5/8 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶17,099,297人・ 死者 6百250,664人!。★国内感染者 26人死亡(累計2万9,831人)・ 4万2,538人感染(累計811万1,582人)!。8日※コロナワクチンの”接種”励行!▼コロナ渦"脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日9(月)15℃11℃曇/雨 明日10(火)21℃10℃曇/晴 明後日11(水)22℃10℃曇/雨 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

★関東GW明けは冷たい雨 気温低く3月並みも!。ゴールデンウィーク明けの9日は、関東の所々で冷たい雨が降っていて、気温が8日より大幅に低くなっています。9日の関東は北東からの冷たい風の影響で、朝から気温が上がっていません。午前11時の気温は、宇都宮で13.6度、熊谷で14.1度など、8日の同じ時間と比べて5度前後、低くなっています。9日午後は、関東の広い範囲で冷たい雨が強まり、北部を中心に3月並みの気温となる見込みです。日中の最高気温は前橋で14度、東京は18度と、およそ1週間ぶりに20度に届かない予想です。10日以降も、くもりや雨の日が続くものの、平年並みの気温に戻る見込みです。

★ニホンイヌワシのひな確認 兵庫で2年ぶり 巣立ち向け「1カ月の餌が勝負」 但馬・扇ノ山周辺!。岩壁に作られた巣の中で育つニホンイヌワシのひな=7日午後、扇ノ山周辺 国の天然記念物で絶滅の恐れのあるニホンイヌワシのひなが、兵庫県但馬地方の扇ノ山周辺で誕生、成育しているのが7日、確認された。この巣でのひな確認は23年ぶり、県内では2年ぶり。同じ巣で23年ぶりに成育が確認されたニホンイヌワシのひな 日本イヌワシ研究会員と兵庫県などの調査チームが、断崖絶壁の岩場にある巣の中で白い羽に包まれた体長40センチほどのひな1羽がいるのを発見した。巣の中には親鳥が運び、食べたと見られるウサギの骨や、まだ生きているシマヘビが見えた。母鳥が餌を持って巣に帰ってくると、元気に鳴き声を上げていた。扇ノ山のつがいは県内2ペアのうちの一つ。昨年秋から求愛行動が見られ、年明けには交尾も観察されていた。ふ化したのは3月29日とみられる。猛禽類に詳しく、調査に同行した「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区)の佐藤哲也園長(65)は「抜け毛もなく目に力がある。親鳥が帰った時の動きも速く、ふんもきれい。元気に育っており、体調は極めてよさそう」としつつ、「これからの1カ月でどれだけ餌を確保できるかが勝負」と話した。県内では2年前に氷ノ山周辺でひなが誕生したが、巣立ち後に餌不足で死んでいる。順調に育てば、6月上旬にも巣立ちし、大空を舞う幼鳥の姿が見られそうだ。

★「一目百万本」山肌を真っ赤に染めるツツジ、ハイキング客ら続々!。山肌を赤く染めるツツジ(7日午後、大阪府奈良県にまたがる葛城山で、 山肌を赤く染めるツツジ(7日午後、大阪府奈良県にまたがる葛城山で 大阪、奈良府県境にまたがる葛城山(959メートル)でツツジが見頃を迎え、大勢のハイキング客らが訪れている。山頂付近は「一目百万本」と呼ばれるヤマツツジなどの群生地で、約15ヘクタールにわたって斜面を真っ赤に染めている。山頂近くの国民宿舎「葛城高原ロッジ」によると、今月中旬まで楽しめそうだという。同宿舎総支配人の前田浩三さん(61)は「大事に手入れしてきたツツジを堪能してもらえたら」と話している。

★花屋ない島へ 母の日に贈呈し続ける41年!。「ありがとうと言って渡してほしい」 母の日、花屋がない島の子どもたちへ41年間カーネーションを贈り続ける 8日の母の日に合わせ、鹿児島市本名町で花屋を営む田知行義久さん(74)が6日、三島、十島両村にカーネーションを贈った。花はフェリーで各島に運ばれ、子どもたちから母親や里親に渡される。

★バラの生花を風呂に 埼玉・熊谷の温浴施設が「バラ風呂」 8日と15日、バラ使用のスキンケアアイテムも!。バラの生花を浮かべる「プレミアムバラ風呂」(温泉道場提供)熊谷市久保島温浴施設「おふろcafeハレニワの湯」は、8日と15日にバラの生花を風呂に浮かべた「プレミアムバラ風呂」を行う。 風呂を出た後もバラを楽しんでもらおうと、15日までは女性浴室のパウダールームで、農薬不使用の食べられるバラをぜいたくに使用したスキンケアアイテムも用意している。用意されているアイテムは食用バラを生産・加工している会社のROSE LABOの商品で、期間中は同施設内の売店でスキンケアトライアルセットも販売する。「おふろcafeハレニワの湯」を運営する温泉道場は「母の日に花を贈る習慣をお風呂屋さんらしくアレンジしたイベント。お風呂上がりに、バラのスキンケアアイテムを試してほしい」としている。

★「ちむどんどん」 舞台は横浜へ 沖縄と結びトークショー!。NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の舞台の沖縄と横浜市を結んで、出演者らによるトークショーが開かれました。現在、放送されている連続テレビ小説「ちむどんどん」は、沖縄で生まれ育った女性が本土復帰の年に上京し、きょうだいで支え合いながら沖縄料理の店を開こうとする物語です。ドラマの舞台はまもなく沖縄から、東京やヒロインの暢子の下宿先で沖縄出身者が多い横浜市鶴見区に移ることになっていて、7日は沖縄と横浜を中継で結び、出演者らのトークショーが行われました。今月15日で沖縄が本土復帰50年となることについて、東京都出身で鶴見の沖縄県人会の会長役の片岡鶴太郎さんは、当時、暢子と同じ17歳だったと振り返り、「沖縄を今よりずっと遠い存在だと感じていた」と話しました。また沖縄県出身で、ハンバーガーショップのマスター役の川田広樹さんは「復帰の年に生まれた『復帰っ子』の僕は今、戦争を知る“おじい”“おばあ”のドキュメンタリー映画を制作しています。戦争が起きている今こそ沖縄から『命どぅ宝(ぬちどぅたから)』、命こそ宝だと発信したい」と語りました。トークショーでは撮影の裏話も披露され、出演者たちは「ちむどんどん」への応援を呼びかけていました。

