5/23 "コロナ渦!"  ★世界の累計感染者 5憶25,610,297人・ 死者 6百277,233人!。★国内感染者 31人死亡(累計3万353人)・1万8,510人感染(累計2864万7,662人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!・▼コロナ渦の”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日24(火)26℃17℃晴/曇 明日25(水)26℃17℃晴/曇 明後日26(木)26℃16℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

京都市で初の真夏日 日傘やシャツまくる姿も!。強い日差しを日傘で避け、交差点を通り抜ける人たち(24日午後1時51分、京都市中京区・河原町御池交差点)京都市では24日、本州を広く覆った高気圧の影響で気温が30度を超え、今年初の真夏日となった。陽炎に揺れる叡山電車や鴨川の様 気象庁によると、京都市内では午前中から気温がぐんぐん上昇し、午後2時26分に30・5度を観測した。平年より3度以上高く、7月上旬並みという。いずれも午後2時すぎに京田辺市で30・0度、福知山市が31・1度まで上昇した。 京都市内中心部では日傘を差したり、シャツの袖をまくったりして暑さをしのぐ人の姿が見られた。

 

★春バラ900種、咲き競う 茨城・石岡のフラワーパーク!。いばらきフラワーパークの園内を彩るバラ=22日午後、石岡市下青柳 石岡市下青柳のいばらきフラワーパークで、春バラの開花が本格化し、今週中にも一番の見頃になりそうだ。青空も広がる好天に恵まれた22日、多くの人が同園を訪れ、多様な品種が咲き競う花壇を巡り、写真に収める姿も見られた。同園は、「『見る』から『感じる』」をコンセプトに、昨年4月にリニューアルオープン。県花でもあるバラの植栽は900品種9000株に上る。バラのトンネルや、「色」や「香り」といったテーマごとのエリアがあり、楽しむ仕掛けも工夫されている。「木の背丈が大きくなり、咲き方もすごくいい」と、同園スタッフの藤野龍一さんは「2年目」の充実度をアピール。「遅咲きとつるバラが一斉に咲き始めた。今週は花数が一番多い時期になるだろう」と話す。初めて訪れた埼玉県の嶋田宗久さん(32)、恵利奈さん(33)夫妻は「バラの季節に来てみたかった。周りに山も見えて、広々とした感じがする」と話した。

★城下町戻った踊りと笑顔 姫路・お城まつり閉幕 3年ぶりの「良さ恋」、220人躍動!。晴れ渡る青空の下、三の丸広場ではシャボン玉が飛び、子どもたちの歓声が上がった=姫路市本町 城下町に初夏の訪れを告げる「姫路お城まつり」は3日間で約5万6千人が訪れ、閉幕した。天候に恵まれた最終日の22日は、大手前公園(兵庫県姫路市本町)で3年ぶりの通常開催となる「ひめじ良(よ)さ恋(こい)まつり」があり、きらびやかな衣装をまとった踊り子がステージで躍動した。大名行列のパレード、華やかな時代絵巻が現代によみがえる 良さ恋まつりは2020年は中止となり、21年は規模を縮小。今回は県内の14団体約220人が出演した。感染症対策で踊り子はマスクを着用し、ステージも同公園の1カ所に絞った。会場では、チームの大旗が振られ、踊り子が力強く舞った。姫路を拠点に活動する「姫龍z(きりゅう)」は、2年前に披露するはずだった新曲に挑戦。中川智博代表(41)は「発表の場が少なくモチベーションを保つのが大変だったが、やっと戻ってこられた」と晴れやかな表情を見せた。総踊りでは、14団体がそれぞれの衣装で舞台に上がり、雰囲気は最高潮に。同まつり実行委員長の中塚信也さん(41)は「コロナ禍で練習場所や仲間を確保するのが精いっぱいだった団体も多い。止まっていた時間がようやく動き出した」と感じ入っていた。姫路城三の丸広場では、シャボン玉や紙飛行機作りなど子ども向けイベント「チャレンジキッズパーク」があり、子どもたちの笑い声が青空に響いた。お城まつりは、2020年は新型コロナウイルスの感染防止のため中止に。21年は東京五輪の影響で5月と11月の分割開催となった。今年は20日に姫路城薪能(たきぎのう)で開幕し、21日はパレードや総踊り、第54代姫路お城の女王のお披露目などがあった。

★暑さが本格化する前に…アルパカの毛刈り 長野!。暑さが本格化する前に、長野市の動物園でアルパカの毛刈りが行われました。長野市茶臼山動物園では3頭のアルパカを飼育しています。アルパカはもともと標高4000メートル以上の涼しい場所に生息し、蒸し暑い日本の気候では体調を崩すこともあるため、動物園では毎年この時期に毛刈りを行っています。23日は、昼すぎから飼育員6人が10センチほどに伸びたオスの「ダイヤ」の毛をバリカンで刈り始めました。途中、暴れることもありましたが、飼育員たちは優しくなでて落ち着かせながら、およそ1時間半かけて毛を刈っていきました。毛刈りを終えた「ダイヤ」は、気持ちよさそうに歩いていました。新潟県から訪れた女の子は、「涼しくなったと思うのでよかった」と話していました。飼育員の安田知佳さんは、「今年の夏も暑いと思う。元気いっぱい動いてくれればうれしい」と話していました。動物園では、今週土曜日(28日)もアルパカの毛刈りを予定しているということです。

★水辺包む優しい光、無数に点滅…林の中からホタル飛来!。北九州市上毛町西友枝体験交流センター「ゆいきらら」近くの友枝川沿いで、群舞するホタルが見頃を迎えている。今月末に数が最盛期になる見込み。例年5月中旬から6月上旬まで見られる。毎夜午後8時頃、川沿いの林の中から光を放つホタルが飛来し、同8時半頃には、川辺に無数の光が点滅する。同センター駐車場では6月12日までの午後6~8時半、「ホタルかふぇ」が開かれている。町内産の米や野菜を使ったカレー、ケーキ、コーヒーなどを販売している。問い合わせは同センター(0979・72・3939)へ。

