☆6/5 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶31,704,928人・ 死者 6百298,372人!。★国内感染者16人死亡 (累計3万766人)・1万5,109人感染 (累計894万9,926人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦の”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日6(月)17℃15℃雨 明日7(火)20℃15℃曇/雨 明後日8(水)18℃15℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

★7日にかけ沖縄や東北などで雨量増える見込み 災害に注意を!。前線と低気圧の影響で6日は西日本から東日本の太平洋側を中心に雨が降り、気象庁は九州や四国などより早く関東甲信の梅雨入りを発表しました。沖縄や東北では7日にかけて雨量が増える見込みで、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、それに川の増水に十分注意するよう呼びかけています。気象庁によりますと、6日は前線を伴った低気圧の影響で、東日本から西日本の広い範囲で雨が降りました。関東甲信ではこの先1週間程度も曇りや雨の日が多いと見込まれることから、気象庁は午前11時に「関東甲信が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。梅雨入りの発表は今回が「速報値」で、9月に「確定値」として改めて発表されますが、関東甲信の梅雨入りが九州南部と四国のいずれよりも早いとする今回の判断が維持されると2005年以来となります。西日本や東日本の太平洋側の雨のピークは過ぎつつありますが、低気圧周辺の湿った空気が流れ込む東北の太平洋側と、前線に近い沖縄を中心にあすにかけて雨が降り続き、強まるところもある見込みです。7日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、▽東北の太平洋側で100ミリ、▽沖縄で80ミリと予想されています。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。又、広い範囲で風が強まる見込みで強風にも注意してください。


関東甲信が梅雨入り 平年より1日 去年より8日 いずれも早く!。気象庁は6日午前11時「関東甲信が梅雨入りしたとみられる」と発表した。関東甲信の梅雨入りは平年より1日、去年より8日、いずれも早くなっています。沖縄・奄美の梅雨入りは先月発表されていますが、九州や四国などの梅雨入りは、これまでのところ発表されていません。

★九州~東北 大雨のおそれ あすにかけ太平洋側を中心に!。前線と低気圧の影響で7日にかけて九州から東北の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、それに急な川の増水に十分注意するよう呼びかけています。気象庁によりますと、前線を伴った低気圧の影響で、鹿児島県の奄美地方や東海、関東などでは局地的に雨雲が発達しています。レーダーによる解析では、午前8時までの1時間に鹿児島県奄美市付近でおよそ50ミリの非常に激しい雨が降ったとみられます。前線と低気圧は西日本から東日本の南岸付近を通過する見込みで、7日にかけて雷を伴って、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところがある見込みです。7日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽関東甲信と東海で120ミリ▽東北で100ミリ▽九州南部と奄美で80ミリと予想されています。東北ではその後も雨が降り続き、8日朝までの24時間に降る雨の量は多いところで50ミリから100ミリと予想されています。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、急な川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

★大山で夏山開き、新緑が映える登山道歩む…山頂で3年ぶりに神事!。多くの登山客でにぎわう大山の山頂付近(5日午前8時58分、鳥取県の大山で)中国地方最高峰の大山(だいせん)(1729メートル)が5日、夏山開きを迎えた。山頂で神事があり、登山者の安全を祈願した。コロナ禍で、山頂で神事が営まれるのは3年ぶり。 神事は、行政や山岳団体の関係者らが参加。大神山神社奥宮(鳥取県大山町)の神職祝詞を奏上し、参加者が玉串をささげた。地元の鳥取県大山町の竹口大紀町長は「自然豊かな景色を眺めながら登山を楽しんでほしい」と話した。早速、多くの登山愛好家らが新緑が映える登山道を歩み、眼下の景色を楽しんでいた。100回以上登っているという岡山市の男性(67)は「山頂から眺める日本海は何回見ても美しい。安全に登れてよかった」と喜んでいた。

★神戸・南京町、鳴り響く爆竹と躍動する獅子舞 3年ぶりに「端午節」イベント!。3年ぶりの開催となった端午節のイベント。獅子舞が披露され、大勢の観光客が見守った=5日午前、神戸市中央区元町通1 旧暦の端午(たんご)の節句に合わせ、神戸・元町の南京町で4、5日、「端午節 春節祭リターンズ」が開かれた。新型コロナウイルスの影響で、端午節のイベントは3年ぶりの開催。旧正月を祝う「春節祭」で2年連続中止されたステージでの獅子舞なども披露され、多くの観光客でにぎわった。【写真】端午節で披露されたカラフルな獅子舞 旧暦5月5日の端午節は春節中秋節と合わせて三大節句とされる。中華圏ではこの端午の節句で、ちまきを食べる習慣があり、南京町でもちまきの販売などの催しが開かれてきた。今回は新型コロナ対策による一定の制限が解除され、開催が決まった。最終日の5日、広場では爆竹の激しい音が鳴り響いてスタート。太鼓のリズムに合わせ、神戸市立神港橘高校の龍獅団や神戸中華同文学校が、活気あふれる獅子舞を披露した。周囲には何重もの人だかりができ、大きな拍手が送られた。南京町では初めて大勢の前で出演した神港橘高3年生(17)は「コロナ禍が続く中でも、たくさんの方の力をもらいながら演技ができて良かった」と笑みを浮かべた。店舗には行列ができ、ちまきなどを頬張る家族連れやグループ客らの姿があった。主催する南京町商店街振興組合理事長の曹英生さん(65)は「予想をはるかに上回る人に来てもらった。徐々にコロナ前の生活に戻ることができればいい」と話していた。5日のステージは午後6時すぎまでの予定。

