5/9 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶17,357,805人・ 死者 6百251,366人!。★国内感染者 33人死亡 (累計2万9,864人)・2万8,510人感染(累計814万77人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦の”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日10(火)22℃10℃晴 明日11(水)24℃13℃曇 明後日12(木)24℃16℃曇 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

           

★「大きくなあれ」園児が中津川にヤマメの稚魚放流/盛岡市!。市民に親しまれる清流を目指して、盛岡市内の幼稚園児が9日、街の中心部を流れる中津川にヤマメの稚魚を放流しました。盛岡市は市民や釣りファンにレジャーの場として親しんでもらおうと、2007年から毎年、中津川にヤマメやアユの稚魚を放流しています。 9日は川に架かる「上の橋」の下流の河川敷で、近くの桜幼稚園の年長園児らがヤマメの稚魚1500匹を川に放しました。解け水の流れ込みが落ち着き、これから川はヤマメ釣りのベストシーズンを迎えます。小判状の模様の入った生後5か月の稚魚は体長が約7センチで、釣りの対象となる13センチ以上に育つには2年ほどかかります。盛岡市は9日、全部で8500匹のヤマメの稚魚を中津川に放流し、来週にはアユの稚魚も放流することにしています。

★標高2千メートル山頂からスキー滑降 北海道・十勝岳連峰オプタテシケ山!。オプタテシケ山の頂上から滑降する山スキーヤー。中央奥の鋭峰は十勝岳=5日午前11時15分ごろ 十勝岳連峰の北端、オプタテシケ山(2013メートル)に5日、山スキーヤーたちが訪れ、豊富な残雪に陽光が照り付ける中、山頂から急斜面を一気に滑降した。残雪たっぷり、春のオプタテシケ山を滑降オプタテシケ山から北側に広がる大雪山系。中央がトムラウシ山=5日午前10時50分ごろ(写真12枚を合成) 十勝管内新得町の林道から入山し、距離6・5キロ、標高差1300メートルを登ると、山頂からは北側にトムラウシ山(2141メートル)や道内最高峰・旭岳(2291メートル)など大雪山系を一望できる。南側には美瑛岳(2052メートル)や噴煙を上げる十勝岳(2077メートル)が連なる。山々はまだ雪で白いが、麓の上川管内美瑛町の草地には緑が広がる。オプタテシケ山の大斜面をスキーで登る登山者たち=5日午前10時45分ごろ 山スキーの上級者たちは、山頂から森林限界の標高1400メートルまで、30度以上ある急斜面を一気に滑り降りた。登りは5~6時間かかるが、下りはスキーの利点を生かし、1時間ちょっとで登山口まで滑り降りる人もいる。

★初夏の陽気 田植え本格化【岩手】!。植え作業が本格化した一関地方。順調に生育した苗を手際よくに載せる農家=一関市厳美町 一関地方は7日、朝から晴天に恵まれ、多くの水田で農家が田植えや代かきなどの作業に精を出した。一関市厳美町では、準備が整った水田で田植え作業が本格化。このうち、4.7ヘクタールにもち米品種の「こがねもち」を作付けする同町字宿の阿部幸雄さん(62)は、家族ら8人で田植え作業に汗を流した。例年5月の連休後半に田植えを行っており、同日は長男と代わる代わる乗用の機械を運転し、順調に生育した苗を植え付けていった。田植え作業は同日を含めて3日間で終える予定で、阿部さんは「苗が順調に育ったので、あとは天候次第だが、豊作になるよう願いを込めて作業したい」と出来秋に期待していた。

ピカチュウ50匹、沖縄に大集合!。北谷アメリカンビレッジ内をパレード!。沿道を埋め尽くした大勢のファンの歓声を浴びながらパレードするピカチュウたち=8日午後、北谷町美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ 沖縄県北谷町で8日、「めんそーれ沖縄! ポケんちゅ集合チュウin北谷」(主催・ポケモン)が開かれ、アニメのポケットモンスターで人気のキャラクター「ピカチュウ」が同町美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ内をパレードした。この日はゴールデンウイーク最終日を迎え、県内外から多くのポケモンファンが沿道を埋め尽くした。【写真】ピカチュウと一緒にダンスを披露するHYメンバー イベントは沖縄の魅力を国内外へ発信する「そらとぶピカチュウプロジェクト」の一環で、7日から2日間の日程で開催された。会場を訪れた観客は、無料配布されたピカチュウのお面をかぶり、リズムに合わせてパレードする総勢50匹のピカチュウに笑顔で手を振った。 同プロジェクトのテーマソング「空色」を書き下ろした沖縄県うるま市出身の人気バンド「HY」も登場。ドラムの名嘉俊さんは「最終日も最後まで楽しんでいきましょう」と会場を盛り上げた。 北谷公園野球場(Agreスタジアム北谷)では8日午後7時半から、HYピカチュウによるライブショーが行われる。

★残雪で斜面に「白い馬の形」が現れる 雪解けが進む北アルプス笠ヶ岳!。北アルプス笠ヶ岳では雪解けが進み、斜面に「白い馬の形」が現れました。 標高2898メートルの笠ヶ岳は、この季節に冬の間降り積もった雪が徐々に解け、山の西側の斜面に残雪によって「白い馬の形」が浮かび上がります。古くからこの「馬の形」が現れると農作業を始める目安とされてきました。今年の北アルプスは例年並みの積雪で、先月は暖かく雪解けが進んだため「馬の形」が現れたのは例年に比べ1週間ほど早めです。この「馬の形」はあと数日見られそうです。

