6/4 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶31,452,781人・ 死者 6百297,728人!。★国内感染者 23人死亡(累計3万750人)・ 1万8,252人感染 (累計893万4,322人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦の”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日5(日)25℃17℃曇/雨 明日6(月)15℃14℃雨 明後日7(火)20℃14℃曇/雨 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

★九州~東北 6日にかけ太平洋側中心に大雨のおそれ!。前線を伴った低気圧の影響で、九州南部を中心に雨雲が発達しています。6日にかけて九州から東北の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、それに急な川の増水に十分注意するよう呼びかけています。気象庁によりますと、前線を伴った低気圧が九州に近づき、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、九州南部を中心に大気の状態が不安定になり、ところどころで雨雲が発達しています。5日午後5時半までの1時間には、レーダーによる解析で鹿児島県薩摩川内市上甑島周辺でおよそ35ミリの激しい雨が降っているとみられます。前線を伴った低気圧は、6日にかけて西日本や東日本の南岸付近を通過する見込みで、▽西日本では6日にかけて▽東日本と東北では6日、いずれも太平洋側を中心に雷を伴って、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込みです。九州南部など局地的には、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。6日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽九州南部と東海、四国で180ミリ、▽伊豆諸島で120ミリ、▽関東で100ミリ、▽奄美で80ミリ、東北の太平洋側で60ミリと予想されています。低気圧の動きが遅いため、その後も関東や東北では雨が降り、7日夕方までの24時間には▽東北の太平洋側で50ミリから100ミリ、▽関東ではおよそ50ミリの雨が降ると予想されています。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、急な川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

★西~東日本 6日かけ太平洋側中心に大雨のおそれ 注意を!。前線を伴った低気圧の影響で、西日本と東日本の太平洋側を中心に6日にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分な注意が必要です。気象庁によりますと、東シナ海にある前線を伴った低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で九州では、大気の状態が不安定になり、雨が強まっているところがあります。前線を伴った低気圧は5日夜、九州に接近したあと、6日にかけて西日本から東日本の南岸を通過する見込みです。このため、▽西日本では5日から6日にかけて、▽東日本では6日、いずれも太平洋側を中心に雷を伴って、激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降るおそれがあります。6日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽九州南部と四国で200ミリ、▽近畿と東海で180ミリと予想されています。更にその後も雨量が増え、大雨となるところがある見込みです。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

★まるで空に広がる虹のよう、ビニール傘の花畑!。空中に浮かんだビニール傘 梅雨の季節を前に、色とりどりのビニール傘で頭上の空間を彩る催し「アンブレラスカイ」が、岐阜県大野町の道の駅「パレットピアおおの」で行われている。コロナ禍でも少しでも明るくなってもらおうと、昨年初めて開催。今年も赤や青、緑など色とりどりの約170本の傘がつるされ、中にはハートが描かれた特別な傘もある。担当者は「これから梅雨に入るが、虹色の傘を見て、じめじめとした気分を吹き飛ばしてほしい」と話している。 7月11日まで。風が強い日は中止になることもある。

アジサイ開花前線 今年は早めに北上中 都心もそろそろ見ごろ!。今年はアジサイの開花前線がいつもの年より早めに北上しています。4日は、鹿児島市和歌山市アジサイ(真の花)が開花しました。今年は西日本では記録的に早く開花した所もあります。東京都心も見ごろが近づいています。●鹿児島と和歌山で開花4日は、鹿児島と和歌山でアジサイ(真の花)が開花しました。鹿児島は平年より3日遅く、和歌山は平年より3日早い開花です。西日本では開花が進んでいますが、今年は平年より早い傾向です。中でも松山(5月25日)、福岡(5月29日)はいずれも統計開始以来最も早い開花で、岡山(6月1日)は統計開始以来最も早い記録に並びました。※アジサイの開花とは、装飾花をかき分けると根元に「真の花」があり、これが2~3輪咲いた最初の日のことをいいます。●東京都心の開花の平年日は5日 都心周辺でも、真の花が開花していなくても、装飾花がきれいに開いているものが見られるようになりました。東京都心の真の花の開花の平年日は、あす5日です。5日は、九州~関東は曇りや雨のすっきりしない天気となるでしょう。雨の似合う花なので、日差しがない中でも美しく咲く姿がみられそうです。只、九州では午後から激しい雨の降る所があるので、お出かけの際は注意が必要です。又、九州~関東はあすの予想最高気温が25℃前後とムシムシするので、こまめな水分補給を忘れないでください。

★開花は数日だけ、八重咲きのササユリ見頃 登山者の目楽しませる 兵庫・高御位山!。高御位山で開花した八重咲きのササユリ=高砂市阿弥陀阿弥陀 兵庫県加古川高砂の両市境にある高御位山(標高304メートル)で、八重咲きのササユリが開花した。突然変異で同山には1本しかなく、登山者が写真を撮って楽しんでいる。開花期間は数日という。開花した八重咲きのササユリ ユリ科多年草。常連の登山者によると、小高御位山から高御位山に向かう尾根を約50メートル進んだ登山道沿いで毎年開花するといい、今年は2日に咲き始めた。高さは約70センチで、周囲に金網と柵を設けて保護している。母親と訪れた加古川市立平岡中2年の男子生徒(13)は「花びらがたくさんあって豪華。貴重な花らしいので、これからも見守りたい」と話した。

★神奈川・二宮せせらぎ公園ハナショウブ見頃 初夏彩る1万株!。見頃を迎えたハナショウブ二宮町一色 二宮せせらぎ公園(神奈川県二宮町一色)のハナショウブが見頃を迎えた。初夏の日差しを受け、園内一帯で色とりどりに咲く1万株の花々を見ようと、町内外から多くの人が訪れている。 同園は「かながわ花の名所100選」に選ばれ、天然のホタルも生息する豊かな自然に囲まれている。町都市整備課によると、例年6月上旬に最盛期を迎えるハナショウブは3日現在で七分咲き。同じく園内で咲くアジサイはやや開花が遅れているが、今月中旬ごろから見頃を迎え、ハナショウブとの共演が見られそうだという。