 

★紫のポンポン風に揺れ 森林公園でアリウム・ギガンチウムが見頃 小花集まり球状に 直径10センチ超!。見頃を迎えたアリウム・ギガンチウムの花=3日、国営武蔵丘陵森林公園 滑川町熊谷市にまたがる国営武蔵丘陵森林公園で、アリウム・ギガンチウムが見頃を迎え、“巨大ネギ坊主”の形をした紫色の花が、来場者を楽しませている。アリウム・ギガンチウム中央アジア原産で、ネギ属の多年草。公園・庭園樹園の園路沿い約80メートルにわたって植えられた300本ほどが、5月下旬ごろ開花した。花茎の高さは80センチぐらいで、その先端に5ミリ程度の小さな花がボール状に集まって咲き、大きさは直径10センチ以上になる。坂戸市の山口久司さん(73)は「丸くてかわいいし、ボールから飛び出した花もあって面白い」とシャッターを切っていた。同公園企画グループ広報リーダーの高田雅代さん(44)によると、10日ごろまでがピーク。問い合わせは、公園管理センター(電話0493・57・2111)へ。

      ★ぶつかり合い激しく 小矢部で津沢夜高あんどん祭、3年ぶり町内熱気!。激しくぶつかり合う大あんどん。小矢部市の津沢夜高あんどん祭は4日、同市津沢地区で、最大の見せ場「ぶつかり合い」を3年ぶりに行った。大あんどんが激しく衝突を繰り返し、一帯は熱気にあふれた。午後9時過ぎに高さ7メートル、長さ12メートル、重さ6トンの大あんどん6基が津沢あんどんふれあい会館前に集まった。向かい合う2基が「ドン」と音を立てて衝突。曳(ひ)き手の若衆が「ヨイヤサー」と声を上げ、突き出た台棒を上げ下げして飾りの「つりもの」を壊し合うと、ムードは最高潮に達した。日中には大中小14基のあんどんが各町内を巡行した。津沢夜高あんどんは市指定無形民俗文化財新型コロナウイルスの影響で一昨年は祭りを中止、昨年は夜高太鼓共演会のみ開いた。

★アワビ激減の海 藻場再生に救世主!。あれだけ捕れたアワビが激減」小田原の海に救世主 藻場再生へ始動 2019年の台風19号の被害で海底の海藻が流されて消えた小田原の海に「命のゆりかご」を復活させる試みが6月からスタートした。地元ダイバーや漁業関係者らがタッグを組み、神奈川県水産技術センター(三浦市)が人工培養に成功した海藻「早熟カジメ」を植え付けた苗床を海底に設置し、豊かな海の森を取り戻していく。

天皇皇后両陛下 全国植樹祭にリモートで出席!。全国植樹祭が、滋賀県甲賀市で開かれ、天皇皇后両陛下もリモートで式典に臨まれました。今年の全国植樹祭は「木を植えようびわ湖も緑のしずくから」をテーマに5日午後、滋賀県甲賀市の「鹿深夢の森」で開かれました。天皇皇后両陛下は、去年に続いてリモートで出席し、お住まいの皇居の御所から式典に臨まれました。天皇陛下は「人々が協力して、水源となる森林を守り、育むことにより、美しく豊かな水が生まれる活動が、滋賀の地から全国へ、そして世界に広がり、将来の世代へとつながっていくことを願います」などとおことばを述べられました。そして、天皇陛下は、滋賀県北部の巨木林で有名なトチノキなど、皇后さまは滋賀県の「県の木」であるイロハモミジなど、それぞれ3種類の苗木を植えられました。これらの苗木について、現地の会場にいる「緑の少年団」の子どもたちが説明をし、天皇陛下は「これからも緑を守り、育てる気持ちを大切に持ち続けてください」とことばをかけられていました。このあと、会場では、びわ湖のはじまりが森林であることを表現するパフォーマンスが行われ、両陛下も会場の人たちに合わせて黄色いハンカチを振られました。退席する際には、会場の人たちから拍手が送られ、笑顔で手を振ってこたえられていました。