天皇陛下、来日のバイデン米大統領と会見 笑い声が起きる場面も!。日米首脳会談始まる!。 バイデン米大統領を出迎えた天皇陛下=2022年5月23日午前10時過ぎ、皇居・御所、宮内庁提供 天皇陛下は23日午前、来日中のバイデン米大統領と皇居・御所で会見した。陛下が外国の元首らと会見するのは、東京五輪開会式に出席する各国首脳らとの昨年7月の会見以来。米国の大統領との会見は、2019年5月に即位後初の国賓として迎えたトランプ前大統領夫妻以来となる。午前10時過ぎ、御所の車寄せにバイデン氏が到着。バイデン氏は車から降りると、出迎えた陛下に「Hello」と歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えながら笑顔であいさつ。笑い声が起きる場面もあった。会見後の10時半過ぎ、陛下はバイデン氏と話しながら車寄せまで案内し、手を振って見送った。

★絶滅危惧のマツラン咲く 富士町の山中「そっと見守って」!。 標高約600メートルの湿原にひっそりと咲くマツランの花=佐賀市富士町 県のレッドデータブックで絶滅危惧1類に指定されているマツラン(ベニカヤラン)が、佐賀市富士町の山中でひっそりと開花している。標高約600メートルの湿原周辺に自生するクロマツの枝に着生。かれんな黄色い花が、野鳥の声だけが響く水辺を彩っている。マツランは短い茎から細い根を出して枝から垂れ下がる。成長は非常に遅く、花も直径わずか1センチしかない。県の自然保護監視員・鳥谷信明さん(85)によるとマツランはごく限られた条件でしか育つことができないため、人工林の増加で県内ではほとんど見られなくなったという。鳥谷さんは「持ち帰っても育てられない。もし見かけたら、そっと見守ってほしい」と話していた。

★犠牲者悼み献花!。知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZUI(カズワン)」が沈没した事故は、23日で1カ月。写真は献花し、手を合わせる(右から)斜里町の馬場隆町長と国土交通省中山展宏副大臣=代表撮影

★世界の難民、初めて1億人超に!。世界の難民、初めて1億人超に…UNHCR「決して超えてはならない記録」国連難民高等弁務官事務所UNHCR)は23日、世界で避難を強いられた人数が初めて1億人を超えたと発表した。ウクライナ避難民の増加により、今年に入って急増した。フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は「決して超えてはならない記録で、非常に厳しい数字だ」と述べた。

東京六大学野球 明治大 6季ぶり41回目の優勝 延長サヨナラ勝ち!。東京六大学野球は明治大対立教大の3回戦が行われ、明治大が延長の末、1対0でサヨナラ勝ちし、6シーズンぶり41回目の優勝を決めました。東京六大学野球の春のリーグ戦、明治大と立教大は勝ち点を取ったほうが優勝というカードになり、明治大が1勝1引き分けで23日の3回戦を迎えました。試合は両チームの投手陣が好投を見せて0対0のまま延長に入り、明治大が11回ウラに1アウト満塁のチャンスを作り、6番の蓑尾海斗選手がライトに犠牲フライを打ち、1対0でサヨナラ勝ちしました。これで明治大は10勝3敗2引き分けですべてのチームから勝ち点を挙げ、6シーズンぶり41回の優勝を果たしました。明治大のキャプテン、村松開人選手は「部員全員が優勝に向かって頑張っていたのでうれしく思います」と喜びを口にしていました。一方、敗れた立教大は打線が最後まで抑え込まれて、好投の投手陣を援護できず、10シーズンぶりの優勝を逃しました。

★<ランチ>野菜のうまみたっぷり 埼玉・東松山、丘の上のカフェHeuvel コエドビール使用のカレー!。フーヴェルカレー-東松山市大谷の市農林公園の一角にある「丘の上のカフェHeuvel(フーヴェル)」。週末限定の休憩所だった建物を活用し、2020年8月にオープンした。同公園の施設で収穫した野菜やイチゴなど、地元の食材を使ったメニューが好評だ。ランチメニューは「フーヴェルカレー」(税込み800円)、「HIKIサンド」(同750円)、「ロコモコ」(同900円)」、「タコライス」(同750円)。一番人気は、オリジナルのフーヴェルカレー。トマトベースのルーに野菜のうまみを生かした、5種類のスパイスを調合している。具には、地元のCOEDOクラフトビール醸造所のフルーティーなビール「伽羅(きゃら)」で、じっくり煮込んだカシラ肉(豚のブロック肉)が入っている。ライスは、甘味がある埼玉県産「彩のかがやき」を五分づきにして使用している。ドリンクメニューのイチゴミルクや削りイチゴは同施設で摘み取ったイチゴを使っている。なお、イチゴの摘み取り体験(有料)は今月末まで。また、ゲイシャ100%コーヒーは格安で提供している。佐々木友店長(31)は「農・食・遊の体験施設です。四季折々の風景を眺めながら食事を楽しんでください」と話していた。【メモ】丘の上のカフェHeuvel丘の上のカフェHeuvel 東松山市大谷4212の1(電話090・4062・1515)。営業時間は午前9時~午後5時、ランチタイムは午前11時~午後3時。月曜が定休日。

★残雪踏みしめ頂へ歩み...「磐梯山」山開き 登山者が登頂達成感!。残雪を踏みしめながら山頂を目指す登山者たち=22日午前 猪苗代、磐梯、北塩原の3町村にまたがる磐梯山(1816メートル)の山開きが22日、行われた。小雨が降るあいにくの天候となったが、多くの登山者が「宝の山」の頂を目指した。登山者は猪苗代登山口など六つの登山口から入山し、所々に広がる残雪を踏みしめながら登山に挑んだ。山頂では小雨と霧の影響で360度の大パノラマは望めなかったが、登山者は登頂の達成感に浸っていた。山頂付近の弘法清水小屋前では、3年ぶりに青空郵便局が開設され、登山者に記念はがきを配った。登山者は、はがきに家族や友人への思いをしたためポストに投函(とうかん)していた。

