3/31 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者4憶86,866,607人 ・死者 6百138,354人!。★国内感者101人死亡(累計2万8,136人)・5万1,913人感染(累計656万6,014人)!。※コロナワクチ”接種”励行!▼コロナ渦の”脅威”はいつ終息か?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--

☆今日4/1(金)12℃3℃晴/曇 明日2(土)13℃2℃晴/曇 明後日3(日)15℃4℃曇 ★コロナ渦予防・ワクチン接種励行及びインフルエンザ・花粉症予防対策「手洗い・マスク・3蜜の自粛」!。

f:id:penpensosss:20220401170612j:plain

★予報士のつぶやき 天気図がエイプリルフール?。4月1日はエイプリルフール。「ウソをついてもいい日」とされています。実は、きょう4月1日の天気図がウソみたいな天気図になっているんです!※天気図自体は正真正銘本物です。冒頭の画像は、きょう4月1日午前3時の天気図です。日本の南から東の海上には前線が横たわり、大陸にはいくつかの低気圧や高気圧が見えていますね。このうち、まずは中国大陸の低気圧に注目してみると、中心気圧は1028hPa。一方、北海道のはるか北にある高気圧を見てみると、こちらの中心気圧は1026hPa。低気圧のほうが高気圧よりも気圧が高くなっているんです!これは、天気図のデータが間違っているわけではなく、低気圧と高気圧の定義に理由があります。実は、周囲よりも気圧が低い所を低気圧といい、反対に、周囲よりも気圧が高い所を高気圧といいます。何hPa未満だと低気圧、何hPa以上だと高気圧という数字的な基準はありません。このため、今回のように「低気圧のほうが高気圧よりも気圧が高くなる」ことがあるんです。山の稜線を考えてみても、同じようなことが起こりますよね。高さの異なる谷や山が並ぶ中で、谷よりも“低い”山は存在します。こうした、低気圧と高気圧が“逆転”したような天気図はときどきあります。天気予報で天気図が出てきたら、その中心気圧にも注目してみてください。テレビ朝日気象デスク 津田紗矢佳。

f:id:penpensosss:20220401075010j:plain★かれんに春を謳歌 那珂川で100万株のカタクリ見頃!。春風に揺れるカタクリの花 那珂川町三輪のカタクリ山公園に群生するカタクリが見頃となり、淡い紫色の小さな花々が春の陽気を謳歌(おうか)している。地元有志でつくるNPO法人山野草保存会が民間の山林を手入れし、約30年前から公開している。園内の斜面約3ヘクタールに自生する約100万株は例年通り、20日ごろに開花した。五分咲きとなった30日は天候に恵まれ、県内外から大勢の人々がカタクリの観賞と園内の散策を楽しんだ。茨城県桜川市筑西市から訪れた70歳の主婦2人は「毎年この時季になるとワクワクして、自然と足が向いてしまう」と話した。見頃は4月上旬まで。開花期間中の駐車料金はバス1500円、乗用車500円。開園時間は午前8時半~午後4時。(問)同保存会0287・96・4939。

f:id:penpensosss:20220401074942j:plain★また来てね 冬鳥「カシラダカ」 繁殖地への長旅へ/丹波篠山市!。モヒカン風な冠羽が特徴の「カシラダカ」。これから大陸へと長旅に出る=2022年3月30日午後4時35分、兵庫県丹波篠山市内で 30日には桜の開花が宣言され、本格的な春を迎えようとする兵庫県丹波篠山市内で、冬鳥「カシラダカ」の姿をとらえた。市内では繁殖地のユーラシア大陸へと旅立つ前、最後の姿かもしれない。全長約15センチで、スズメ目ホオジロ科。名の通り、緊張したりすると頭頂部の冠羽を立てる。日本には冬鳥として飛来。なじみの深い鳥でもあるが、世界的な視点では個体数が減少しつつあり、2016年にはIUCN(国際自然保護連合)の絶滅危惧種に指定されている。もうすぐ、この小さな体で海を越える。長旅お気をつけて、また来てね。