★「おもろさ」追求の通天閣スライダー 舞台裏に汗と涙!。開業前から行列ができていた。未明の午前1時から並び、一番乗りを果たした宮崎市の会社員、早川伸吾さん(54)は悲鳴を上げながら滑り終わると「楽しかった」と笑。「今日が来ることを楽しみにしていた。はまりそうです」と力を込めた。友人と訪れた大阪市の会社員、石川涼子さん(23)は「スライダーができるなんて斬新。絶叫アトラクションは苦手だが、すごく楽しかった」と充実した表情を浮かべた。地上22メートルにある通天閣3階からスタートし、地下1階出口までを約10秒で滑り降りるタワースライダー。全長は約60メートルで、利用者はあおむけの状態で専用の袋に入り、円筒のエレベーター塔を1回転する。スロープ部分の天井は透明で、余裕があれば外の景色も堪能できる。高井さんがスライダー計画を考案した背景にはコロナ禍がある。年間100万人以上だった来場者は、半数以下に減少。経営はもちろん厳しいが、そんな時だからこそ「笑いでコロナを吹き飛ばす」(高井さん)ような、ユニークな企画が不可欠と考えた。展望台からバンジージャンプ、外壁をロッククライミング…。アイデアが浮かぶたび「あかんあかん、さすがに危ないやん」。行き詰まったある日、通天閣のすぐそばに立つエレベーター塔をぼんやり眺めていると、妙案が浮かんだ。「塔に沿ってぐるって滑れたらいいんちゃうの?スライダーいいやん!」さっそく企画案を作成し、何社もの建設会社に声をかけた。しかし、過去に同種事例がほとんどないことから、答えはきまって「できない」。諦めかけた昨春、公園遊具などの製造・建設を手がけるタンデム(大阪府東大阪市)が名乗りをあげた。だが、間もなくして大きな壁にぶち当たった。「えらいもん引き受けてしまった」と頭を抱えたのが、タンデム専務の今浩司さん(55)だ。スライダー構想にあたり、通天閣の設計図を調べたが、残されていたのは再建当時の昭和31年の図面だけ。さらに、図面に書き込まれている柱や鉄骨などの長さは、実際の長さと微妙にずれていた。またエレベーター塔がいびつな楕円(だえん)型をしており、スライダー設置には緻密な作業が必要なことも分かった。完成直前は連日徹夜で作業にあたり、今西さんはストレスで8キロも痩せた。「知ってたらやらなかったでしょ」。高井さんの問いかけに、今西さんは「苦労の分、愛着も倍ですわ」とにやり。総工費約3億円の新名所の舞台裏には、関係者の汗と涙があった。タワースライダーの利用料金は1回千円(小中学生は500円)。身長120センチ以上、体重100キロ未満の人が利用できる。「密」対策を考慮し、大型連休明けの9日を稼働日とした。

★日本三大銘茶の一つである狭山茶の再興と地域振興に取り組む入間市の「首都圏アグリファーム」!。急須で飲むお茶の需要低下に伴い、地元農家は売り先が減少。生産者の高齢化、後継者不足、茶畑の減少という課題を抱えていました。「入間市の金子地区は400haの茶畑があるが、畑を辞めてもそこを開発することが出来ない状況があった。何か貢献できることはないかと思っていたところ、県の農林部とディスカッションをする中で、お茶作りの後継が出来ないかという話があった」と当時を振り返るのは首都圏アグリファームの水本達也代表取締役。そこで水本さんは、もともと取引のあった大手飲料メーカー向けに、ペットボトル飲料用の茶葉生産を思いついたといいます。「煎茶の消費は減っているが、ペットボトルで飲む量は増えているので、お茶の伝統を守りつつ世の中の変化に対応したビジネスが成り立つのではないかと思った」と話す水本さん。こで活用したのが、個人が所有する農地を借り上げて集約し、新規就農者や法人に貸し出す農地バンク。首都圏アグリファームでは農地バンクから50haの茶畑を借り受けて栽培しています。水本さんは「畑を『貸したい』というニーズと我々の『借りて営農したい』というニーズをうまくマッチ出来た」と話します。「廃業したい、農業を辞めたいという方を、そのまま首都圏アグリファームが継いでくれたおかげで51.3haの農地が守られ、感謝している」と話すのは入間市の杉島理一郎市長。現在、首都圏アグリファームでは30人ほどの従業員が働いており、農家からの購入も含めて年間700tの茶葉を生産しています。また、この春には国の交付金を利用して、新しく茶葉工場を建設。関東では最大規模の工場となります。首都圏アグリファームでは、狭山茶のブランドを広く知ってもらうための商品開発も行い、外国を意識したような日本をイメージできる千代紙や浮世絵があしらわれたパッケージや桐箱入りの商品を展開。伝統的な6次産業化している狭山茶のモデルは踏襲しつつも新しい商品を出して、年配の方から若い方まで喜んで飲んでもらえるものを作りたいといいます。「なんとしても日本三大銘茶の一つの狭山茶をしっかり残して、入間市金子の素晴らしい茶畑の景観も含めて残していく責任がある世代」と水本さんは意気込みを語ります。

★重量級の決勝は1050キロ同士 沖縄最強を決める闘牛大会 「闘勢琥珀」が一気の攻めで王座防衛!。春の全島闘牛大会でチャンピオンとして古堅モータース☆白龍(右)の挑戦を受ける闘勢琥珀=8日、うるま市の石川多目的ドーム 第116回春の全島闘牛大会(主催・県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)が8日、沖縄県うるま市の石川多目的ドームで開かれた。県内各地の精鋭牛が繰り広げる熱戦に、集まった大勢の闘牛ファン から大歓声が送られた。【写真】沖縄最大級の巨漢牛と人気牛が激突 “夢の取組”にファン沸く 県内最強を決める重量級の全島一優勝旗争奪戦では、2回目の防衛戦となる闘勢琥珀(1050キロ)と、古堅モータース☆白龍(1050キロ)が対決。序盤に怒濤(どとう)の攻めを見せた闘勢琥珀に対し、一時土俵際まで追い込まれた古堅モータース☆白龍がうまく向き直ると、会場からは割れんばかりの大拍手が上がった。その後は互いに様子をうかがう時間が続いたが、機を見た闘勢琥珀が一気の攻めで押し込み、勝利を手にした。主の平良恵さん(47)は「長い試合になり、10分を越えたあたりから心配して見ていたが、勝ってうれしい。ケガをせず、また良い試合を見せられるようにしたい」と意気込んだ。中量級は南星阿炎(950キロ)が刃誡皇(950キロ)を52秒で下して勝利。軽量級は源幸龍(810キロ)がメイキラ陸王(830キロ)との激闘を制しチャンピオンに輝いた。