5/23”コロナ渦!"  ★世界の累計感染者  5憶25,610,297人・ 死者 6百277,233人!。★多い国①アメリカ感染者83,281千人死1,002千人②インド感染者43,138千人死者524千人③ブラジル感染30,791千人死者665千人④フランス感染28,580千人死者144千人⑤ドイツ感者26,045千人死者138千人⑥英国感染者22,238人死者177千人。⑦ロシア感染者18,026千人死者370千人。

 プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に!。政権内でも不満蓄積(ロシアのプーチン大統領)ロシア軍によるウクライナ侵攻開始からまもなく3カ月。想定外の長期戦で死傷兵や従軍拒否が増え、ロシア軍の兵士不足が深刻になっている。プーチン大統領は年配者や障害者まで戦場に送り、戦争を続けるつもりだ。政権を支えるエリート層は我慢の限界に達しつつある。ロシア下院は20日、志願兵の上限年齢を撤廃する法案が提出されたと発表。現行の入隊はロシア人で18歳から40歳まで、外国人で18歳から30歳までが認められているが、年配者も可能にする。下院のウェブサイトはこう説明する。〈上限年齢の撤廃によって、ロシア軍は年配の専門家の才能を活用することができる〉〈精密誘導兵器などを扱うには高度な専門家が必要。経験上、そのような専門家は40~45歳が多い〉〈また、民間の医療従事者やエンジニアなどのリクルートも容易になる〉理由をいろいろと挙げているが、つまるところ上限年齢の撤廃は兵士不足が原因とみられる。ロイターの報道によると、欧州の米陸軍元司令官ベン・ホッジス退役将軍は「明らかにロシアの人々は困っている。上限年齢撤廃は国内世論を刺激せずに、人手不足を解消しようとする新たな試みだが、クレムリンウクライナでの失敗をごまかすのは難しくなっていく」と語ったという。国民はうすうす、戦況の行き詰まりを感じているのだ。ロシア軍の死者数について、ロシア国防省は3月25日の1351人を最後に更新していないが、ウクライナ側は約3万人が戦闘不能と主張している。英国防省の分析によると、侵攻開始以降、ロシア軍は兵力の3分の1を損失。戦力損耗率が30%を超えると軍隊として機能しなくなるとされる。「老兵」までかき集めなければ、戦争を続けられないのだ。ウクライナ保安庁のHPには片目しか見えなかったり、脳に障害があるロシア兵(捕虜)の証言が公開されている。兵士不足を解消しようと、プーチン大統領は障害者まで戦場に送り込んでいる可能性がある。軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。「攻撃側のロシア軍は守る側の3倍の兵力が必要です。本来なら戦場へ送られることのない年配者や障害者まで動員せざるを得ないほどに兵士が足りないということです。この先も戦争が続けば、死傷兵や従軍拒否者は増えていきますが、兵士を補い続けることは不可能です。早晩、ロシア軍は後退を余儀なくされるでしょう」エリート層は我慢の限界 政権内でもプーチン大統領への不満はくすぶっている。ウクライナ関連のスクープを連発している英調査報道グループ「べリングキャット」のクリスト・グローゼフ氏は16日のウクライナ「ラジオスボボダ」の番組で、プーチン政権を支える軍や情報機関などの「シロビキ」のエリート層で不満がたまっている実情を明かした。「ロシア国防省FSB(連邦保安局)の高官らは多くの情報を入手しており、この戦争が負けていることは分かっている。エリート層はプーチン政権が危険水域にあることを知っている」とし、プーチン大統領自身も“危険水域”の「空気」を感じているという。プーチン政権の崩壊は近いか。

米大統領の台湾巡る発言 中国反発!。中国、バイデン氏発言に「断固反対」中国外務省の汪文斌副報道局長は23日の記者会見で、中国が台湾を侵攻すれば軍事関与する考えを示したバイデン米大統領の発言に「強烈な不満と断固とした反対を表明する」と反発した。

ウクライナ軍“最強”特殊部隊の精鋭たち…戦闘の最前線で見た“真実”!。ロシアによるウクライナ侵攻が長期化する中、激戦地マリウポリから約100キロの場所にジャーナリストの横田徹さんが入りました。ウクライナ軍の外国人部隊の中で、最強とも言われる特殊部隊の精鋭たち。最前線への同行取材で明らかになった“真実”とは――。

インドネシア パーム油の輸出再開 価格高騰への圧力和らぐか!。2022年ウクライナ情勢を受けて食用油が値上がりする中、インドネシアは国内への供給を優先するために一時的に禁止していたパーム油の輸出を23日、再開することになりました。国際的な価格高騰への圧力が和らぐことにつながるかが焦点です。インドネシアのパーム油の生産量は世界全体の6割近くを占めていますが、ウクライナなどで主に生産されるひまわり油の供給が滞るとの見方から代替品として値上がりしたため、インドネシア政府は先月28日から輸出を一時的に禁止し、国内向けの供給を優先する措置をとっていました。然し、供給が安定し、価格が下がると見込まれることやパーム油産業に関わる1700万人の雇用への影響を抑えるためとして、23日から輸出を再開することを決めました。パーム油は食品のほか化粧品などの原材料にも使われていて、日本が去年輸入したパーム油のうち、およそ3分の1がインドネシア産でした。それだけに、国際的な価格高騰への圧力が和らぐことにつながるかが焦点になります。一方、インドネシア国内では禁輸のあとも食用油の価格は1年前に比べて最大で7割高い状態です。首都ジャカルタで揚げ物を売る屋台は値上げしたままで、店主の男性は「食用油の値段はまだ高い。商売がしやすくなるようにもっと下がってほしい」と話していました。国内の不満が解消されない中での輸出再開となり、インドネシア政府は難しい対応を迫られています。

