5/6 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者 5憶16,170,922人・ 死者 6百247,502人!。★国内感染者36人死亡(累計2万9,777人)・ 2万1,628人感染(累計802万9,737人)!。※コロナワクチンの”接種”励行!。▼コロナ渦”脅威”終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--
☆今日7(土)24℃14℃曇/晴 明日8(日)21℃15℃晴/曇 明後日9(月)16℃10℃曇/雨 ★コロナ渦予防(マスク、手洗い、自粛)・ワクチン接種励行・花粉症・熱中症・脱水症予防対策!。

 ★今日7日(土)も各地で夏日観測!。今日高気圧に覆われたため、晴れて気温の上がったところが多くなりました。※明日8日(日)は北日本を中心に今日より気温が低くなる傾向で、この時期らしいん体感になりそうです。今日7日30℃近い暑さを観測した地点も 晴れたところはで25℃以上の夏日になったところが多く、日差しが暑く感じられました。14時までの最高気温は、広島県安芸太田町加計で29.4℃、高知県四万十市江で29.3℃、名古屋市で26.9℃を観測。また、北海道のオホーツク海側は昨日に続き気温が上がり、午前中に佐呂間町で28.5℃を記録しました。一方、関東は南海上の低気圧の影響ですっきりしない天気となっています。14時までの最高気温は東京都心で22.8℃など、暑さは控えめとなりました。明日は北日本で少しヒンヤリ 8日(日)の予想気温明日は寒冷前線の後面に入り、やや冷たい空気が流れ込みます。このため、今日より気温の低くなるところが多く、各地でこの時期らしい体感となる見込みです。北日本や北陸では最高気温が20℃に届かず、少しヒンヤリと感じられます。関東以西は20℃から25℃くらいまで上がり、過ごしやすい陽気になるところが多い予想です。

★予報士のつぶやき 北日本で30℃超 隠れ脱水症注意!。梅雨入りした沖縄を除き、今日は全国的に日差しが降り注いでいます。午後0時30分現在、全国トップは岩泉(岩手)32.0℃!今年全国一番の気温の高さです。フェーン現象の影響も重なり、北海道の女満別でも30.0℃と北海道でも今年初めての真夏日となりました。ランキングの上位は 軒並み北日本で、西~東日本より暑くなっています。■隠れ脱水症注意 夏と比べて比較的カラッとした暑さですが、この時期から熱中症や脱水症には注意です。特にマスクをしているときはのどの渇きを感じにくいため、水分を意識的にとることが大切です。運動会シーズンということもあり、高齢者だけではなく、小さいお子さんも気をつけたいですね。暑い中でのマスク生活ももう3年目…身を守るためのマスクとこの夏も上手につきあっていきたいものです。

★鮮やかな赤い花を咲かせ、休耕地を彩るクリムソンクローバー=5月5日、高浜町中津海の国道27号沿いの休耕地で、クリムソンクローバーが満開となっている!。イチゴに似た赤い花が周囲に彩りを添え、ドライバーらの目を和ませている。 クリムソンクローバーは、ヨーロッパ原産のマメ科の植物。イチゴのような赤色の花穂をつけることから、ストロベリーキャンドルとも呼ばれる。田畑にすき込み肥料として活用できる。地元住民でつくる「蝓蜊の里くらぶ」が里地里山保全を目的に、一昨年、休耕地約2500平方メートルに種まきを行った 今年は先月末から咲き始め、高さ40センチほどに成長。暖かな風に揺れる赤い花にチョウやバッタが集まり、辺りをのどかな雰囲気に包んでいる。来週いっぱいまでが見頃となりそう。山崎孝晴代表(79)は「今年も鮮やかな赤色を見せてくれた。色彩を楽しんでほしい」と話していた。6月に種を刈り取ってすき込み、8月にコスモスの種をまく予定。

★「リンゴの花」が見頃、大型連休中に開花進む!。弘前市りんご公園で見頃になったリンゴの花(5日、弘前市で)弘前市の「弘前市りんご公園」で、リンゴの花が見頃を迎えている。5日からは「弘前りんご花まつり」も始まり、公園は家族連れなどでにぎわっている。りんご公園は、約9・7ヘクタールの敷地に80種、約2300本のリンゴの木が植えられている。今年は4月28日頃に一部が開花し、大型連休中に開花が進んだ。同公園によると、開花、見頃とも平年並みという。5日は朝から快晴の天気に誘われた家族連れなどが、園内の芝生に座って、弁当を広げる風景がみられた。花まつりでは、枝切りしたリンゴを使った工作体験や、リンゴ箱のリメイクなどのイベントも行われている。まつりは8日までの午前10時~午後3時。

★横浜の空に大凧ふわり 3メートルの大凧、3年ぶり舞う!。3年ぶりに揚がった大凧 横浜市泉区の天王森泉公園付近の田んぼで5日、市民団体「相模凧(だこ)いずみ保存会」が約3メートル四方の大凧を揚げた。2回目の挑戦で風を受けた凧は3年ぶりに空を舞い、集まった観衆を魅了した。同区の団体「岡津太鼓」の演奏が響く中、1回目は風も弱く、1、2分ほど揚がった後、田んぼにふんわりと落ちた。荒縄で作った凧のしっぽを減らしてバランスを取り、再度挑戦。手を離れた凧は観衆の「頑張れ」という声を受けながら風に乗り、高さ50メートル近くまで舞った。

★ミツガシワの白いじゅうたん 六呂師高原 県内各地で夏日を記録する中、初夏の花として知られるミツガシワが大野市の六呂師高原で見ごろを迎え、湿原一帯に白いじゅうたんを敷いたように咲いている!。フリルが付いたような細長い花びらが特徴で、妻平湿原では木道から間近で観察できる。地元の夫婦は「白が映えて、緑と青空も入って、映えて良い」、「涼しげで気持ち良い」と話した県の準絶滅危惧種になっていて、これほどの群生は珍しいとのこと。5月下旬まで楽しめる。6日の県内は日中の最高気温が、坂井市春江で28.7度、福井で28.3度と今年最高を記録した。