★福岡で「ツマアカスズメバチ」確認 特定外来生物 緊急調査へ!。生態系などに影響を及ぼすおそれがあるとして特定外来生物に指定されている「ツマアカスズメバチ」が福岡市で確認されました。県などは緊急の調査を行い、巣などが発見された場合は速やかに駆除することにしています。確認されたのは環境省から特定外来生物に指定されている「ツマアカスズメバチ」の女王蜂1匹です。体長は2センチ余りで、全体的に黒っぽく腹部の先端がオレンジ色なのが特徴です。県などによりますと、先月28日、福岡市東区の私有地でミツバチの養蜂を行っている住民が見つけ専門家が調べた結果、ツマアカスズメバチの女王蜂であることが分かったということです。ツマアカスズメバチはもともと中国や東南アジアなどに生息し、平成24年に国内では初めて長崎県対馬で見つかりました。攻撃性や毒性は従来のスズメバチと変わらないものの、ミツバチなどを攻撃するため生態系や養蜂業などに影響を及ぼすおそれがあるとして飼育や運搬が原則禁止される「特定外来生物」に指定されました。その後、福岡県では平成27年北九州市で発見されましたが、福岡市では初めてです。県などは確認地点周辺で緊急の調査を行い、巣や個体が発見された場合は速やかに駆除することにしていて、住民には発見しても近寄らず県などに連絡するよう呼びかけています。

★都心のカラス、20年で3分の1以下に…生息数とゴミの量連動「人間のふるまいが翻弄」!。路上にゴミ袋が置かれることが多い繁華街では、今も多くのカラスがエサをあさっている(4月23日朝、渋谷区で)厄介者のイメージが強い東京都心のカラスが減っている。都などが対策を始めてから約20年で、3分の1以下になった。生息数の推移から透けてみえるのは、ゴミを巡る世の中の変化だ。■激辛成分「毎朝、飲食店などが出したゴミ袋が破られ、道を歩けないほど残飯が散らかっていた」。東京・銀座の雑貨店経営、尾関一郎さん(64)が、1990年代後半の街の様子を振り返る。各店が蓋付きゴミ箱を導入し、午前2時から回収する今は、カラスを見なくなった。都心のカラスは80年代から増え、2000年前後が最も多かった。都には01年度、「ゴミを散らかす」「鳴き声がうるさい」「襲われて怖い」など計3754件の苦情が寄せられ、社会問題化した。都は01年9月、石原慎太郎知事(当時)の号令で「カラス対策プロジェクトチーム」を発足。都内40か所の大きいねぐらを調べ、計約3万6400羽の生息を確認した。餌となるゴミの早朝収集を自治体に呼びかけるとともに、わなによる駆除を開始。杉並区が中身の見えにくい黄色い袋を導入したり、企業がカラスが嫌う激辛成分を塗った袋を販売したりもした。■「食べ放題」カラスは昔から多かったわけではない。都が1973~78年に行った調査では、都心で大規模繁殖は確認されておらず、「素行の悪さ」も問題になっていなかった。研究者らでつくる「都市鳥研究会」は明治神宮(渋谷区)、豊島岡墓地(文京区)、国立科学博物館付属自然教育園(港区)で、5年ごとに生息数を調べている。85年の初調査は6737羽で、90年は約1・6倍(1万863羽)になった。の増加と連動するのが、ゴミの量だ。「東京都清掃事業百年史」によると、23区の85年度の回収量は約397万トンだったが、90年度には約2割増(約480万トン)になった。同研究会の唐沢孝一さん(78)は「経済成長に伴い、都心の路上に大量の食べ残しが生ゴミとして出された。カラスが食べ放題だったので繁殖した」と分析する。■人の都合で…… 複数の専門家によると、カラスが減った原因にもゴミが深く関係している。「東京二十三区清掃一部事務組合」によると、90年代から、飲食店を含む事業系ゴミの有料化の影響などで徐々にゴミの量が減った。2001年度は約352万トンだったが、20年度は約255万トンになった。カラスもゴミの量と連動するように減少。都が対策を始めた01年度と比べ、05年度はほぼ半減(約1万7900羽)し、20年度は約7割減(約1万1000羽)になった。防鳥ネットや蓋付きゴミ箱が普及し、「食べられるゴミ」も減った。今後、対策が徹底されれば生息数はさらに減るとみられる。カラスは小動物の死骸を食べたり、食べた植物の種をフンとして遠くに運んだりする。極端に減れば、路上が不衛生になり、生態系に影響を及ぼす恐れもある。20年以上カラスを研究する東京大総合研究博物館の松原始・特任准教授(52)は指摘する。「カラスはたくさんのゴミを野放図に出せば増え、マナーを守れば減る。人間のふるまいに翻弄(ほんろう)されているとも言えます」日本に繁殖するカラスの大半はハシブトガラスハシボソガラスで、都心に暮らすのは主にハシブトだ。果実や昆虫、小動物を食べるが、マヨネーズやフライドポテトなど油脂を多く含む食材も好む。毎日水浴びをし、くちばしを枝にこすりつけて磨くきれい好き。明け方から日中にかけて餌を取り、夜は公園や神社のねぐらに集まる個体が多い。オオタカなどの猛禽(もうきん)類が天敵で、群れで追い払うこともある。巣は枝や針金ハンガーを曲げて作る。産卵のピークは3~4月頃で1度に4、5個程度の卵を産む。今の時期は子育てをしているので、巣に近づくと攻撃的になるので注意が必要だ。

★首相 “夢と感動を与えた” 北京五輪・パラ日本選手団に感謝状!。岸田総理大臣は、北京オリンピックパラリンピック日本選手団に感謝状を贈り「コロナ禍での大会で、困難を乗り越えて輝いた姿は多くの国民に夢と感動を与えた」と述べ、活躍をたたえました。総理大臣官邸で行われた授与式には、北京オリンピックパラリンピックでメダルの獲得や入賞を果たした選手などが出席し、岸田総理大臣から、それぞれの選手団の団長を務めた伊東秀仁氏と河合純一氏に感謝状が手渡されました。た、オリンピックのスピードスケートで金メダルを含む4つのメダルを獲得した高木美帆選手と、パラリンピックアルペンスキーで金メダルを含む4つのメダルを獲得した村岡桃佳選手が、代表して記念品の写真立てを受け取りました。岸田総理大臣は「コロナ禍での大会だったが、困難にも不断の努力で立ち向かい、たくましく乗り越えて輝いた姿は、多くの国民に夢と感動、勇気を与えた」と活躍をたたえました。授与式のあと、高木選手は記者団に対し「身が引き締まる思いがしたので、次につなげられるよう日々精進したい」と述べました。又、村岡選手は「国民やたくさんの方に支えられて競技ができるという感謝の気持ちを忘れず取り組みたい」と述べました。
5/9 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶17,357,805人・ 死者 6百251,366人!。★多い国①アメリカ感染者81,863千人死者997千人②インド感染者43,105千人死者524千人③ブラジル感染30,564千人死者664千人④フランス感染28,176千人死者143千人⑤ドイツ感者25,299人死者136千人⑥英国感染者22,114人死者176千人。⑦ロシア感染者17,961千人死者369千人。