★パンダの「良浜」に母の日のプレゼント 和歌山県白浜町!。プレゼントのタケノコをほおばる「良浜」(8日、白浜町アドベンチャーワールドで)母の日の8日、白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は、10頭の子どもを育てたジャイアントパンダの母親「良浜(らうひん)」に、タケノコやニンジンで作ったブーケをプレゼントした。 良浜は2000年9月6日、アドベンチャーワールドで生まれた。08年に双子を産んで以降、これまでに計7回の出産で、10頭の母親となった。5月2日時点の体重は103・5キロ。 飼育スタッフらが開園前、良浜への感謝を込めて、屋外運動場で、大好物のタケノコや、カーネーションの花型に切ったニンジンを束ねたブーケをプレゼントした。ニンジンは、10頭を育てたことにちなんで10個用意した。良浜は座っておいしそうに食べていた。

★GWのラストを飾る 栃木県の鬼怒川温泉郷で花火!。鬼怒川温泉郷の夜を彩った花火=7日午後9時20分、日光市鬼怒川大原 大型連休の最後を飾ろうと、日光市鬼怒川温泉郷で7日夜、花火の大輪が咲いた。全国各地で展開する「花火駅伝2022」の一環で、同市鬼怒川温泉大原の観光名所「鬼怒楯岩大吊橋(つりばし)」など2会場でそれぞれ5分間、75発ずつ計150発を打ち上げた。鬼怒川温泉郷の夜を彩った花火 花火駅伝は西尾市の花火製造工場「若松屋」が全国の花火師に呼び掛け、昨年初めて実施。2回目となる今回は4月29日から5月8日までに全国の55社が参加、31道府県で計115回打ち上げる。県内では宇都宮、小山市でも実施。8日は新潟県長岡市や愛知県豊田市など5カ所で行われる。「うちは色の変化が楽しめる花火が多い。コロナやウクライナ情勢など暗い話題が多い中、変化を願う気持ちを込めた」と、この日花火を打ち上げた関口煙火工場(栃都賀町深沢)の若井豊(わかいゆたか)社長(57)。鬼怒楯岩大吊橋からは、鬼怒川右岸から打ち上げられた花火を間近に望め、観光客らは彩られた夜空を楽しんだ。

★鉄道ファンの路上駐車 農家が憤り!。ケノコ収穫に来た農家が迷惑 鉄道ファンの路上駐車に憤り 3月に「国鉄特急色」へ塗り替えられた特急やくもを狙う撮影者に、沿線住民やJR西日本がマナーの徹底を求めている。沿線の農道では愛好者の車と思われる路上駐車が散見され、農作業の妨げや事故発生の恐れが高まった。 

福井県内唯一の日本百名山荒島岳で山開き!。 県内で唯一「日本百名山」に選ばれている大野市荒島岳で山開きがあり、地元の関係者たちがシーズン中の安全とにぎわいを祈った。(5月8日)大野市西勝原の荒島岳登山口では、午前7時ごろから山開きの神事が行われ、地元の荒島愛山会の人たちなどおよそ30人が、今シーズンの登山客の安全とにぎわいを祈願した。標高1523メートルの荒島岳は、年間3万人が訪れる人気のスポット。登山客の男性は「1回目の登山はただただきつくて、登ったところの景色が良くて、きょうはもう1回来た」などと話し、山頂を目指していた。登山道では、荒島愛山会などがサクラの名所を目指して、2015年から延べ1000本を植樹を続け増やしている今日は県内で植樹活動を進めている福井トヨペットが、地元の関係者とともにマイヒメの苗木を植えた。

★沖縄本土復帰50年 東京の沖縄県人会が芸能フェスティバル開催!。沖縄が本土に復帰してから50年となるのを記念した芸能フェスティバルが東京の国立劇場で開かれました。沖縄芸能フェスティバルは、沖縄県が今月15日に本土に復帰して50年となるのを記念して、東京沖縄県人会が千代田区国立劇場で開きました。はじめに古典舞踊が披露され、祝いの席で披露される「四つ竹」という演目では、復帰50年にちなみ、50人が竹製の楽器を鳴らしながら踊りました。又、本土復帰に尽力し、復帰後、沖縄県知事を務めた屋良朝苗氏の回顧録の朗読が行われ、復帰の瞬間を確認しようと「1分前、10秒前」と時計を見ながら迎えた描写が紹介されました。そして、元「THE BOOM」の宮沢和史さんが「島唄」を披露すると、訪れた人は静かに聞き入っていました。那覇市出身で都内に住む80歳の女性は、「沖縄が懐かしくて感動しました。皆さんに沖縄の歴史や文化を知ってほしいです」。と話していました。東京沖縄県人会の仲松健雄会長は「学生時代はアメリカの統治下で、日本人でもアメリカ人でもない中途半端さを抱えていて、復帰の日は両親と喜び合いました。沖縄の歴史を知ることは平和を知ることでもあるので、復帰当日には、ぜひ沖縄に思いをはせてほしい」と話していました。

奈良公園 今年初めてシカの赤ちゃん誕生 出産シーズン到来!。奈良市奈良公園で、今年初めてシカの赤ちゃんが誕生し、報道関係者に公開されました。奈良公園周辺に生息するシカは国の天然記念物に指定されていて、毎年、この時期から出産のシーズンとなります。シカの保護に取り組む「奈良の鹿愛護会」によりますと、7日午後、奈良公園内の興福寺の境内で、ことし初めてとなるシカの赤ちゃんが生まれているのが見つかりました。愛護会では、母ジカとともに赤ちゃんを保護し、8日、報道関係者に公開しました。赤ちゃんは体重4600グラム、体長61センチのメスで、最初は報道陣のカメラに少し警戒するそぶりも見せましたが、落ち着きを取り戻すと、両足を折り曲げてゆったりと座っていました。愛護会によりますと、奈良公園では来月上旬にかけて200頭ほどの赤ちゃんが生まれる見通しで、その多くは母ジカとともに保護施設で7月下旬まで過ごすということです。奈良の鹿愛護会の山崎伸幸事務局長は、「赤ちゃんには今後も順調に育ってほしい。母ジカは神経質になっているので、生まれたばかりの子ジカを見つけたら少し離れたところから見守ってほしい」と話していました。