★8日は「母の日」花市場に色とりどりのカーネーション 山口!。8日の「母の日」を前に、山口市の花市場には色とりどりのカーネーションが並べられ、花を買い求める生花店の人などでにぎわいました。山口市嘉川の山口県中央花市場では8日の「母の日」を前に、色とりどりの花が咲いたおよそ70種類のカーネーションが並べられました。6日は午前9時前から生花店の店主たちが集まり、取り引きの時間になるとねらいをつけたカーネーションを競い合うように手に取っていました。花市場によりますと、県内外や海外から入荷したということしのカーネーションは、去年の夏から秋にかけての天候不順で花が咲くタイミングが遅れたものの、春以降、よい天気が続いたため色づきがよく高品質な仕上がりになったということです。一方で、原油価格の高騰による農業用ハウスの暖房代の上昇のほか、円安による輸入コストの増加などで仕入れ費用は去年より10%ほど高くなり、価格にも反映されているということです。山口県中央花市場の國森要司販売促進担当課長は「生産者の思いや苦労が詰まっていることを知ってもらったうえで、花を受け取って喜んでもらえたらうれしいです」と話していました。

★ペンギンがこいのぼりのマフラー巻いて散歩 よちよち歩く 松江!。大型連休に合わせて、松江市のテーマパークでは、飼育しているペンギンがこいのぼりのマフラーを巻いて散歩する催しが行われ、訪れた人たちを楽しませています。松江市にある花と鳥のテーマパーク「松江フォーゲルパーク」では、大型連休の期間中、「こどもの日」に合わせて、職員が手作りしたこいのぼりのマフラーを、飼育しているペンギンが巻いて散歩する催しが行われています。園内には、大勢の家族連れなどが集まり、よちよちと歩く、かわいらしいペンギンの姿を写真に撮っていました。島根県出雲市から家族で訪れた女の子は「緑色のマフラーをつけたペンギンが歩いているところがかわいかったです」と話していました。又、福岡県から家族で訪れた男の子は「後ろ姿と、歩いているところがかわいかったです」と話していました。この催しは8日まで行われます。

 

★棚田連なる美しい景観「丸山千枚田」で田植え始まる 三重 熊野!。標高差およそ100メートルの斜面に、1300枚余りの棚田が連なる景観が美しい、熊野市の「丸山千枚田」で田植えが始まりました。熊野市の丸山千枚田は、景観の美しさに加えて地元の人たちの保全や地域振興の取り組みが優れているとして、ことし2月、農林水産省の「つなぐ棚田遺産」に認定されました。日は早朝から地元の保存会のメンバー7人が、小型の田植え機を棚田に入れて三重県の気候に合うように県内で育成されている、わせの新品種「なついろ」の苗を植えていきました。丸山千枚田では、棚田を保全する資金を確保するため、地元の住民でなくてもお金を払ってオーナーとなった人が、田植えや稲刈りを体験できるオーナー制度を設けています。今月21日にはオーナーたちが田植えを体験する催しを3年ぶりに開く予定で、広さ4.2ヘクタールの棚田のうち、半分ほどはこの催しのために田植えをせず残しておくということです。丸山千枚田保存会の喜田俊生会長は「過去2年、新型コロナウイルスの影響で多くのイベントができなかったのですが、ことし、田植えの集いができるのを大変喜んでいます」と話していました。

     ★禁漁区の湿原 イワナが人を見ても逃げない 小学生が地域の豊かな自然学ぶ 岐阜県飛騨市!。宮川町にある小学校で、児童が地域の魅力を知る活動を行いました。 全校児童7人の宮川小学校では、地域の魅力を発見しようと、1年を通してふるさと学習を行っています。子どもたちは6日、ミズバショウや黄色いリュウキンカが見ごろを迎えている池ヶ原湿原を訪れ、学校で非常勤講師を務める男性のガイドで湿原を散策しました。ガイドの男性からは、湿原にはミズバショウが40万株あることや、禁漁区になっていて人を見てもイワナが逃げないことなどが説明されました。子どもたちはきれいな風景を写真におさめるなどして、地元の自然の素晴らしさを学んでいました。

★「神秘の城塞」グゲ・ツァパラン遺跡を訪ねて 西蔵自治区 【5日】中国西蔵(シーザン)自治区ガリ地区ツァンダ(札達)県ツァパラン(扎布譲)村にあるグゲ(古格)遺跡は、グゲ王朝の都城であったと考えられている!。この地方に割拠する政権の一つとして9~17世紀に存在したグゲ王朝の起源は、吐蕃(とばん)王朝の末裔までさかのぼることができる。遺跡内は下部から上部に向かって順に奴隷、平民、貴族の居住跡となっているが、大半が損壊し、寺院数カ所のみが比較的良好な状態で残されている。グゲ王朝は仏教を厚く信仰し、チベット仏教後伝期のウー・ツァン地方への伝来と同地方での仏教再興の有力な推進者となった。仏殿内部に残された壁画の芸術的価値は高く、その様式はさまざまな文化の影響を受けており、グゲと周辺各地の交流を裏付けている。度重なる戦争がこの地方政権を崩壊させ、グゲは17世紀に滅んだと考える学者が大多数となっている。グゲ王国遺跡は1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、西蔵の歴史、とりわけチベット族の古代建築史を研究する上で重要な実物証拠となっている。

★オーガニック野菜をより広い地域へ 南知多町と食材配達企業などが協定!。南知多町のオーガニック農業を発展させようと、町と企業が協定を結びました。 南知多町と協定を結んだのは、東海地方を中心に、一般家庭へ食材の配達などを行う「ショクブン」など3社です。南知多町は、農薬や化学肥料をなるべく使わないオーガニック野菜の生産が全国的にも盛んな地域で、協定により町内で生産された野菜を、「ショクブン」が県外などより広い地域で販売することで、農業のさらなる発展を目指します。6日は、石黒和彦町長や各企業の社長が協定書にサインしました。「消費者に一番近いところで仕事をしているので、協定をもっと盛り上げていかないといけない」(ショクブン 吉田朋春社長)7月ごろから「ショクブン」のメニューに南知多町で作られた玉ねぎが載る予定です。