スエズ運河付近、水道施設が襲撃される エジプト軍兵士ら11人死亡!。スエズ運河を航行する大型船 エジプト東部の交通の要衝、スエズ運河付近で7日、水道施設を武装集団が襲撃し、警備していたエジプト軍兵士ら11人が死亡、5人が負傷した。軍報道官が発表した。運河を通る船舶への影響は報じられていない。発表によると、現場はスエズ運河東岸のシナイ半島側。シナイ半島北部では、過激派組織「イスラム国」(IS)の「シナイ州」を名乗るグループが2014年ごろから活動を活発化。エジプト軍が激しい掃討作戦を続けている。今回の襲撃での軍側の被害は、過去数年間で最大規模とみられている。

プーチン大統領 演説【詳細】「戦勝記念日」式典!。ロシアでは9日、第2次世界大戦で旧ソビエトナチス・ドイツに勝利した戦勝記念日を迎えました。ロシアのプーチン大統領戦勝記念日の式典の演説で「ロシアにとって受け入れられない脅威が国境付近にある」と述べ、ウクライナへの軍事侵攻を改めて正当化しました。演説内容の詳細です。プーチン大統領「さまざまな提案 むだだった」 ロシアのプーチン大統領は日本時間の午後4時から戦勝記念日の式典で演説を行い、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻について「去年12月、われわれは安全保障に関するさまざまな提案を行ったが、すべてむだだった」と述べました。そのうえで「ドンバスでの作戦が行われ、キエフでは核兵器使用の可能性も口にされた。ロシアにとって受け入れられない脅威が国境付近にある」と述べ、軍事侵攻を正当化しました。又「ドンバスの民兵、ロシア軍兵の士に呼びかける。祖国の未来のために戦っているのだ。ナチス・ドイツが復活しないよう、皆さん力を尽くしている。亡くなったすべての皆さんに頭をたれる」と述べました。「ウクライナではNATO加盟国から最新兵器が提供された」プーチン大統領は「ウクライナでは外国の軍事アドバイザーが活動を始め、NATOの加盟国から最新兵器が提供された。唯一、避けられない、正しい決定だった」として、ウクライナへの軍事侵攻を正当化しました。“欧米の脅威背景に軍事侵攻”と正当化「アメリカとその仲間が賭けた、ネオナチとの衝突は避けられないことをあらゆることが示唆していた。軍事インフラが配備され、何百人もの外国人顧問が働き始め、NATO諸国から最新鋭の兵器が定期的に届けられる様子を目の当たりにしていた。危険は日に日に増していた」と述べ、プーチン大統領は、ウクライナを軍事支援する欧米の脅威を背景に軍事侵攻に踏み切ったと正当化しました。そして「ロシアは侵略に対して先制的な対応をした。タイムリーで、正しい判断だった。強く、自立した国の決定だ」としたうえで「アメリカは、特にソビエトが崩壊したあと、自分たちは特別だと語り始め、ほかの国々にも屈辱を与えた」と述べソビエトの崩壊後、唯一の勝者だとふるまってきたとアメリカを批判しました。「敵が内部から弱体化させようとしたが、うまくいかなかった」プーチン大統領は「ロシアの敵が国際テロ組織を利用して、民族や宗教どうしの敵意を植え付けて、われわれを内部から弱体化させ分裂させようとしたと記憶しているが、うまくいかなかった。きょう、われわれの兵士は、異なる民族どうしが、兄弟のように互いに銃弾や破片から身を守りながら戦っている。そしてそれこそがロシアの力であり、団結した多民族の国民の偉大で不滅の力なのだ」と述べました。又「クリミアを含むわれわれの歴史的な土地に侵攻する準備が公然と進められていた」と主張し、NATO側からの脅威を防ぐためだったとしてウクライナへの軍事侵攻を正当化しました。「戦争状態」の宣言 言及せず 一方、プーチン大統領は、一部で指摘されていたウクライナでの戦闘による具体的な成果や、「戦争状態」の宣言については言及しませんでした。モスクワ「赤の広場」で式典始まる ロシアの首都モスクワでは日本時間の午後4時に中心部の赤の広場で式典が始まりました。これに先立ってロシア大統領府は8日、プーチン大統領からウクライナの市民や退役軍人に向けたとするメッセージを発表しました。このなかでプーチン大統領は「私たちの共通のすばらしい休日である勝利の日を心から祝福する」とする一方で「残念ながら、いま再びナチズムが頭をもたげ、野蛮で非人道的な統治を行おうとしている。私たちの神聖な義務は、『大祖国戦争』の敗北者の思想を受け継いだ者たちによる復しゅうを阻止することだ」と述べ、軍事侵攻の目的がウクライナのネオナチ集団との戦いだと主張しています。赤の広場の式典ではプーチン大統領が演説する予定です。ロシア報道官“戦闘機などの上空飛行は中止”ロシア国営の通信社は、ロシア大統領府のペスコフ報道官が、モスクワの赤の広場で行われる軍事パレードのうち戦闘機などによる上空の飛行については天候のため中止されると明らかにしました。首都モスクワでの軍事パレード 日本時間の午後4時から開始予定 ロシアはウクライナへの軍事侵攻を続ける中、9日、第2次世界大戦で旧ソビエトナチス・ドイツに勝利してから77年となる戦勝記念日を迎え、極東地域から順次、記念式典や軍事パレードが行われています。軍事パレードは一方的に併合したウクライナ南部のクリミアを含む28の都市で実施され、首都モスクワではこのあと日本時間の午後4時から始まる予定で、プーチン大統領がどのような演説を行うか関心が集まっています。東サハリン州では 極東サハリン州の中心都市ユジノサハリンスクでは日本時間の午前8時から中心部にある広場で陸軍の兵士など800人以上が参加して軍事パレードが行われ、弱い雨が降る中、多くの市民が集まりました。今年は最新鋭の地対空ミサイルシステム「S400」のほか、サハリン州が事実上管轄する北方領土択捉島にもロシア軍が2016年から配備している地対艦ミサイルシステム「バスチオン」が初めて披露されました。又ウラジオストクで行われた軍事パレードではウクライナへの軍事侵攻を支持するシンボルとなっている「Z」のマークの旗を振る市民の姿もみられました。

