※6/8 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶33,040,400人・ 死者 百302,261人!。★国内感染者 21人死亡(累計3万837人)・ 1万8,416人感染 (累計899万4,452人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦の”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日9(木)24℃15℃曇 明日10(金)25℃17℃曇/雨 明後日11(土)25℃18℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

 

★梅雨本番へ 6月下旬から大雨恐れ!。気象庁1か月予報 梅雨本番で大雨警戒 6月後半からは気温高い 6月下旬からは大雨のおそれ今日9日(木)、気象庁は6月11日から7月10日ま1か月での予報を発表しました。

★ひっそり 森の幽霊 県中央植物園でギンリョウソウ開花!。緑の中、地面から白い茎を伸ばすギンリョウソウ=県中央植物園 白い見た目から「ユウレイタケ」とも呼ばれるギンリョウソウ(銀竜草)が、富山市婦中町上轡田の県中央植物園で開花した。ぐずついた空模様となった7日は、ぬれて濃さを増した森の緑にひっそりと咲く姿が映えていた。ギンリョウソウはツツジ科の植物で、光合成を行う葉緑体がなく、茎や葉が透明感を帯びて白くなる。養分は樹木から菌類を通じて吸収する。来園した女性は「不気味だけど、どこかユーモラスですね」とほほ笑んだ。見頃は今月中旬まで。

嵐山町 アジサイ色づきはじめる/埼玉県!。嵐山町金泉寺では、梅雨を代表するアジサイに鮮やかな色が付き始めました。「あじさい寺」の名で親しまれている嵐山町越畑金泉寺では、住職の塚本智雄さんが50年近くかけて少しずつ株を増やして手入れしてきたおよそ100種類・5800株のアジサイを楽しむことができます。アジサイは種類によって見ごろが異なり、現在は数種類のアジサイが色づきはじめ、梅雨空を彩っています。去年とおととしは新型コロナウイルスの影響で一般の見学を中止していましたが、ことしは3年ぶりに自由に見学することができるようになり、訪れた人が色づき始めたアジサイのグラデーションを楽しんでいました。金泉寺アジサイは来週から一気に色づきが進んで一番の見ごろを迎え、7月中旬ごろまで楽しめるということ。

★ナスカに新たな地上絵 植物か、長さ60メートル!。南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南部ナスカの丘陵地で7日までに、植物を描いたとみられる地上絵が新たに発見された。長さ約60メートル、幅約30メートルで、トウモロコシか、地元に自生するハマビシ科の植物を描いたものとみられる。地元メディアが報じた。

★女性がハンバーガーを食べ始めたら…背後からトビが半分奪う、左頬にミミズ腫れ10cm!。鳥取市役所そばの公園を低空飛行するトビ(鳥取市幸町で)© 読売新聞 鳥取市役所そばの公園を低空飛行するトビ(鳥取市幸町で)とべとべ とんび 空高く――。童謡にも歌われ、のどかな風景が似合うトビ(トンビ)だが、最近、鳥取市の中心部で人が襲われるケースが相次いでいる。猛スピードで近づいてきたトビと接触してけがをするケースもあり、専門家は「人間の食べ物の味を覚えたトビが、今後も繰り返し狙ってくる可能性は高い」として注意を呼びかける。5月半ばの晴れた日曜の昼、鳥取市役所横にある公園で、親子連れや若者が、遊具で遊んだり昼ごはんを食べたりしてくつろいでいた。1組の家族連れが近くで買ったハンバーガーを食べ始めたそのとき、1羽のトビが飛び込んできた。女性(79)の背後から近づくと、そのままハンバーガーを半分奪って飛び去った。「一瞬のことで、何が起きたのかわからなかった」女性の左頬には10センチほどのみみず腫れができた。翌日には痛みは治まったが、そばには小学生と保育園児のひ孫もいた。「もし子どもたちが襲われていたらと思うと本当に怖い」と振り返る。野生動物の保護や管理を担う鳥取県や公園を管理する鳥取市は、付近でトビによる被害は把握していないという。ただ、公園ではこの日、女性が襲われた前後にも、トビが人の食べ物を狙う様子が見られた。別の日には公園近くのJR鳥取駅南のロータリーでも、袋に入ったパンを手にした男性が狙われる事例があった。■引っかかれると感染症のおそれも 鳥取県立博物館(鳥取市)の学芸員(自然担当)の一澤圭さんは「県内ではこれまでトビによる被害はあまり聞いたことはなかったが、何らかのきっかけで人間の食べ物を食べて『おいしいエサ』と学習したのでは」と推測。「今後も繰り返すことは十分ある」と話す。その様子を見た別のトビがまねをする可能性もあるという。トビはタカ科の鳥。「ピーヒョロロー」と鳴いて輪をかくように飛び、県内では住宅地の上空などでもよく見られる。主に死んだり弱ったりした魚や動物などを食べるが、住宅地でごみをあさることもあるという。身近な野鳥だが、一澤さんは人から食べ物を奪う状況について「人間にとってもトビにとっても良くない」と指摘する。トビの爪やくちばしは鋭いうえ、動物の死骸などに触れて不衛生なため、引っかかれると感染症を引き起こすおそれがある。また人間の食べ物は油分や塩分が多く、トビに適しているとは言えない。「餌付けをしないのはもちろんだが、ごみ出しを適切に行うなど、不用意に野生動物との距離を縮めないことが大事」と話す。屋外で食事をする際に、トビの標的にならないようにするにはどうすればいいのか。被害が散発している神奈川県では、県がホームページで「食べ物を持った手を上にあげない」「帽子や日傘で頭を守る」などの対策を呼びかけている。トビは後方から飛びかかってくることが多いため、壁を背にするのも有効という。一澤さんは「非常に目がいい鳥なので、上空の高いところにいても見られている可能性がある。油断せずに対策をとってほしい」と強調する。 鳥取市は、市役所横の公園に「トンビに注意!!」というはり紙を設置して、飲食中の注意を促している。