f:id:penpensosss:20220401075612j:plain★整備されて50年の万博記念公園で桜満開 9品種5000本の桜が園内を彩る!。吹田市にある「万博記念公園」で、桜が満開になり、万博のシンボル太陽の塔ソメイヨシノに埋もれてす。吹田市万博記念公園は、1972年に大阪万博の跡地として公園が整備され、今年で50年。公園内の桜は、整備の際に少しづつ植樹され、今では9品種約5000本の桜が園内を彩ります。撮影した3月30日にはちょうど満開が宣言されました。公園事務所によりますと、4月5日ごろまで桜が楽しめるということです。万博公園の周辺道路は大変混雑しますので、おでかけの際は公共交通機関をご利用ください。

f:id:penpensosss:20220401074627j:plain f:id:penpensosss:20220401074801j:plain★春告げるウミネコの鳴き声 天然記念物100周年・蕪島(八戸)に1万5千羽!。繁殖のために蕪島を訪れ飛び回るウミネコ=30日午前9時20分ごろ、八戸市鮫町 今月8日に国の天然記念物指定100周年を迎えた青森県八戸市鮫町の「蕪島ウミネコ繁殖地」で、ウミネコの飛来が本格化している。「ミャーミャー」と鳴き声を上げながら飛ぶ姿が春の訪れを告げている。同市の「ウミネコ繁殖地蕪島を守る会」の成田章相談役によると、ウミネコは2月中旬ごろから蕪島に飛来し始め、現在は約1万5千羽が飛来しているという。青森地方気象台によると30日の八戸市の最高気温は17.8度と県内で最も高く、5月上旬並みの陽気に。県内23観測地点中、八戸、青森(16.5度)、弘前(15.3度)など計15地点で今年の最高気温を観測した。 蕪島では、芝生で休んだり、海に向かって一斉に飛び立つウミネコの姿が見られた。見守り活動や島内の清掃を行っていた地元・鮫観光協会の吉田浩子さん(65)は「ウミネコの鳴き声を聞くと春を感じられうれしくなる。(来訪者は)ウミネコに近づき過ぎないなどマナーを守ってほしい」と話した。ウミネコの多くがつがいを組んでおり、4月中旬ごろに巣を作り、5月中旬にかけて産卵が行われる。

f:id:penpensosss:20220401084858j:plainf:id:penpensosss:20220401084934j:plainf:id:penpensosss:20220401084846j:plain★春の黄河湿地に集う渡り鳥 中国内モンゴル自治区!。オルドス市ダラト旗の黄河沿いの湿地では気温上昇に伴い、多くの渡り鳥が集まり、餌をついばんでいる。同湿地には毎年春に5万羽、秋に3万羽のハクチョウが飛来するが、今年は春だけで7万羽以上が滞在している。

f:id:penpensosss:20220401085230j:plainf:id:penpensosss:20220401085258j:plainf:id:penpensosss:20220401085312j:plainf:id:penpensosss:20220401085326j:plain

★中国のハイブリッド米がフィリピンで普及!。 中国のハイブリッド米がフィリピンで普及25日、フィリピンのルソン島中部ヌエバエシハ州の中国フィリピン農業技術センターで撮影したハイブリッド米の稲穂。フィリピンでは現在、ハイブリッド米の栽培面積が100万ヘクタールを超え、生産量は多い時で従来品種の3倍に当たる1ヘクタール当たり15トンに達している。自由市場や大型スーパーではどこでもハイブリッド米を購入できる。

f:id:penpensosss:20220401074407j:plain★世界の感染者数・死者数(累計)31日 感染者: 4憶86,866,607人 死者: 6百138,354人!。★多い国①アメリカ感染者80,057人⑤英国感染者21,073千人死者165千人死者979千人②インド感染者43,024千人死者521千人③ブラジル感染29,920千人死者659千人④フランス感染24,751千人死者139千人⑤ドイツ感者21,142千人死者129千人⑥英国感染者21,073千人死者165千人。⑦ロシア感染者17,564人死者361千人。