☆6/5 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶31,704,928人・ 死者 6百298,372人!。★多い国①アメリカ感染者84,748千人死1,008千人②インド感染者43,176千人死者524千人③ブラジル感染者31,137千人死者666千人④フランス感染28,794千人死者145千人⑤ドイツ感者26,493千人死者139千人⑥英国感染者22,305人死者178千。⑦韓国感染者18,163千人死者24千人。

★兵士らの遺体160体ずつを引き渡す 侵攻開始以来、初の交換!。インドネシアシンクタンク主催のオンラインイベントで演説するウクライナのゼレンスキー大統領=YouTubeから ウクライナ政府は4日、ウクライナ軍とロシア軍のそれぞれが収容、保管していた兵士らの遺体160体ずつを相手方に引き渡したと発表した。ロシアがウクライナに侵攻した2月下旬以来、双方の捕虜交換は行われているが、戦死者の遺体の交換は初めてとみられる。長引く侵攻、実はロシアは「小物」か 発表によると、遺体交換をめぐる交渉にはウクライナ側から軍や情報機関、ロシアに実効支配された領土の再統合問題を担当する省庁などが参加し、両国の戦闘による行方不明者の捜索に当たる責任者同士が合意した。交換は6月2日、両軍がにらみ合うウクライナ南部ザポリージャ州の前線で行われたという。

ポーランドの港に大量の戦車 ウクライナ支援の拠点!。ウクライナ黒海沿岸がロシア軍によって封鎖されているため、隣国ポーランドが軍事、経済の両面でウクライナ支援の拠点となっています。ポーランド北部グダニスクの港は、ウクライナを支援するNATO北大西洋条約機構の軍事支援の拠点になっています。港には黒い布で覆われた軍用車両や戦車が、トレーラーに載せられて保管されていました。港の関係者によりますと、アメリカやイギリスに加え、ベルギーやデンマークなどからも軍事物資が船で運び込まれているということです。又、ウクライナから陸路、鉄道を使って運ばれた小麦などの穀物や鋼鉄がポーランドの港を経由して輸出されています。 只、ウクライナポーランドでは線路の幅が違うため、国境で別の列車に載せかえる必要があり、輸送時間とコストの増加が課題になっています。

★首都キーウで爆発 ミサイル攻撃!。クライナ首都にミサイル攻撃 2カ所で爆発・火災 東部拠点、ロシアと瀬戸際の攻防 ウクライナのメディアによると、首都キーウ(キエフ)の市内2カ所で5日早朝(日本時間同日午後)、相次いでミサイル攻撃があり、大きな爆発と火災が起きた。

★「北朝鮮が短距離弾道ミサイル8発発射」韓国軍!。韓国軍は、北朝鮮が5日午前9時すぎから30分あまりにわたって、短距離弾道ミサイル8発を発射したと明らかにしました。北朝鮮としては、原子力空母を投入した共同訓練を4年7か月ぶりに行ったばかりのアメリカと韓国に反発を示すとともに、日本を含む3か国の連携を強くけん制するねらいがあるとみられます。韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が5日午前9時8分ごろから9時43分ごろにかけて、首都ピョンヤン郊外のスナン(順安)付近などから日本海に向けて短距離弾道ミサイル8発を発射したと明らかにしました。米韓両軍が緊密に協力しながら万全の態勢を維持していると強調していて、発射されたミサイルの詳しい分析を進めています。又、韓国大統領府は、緊急のNSC国家安全保障会議を開き、対応を協議すると発表しました。北朝鮮が今年に入って毎月、異例の高い頻度で弾道ミサイルなどの発射を繰り返す中、5月、ソウルで開かれた米韓首脳会談では、核 ミサイル開発を加速する北朝鮮を念頭に、アメリカの核戦力を含む抑止力の強化や、合同軍事演習の規模拡大に向けた協議の開始などで合意し、さらに東京で開かれた日米首脳会談では、北朝鮮の核 ミサイル問題に深刻な懸念を共有したうえで、一層緊密な連携を確認しました。加えて3日、日米韓の北朝鮮担当の高官による協議が行われたのに続いて、4日までの3日間、米韓両軍が、原子力空母を投入した共同訓練を4年7か月ぶりに実施したばかりです。北朝鮮としては、こうしたタイミングで再び発射を強行することで、同盟関係の強化を進める米韓両国に反発を示すとともに、日米韓3か国の連携を強くけん制するねらいがあるとみられます。一方、北朝鮮では、新型コロナウイルスによるとみられる発熱者が相次ぎ、感染の封じ込めに追われていますが、そうした中でも、国防の要である核 ミサイル開発に影響はないと重ねて印象づけたい思惑もありそうです。