★「おいこら!勝手に採るな!」山菜泥棒と遭遇、犬たちがおじさん2人組を撃退 「スカッとした」「最強セコム」!。お手柄のボルゾイのラフィキくん(左)とシェパードのドンくん(画像提供:中道 智大さん)お手柄のボルゾイのラフィキくん(左)とシェパードのドンくん(画像提供:中道 智大さん。敷地内に現れた2人組の山菜泥棒を1人と2頭で追いかけたら、車に乗り込み、尻尾を巻いて逃げて行った…。たくましいワンちゃんたちのエピソードがツイッターで話題です。投稿したのは、北海道標茶町(しべちゃちょう)でラブ・ボルゾイ・シェパード・ビーグルの4匹の犬たちと暮らし、自然写真を撮影している写真家の中道 智大さん(@ton_dog_beagle)。185センチと長身な中道さんと、体重45kg、40kgほどある大型犬のボルゾイとシェパードで山菜泥棒に向かっていったところ、あまりの迫力に圧倒されたのか山菜泥棒は逃げて行ったそうです。当時の状況を中道さんに伺いました。たくましい2頭は「遊んでもらえると思って…」ーー当時の状況を詳しく教えてください。「うちの敷地内で1ヶ月ほど前から山菜泥棒が来ていたようで、近所の方が注意してくださったとだけ聞いておりました。その日、私が夕方いつもより早く帰宅し犬達と庭で遊んでいた所、遠くに車が止まっているのが見えて(敷地が7000坪ありますので遠くに見えた)。不審に思い気付かれないように確認した所、山菜泥棒がまさに山菜を採っている所でした。一度戻り、犬達の中でも大きい2頭を連れて『おいこら!勝手に採るな!人の敷地だ!』と言いながらダッシュしたところ、慌てて車に乗って消えていきました。おじさん2人組でした。2頭は敷地内で放し、車で逃げたのを確認したので呼び戻しました」ーー画像の2頭は凛々しい姿でしたね「ボルゾイとシェパードです。名前はボルゾイがRafiki(ラフィキ)、シェパードはドンで、どちらオスです。どちらも普段はめちゃくちゃ甘えん坊で、決して人を噛んだりはしません。泥棒を追いかけたのも、遊んでもらえると思ってただ走っただけでした」ーー投稿から3日ほど経ちますが、その後泥棒は?「その後、来ていないようです」ーー4.8万いいねがつくほどの反響です「何気なくツイートしたものがバズってしまい、通知が止まらず自分でも驚きました。しかし中には『うちも良くやられるので、ツイート見てスカッとした』と言ったご意見や、うちの犬達を褒めてもらえるメッセージを沢山頂いたので嬉しかったです」ツイッターでは、「でっけぇのとでっけぇのとでっけぇのに追われたら流石にトラウマになって来ないと思う!!!」「スゲェ 普通に失神するわww」「そりゃ光の早さで逃げるよなぁー シェパードとボルゾイに追跡されたら」「かっこいい!」「猟犬と軍用犬の組み合わせは最強の布陣で草」「最強のSECOM」と反応が相次ぎました。山菜泥棒という災難に見舞われた中道さんでしたが、「自身の活動を多くの方に知って頂けた事は、結果的に嬉しく思います」と語ってくれました。中道さんのツイッターには、北海道標茶町の自然や生き物などを収めた写真が多数掲載されています。気になる方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。中道さんのツイッターhttps://twitter.com/ton_dog_beagle

★ご神木にプーチン氏わら人形、「抹殺 祈願」の紙も…「ウクライナ思う気持ちわかるがやり方まずい」!。 ご神木に打ち付けられたわら人形(松戸市で)=三日月神社提供 松戸市内の神社で5月の連休明けから、境内のご神木などの木々にロシアのプーチン大統領の写真を付けたわら人形がクギで打ち付けられているのが相次いで見つかっている。ロシアのウクライナ侵攻への抗議の意が込められているとみられるが、神社関係者は「ご神木を傷つけるのは許せない」と非難している。千葉県警松戸東署によると、JR常磐線の沿線を中心に約10か所の神社で同様の人形が確認されている。同署は器物損壊容疑などの可能性があるとみて、調べている。 松戸市内の三日月神社では5月24日、ご神木のシイの木に長いクギ2本で打ち付けたわら人形が見つかった。「ウラジーミル・プーチン 1952年10月7日生まれ、70才、抹殺 祈願」と書かれた紙もはさまれていた。防犯カメラを確認したところ、19日昼過ぎ、わら人形のようなものを入れたバッグを肩から下げた男性が本殿に向かう様子が映され、別のカメラには、参拝後、この男性がご神木の方向に向かう姿も映っていた。神社の男性役員は「ウクライナを思う気持ちはわかるが、ご神木に打ち付けたクギの穴が残った」と話す。 同神社から数百メートル離れた蘇羽鷹(そばたか)神社でも、5月中旬から同下旬にかけ、ご神木のシイの木に巻いてあるしめ縄の近くにわら人形が打ち付けられていた。発見した同神社の掃除ボランティアの男性は「呪いをかけたわら人形は、気持ちが悪い。ウクライナに早く平和が来るように毎日祈っているが、こんなやり方はまずい」と話している。