 ★キャンドル1200本ともし犠牲者に祈り 雲仙・普賢岳噴火31年!。雲仙・普賢岳(右奥)の大火砕流発生から31年。雲仙岳災害記念館前にともされたキャンドル 死者・行方不明者43人が出た長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から31年となった3日、同県島原市では各地で遺族や市民らが祈りをささげた。夜には市内の雲仙岳災害記念館で、地元の小中学生らが作ったキャンドル約1200本に「いのりの灯(ともしび)」がともされた。【あの日…火砕流で燃え上がる民家】犠牲になった消防団員の詰め所だった北上木場(きたかみこば)農業研修所跡では、遺族らが追悼。大火砕流が発生した午後4時8分、死亡した消防団員の大町安男さん(当時37歳)の次男亮鳴らす姿を見て、父も喜んでくれているかな」と語った。犠牲になった消防団員の山下日出雄さん(当時37歳)の妻睦江さん(66)は「おおらかな人だった。子供たちがみん介さん(37)が長女玲那(れな)さん(7)、次女瑠那(るな)ちゃん(2)と慰霊の鐘を鳴らした。亮介さんは「亡くなった時の父と同じ年齢になった。娘たちと鐘をな、主人の年齢を超えてほっとしている。災害のことをずっと継承していってほしい」と話した。当時、島原市長として陣頭指揮を執った鐘ケ江管一さん(91)も訪れ、「犠牲者を出したことが今でも悔やまれる」と語った。報道陣の当時の撮影ポイントで2021年3月に災害遺構として整備された「定点」でも住民や報道関係者らが犠牲者を追悼した。普賢岳は1990年11月17日、198年ぶりに噴火。噴火活動の終息宣言が出されたのは96年だった。現在も、噴火で生まれた溶岩ドーム(平成新山)周辺は立ち入り禁止の警戒区域となっている。

★高山村でネマガリダケ採りが解禁 遭難防止呼び掛け【長野】!。高山村で4日、ネマガリダケの収穫が解禁された。警察や地元の山岳遭難防止対策協会のメンバーが朝から山に向かう車を止め、チラシなどを配って遭難防止を呼び掛けた。約1か月間のシーズン中、例年5000人が山に入る。去年は滑落して79歳の女性1人が亡くなっている。入山は7月3日まで許可されていて、警察は携帯電話を持って複数人で山に入るよう呼び掛ている。須坂警察署の土屋治彦地域課長は「夢中になって採っていると場所が分からなくなったりする。声を掛け合い相手が分かる範囲でのネマガリダケ採りを楽しんでいただければ」と話している。

★おんぶして 野鳥「カイツブリ」が子育て中 愛情たっぷり/兵庫・丹波篠山市!。親鳥におんぶされて、「あったかーい」とばかりにくつろぐひな。たっぷりの愛情を注がれ、すくすく育っている、丹波篠山市北新町で 丹波篠山市にある国史跡・篠山城跡の南堀で子育てに励んでいるのは、野鳥の「カイツブリ」だ。【写真】ひなにえさを与える親 成鳥は全長26センチほど。南堀にいるのは1家族で、親と頭や首に特徴的な白黒の斑紋が入った4羽のひながいる。親は後をついて泳ぐひなたちに、行く先々でえさを捕まえては給餌する。時にはひなを”おんぶ”して移動したり、眠ったりするなど、愛情たっぷりだ。親の後について泳ぐひなたち。行く先々で親からえさをもらっていた、丹波篠山市北新町で まるで人間の親子を見ているかのよう。「みんないらっしゃい。離れたらだめよ」「待ってよ、お母さーん」「ほら、お父さんがご飯を持ってきてくれたわよ」「わーい、ありがとう」「たくさん食べるんだぞ」―。そんな会話が聞こえてきそうだ。手厚い子育ても今だけ。ひなは自分でえさを捕れるようになると、追われるように独立する。そんなことを思いながら家族を見守る。少し泣けた。

★【松本市信州スカイパークのバラ園がすごい!。満開のバラに癒されました♪。

★83歳堀江謙一さん世界最高齢ヨット単独無寄港太平洋横断を達成!。世界最高齢でヨットによる単独無寄港の太平洋横断に挑戦していた海洋冒険家、堀江謙一さんが4日未明、紀伊水道のゴールに到着しました。庫県芦屋市在住の堀江謙一さんは60年前に世界で初めてヨットで日本からアメリカ・サンフランシスコへの単独の太平洋横断に成功し、83歳になったことし当時とは逆のルートで世界最高齢でヨットによる単独無寄港の太平洋横断に挑戦していました。堀江さんは、今年3月末にサンフランシスコを出発して航海を続けていましたが、4日午前2時39分に、和歌山県紀伊日ノ御埼灯台徳島県の伊島灯台の間に設定した紀伊水道ゴールラインを通過しました。午前7時半すぎにNHKがヘリコプターから撮影した映像では、堀江さんのヨットが兵庫県西宮市のヨットハーバーに向かってえい航される様子が見られ、中にいる堀江さんの後ろ姿を確認することもできました。堀江さんを支援してきた事務局によりますとえい航船と合流した際、堀江さんは笑顔で手を振って応じたということで、2か月余り、69日間で航海した距離はおよそ8500キロに及び、これまでの記録を10歳以上更新して、世界最高齢での単独無寄港の太平洋横断を達成したことになります。堀江さんは停泊地の西宮市のヨットハーバーで5日、検疫や入国手続きを終えてから会見を行う予定です。

☆6/4 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶31,452,781人・ 死者 6百297,728人!。★多い国①アメリカ感染者84,724千人死1,008千人②インド感染者43,168千人死者524千人③ブラジル感染者31,137千人死者666千人④フランス感染28,769千人死者145千人⑤ドイツ感者26,493千人死者139千人⑥英国感染者22,305人死者178千。⑦韓国感染者18,153千人死者24千人。