★中国 有人宇宙船打ち上げ 宇宙ステーションことし中に完成へ!。中国独自の宇宙ステーションの建設にたずさわる宇宙飛行士3人を乗せた宇宙船が5日、打ち上げられました。ことし中の宇宙ステーションの完成に向けて、最終段階の作業を進めることになります。国営の中国中央テレビによりますと、日本時間の5日午前11時40分すぎ、内陸部にある酒泉衛星発射センターから中国の有人宇宙船「神舟14号」が打ち上げられました。宇宙船は、およそ10分後に予定の軌道に入り、プロジェクトの責任者は打ち上げは成功したと発表しました。宇宙船に搭乗した男女3人の宇宙飛行士は、半年間にわたって宇宙ステーションに滞在する予定で、今後打ち上げられる2つの実験施設を基幹施設に連結させるなど、ことし中の宇宙ステーションの完成に向けて最終段階の作業を進めることになっています。世界の宇宙開発をリードする「宇宙強国」を目指す中国は、月や火星の無人探査も実施するなど宇宙開発を加速させていて、宇宙ステーションの完成を大きな弾みにしたい考えです。

★テニス全仏車いす男子 国枝慎吾4年ぶり優勝 2時間超の熱戦制す!。テニスの四大大会、全仏オープン車いすの部の男子シングルス決勝で、国枝慎吾選手が2時間半を超える熱戦の末、アルゼンチンの選手に競り勝って、4年ぶり8回目の優勝を果たしました。全仏オープン車いすの部の男子シングルス決勝は4日、パリで行われ、世界ランキング2位で38歳の国枝選手が、世界3位でアルゼンチンの28歳、グスタボ・フェルナンデス選手と対戦しました。国枝選手とフェルナンデス選手はダブルスではペアを組んで決勝に進んでいて、シングルスでは国枝選手が通算26勝11敗と大きく勝ち越していますが、ことしは1勝2敗と負け越しています。国枝選手は第1セットを6ー2で先取し、第2セットも一時は5-3とリードしましたが、相手のパワーのあるショットに苦しみ、4ゲームを連取されて5ー7で落としました。第3セットも一進一退の攻防となりましたが、国枝選手は勝負どころで正確なショットや深いリターンを決めて7ー5で取り、セットカウント2対1で2時間41分の接戦を制しました。優勝が決まると国枝選手は何度も拳を突き上げ、喜びをかみしめるように何度もうなずいていました。国枝選手は4年ぶり8回目の優勝で、このあと準優勝のフェルナンデス選手とのペアで男子ダブルスの決勝に臨みます。

★テニス全仏オープン 車いす女子 上地結衣は準優勝!。テニスの四大大会、全仏オープン車いすの部の女子シングルス決勝で、上地結衣選手はオランダの選手にストレートで敗れ、5回目の優勝はなりませんでした。全仏オープン車いすの部の女子シングルス決勝は4日、パリで行われ、世界ランキング2位の上地選手が、世界1位でオランダのディーデ・デフロート選手と対戦しました。上地選手は通算15勝27敗と負け越しているデフロート選手に対し、第1セットは競り合いましたが、最後は4-6で押し切られました。第2セットは終始相手のペースで1-6で落とし、セットカウント0対2で敗れて2年ぶり5回目の優勝はなりませんでした。

★大谷が快足打 アウト判定覆る!。MLB大谷翔平、“猛抗議”快足打から3打席連続で出塁 泥沼9連敗中のチームを鼓舞!。第1打席は三ゴロアウト判定に“猛抗議”…チャレンジ成功で内野安打に■フィリーズエンゼルス(日本時間5日・フィラデルフィアエンゼルス大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地でのフィリーズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で快足の内野安打を放つと、第2、第3打席は四球を選び、3打席連続出塁した。9連敗中のチームを鼓舞したが、試合は2-7で敗れて6年ぶりの10連敗となった。