※6/8 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶33,040,400人・ 死者 百302,261人!。★多い国①アメリカ感染者85,003人死者1,009千人②インド感染者43,190千人死者524千人③ブラジル感染者31,266千人死者667千人④フランス感染28,825千人死者145千人⑤ドイツ感者26,583千人死者139千人⑥英国感染者22,349人死者178千。⑦韓国感染者18,188千人死者24千人。

   ★「ウクライナの利益、考慮しない合意は拒否」…自国抜きのロシア・トルコ外相会談に反発 !。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相=ロイターウクライナ外務省は7日、ロシア軍の黒海封鎖で穀物輸出が停滞している問題を巡り、ロシアとトルコの外相会談を前に声明を出し、「ウクライナの利益を考慮しない合意は拒否する」と強調した。ウクライナは、自国抜きに行われる協議がロシアのペースで進むことを警戒しており、ウクライナを交渉に加えることも求めた。タス通信によると、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は7日夕、トルコの首都アンカラに到着した。8日に、トルコのメブリュト・チャブシオール外相と協議する見通しだ。ウクライナは参加しない。ウクライナ外務省は声明で、トルコに対し、「封鎖解除に向けた努力に感謝する」とする一方、「ウクライナも含めた合意は、現状では存在しない」と述べた。ロシアは黒海封鎖を否定し、「ウクライナが機雷を設置している」などと主張している。一方、ウクライナ海軍は6日、SNSを通じ、露海軍黒海艦隊が海岸から100キロ・メートル以上後退したと指摘した。ただ、クリミア半島や、露軍が制圧を宣言した南部ヘルソン州から露軍によるミサイル攻撃が強まっているという。ウクライナ参謀本部によると、露軍は7日、東部ルハンスク州の要衝都市セベロドネツクに隣接するリシチャンスクなどにも砲撃を続けた。セルゲイ・ショイグ露国防相は7日、露軍幹部らと開いた会合でルハンスク州の「97%」を制圧したと主張したが、ウクライナ側も抗戦を続けている模様だ。ウクライナ国営通信によると、東部ハルキウの市長は7日、同市内の住宅地が露軍の砲撃を受け、少なくとも1人が死亡したと明らかにした。同市では6日深夜にも砲撃があり、攻撃が再び強まっている。

カンボジア 海軍基地でドックなどの起工式 中国が資金援助!。カンボジア南部の海軍基地で中国の資金援助を得て倉庫やドックを建設するための起工式が8日行われました。この基地は、アメリカが中国軍による利用をたびたび指摘していますが、カンボジアの副首相兼国防相は改めてこれを否定しました。起工式はカンボジア南部のシアヌークビルにあるリアム海軍基地で行われ、ティア・バン副首相兼国防相や中国の大使らが参加しました。地元メディアによりますと、倉庫や船を修理するためのドックの建設が中国の資金援助を得て進められるということです。リアム海軍基地をめぐっては、アメリカの政府やメディアが中国軍による利用や施設の建設をたびたび指摘しています。これに関連して、起工式であいさつしたティア・バン副首相兼国防相は、アメリカ側の指摘を改めて否定し「カンボジアは防衛能力を引き上げるために友好国だけでなくほかの国からの支援も受けている」と強調しました。アメリカと中国の対立が深まる中、カンボジアは投資や支援を期待して中国との関係を重視しているため、アメリカは海軍や国防省の高官に制裁を科したり輸出規制を強化したりしてカンボジアへの圧力を強めています。

★食糧危機めぐる攻防 EU大統領「責任はロシアだけに」!。「食糧危機の責任はロシアだけにある」。6日、国連安全保障理事会では、EUのミシェル大統領が食糧危機に言及し、ロシアのネベンジャ大使を前に、こう批判しました。「大使、直視してください。私は数週間前オデーサで目撃した。何百万トンもの穀物・小麦が、ロシアの黒海艦隊のせいで、船のコンテナに積まれたままだった」。この発言の途中でネベンジャ大使は退席。するとミシェル大統領は、こう呼びかけました。「大使、退席してもいいですよ、真実を聞くより、楽でしょう」。ウクライナの南に広がる黒海では、ロシア軍の艦隊が展開しています。このためウクライナからの穀物の輸出が妨害されている状況です。今、この黒海をめぐる攻防に、世界の目が注がれています。ゼレンスキー大統領「7500万トンの穀物 輸出できないおそれ」 ウクライナのゼレンスキー大統領は6日、首都キーウで記者会見し、軍事侵攻を続けるロシアによってウクライナ南部の港が封鎖されたことで、2200万トンから2500万トンの穀物が輸出できない状態にあると述べ、ロシアを非難しました。そして、今後も港の封鎖が続いた場合、ことし秋までに合わせて7500万トンに上る穀物が輸出できなくなるおそれがあるとして、強い懸念を示しました。プーチン大統領「ロシアに責任を負わせようとしている」一方、ロシアのプーチン大統領は3日に放送された国営のロシアテレビのインタビューの中で「世界の食糧市場で起きている問題についてロシアに責任を負わせようとしている」と批判しました。そのうえで「ロシアは無条件で安全な航路を確保し、船の安全な入港を保証する。ウクライナから穀物を輸送する問題など存在しない」と述べ、ウクライナ南部の黒海に面する港から穀物の輸出を妨げる意図などはないと主張しました。香田洋二 元海将黒海の安全航行体制は喫緊の問題」 黒海で何が起きているのか、海の安全保障に詳しい、海上自衛隊の元海将の香田洋二さんは、「黒海をコントロールするという意味ではロシアが完全に握っている。実態としては輸出が完全に止まっているというのが現状と見ていいと思います」と指摘します。そのうえで、食糧危機を回避するには、「穀物を輸送する船についてはどの国も攻撃しないというしっかりとした約束、枠組みができないと、危なくて通れない。戦争の当事者であるロシアそれと黒海に通じる海峡をコントロールしているトルコこの2カ国が中心となって黒海の安全航行体制をつくるということは喫緊の問題だというふうに考えます」と話します。