GM子会社 運転手が乗らない完全自動運転のタクシー営業へ!。自動運転をめぐる技術開発が世界的に加速する中、アメリカの自動車大手、GMゼネラル・モーターズ系の企業が西部カリフォルニア州で運転手が乗らない完全自動運転のタクシーの営業を始めることになりました。GMの子会社で自動運転技術の開発を担う「GMクルーズ」は2日、カリフォルニア州の当局から運転手が乗らない完全自動運転のタクシーの営業のための免許を取得したと明らかにしました。カリフォルニア州での免許取得はこの会社が初めてだということで、小型の電気自動車を改造したおよそ30台の車両を使い、サンフランシスコ市の一部の地域で数週間以内に営業を始める見通しです。まず人通りが少ない午後10時から午前6時までに限って営業し、最高時速がおよそ48キロに制限されるということです。GMクルーズのギル・ウエストCOO=最高執行責任者は公式ブログで、都市部での営業が認められたことについて「自動運転の業界にとって大きな節目となる」と強調しました。アメリカではIT大手アルファベット傘下の「ウェイモ」も西部アリゾナ州の一部で2年前に完全自動運転の配車サービスを導入するなど、自動運転の技術開発の競争が加速しています。

★アフリカ 食料不足の懸念高まる ウクライナ侵攻で食料価格上昇!。ロシアのウクライナ侵攻により、アフリカを中心に食料不足への懸念が高まっています。FAO=国連食糧農業機関が、穀物などの国際的な取り引き価格をもとにまとめている「食料価格指数」は、ロシアがウクライナに侵攻した翌月のことし3月には159.3ポイントとなりました。これは前の月と比べて12.6%高く、1990年に統計を取り始めて以来、最も高い数字となりました。先月も157.4ポイントと高止まりしていて、ウクライナ侵攻が世界的な食料価格の上昇の一因となっているのが分かります。特にアフリカでは、近年の洪水や干ばつ、イナゴの大発生、それに新型コロナウイルスの影響も相まって、食料の価格は上がり続けていて、国連のWFP=世界食糧計画がことし5月に発表した報告書によりますと、主食の価格が過去5年の平均と比べて40%も上がった地域もあります。IMF国際通貨基金によりますと家計に占める「食料」の割合は先進国では17%なのに対して、アフリカでは40%を占めているところもあるということです。このため、食料価格の高騰はアフリカの人たちの生活に大きな影響があると指摘しています。WFPは西アフリカや中央アフリカで食料不足に苦しむ人の数は今年、3年前の4倍近くの4100万人にのぼるおそれもあるとしています。

ウクライナ東部2州 一進一退の攻防続くか 食糧危機懸念高まる!。ロシア軍はウクライナ東部2州で攻勢を強める一方、ウクライナ側も掌握された地域の一部を奪還したと主張するなど、一進一退の攻防が続いていると見られます。こうした中、AUアフリカ連合の代表はロシアのプーチン大統領と会談し食糧事情が深刻化していると訴え世界有数の穀物の輸出国、ウクライナへの侵攻が続く中、各地で食糧危機への懸念が高まっています。ロシア軍は引き続きウクライナ東部2州の掌握を目指して攻勢を強めていてこのうちルハンシク州では、ウクライナ側の主要な拠点とされるセベロドネツクのおよそ8割を掌握したと見られます。一方、ルハンシク州のガイダイ知事は3日、セベロドネツクについて「われわれはこれまでにおよそ20%を取り返した」として、ロシア軍に掌握されていた地域の一部を奪還したと主張し、一進一退の攻防が続いているとみられます。又ガイダイ知事は近く追加の部隊が到着する見込みだとし、今後2週間で完全に掌握される可能性があるとの指摘はあたらないとしたうえで、欧米各国にさらなる武器支援を求めました。こうした中、世界では食糧危機への懸念が高まっています。AUアフリカ連合の議長国、セネガルのサル大統領は3日、ロシアを訪れてプーチン大統領と会談し「アフリカ諸国はウクライナの戦地から離れているが、経済的なレベルで犠牲者となっている」と述べ、ロシアのウクライナ侵攻の影響でアフリカの食糧事情が悪化していることを伝えました。ウクライナは世界有数の穀物の輸出国で、ロシア軍がウクライナ南部に面した黒海の港を封鎖し、穀物などを輸出できなくしていると批判しています。これについてプーチン大統領は3日、放送された国営のロシアテレビのインタビューの中で「ロシアは無条件で安全な航路を確保し、船の安全な入港を保証する。ウクライナから穀物を輸送する問題など存在しない」としていて、食糧危機の責任をロシアに負わせようとしていると欧米を批判しました。一方、国連ヨーロッパ本部のウクライナ代表部、フィリペンコ大使は3日、「食糧輸出を妨げているのはウクライナ側の責任だとするためにロシアはいわば『飢餓のゲーム』を行っている」と述べて、ロシアがアフリカなどでの食糧危機を制裁解除のための道具にしていると非難していて、食糧危機への懸念が払拭(ふっしょく)できない状況が続いています。

★トルコ 5月の消費者物価指数73% 記録的な上昇 市民不満高まる!。世界的にインフレが進む中、経済の低迷が続くトルコの5月の消費者物価指数は73.5%の記録的な上昇になり、市民の不満が日に日に高まっています。トルコでは去年、物価の上昇が続く中で、エルドアン大統領の意に沿う形で中央銀行が利下げを繰り返すなどして通貨リラの暴落を招き、インフレに歯止めがかからなくなっています。こうした中、トルコの統計局が3日発表した、先月の費者物価指数は、前の年の同じ月に比べて73.5%の大幅な上昇となり、1998年以来、24年ぶりの水準となりました。分野別にみますと、電車やバスの運賃などが107%、食料品が91%などと、市民生活を直撃しています。これについてトルコのネバティ財務相は、前の月と比べた物価の上昇率が鈍化しているなどとして「インフレは下降に向かっている」とツイッターに投稿し、経済は回復しているとの認識を示しました。一方で、学者らでつくる団体が3日、独自の調査で発表した年間のインフレ率は160%を超えていて、市民の間では、当局の出すデータが実態を反映していないとか、生活が成り立たないといった不満の声が日に日に高まっています。