★国内感染者16人死亡 (累計3万766人)・1万5,109人感染 (累計894万9,926人)!。大阪府で4人、京都府で2人、北海道で2人、東京都で2人、三重県で1人、埼玉県で1人、宮崎県で1人、岐阜県で1人、福島県で1人、群馬県で1人の合わせて16人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め894万9214人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて894万9926人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万753人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万766人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。(  )内は5日の新たな感染者数です。▽東京都は155万824人(1584)▽大阪府は98万1504人(1153)▽神奈川県は75万8842人(854)▽埼玉県は55万4056人(622)▽愛知県は54万8603人(909)▽千葉県は45万2271人(481)▽福岡県は43万318人(812)▽兵庫県は42万8730人(624)▽北海道は36万4071人(910)▽沖縄県は22万2008人(1247)▽京都府は20万4917人(304)▽静岡県は17万2589人(387)▽茨城県は16万17人(243)▽広島県は15万9845人(440)▽岐阜県は10万1948人(250)▽熊本県は10万96人(209)▽岡山県は9万9826人(266)▽群馬県は9万5132人(110)▽奈良県は9万1877人(138)▽滋賀県は9万1634人(125)▽栃木県は9万1622人(88)▽宮城県は8万8244人(205)▽鹿児島県は8万4892人(318)▽三重県は8万3306人(221)▽長野県は7万4415人(146)▽新潟県は7万2896人(173)▽福島県は6万4123人(137)▽長崎県は6万195人(213)▽青森県は5万8757人(137)▽石川県は5万6784人(184)▽大分県は5万5086人(111)▽宮崎県は5万4143人(170)▽佐賀県は5万2919人(48)▽香川県は4万8855人(127)▽山口県は4万5754人(153)▽和歌山県は4万2591人(68)▽愛媛県は4万483人(128)▽富山県は3万7795人(71)▽福井県は3万6028人(183)▽岩手県は3万5569人(145)▽山梨県は3万3099人(58)▽秋田県は3万796人(58)▽山形県は2万8871人(40)▽高知県は2万8080人(78)▽徳島県は2万2624人(95)▽島根県は1万7185人(41)▽鳥取県は1万5387人(35)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万9434人(10)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、5日時点で77人(-7)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは5日時点で、▽国内で感染が確認された人が868万6928人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて868万7587人となっています。又、今月2日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で5万7182件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが、過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★“全国で4700万人” 浸水リスクある場所に居住!。大雨による川の氾濫などで浸水するリスクがある場所にどのくらいの人が暮らしているのか。NHKが全国の自治体の浸水想定を集め分析したところ、日本の人口の4割近くにあたるおよそ4700万人にのぼることが初めてわかりました。水害が相次ぐ中でも20年間で177万人余り増えていて、改めて対策の必要性が浮き彫りになりました。人口の4割近くが近年、川の氾濫など大規模な水害が次いでいる中で、国は、平成27年から河川を管理する都道府県などに対し、1000年に1度の大雨が降り洪水が起きた際の浸水の範囲や深さを計算し「浸水想定区域図」として公表するよう求めています。国はこうした浸水想定区域図を集めて「重ねるハザードマップ」というサイトで公開していますが、規模の大きな河川が中心で、掲載されていない川も多く存在します。そこでNHKは今回、47の都道府県と国から浸水想定区域図のデータを収集し、大雨のシーズンを前に独自の「全国ハザードマップ」を整備しました。そのうえで国勢調査の人口データを使って調べたところ、浸水リスクがある場所で暮らす人は、2015年の時点で全国でおよそ4700万人にのぼることが初めてわかりました。これは日本の人口の4割近くに当たります。又、1995年から2015年にかけての20年間でみると、浸水リスクのある場所の人口は、首都圏を含む各地で177万人余り増えていることもわかりました。ハザードマップなどでリスク確認を 今回の分析に協力した都市計画が専門の明治大学の野澤千絵教授は、▽都市部の浸水リスクがある場所でタワーマンションなどの建設が相次いだこと、▽郊外でも農地の宅地化が進んでいることなどが影響しているのではないかと指摘しています。野澤教授は、全国で水害が相次いでいる一方で、自分の住む場所には浸水リスクがあると認識していない人も多く、改めてハザードマップなどでリスクを確認する必要があるとしています。そのうえで「人口が増えた場所では避難スペースが足りないところも多く、命を守るためにどこに避難すれば良いかあらかじめ確認しておくことが大切だ」と指摘しています。浸水リスクがある場所に約4700万人NHKが収集した「浸水想定区域図」は、市町村がハザードマップを作成する際にもととなるデータです。かつては、100年から200年に1度の大雨を想定して作られていましたが、大規模な水害が相次ぐ中で国土交通省は、平成27年(2015)から、1000年に1度の大雨を想定するよう求めています。今回NHKが集めたのは1000年に1度の大雨を想定した「浸水想定区域図」で、このデータと国勢調査の人口データを使って分析したところ、浸水リスクがある場所では全国でおよそ4700万人が暮らしていることがわかりました。一方、災害と都市の関係に詳しい山梨大学の秦康範准教授が、100年から200年に1度の大雨の際に浸水リスクがある場所に暮らす人を分析したところ、全国でおよそ3540万人でした。浸水範囲が広がったことで、リスクがある場所に暮らす人は全国でおよそ1150万人増えています。都道府県ごとの人数今回の分析でわかった、浸水リスクのある場所で暮らしている全国4689万3030人の都道府県ごとの人数です(2015年時点)。【浸水リスク地域の人口】▽東京都424万5723人▽大阪府411万5805人▽埼玉県383万6021人▽愛知県350万2438人▽兵庫県246万672人▽神奈川県209万4051人▽北海道196万1543人▽福岡県169万7404人▽静岡県151万8357人▽千葉県139万3027人▽新潟県125万5691人▽岐阜県119万9907人▽京都府115万1284人▽広島県12万4290人▽岡山県112万713人▽宮城県79万8103人▽富山県75万9407人▽群馬県73万1907人▽長野県72万6907人茨城県65万2784人▽熊本県65万2192人▽三重県63万8931人▽滋賀県63万6936人▽愛媛県58万2482人▽川県56万8593人▽福井県55万3913人▽栃木県55万346人▽徳島県49万8264人▽青森県43万6863人▽佐賀県40万2046人▽和歌山県39万7087人▽福島県38万9293人▽山口県37万9959人▽香川県36万7549人▽山形県36万2295人▽奈良県35万7198人▽大分県35万6859人▽山梨県35万3376人▽秋田県34万5217人▽宮崎県33万2926人▽高知県27万2242人▽鹿児島県26万8733人▽鳥取県24万1239人▽岩手県23万3684人▽島根県21万425人▽長崎県10万4097人▽沖縄県5万4255人【20年での人口増減】又、浸水リスクがある場所で暮らす人は、1995年から2015年までの20年間で177万5193人増えました。都道府県ごとの増減です。まずは「増加」した都道府県です。▽東京都60万6730人▽神奈川県29万702人▽埼玉県24万5926人▽愛知県23万4524人▽兵庫県14万1352人▽福岡県11万3751人▽岡山県11万511人▽広島県9万4961人▽千葉県7万3834人▽滋賀県6万9572人▽北海道5万8418人▽宮城県4万5010人▽石川県4万1235人▽静岡県2万5443人▽長野県1万6841人▽鹿児島県1万2980人▽鳥取県1万2587人▽島根県9077人▽山口県8918人▽山梨県6705人▽長崎県6109人▽京都府5287人▽大分県4632人▽愛媛県4461人▽熊本県1883人▽福井県1232人▽群馬県206人一方、「減少」した県です。▽沖縄県-561人▽岐阜県-4001人▽佐賀県-4212人▽香川県-4550人▽富山県-6240人▽宮-7857人▽新潟県-9590人▽高知県-1万851人▽徳島県-1万1684人▽岩手県-1万2235人▽三重県-1万8677人▽奈良県-2万4336人▽和歌山県-2万8666人▽山形県-3万752人▽福島県-3万2731人▽栃木県-3万6643人▽大阪府-3万9945人▽青森県-5万1592人▽秋田県-5万5760人▽茨城県-7万6810人(注意点)☆人数はあくまでもNHKが今回収集した浸水想定区域図のデータをもとにした分析です。☆浸水想定を実施する河川が増えれば人口は変化する可能性があります。