★IPEF発足宣言 脱中国依存目指す!。IPEF発足宣言 TPP、RCEPと何が違う? バイデン氏の狙い 訪日中のバイデン米大統領は23日、米国が主導する新たな経済連携「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の発足を宣言した。IPEFは、アジア太平洋地域の既存の自由貿易協定である環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や地域的な包括的経済連携(RCEP)と何が異なり、どのような影響を与えるのだろうか。

ジョージア駐日大使 ”ロシアの軍事的脅威 認識改めるべき”!。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続くなか、14年前、ロシアに侵攻された黒海沿岸の国、ジョージアの駐日大使は「世界の国々がロシアの脅威をようやく実感するようになってきた」と述べ、ロシアの軍事的脅威について認識を改めるよう、国際社会に訴えました。14年前、隣国のロシアによる軍事侵攻を受けた、黒海沿岸の国、ジョージアのティムラズ・レジャバ駐日大使は23日、都内で記者会見を開き、ウクライナに侵攻したロシアを改めて非難しました。レジャバ大使は「世界の国々がロシアの脅威をようやく実感するようになってきた。われわれは『有事があってからでは遅い』と警鐘を鳴らしてきた」と述べ、経済分野でロシアと協力関係を築いてきた国々も、軍事的脅威については認識を改めるべきだと、訴えました。また2008年、ロシアが一方的に独立を承認し、軍を駐留させている、ジョージア北部の南オセチアで、ロシアへの編入を目指す動きがあることについて「法的な根拠はない。南オセチアが世界から隔離され、より不利な状況になるだけだ」とけん制しました。そのうえで「ロシアの脅威がどうであれ、われわれがEUNATOへの加盟を目指す方針を変えることはない」と述べ、今後もウクライナと足並みをそろえ、アメリカやヨーロッパとの関係を強化していく考えを強調しました。

★豪 労働党アルバニージー党首が首相就任 クアッド会合出席へ!。オーストラリアで21日行われた総選挙で、議会下院で第1党となる見通しになった労働党のアルバニージー党首が23日、連邦総督を前に宣誓を行い、首相に就任しました。アルバニージー氏はこのあと日本に向かい、24日に東京で行われる「クアッド」の首脳会合に出席する予定です。21日に投票が行われたオーストラリアの総選挙は開票作業がまだ続いていますが、公共放送のABCなど地元メディアはアルバニージー氏率いる労働党が下院で第1党となることが確実になったとしていて、9年ぶりに政権が交代し、労働党政権が発足することになりました。これを受けてアルバニージー氏は、23日、首都キャンベラで連邦総督を前に宣誓を行い、首相に就任しました。アルバニージー氏は就任に先立ち記者団に対し「きょうは私の人生と国にとって特別な日だ。政府を変える時だ。国を1つにまとめたい」と述べました。アルバニージー氏はこのあと日本に向かい、24日に東京で行われる日本、アメリカ、オーストラリアそれにインドの4か国の枠組み「クアッド」の首脳会合に出席する予定です。アルバニージー氏は安全保障政策に関して、日本やアメリカなどとの関係を強化することで中国に対抗してきたモリソン政権の基本路線を踏襲する姿勢を示していますが、今後、関係が冷え込んだ中国とどのように向き合うのか、注目されます。

★米バイデン大統領訪日、日本滞在2日目 日米首脳会談!。任後初めてアジアを訪問しているアメリカのバイデン大統領は22日夕方、日本に到着しました。日本滞在中は岸田総理大臣との首脳会談に加え日米豪印の4か国の枠組み、クアッドの首脳会合に臨む予定です。バイデン大統領の最新情報を速報でお伝えします。ワーキングランチ始まる(23日 12:30前)東京 港区の迎賓館で行われている岸田総理大臣とアメリカのバイデン大統領の首脳会談は、同席者を限定した少人数会合が終了しました。そして両首脳が昼食をともにしながら意見を交わす「ワーキングランチ」が午後0時半前に始まりました。岸田首相 冒頭発言“日米両国で国際社会を主導”岸田総理大臣はバイデン大統領との日米首脳会談に臨んでいます。冒頭、岸田総理大臣はバイデン大統領の日本訪問はアメリカのインド太平洋地域への関与を示すものだとしたうえで、ウクライナ情勢などを踏まえ「ロシアによるウクライナ侵略は国際秩序の根幹を揺るがすものであり、このような力による一方的な現状変更の試みは世界のどこであっても絶対に認められない」と指摘し、日米両国で国際社会を主導する考えを示しました。バイデン大統領 冒頭発言「ウクライナの人々への支援を感謝」 日米首脳会談の冒頭、バイデン大統領は「地域の国々との連携を強化しインド太平洋地域の人々に利益をもたらすためにIPEF=インド太平洋経済枠組みを立ち上げることにしている」と述べました。そして「日米同盟は長きにわたりインド太平洋地域の平和と繁栄の礎となっており、アメリカは日本に対する防衛に資することについて揺らぐことはない」と述べました。さらにバイデン大統領は「日本は世界のリーダーの1つとしてG7の各国とともにウクライナ侵攻を続けるプーチンの責任を追及し、われわれが共有する民主主義の価値観を守るために立ち上がっている。岸田総理大臣のリーダーシップとウクライナの人々への支援を感謝している」と述べたほか「われわれを日本に歓迎して頂くとともに、あすのクアッドの会合を主催していただき感謝する。われわれはインド太平洋地域の民主主義国家として常に協力して課題に取り組む方法を模索しているし、今後も話し合っていくことを楽しみにしている」と述べました。