★ロシア産石油 原則禁輸 岸田首相“削減時期 実態踏まえ検討”!。岸田総理大臣はG7=主要7か国のオンラインの首脳会合でロシア産の石油を原則禁輸する方針を表明したことについて、今後実態を踏まえて輸入の削減時期などを検討していく考えを示しました。またロシア極東で進められている石油や天然ガスの開発事業の権益を維持する立場に変わりはないと強調しました。ウクライナ情勢をめぐって日本時間の9日未明、G7のオンラインの首脳会合が開かれ、岸田総理大臣はロシア産の石油を原則禁輸する方針を表明しました。これについて岸田総理大臣は9日朝、総理大臣官邸で記者団に対し「G7とウクライナの連帯を改めて確認する会議となった。石油についてもエネルギー資源の大部分を輸入に頼っているわが国としては大変厳しい決断ではあるが、G7の結束が何よりも重要な時であり、今回のG7首脳声明も踏まえロシア産石油の原則禁輸という措置をとることとした」と述べました。そのうえで「石油輸入の削減や停止の時期などは今後、実態を踏まえて検討していく。すなわち時間をかけてフェーズアウトのステップを取っていくということだ」と述べました。又記者団が「ロシア極東で進められている石油や天然ガスの開発事業『サハリン1』『サハリン2』の権益を維持する立場に変わりはないか」と質問したのに対し「権益を維持することについては変わっていない」と述べました。更に原子力発電所の再稼働について「安全性を最優先にしながら再稼働を進めていく方針は全く変わっていない。原子力規制委員会の基準にしっかりとあったものは、地元の理解をしっかり得ることを前提としながら再稼働を進めていく」と述べました。官房長官「すでに他国に代替する取り組みに着手松野官房長官は午前の記者会見で「エネルギー安全保障を確保しロシア産のエネルギーへの依存度を低減するため、原油天然ガスの供給源の多角化、上流開発への投資の促進、そして再エネや原子力の利用も含めあらゆる手段を講じていく」と述べました。そのうえで、ロシア極東で進められている石油や天然ガスの開発事業について「国民生活や事業活動への悪影響を最小化する方法でフェーズアウトのステップを取っていく。『サハリン1』『サハリン2』は極めて重要なプロジェクトであり、権益は長期的なエネルギーの安定供給確保の観点とロシアへの制裁の実効性の観点から引き続き維持していく」と述べました。そして記者団が石油の禁輸と代替先の確保のどちらが先になるか質問したのに対し「一般論で申し上げればどちらが先でどちらが後ということではない。個別の契約について述べることは控えるが、すでに他国に代替する取り組みに着手している」と述べました。

官房長官 沖縄 米軍キャンプ 一部の返還前に利用方法 検討指示!。再来年度以降に返還が予定されている、沖縄県在日アメリカ軍キャンプ瑞慶覧の一部地区について、松野官房長官は、返還前に土地の利用を早期に実現できるよう、先月、防衛省に対し具体的な検討や調整を進めるよう指示したことを明らかにしました。縄市と北中城村にまたがる在日アメリカ軍キャンプ瑞慶覧の「ロウワー・プラザ住宅地区」は、平成25年に日米間で返還計画がまとまり、再来年度以降に返還が予定されていますこの地区について、沖縄の基地負担軽減を担当する松野官房長官は、午前の記者会見で、返還前に土地の利用を早期に実現できるよう、先月、防衛省に対し具体的な検討や調整を進めるよう指示したことを明らかにしました。そして「現時点で具体的に定まった計画はないが、可能なかぎり早期に沖縄県民の生活の利便性の向上などに資するものとして利用されるようできる指示ことをしっかりと進めていく」と述べました。

★中国 4月の新車販売台数 日系メーカー コロナで大幅な落ち込み!。世界最大の自動車市場、中国で日系の自動車メーカーが先月、販売した新車の台数は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でトヨタ自動車が去年の同じ月から30%余り減少するなど、各社とも大幅な落ち込みとなりました。各メーカーが発表した中国での先月の新車販売台数は▽トヨタ自動車がおよそ11万1000台で去年の同じ月から30.7%減少したほか▽ホンダがおよそ9万5000台で36.3%▽日産自動車はおよそ6万9000台で46%、それぞれ減少し、いずれも大幅に落ち込みました。これは新型コロナの感染拡大を受けて、上海などの主要都市を含む各地で厳しい外出制限がとられたことから部品の供給が滞ったほか、従業員が出社できなかった工場もあり生産に影響が出たためです。このうちトヨタは、東北部の吉林省 長春にある工場が3月14日から1か月半余りにわたって操業停止を余儀なくされました。又、各メーカーはディーラーが営業できなくなるなど、販売面での影響も受けました。11日、発表される中国市場全体の先月の新車販売台数は5割近くの減少になるとみられていて、中国市場を販売の柱とする日系メーカーに打撃となっています。

★中国 先月輸出額 コロナ感染拡大でおととし6月以来の低水準に!。中国の先月の輸出額は、新型コロナウイルスの感染拡大で工場の操業停止や物流の混乱が広がったことなどで、去年の同じ月と比べた伸び率は、おととし6月以来の低い水準となりました。中国の税関当局が9日発表した先月の貿易統計によりますと、輸出額は2736億2000万ドルと去年の同じ月と比べて3.9%のプラスとなり、おととし6月以来の低い水準にとどまりました。これは、新型コロナウイルスの感染拡大で上海など各地で厳しい外出制限がとられ、企業の間で工場の操業停止や減産が相次いだほか、物流の混乱が広がったことが主な要因とみられます。又、輸入額は2225億ドルと去年の同じ月と横ばいでした。この結果、輸出と輸入を合わせた貿易総額も4961億2000万ドルと、去年の同じ月と比べて2.1%のプラスとなり、おととし6月以来の低い水準となりました。中国の輸出は、これまで欧米での需要回復に伴って大幅な増加が続き、景気を下支えしていましたが、感染拡大の影響が改めて明らかになった形です。又、中国からの輸出をめぐっては、日本でも一部の企業が中国からの部品が不足し、生産を減少したり、操業を一時停止したりする事態も起きています。