★お中元商戦 値上げ相次ぐ中 “身近な商品” 強化の動きも!。デパートのお中元商戦が本格的に始まりました。ことしは値上げが相次ぐ食用油などの暮らしに身近な商品や、仲間で持ち寄って楽しめる食品の取り扱いを強化する動きが出ています。デパートのお中元商戦は、今月に入り各社が相次いで専用の売り場を設け、本格的にスタートしました。このうち松屋銀座では、原材料価格の高騰などで値上がりが進む商品を贈るニーズがことしは高いとして、食用油やビールなどの取り扱い量を去年より5%ほど増やしました。値段は去年からほぼ据え置いているということで柏木雄一部長は「相次ぐ値上げでお中元の需要が、しこう品から実用品に戻るのではないか」と話していました。一方、高島屋は新型コロナの感染者数が減少傾向にある中、友人どうしが食べ物を持ち寄って楽しむ機会が増えるとみて、▽フライパンに具材やコメを入れるだけで簡単に調理ができるパエリアのキットや、▽透明な瓶の中に果物やムースなどを重ね、見た目を華やかにしたデザートのセットなどを初めてそろえました。担当者の手島将隆課長は「人々の行動の変化を想定し新しい商品を提案したい」と話していました。全国のデパートの売り上げは、行動制限がなくなってもなお、コロナ前の水準には戻っておらず、各社では、利用が拡大しているネット通販向けの限定商品を充実させるなどして、売り上げの回復を図りたい考えです。