★インドの中央銀行 2か月連続で利上げ決定 物価上昇抑えるため!。ウクライナ情勢も影響して世界的にインフレが続く中、インドの中央銀行は物価の上昇を抑えるため、2か月連続で政策金利を引き上げることを決めました。中央銀行に当たるインド準備銀行は8日、金融政策を決める会合を開き、政策金利を0.5%引き上げて4.9%にすることを決めました。3年9か月ぶりに利上げを決めた先月の臨時の会合に続いて、2か月連続の利上げになります。インドでは、エネルギーや食料品をはじめ、さまざまなものの値上がりで4月の消費者物価の上昇率が7.8%に上り、目標の上限の6%を上回っています。オンラインで会見したインド準備銀行のダス総裁は「ヨーロッパでの戦争が長期化し、食料やエネルギー価格が高騰し続けて世界的なインフレになっている。インドでもインフレが急拡大し、許容範囲を超えている」と述べ、物価の上昇を抑えるねらいを強調しました。又、ダス総裁は年内は目標を上回るインフレが続くとの見通しを示し、さらなる利上げの可能性も示唆しています。ロシアのウクライナへの軍事侵攻も影響する形で世界的にインフレが続く中、各国の中央銀行の間では金融引き締めを急ぐ動きが加速しています。

北方領土周辺の漁業協定、ロシアが停止 「日本側が義務果たすまで」!。方領土周辺海域での安全操業へ出港する船団=1998年、北海道羅臼町© 朝日新聞社 北方領土周辺海域での安全操業へ出港する船団=1998年、北海道羅臼町 ロシア外務省は7日、北方領土周辺海域での日本漁船による操業を定めた日ロ間の漁業協定の履行を停止すると発表した。日本政府が、履行に不可欠なサハリン州への技術支援に関する書類への署名を引き延ばし、「協定に基づく支払いを『凍結』した」と批判。日本側が義務を果たすまで、履行を停止せざるを得ないとしている。協定は1998年調印。同省は、協定は「日ロの漁業分野で重要なものの一つ」とし、日本の漁業者はロシア側からの割り当ての範囲内で操業できたとしている。日ロ間には複数の漁業協定があり、今回ロシア政府が停止を発表したのはその一部だ。今年のスケトウダラやホッケ、タコの漁獲枠などの操業条件は昨年末に両政府間で合意したが、現在は漁期から外れており、日本漁船は操業していない。合意では今後の漁期が9月16日のホッケ漁から始まることになっているため、今回の協定停止による影響は限定的とみられる。

★給付金詐欺事件 指名手配の元夫 インドネシアで逮捕!。新型コロナウイルスの影響を受けた事業者に国から支給される「持続化給付金」をだまし取ったとして45歳の女の会社役員と息子2人が逮捕された事件で、指名手配されていた元夫がインドネシアで現地の警察に不法滞在の疑いで逮捕されたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察庁などは詳しい事実関係の確認が取れ次第、移送の手続きを進める方針です。三重県津市の会社役員、谷口梨恵容疑者(45)と20代の息子2人は、先月30日、個人事業主を装い新型コロナウイルスの影響で事業収入が大幅に減ったといううその申請をして国の持続化給付金300万円をだまし取ったとして逮捕されました。又、元夫の谷口光弘容疑者(47)は、おととし10月にインドネシアに出国したことが分かっていて、警視庁は全国に指名手配して行方を捜査していました。そして日本時間の8日午前0時半ごろ、光弘容疑者がインドネシアスマトラ島で現地の警察に不法滞在の疑いで逮捕されたことが捜査関係者への取材で分かりました。現在、現地の日本大使館の職員が詳しい事実関係を確認しているということです。警察庁と警視庁は確認が取れ次第、身柄の移送の手続きを進める方針です。警視庁は、一家がほかのメンバーとともにこれまでに少なくとも9億円余りを不正に受給したとみて詳しいいきさつを調べています。スマトラ島南部で逮捕 近く日本に移送へ インドネシア国家警察によりますと、現地時間の7日午後10時半ごろ、日本時間の8日午前0時半ごろ、首都ジャカルタからおよそ280キロ離れたスマトラ島南部のランプン州で、入国管理法違反の疑いで入管当局が谷口容疑者を逮捕したということです。谷口容疑者はおととし10月、インドネシアに出国したあと行方がわからなくなっていて、ジャカルタにある日本大使館インドネシア国家警察に対し、谷口容疑者の行方に関する捜査を要請していました。日本大使館の関係者は「谷口容疑者が入国管理に関する法律違反で逮捕されたときょう未明に連絡があった。インドネシアの入国管理局などに詳細を確認しに行く」として、近く谷口容疑者を日本に移送するとしています。事件の経緯 捜査関係者によりますと、谷口光弘容疑者ら一家4人はもともと三重県に住んでいましたが、光弘容疑者が東京 六本木のマンションの1室を拠点に活動するようになり、2人の息子も東京に呼び寄せたとみられています。容疑者は、一家を含む10数人のグループの指示役とみられ、知人ら数十人からなる15ほどの班を通じて全国各地で勧誘活動を行い、うその申請を行う際の名義人を集めていたということです。そして、勧誘した人を対象に六本木のマンションやファミリーレストランなどでセミナーを開き「誰でももらえる」などとして持続化給付金の制度について説明していたということです。そのうえで、名義人が個人事業主であるかのように装い、新型コロナウイルスの影響で収入がゼロになった、などという名目で申請を代行していました。名義人に支給された給付金のうち、1人当たり10数万円から数十万円を手数料として受け取っていたとみられています。一家が関与したとみられるうその申請は、おととし9月までの5か月間で合わせておよそ1780件に上り、名義人は首都圏を中心に36の都道府県に及んでいました。制度を所管する中小企業庁が、おととしの夏ごろ、申請内容に不審な点があることに気付き支給を中止しましたが、それまでに申請件数の54%に当たる960件以上が認められ、給付金が口座に振り込まれていたということです。警視庁によりますと、不正受給の総額は少なくとも9億6000万円に上り、1つのグループによる被害額としては過去最大規模だということです。容疑者は、中小企業庁が警視庁に情報提供を行った直後のおととし10月、インドネシアに出国したことが分かっています。三重県松阪市にある、容疑者が20代の頃に働いていたというバーの店主は「若い頃から物覚えがよく、頭の回転も速い印象でした。独立して20代でバーを開店したあとは不動産業なども手がけていて、当時から羽振りがよく、高級外車にも乗っていました。一家は仲がいいものの妻はおとなしいタイプなので、全て容疑者の指示に従ってやっていたのではないかと思います」と話していました。警視庁は、ICPO国際刑事警察機構を通じて国際手配する準備を進めていましたが、8日になってインドネシアの現地の警察から容疑者を逮捕したという連絡があったということです。