★特急「Laview」と秩父鉄道のSLがコラボ吹鳴!。西武鉄道110周年&鉄道開業150年記念イベント続々!。西武特急001系「Laview」西武鉄道は創立110周年ならびに日本の鉄道開業150周年を記念し、2022年5月7日(土)より記念企画を展開していく。同日11時には、列車遅延が発生した場合を除き、「これまでの感謝の気持ち」と「これからも地域のために走り続ける」という想いを込め、西武線を走る全列車で一斉に長緩気笛2声を吹鳴する。実施前後には駅及び車内で告知放送が行われる。また12時20分頃には西武秩父駅付近で秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」と西武特急「Laview」のコラボ吹鳴を実施する。当該のSLパレオエクスプレス御花畑駅 12:19発。西武秩父駅横を通過する際に長い汽笛を吹鳴し、西武秩父駅停車中のLaview(ちちぶ26号、西武秩父 12:24発)が汽笛で呼応する。Laviewは通過するSLに最も近い、西武秩父駅3番ホームに停車する。秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」© 鉄道チャンネル 秩父鉄道「SLパレオエクスプレス」7日からは「西武鉄道創立110周年×鉄道開業150周年」記念エンブレムを西武鉄道の全従業員が着用(一部グループ会社でも着用)。6月上旬には武蔵丘車両検修場で開催予定の電車フェスタを周年企画イベントとして実施する他、記念イベントや西武園ゆうえんちなど沿線施設でのキャンペーンを2023年3月末まで展開していく。
5/6 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者: 516,170,922人・ 死者: 6,247,502人!。★多い国①アメリカ感染者81,692千人死者996千人②インド感染者43,094千人死者524千人③ブラジル感染30,524千人死者664千人④フランス感染28,070千人死者143千人⑤ドイツ感者25,215人死者136千人⑥英国感染者22,102人死者175千人。⑦ロシア感染者17,945千人死者368千人。

ウクライナ 医療機関被害で薬不足ウクライナ!。医療機関400カ所に被害 ロシアの攻撃で=大統領 ウクライナのゼレンスキー大統領は5日、ロシアによる軍事侵攻で約400カ所の病院や医療機関が被害を受け、がん治療薬などが不足しているほか、医師らは手術を行えない状態だと明らかにした。

★ロシア「戦勝記念日」迫る 製鉄所の掌握が最大成果と訴え!。ロシアでは今月9日の戦勝記念日が3日後に迫っていますが、ウクライナ軍の抵抗によって、プーチン政権が目指す戦勝記念日までの東部2州の完全掌握は難しくなっているという見方が広がっています。一方、ロシア軍は要衝マリウポリウクライナ側の拠点となっている製鉄所への攻撃を続けているとみられ、マリウポリの支配を軍事侵攻の最大の成果だとして、国民に訴えたい思惑があるとみられます。ロシア国防省は6日、空軍がミサイルを発射し、ウクライナの東部ドネツク州のクラマトルスクで大型の弾薬庫を破壊したほか、東部ルハンシク州では、ウクライナ軍のスホイ25やミグ29などの戦闘機を撃墜したと発表し、東部を中心に攻撃を続けています。ロシアのプーチン政権は、東部ドネツク州とルハンシク州の完全掌握をねらい、攻勢を強めてきましたが、欧米の軍事支援も受けるウクライナ側はこれに強固に抵抗していて、9日の戦勝記念日までの2州の掌握は難しくなっているという見方が広がっています。一方、東部の要衝マリウポリでは、ロシア軍が包囲するアゾフスターリ製鉄所に今も数百人の市民が取り残されているとみられています。ロシア国防省は5日から7日までの3日間、一時的に戦闘を停止し、市民が避難するための「人道回廊」を設置すると発表しましたが、ウクライナのゼレンスキー大統領は5日「今も、ロシア軍は製鉄所への攻撃をやめていないが、まだ女性や大勢の子どもが残っており、助け出す必要がある。この地獄を想像してほしい。2か月以上も砲撃や爆撃、すぐそばで人々が亡くなる状況が続いている」と訴えました。イギリス国防省は6日「製鉄所を手に入れ、マリウポリを完全に掌握しようというロシア軍の新たな試みは、9日の戦勝記念日プーチン大統領ウクライナでの象徴的な成功を望んでいることに関連している可能性がある」と指摘しています。ウクライナ大統領府の顧問を務めるアレストビッチ氏も5日「ロシア軍は、プーチン大統領に『勝利』を提示するため、9日までにマリウポリの製鉄所を掌握しようとしている。製鉄所の敷地内での戦闘が3日連続で行われていることからも、彼らの必死さがわかる」と述べました。プーチン政権は、マリウポリに大統領府の高官を派遣するなど、ロシア側の支配を既成事実化しようとする動きも強めていて、軍事的にもウクライナ側が拠点とする製鉄所を掌握することで、ロシア国民に軍事侵攻の最大の成果だと訴えたい思惑があるとみられます。

プーチン大統領 外相のユダヤ人めぐる発言をイスラエルに謝罪!。ロシアのラブロフ外相が「ヒトラーにもユダヤ人の血が入っていた」と発言したことについて国際的な非難が強まるなか、ロシアのプーチン大統領と中東イスラエルのベネット首相が電話で会談しました。イスラエルの発表によりますと、会談でプーチン大統領はラブロフ外相の発言について謝罪したということです。ロシアのラブロフ外相は、今月公開されたイタリアのテレビ局とのインタビューで「『ゼレンスキー大統領がユダヤ人であるならナチ化するはずがない』というが、あのヒトラーにもユダヤ人の血が入っていたのでそのような主張は意味がない」と持論を展開し、イスラエルが猛烈に反発しました。ロシアのプーチン大統領イスラエルのベネット首相は5日、今年3月以来となる電話会談を行い、イスラエルの発表によりますと、プーチン大統領がラブロフ外相の発言について謝罪し、ベネット首相は謝罪を受け入れたということです。ラブロフ外相の発言をめぐっては、イスラエルが非難の声明を出したのに対し、ロシア外務省の報道官が公然と反論し国際的な非難が強まっていました。一方、ロシア大統領府は5日、声明を発表し、電話会談が行われたことは明らかにしたものの、プーチン大統領の謝罪については触れられていません。声明では、ユダヤ人の大量虐殺、ホロコーストで犠牲になった「600万人のうち40%がソビエトの国民だった」と指摘しています。又、第2次世界大戦で旧ソビエトナチス・ドイツに勝利した、9日の「戦勝記念日」について「ホロコーストの犠牲者を含む、すべての戦死者の記憶を尊重する両国民にとって特別な意義がある」として、イスラエルとの連帯を強調しました。ロシアとしては、アメリカやヨーロッパから厳しい制裁を受けるなか、各国のユダヤ人コミュニティーでこれ以上、非難が拡大するのを避けたいねらいがあるとみられます。