プロ野球 セ・リーグ首位ヤクルト 3連勝で交流戦単独首位に!。プロ野球交流戦6試合が行われ、セ・リーグ首位のヤクルトは西武に勝って3連勝とし、交流戦でも単独首位に立ちました。▽ヤクルト対西武は、ヤクルトが3対2で勝ちました。ヤクルトは0対2の5回、中村選手のタイムリーで追い上げ、続く6回に村上選手の16号ツーランで逆転しました。2人目のコール投手が2勝目、マクガフ投手が16セーブ目をマークし、ヤクルトは3連勝です。西武はリードを守れず4連敗を喫しました。▽巨人対ロッテは、巨人が2対1で勝ちました。巨人は0対1の7回、増田陸選手のタイムリーヒットで追いつき、なおも1アウト二塁三塁で代打 中島選手のセカンドゴロの間に勝ち越しました。先発のメルセデス投手は8回途中1失点で5勝目。大勢投手が20セーブ目を挙げ、巨人は3連勝です。ロッテは先発した佐藤奨真投手の7回2失点の好投を生かせず、3連敗です。▽広島対オリックスは、オリックスが3対2で勝ちました。オリックスは1対2の8回、1アウト一塁三塁から、吉田正尚選手のファーストゴロの間に同点とし、T-岡田選手のタイムリーで勝ち越しました。先発の山本投手は7回をヒット3本、2失点でリーグトップの6勝目。抑えの平野佳寿投手は16セーブ目を挙げ、チームは4連勝です。広島は、8回のノーアウト一塁三塁のチャンスを3者連続三振で生かせませんでした。▽中日対ソフトバンクは、中日が4対2で勝ちました。中日は、1対2の7回、代打 溝脇選手の2点タイムリスリーベースで逆転し、8回にはビシエド選手のタイムリーツーベースでリードを広げました。2人目の祖父江投手が2勝目を挙げ、ライデル・マルティネス投手は15セーブ目です。ソフトバンクは、大関投手が6回1失点と好投しましたが、打線の援護がなく、リリーフ陣も粘れませんでした。▽DeNA楽天は、DeNAが6対1で勝ちました。DeNAは1対1の7回、佐野選手のタイムリーツーベースと牧選手の2試合連続の15号スリーランで4点を勝ち越しました。牧選手は8回にもタイムリーを打ち、5打点の活躍でした。2人目のクリスキー投手が来日初勝利です。楽天は3回と4回のチャンスを逃したのが響いて3連敗を喫しました。▽阪神日本ハムは、阪神が3対0で勝ちました。阪神は4回、大山選手のタイムリーで1点を先制し、5回には中野選手と近本選手の連続タイムリーで2点を追加しました。先発の青柳投手は8回無失点の好投で6勝目を挙げ、阪神は4連勝です。日本ハムは散発のヒット5本に抑えられ、3連敗となりました。

★男子ゴルフ 比嘉一貴が国内メジャー初優勝 日本ツアー選手権!。男子ゴルフの今シーズン国内メジャー初戦となる日本ツアー選手権は、茨城県で最終ラウンドが行われ、3位から出た27歳の比嘉一貴選手が3人が首位に並んで迎えた最終の18番でバーディーを奪い逆転で国内メジャー初優勝を果たしました。茨城県笠間市で開かれた男子の国内メジャー初戦の日本ツアー選手権は、5日、最終ラウンドが行われ、首位と3打差の3位から最終組でスタートした比嘉選手は前半、2番のパー5でチップインイーグルを奪いました。後半も15番のパー5でツーオンに成功すると3打目の長いパットを沈めてこの日2つめのイーグルとして通算11アンダーにスコアを伸ばします。最終18番は、スコアを6つ伸ばして、すでにホールアウトしていた地元 茨城出身の大槻智春選手と同じ最終組で回る岩崎亜久竜選手と通算11アンダーに並んで迎えました。岩崎選手が2打目をバンカーに入れたのに対し、比嘉選手はピンそばにつけて、決めれば優勝が決まるバーディーパットを沈め、逆転で国内メジャー初優勝を果たしました。比嘉選手はこの日、イーグル2つ、バーディー2つ、ボギー2つで通算12アンダーまでスコアを伸ばしツアー通算4勝目を挙げました。1打差の2位は大槻選手でさらに1打差の3位は、18番をボギーとした岩崎選手が入りました。首位からスタートした地元 茨城出身で東京オリンピック代表の星野陸也選手は、後半に崩れ通算6アンダーで7位でした。比嘉「全身がブルブル震えた」逆転で国内メジャー初優勝を果たした比嘉一貴選手は「最高です。うれしいのひと言に尽きます」と喜びを語り、優勝を決めた最終18番のバーディーパットについては「これまで経験したことがないぐらい手や足だけでなく、全身がブルブル震えたが、その中でもいいストロークができた」と、充実した表情で振り返っていました。

★女子ゴルフ 国内ツアー 昨季賞金女王の稲見萌寧が今季初優勝!。女子ゴルフの国内ツアーの大会は新潟県で最終ラウンドが行われ、昨シーズン賞金女王の稲見萌寧選手が通算7アンダーで今シーズン初優勝を果たしました。稲見選手は最終ラウンド、バーディー3つ、ボギー2つでスコアを1つ伸ばし、通算7アンダーとして、初日からの首位を譲らず優勝を果たしました。稲見選手は今シーズン初勝利でツアー通算11勝目です。2打差の2位に藤田さいき選手と岩井千怜選手が入りました。