★北海道 釧路 全国で最も遅いサクラの開花を発表 気象台!。釧路市で8日、サクラが開花したと地元の気象台が発表しました。全国で最も遅い開花で、1月に沖縄をスタートした桜前線は、およそ4か月で最後の観測地点に到達しました。釧路市では、サクラの開花の目安にしているエゾヤマザクラの木が弱ってきたことに伴い、ことしから新たに柳町公園の木で観測を始めました。8日午後3時半に釧路地方気象台の担当者が6輪以上の花が咲いているのを確認し、気象台は「釧路市でサクラが開花した」と発表しました。釧路市のサクラの開花日は去年と同じで、平年より8日早くなりました。気象庁は、全国58の観測地点でサクラの開花を観測していて、今年の桜前線は1月11日の沖縄県那覇市からおよそ4か月かけて北上し、全国最後の観測地点に到達しました。釧路市のサクラは、平年だと3日前後で満開になるということです。公園に散歩に訪れていた市内に住む72歳の男性は、「満開になるのが楽しみです」と話していました。
5/8 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶17,099,297人・ 死者 6百250,664人!。★多い国①アメリカ感染者81,858千人死者997千人②インド感染者43,102千人死者524千人③ブラジル感染30,558千人死者664千人④フランス感染28,146千人死者143千人⑤ドイツ感者25,295人死者136千人⑥英国感染者22,114人死者176千人。⑦ロシア感染者17,956千人死者369千人。

タリバンヒジャブ」指針を発表 女性の権利制限の動き強める!。アフガニスタンイスラム主義勢力タリバンは、女性が身に着ける「ヒジャブ」を細かく定義し、女性が従わない場合、家族を処罰するという指針を発表しました。タリバンは政権を再び掌握した去年8月以降、女性の権利を制限する動きを強めていて、今後、欧米からの批判がさらに強まることが予想されます。アフガニスタンタリバン傘下の勧善懲悪省は7日、イスラム教徒の女性が人前で髪を隠すのに用いるスカーフ、「ヒジャブ」についての指針を発表しました。それによりますと、女性が身に着ける「ヒジャブ」を体を包むものと定義したうえで、体の一部が見えるような透けた素材は使わず、体の線が出るようなものは着用するべきではないとしています。そして、特段の理由がないかぎり女性は家にいたほうがよいとしたうえで、家族以外の男性の前では目だけを出し、顔を覆うことを義務づけるとしています。こうした指針に女性が従わない場合、父親や夫といった家族の男性を3日間拘束するなどの罰を与えるほか、女性が政府機関などで働いている場合、職場から排除するとしています。タリバンは旧政権時代、女性の権利を厳しく制限し、全身を覆う「ブルカ」の着用を義務づけていました。再び政権を握った去年8月以降、「ヒジャブ」の着用は求めていましたが、細かく定義し、処罰化するのは異例です。こうした女性の権利を制限する動きに対し、今後、欧米からの批判がさらに強まることが予想されます。

★900億円超のプーチン氏のヨット? イタリアで差し押さえ!。 ロシアのプーチン大統領 英BBCなどによると、イタリア政府は6日、同国北部の港で全長140メートルのヨットを差し押さえたと発表した。このヨットはロシアの反政権運動家アレクセイ・ナワリヌイ氏の陣営が「世界最大級のヨットで7億ドル(約913億円)の価値があり、プーチン大統領のものだ」と主張していた船で、米当局者もプーチン氏との関係を指摘している。米フォーブス誌などによると、ヨットの船名は「シェヘラザード」。千夜一夜物語アラビアン・ナイト)の語り部の名だ。ドイツの造船所で2020年に建造された6階建てで、2カ所にヘリパッドがあり、映画館、プール、サウナ、スポーツジムを備える。ナワリヌイ氏の率いる「反汚職基金」によると、乗組員の多くがプーチン氏らロシア要人の身辺を守る連邦警護局の職員だったという。米紙ニューヨーク・タイムズによると、米当局者はシェヘラザードについて「プーチン大統領と関係がある」と述べている。また、イタリア紙「ラ・スタンパ」は、ヨットの所有者がロシア国営石油大手ロスネフチの元CEO(最高経営責任者)、エドゥアルド・フダイナトフ氏だと報じている。イタリア経済財政省は今回の差し押さえについて、「ウクライナの領土を脅かす行為に関連した措置」に基づいて所有者に関する捜査を行ったと発表したが、所有者の名前は明かさなかった。ただ、所有者はロシアの有力者らとビジネス上の関係があるとし、差し押さえはこの人物を欧州連合EU)の制裁リストに加えることが正式に決まるまでの措置だと説明している。英BBCによると、シェヘラザードは昨年9月からイタリア北部マリーナ・ディ・カラーラの港で修理を受けていた。だが、今月4日には出港の準備をしていることが報じられ、イタリア当局が捜査を急いでいた。

マリウポリ 製鉄所“市民の避難完了” 避難さらに進むか不透明!。ロシア軍が完全掌握をねらうウクライナ東部の要衝マリウポリで製鉄所に取り残されていた市民について、ウクライナとロシアの双方は7日、避難が完了したと明らかにしました。ウクライナ側はマリウポリからの避難をさらに進めたい考えですが、ロシアは戦勝記念日を前に攻勢を強めることも予想されます。東部の要衝マリウポリでは、ロシア軍が包囲するアゾフスターリ製鉄所に取り残されていた市民を避難させるためとして、ロシア側が設けた一時的な戦闘停止の期限を日本時間の8日午前0時に迎えました。これを受けて、ウクライナのベレシチュク副首相はSNSで、「アゾフスターリ製鉄所からすべての女性、子ども、高齢者を避難させた。この部分においての人道的活動は完了した」と発表しました。又、ロシア国防省も声明を出し、「民間人を避難させる人道的な作戦は完了した」と明らかにしました。ウクライナのゼレンスキー大統領は7日、新たに動画を公開し、女性や子どもなど300人以上が救助されたと述べたうえで、「私たちは避難の第2段階を準備している。負傷者や衛生兵が対象だ」などとして、兵士の避難も必要だと訴えました。そのうえで、ゼレンスキー大統領は、「あす、私たちはマリウポリとその周辺のすべての住民のためにさらなる人道回廊を準備している」と述べ、マリウポリとその周辺の、より広い範囲で市民の避難を進めたい考えを示しました。一方、ロシアは、第2次世界大戦で旧ソビエトナチス・ドイツに勝利した9日の「戦勝記念日」を前に、マリウポリの完全掌握をねらい攻勢を強めることも予想され、市民の避難がさらに進むかは不透明な情勢です。こうした中、G7=主要7か国の首脳は、日本時間の9日午前0時からオンラインの会合を開き、ウクライナ情勢について協議することになっています。ゼレンスキー大統領も一部参加する予定で、ウクライナへの支援やロシアへのさらなる制裁などについて協議するとみられ、ロシアへの圧力強化に向けてどこまで一致した姿勢を打ち出せるかが焦点となります。