★ドイツ南部アルプスの観光地で列車脱線 4人死亡、約30人がけが!。ドイツのリゾート地ガルミッシュ・パルテンキルヘン近郊で3日、列車が脱線、横転し、救助活動に当たる人たち=AP© 朝日新聞社 ドイツのリゾート地ガルミッシュ・パルテンキルヘン近郊で3日、列車が脱線、横転し、救助活動に当たる人たち ドイツ南部のアルプスで3日正午過ぎ(日本時間午後7時過ぎ)、列車が脱線した。地元警察などによると、少なくとも4人が死亡、約30人がけがをした。詳しい事故原因は分かっていない。現場はオーストリアとの国境に近いリゾート地のガルミッシュ・パルテンキルヘン近郊。DPA通信によると、列車は北東約80キロにあるミュンヘンに向かっていた。2階建て車両の少なくとも3両が脱線した。 現場からの映像によると、救助隊員らが横倒しになった列車の窓から乗客を助け出していた。この列車に何人が乗っていたのかは不明。原因究明や現場復旧のため、路線の一部と周辺の道路が閉鎖された。ドイツは4~6日が連休で、この地域の列車も観光客など大勢の利用が予想されていた。

★銃撃受け ロイター記者ら3人死傷!。ロイター記者2人が銃撃受け負傷 ウクライナ東部セベロドネツク ロイター通信は3日、ウクライナ東部セベロドネツク近郊で、同社の記者2人が車で移動中に銃撃を受けて負傷し、同行していた運転手が死亡したと報じた。