f:id:penpensosss:20220401085841j:plainf:id:penpensosss:20220401085852j:plain

マリウポリ市長 単独インタ「戦闘停止し避難ルート確保を」!。ロシア軍との激しい戦闘が続く東部マリウポリの市長が30日、NHKのインタビューに応じ、中心部の半分はロシア軍に占領されているもののいまだ10万人以上が取り残されているとしたうえで「少なくとも2週間、戦闘を停止して、安全な避難ルートを確保することが必要だ」と訴えました。現在、東部の別の都市で市民の避難などの指揮に当たっている、マリウポリボイチェンコ市長は30日、NHKのオンラインインタビューに応じました。ボイチェンコ市長は、今のマリウポリの状況について「極めてひどい状況だ。すでに36日間、ロシアの攻撃にさらされている。水、食料、電気、暖房、通信手段もない。水がないことが最も大きな問題だ。人道危機の一線を越えている」と述べて、市内の厳しい現状を明らかにしました。そのうえで「常に市街戦が続いていて、市の中心部の50%はロシア軍に占領されている状態だ」として、ロシア軍が市内中心部まで攻勢を強めているということです。「10万人以上取り残され、ロシア軍が救援物資輸送や避難妨げ」又ボイチェンコ市長は、マリウポリにはいまだ10万人以上が取り残されているとしたうえで、ロシア軍が住民への救援物資の輸送や避難を妨げていると主張しました。市長は「ロシア側は、ウクライナ政府が用意した200トンの救援物資を届かないように阻止している。そして、ロシア側の物資が届くのを待って、自分たちで配ろうとしている。この戦争犯罪が国連や赤十字などの国際的な機関に明らかになることをおそれている」と憤り、ロシア側を非難しました。そして「住民を避難させるために、少なくとも2週間、戦闘を停止して、安全な避難ルートを確保することが必要だ」と訴えて、国際社会に働きかけを求めました。“住民3万人 ロシア側に強制的に連れ出されている”又マリウポリの市民がロシアへ強制的に移送されているという情報について、市長は隣に住む人の話だとして「人々が身を寄せるシェルターに夜中、銃を持った兵士が入ってきて、非難するように言われた。言われるがままにバスに乗ったところ、朝になると、ロシア軍の喜屋武プにいたということだ」と述べて、こうした手口で3万人もの住民がロシア側に強制的に連れ出されていると訴えました。そのうえで「私たちは、できるかぎり住民と連絡をとって、バルト3国やポーランドの大使館などを通じて、ウクライナ国内に戻れるように働きかけている」と話していました。又ボイチェンコ市長は「マリウポリの住民がいなくなれば、マリウポリはない。最後まで戦わなければならない」と話しあくまでロシア側に屈さず対抗していく姿勢を示しました。