マリウポリ 製鉄所“市民の避難完了” ロシアは攻勢強めるか!。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続く中、東部の要衝マリウポリにある製鉄所に取り残されていた市民を避難させるため、一時的な戦闘停止の期限とされていた7日、ロシア側とウクライナ側は、ともに製鉄所からの市民の避難が完了したと明らかにしました。ロシアとしては、9日の「戦勝記念日」に向け、マリウポリの完全掌握を狙って一層攻勢を強めることも予想されます。ロシア国防省は7日、ウクライナ東部のハルキウ州の鉄道駅近くにある武器などの集積場所を、短距離弾道ミサイル「イスカンデル」で攻撃し、破壊したと発表しました。破壊した武器は、欧米側がウクライナに供与したものだとしています。一方、ウクライナ国防省は、ツイッターで、南部オデーサ沖の黒海にある島でロシア軍の揚陸艇を破壊したと明らかにしました。攻撃には、トルコ製の無人攻撃機「バイラクタルTB2」を使用したとしていて、公開された映像では、港に接岸しているように見える揚陸艇が攻撃を受けて爆発し、煙が上がる様子などが確認できます。こうした中、東部の要衝マリウポリでは、ロシア軍が包囲するアゾフスターリ製鉄所に取り残されていた市民を避難させるためとして、ロシア側が一時的な戦闘停止の期限としていた7日、日本時間の8日午前0時を迎えました。これを受けて、ウクライナのベレシチュク副首相は、SNSで「大統領の命令は実行された。アゾフスターリ製鉄所からすべての女性、子ども、高齢者を避難させた。この部分においての人道的活動は完了した」と発表しました。続いてゼレンスキー大統領は新たな動画で「女性や子どもなど300人以上が救助された。アゾフスターリ製鉄所から民間人を避難させた」と述べました。そのうえで「私たちはマリウポリとその周辺の住民のために人道回廊の継続を計画している」と述べ、ウクライナ政府として、マリウポリからの市民の避難をさらに進める考えを示しました。また、ロシア国防省も声明を出し「民間人を避難させる人道的な作戦は完了した」と明らかにしました。ロシアとしては、プーチン大統領が重視する、第2次世界大戦で旧ソビエトナチス・ドイツに勝利した9日の「戦勝記念日」に向け、軍事侵攻の成果をアピールしようと、マリウポリの完全掌握を狙っているとみられています。ウクライナ側は「ロシア軍が製鉄所への突入を行っている」と主張していて、ロシア軍が、徹底抗戦の構えのウクライナ側の部隊がとどまっている製鉄所を制圧するため、一層攻勢を強めることも予想されます。

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が6日、インタビューに応じ、ロシアのウクライナ侵攻を巡る核兵器の使用について「(第2次世界大戦後)最も危険な状態にある」!。と懸念を示した。プーチン露大統領が核戦力を念頭に置いた発言を繰り返している状況について、偽情報やサイバー攻撃などをきっかけとして一気に不測の事態に発展する可能性があると指摘。「核兵器が使用されるリスクが高まっている。非常に深刻だ」と述べた。露軍の苦戦を受けてプーチン大統領が戦術核を使う可能性については、「ロシアの戦術核は小さなものでも、広島に投下された原爆と同程度だ。人口密集地で使用されると壊滅的だ」と警鐘を鳴らした。核使用をちらつかせて脅迫しているロシアに対し、フィン氏は「国際社会における立場を自ら破壊した。もはや核兵器を保持したままのロシアを信用することはできない」と批判した。その上で、「ロシアは核軍縮なしで国際社会に復帰すべきではない」と述べ、欧米や日本が科す経済制裁を解除する際にも、核軍縮を条件にすべきだとの考えも示した。一方でフィン氏は、6月にオーストリアのウィーンで開催される核兵器禁止条約の第1回締約国会議について、「多くの国が(ロシアを)非難するまたとない機会になる」と述べた。核兵器禁止条約は、核兵器の使用や開発などを初めて法的に禁止した条約で、2021年に発効した。米英仏中露の5か国のほか、北朝鮮なども参加していない。日本政府も「同盟国・米国の核抑止力の正当性を損ない、国民を危険にさらすことになりかねない」として不参加の立場を取っている。◆核兵器廃絶国際キャンペーンICAN)=核廃絶を訴える市民団体の連合体で、2007年に設立。スイス・ジュネーブに本部を置き日本を含む100か国以上から600超の団体が参加する。17年にノーベル平和賞を受賞した。