★ロシア兵捕虜200人の証言 入隊の動機は「給料だけ」 武器を持たずに国境越え..!。ウクライナのユーチューバー、ボロディミル・ゾールキン氏は、ロシア軍の侵攻が始まってから、ウクライナの遺体安置所に収容されるロシア兵の遺体を撮影し、ネットにアップしようと思いついた。戦争犯罪につながる証拠を押さえられるかもしれないという思いと、持ち物やネームタグ、番号なども撮影してアップすることで、行方不明となっている兵士の、ロシアに残された家族から反応があるかもしれないと考えたからだった。ウクライナ軍との関係ができたゾールキン氏は、今度はロシア人捕虜とのインタビューを記録に残すことを提案した。この提案も実現し、これまでに200人以上の捕虜をインタビューした。ウクライナ国防省によれば、戦争開始以来、ロシア軍兵士の捕虜の数は1000人前後ということだから、その2割の声を聞いたことになる。この記事は、5月24日にウクライナのウェブサイト”V gostyakh u Gordona”にアップされたゾールキン氏の話を筆者がまとめたものである。ゾールキン氏によれば、ロシア軍兵士のほとんどが貧しい地方出身の、軍務経験のない若者で、支給される給与を当てにして志願兵契約を結んだという。捕虜の中には武器さえ持たされずに国境を越え直後に攻撃を受けた者、自ら武器を置き投降した者など様々いるが、総じて戦闘へのモチベーションは低く「自分の考えも持っていない」とゾールキン氏は指摘している。ゾールキン氏はキーウに住む41歳のユーチューバー。米国の雑誌『ニューヨーカー』(3月21日)や英国の有力紙『ガーディアン』(4月5日)にもその活動は詳しく紹介されている。◆大多数が地方の貧困層出身 入隊は「最低限のチャンス」これまでに200人の捕虜にインタビューした。1日で16人にインタビューしたこともある。全員と心を開いて話をするというわけにはいかなかったが、具体的な質問を繰り返すことで、その答えから平均的な兵士像が見えてきた。ロシアでは、若者は兵役に行かないと、その後まともな就職口がないという実情がある。彼らから直接聞いた話だ。モスクワやサンクトペテルブルクに住んでいて高等教育を受けていれば、なんとかそれなりの仕事に潜り込むことはできる。だが、兵士たちは多くが地方の出で、田舎では兵士になる以外の道はない。モチベーションもなく、国を守りたいという強い気持ちがなくても、そうせざるをえないのだ。しかも地方からの徴集兵は、徴集兵役期限の1年が終わるのを待たずに、すぐに志願兵契約にサインしてしまう(徴集兵と志願兵契約については『前線へ送られるロシア兵の現実――「兵士の母の会」の告発』4月3日、参照)。志願契約兵は徴集兵よりも良い給与がもらえるからだ。そしてその契約期間を終えても、多くの者はさらに契約を更新して軍隊に留まるか、警察などの治安機関に就職する。正確な数はわからないが、ロシアの成人男子の4割近くが軍務か治安関係についているのではないだろうか。捕虜になった兵士のほとんどはロシア人で、地方出身者、平均年齢は23歳だ。インタビューした兵士のうち、外国へ行ったことのある者は一人もいなかった。ほとんどが自分の故郷からも出たことがない若者だ。テレビの報道を信じていて、ロシアテレビのMCが「2+2は25だ」と言ったら、彼らはそう思うし、次の日に「2+2は27」と言ったら、彼らはそう信じる。彼らは自分の狭い生活圏内のことと給料のこと以外には興味も関心もなく、人生は灰色だし、頭の中にはテレビと酒以外ない。話を聞いた200人のうち2人だけがサンクトペテルブルク、3人がモスクワからだ。そのうちの一人はモスクワ出身ではなく、他の町からモスクワに出稼ぎにきた若者だ。つまり、圧倒的多数が、地方の貧困な家庭の出だ。彼らは地方ならとても稼げない額を軍隊で稼いでいる。彼らにとっては人生の最低限のチャンスの尻尾を捕まえる機会なのだ。この先、どんな人生が待ちうけているか、よくわかっている。まず兵役を経験し、そのまま軍人になるか、あるいは警察官になる。その後は年金生活――それがすべてだ。他の生き方など知らないし、考えたこともない。彼らは家族や妻や子どもを愛している普通の人間だ。話していると泣きだす者もいる。ただ、彼らの世界はそこで終わっていて、その小さな世界の外に出ることがない。◆「キエフバラライカが待っている」と言われ いちばんよく聞く話は、「演習だと言われていて、ウクライナに進軍するとは知らなかった」というものだが、別の話もある。「キエフ(キーウ)に進軍するが、キエフではバラライカマトリョーシカが待っている。ウクライナ政府と話がついている。良いことずくめだ」と言われてきた、ということだ。三つ目の話として、チェチェン紛争でも戦った将校の話では、侵攻直前の2月20日、21日、22日には従軍拒否書を出した者が何人かいたということだ。つまり、どこへいくのか、どこへ送られるのかを知って、拒否書を書いた将兵もいたというのだ。ある19歳の徴集兵は、自動小銃さえ渡されなかった、と言っていた。徴集兵は前線には行かないなどというが、実際は確実に前線にいる。演習で草原を行ったり来たりしていて、国境付近で焚火をしていたところに急遽点呼がかかり、軍用車両に乗ったら、「武器がなくても怖がることはない」と言われて、そのまま国境を越えた、と話してくれた。国境を越えた途端、前方で何台かの車両が炎上し、後方でも車両が炎上、仲間の兵士の体が燃えているのが見えた。手足が吹っ飛んだ者もいた。どこへ送られるのか知らなかったのだろう。この兵士はすぐに捕虜になった。ロシア語話者が迫害されているからウクライナとの国境を越える、と言われた者もいる。「黒い制服を着た奴は皆ナチスだ」と言われた者もいる。国境を越えてすぐに撃破された者もいる。「ウクライナでは捕虜になると過酷な拷問にかけられて、ひどい目にあわされる」とか「ウクライナナチスばかりだ、絶対に捕虜にはなるな」と言われてきている。◆「モチベーションはない。給料をもらっているだけだ」しかし、「ナチス」と戦うためにここへ来たのだというイデオロギーと信念に満ちあふれた、かたくなな捕虜は一人もいなかった。ロシアのテレビのプロパガンダや嘘で固めた情報の上に成り立つ信念などは、素朴な質問を一つ二つすればすぐに吹き飛んでしまう。たとえば、「目的は?」と聞くと「わからない」。「モチベーションは?」「モチベーションなどない。軍隊に入って給料をもらっているだけだ」「ではあなたは殺人用の傭兵なんですね。他人の国に来てカネのために人を殺しているんだから」ときいても、「そうかもしれないし、そうでないかもしれない」という曖昧な答えが返ってくるばかりだ。つまり彼らには、給料をもらうという以外に目的もモチベーションもない。訓練された戦闘員でもない。兵役につくということは、格好いい軍服を着ることだと思っていただけなのだ。自分から投降してきた者の数とウクライナ軍によって捕らえられた者の数は、だいたい半々だろう。けれどもなかには、自分たちの車列が攻撃された時、部下たちにも子どもや親がいる、という責任を感じ、部下に銃を置いて捕虜になることを命じた賢明な中尉もいた。これは驚きだった。かと思うと、眠っていて起きたら捕虜になっていた、という者もいた。捕虜の中には国語の先生も、学校の警備員もいた。引っ立てられて戦闘服を着せられて、前線に送り込まれてしまったわけだ。大多数が普通の市民だ。◆クリミア併合後、「ロシアでは何もいいことがない」捕虜たちの共通の特徴は、自分が何者かを語ることが困難なことだ。ロシア人なのかウクライナ人なのか聞いても答えられないし、ロシアへ戻りたいのかウクライナに留まりたいのかと聞いても戸惑うばかりだ。でも3割はこのままウクライナに残りたいと答えている。できればウクライナに残って難民申請をしたい、と言っている者もいる。クリミア半島併合の2014年の後、ロシアでは何ひとついいことがない。炭鉱は閉じるし、物価は上がるし、仕事はない、と言っている。それにしても、まさかウクライナの戦場へ送られるとは夢にも思っていなかったのだ。ところが、現実にはウクライナの最前線に来て、森の中に放り出され銃撃される羽目になった。戦うつもりなど毛頭ない。自分から捕虜になった兵士もたくさんいる。夜中にこっそりと武器を置き、捕虜になった者もいる。個人的な見解だが、こういった捕虜は難民として扱うべきだと思う。そうすることで、他のロシア兵にも、降伏する道があるということを知らせることができる。武器を捨てて降伏してもウクライナではひどい目にあわされることはない、ということを知らせることが必要だ。ただ、わたしたちには、ウクライナの民間人を殺したり強姦したりした兵士への接触は認められなかった。ひとり、民間人を撃った兵士にインタビューしたが、この兵士は、住民に追いかけられて身の危険を感じ、ピストルを抜いて住民を撃ったということで、他の方法はなかったと言っていた。この兵士の妻に電話したが、この電話で、兵士は、自分の妻と母親がモスクワの軍関係の役所に行って、夫が捕虜になったようだと確認にまわったが、それは「虚偽の情報」だと言われたようだ。実際に捕虜になっていてもロシアは認めないのだ。ロシアにとって兵士は使い捨てなのだ。◆「お前は洗脳されたんだ!」と母親は叫んだ兵士たちが親と話すのを聞いて驚いたのは、冷淡で、息子のこれからのことにあまり関心を寄せず、息子が生存していたことに失望さえ隠さない親が少なからずいたことだ。死亡補償金の500万ルーブル(約1000万円)が目の前にぶら下がっていたのに、生きていたとなると水の泡になるからだろう。自分の息子に対してどうしてああ冷淡でいられるのか、自分にはわからない。別のケースもある。息子が母親に電話して、ウクライナの状況を伝え、ロシアのテレビの報道とは全然違うと言ったとたん、母親がテレビで言う通りのプロパガンダを繰り返して息子を非難し、「お前はそっちで洗脳されたんだ!」と叫び出したことがあった。また、2カ月間音信不通で、軍から戦死通知が届いた母親と、こちらで捕虜となって生きている息子が電話で話をしたこともあった。これは普通のお母さんで、わたしが「息子さんと話しますか」と受話器を息子に渡すと、母親は本当に感激していた。いろいろなケースがある。ただ言えることは、捕虜になった兵士は、まれな例外を除いて、ほとんど全員が、ウクライナは、ロシアのテレビが報道していたのとはまったく違う、ということを理解したことだ。だからといって、捕虜となった兵士たちがロシアに戻って、健全な考えを持つ市民になるとはこれっぽっちも思っていない。彼らには自分の考えがないのだ。あまりにもあやふやなのだ。ウクライナでは、人は何を信じるか、どう行動するかは、すべて自分の判断にかかっているが、ロシア人のメンタリティーにはそういう考えはない。ロシア人にもまともな人間はいるので、あまり一般化したくはないが。◆ロシア人を“脱洗脳”する仕事を続けたい ウクライナに送り込まれたロシア人将兵の情報をアップするサイトができて、ロシアにいる母親や妻たちがアクセスできるようになったのだが、ロシアでは開設直後ブロックされてしまった。ロシア政府は捕虜の数や戦死者の数を隠したいのだ。わたしたちのYouTubeサイトも2度ブロックされたが、ウクライナの専門家たちが無料でリカバリーしてくれた。彼らの協力があるから、この捕虜のインタビューサイトも続けていられる。そうでなければ確実にブロックされている。ロシアは1時間に5000のサイトをブロックしているといわれている。わたしの捕虜インタビューサイトも、ロシア側から「フェイクだ」というプロパガンダが来たり、わたし自身も誹謗中傷されたりすると思っていたが、そうしたことはひとつもない。彼らもこのインタビューが真実だと認めざるを得ないのだろう。ロシアのメディアから一度、電話がかかってきたことがあったが、諜報機関の回し者だろうから、すぐに断った。この戦争が終わって、捕虜のインタビューなんか撮らなくてもいいようになりたい。このインタビュープロジェクトは、ドイツやイタリアでも注目されているが、戦争が終わってもロシア人を“脱洗脳”する仕事は続けたい。