f:id:penpensosss:20220401090210j:plain

★ロシア軍 ウクライナ東部要衝 完全掌握目指し 戦闘激化!。ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアは、東部の要衝の完全掌握を目指しミサイル攻撃も強めるなど、戦闘を激化させています。ロシア側としては、東部での戦局を有利に展開することで、今後の交渉で優位に立ちたい思惑があるとみられます。ロシアの国防省は、軍事作戦の重点をウクライナ東部に移す方針を示していて、31日には、東部にあるウクライナ軍の複数の燃料基地を巡航ミサイルで破壊し、東部での掌握地域を拡大したと発表しました。東部でのロシア軍の動きについて、アメリカ国防総省は、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」の武装警備員、およそ1000人がウクライナ東部に展開しているほか、空爆が優先的に行われていると分析しています。東部の要衝マリウポリでは深刻な人道危機が続き、包囲を続けているロシア軍が数日以内に、市内を完全掌握するという見方も出ています。マリウポリの現状について、イギリス国防省は「激しい戦闘が続いているが、ウクライナ側が市の中心部を掌握している」と指摘しました。一方、ロシア側は29日の停戦交渉の結果、首都キエフ周辺と北部のチェルニヒウでの軍事作戦を大幅に縮小するとし、ロシア国防省は30日「キエフとチェルニヒウ方面での主な任務はすべて完了した」と発表しました。只、これについてイギリス国防省は31日「チェルニヒウ周辺では激しい攻撃が続いている。また、一部の部隊は撤退したが、キエフの東側と西側ではロシア軍が陣地を維持し、キエフ郊外では数日以内に激しい戦闘がおきる可能性もある」と指摘しています。又、アメリカ国防総省も、ロシア軍の部隊の一部が、ウクライナと国境を接するベラルーシに移動し、再編成や補給を行う可能性があると指摘するなど、キエフ周辺にも、依然としてロシア軍の脅威が残されているとみています。こうした中、ウクライナ代表団は、4月1日にオンライン形式での停戦交渉が再開されると明らかにしています。さきの交渉で、ウクライナ側が提案した新たな安全保障の枠組みなどに対する、ロシア側の対応が焦点となっていて、ロシアとしては、要衝マリウポリの完全掌握など、東部での戦局を有利に展開することで今後の交渉で優位に立ちたい思惑があるとみられます。一方、アメリカ・ホワイトハウスは30日の記者会見で、ロシアのプーチン大統領が、ウクライナに侵攻したロシア軍の苦戦の状況や、欧米による制裁のロシア経済への打撃について、側近から誤った情報を伝えられていたとみられると明らかにし「側近は、プーチン大統領に本当のことを伝えるのを恐れたとみられる」と指摘しています。

f:id:penpensosss:20220401091616j:plain

★損害被ったロ部隊が退却、「前線での立て直し困難か」!。国防省は30日、ウクライナで大きな損害を被ったロシアの部隊が態勢の立て直しと補給のために自国や隣国
ベラルーシへの退却を余儀なくされたと発表した。「このような動きはロシアがウクライナの前方地域で部隊を再編成するのが困難であることを示している」と分析。ロシアは今後も大規模な砲撃やミサイル攻撃によって地上作戦能力の低下を補う可能性があるとした。

f:id:penpensosss:20220401090421j:plainf:id:penpensosss:20220401090456j:plainウクライナ国境の仮設診療所で医療支援 帰国の医師ら活動報告!。ロシア軍の侵攻が続くウクライナの隣国ハンガリーで医療支援を行っている岡山市の国際医療ボランティア団体「AMDA」が、現地での活動の様子を報告し「今後も継続した支援が必要だ」と訴えました。岡山市に拠点を置く国際医療ボランティア団体AMDAは、3月に徳島県の団体とともに、医師や看護師など8人をウクライナの隣国ハンガリーに派遣しました。31日は、現地で活動し帰国した医師などが岡山市で記者会見を開きました。このなかで、3月10日からおよそ2週間にわたって現地で活動した吉田修医師は、ウクライナとの国境の駅に設けられた仮設の診療所で、多くの荷物を持って避難してきた女性や子どもたちの診療にあたったことや、ウクライナ国内の病院に医薬品や食品などの支援物資を運ぶ現地の団体と連携し、子ども向けの医薬品を提供したことなどを説明しました。そして「避難生活の長期化に伴う心のケアが課題になっていて継続した支援が必要だ」と訴えました。AMDAによりますと、現在も医師など4人がハンガリーで医療支援を行っているほか、4月2日にも新たに医師1人を現地に派遣するということです。