イーロン・マスクツイッター買収資金9000億円余 調達へ!。アメリカのソーシャルメディア大手、ツイッターを買収することで会社側と合意したイーロン・マスク氏が、買収資金として日本円で9000億円余りを投資ファンドなどから調達することが、証券取引委員会の資料で明らかになりました。ツイッターの買収をめぐっては、巨額の買収資金をどのように調達するのかが焦点となっていて、マスク氏が買収の実現に弾みをつけた形です。アメリカの電気自動車メーカー、テスラのCEOで世界一の富豪とされるイーロン・マスク氏は、ツイッターを買収することで会社側と合意していますが、巨額の買収資金をどのように調達するのかが焦点となっています。こうした中、アメリカの証券取引委員会が5日までに公表した資料によりますと、ソフトウエア大手オラクルの共同創業者、ラリー・エリソン氏や、アメリカの投資ファンドセコイア・キャピタル、それに暗号資産の交換会社、バイナンスなどが投資に名乗りをあげたことが明らかになりました。投資額は合わせて71億ドル、日本円でおよそ9200億円に上ります。マスク氏はこれまでにテスラの株式、1兆1000億円相当を売却して買収資金に充てるとみられていて、今回の分と合わせると調達資金はおよそ2兆円に上り、買収の実現に弾みをつけた形です。又CNBCテレビは5日、マスク氏が買収を実現した場合、数か月間ツイッターの暫定CEOに就任する見込みだと伝えています。

 ★米情報を基にロシア将官殺害か 前線の標的選別、極秘支援!。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は4日、ロシアの侵攻を受けるウクライナ軍が、米国の機密情報を基に多くのロシア軍将官を殺害したと報じた。複数の米高官の話としている。ウクライナ当局者によると前線で12人前後のロシア軍将官を殺害。このうちの多くが、標的選別などを含む米国の極秘支援の成果とされるが、具体的人数は不明。 同紙は機密情報提供は重火器供与などと併せ米国によるウクライナ支援拡大の一環であり、当初、軍事支援に慎重だったバイデン政権が短期間で態度を転換したことを示していると指摘した。

★米オクラホマ州で竜巻の被害多発 風速は60メートル!。竜巻の被害が出ているオクラホマ州セミノール市 米テキサス、オクラホマアーカンソー各州で天候が大荒れとなり、4日は竜巻、5日は洪水に襲われて各地で被害が続出した。オクラホマ州オクラホマシティー郊外のセミノール市内では学校の校舎などが崩壊。国立気象局によれば竜巻の強さを定める改良藤田スケール(EF)では6段階中、上から4番目のEF2で、風速は60メートルに達した。AP通信によれば、負傷者はいないものの、5日午前の段階で全体の63%に相当する2900世帯が停電。各所で復旧作業が進められている。

★英、日本産食品輸入規制を6月までに撤廃へ!。ジョンソン英首相は日英首脳会談で、東京電力福島第1原発事故後の日本産食品の輸入規制について、英議会の手続きが進めば6月末までに撤廃されるだろうと説明した。

★韓国次期大統領の就任式 林外相が岸田首相の特使として出席へ!。韓国の次期大統領の就任式が来週行われるのを前に、政府は林外務大臣が岸田総理大臣の特使として出席すると発表しました。林大臣は日本の一貫した立場に基づき、日韓関係の改善に向け、新政権と緊密に意思疎通を図る考えを示しました。韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領の就任式が、今月10日に行われるのを前に、政府は持ち回りの閣議で、林外務大臣を岸田総理大臣の特使として派遣することを正式に決め、発表しました。林大臣は今月9日と10日の2日間、韓国を訪れ、ユン次期大統領の就任式に出席するほか、ユン氏を含め新政権の要人らと会談する方向で調整を進めています。林大臣は外務省で記者団に「北朝鮮への対応を含め、地域の安定にとって、日韓、日米韓の連携は不可欠だ。日韓関係は、旧朝鮮半島出身労働者問題や、慰安婦問題などにより、非常に厳しい状況にあるが、このまま放置することはできない」と述べました。そのうえで「国と国との約束を守ることは国家間の関係の基本で、日韓関係を健全な関係に戻すべく、日本の一貫した立場に基づき、ユン次期大統領をはじめ、新政権と緊密に意思疎通をしていく考えだ」と述べました。

★外国人観光客 一部入国認める方向!。政府、外国人観光客の入国を今月にも一部認める方向で検 政府は、新型コロナウイルスの水際対策について、現在認められていない観光目的での外国人の入国を、早ければ今月にも少人数のツアーに限り、認める方向で検討していることがわかった。

★中国 湖南省 8階建て建物の倒壊事故 死者53人に 違法に増築か!。中国内陸部の湖南省で先月、8階建ての建物が倒壊した事故で、地元政府はこれまでに53人が死亡したことを明らかにしました。中国内陸部の湖南省長沙で先月29日、宿泊施設や飲食店などが入る8階建ての建物が突然倒壊し、地元政府によりますと、一時、60人以上と連絡が取れなくなりました。地元政府は6日に記者会見を開き、救助活動で10人を救助した一方、これまでに53人が死亡したことを明らかにしました。会見の中で、長沙市トップの書記は「倒壊事故は人命や財産に甚大な損害を与えた。その教訓は深刻で、すべての犠牲者に深い哀悼の意を表する」と述べました。倒壊した建物は違法に増築されていたとみられ、警察当局はこれまでに建物の所有者など9人を拘束しました。中国では、違法建築が行われていたとみられる建物の倒壊がたびたび起きていて、今回の事故を受けて習近平国家主席は重大事故の発生を防ぐよう求める重要指示を出しました。また中国政府は、全国で違法建築の取締りを強化することにしていて、今回の倒壊事故についても特別ームを設けて原因を調べています。