井上尚弥、2回TKOでドネアに圧勝 視線は4団体統一へ!。 ボクシング、WBAWBCIBF世界バンタム級王座統一戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBAスーパー・IBF同級統一王者の井上尚弥が2回TKOでWBC同級王者のノニト・ドネア(フィリピン)を下し、3団体統一に成功した。井上は試合後、すぐさま4団体統一を見据えた。

★大リーグ パドレス ダルビッシュ 7回無失点の好投で5勝目!。大リーグ、パドレスダルビッシュ有投手がメッツ戦に先発登板し、7回をヒット2本、無失点に抑える好投で5勝目を挙げました。ダルビッシュ投手は7日、本拠地のサンディエゴで行われたメッツ戦に中5日で先発しました。立ち上がりは、コントロールが安定せず2回までに合わせて3つのデッドボールを与えてランナーを背負いましたが、後続を抑えて得点は許しませんでした。4点のリードをもらった3回以降は、切れのある変化球と力強い速球で本領を発揮し、5回まではヒットを1本も許しませんでした。6回2アウトからレフト前に初ヒットを打たれ、7回には2アウトからツーベースヒットでピンチを招きましたが、後続を断って得点を与えず、この回でマウンドを降りました。ダルビッシュ投手は7回を投げて、打たれたヒットはわずか2本で無失点、100球を投げてフォアボールはなくデッドボールが3つ、奪った三振は6個でした。パドレスは7対0で快勝し、ダルビッシュ投手に3試合ぶりに勝ちがついて5勝3敗となりました。防御率は3.61となっています。5勝目!。

大谷翔平は先取点のホーム踏んだが…エンゼルス13連敗、新体制で初陣飾れず!。先制のホームを踏んだ大谷翔平(手前)=USAトゥデー© 読売新聞 先制のホームを踏んだ大谷翔平(手前)=USAトゥデー 米大リーグは7日(日本時間8日)、各地で行われ、大谷翔平が所属するエンゼルスは本拠地でレッドソックスと対戦。2番指名打者(DH)でフル出場した大谷翔平は4打数1安打だった。エンゼルスは一回、大谷の二塁打にトラウトが一発で続き、2点を先取したが、点の取り合いとなった試合は延長戦にもつれ込み、十回に勝ち越したレッドソックスが制した。エンゼルスは、1988年に喫した12連敗を上回り、同一シーズンでは球団ワースト記録となる13連敗となった。試合前にはジョー・マドン監督の解任と三塁コーチのフィル・ネビン氏の監督代行就任が発表されたが、ネビン監督代行は初陣を飾れなかった。