★世界のコロナ死者、実は3倍 一方、日本は…超過死亡の数字から見る「日本のコロナ」!。新型コロナウイルスの影響で亡くなった人は、実は3倍も多かった」。WHO(世界保健機関)は5日、そんなレポートを発表しました。2020年と2021年の2年間に直接的または間接的にコロナの影響で亡くなったのは、実に1490万人にのぼったとみられると記されています。その期間に、コロナによる死者として世界で報告されたのは約540万人。実際にはその2.8倍の人がコロナの影響で亡くなっていたということになります。これは「超過死亡」として、実際に亡くなった人の数と、過去のデータをもとにコロナがなかった場合に予想される死者数との差で計算されました。WHOはこの「隠れたコロナ死」について、コロナの感染拡大で医療体制がひっ迫したため、ほかの病気の予防や治療に影響が出たことを一因として指摘しています。又、コロナと診断されないまま亡くなった人たちも含まれていると考えられます。各国の超過死亡を見てみると、インドは474万人、アメリカは93万人、ブラジルは68万人、ドイツは19万人などとなっています。では、日本はどうだったのでしょうか。期間中、超過死亡が最も多かった月はちょうど1年前、2021年5月で5081人となっています。当時は東京や大阪で緊急事態宣言が出されていました。ただ期間全体では、マイナス1万9471人。マイナスというのは、予想されたよりも実際の死者が少なかったことを意味します。粗く言えば、日本ではコロナの感染拡大の結果、予想より死者が減ったということです。何故、そういうことが起こるのでしょうか。WHOはその要因として、コロナ対策として強化された衛生対策が、コロナ以外の病気による死を防いだことを挙げています。ソーシャルディスタンス、マスク着用、手指の消毒などの対策が考えられます。例えば日本ではインフルエンザ患者の顕著な減少が見られました。国立感染症研究所によると、2020/2021シーズンのインフルエンザの受診者の推計値は1.4万人で、前シーズン(728.9万人)、前々シーズン(1200.5万人)に比べ、大きく減っています。又社会活動が抑えられたことなどで、交通事故の死者も減りました。警察庁によると、コロナ前の2019年は3215人でしたが、2021年には2636人となっています。 もちろん日本も影響がなかったわけではありません。2021年は男女とも60代以上で超過死亡はプラスになっていて、コロナが高齢者に大きな影響をもたらしたことがわかります。厚労省によると、日本では昨年末までに1万8000人以上がコロナで亡くなりました。一方、近隣諸国を見ると、ゼロコロナ政策を進める中国がマイナス5万2063人、北朝鮮もマイナス7098人となっています。徹底した水際対策を取ったニュージーランドはマイナス2677人でした。厳しいコロナ対策には賛否がありますが、「命を守る」という意味ではコロナの予防のみならず、一定の効果があったと言えるでしょう。

★香港行政長官選挙 中国政府支持の李家超氏当選 統制の強化懸念!。香港で、政府トップの行政長官の選挙が行われ、唯一の立候補者で中国政府の支持を受けた警察出身の李家超氏が圧倒的多数の信任を得て当選しました。李氏は一連の抗議活動を厳しく抑え込んできただけに、更に統制が強まるのではないかと懸念されています。5年に1度行われる香港の行政長官選挙には、警察出身で政府ナンバー2の政務官を務め、中国政府の支持を受けた李家超氏が、ただ1人立候補しました。行政長官選挙は、一般の市民ではなく、議会の議員や金融、商業などの業界から選ばれた現在1461人いる選挙委員によって行われますが、今回は、立候補が李氏のみだったため、李氏を支持するかどうかを問う信任投票の形式で行われました。その結果、李氏が1416票という圧倒的多数の信任を得て、当選しました。選挙委員は去年、「愛国者による統治」を掲げる中国政府の主導で選挙制度が変更されたあと、中間派1人を除いて、すべて親中派が占めており、李氏の当選は投票前から確実視されていました。李氏は、香港で起きた政府に対する一連の抗議活動を厳しく抑え込み、民主派の活動家や民主派寄りのメディアへの締めつけを主導してきただけに、就任後、さらに統制が強まるのではないかと懸念されています。李氏は、香港が中国に返還されて25年の節目にあたることし7月1日に就任する予定です。李家超氏とは香港の新しい行政長官に就任する李家超氏は64歳。高校卒業後、警察に入り、2012年には、香港政府で治安部門を担当する保安局の副局長に就任。その後、治安部門トップの保安局長に昇進したあと、19年には、容疑者の身柄を中国本土にも引き渡せるようにする条例の改正を進めようとしました。市民の反対で改正案は撤回に追い込まれたものの、これをきっかけにした大規模な抗議活動では、警察との間で激しい衝突も相次ぎました。2020年に反政府的な動きを取り締まる香港国家安全維持法が施行されたあとは、民主派の活動家や政治家のほか、中国に批判的な論調で知られた「リンゴ日報」に対する取り締まりを主導し、去年、警察出身として初めて政府ナンバー2の政務官に抜てきされました。李氏は「香港の自治を侵害した」などとして、アメリカ政府が指定した制裁の対象となっています。先月29日には、公約を発表し、住宅不足の解消や金融都市としての競争力強化などとあわせて、政府の統治能力を強化する方針を打ち出しています。この中には、市民の強い反対で実現に至らなかった「反乱をあおる行為」や「国家機密を盗み取る行為」を取り締まる香港独自の国家安全条例の制定も盛りこまれています。治安以外の分野での経験が乏しいという指摘もありますが、中国の習近平指導部としては、李氏を支持することで、厳しい統制による香港の安定を最優先にした形です。立候補は李家超氏1人だけで当選が確実視 市民の関心は低調行政長官選挙が行われた香港では8日午前、民主派団体のメンバー3人が投票会場の周辺で1時間近くにわたり抗議活動を行い、普通選挙の導入を求めて声を上げていました。只、立候補したのが李家超氏1人だけで当選が確実視されていたこともあって、市民の関心は低調です。30代の男性は、「選挙があるのは知っているが私には投票の権利はないので、関係ないです」と話していました。別の20代の男性は、「1人しか立候補していないし、結局、彼に決まっている。選挙は意味がない、単なる手続きだ」と話していました。又20代の女性は、「以前の社会運動の時のように警察が力を使うことが起きなければいいと心配していますが、止められないでしょう。何の期待もありません」と諦めた様子で話していました。香港メディアによりますと、警察は8日、数千人の態勢で警戒にあたり、投票会場の周辺や幹線道路では警察官の姿が目立ちました。