★エンジェルス 大谷翔平【一問一答】7回無失点で3勝目!。大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手がレッドソックス戦に投打の二刀流で先発出場し、ピッチャーとしては今シーズンもっとも長い7回を無失点に抑えて3勝目をあげ、バッターとしても2安打1打点と活躍しました。フェンウェイ・パーク 103年ぶりの二刀流 大谷選手は5日、相手の本拠地、ボストンのフェンウェイ・パークで行われたレッドソックス戦に先発ピッチャー兼3番指名打者で先発出場しました。ピッチャーとしては立ち上がりからキレのあるスライダーとカーブがさえ、1回は振り逃げを含めて3つの三振を奪いました。3回、2アウト一塁二塁で相手の4番を迎えた場面では、声を出しながら160キロ近い速球を投げ込んで空振りの三振にとり、先制点は許しませんでした。大谷選手は今シーズン初めて7回のマウンドにも上がり、最後は空振りの三振を奪って雄たけびをあげ、無失点でマウンドを降りました。打たれたヒットは6本、奪った三振は11個で、99球のうち81球がストライクでした。バッターとしては、4回の第2打席で大きなフライを打ち上げ、相手のセンターがボールを見失ってフェンス直撃のヒットとなりました。8回の第4打席はリードを3点に広げてさらにノーアウト満塁のチャンスで初球をライナーで逆方向に打ち、この球場ならではのレフトの高い壁、「グリーンモンスター」を直撃するタイムリーヒットで追加点をあげました。1回の第1打席はファーストゴロ、7回の第3打席はセンターフライで、4打数2安打1打点でした。エンジェルスは8対0で快勝しました。フェンウェイ・パークで投打の二刀流の選手が先発マウンドに上がったのは「野球の神様」と言われたベーブ・ルース以来103年ぶりで、大谷選手は投げて打っての活躍でピッチャーとして今シーズン3勝目をあげました。レッドソックス澤村拓一投手は、登板しませんでした。大谷「1点もやらないつもりで投げた」 大谷選手は試合直後のグラウンドでのインタビューで「序盤は苦しい展開だったが勝つことができて、最終的にはすばらしいゲームだった。ロースコアの展開だったので1点もやらないつもりできょうは投げた」と試合を振り返りました。かつてベーブ・ルースが投打の二刀流で活躍したフェンウェイ・パークで二刀流での出場を果たしたことについては「すばらしい球場で僕も好きな球場。ベーブ・ルースのようなすばらしい選手がプレーしていたところでプレーできるのはありがたいことなのできょう、良い試合ができてまた1つ励みになった」と話しました。大谷 試合後の一問一答 レッドソックス戦後のメディア取材での大谷選手の一問一答ですー昨日は延長戦で夜遅い試合からの、今日のデーゲームだったが?大谷選手「体的には正直しんどかったですけど、ある程度早めに帰って早めに寝て、いい準備ができたと思います」ーフェンウェイ・パークで初登板だったが?大谷選手「好きな球場なので楽しみにしてましたし、いい印象が持てたのでそこもプラスかなと思います」ーベストピッチングだった?大谷選手「前回よりはよかったかなと思います」チームにいる年数が長くなるにつれ、本来の自分を出せている感覚はあるか?大谷選手「もうだいぶ人も違いますし、毎年毎年入れ替えも激しいので、毎年新しいチームかなという感じです」ーランナーを出してから気合いが入っていたが、ランナーを背負ってからのピッチングについて。大谷選手「いい打線なので、基本的には一人一人(ランナーを)出さないように投げていました。それでもやっぱり打たれる球もあったので。0点できていましたし、特に最初の方は点をやらないように、スコアリングポジションに(ランナーが)いたら三振を狙うくらいの気持ちでいきました」ストライク率が81.8% ーベーブ・ルースと同じマウンドに立った。大谷選手「初めてだったので楽しみにはしていましたし、このシリーズの最後のゲームなので勝って帰れるように、なんとかいいゲームができてよかったと思います」ーマウンドをどう感じた?大谷選手「観客も近いですし、もちろんお客さんもたくさん入っているし、熱もあるし、すばらしい球場だなと思いました」ーストライク率が1.8%。大谷選手「一人一人、どんどんゾーンの中で攻めていこうかなと。(前の試合で)中継ぎもけっこう使っていましたし、なんとかイニングを長く投げられるように。結果的にそうなったので、きょうはよかったのかなと思います」ー何がよかった?大谷選手「いちばんはやっぱりストライク率かなと思いますし、投げている所自体も悪くはなかったので。球自体もよかったですし。こういう日はある程度長いイニングを投げないといけないので、特に競っている試合ではそういう傾向が強いですし、長く投げられてよかったなと思います」ー歴史的なルース以来の登板で勝てたことについて。大谷選手「いいピッチングではあったかなと思いますけど、スコアリングポジションも多かったですし。その中でいいプレー、守備に助けてもらったプレーもあったので、(点を)取る時にしっかり取るチーム力がよかったかなと思うので、次回以降もまた切り替えて頑張りたいと思います」ー野球の神様、ベーブ・ルースが力を与えてくれた?大谷選手「それはあんまりないかなと思うんですけど(笑)。一つ一つやることやって、その結果いい悪いはもちろんありますけど、1試合1試合納得できるような形で臨むのがまずは大事かなと思います」ー股関節の張りはピッチングに影響はあったのか大谷選手「投げる時はないですね。マウンドでも感じなかったですし、走塁の時は若干(筋肉が)緩んだりしますけど。まだシーズンも最初の方なので、大きいケガにつながらないようにまずは気をつけたいなと思ってます」ー昨日からの疲れは。大谷選手「疲れましたね。それなりに長いゲームだったので、時差もあるので、そこらへんはちょっと体的には重いかなという感じですね」ー何時間くらい寝られたか?大谷選手「ギリギリまで。バスが遅かったので、10時くらいまでは寝てましたね」ーピンチの時のピッチングで大きな声出ていたが、自然に出るものなのか。ギアを上げるために使っているものか。大谷選手「自然に出ますね」ー継続して思いどおりに自分のボールを投げられている?大谷選手「全体的にコマンドが整っているので、そこが思い切って腕を振りにいけるところなので。その結果スピードが出るというのはいいところかなと思いますし、コントロールとかコマンドが定まっていない時にはある程度、カウントを整えにいくような感じになってしまうので。そういう意味では悪循環になるのかなと思います」ーランナーが出ると時間かけて投げていたが意識していた?大谷選手「特にはないですね。それよりはトータルの球数がある程度決まっているので、その中で丁寧に長いイニングを投げたいなというのはきょうは特に思ってました」ーきょうはストレートの平均球速がおよそ156キロ。感触は。大谷選手「そうですね、球速もコマンドもある程度動きに比例してくると思っているので、スピードだけがすべてではないです。向こうの先発のヒル投手もそうですけど、ああやって(ストレートの球速は140キロ台前半)抑えていくのも一つの形なので。その日の体調だったりとか投げているボールによって、投げるコースだったりとか球種を選んでいく。そういう対応ができるのがいいピッチャーだと思います」ーゲームプランはどこがうまくいったのか。大谷選手「基本的にゲームプランはきょうはもう、一人一人。基本的なことですけど。まずはピンチを作らない、作ったら点をやらないようにというシンプルなところなので。中継ぎが十分に投げられる状態、全員が整っている状態なら初回から全力でね、一人一人、それこそ全員を三振にとるくらいの気持ちでいけばいいですけど。きょうは長いイニングを投げたいなと思っていたので、たまたまいい方向に転んだかなと思います」ー追い込んでからすぐに勝負にいった?大谷選手「きょうはむだに投げないようにはしましたけど。その結果2ストライク後のヒットも多かったので、そこはまた勉強かなと思います」。