★日米首脳共同記者会見 両国の抑止力と対処力の早急強化を確認!。岸田総理大臣は、バイデン大統領との日米首脳会談のあと、そろって記者会見し、覇権主義的行動を強める中国などを念頭に、日米両国の抑止力と対処力を早急に強化することを確認し、日本の防衛力を抜本的に強化する決意を示しました。又、来年、日本が議長国を務めるG7サミット=主要7か国首脳会議について、被爆地で岸田総理大臣の地元の広島市で開催する方針を明らかにしました。岸田総理大臣は、東京 港区の迎賓館で、バイデン大統領と日米首脳会談を行ったあと、そろって記者会見に臨みました。岸田首相「今ほど同盟国や同志国の結束求められている時はない」この中で岸田総理大臣は「ウクライナ侵略という国際秩序の根幹を揺るがす危機に直面しており、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を断固として守るべく、今ほど同盟国や同志国の結束が求められている時はない」と述べました。そのうえで、ウクライナ情勢をめぐり、力による一方的な現状変更の試みはいかなる場所であれ断じて許容できないとして、G7=主要7か国をはじめ、国際社会とともに引き続き、きぜんと対応し、ウクライナ政府と国民を全力で支えていくことを改めて確認したと説明しました。更に、ウクライナ情勢がインド太平洋地域に及ぼす影響も議論し、中国の東シナ海南シナ海での力を背景とした現状変更の試みに強く反対するとともに、人権問題を含めた中国をめぐる諸課題への対応に引き続き日米で緊密に連携していくことで一致したと明らかにしました。又、台湾をめぐっては「両国の基本的な立場に変更はないことを確認し、 国際社会の平和と繁栄に不可欠な要素である台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促した」と述べました。そして、覇権主義的行動を強める中国などを念頭に、日米両国の抑止力と対処力を早急に強化することを確認しました。又、北朝鮮をめぐって「ICBM大陸間弾道ミサイル級の弾道ミサイル発射をはじめ、核・ミサイル問題について深刻な懸念を共有したうえで、日米、日米韓で一層緊密に連携していくことを確認した」と述べました。そのうえで、日本の防衛力を抜本的に強化する決意を示し、防衛費を増額するとともに、いわゆる『反撃能力』を含め、あらゆる選択肢を排除しないという方針を伝え、バイデン大統領から強い支持を得たと明らかにしました。更に「バイデン大統領から、日本の防衛へのコミットメントが改めて表明され、今後も『拡大抑止』が揺るぎないものであり続けることを確保するため、閣僚レベルも含め、日米の間で一層緊密な意思疎通を行っていくことで一致した」と説明しました。IPEF(アイペフ)=インド太平洋経済枠組みをめぐっては「歓迎し、日本は参加し協力していく。そのうえで日本としては、戦略的な観点から、アメリカがTPP=環太平洋パートナーシップ協定に復帰することを期待している」と述べました。又、最先端の半導体の開発を含む経済安全保障分野や、宇宙などに関する具体的な協力で一致したほか、ウクライナ情勢の影響でエネルギーや食料をめぐる状況が悪化していることを踏まえ、G7や国際機関で連携して対処していく方針を確認したと明らかにしました。一方、来年、日本が議長国を務めるG7サミット=主要7か国首脳会議について、被爆地で岸田総理大臣の地元の広島市で開催する方針をバイデン大統領に伝え、成功に向けてともに取り組んでいくことを確認したと明らかにしました。このほか岸田総理大臣は「私から安全保障理事会を含めた国連の改革と強化の必要性を述べ、バイデン大統領から改革された安保理において、日本が常任理事国となることを支持するとの表明があった」と述べました。バイデン大統領 湾海峡の平和と安定の維持を支持」 日米首脳会談のあとの共同記者会見で、バイデン大統領は「アメリカは日本の防衛について揺らぐことはない。安全保障環境が厳しさが増す中で、さらに協力を深めることを歓迎する」と述べ、日米同盟をさらに発展させていく考えを示しました。そのうえで中国を念頭に「台湾海峡の平和と安定を維持することを支持し、東シナ海南シナ海での航行の自由を促進し、北朝鮮を抑止することを望む」と述べました。又、24日に行われる日米豪印の4か国でつくる枠組み、クアッドの首脳会合については「オーストラリア、インドとともに、民主主義の国どうしの連携によって大きな成果を上げることを世界に示す。インド太平洋地域の未来に向けた前向きなビジョンを前進させるための機会に感謝する」と述べ、期待感を示しました。又、みずからが提唱する新たな経済連携IPEF=インド太平洋経済枠組みについては「21世紀の最も重要な課題である安全保障の充実、信頼に基づいた経済の構築、サプライチェーンの保護、反汚職への取り組みについて地域のパートナーとともに取り組むものだ」と意気込みを述べました。さらに、ウクライナへの軍事侵攻で力による現状変更への試みが行われていることについては「日米は民主主義国家として、経済大国として、力強さを示している。われわれの協力は、特に、プーチンの残酷なウクライナでの戦争の責任を追及するために不可欠だ。ウクライナの人々を支援することは、ルールに基づく国際秩序を守るというわれわれの意思について、強いメッセージを送っている」と述べました。又来年、日本で開催されるG7サミット=主要7か国首脳会議については「広島で開催するという岸田総理大臣による発表を歓迎する」と述べました。一方、中国の輸入品に課している関税について、記者から一部を撤廃する考えはあるのか質問されたのに対し「前政権によって課された関税であり、現在、対応を検討中だ」と述べました。