f:id:penpensosss:20220401090730j:plainf:id:penpensosss:20220401090749j:plain

★日本 クウェート原油生産能力を高めるための協力に合意!。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で原油価格が高止まりする中、萩生田経済産業大臣産油国クウェートの石油大臣と会合し、クウェートの生産能力を高めるために協力することで一致しました。萩生田経済産業大臣は31日午後、中東の産油国クウェートのファーリス石油大臣とオンラインで会談しました。この中で萩生田大臣は「産油国として、国際原油市場の安定化に向けて引き続き取り組みを進めてほしい」と呼びかけました。これに対しファーリス石油大臣は、「国際的な安定供給に向けた役割をしっかりと果たしていく」と述べ、クウェートの生産能力を高めるため協力することで一致しました。又会談では、政府系の保険会社、日本貿易保険クウェートの国営石油会社が覚書を締結し、石油の生産設備を導入するための資金を、日本の金融機関が融資することで合意しました。資源エネルギー庁によりますと、日本の原油輸入量に占めるクウェート産の割合は去年、8.4%でサウジアラビアUAEアラブ首長国連邦に次ぐ量です。政府はG7=主要7か国の方針に沿ってロシアへのエネルギー依存を低減していく方針で、クウェートとの協力関係を深め、エネルギー安全保障の強化にもつなげたい考えです。

f:id:penpensosss:20220401090951j:plainf:id:penpensosss:20220401091012j:plain

米大統領 みずからのワクチン4回目接種公開し追加接種呼びかけ!。アメリカでファイザーとモデルナの新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種が50歳以上を対象に始まったことを受けて、バイデン大統領はみずからが接種を受ける様子を報道陣に公開し国民に追加の接種を呼びかけました。アメリカのFDA=食品医薬品局は29日、ファイザーとモデルナのワクチンについて最初の追加接種から4か月以上がたった50歳以上の人を対象に通算で4回目となる2回目の追加接種を許可しました。接種が始まったことを受けバイデン大統領は30日、みずからの4回目の接種の様子を報道陣に公開しました。バイデン大統領は「われわれは新たな節目を迎えた。コロナが終息したわけではないが生活を支配されることはもうなくなった」と述べるとともに国民に対して追加の接種を受けるよう呼びかけました。アメリカでは新規の感染者数がことし1月半ばごろにピークを迎えたのを境に減少傾向にあり、バイデン政権は今月、ワクチン接種率の向上や変異ウイルスへの備えを進めることで経済や社会の活動を止めずに日常生活を取り戻していくとする新たな対策を発表しています。

f:id:penpensosss:20220401091740j:plain

★家族5人相次ぎ飛び降り、心中で捜査 スイス!。スイスのモントルー(Montreux)で、陰謀論を信じていたフランス人家族5人が相次いでアパートから飛び降り死亡した事件をめぐり、警察は29日、一家心中として捜査を進めていると明らかにした。スイス西部モントルーで、一家5人が飛び降りたアパートの脇に手向けられた花やキャンドル(2022年3月27日撮影)。© Fabrice COFFRINI / AFP スイス西部モントルーで、一家5人が飛び降りたアパートの脇に手向けられた花やキャンドル。5人は24日、レマン湖(Lake Geneva)を望むカジノ近くのアパートの7階から、約20メートル下に飛び降りた。父親(40)と母親(41)、娘(8)、母親の双子の姉妹が死亡。息子(15)は意識不明だが、容体は安定している。ボー(Vaud)州の警察は、これまでの捜査から「第三者が介入した可能性は除外され、全員がバルコニーから一人ずつ飛び降りたことが示唆された」としている。家族は「社会から引きこもって」暮らしていたという。捜査関係者によると、事件当日の午前6時15分に警官2人が、息子の(学校に行かずに家庭で教育する)ホームスクーリングについて父親に話を聞くためアパートを訪れた。誰かと尋ねる声はしたものの、それ以上の反応はなかったため警官は部屋には入らずアパートを後にした。スイス西部モントルーの一家5人が飛び降りたアパート。午前7時前に、5人は5分の間に一人ずつバルコニーから飛び降りた。争った形跡はなく、バルコニーには踏み台もあったため、警察は5人が自ら飛び降りたとみている。スイス西部モントルーの一家5人が飛び降りたアパート。 警察によると、新型コロナウイルスの流行以来、一家は陰謀論とサバイバリズムに強い関心を抱いていた。事実上、自給自足の生活を送り、自宅はほぼ食料の備蓄で埋まり、終末を乗り切る準備をしていたという。スイス西部モントルーの一家5人が飛び降りたアパート。母親の双子の姉妹だけが働きに出ていた。母親と娘は地元の自治体に登録されておらず、娘は学校にも通っていなかった。