★エンジェルス 大谷翔平 同点ツーベースとサヨナラのホームイン!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がナショナルズ戦に指名打者でフル出場し、9回2アウトから同点のタイムリーツーベースヒットを打ったあと、サヨナラのホームを踏んで逆転勝ちに貢献しました。エンジェルスの本拠地、カリフォルニア州アナハイムで行われたナショナルズ戦は、8日、母の日にあわせて両チームの選手や審判がピンク色の道具などを着用して試合に臨みました。3番 指名打者で先発出場した大谷選手は、ピンクのバットを持って1回の第1打席に入りレフトフライでした。このあと、3回の第2打席はフォアボール、5回の第3打席はセンターフライに打ち取られ、7回の第4打席は、空振りの三振でした。第5打席は2対4と2点を追う9回、2アウト一塁三塁の場面で、大谷選手はインコース低めの変化球を鋭く振り抜き、センターのフェンスを直撃するタイムリーツーベースヒットを打ってランナー2人をかえし同点に追いつきました。さらに、大谷選手は続くバッターがセンター前ヒットを打つと一気に三塁を蹴ってサヨナラのホームを踏み、大きなガッツポーズで喜びをあらわしました。この結果、試合はエンジェルスが5対4で勝利し、大谷選手は、4打数1安打2打点、フォアボールが1つでした。大谷「最後は突っ込むことだけ考えた」 大谷選手は右股関節の張りで1日の試合を途中交代して以降は走塁でスピードを緩めるシーンが見られましたが、サヨナラの場面では股関節の張りを感じさせない走りで二塁から一気にホームにかえり、返球よりわずかに早くホームに足を滑り込ませました。大谷選手は「最後は突っ込むことだけ考えていた。2アウトだったのでいいスタートを切ることができたし、いいベースランニングだった。レンドーン選手のヒットがいい打球だったのでほぼ間違いなくかえれるかなと思っていた」と振り返りました。バッティングではここまで打率2割3分5厘、ホームラン4本と苦しんでいますが、サヨナラのホームを踏む前には同点に追いつく2点タイムリーツーベースを打ち、「ここ数試合は自分の感じとしては悪くない。いい感じの打球も上がっているし、もうちょっとかなという感じ。少し我慢が必要かなと思う」と自己分析していました。

★中国広西チワン族自治区楽業県で新たな巨大穴「天坑」を発見!。広西チワン族自治区楽業県で新たに発見された天坑。中国自然資源部中国地質調査局岩溶地質研究所の調査チームは7日、広西チワン族自治区楽業県で「天坑」と呼ばれる陥没穴1カ所を発見したと明らかにした。同県は中国南部のカルスト地形と世界最大の天坑群「大石囲天坑群」があることで知られる。「天坑の都」「世界の天坑博物館」とも呼ばれており、今回の発見で県内の天坑は30カ所となった。同研究所の張遠海(ちょう・えんかい)シニアエンジニアによると、今回見つかった天坑は同県邏西(らせい)郷平峨村隴坳(ろうおう)屯付近に位置する。坑口の直径は東西306メートル、南北150メートル、最大深度192メートル、平均深度約139メートル、容積は500万立方メートル以上で、天坑の標準的な大きさという。張氏は、天坑内部にある3カ所の大型開口部について洞窟が天坑へと変化する初期の穴跡だと説明、天坑の底部には保存状態の良い原始林が残り、中には崩落した大量の岩石が隠れていると述べた。また、今回発見された天坑は大石囲天坑群に属するものではなく、別の地下河川系統から発達したという。

★国内感染者 33人死亡 (累計2万9,864人)・2万8,510人感染(累計814万77人)!。北海道で6人、埼玉県で5人、福岡県で5人、兵庫県で4人、愛知県で4人、広島県で3人、山形県で2人、奈良県で1人、宮崎県で1人、滋賀県で1人、神奈川県で1人の合わせて33人の死亡の発表がありました。亡くなった人は国内で感染が確認された人が2万9851人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2万9864人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は9日の新たな感染者数です。▽東京都は146万7096人(3011)▽大阪府は91万4893人(1487)▽神奈川県は71万6060人(1662)▽埼玉県は52万3282人(1638)▽愛知県は49万7955人(1209)千葉県は42万9439人(983)▽兵庫県は39万4937人(742)▽福岡県は38万5831人(1919)北海道は31万2312人(2556)▽京都府は18万6650人(546)▽沖縄県は17万4493人(1071)▽静岡県は15万1654人(568)▽茨城県は14万8206人(794)▽広島県は13万4331人(1112)岐阜県は8万8033人(410)▽群馬県は8万7384人(236)▽熊本県は8万5991人(386)▽奈良県は8万5457人(300)▽岡山県は8万4901人(526)▽栃木県は8万4007人(289)▽滋賀県は8万3230人(293)▽宮城県は7万7220人(240)▽三重県は7万4102人(371)▽鹿児島県は6万9653人(424)▽長野県は6万5140人(246)▽新潟県は6万3853人(427)▽福島県は5万5300人(452)▽青森県は5万1228人(363)▽長崎県は5万178人(333)▽佐賀県は4万7171人(337)▽大分県は4万6637人(257)▽石川県は4万6454人(521)▽宮崎県は4万3294人(285)▽香川県は4万1595人(272)▽山口県は3万8240人(173)▽和歌山県は3万7643人(239)愛媛県は3万5040人(160)富山県は3万3127人(111)▽山梨県は2万9824人(113)▽岩手県は2万9626人(232)▽福井県は2万9046人(296)▽秋田県は2万6841人(189)▽山形県は2万4545人(122)▽高知県は2万2935人(134)▽徳島県は1万9456人(110)▽島根県は1万4712人(119)▽鳥取県は1万2999人(104)です。このほか▽空港などの検疫での感染確認は1万7191人(142)▽中国からのチャーター機で帰国した人と、国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、9日時点で163人(+4)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは9日時点で▽国内で感染が確認された人が774万7676人▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて774万8335人となっています。又、今月5日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で2万5742件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが、過去の原稿はさかのぼって修正しないため、累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。