★首相 来年G7サミット 広島市で開催方針 バイデン大統領が支持!。岸田総理大臣は、来年、日本で開催されるG7サミット=主要7か国首脳会議について、広島市で開催する方針を固め、日米首脳会談でアメリカのバイデン大統領に伝えたことが分かりました。そして、バイデン大統領から支持を得たということです。広島市 松井市長「被爆広島市での開催を歓迎」広島市の松井市長は、NHKの取材に対し、「被爆地・広島市での開催は皆さんに、現下の世界情勢を見直すよい機会になると思っており大変、歓迎している」と述べました。広島県 湯崎知事「被爆の実相に触れ、核廃絶に理解を」広島県の湯崎知事はNHKの取材に対し、「広島での開催を心から喜ばしく思うとともに広島を訪れる各国首脳をはじめ、G7サミットに関わるすべての皆様を心から歓迎したいと思う」と述べました。そのうえで、「原子爆弾による破壊からめざましい復興をとげた広島で世界の政治リーダーが国際社会の平和と繁栄を議論することはウクライナ侵略で損なわれた対話やルールに基づく国際協調を再び取り戻し、ウクライナの人々が復興に向けて前進する際の希望の象徴になるものと考えている。各国首脳には、広島で被爆の実相に触れ、核兵器の非人道性を十分に認識し、核兵器が使用される恐怖から逃れる唯一かつ確実な方法は廃絶しかないことを改めて理解してほしい」と述べました。広島県被団協 箕牧理事長「重いものを感じ取ってほしい」広島県被団協の箕牧智之 理事長は「世界の大国、とりわけ核保有国の出席者全員が慰霊碑に献花し、原爆の投下によって破壊された原爆ドームの姿を見てもらいたい。原爆資料館では、たくさんの子どもたちの写真や焼け焦げた衣服を実際に見て重いものを感じ取ってもらいたい」と話しました。もうひとつの広島県被団協 佐久間理事長「核軍縮 議論を」もうひとつの広島県被団協の佐久間邦彦理事長は「広島での開催は賛成です。被爆地で開催するのだから、核軍縮核兵器の廃絶について話し合ってもらうことを期待しています。また、ウクライナで続くロシアによる軍事侵攻についても、解決に向け議論してほしいです」などと話しています。被爆者「核兵器の廃絶に期待」3歳の時に広島で被爆し、みずからの体験を修学旅行生などに証言している脇舛友子さん(80)は「広島で開催されることをうれしく思います。実際に広島を訪れることで核兵器の恐ろしさを本当の意味で理解してもらい、核兵器の廃絶につながることを期待したいです」と話していました。広島の警備態勢は広島市広島県はG7サミット=主要7か国首脳会議の会場を広島市南区にある「グランドプリンスホテル広島」とする誘致計画案を外務省に提出しています。会場のホテルは一つの橋でつながる小さな島にあり、6年前に三重県で開かれた「伊勢志摩サミット」の会場と同様に、警察が不審者の出入りを警戒しやすいといった警備上のメリットもあります。一方、周囲が海に囲まれていることから、警察と海上保安部が連携して警備を行えるかも重要な課題となってきます。6年前、当時のアメリカのオバマ大統領が広島を訪問した際の警察の警備態勢は最大で4600人でしたが、前回の「伊勢志摩サミット」では全国から最大2万3000人の警察官が動員されていて、今回のサミットでも全国の警察に応援を要請し、厳重な警備態勢をとるとみられます。広島県警察本部は新たにサミットの警備を専門に行う担当課を設置し情報収集にあたるほか、コンピューターを使ったサイバー攻撃に対応するため、民間と連携し警戒にあたるとしています。










ブルージェイズ 菊池 レッズ戦に先発登板も勝敗つかず!。大リーグ、ブルージェイズ菊池雄星投手がレッズ戦に先発登板し、5回途中2失点で勝敗はつきませんでした。ここまで3試合好投が続いている菊池投手は22日、本拠地のトロントで行われたレッズ戦に中5日で先発登板しました。立ち上がりの1回は制球が定まらず3つのフォアボールで満塁のピンチを招くと、6番バッターにタイムリーツーベースヒットを打たれ2点を失いました。然し、2回以降は立ち直って4回まで1人のランナーも出さず、チームも3回に2対2の同点に追いつきました。菊池投手は5回、ノーアウトから、この試合2本目のヒットを打たれ、次のバッターを三振に抑えたところで交代を告げらてマウンドを降りました。打たれたヒットは2本、奪った三振は7つ、フォアボール3つ、デッドボール1つで、勝ち負けはつかず今シーズン3勝目はなりませんでした。試合はその後、勝ち越されたブルージェイズが2対3で敗れました。菊池 次は大谷と対戦予定 試合後、菊池投手は「立ち上がりに先頭を歩かせてしまい、際どい判定もありながら自分自身と戦ってしまったところがあった。当然、5回を投げきりたい気持ちもあったが、とにかく攻めていった結果。悪い中でも試合は作ることができた」と振り返りました。菊池投手は次回の登板がエンジェルス戦になる予定で、花巻東高校の後輩の大谷翔平選手との対戦が注目されますが「彼だけと勝負するわけではなく、9人いる中の1人だというマインドを持ちながらやりたい。エンジェルスも状態がいいので、そのチームに勝つというところを目標にやりたいと思う」と冷静に話していました。

大谷翔平が日米通算150号 6試合ぶりの今季9号ホームラン!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が22日のアスレティックス戦で今シーズン9号ホームランを打ち、プロ野球日本ハム時代と合わせて日米通算150号に達しました。大谷選手は、22日、本拠地のエンジェルスタジアムで行われたアスレティックス戦に1番・指名打者で先発出場しました。大谷選手は1回の第1打席に2球目の甘く入った変化球をとらえてセンターへ今シーズン9号となる先頭打者ホームランを打ちました。先頭打者ホームランは今シーズン2回目で、これで大リーグ通算102本目となり、プロ野球日本ハム時代の通算48本と合わせて日米通算150号に到達しました。ノーアウト満塁のチャンスで迎えた2回の第2打席は、鋭い打球がライトライナーとなり飛び出していた二塁ランナーが戻れずダブルプレーとなりました。4回の第3打席はインコース低めの変化球を捉えたものの相手の好守備に阻まれファーストライナーで、6回の第4打席は、サードゴロでした。8回の第5打席は、ツーアウト一塁の場面で一、二塁間へのゴロがショートへの内野安打となり2試合連続の複数安打をマークしました。大谷選手は、5打数2安打1打点で打率は、2割5分9厘となり、試合もエンジェルスが4対1で勝って2連勝です。飛距離は今季最長 135メートル 大谷選手の日米通算150号となる今シーズン9号ホームランは、打球速度が175.2キロ、飛距離は135メートルで今シーズン最長となる大きな当たりでした。大谷のホームランで最も飛距離が長かったのは、去年6月8日のロイヤルズ戦でマークした143.2メートルです。