★仏マクロン大統領 2期目就任式“仲介外交に力入れる”!。フランスのマクロン大統領は、2期目の就任式の演説で「ヨーロッパに新たな平和を築く時が来た」と述べ、ウクライナ情勢をめぐって各国首脳との仲介外交に引き続き力を入れる考えを示しました。マクロン大統領は、4月の大統領選挙で極右政党のルペン前党首を破って再選を果たし、7日、パリの大統領府で2期目の就任式が行われました。式典にあわせた演説では「ヨーロッパでの戦争の再来やパンデミックなど、世界とわが国がこれほど複合的な試練に直面することはまれだ」と指摘したうえで「ウクライナをめぐる緊張を緩和しながら、民主主義とそれを守る勇気を支援し、ヨーロッパに新たな平和を築く時が来た」と述べ、ロシアのプーチン大統領を含む各国首脳との仲介外交に引き続き力を入れる考えを示しました。2期目の任期は今月14日からですが、9日には再選後初めての外遊先としてドイツを訪れ、ショルツ首相と会談する予定で、ウクライナ情勢などをめぐり連携を確認するとみられます。マクロン大統領の与党などは、6月に行われる議会下院にあたる国民議会の選挙に向けて、全議席のおよそ60%を占める現有議席の上積みを目指していて、内政面でも年金制度改革などの課題が山積する中、安定した政権基盤を築けるかが当面の焦点です。

★外相 パラオ大統領と会談「自由で開かれたインド太平洋」連携!。太平洋の島しょ国、パラオを訪れた林外務大臣は、ウィップス大統領と会談しました。林大臣は、中国と南太平洋のソロモン諸島が結んだ安全保障に関する協定に懸念を伝え、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて連携を強化していくことで一致しました。7日のフィジーに続いて、8日パラオを訪れた林大臣は、ウィップス大統領との会談で、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を強く非難し、国際秩序の根幹が揺らぐ中、基本的価値を共有する国々の結束が重要だと指摘しました。又、中国と南太平洋のソロモン諸島が結んだ安全保障に関する協定について、林大臣が地域の安全保障環境に大きな影響を及ぼすおそれがあるとして懸念を伝え、ウィップス大統領も同様の認識を示しました。そして、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて両国の連携を強化していくことで一致しました。林大臣は記者団に、「短い訪問だったが大変有意義な議論ができた。太平洋島しょ国の課題について認識を新たにしたので、アメリカをはじめとする同志国の間で、島しょ国の持続可能な発展に向け具体的な協力を幅広く進め、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けてともに取り組んでいきたい」と述べました。

大谷翔平 外野フライ3つに復調の兆し 8打席ぶり安打 次回登板予定は日本時間12日レイズ戦!。メジャーリーグ ナショナルズ7ー3エンゼルス(日本時間8日、エンゼル・スタジアム)エンゼルス20連戦の16試合目、大谷翔平(27)は“3番・DH”で先発した。1回第1打席はナショナルズ先発J.グレイ(24)と対戦、カウント1-0からファーストストライクを積極的に打っていくが少しボールの下を叩いてしまいセンターフライに倒れた。4回第2打席も積極的なバッティングで1球目のストレートを狙うが、ここはレフトフライ。打球は上がるようになるが、わずかに芯からズレてしまう。5回2死二塁で迎えた第3打席はカウント1-2に追い込まれると、最後はスライダーでタイミングを外されレフトフライに打ち取られた。7回2死一塁の第4打席は1球目のツーシームをレフト前へ運び、8打席ぶりのヒットとなった。大谷は1塁ベース上で笑顔でファンの声援に応えた。この日、大谷は外野フライ3つと凡退したが、打球も徐々に角度がつき復調の兆しが見え、4打数1安打で打率は.234とした。チームは敗れて連勝は3でストップ。“二刀流”での次回登板予定は20連戦最終日の日本時間12日、本拠地でのレイズ戦となる。

★エンジェルス 大谷翔平 3番指名打者でフル出場 2試合ぶり安打!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がナショナルズ戦に指名打者でフル出場し、2試合ぶりにヒットを打ちました。大谷選手は7日、本拠地のカリフォルニア州アナハイムで行われたナショナルズ戦に3番・指名打者で先発出場し、1回の第1打席は150キロ台の速球を打ってセンターフライでした。4回の第2打席はレフトフライで、5回の第3打席は2アウト二塁のチャンスでしたがここもレフトフライに倒れました。7回の第4打席は初球を逆らわずにレフト前にライナーで運んで2試合ぶりのヒットを打ち、4打数1安打でした。エンジェルスは3対7で敗れて、連勝が「3」で止まりました。

カブス 鈴木誠也 ダブルヘッダー2試合にフル出場 初の三塁打も!。大リーグ、カブス鈴木誠也選手がドジャースとのダブルヘッダーに2試合ともフル出場し、大リーグで初めてのスリーベースヒットを打ちました。ほ鈴木選手はデーゲームで行われた第1試合に2番・ライトでフル出場し、ドジャースの先発で通算188勝をあげている大リーグ屈指の左腕、カーショー投手からレフト前にヒットを打って3打数1安打でした。鈴木選手は、夜の第2試合も2番・ライトでフル出場し、3回の第2打席で追い込まれてからの4球目をライト線に運び、相手の外野手がもたつく間に一気に三塁まで走って大リーグで初めてのスリーベースヒットとしました。1回の第1打席と5回の第3打席は空振り三振、8回の第4打席はピッチャーゴロで、この試合は4打数1安打でした。カブスは第1試合に0対7で敗れ、第2試合も2対6で敗れて4連敗となりました。

★パイレーツ 筒香嘉智 今季1号のツーランホームラン!。大リーグ、パイレーツの筒香嘉智選手が7日のレッズ戦で、今シーズン1号のツーランホームランを打ちました。筒香選手は7日、相手の本拠地、シンシナティで行われたレッズとのダブルヘッダーの第2試合に5番・ファーストで先発出場し、1回、2アウト二塁の場面で相手の左ピッチャーの速球をとらえて左中間へ1号ホームランを打ちました。このあと、第2打席はライトライナー、第3打席はファーストゴロ、第4打席は空振りの三振で、9回の第5打席でフォアボールを選び、代走が送られて退きました。試合はパイレーツが8対5で勝ち、筒香選手は4打数1安打2打点で打率は1割9分1厘となりました。ダブルヘッダーの第1試合はパイレーツが2対9で敗れ、筒香選手は9回に代打で出場してフォアボールでした。