★国内感染者36人死亡(累計2万9,777人)・ 2万1,628人感染(累計802万9,737人)!。埼玉県で6人、兵庫県で5人、東京都で5人、福岡県で5人、奈良県で2人、京都府で1人、北海道で1人、千葉県で1人、大阪府で1人、宮城県で1人、宮崎県で1人、岡山県で1人、愛知県で1人、沖縄県で1人、神奈川県で1人、香川県で1人、高知県で1人、鹿児島県で1人の合わせて36人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め802万9025人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて802万9737人となっています。亡くなった人は、国内で感染が確認された人が2万9764人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2万9777人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は6日の新たな感染者数です。▽東京都は145万5565人(2681)▽大阪府は90万5895人(1465)▽神奈川県は71万750人(1183)▽埼玉県は51万8327人(1020)▽愛知県は49万1780人(995)▽千葉県は42万6180人(492)▽兵庫県は39万572人(665)▽福岡県は37万9330人(1181)▽北海道は30万4529人(1668)▽京都府は18万4053人(463)▽沖縄県は16万8987人(1398)▽静岡県は14万9372人(374)▽茨城県は14万6635人(340)▽広島県は13万846人(645)▽岐阜県は8万6437人(355)▽群馬県は8万6216人(290)▽奈良県は8万4576人(158)▽熊本県は8万4333人(290)▽岡山県は8万2705人(444)▽栃木県は8万2590人(262)▽滋賀県は8万2133人(129)▽宮城県は7万5872人(230)▽三重県は7万2723人(183)▽鹿児島県は6万7568人(521)▽長野県は6万3903人(271)▽新潟県は6万2393人(273)▽福島県は5万3750人(324)▽青森県は5万147人(153)▽長崎県は4万8683人(203)▽佐賀県は4万6110人(294)▽大分県は4万5500人(258)▽石川県は4万5064人(231)宮崎県は4万1924人(287)▽香川県は4万410人(146)▽山口県は3万7569人(144)▽和歌山県は3万6897人(181)▽愛媛県は3万4273人(135)▽富山県は3万2614人(65)▽山梨県は2万9393人(96)▽岩手県は2万8762人(181)▽福井県は2万8249人(248)▽秋田県は2万6054人(181)▽山形県は2万3964人(115)▽高知県は2万2303人(140)▽徳島県は1万9109人(56)▽島根県は1万4328人(68)▽鳥取県は1万2641人(65)このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万6838人(81)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、6日時点で170人(+4)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、6日時点で、▽国内で感染が確認された人が763万309人▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて763万968人となっています。又、今月1日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で2万6826件でした。集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが、過去の原稿はさかのぼって修正しないため、累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めていません。