★3月の現金給与 前年比プラスも物価上昇で実質賃金はマイナスに!。働く人1人当たりのことし3月の現金給与総額は平均で28万6000円余りと、残業代の増加などで去年3月と比べて1.2%増えました。一方で物価の変動分を反映した実質賃金は去年3月を0.2%下回っていて、厚生労働省は「物価の上昇で実質賃金はマイナスとなっていて、今後の動向を注視したい」としています。厚生労働省は、従業員5人以上の全国3万余りの事業所を対象に「毎月勤労統計調査」を行っていて、ことし3月の速報値を9日に公表しました。それによりますと、基本給や残業代などを合わせた働く人1人当たりのことし3月の現金給与総額は平均で28万6567円と、去年3月と比べて1.2%増えました。このうち、ボーナスなどの「特別に支払われた給与」は2万517円と去年3月より10.7%増えたほか、残業代などの所定外給与は1万8801円と去年3月より2.5%増えて前の年の同じ月と比べて12か月連続でプラスとなりました。方で、物価の変動分を反映したことし3月の実質賃金は、去年3月を0.2%下回り2020年の平均を100とした指数は88.8となりました。生労働省は「働く人が受け取る賃金はプラスとなったが、物価の上昇で実質賃金はマイナスとなっている。今後の動向を注視したい」としています。

★大型連休 新幹線や高速道路の利用 コロナ前の7割余りまで回復!。大型連休の期間中に全国の新幹線や特急列車を利用した人は、およそ907万人余りと、去年の同じ時期より2.45倍に増え、新型コロナウイルスの感染拡大前の水準の7割余りまで回復しました。JR各社は、先月28日から8日までの11日間の、全国の新幹線や特急列車の利用状況をまとめました。それによりますと、新幹線と特急列車を合わせた利用者数はおよそ907万5000人で去年の同じ時期より2.45倍に増加し、新型コロナ感染拡大前の4年前の水準の75%まで回復しました。このうち新幹線の利用客は去年の大型連休の期間と比べ▽東海道新幹線が2.74倍▽北陸新幹線が2.41倍▽東北新幹線が2.15倍▽九州新幹線が1.89倍▽北海道新幹線が1.86倍などいずれも増加しました。JR各社は利用客の増加について「新型コロナに関する移動制限がなかったことから去年より利用客が増え、素直によかったと受け止めている。感染対策を引き続き徹底していきたい」としています。高速道路の交通量 感染拡大前の77%まで戻るの大型連休中、全国の高速道路の交通量は1日当たり平均3万9200台で、新型コロナウイルスの感染拡大前の77%にまで戻りました。高速道路各社は先月28日から8日までの全国の主な区間の交通量をまとめました。それによりますと、一日当たりの交通量は平均3万9200台でおととしの大型連休の2.6倍、去年の1.3倍に増えました。新型コロナウイルス感染拡大前の2019年と比べると77%となっていて、高速道路各社は「コロナ前の水準に戻りつつある」としています。10キロ以上の渋滞は294回と去年の3倍以上に増え、今月3日には関越自動車道の下り線で嵐山パーキングエリア付近を先頭に51.9キロの渋滞が発生するなど40キロ以上の激しい渋滞となったところもありました。高速道路各社は「場所によってはコロナ前と同程度の渋滞も起きた。3年ぶりに行動制限がない大型連休となったことで、移動する人が増えたとみている」としています。

★大型連休中の山岳遭難7件、1人死亡1人行方不明 長野県警まとめ!。長野県警 大型連休中の救助活動!。大型連休期間中に長野県内で7件の山岳遭難があり、1人が死亡しました。長野県警によると4月29日から5月8日までの10日間で7件の山岳遭難があり、1人が死亡し、1人が行方不明、3人がけがをしました。このうち北アルプス白馬大雪渓では、68歳の男性が意識を失い4時間後に救助されましたが、死亡が確認されました。又、北アルプスの玄関口・上高地では、愛知県の74歳の男性がキャンプ場にテントを張ったまま行方がわからなくなっています。遭難件数は過去10年で2番目に少なく、県警は天候が安定していて雪崩などによる遭難がなかったことを挙げています。県警はこれからの山岳登山について「残雪に向けた対策などを講じたうえで登山してほしい」としています。

★東京 東村山で住宅火災 住人の夫婦と息子2人が死亡!。9日未明、東村山市の住宅で火事があり、60代の夫婦と30代と20代の息子の合わせて4人が死亡しました。警視庁や東京消防庁が火事の原因や当時の詳しい状況を調べています。一酸化炭素中毒で亡くなった可能性 9日午前3時20分ごろ、東村山市多摩湖町の2階建ての住宅から火が出ているのを近所の人が見つけて通報しました。東京消防庁によりますと、消防車両25台が出動して消火活動に当たった結果、火はおよそ2時間後にほぼ消し止められましたが、2階建ての住宅1棟がほぼ全焼しおよそ80平方メートルが焼けました。住宅からは男女4人がいずれも意識不明の状態で救出され病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。警視庁によりますと、亡くなったのはこの住宅に住む▽酒井巌さん(65)と▽妻の道子さん(64)次男の優理さん(36)▽四男の進さん(26)で死因は一酸化炭素中毒の可能性があるということです。当時4人は2階で寝ていて火元は1階とみられ、警視庁などが火事の原因を調べています。現場は西武新宿線の東村山駅から西におよそ1キロ離れた住宅地です。