★国内感染者 21人死亡(累計3万837人)・ 1万8,416人感染 (累計899万4,452人)!。埼玉県で3人、大阪府で3人、神奈川県で3人、愛知県で2人、東京都で2人、三重県で1人、兵庫県で1人、北海道で1人、奈良県で1人、岩手県で1人、広島県で1人、熊本県で1人、福岡県で1人の合わせて21人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め899万3740人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて899万4452人となっています。亡くなった人は、国内で感染が確認された人が3万824人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万837人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は8日の新たな感染者数です。▽東京都は155万5572人(1935)▽大阪府は98万5534人(1644)▽神奈川県は76万1173人(823)▽埼玉県は55万5591人(704)▽愛知県は55万1477人(1169)▽千葉県は45万3399人(458)▽福岡県は43万2413人(854)兵庫県は43万657人(848)▽北海道は36万6641人(1221)▽沖縄県は22万5467人(1557)▽京都府は20万5789人(424)▽静岡県は17万3496人(412)▽広島県は16万1115人(578)▽茨城県は16万548人(168)▽岐阜県は10万2946人(345)▽熊本県は10万1079人(362)▽岡山県は10万491人(302)▽群馬県は9万5542人(165)▽奈良県は9万2208人(167)▽滋賀県は9万2069人(177)▽栃木県は9万1951人(107)▽宮城県は8万8952人(321)▽鹿児島県は8万5944人(425)▽三重県は8万3719人(193)▽長野県は7万4893人(168)▽新潟県は7万3230人(149)▽福島県は6万4478人(154)▽長崎県は6万884人(273)▽青森県は5万9259人(203)▽石川県は5万7245人(203)▽大分県は5万5471人(134)▽宮崎県は5万4699人(267)▽佐賀県は5万3274人(106)▽香川県は4万9151人(114)▽山口県は4万6222人(149)▽和歌山県は4万2825人(73)▽愛媛県は4万963人(170)▽富山県は3万8043人(128)▽福井県は3万6388人(125)▽岩手県は3万5950人(168)▽山梨県は3万3298人(68)▽秋田県は3万984人(65)▽山形県は2万9047人(88)▽高知県は2万8375人(107)▽徳島県は2万2823人(59)▽島根県は1万7313人(47)▽鳥取県は1万5512人(32)このほか、空港などの検疫での感染確認は1万9467人(7)、中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、8日時点で79人(+3)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは8日時点で、国内で感染が確認された人が875万6848人、クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて875万7507人となっています。又、6日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で5万5202件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★5月の景気ウォッチャー調査 3か月連続で改善!。働く人たちに景気の実感を聞く内閣府景気ウォッチャー調査で、先月の景気の現状を示す指数は前の月を3.6ポイント上回る54.0となり、3か月連続で改善しました。景気ウォッチャー調査は、2000人余りの働く人たちを対象に、3か月前と比べた景気の実感を聞いて指数にしています。先月25日から31日にかけて行われた今回の調査では、景気の現状を示す指数が前の月を3.6ポイント上回る54.0となり、3か月連続で改善しました。新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあることが要因になっているということで、九州地方の百貨店からは「ショッピングなど外出に対する抵抗感が薄れている」という声が寄せられたほか、東海地方のタクシー運転手からは「イベントも多くなっていて、特に夜の客が少しずつ戻ってきたため、売り上げもずいぶん助かっている」という声が出されました。また、2か月後から3か月後の景気の先行きを聞いた指数も前の月を2.2ポイント上回り、52.5となりました。このため内閣府は景気の現状について「緩やかに持ち直している」として、基調判断を2か月ぶりに上方修正しました。一方、先行きについては「緩やかな持ち直しが続くとみているものの、ウクライナ情勢や中国でのロックダウンに伴う影響も含め、コスト上昇などに対する懸念がみられる」としています。

★ガソリン小売価格 全国平均1リットル169.8円 8週ぶり値上がり!。今週のレギュラーガソリンの小売価格は、全国平均で1リットル当たり169.8円となり、先週より1.6円値上がりしました。値上がりは8週ぶりで、中国の上海で新型コロナの感染拡大を受けた厳しい外出制限が解除され、今後需要が増えるとの見方から、国際的な石油価格が上昇したことが主な要因です。政府の緊急対策として導入された補助金によってガソリン価格の上昇は抑えられているものの、ウクライナ情勢の長期化によるエネルギーの供給懸念もあり依然として高値が続いています。