★横浜アーバンスポーツ スケートボード女子 15歳織田夢海が優勝!。横浜市で開かれた6種類のアーバンスポーツが実施された大会は最終日の5日、スケートボード女子ストリートの決勝が行われ、15歳の織田夢海選手が、難度の高いトリックを決めて東京オリンピックのメダリストたちを破り優勝しました。2日間の日程でスケートボードやブレイキン、自転車のBMXなど6種類のアーバンスポーツが実施された「横浜アーバンスポーツフェスティバル」は、最終日の5日、スケートボード女子ストリートの決勝などが行われました。階段や手すりなどが設置されたコースで技を競うストリートの決勝は、1回の技で勝負する「ベストトリック」を5回行い、得点の高い3回の合計点で競われました。織田選手は、2回目でボードを裏表に回しながら手すりに飛び乗って滑り降りる「キックフリップボードスライド」を決めると、4回目にはさらに難度を上げて、ボードを回したあとに車軸の部分で手すりを滑り降りる「キックフリップフィーブルグラインド」で7.7の高得点をあげ、合計19.9で優勝しました。また、去年の日本選手権で優勝した13歳の赤間凛音選手が、180度回転して後ろの車軸部分を滑らせる得意の「バーレーグラインド」や、ボードを回して体も半回転する「ビッグスピン」をしながら階段を跳び越える大技を決め、合計17.3で2位に入りました。一方、この種目の東京オリンピック金メダリストの西矢椛選手は4位、銅メダリストの中山楓奈選手は6位でした。織田「めちゃくちゃうれしい」15歳の織田夢海選手は名古屋市の高校1年生。小学2年生のときにスケートボードを始めました。ボードを操る技術が高く、板を空中で1回転させる「キックフリップ」を使った技は、小学生のころから得意としているということです。2018年の日本選手権では11歳で2位に入ったほか、国際大会での入賞の経験もありましたが、去年の東京オリンピックは、選考基準となる世界ランキングが日本選手の中で4番目となり、上位3人に入ることができず、出場を逃しました。それでも、ことし4月に日本で初開催された世界最高峰の大会「Xゲームズ」の千葉大会では4位に入るなど、日本の女子選手の中でもトップクラスの実力を持っています。今大会での優勝について織田選手は「今まで大会で勝てなかったが、やっと表彰台の真ん中に立てたのでめちゃくちゃうれしい。4回目に決めた技は、女子でも男子でも難しい大技なので、決められてうれしかった」と笑顔で話していました。今月下旬からはパリオリンピックの最初の選考対象となるイタリアでの国際大会に出場する予定で「ベストな滑りができたらいいなと思っている」と話していました。

★介護やリハビリにデジタル技術を活用 人手不足が深刻化!。介護や医療現場の人手不足が深刻化するなか、センサーやAI・人工知能など最新のデジタル技術を使って、人手をかけなくても高齢者の健康管理やリハビリの支援をできるようにするサービスが増えています。このうちNECの子会社は、センサーとAIを搭載した機器をトイレに取り付け、人が入っている時間や回数を確認できる介護施設向けのサービスを始めました。センサーを通じてAIが便の状態も分析し、離れたところにいる介護職員のスマートフォンなどにトイレの利用状況や健康状態が通知され、異変があればいち早く対応することができるということです。開発を担当した三重野勤さんは「介護分野の問題に対して課題意識を持って解決していこうと取り組んでいる」と話しています。ソニーグループも、医療情報サイトの運営会社と新しい会社をつくり、スマートフォンのアプリで自宅でのリハビリを支援するサービスを始めました。スマートフォンでリハビリの様子を撮影すると、体の傾きやどこに重心があるかなどをAIが分析し、正しい体の動かし方をアドバイスします。運営会社の山根有紀子社長は「自宅でのリハビリが大切だとわかっていても長続きしないという声が上がっている。不安の解消につながるサービスにしたい」と話していました。

★京都 宇治川で子ども2人が流される 1人救出 1人行方不明!。5日午後、京都市伏見区宇治川で「子ども2人が流されているのを見た」と消防に通報がありました。消防によりますと、男子児童1人が救出されましたが、もう1人の行方がわからなくなっていて、警察や消防が捜索しています。5日午後2時半すぎ、京都市伏見区宇治川で「子ども2人が流されているのを見た」と近くを通りかかった男性から消防に通報がありました。消防によりますと、午後3時前に11歳の男子児童が川にかかる観月橋の付近で救出され、命に別状はないということです。一方、男子児童とみられるもう1人の子どもの行方がわからなくなっているということで、警察や消防が捜索しています。

★道に迷い50メートル滑落の女性(55)死亡 夫婦で日帰り登山の帰路 下山途中 斜面でバランス崩す 富山・魚津市!。魚津市の大平山(おおだいらやま)で4日午後、55歳の女性が下山途中に滑落し、搬送された病院で死亡しました。死亡したのは、滑川市坪川新のパート従業員、山口友佳子さん(55)です。山口さんは4日午後3時半ごろ、夫と2人で登頂した大平山からの下山途中、標高890メートル付近の斜面でバランスを崩し、約50メートル滑落しました。\夫が警察に通報し、山口さんは県警ヘリ「つるぎ」で救助され病院に搬送されましたが、午後8時10分に死亡が確認されました。警察によりますと、山口さんは4日午前10時ごろ大平山に入山。昼ごろに登頂し、下山している途中で道に迷い、登山ルートからはずれたということです。