★「コロナの行動制限ないのに去年より少ない」…観光シーズンの知床、沈没事故で閑散!。事故の影響で観光船が運航を中止し、港は閑散としていた(8日午前、北海道斜里町で)大型連休直前に起きたカズワンの沈没事故は、世界自然遺産に登録され、観光を主産業とする知床に大きな打撃を与えている。観光業者らは「まずは行方が分からない12人を一日でも早く見つけて、夏には観光客に戻ってきてほしい」と願う。カズワンが運航していた知床半島の西側、北海道斜里町のあるホテルでは、大型連休が始まる4月29日から今月末まで予約で満室状態だったが、キャンセルが相次いでいる。ホテル幹部は「斜里のホテルはどこも同じ状況」と話し、地元飲食店の店主も「新型コロナ対策の行動制限がようやくなくなったのに、去年より客が少ない」と嘆く。冬の長い知床にとって、春の大型連休はかき入れ時。だが、4月23日に起きた沈没事故を受け、カズワンと同じく斜里町のウトロ漁港を発着する観光船は軒並み運航を中止した。海上からヒグマなどを見るツアーは知床観光の目玉の一つで、旅行を取りやめた観光客が多かったとみられる。影響は、半島の東側・羅臼町にも及んでいる。大型連休の最終日、閑散とするウトロ地区(8日午前、北海道斜里町で)=前は駐車場に入りきらない車が列をなしていたのに、今年もからっきし」。観光施設内で海産物・土産物店を営む舟木清一社長(71)はため息をついた。行動制限がない大型連休は3年ぶりだったが、19年に比べて客は半分ほどにとどまったという。羅臼町の観光船業者「知床ネイチャークルーズ」は連休中に予定通り運航した。羅臼町側の観光船は、岸壁近くを航行する斜里町側の船とは違い、沖合でのホエールウォッチングなどがメインだ。しかし事故後、200件を超える問い合わせが殺到し、大半は乗船のキャンセルだった。知床羅臼町観光協会会長の大野貴史さん(46)は「夏に向けてどうなっていくのか。早く不明者全員が見つかり、観光が楽しめる知床に戻ってほしい」と胸の内を明かした。連休中に知床を訪れた観光客も思いは複雑だ。羅臼町の観光施設を8日に訪れた横浜市の40歳代の女性は、観光船に乗るつもりだったが取りやめた。「素直に知床観光を楽しめないのが正直なところ。犠牲者の冥福(めいふく)と不明者の早期発見を祈って、ウトロでは海に向かって手を合わせた」と話した。

 菰野の鎌ヶ岳で滑落死か 単独入山とみられる73歳男性「男性が倒れている」と通報!。警察は「グループでの登山や、技術に見合ったルートを」と呼びかけている。三重の鎌ヶ岳で、登山に訪れていた男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察によりますと8日午前10時半頃、鎌ヶ岳の三ツ口谷登山道の入り口から510メートルの沢辺で「男性が倒れている」と下山中の別の登山者から通報がありました。山岳警備隊と消防が捜索を行った結果、福岡県の男性(73)が倒れているのを発見し、その後、死亡が確認されました。男性は単独で山に入ったとみられ、頭部の損傷が激しいことから滑落して死亡した可能性が高いということです。警察では「春の行楽シーズンは登山者が増加傾向にあることから、登山者はグループでの登山や技術・体力に見合ったルートを選ぶなど遭難防止に努めて」と呼びかけています。

★AIで解析 認知症発症を高精度で予測 富士フイルムなど!。脳のMRI画像をAI=人工知能を使って解析することで、認知症の前段階とされる「MCI=軽度認知障害」の人が、その後、認知症を発症するかどうかを高い精度で予測する技術を富士フイルムなどのグループが開発したと発表しました。この研究は、富士フイルムと国立精神・神経医療研究センターのグループが海外の学術誌で発表しました。グループは、画像認識の技術を活用し、脳のMRI画像からアルツハイマー病の進行に関わるとされる「海馬」と呼ばれる部位などを識別して、これらの領域を中心にAIに学習させたところ、脳全体を学習させた場合と比べ、病気の進行に関わるよりわずかな脳の萎縮などを捉えることができるようになったということです。国内外の患者のデータを使って検証したところ、認知症の前段階とされる「MCI」の人の脳の画像から、2年以内にアルツハイマー病を発症するかどうかを80%以上の高い精度で予測できたということです。グループでは、この技術を応用し、症状が進行する可能性が高い人を対象に治験を行うことで、薬の有効性をより正しく評価できるようにしたいとしています。富士フイルム画像技術センターの李元中主席研究員は「新薬の治験の成功率を向上させることで、患者の苦しみを減らすことにつなげたい」と話していました。


★「赤ちゃんポスト」開設10日で15年 熊本 慈恵病院の院長が会見!。親が育てられない赤ちゃんを匿名で受け入れる、いわゆる「赤ちゃんポスト」が熊本市の慈恵病院に開設されて10日で15年になるのを前に、院長が記者会見し「育児放棄を助長するなどの批判もあるが、赤ちゃんの安全な出生のため継続して取り組んでいきたい」と述べました。預けられた子ども 半数以上が「孤立出産」熊本市西区の「慈恵病院」は、親が育てられない赤ちゃんを匿名で受け入れる「こうのとりのゆりかご」いわゆる「赤ちゃんポスト」を全国で唯一、設置しています。開設から10日で15年となるのを前に、病院が9日、記者会見しました。病院には、去年3月までに159人の子どもが預けられているということで、蓮田健院長は「育児放棄を助長するなどの批判もあるが、行政や全国からの支援などで15年間運営できた。赤ちゃんの安全な出生とその後の健康や幸福のため、継続して取り組んでいきたい」と述べました。病院によりますと、赤ちゃんポストに預けられた子どもの半数以上が、母子の生命に危険が及ぶおそれがある、自宅などでの「孤立出産」で産まれているということです。病院では、そうした事態を防ごうと病院だけに身元を明かして出産する「内密出産」という仕組みを独自に導入していて、蓮田院長は「母親たちの中にはみずからの姿を病院のスタッフにも見られたくないという人もいる一方で、一定期間保護が必要な人もいて、赤ちゃんポストも内密出産もそれぞれ必要だと考えている」と述べました。

★「教員不足」一刻も早い改善を 専門家が緊急会見!。今年度も各地の学校で「教員不足」が起きているとして、教育の専門家らが緊急の会見を開き、正規教員の採用増加に向けた予算の確保など、一刻も早い改善を国や自治体に求めました。9日、文部科学省で会見したのは教育の専門家ら4人です。会見では、この春も、教員や保護者から、教員不足を訴える声が相次いでいることを受け、先月下旬から緊急調査を実施しているとし、全国公立学校教頭会を通じて、8日までにインターネット上で回答した教頭179人のうち、2割が先月の始業式の時点で「教員不足が起きている」と答えたことを明らかにしました。会見した日本大学の末冨芳教授は、調査は今月22日まで実施する予定のため、今後の推移を見る必要があるとしたうえで「昨年度の国の調査では、教員不足は2558人だったが、実感としてはもっと多い。『担任の先生がいない』などという状況は、子どもに不安と不利益を生じさせるため、一刻も早い改善が必要だ」と話しました。今後への提言として、国や自治体に対しては、正規教員の採用のため予算を確保することや、厳しい勤務実態が指摘される教員の労働環境の改善などを求めたほか、地域社会に対して、教員のおかれた状況を理解し応援してほしいと呼びかけました。