★ロシア軍内で“銃口を向け合う”一部反乱?ロシア兵音声「撃ってみろ…一緒に吹き飛ぼう」 プーチン“盟友”も戦争非難の動き!。ロシア軍の一部で反乱が起きているという情報を、イギリス国防省が明かしました。さらに、ロシア軍の兵士とされる音声からは、末期的ともとれるような状況が浮き彫りになっています。専門家は“内部崩壊”のシナリオもあり得ると指摘しています。ロシア軍内部で一部反乱か…ロシア兵の音声だという発言の内容は「行かないと撃つぞ!」銃口向けあい軍内部で対立か これはウクライナ保安庁が公開した、ロシア兵の会話とされる音声です。ウクライナ保安庁公式Twitterより:指揮官のやつがここに来たんだよ。やつは僕に聞いたん。「任務終了まであとどれくらいだ?」って。僕は「20日と少し」と言った。そうしたらやつは「じゃあ、この20日間の内に死んでくれ」って指揮官への不満を募らせるロシア兵。ウクライナ保安庁公式Twitterより:うちの大隊は600人いたんだけど、今は215人しかいない。他は死んだか怪我をしている。ほとんど全員が前線に行くのを拒んだ。すると、ある兵士が、「ほら、殺せよ!」って。そいつは、手榴弾を出してピンを引っ張って言ったんだ、「ほら、撃ってみろよ!一緒に吹き飛ぼう」って。特殊任務部隊は、僕たちに銃を向けていて、僕たちも彼らに銃を向けたんだ。あと少しで互いを撃ち合うところだった。ロシア軍内部で起きたとみられる、一触即発の事態。ロシアのウクライナ侵攻から3カ月あまり。イギリス国防省の分析によると、ロシア軍の中級から下級の将校に壊滅的な人的損害があり、さらに、高度な訓練を受けた幹部や権限を持った指揮官が不足して、士気が低下しているといいます。更に、火炎瓶が次々と投げ込まれ、炎上しているロシア軍の登録・入隊事務所の映像も。今、ロシア国内ではこうした軍の登録、入隊事務所への襲撃が相次いでいると、ウクラナメディアなどが報じています。一方、アメリカの戦争研究所は、ロシア軍内部で「大統領府が戦争に勝つために十分なことをしていない」という不満が増えているとしています。ロシア国内だけでなく、軍内部からも戦争継続への反発の声が漏れているような現状。どのように分析すればよいのでしょうか。どれだけ広がっているか、というのは、はっきりしないところがありますが、想定していた以上に戦争が長期化しているということが、様々な不安や疑問などを呼び起こす事態に繋がっていると思います。ですから最大のポイントは、長期化していて、様々な矛盾が表面化してきているということだと思いますそして、批判の声は意外なところからも上がっているといいます。「プーチンの盟友」といわれる宗教指導者も異論を唱えたと報じられているのです。

★ ルード、「憧れ」の存在ナダルとの決勝進出 全仏OP!。全仏オープンテニスは3日、男子シングルス準決勝が行われ、大会第8シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)は3-6、6-4、6-2、6-2で第20シードのマリン・チリッチクロアチア)を退け、「憧れ」の存在であるラファエル・ナダル(スペイン)との決勝に駒を進めた。