f:id:penpensosss:20220401091916j:plain

   f:id:penpensosss:20220401091959j:plainf:id:penpensosss:20220401091940j:plainモルドバ駐日大使 支援サイト開設の日本人2人を招き感謝状!。ウクライナから避難民を受け入れているモルドバを支援しようと、日本人向けに寄付を呼びかけるインターネットのサイトをボランティアで開設した日本人2人が、東京のモルドバ大使館に招かれ、ソコラン駐日大使から感謝状が贈呈されました。ウクライナの隣国モルドバは、これまでに国の人口の7分の1以上に当たる38万8000人の避難民を受け入れています。こうした状況を受けて、会社員の金子俊介さん(44)と会社経営者の和田健佑さん(27)の2人は、モルドバ大使館と連絡をとって、3月2日にモルドバへの寄付を呼びかける日本語のサイトをボランティアで開設しました。モルドバのドゥミトル・ソコラン駐日大使は31日、2人を東京 新宿区の大使館に招待し、2人と初めて直接面会しました。ソコラン大使は「日本語のサイトのおかげで多くの寄付が集まっていて、心から感謝しています。東日本大地震の時の私たちの寄付を覚えていて、それをはるかに上回る恩返しをしていただき、日本の皆さんの誠実さと優しさを改めて感じました」と述べて、感謝状を贈呈しました。大使館によりますと、これまでに日本国内から1億1500万円の寄付が集まっているということで、寄付金は避難民の食事や薬、赤ちゃんのミルクなどの購入費用に充てられ、300円ほどで、避難民の1食分の食事、または、赤ちゃんの1日分のミルクとおむつを賄えるということです。面会後、金子さんは「自国も経済的に厳しい状況にもかかわらず、支援を続けていることを知り、何かしないとと思いサイトを立ち上げました。多くの人が共鳴してくれて、2つの国が近くなった気がして、うれしく感じています」と話していました。又、和田さんは「これを一過性のもので終わらせるのではなく、支援の輪をさらに広げていけるよう、サイトの継続や新しい支援の方法を模索していきたいです」と話していました。ソコラン大使は「想定していない額の寄付や多くのメッセージをいただき、本当に驚いています。今後も寄付をいただければ避難民に届けていきますので、1円でも支援をお願いしたいです」と話していました。

f:id:penpensosss:20220401092250j:plain

★首相 ウクライナ情勢めぐり “新たな国際秩序の枠組みが必要”!。ロシアによるウクライナ侵攻をめぐり岸田総理大臣は、31日の衆議院本会議で、新たな国際秩序の枠組みが必要だとして、国連安全保障理事会の改革の実現に向けてリーダーシップを発揮したいと強調しました。一方、日本の大手商社が出資するロシア極東の天然ガスの開発プロジェクト「サハリン2」は、エネルギー安全保障上、極めて重要だとして撤退しない方針を明らかにしました。31日の衆議院本会議では、ウクライナ情勢をめぐり、先週ベルギーで開かれたG7=主要7か国の首脳会議について、岸田総理大臣による報告と各党の質疑が行われました。この中で岸田総理大臣は、今回のG7首脳会議について「ロシアのウクライナ侵略に関し、G7首脳が対面で議論する最初の機会となり、ロシアの暴挙を決して許さず、G7が主導して国際社会の秩序を守り抜くとの強い決意を確認する大変有意義な会合となった」と強調しました。又、日ロ関係について「これまで粘り強く、平和条約交渉を進めてきたが、ロシアによるウクライナ侵略はヨーロッパのみならず、アジアを含む国際社会の秩序の根幹を揺るがす行為だ。高い代償を伴うことを示すべく、断固として行動していく考えであり、ロシアとの関係をこれまでどおりにしていくことはできない」と述べました。そして岸田総理大臣は、国連安全保障理事会の改革について「安保理常任理事国であるロシアが、国際秩序の根幹を揺るがす暴挙に出たことは、新たな国際秩序の枠組みの必要性を示している。ゼレンスキー大統領による国会演説でも『安保理が機能していない』との訴えがあり、しっかりと受け止めたい。各国の複雑な利害も絡み、決して簡単ではないが日本の常任理事国入りを含む、安保理改革の実現に向け、引き続きリーダーシップをとっていきたい」と述べました。一方、岸田総理大臣は、日本の大手商社が出資するロシア極東の天然ガスの開発プロジェクト「サハリン2」について「自国で権益を有し長期かつ安価なLNG安定供給に貢献しており、エネルギー安全保障上、極めて重要なプロジェクトだ。G7でも各国それぞれの事情に配慮し、持続可能な代替供給を確保するための時間を提供することになっており、わが国としては撤退しない方針だ。G7の方針に沿ってロシアへのエネルギー依存を低減すべく、さらなる取り組みを進めていく」と述べました。