★国内感染者 31人死亡 (累計3万353人)・1万8,510人感染()累計2864万7,662人)!。東京都で6人、千葉県で4人、埼玉県で4人、北海道で3人、福岡県で3人、大阪府で2人、広島県で2人、沖縄県で2人、三重県で1人、京都府で1人、兵庫県で1人、愛知県で1人、鹿児島県で1人の合わせて31人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め864万6950人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて864万7662人となっています亡くなった人は、国内で感染が確認された人が3万340人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて3万353人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は23日の新たな感染者数です。▽東京都は151万8729人(2025)▽大阪府は95万6003人(884)▽神奈川県は74万2532人(1378)▽埼玉県は54万2709人(820)▽愛知県は52万8733人(704)▽千葉県は44万3787人(605)▽兵庫県は41万5801人(603)▽福岡県は41万3882人(1240)▽北海道は34万7179人(1468)▽沖縄県は20万3492人(662)▽京都府は19万8492人(397)▽静岡県は16万5227人(440)▽茨城県は15万5930人(520)▽広島県は15万990人(777)▽岐阜県は9万6017人(326)▽岡山県は9万4464人(354)▽熊本県は9万4402人(248)▽群馬県は9万2367人(150)▽奈良県は8万9500人(222)▽栃木県は8万9256人(170)▽滋賀県は8万8341人(175)▽宮城県は8万3961人(211)▽三重県は7万9764人(213)▽鹿児島県は7万8889人(298)▽長野県は7万943人(186)▽新潟県は6万9406人(232)▽福島県は6万1617人(181)▽青森県は5万5968人(135)▽長崎県は5万5922人(144)▽石川県は5万3259人(387)▽大分県は5万1745人(199)▽佐賀県は5万868人(218)▽宮崎県は5万39人(199)▽香川県は4万6370人(134)▽山口県は4万2544人(184)▽和歌山県は4万1005人(144)▽愛媛県は3万8044人(101)▽富山県は3万6226人(88)▽福井県は3万3686人(280)▽岩手県は3万3150人(113)▽山梨県は3万1528人(81)▽秋田県は2万9443人(71)▽山形県は2万7426人(106)▽高知県は2万6345人(85)▽徳島県は2万1445人(108)▽島根県は1万6379人(54)▽鳥取県は1万4502人(76)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万8470人(114)、▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、23日時点で96人(+4)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、23日時点で、▽国内で感染が確認された人が824万3263人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて824万3922人となっています。又、今月19日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で6万2928件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★3回目ワクチン接種終えた人 全人口の57%余に(政府 23日公表!。国内で新型コロナウイルスのワクチンを3回接種した人は57%余りとなりました。政府が23日に公表した最新の状況によりますと、国内で新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を受けた人は7288万5597人で、全人口の57.6%となりました。3回目の接種率を年代別でみると、▽12歳~19歳は21.6%▽20代は38.9% ▽30代は42.8% 40代は52.7% ▽50代は70.9% ▽60歳~64歳は80% ▽65歳~69歳は81.7% ▽70代は89.6% ▽80代は92.6% ▽90代は91.6% ▽100歳以上は88.3%となっています。また、ワクチンを、▽1回接種した人は、合わせて1億347万7082人で、全人口の81.7% ▽2回目の接種を終えた人は、1億193万8291人で、全人口の80.5%です。このうち、5歳から11歳の子どもを対象にした接種で、▽1回目を受けた人は118万7200人で、全体の16%▽2回目の接種を受けた人は94万6438人で、全体の12.8%です。実際は、これ以上に接種が進んでいる可能性があり、今後、増加することがあります。

★4月の首都圏新築マンション価格 4か月ぶり下落も 高止まり傾向!。先月、首都圏で発売された新築マンションの平均価格は、6200万円余りと去年の同じ月を20%近く下回り、4か月ぶりの下落となりました。只調査した会社は、買い手の購入意欲は依然高く、価格の高止まり傾向はこの先も続く見通しだとしています。調査会社「不動産経済研究所」によりますと、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で、先月発売された新築マンションの1戸当たりの平均価格は6291万円で、去年の同じ月より1473万円、率にして19%下落しました。下落は4か月ぶりです。1年前は、東京 千代田区で2億円を超える高額なマンションが発売されたため、全体の平均価格が押し上げられていて、今回の下落はその反動が主な要因だということです。地域別では、東京23区が7344万円で去年の同じ月より27.9%、埼玉県は4503万円で13.8%、千葉県は4243万円で6.9%、それぞれ下回りましたが、神奈川県は川崎市タワーマンションが発売されたことなどから、5925万円と15.2%上回りました。調査会社は「物件の契約率は高く、在庫も減少傾向が続いていて、買い手の購入意欲が高い状況に変わりはない。コンクリートなどマンションの部材の価格上昇もあいまって、新築マンションの平均価格はこの先も高い水準が続くとみられる」と話しています。

 ★使用済み小型リチウムイオン電池をソーラー街灯用電源にリユース、スズキが技術開発!。ソーラー街灯スズキは5月23日、自動車リサイクル料金の収支余剰金を活用した自社公益事業として、市場の廃車から回収した小型リチウムイオン電池をソーラー街灯用電源に二次利用リユース)する技術を開発したと発表した。これまで使用済みとなった小型リチウムイオン電池は余寿命を残したまま処分されていたが、今回、廃車10台分の電池を1基のソーラー街灯の電源としてリユースする技術を開発した。本技術は将来、発生量が増加する使用済み小型リチウムイオン電池の有効利用に道を開くもの。スズキでは、開発した技術を自社公益事業の成果として公開することで、技術の普及を図っていく。