北方領土 貝殻島周辺のコンブ漁 日本とロシアの民間交渉妥結!。北方領土貝殻島周辺で行われるコンブ漁をめぐる日本とロシアの民間交渉が3日、妥結しました。ロシアによる軍事侵攻の影響で例の民間交渉で操業条件を決めたうえで例年、6月1日に解禁されています。然し、ことしはロシアによるウクライナ侵攻の影響で、交渉開始が例年より1か月以上遅れ年より大幅に遅れての妥結となりましたが、漁が継続できることに漁業者からは安どの声が上がっています。北方領土貝殻島周辺で行われるコンブ漁は日本とロシアて5月27日に始まり、1日をすぎても出漁できていません。こうした中、オンラインで行われていた交渉が3日、妥結しました。交渉にあたった北海道水産会によりますと、漁の期間は去年と同じ6月1日から9月30日までとなりました。▽採取するコンブの量は去年より89トン少ない3381トン、▽ロシア側に支払う採取料は去年より233万円少ないおよそ8851万円となりました。今年は去年より11隻少ない220隻が出漁する予定で、漁が始まるのは6月中旬以降になる見通しです。渉に参加した歯舞漁協の小倉啓一組合長は「時間はかかったが、妥結してほっとしている。とにかく出漁できることになってよかった」と話しています。北海道 鈴木知事「多くの関係者 操業を待ち望んでいた」北海道の鈴木知事は「貝殻島のコンブ漁は歴史的に重要な漁業であり、多くの関係者が操業を待ち望んでいたと思う。道としては安全な操業が確保されるよう関係団体と連携して取り組んでいく」という談話を発表しました。又、根室市の石垣雅敏市長は「コンブ漁の灯が途絶えることなく継続できたことに安どしている。地元経済にとって欠くことのできない大切な沿岸漁業であり、将来にわたり引き継がれていくことを望む」というコメントを出しました。

 エンゼルス大谷翔平3の0 2発4打点のハーパーとのMVP対決に完敗 エンゼルス泥沼9連敗!。◆米大リーグ フィリーズ10―0エンゼルス(3日・フィラデルフィアシチズンズバンク・パーク) エンゼルス大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、敵地フィラデルフィアで渡米後初対戦となるフィリーズ戦に「2番・DH」で先発出場も、3打数無安打1四球。打率はこれで2割4分。チームも10―0と完敗し、9連敗となった。

★大リーグ ブルージェイズ 菊池雄星 ホームラン3本打たれ2敗目!。大リーグ、ブルージェイズ菊池雄星投手がツインズ戦に先発登板し、3本のホームランを打たれて今シーズン2敗目を喫しました。菊池投手は3日、本拠地のトロントで行われたツインズ戦に中5日で先発登板しました。立ち上がりの1回、1アウトからヒットのランナーを一塁に置いて3番バッターにホームランを打たれ2点を失いました。ブルージェイズはその裏にすぐに同点に追いつきましたが、菊池投手は2回、先頭バッターにホームランを打たれて再びリードを許しました。更に3回には3番バッターに2打席連続のホームランを打たれ4点目を奪われました。このあと4回は無失点で切り抜けたものの5回2アウトからツーベースヒットを打たれたところでマウンドを降りました。菊池投手はこの試合、4回と3分の2イニングを投げて、3本のホームランを含む7本のヒットを打たれて4失点、奪った三振は6つでした。ルージェイズは3対9で敗れて連勝が8で止まりました。菊池投手が負け投手となり、今シーズン2勝2敗になりました。

★訪日客感染 変異株流入に懸念!。訪日客が実証ツアーでコロナ感染 政府「予測内」、医療関係者は懸念 新型コロナウイルスの水際対策で停止していた訪日観光客の受け入れ再開を前に、政府の実証実験で受け入れた外国人ツアー客1人のコロナ感染が判明し、関係者の間に「どんなに対策をしても感染は防げない」と衝撃が広がっている。政府は「訪日客の感染は予測内」としており、10日の受け入れ再開方針に変わりはないが、医療関係者からは海外から国内への変異株流入を懸念する声が上がる。
★国内感染者 23人死亡(累計3万750人)・ 1万8,252人感染 (累計893万4,322人)!。大阪府で8人、東京都で5人、埼玉県で2人、三重県で1人、佐賀県で1人、千葉県で1人、栃木県で1人、熊本県で1人、神奈川県で1人、福岡県で1人、静岡県で1人の合わせて23人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め893万4110人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて893万4822人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が3万737人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万750人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は4日の新たな感染者数です。▽東京都は154万9240人(2071)▽大阪府は98万351人(1493)▽神奈川県は75万7988人(1091)▽埼玉県は55万3434人(663)▽愛知県は54万7694人(1165)▽千葉県は45万1791人(477)▽福岡県は42万9507人(908)▽兵庫県は42万8107人(820)▽北海道は36万3161人(899)▽沖縄県は22万761人(1341)▽京都府は20万4613人(355)▽静岡県は17万2202人(451)▽茨城県は15万9774人(251)▽広島県は15万9405人(483)▽岐阜県は10万1698人(397)▽熊本県は9万9888人(353)▽岡山県は9万9560人(319)▽群馬県は9万5022人(157)▽奈良県は9万1739人(149)栃木県は9万1534人(148)▽滋賀県は9万1509人(187)▽宮城県は8万8039人(274)▽鹿児島県は8万4574人(406)▽三重県は8万3085人(188)▽長野県は7万4269人(155)▽新潟県は7万2723人(153)▽福島県は6万3986人(112)▽長崎県は5万9982人(295)青森県は5万8620人(185)▽石川県は5万6600人(187)▽大分県は5万4975人(183)▽宮崎県は5万3973人(236)▽佐賀県は5万2871人(119)▽香川県は4万8729人(150)▽山口県は4万5601人(227)▽和歌山県は4万2523人(96)▽愛媛県は4万355人(166)▽富山県は3万7724人(96)▽福井県は3万5845人(148)岩手県は3万5424人(170)▽山梨県は3万3041人(78)▽秋田県は3万738人(81)▽山形県は2万8831人(70)▽高知県は2万8002人(103)▽徳島県は2万2529人(91)▽島根県は1万7144人(45)▽鳥取県は1万5352人(46)です。のほか、▽空港などの検疫での感染確認は19424人(14)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は4日時点で84人(-2)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、4日時点で、▽国内で感染が確認された人が865万9698人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて866万357人となっています。又、2日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で5万7182件でした。