大坂なおみ、イタリア国際初戦は前回敗れたソリベストルモと再戦…全仏OP前哨戦で左アキレス腱の回復は!。テニスのイタリア国際(9日開幕、ローマ)の組み合わせが6日発表され、女子シングルスで世界36位の大坂なおみ(フリー)は、1回戦で同47位のサラ・ソリベストルモ(スペイン)と顔を合わせることが決まった。大坂は、今季自身のクレー(赤土)コート初戦となったマドリード・オープン(スペイン)2回戦で、ソリベストルモにストレートで敗戦。左アキレス腱に痛みを抱えていたことを明かしつつ「(脚は)良くなっていくと思う」と前向きに話していた。イタリア国際は、今月22日に開幕する4大大会・全仏オープン(パリ)の前哨戦として注目される大会。

★フェンシング 女子サーブルW杯 江村美咲が優勝 日本勢として初!。フェンシング女子サーブルワールドカップチュニジアで行われ、個人戦では東京オリンピック代表で23歳の江村美咲選手が、この種目で日本勢として初めて優勝を果たしました。女子サーブルのワールドカップ個人戦は7日、チュニジアで行われました。去年の東京オリンピック代表で世界ランキング14位の江村選手は、準決勝で小林かなえ選手との日本勢どうしの対決を15対12で制し、決勝に進みました。決勝では世界ランキング9位のギリシャの選手と対戦し、15対13で勝って優勝しました。本フェンシング協会によりますと、ワールドカップのこの種目で日本選手が優勝するのは初めてだということです。江村選手は協会を通じて、「勝てない相手はいない、目標は優勝と考えていた。ずっと目標にしていた金メダルに手が届きうれしいが、まだ実感が湧かない」とコメントしています。江村選手に準決勝で敗れた小林選手は3位でした。

★空手を通じてウクライナと交流 避難者を歓迎 長野 高森町!。高森町で、空手を通じた交流を頼りにウクライナから避難してきた人たちが地元の子どもたちと交流しました。高森町は町内に住む空手の師範、小沢隆さんが空手を通じてウクライナと交流があったことから、その縁で避難してきた女性と子ども合わせて9人を受け入れています。このうち子ども4人は空手の経験があるということで、7日、小沢さんの空手団体が開いた歓迎会で地元の子どもたちと交流しました。歓迎会では日本食がふるまわれたほか、3年前に小沢さんも招かれてウクライナで行われた空手の大会の映像が流されました。又地元の子どもたちや小沢さんが、木の板やブロックを割る演舞を披露すると、ウクライナの人たちは歓声を上げていました。歓迎会の終わりにはウクライナの人たちに空手の道着がプレゼントされました。ウクライナに両親を残し、姉と2人で来日したヴィタリさん(10)は「料理はおいしかったし、空手でブロックを割ったのが印象に残っています。今の道着が使えなくなったら、きょうもらったものを使いたいです」と話していました。演舞を披露した宮澤蒼亮さん(13)は「自分たちの演舞を見てもらえてよかったです。一緒に空手を練習したいです」と話していました。

★国内感染者 26人死亡(累計2万9,831人)・ 4万2,538人感染(累計811万1,582人)!。東京都で6人、埼玉県で3人、北海道で2人、愛知県で2人、福岡県で2人、秋田県で2人、兵庫県で1人、千葉県で1人、大分県で1人、神奈川県で1人、茨城県で1人、香川県で1人、高知県で1人、鳥取県で1人、鹿児島県で1人の合わせて26人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め811万870人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて811万1582人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が2万9818人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2万9831人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は8日の新たな感染者数です。▽東京都は146万4085人(4711)▽大阪府は91万3407人(3324)▽神奈川県は71万4398人(1987)埼玉県は52万1645人(1920)▽愛知県は49万6746人(2307)▽千葉県は42万8462人(1233)▽兵庫県は39万4198人(1977)▽福岡県は38万3912人(2375)▽北海道は30万9756人(3115)▽京都府は18万6104人(1167)▽沖縄県は17万3422人(2060)▽静岡県は15万1087人(922)▽茨城県は14万7412人(429)▽広島県は13万3219人(1409)▽岐阜県は8万7623人420)▽群馬県は8万7150人(433)▽熊本県は8万5605人(536)▽奈良県は8万5157人(440)▽岡山県は8万4375人(982)▽栃木県は8万3718人(492)▽滋賀県は8万2937人(459)▽宮城県は7万6980人(570)▽三重県は7万3731人(618)▽鹿児島県は6万9229人(733)▽長野県は6万4894人(454)▽新潟県は6万3426人(604)▽福島県は5万4848人(599)▽青森県は5万865人(362)▽長崎県は4万9845人(585)▽佐賀県は4万6834人(230)▽大分県は4万6380人(414)▽石川県は4万5933人(597)▽宮崎県は4万3009人(624)▽香川県は4万1323人(510)▽山口県は3万8067人(221)▽和歌山県は3万7404人(234)▽愛媛県は3万4880人(254)▽富山県は3万3016人(218)▽山梨県は2万9711人(151)▽岩手県は2万9394人(362)▽福井県は2万8750人(266)▽秋田県は2万6652人(269)▽山形県は2万4423人(258)▽高知県は2万2802人(209)▽徳島県は1万9346人(128)▽島根県は1万4593人(127)▽鳥取県は1万2895人(120)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は17049人(123)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、8日時点で159人(-6)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは8日時点で、▽国内で感染が確認された人が771万6884人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて771万7543人となっています。又、今月5日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は、速報値で2万5742件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが、過去の原稿はさかのぼって修正しないため、累計数などで差が出ることがあります。・在日米軍の感染者は含めていません。

★競馬「NHKマイルカップ」4番人気のダノンスコーピオン優勝!。競馬のG1レース、「NHKマイルカップ」が東京競馬場で行われ、4番人気のダノンスコーピオンが優勝しました。「NHKマイルカップ」は、3歳の馬で争う芝1600メートルのG1レースで、東京 府中市東京競馬場で開催されました。レースには18頭が出走し、川田将雅騎手が騎乗した4番人気のダノンスコーピオンはスタート直後から中盤でレースを進め、最後の直線で一気に加速してトップに立つと2着の馬にクビの差で勝って優勝しました。2着は3番人気のマテンロウオリオン、3着は18番人気のカワキタレブリーでした。払戻金は▽単勝が18番で710円、▽枠連は1ー8で1190円、▽馬連は1番ー18番で2490円、▽馬単は18番ー1番で4820円、▽3連複は1番ー10番ー18番で41万6750円、▽3連単は18番ー1番ー10番で153万2370円、▽ワイドは1番ー18番が1110円、10番ー18番が4万8720円、1番ー10番が4万660円でした。