★「au PAY」被害相次ぐ 不正利用疑いで容疑者逮捕 組織的犯行か!。KDDIスマホ決済サービス「au PAY」のアカウントの情報が盗まれ、商品の購入に悪用される被害が各地で相次いでいます。京都では8日「au PAY」を不正利用した疑いで中国籍の容疑者が逮捕され、警察は組織的な犯行とみて捜査しています。捜査関係者によりますと、ことし4月、京都府八幡市コンビニエンスストアで、スマホ決済サービス「au PAY」を不正に使った男に加熱式たばこのカートリッジ10箱5800円相当がだまし取られる被害がありました。男が店で示した決済用のQRコード京都府内に住む60代の男性のアカウントのものでした。この男性は「au PAY」を装って送りつけられたメールから偽サイトに誘導され、IDとパスワードなどを盗み取られていたということです。何者かがこの情報などをもとにログインした別の端末で、決済用のQRコード画面を表示させたうえ、スクリーンショットで撮影して店の近くで待機していた男に送り、すぐに商品を購入するよう指示したとみられています。警察は店で商品を買ったとみられる24歳の中国籍の容疑者を8日、詐欺の疑いで逮捕し、組織的な犯行とみて捜査を進めています。警察によりますと京都府内ではことし3月から5月末にかけて「au PAY」の不正利用に関する相談が177件寄せられ、急増していて全国各地でも同様の被害が相次いでいるということで、警察は、利用者にはメールのリンクから安易にパスワードを入力しないように注意を呼びかけています。被害にあった男性「巧妙なメールで入力してしまった」今回の事件で、不正利用の被害にあった京都府内に住む60代の男性がNHKの取材に応じました。男性によりますと、ことし4月、スマートフォンの機種変更をした数日後に、au PAYを装ったメールがスマホに届いたということです。メールには「本人確認を完了してください」という内容とウェブサイトへのリンクが記載されていて、そのサイトを開くと、本物そっくりのログイン画面が表示されたといいます。只、送信元のメールアドレスには「au」や「KDDI」の記載はなく「フリーメール」が使われていました。男性は機種変更に必要な手続きのひとつと思い込み、IDとパスワードを入力し、その後、スマホに届いたほかの端末からのログインの承認を求める2段階認証の通知も許可してしまったということです。そのおよそ3時間後、京都府内の自宅から離れたコンビニエンスストアで、5800円の決済が行われたという身に覚えのない利用確認メールが届き、被害に気づきました。男性はすぐに運営会社に連絡してアカウントを停止しましたが、勝手に使われた代金は返金されていないということです。男性は「まさか自分が被害にあうとは思いませんでした。時間に余裕がない時で、本当に巧妙なメールで入力してしまいましたが、相手のメールアドレスなどに不審な点がないかチェックする必要があったと思っています。キャッシュレス決済が身近になってきている分、悪意を持つ人から狙われやすくなっていると思うので、改めて気をつけたい」と話していました。急増する不正利用 京都府警察本部によりますと「au PAY」の不正利用はことし3月以降、急増していて「身に覚えのない買い物をされた」などの相談が5月末までに177件寄せられているということです。先月には、今回と同じ手口で加熱式たばこをだまし取ったとして、愛知県で中国籍の被告2人が逮捕 起訴されていて、被害は全国に広がっています。いずれもメールで偽のウェブサイトに誘導してIDとパスワードを盗み取る「フィッシング詐欺」と呼ばれる手口が使われたとみられています。QR決済サービスでふだん使っていない端末が使われた場合、本人のスマートフォンにログインの承認を求める2段階認証の通知が届きますが、利用者側がそれも誤って許可するケースが多いということです。商品を購入する際に表示されるQRコードの決済画面は、有効時間を5分に設定するなどの対策も取られていますが、今回の手口では、決済画面をスクリーンショットで撮影するなどして、コンビニの近くにいる「買い子」役に送り、5分以内に商品を購入していたとみられています。サイバー犯罪に詳しい神戸大学大学院の森井昌克教授は「QRコード決済は簡単で便利ということで急速に利用が広がっているが、銀行引き落としなどいろいろなサービスとつながっていると、被害金額が大きくなるおそれもある。2段階認証などの安全対策もあまり厳しくすると便利さと両立しないため、普及期の今はそのバランスを模索している状況だ。身に覚えのないログイン通知については、認証しないように注意するなど、利用者は常に狙われているという危機意識を持って情報を守ることが大切だ」と話していました。KDDI「身に覚えのない利用があった場合は連絡を」「au PAY」を運営するKDDIによりますと、今年に入って不正利用に関する問い合わせが増えているということです。このため、KDDIスマホで決済する際に表示するQRコード画面を撮影したスクリーンショット画像では決済できないようにアプリを改良するなどセキュリティー対策の強化を進めています。その上で、利用者に身に覚えのない利用があった場合は、すぐに専用のコールセンターに電話するとともに、警察に届けてほしいと呼びかけています。

★「核のごみ」最終処分場 建設場所選定の考慮点まとめる 規制委!。原子力発電所から出るいわゆる「核のごみ」の最終処分場について、原子力規制委員会は、火山の噴火など建設場所を選ぶ際に安全面で考慮すべき点をまとめました。国は、原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」を地下300メートルより深い所に最終処分場を設けて埋める「地層処分」を行う方針で、場所の選定に向けた調査が北海道で行われています。原子力規制委員会は、地中に埋めた放射性物質が環境に放出されないよう「最終処分場」の建設場所を選ぶ際に安全面で考慮すべき点をまとめました。まず、周辺に活断層や大規模な断層がないこと、海や川による浸食や地盤隆起の影響を受けないこと、それに、噴火やマグマで破壊されないよう火山の中心から15キロ以内や、新たな火山が発生する可能性がある場所は避けることなどとしています。規制委員会は9日からおよそ1か月間、一般から意見を募集したあと、正式にまとめる予定です。最終処分場の選定に向けては、NUMO=原子力発電環境整備機構がおととし11月から第1段階に当たる地質に関する学術論文などを基に活断層や火山などがないか調べる「文献調査」を北海道の2つの自治体で行っていて、ことし秋にも終える見通しです。

すかいらーく、5分未満の切り捨て賃金支払いへ パートらに16億円!。すかいらーくホールディングスが運営するファミリーレストラン「ガスト」の店舗 外食大手のすかいらーくホールディングスが、パートやアルバイトの賃金の支払いを5分単位から1分単位に変えることが分かった。同社によると、これまで5分未満の労働時間は切り捨ててきたが、その分の賃金を過去2年分支払うという。対象は約9万人で、費用は計16億~17億円を見込んでいる。同社は取材に対し、「5分単位の勤怠管理自体が違法である認識はない」と回答。7月から1分単位の支払いに切り替えるうえで、「円滑な移行及び従業員への配慮の観点から」これまで切り捨てていた分を支払うとした。同社はファミリーレストラン「ガスト」「バーミヤン」などを全国で約3100店舗展開している。この問題をめぐっては、同社のアルバイトの男性が「全国一般東京東部労働組合」に加入し、切り捨てていた分の賃金を全従業員に支払うよう、団体交渉で同社に求めてきた。労働基準法は「賃金は全額を支払わなければならない」と定めている。厚生労働省の担当者は「端数の時間を切り捨てることは認められない。その分の賃金が支払われなければ違法となる可能性がある」と話す。

 ★建設現場でクレーン車横転 電柱倒れ停電も 東京・中央区!。建設現場でクレーン車横転 電柱倒れ停電も 東京。一体、何が起きているのか、そしてどう…東京・中央区の建設現場で、クレーン車が横転しました。この影響で電柱が倒れて周辺が停電しているということです。警視庁によりますと、8日午前9時すぎ、中央区日本橋小網町で目撃者が「クレーン車が倒れてる」と110番通報しました。建設現場で作業中のクレーン車がバランスを崩して横転したということです。倒れたクレーン車に接触して電柱が1本倒れた影響で、周辺では停電になっていて、東京電力によりますと、午前9時40分現在でおよそ860軒が停電しています。けがをした人はいませんでした。