★自民 茂木幹事長 参院選公示は今月22日と明言 来月10日投票へ!。夏の参議院選挙の日程について、自民党の茂木幹事長は、公示は今月22日になると明らかにしました。その場合、投票は来月10日となる見通しです。自民党の茂木幹事長は、甲府市で開かれた党の会合で、夏の参議院選挙について「厳しい内外の課題にしっかりと応えていくためには、政治の安定が不可欠であり、絶対に負けられない。日本を守り、未来を創ることができるのは自民党しかないという思いで選挙戦に臨んでいきたい」と述べました。そのうえで、選挙の日程について「間違いなく今月22日に公示だ」と明らかにしました。その場合、投票は来月10日となる見通しです。参議院選挙の選挙期間は最も短い場合は17日間ですが、今月23日の沖縄県の「慰霊の日」と重ならないよう、今回は公示を1日前倒しするものとみられます。

★東京 芝公園に遺体 近くに「ウクライナに平和を」のプラカード!。3日夜、港区の公園で服などが焼けた男性の遺体が見つかりました。近くには「ウクライナに平和を」などと書かれたプラカードや油のようなものが入った容器が落ちていて、警視庁が詳しい状況を調べています。3日午後10時前、東京 港区の芝公園で「人が倒れている」と110番通報がありました。警察官が現場に駆けつけると、服が燃えた男性が倒れていて、まもなく死亡が確認されました。捜査関係者によりますと、男性は年齢が60代から70代くらいで、近くに「ウクライナに平和を」「peace for Ukraine」などと書かれたプラカードが落ちていたということです。また、そばに油のようなものが入った容器とライターがあったということです。現場は東京タワー近くの公園で、夜間も出入りできる場所だということで、警視庁が身元の確認を進めるとともに、当時の詳しい状況を調べています。

★茨城 古河 住宅に3人組の強盗 金庫から約3000万円奪い逃走か!。4日 6時33分古河市の住宅に3人組が押し入り、この家に住む80代の男性を脅し金庫に入っていた現金を奪って逃走しました。男性の話などから被害額はおよそ3000万円とみられ、警察が強盗事件として捜査しています。3日午後11時40分ごろ、古河市東山田の会社事務所を兼ねた住宅に3人組が押し入り、就寝中だったこの家に住む88歳の男性に対し「金を出せ」などと脅しました。3人組は、家にあった金庫を無理やり開けさせて中にあった現金を奪うと、車で南の方角に逃走したということです。性にけがはありませんでした。男性が、同じ敷地の別棟に住む孫に助けを求めて事件が発覚し、警察によりますと、男性の話から金庫には現金およそ3000万円が入っていたとみられるということです。又、3人組のうち2人は男とみられ、▼1人が身長1メートル80センチくらい、▼もう1人が身長1メートル60センチくらいで、いずれも覆面を着用し、黒っぽいジャンパーを着ていたということです。察は強盗事件として周辺の防犯カメラの映像を調べるとともに、逃げた3人の行方を捜査しています。現場は、古河市役所の三和庁舎から南に4キロほど離れた住宅や田畑が点在する場所です。

★漁港の沖合で漁船転覆 80代の男性2人死亡 石川 珠洲!。4日朝、石川県珠洲市の漁港の近くで、漁船が転覆しているのが見つかり、乗っていた80代の男性2人が死亡しました。4日午前7時すぎ、珠洲市折戸の区長から「折戸漁港の近くで3人が乗った漁船が転覆している」と、118番通報がありました。能登海上保安署によりますと、漁船の乗組員の家族から「漁に出たまま帰ってこない」と連絡を受けた区長がみずからの船で探しに出たところ、漁港から200メートルほど沖合で転覆している船を見つけて通報したということです。この漁船には70代から80代の男性合わせて3人が乗っていて、区長が海に投げ出された80代の2人を見つけ、救助しましたが、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。又、70代の男性は自力で近くの岩場に泳いで救助され、軽傷でした。地元の住民によりますとこの時期、折戸漁港の周辺ではサザエ漁が盛んだということで、海上保安署は救助された男性から話を聞くなどして、事故の詳しい原因を調べています。

 

★コンクリートに塗るとCO2吸収新物質開発 清水と北海道大!。建物に使われているコンクリートに塗ると、空気中の建設二酸化炭素を吸収させる新たな物質を開発したと企業と大学の研究グループが発表し、建設業界での二酸化炭素の削減につながる技術として期待されています。コンクリートは、製造の過程で二酸化炭素を多く発生させることが知られていて、建設業界として二酸化炭素の削減に取り組んでいます。大手建設会社の清水建設北海道大学は、この課題に取り組むため、水素や窒素などからなるアミンと呼ばれる種類の新たな化合物を開発しました。この化合物をコンクリートの表面に塗ると、効率よく二酸化炭素を取り込み、炭酸カルシウムとしてコンクリートの内部に閉じ込めるような反応が起きるということです。何も塗らなかった場合と比べて、吸収量は1.5倍から2倍に高まるということで、密閉した容器の中で実験を行うと、1時間半ほどで二酸化炭素の濃度が25%ほど下がっていました。二酸化炭素を吸収したコンクリートは、内部の鉄筋が腐食しにくくなり、耐久性を高める効果もあるということで、ビルやトンネルなどのコンクリートの構造物に塗ることで、二酸化炭素の削減につながるとしています。清水建設技術研究所の辻埜真人グループ長は「二酸化炭素の排出量の削減は建設業界においても大きな課題で、実用化を急ぎたい」と話していました。