★障害者の入所施設 待機者1万8000人余 背景に「老障介護」か!。知的障害者などの入所施設をめぐり、入所を希望し、待機している障害者が全国で少なくとも延べ1万8000人余りに上っていることがNHKの取材で分かりました。高齢の親が障害のある子どもを介護するいわゆる「老障介護」が広がり、親が将来に不安を抱えていることが背景にあるとみられています。国は待機者の調査を行っておらず、専門家は「国は現状をしっかりと把握したうえで必要な対策をとるべきだ」と指摘しています。障害者の生活拠点をめぐり、国はそれぞれが望む地域で暮らせるよう、数人で共同生活を送るグループホームの整備などを促す一方、入所施設については入所者の数を段階的に減らす方針を示しています。しかし、NHKが全国の都道府県に取材したところ、施設への入所を希望し、待機している障害者が去年の時点で少なくとも27の都府県で延べ1万8640人に上っていることが分かりました。このうち、東京や埼玉、広島、宮城など13の都県では待機者が年々増える傾向にあり、知的障害者についてはこの10年間で2倍に増えた県もありました。待機者が増えている都県に主な理由を尋ねたところ、「障害のある子どもを在宅で介護する親の高齢化」と回答したのが6都県と最も多く、次いで「障害者の人口の増加」が1県でした。そのほかは「調査していないので分からない」としています。高齢の親が障害のある子どもを介護するケースは「老障介護」と呼ばれていて、障害者の親などで作る団体や専門家によりますと、医療の進歩で障害者の平均寿命が延びたことなどにともなって広がっているとみられ、今後、みずから介護ができなくなった時に備えて子どもの入所を希望する親も少なくないということです。一方、20の道府県は待機者の人数を把握していないほか、国も調査を行っておらず、実態はさらに多いとみられます。こうした現状について、障害者の政策に詳しい早稲田大学の岡部耕典教授は「将来に不安を抱える親が子どもを入所させたいというケースが増えていると考えられるが、グループホームを含む地域の受け皿が少ないため、施設を選択している人も多いのではないか。国はまず待機者の現状をしっかりと把握したうえで、それぞれが望む暮らしができるよう必要な対策をとるべきだ」と指摘しています。空きを待つのは主に重度の知的障害者 待機者の人数を把握している都府県によりますと、入所施設を希望し、空きを待っているのは主に重度の知的障害者です。医療の進歩などによって障害者の平均寿命は延びているとされていて、国の調査によりますと、在宅の40歳以上の知的障害者の人口は推計で2000年の7万5000人から2016年には38万2000人と、5倍余りに急増しています。また、2016年に行われた国の調査では、在宅の65歳未満の知的障害者のうち、74%が親と同居していました。「老障介護」の世帯数そのものを示す統計はありませんが、障害者の親などで作る団体や専門家は、こうした調査結果などから「老障介護」の家庭が次第に増え、結果として施設への入所を希望するケースが相次いでいるのではないかと指摘しています。国の都道府県のうち、去年の時点で待機者が最も多かったのは、延べ人数でまとめている16の県では広島県で1664人、実際の人数でまとめている11の都府県では埼玉県で1594人となっていますこのうち埼玉県では、待機者がこの10年間で1.6倍、知的障害者に限ると2倍に増えたほか、親の年代は70代以上が多くなっているということです。県の担当者は「ここ数年、障害者の人口の増加と親の高齢化がこれまで以上に進み、『老障介護』の不安が高まっている印象だ。このままでは県外の施設を含めて探さなければならず、それぞれが望む地域で暮らすという本来の目的とかけ離れてしまうおそれがある」と話していました。体力に限界を感じる親「私が倒れたらこの子は…」 自宅で重度の知的障害などがある娘を1人で介護している70代の母親は、体力に限界を感じる一方で娘が入所できる施設が見つからず、不安を抱えています。大阪 八尾市の松江佐枝子さん(73)は、重度の知的障害に加え、両足にも障害がある娘の知美さん(45)と2人で暮らしています。知美さんは必要とされる支援の度合いを示す「障害支援区分」が最も高い「区分6」で、会話ができず、表情やしぐさで感情を読み取らなくてはならないほか、日常生活の全般で介助が欠かせません。日中はデイサービスなどを利用していますが、それ以外の時間帯は松江さんが自宅で1人で介護しています。食事の際はごはんを口に運んであげたり、おかずを食べやすい大きさに切り、1つずつフォークで刺して手渡したりしています。やけどをしてもことばで伝えることができないため、切り分けたおかずは松江さんが必ずみずからの舌で温度を確かめてから食べさせているということです。入浴や着替えも松江さんが介助していますが、知美さんの体調や気分によっては拒否されることもあり、就寝の時間が午前2時を過ぎることも少なくないといいます。こうした2人の生活は夫を病気で亡くした5年前から続いていますが、みずからも高血圧などで毎日薬を飲んでいるほか、70歳を迎えた頃には右膝を疲労骨折し、今も定期的に通院して痛み止めの注射を打っているということです。高齢になり、体力に限界を感じるようになったという松江さんは、知美さんとずっと一緒に暮らしたいと願う一方、将来への不安から3年ほど前に娘が安心して暮らせる場所を探すことを決意します。重度の障害に加え、てんかんの持病もあることから少人数で共同生活を送るグループホームでの暮らしは難しいと考えた松江さん。自宅がある八尾市やその周辺の自治体で、日中に看護師が常駐し夜間も複数の職員がいる施設を探したところ、5か所見つかったといいます。然し、これまでに何度も見学に訪れたり、電話で問い合わせたりしていますがいずれも空きがなく、入所できるめどは立っていないということです。先月3日にも自宅から車で30分ほどの場所にある施設に問い合わせましたが、すでに40人ほどが待機している状態で、職員からは「いつ入れるか分からない」と告げられました。松江さんは「わが子だからこそこれまで介護を続けてこられましたが、最近は『私が倒れたらこの子はどうなってしまうのだろう』と毎晩のように考えます。このまま娘と暮らしたい気持ちはあるものの、70歳を過ぎ、今のような生活を続けることはできません。考えれば考えるほど不安になりますが、今は施設が空くのを待つしかありません」と話していました。埼玉県の入所施設 定員にほとんど空きが出ず 埼玉県にある重度の知的障害者が暮らす入所施設も待機者が多く、受け入れがほとんどできない状態が続いています。埼玉県白岡市の障害者支援施設「太陽の里」は県内全域からおよそ60人を受け入れていて、そのほとんどが重度の知的障害者です。施設では日中、2人の看護師を含むおよそ20人の職員が勤務しているほか、夜間も6人が常駐し、24時間態勢で入所者のケアにあたっています。重度の知的障害者の場合、施設で最期を迎える人も少なくないため、定員に空きが出ることはほとんどないといいます。然し、入所を希望し、待機する人は少しずつ増えていて、施設によりますと、県から3か月ごとに届く待機者のリストは、ことし2月の時点で161人に上っていたということです。これに対し、当時は2人しか空きがなく、ほとんどの人は受け入れることができませんでした。このほかにも、県外を含む障害者の親から毎週のように入所を希望する電話がかかってきていて、最近は70代と80代の親からの問い合わせが最も多いということです。去年の秋には、息子を介護しているという80代の母親から電話があり「いつ受け入れられるか分からない」と伝えたところ、母親は疲れ切った様子で「もう終わりにしたい」と口にしたといいます。施設では緊急性が高いと判断しましたが、受け入れることはできないため、親子が住む県内の自治体に連絡するとともに、施設の関係者を自宅に向かわせて母親の様子を確認したということです。「太陽の里」の園部泰由施設長は「親の年齢などを考えるとすぐに受け入れる必要があるケースも多く、本来であれば『どうぞ入所してください』と伝えたい。しかし、実際にはとても受け入れられないのが現状で、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と話していました。地域での生活に移行 必要なグループホームの整備 一方、国は入所施設について、それぞれが望む地域で暮らせるようにするべきだとして、入所者の数を段階的に減らす方針を示しています。2012年に成立した障害者総合支援法に基づく基本指針で、国は障害者の自立を支援するため、入所施設などから地域での生活に移行するための体制を整備する必要があるとしています。その柱の一つとなっているのがグループホームです。グループホームは、一般の住宅やアパートなどを活用し、障害者が数人で共同生活を送ります。入所施設と異なり看護師などの配置は義務づけられておらず、それぞれが自宅に近い環境で過ごします。基本指針では、このグループホームをはじめとする地域の拠点を整備することなどを自治体に求める一方、施設については入所者の数を減らすとして、3年ごとに具体的な数値目標を示しています。その結果、去年3月の時点で全国の入所者は合わせて12万人余りと、5年前に比べておよそ4500人減少しましたこれに対し、グループホームの入居者は合わせて14万人余りと、この5年間でおよそ4万1000人増えています。然し、厚生労働省によりますと、グループホームは障害が比較的軽い人を対象とするケースが多く、全国の入居者のうち、必要とされる支援の度合いが最も高い「区分6」の人は1割に満たないということです。又、厚生労働省が去年、全国の自治体を対象に行った調査では、回答があった997の市区町村のうち43%が「重度の知的障害者向けのグループホームが特に不足している」と答えていて、整備が十分に進んでいないことが課題となっています。グループホーム不足の背景 資金や人手確保の難しさ 重度の障害者向けのグループホームが不足している背景には、資金や人手の確保が難しい現状があることも分かってきました。埼玉県日高市社会福祉法人「日和田会」は、中古の住宅を活用して県内で合わせて19のグループホームを運営していて、重度の障害者も積極的に受け入れています。グループホームの場合、入所施設と異なり看護師などの配置は義務づけられておらず、夜勤のスタッフも原則、必要ありません。しかし、重度の障害者が暮らすには室内のバリアフリー化やスプリンクラーの設置などが必要で、1軒当たり1500万円ほどの費用がかかるといいます。又、この法人では24時間の介助が必要な入居者もいるため、夜勤を含め、職員やパートのスタッフを法律で義務づけられた人数よりも多く配置しています。一方、収入源は国の障害福祉サービスの報酬と月5万円ほどの利用料ですが、報酬には上限があるうえ、初期費用がかさむこともあって運営は厳しく、およそ100人いるスタッフの時給は県の最低賃金に近い1000円前後だということです。こうした中、求人を出しても若い世代の応募はなく、スタッフの7割は80代を含む高齢者です。夜勤も高齢のスタッフが担うケースが多く、重度の障害者6人が暮らす日高市グループホームでは、72歳の女性が寝つけない入居者の話し相手になったり、朝食を食べさせたりしていました。高齢のスタッフにとっては負担が大きいため、急に体調を崩したり辞めたりすることもあり、昨年度は12人を新たに雇った一方、10人が辞めたといいます。それでも入居を希望する障害者を受け入れたいと去年12月には定員が7人のグループホームを新たに開設しましたが、スタッフが急に辞めてしまい、予定していた人数を受け入れられなくなったということです。社会福祉法人「日和田会」の萩原政行理事長は「高齢のスタッフに支えられてなんとか運営していますが、重度の障害がある人が暮らす場合、生活の質を確保するには多くの費用がかかります。それが国の報酬に反映されないかぎり、運営は厳しく、必要な人材も集まりません。入所施設の空きを待つ人がいる中、私たちのグループホームでできるかぎり受け入れたいと思っていますが、実際には難しいのが現状です」と話していました。専門家「グループホームのスタッフ配置に財源確保など対策を」入所施設の待機者が少なくとも延べ1万8000人余りに上っている現状について、障害者の政策に詳しい早稲田大学の岡部耕典教授は「これまで親元でなんとか暮らしてきた障害者が、親の高齢化によって難しい状況になってきている。こうした中、親が自身の健康不安や将来への不安から子どもを入所させたいというケースが増えていると考えられる。ただ、積極的に望んでいるとは限らず、地域の受け皿が少ないため施設を選択している人も多いのではないか」としたうえで「国はまず待機者の現状をしっかりと把握したうえで、重度の障害者を受け入れるグループホームについてはスタッフを十分に配置できるよう財源を確保するなど、対策をとる必要がある」と指摘しています。更に、教授は「待機者を減らし、本当の意味で入所施設から地域への移行を進めるには、グループホームだけでは十分とは言えない。欧米では重度の障害者がみずからヘルパーと契約を結び、24時間の介助を受けながら一人暮らしをする『パーソナルアシスタンス』と呼ばれる支援も活発に行われている。国は地域に多様な選択肢を用意し、それぞれが望む暮らしを実現できるようにするべきだ」と話していました。入所施設の待機者数 27都府県の内訳(2021年)※調査日は自治体ごとに異なる延べ人数でまとめている16県広島:1664人 岡山:1152人 鹿児島:1137人 山口:872人 熊本:764人 宮城:626人 鳥取:588人 大分:469人 三重:466人 新潟:413人 長崎:371人 兵庫:332人 島根:331人 福井:176人 和歌山:106人 香川:69人実際の人数でまとめている11都府県埼玉:1594人 東京:1430人 静岡:1200人 大阪:1064人 愛媛:1050人 茨城:888人 群馬:524人 千葉:482人 長野:309人 徳島:294人 佐賀:269人。