           

だんじりを許可得ず巡行、330m「フラストレーションたまっていたか!。愛媛県警察本部 許可を得ずに公道でんじりを運行したとして、愛媛県警西条署は7日、西条市の会社員の男(62)を道交法違反(無許可道路使用)の疑いで西条区検書類送検した。男は地区のだんじりの現場責任者を務めているという。発表では、男は5月28日午後8時半頃、同市氷見の市道で、警察の道路使用許可を受けずに、だんじり1台(高さ約5メートル、重さ約600キロ)を巡行させた疑い。だんじりを格納する自治会館の新築落成を翌29日に控えており、「お祝いで運行した」と供述したという。50人ほどで約330メートル進んだところ、「家の前を運行している」との住民からの通報を受けた署員が駆け付けて停止させた。市によると、だんじりは市内4神社ごとに行われる秋祭り「西条まつり」で一斉運行されてきたが、新型コロナウイルスの影響で2020年から2年連続で中止されていた。

★神戸 小学生12人が熱中症の症状 うち1人は重症 体育の授業中!。神戸市消防局によりますと、8日午前10時半ごろ、市内の高羽六甲アイランド小学校から児童が熱中症とみられる症状を訴えていると通報がありました。合わせて12人の児童が症状を訴えていて、このうち1人が重症だということです。小学校では当時体育の授業でリレーを行っていて、児童6人が病院に搬送されたということです。神戸地方気象台によりますと、神戸市中央区では午前10時半すぎに22度ちょうどを観測しています。


★鉄道ジオラマ肉球パンチ 食堂の廃業危機を救った猫の手!。店内のジオラマを走る列車の模型にパンチするネコ=大阪市天王山の向こうから現れた巨大ネコが家をなぎ倒し、走る列車を「ネコパンチ」でたたき落とす-。そんな特撮映画さながらの光景が、鉄道模型を展示する大阪市天王寺区の飲食店で堪能できる。店は新型コロナウイルス禍で廃業目前だったが、店の近くで弱っていたネコを保護したことで一変。店内で遊ぶ様子が交流サイト(SNS)で反響を呼び、客足が戻ったのだ。「ネコの恩返し」ともいえる展開を受け、店側も新たな一歩を踏み出した。店内のジオラマで遊ぶネコたちを撮影する来店客ら=大阪市天王寺区 保護ネコがもたらした斬新コラボ JR寺田町駅から徒歩で約2分。「ジオラマ食堂」の店内に入ると、大型の鉄道ジオラマの上にどっかりと腰を下ろすネコたちの姿があった。自由奔放にジオラマの上を歩き回り、走る列車を見つけると、勢いよく前足ではじく。「かわいい」「またやっちゃった」。来店客は笑顔を浮かべながら、スマートフォンで一挙一動を撮影していた。友人と訪れた同市の主婦、新井美香さん(53)は「SNSでネコたちに一目ぼれしてきた。ジオラマとネコという組み合わせが斬新で、見ていて飽きない」と話した。きっかけは1匹の子ネコ 新型コロナ禍が転機だった。初めての緊急事態宣言の影響で、令和2年3~5月に店を休業。同年6月から営業を再開したが客足は戻らず、廃業も覚悟するようになった。そんなとき、店舗の関係者が店の近くで瀕死(ひんし)状態だった一匹の子ネコを見つけ、オーナーの寺岡直希さん(58)に引き渡した。「シンバ」と名付けて店で保護していると、その様子をうかがいに、母ネコと子ネコ3匹が店前に現れるように。「家族がバラバラに暮らすのはかわいそう」(寺岡さん)。計5匹を店で保護することに決めた。やがて元気を取り戻したネコたち。いつしかペットケージから抜け出し、店内のジオラマの上で遊ぶようになった。無残にもネコたちに破壊されたジオラマを目にし、寺岡さんは「最初はどついたろかと思った」。しかし、次第に別の感情もわくようになった。「ネコがこれだけ楽しんでくれるんだったら、また直したらええか」その様子を自虐の意味も込めてSNSで公開すると、映像はネットで爆発的に拡散した。ネコ好きを中心に店には次々と予約が入るようになり、鉄道マニアの男性中心だった客層は一変。老若男女問わず多くの人が全国から訪れるように。寺岡さんは「ネコを救ったつもりが、逆に救われた」としんみりと語る。保護したネコは約160匹 廃業の危機を救ってくれたネコに恩返しをしたい―。そんな思いから、今は保護ネコの譲渡活動にも力を注いでいる。店の2階の一室を保護ネコ施設に改装し、譲渡会を定期的に実施。昨年10月以降、保護した約160匹のうち100匹以上を里親に譲渡した。施設には監視カメラを設置した上で夜勤のスタッフ2人を常駐させ、保護ネコの状態を24時間体制で見守っている。保護するネコの多くが捨てネコや野良ネコだ。中にはカッターで切られたり、ハンマーで頭蓋骨を割られたりする虐待を受けた形跡があるネコもおり、寺岡さんは「戦争やコロナ禍で人々の心がすさんでいると感じた」と話す。今の最大の目標はネコの殺処分ゼロだ。シンバたちに導かれるように踏み出した新たな活動。寺岡さんは「一つでも多くの命を救い、お客さまにネコを通じて笑いと癒やしの場を与えていければ」と力を込めた。