「現地ドバイで投資会社を設立」容疑者供述!。国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして中東のドバイに出国していた31歳の容疑者が 逮捕された事件で、容疑者が調べに対し「現地で投資会社を設立した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は長期滞在できるビザの取得に加え、不正受給で得た資金の運用が目的だった疑いもあるとみて調べています。住所・職業不詳の松江大樹容疑者(31)はおととし、個人事業主を装い、新型コロナウイルスの影響で事業収入が大幅に減ったといううその申請をして国の持続化給付金をだまし取ったとして、中東のドバイから帰国した13日、詐欺の疑いで逮捕されました。グループの主要なメンバーが逮捕された直後のことし2月上旬にドバイへ出国していたことが分かっていますが、調べに対し「現地で投資会社を設立した」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。会社を立ち上げると「法人設立ビザ」を取得でき、3年間、滞在が可能になるということで、警視庁はこのビザの取得が主な目的だったとみています。又、容疑者は逮捕された東京国税局の職員らのグループの指示役で、振り込まれた給付金のおよそ8割を受け取っていたとみられるということで、警視庁は不正受給で得た資金の運用が目的だった疑いもあるとみて詳しいいきさつを調べています。調べに対し、不正受給の疑いについては認否を留保しているということです。

★幼稚園にポルシェ突っ込む 中には園児が...40代女性が運転!。仙台市中心部の幼稚園に、ポルシェが突っ込んだ。事故があったのは、仙台市青葉区一番町の幼稚園。消防によると、14日午後4時半ごろ、40代の女性が運転するスポーツカーのポルシェが、幼稚園の正門に突っ込んだ。女性は手首に痛みを訴え、病院に搬送されたという。幼稚園によると、事故当時、ほとんどの園児たちはすでに帰宅していた。園内には、預かり保育中の園児数十人と職員がいたが、けがをした人はいなかった。幼稚園では、正門が使えなくなったことから、隣の小学校から出入りするなどの対応をとっているという。

★出光興産 山口製油所の操業を停止へ 水素などの基地に活用検討!。石油元売り大手の出光興産は、山口県の山口製油所でのガソリンなどの精製を、再来年に停止すると発表しました。脱炭素の流れに対応するため、水素やアンモニアの受け入れ基地としての活用を検討するということです。発表によりますと、出光興産は山口県山陽小野田市にある山口製油所でのガソリンなどの精製を、2年後の2024年3月をめどに停止します。山口製油所は出光が38%出資する西部石油の製油所で、ガソリンの生産量は年間で150万キロリットルと、グループ全体のおよそ1割を占めています。出光としてはほかの製油所の稼働率を引き上げることで、グループとしての安定供給は維持できるとしています。一方、今後は西部石油のすべての株式を取得して子会社化するとともに、山口製油所は閉鎖せず、国家備蓄の機能などは残すとしています。その上で、脱炭素の流れに対応するため、将来は二酸化炭素を排出しない水素やアンモニアなどの受け入れ基地として活用を検討し、配置転換を進めるなどして雇用も維持するとしています。会見で出光興産の丹生谷晋副社長は「高齢化や人口減少といった構造的な要因に加えて、世界的な脱炭素の潮流を受けて石油製品の需要が減少するスピードは、従前の予測よりも速まっている」と述べました。国内の製油所をめぐってはENEOSホールディングスが和歌山県有田市にある和歌山製油所を閉鎖する方針を発表するなど、閉鎖や停止の動きが広がっています。

 ★200~300m滑落か 北アルプス常念岳で身元不明の遺体 県警ヘリが東側斜面で発見 日帰りで登山予定の男性か!。北アルプス常念岳 14日午前11時ごろ、北アルプス常念岳の東側斜面(標高約2750メートル)で身元不明の男性の遺体が発見されました。警察によりますと、14日午前7時ごろ松本市内に住む男性から「13日に日帰りで常念岳に登る」と言ったまま友人と連絡がとれないと通報がありました。県警ヘリが捜索にあたり、午前11時ごろ東側斜面で倒れている男性を発見し収容しました。男性は登山道から200~300メートルほど離れたところで倒れていて、滑落した可能性もあるということです。警察は行方を捜していた男性とみて身元の確認を進めています。男性の身体の特徴は年齢20歳代、身長170センチメートルくらい、体格は中肉、グレー色の衣服上下を身に着けていました。

★バスと軽乗用車が衝突「頭が真っ白で…」!。小雨のなか、車道を走る1台の軽乗用車。よく見ると、車道のそばには「止まれ」の標識も見えます。ところが、次の瞬間でした。軽乗用車が一時停止をせず、交差点内に進入すると、右側から来たバスが軽乗用車の側面に衝突。その弾みで、軽乗用車は電柱にぶつかり、停止しました。撮影者によりますと、軽乗用車を運転していたのは40歳女性で、小学生の女の子も乗っていましたが、2人とも大きなけがはなかったということです。一方、バスには、乗客乗員合わせて11人が乗っていて、乗客の女性2人が首の痛みを訴えているといいます。注意を促すため、路面が赤く塗られていたにもかかわらず、一体なぜ、軽乗用車は一時停止をしなかったのでしょうか? 撮影者:「事故後、軽乗用車を運転していた女性に『なぜ止まらなかったのか?』と聞くと、『頭が真っ白で覚えていない』と言っていました。『よそ見とかしたんですか?』と聞きましたが、全然覚えていないという感じでした」。