★女子ゴルフ国内メジャー初戦 山下美夢有がメジャー初優勝!。女子ゴルフの国内メジャー大会、今シーズン初戦は、茨城県で最終ラウンドが行われ、20歳の山下美夢有選手が第1ラウンドからの首位を守り、通算12アンダーで、メジャー初優勝を果たしました。第1ラウンドで首位に立った山下選手は、2位に6打差の通算11アンダーで最終ラウンドをスタートしました。山下選手はこの日、バーディー3つ、ボギー2つで、スコアを1つ伸ばし、通算12アンダーで第1ラウンドからの首位を守り、優勝しました。山下選手はツアー通算2勝目で、メジャー大会は初めての優勝です。▽3打差の2位には青木瀬令奈選手が入り、▽さらに3打差の3位は稲見萌寧選手と石川明日香選手でした。前の週の大会で優勝し、今シーズン4勝を挙げている西郷真央選手は、予選落ちしています。

★野田少子化相 “子どもの意見も反映し政策実現” こども家庭庁!。こども政策の司令塔として、政府が来年4月の発足を目指す「こども家庭庁」の取り組みについて、野田少子化担当大臣はNHKの「日曜討論」で、子どもの意見も反映させながら政策を実現させていく考えを示しました。この中で、野田大臣は「こどもの数が減り始めて半世紀ほどたつにもかかわらず、保育所厚生労働省、幼稚園は文部科学省のようになっており、受け皿となる統一的な役所がなかったのは問題だった」と述べました。そのうえで、来年4月の発足を目指す「こども家庭庁」について、「今までよりもはるかに効果的になる。省の方が庁より偉いと思っている人もいるが、総理大臣のもとで強い権限を持った庁が総合調整をしていく」と強調しました。そして、「こども家庭庁」の取り組みについて、「子どものための審議会をつくりパブリックコメントなども行って、子どもの意見を聴く組織体にしたい」と述べ、子どもの意見も反映させながら政策を実現させていく考えを示しました。一方、金銭面の不安を抱える子どもへの対応に関連して、「必要なお金はしっかり届けなければならない。これまで、子どもをどう育てていくか、どう伸ばしていくかという全体的な議論が欠けていた。やれることはいくらでもある」と述べました。

★北海道内では初の「出力制御」 太陽光と風力の発電を一時停止!。太陽光などの発電量が増えすぎて、大規模な停電になるのを防ぐため、北海道電力ネットワークは、太陽光と風力の発電事業者に対し8日、一時的に発電を停止させる「出力制御」を実施したと発表しました。これまでに、九州電力や東北力などの管内で行われていますが、北海道内では初めてです。北海道電力の子会社で送配電事業を手がける北海道電力ネットワークによりますと、8日の北海道は広い範囲で晴れて太陽光の発電量が増えた一方、大型連休期間中で企業の電力需要は低い水準が続きました。電力は、発電量と消費量を常に一致させなければ、周波数が乱れて大規模な停電につながるおそれがあります。このため、北海道電力ネットワークは8日、太陽光と風力の発電事業者に対し、一時的に発電を停止させる「出力制御」を北海道内で初めて実施したと発表しました。時間帯は午後0時半から午後2時までの1時間半で、最大で19万キロワット分が対象になりました。再生可能エネルギーの事業者に対する出力制御は、これまで九州電力の管内で実施されたほか、ことしに入って四国、東北、中国電力の管内でも相次いで行われました。「出力制御」は電力のむだになるうえ、発電事業者にとっても収益の低下につながるため、再生可能エネルギーの導入を進めるうえでの課題となっています。

★大相撲 初の東大出身力士誕生 須山穂嵩さんが新弟子検査で合格!。大相撲の新弟子検査の合格者が発表され、須山穂嵩さんが合格して、東大から初めての力士となりました。日本相撲協会夏場所初日の8日、先月15日に行った新弟子検査の合格者を発表し、須山さんなど8人が合格しました。須山さんは埼玉県ふじみ野市出身の24歳。東大で相撲を始め、相撲部の主将を務めていました。新弟子検査では身長1メートル67センチ以上、体重67キロ以上の基準を満たしているかを調べる身体測定などを受け、身長1メートル80センチ、体重104キロで基準を上回っていました。東大から大相撲の力士になったのは、須山さんが初めてです。須山さんは木瀬部屋に所属し、夏場所3日目から始まる新弟子による前相撲で初土俵を踏む予定です。

★酒酔い運転の疑い、男逮捕 ガードレールに衝突…駆け付けた警官が飲酒検知、アルコール検出/埼玉・毛呂山!。酒酔い運転容疑、自称会社員を逮捕=毛呂山町 酒を飲んで自動車を運転したとして、埼玉県の西入間署は6日、道交法違反(酒酔い運転)容疑で、毛呂山町小田谷、自称会社員の男(53)を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は同日午後0時15分ごろ、同町毛呂本郷の県道飯能寄居線で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。同署によると、男は飯能市方面から寄居町方向へ走行中、道路左側のガードレールに衝突する物損事故を起こし、近くにいた歩行者の男性(22)が110番。駆け付けた同署員が飲酒検知をしたところ、男の呼気からは1リットル当たり0・7ミリグラムのアルコールが検出された。男は、容疑を認めているという。

三菱UFJ銀行 広告事業に参入!。三菱UFJ銀、サイバーエージェントと提携し広告事業参入…同意得て匿名化の顧客情報活用 三菱UFJ銀行はサイバーエージェントと提携し、年度内にデジタル広告事業を始める。事前に同意を得た口座所有者の預金額や年齢などが、広告主のアピールしたい対象に合致すると、スマートフォンなどの端末情報とひもづいて広告を表示する。金融データを生かした外部媒体への広告配信は大手行で初となる。