           ★5/23 知床 観光船つり上げ作業が完了 海面下20メートル程度まで!。海上保安庁によりますと、北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、水深およそ120メートルの海底から、船体を海面の下20メートル程度の海中までつり上げる作業が完了したということです。このあと、複数か所をロープで固定し、海中につられた状態のまま、北海道斜里町沖まで移動させる見通しです。

★砲丸が男子生徒の頭に当たり大けが 中学校の部活動中 長野!。長野市内の市立中学校で部活動中に生徒が投げた砲丸が男子生徒の頭に当たり、頭の骨を折るなどの大けがをしていたことが警察などへの取材でわかりました。警察や長野市教育委員会によりますと、今月20日の午後5時半すぎ、市立中学校のグラウンドで、部活動で砲丸投げの練習をしていた生徒が投げた砲丸が14歳の男子生徒の頭に、当たりました。男子生徒は頭の骨を折るなどの大けがで、現在、入院しているということです。警察は部活動中の安全管理に問題がなかったかどうかなど、詳しい状況を調べています。長野市教育委員会は「事故が起きたことを重く受け止めている。けがをした生徒と保護者に心からお見舞いを申し上げる。一日も早い回復をお祈りしたい」とコメントしています。

 ★女児に刃物男「こっち来い」…別の児童が「不審者」と大声、通りがかりの女子大生通報!。岡山県警察本部 下校中の小学生女児に刃物を突きつけるなどしたとして、岡山県警備前署は21日、和気町、無職の男(42)を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。発表によると、男は20日午後4時頃、和気町衣笠の踏切で、約10人で集団下校中だった10歳代の女児に「こっちに来い」などと声を掛け、ナイフのような刃物を突きつけて肩をつかんだ疑い。けがをした児童はいなかった。容疑を認めているという。別の児童が「不審者」と大きな声を出し、車で通りかかった女子大学生(20)が110番した。男は現場を立ち去っていたが、防犯カメラなどから特定した。

★車が電柱に衝突炎上 1人死亡 1人意識不明 3人重傷 茨城 神栖!。22日夜、神栖市の国道で車が電柱に衝突して炎上する事故があり、男性5人が病院に搬送され、このうち1人が死亡、1人が意識不明の重体となっています。警察が事故の詳しい状況を調べています。22日夜10時ごろ、茨城県神栖市太田の国道で男性5人が乗った車が電柱に衝突して、炎上しました。消防が消火活動に当たり、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、5人全員が病院に搬送され、このうち、いずれも10代から20代とみられる男性1人が死亡、別の男性も意識不明の重体となっています。又、ほかの3人も顔や体を強く打っていて、いずれも重傷だということです。現場では、衝突した電柱が折れて傾き、車は道路脇の茂みに突っ込んで大破していました。警察によりますと、事故を目撃した人は「車が猛スピードで道路脇の電柱に突っ込んでいき、そのあと炎上した」と話しているということです。現場は神栖市役所から南東におよそ12キロ離れた片側2車線の直線道路で、警察はけがをした人の回復を待って話を聞くなど、事故の詳しい状況や原因を調べることにしています。

 戸隠連峰高妻山で山岳遭難 山頂付近で約200m滑落 群馬県の女性(66)が重傷 雪の上を滑り落ちる!。戸隠連峰22日午後、長野県の戸隠連峰高妻山で女性登山者が滑落し、重傷を負いました。山岳遭難があったのは高妻山(標高2353m)の山頂付近です。22日午後2時15分頃、8人パーティーで入山して、下山中だった群馬県伊勢崎市の女性(66)がバランスを崩し、200mほど滑落しました。別パーティーの登山者から通報があり、女性は県警ヘリで救助され、長野市内の病院に搬送されました。肋骨や胸椎を折る大けがでしたが、命に別条はないということです。山頂付近はまだ雪が多く、女性は岩肌ではなく雪渓のようになっていた斜面を滑り落ちていったということです。

★ウドを採りに山に入った女性が深さ10メートルの穴に落ち…翌日家族が発見し無事救助 北海道深川市!。女性の捜索を行った深川警察署 22日、深川市で、ウドを取りに山林に入った68歳の女性が、深さ10メートルほどの穴に落ちる事故がありました。女性は翌日、無事救助されました。事故にあったのは深川市内に住む68歳の女性です。女性は22日正午ごろ、ウドを採ろうと深川市音江町の沖里河山(おきりかわやま)に入ったあと、連絡が取れなくなっていました。女性の夫が「妻がきのうから帰ってこない」と警察に来署して相談し、警察と消防、そして女性の家族による捜索が始まりました。察によりますと、山のふもとに女性の車があり、その周辺を捜したところ、入山してからまる1日経った23日午後1時20分、家族が穴に落ちて身動きが取れなくなっていた女性を発見しました。穴は直径およそ2メートル、深さ10メートルほどで井戸などの跡の可能性があり、穴の入り口は、茂みに覆われてわかりづらい状態だったということです。女性は両足の痛みをうったえ、病院に搬送されましたが命に別状はないということです。女性は車の中に携帯電話を忘れていて、連絡が取れない状態でした。警察は、山菜採りをする際は常に携帯電話を離さず、単独行動はつつしむよう呼びかけています。

★誤送金 決済代行業者3500万円返還!。【山口】4630万円誤振込問題 決済代行業者が3500万円余を阿武町に返還 阿武町が4630万円を振り込みミスした問題で、逮捕された24歳の男が取引した決済代行業者から阿武町に3500万円あまりが返還されていたことがわかった。