★公園に突風、巻き上げられたボート転覆…家族4人が池に投げ出される!。突風で転覆したとみられるボート(5日、長野県須坂市臥竜公園で)5日午後2時半頃、須坂市臥竜臥竜公園内にある竜ヶ池で足こぎボート1隻が転覆し、乗っていた家族4人が池に投げ出された。他のボートの乗客らに救助され、けがはないという。須坂署によると、乗船していたのは塩尻市の男性会社員(34)と30歳代の妻、いずれも未就学児の長女と長男。目撃者の証言などから、突風でボートが巻き上げられて転覆したという。公園管理事務所によると、竜ヶ池での転覆事故は1931年のオープン以来初めてという。

北陸新幹線延伸に向け 観光客誘致などに民間の経験者採用 小松!。2年後に控えた北陸新幹線の延伸に向け、観光客の誘致などにあたる幹部職員として、民間企業の経験者を期間限定で採用し6日、就任式が行われました。小松市では、2年後の北陸新幹線の延伸に合わせて、民間企業で活躍した人を、3年間の期間限定で幹部職員として新たに採用することを決め、去年から募集を行っていました。6日は小松市役所で、新たに採用された2人の就任式が開かれ、宮橋勝栄市長が「観光誘致や地域課題の解決に、それぞれの経験を生かしてほしい」と述べ、辞令を交付しました。新たに採用されたのは、コンサルティング業などを経験してきた佐藤文洋さん(40)と、山梨県出身でベンチャー企業の広報を経験した小林太一さん(32)で、2人は今後、観光誘致や地域活性化を担う担当課長として業務にあたります。就任式で、2人は早速、市長らを前にプレゼンを行い、新幹線の停車駅となる小松駅で、観光客のための交流イベントを開催することなどを提案していました。担当課長に就任した小林さんは「地元企業と連携を深め、文化が多彩な小松市の魅力を発信していきたい」と話していました。

日本航空 最終的な損益 1775億円の赤字 コロナの影響が長期化!。航空大手の日本航空が、6日発表した昨年度、1年間のグループ全体の決算は、最終的な損益が1775億円の赤字となりました。最終赤字は2年連続で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長期化していることが主な要因です。合わせて発表した今年度の業績予想では、需要の回復を見込んで、最終的な利益の見通しを450億円の黒字としています。

南アルプス・大根沢山で登山中に滑落 42歳男性を救助 静岡市!。南アルプス南部の山々 静岡市葵区にある大根沢山(標高2239m)で男性が登山中に足を滑らせ滑落し、その後救助されました。5日、静岡市葵区の大根沢山の標高約2200m地点で、前日から知人男性と2人で登山をしていた42歳の会社員の男性が、足を滑らせ登山道から外れた4~5m下に滑落しました。警察によりますと男性は膝に軽傷を負い、登山道までは自力で戻りましたが、それ以上は下山できなくなったため、知人男性が自分の妻に連絡し、妻が午後5時頃119番通報をしました。消防と県警の救助隊5人が救助に向かいましたが、消防のヘリが空から男性を発見し救助しました。男性は装備もしっかりしていたということで、警察は不意の事故に備えて装備を万全にし、体調管理や天候の確認をして登山に臨んで欲しいとしています。

★定置網に50~70代ぐらいの男性遺体 兵庫・揖保川河口、漁師が発見!。6日午前8時50分ごろ、姫路市網干区興浜の揖保川河口で、定置網に男性の遺体が引っ掛かっているのを漁師の男性が発見した。兵庫・三田 姫路海上保安部によると、男性は50~70代ぐらい。身長約157センチで中肉中背。紫色のポロシャツに、下半身は緑色の下着姿だった。遺体は腐敗が進んでおらず、目立った外傷などはなかった。同保安部は司法解剖し死因や身元を調べる。