f:id:penpensosss:20220401074440j:plain★国内感者101人死亡(累計2万8,136人)・5万1,913人感染(累計656万6,014人)!。31日全国で51,913人の感染が発表されています。又、大阪府で24人、東京都で12人、埼玉県で11人、神奈川県で10人、福岡県で10人、京都府で7人、愛知県で5人、兵庫県で4人、北海道で4人、大分県で2人、奈良県で2人、沖縄県で2人、香川県で2人、佐賀県で1人、富山県で1人、山口県で1人、栃木県で1人、滋賀県で1人、秋田県で1人の合わせて101人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め656万5302人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて656万6014人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が2万8123人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2万8136人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。内は31日の新たな感染者数です。▽東京都は125万651人(8226)▽大阪府は79万4809人(3734)▽神奈川県は60万1399人(3888)▽埼玉県は42万8353人(4394)▽愛知県は41万4701人(2693)▽千葉県は35万7458人(2959)▽兵庫県は33万4167人(2070)▽福岡県は30万2150人(2586)▽北海道は22万3019人(2106)▽京都府は15万5223人(1092)▽沖縄県は12万2341人(1132)▽静岡県は12万1839人(1052)▽茨城県は11万3668人(1463)▽広島県は9万7041人(1133)▽奈良県は7万3281人(368)▽群馬県は6万9900人(667)▽滋賀県は6万9151人(498)▽岐阜県は6万7769人(599)▽熊本県は6万4629人(568)▽岡山県は6万2856人(545)▽栃木県は6万2635人(740)▽宮城県は5万7994人(624)▽三重県は5万5595人(571)▽長野県は4万3991人(603)▽鹿児島県は4万3951人(689)▽新潟県は4万2481人(676)▽青森県は3万6402人(593)▽福島県は3万5891人(515)▽石川県は3万4553人(388)▽長崎県は3万4404人(313)▽大分県は3万2219人(411)▽佐賀県は3万2167人(397)▽香川県は2万9596人(308)▽山口県は2万9318人(331)▽和歌山県は2万8347人(191)▽富山県は2万7875人(289)▽宮崎県は2万5624人(391)▽愛媛県は2万4870人(272)▽山梨県は2万3382人(255)▽福井県は2万1280人(223)▽岩手県は1万8262人(253)▽山形県は1万7615人(252)▽高知県は1万7073人(154)▽秋田県は1万6333人(284)▽徳島県は1万6144人(102)▽鳥取県は9363人(69)▽島根県は9344人(128)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は14015人(118)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、31日時点で627人となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、31日時点で、▽国内で感染が確認された人が604万8083人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて604万8742人となっています。又、速報値で29日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は8万1811件でした。

f:id:penpensosss:20220401092437j:plain

★2月の鉱工業生産指数 前月を0.1%上回り3か月ぶり上昇!。企業の生産活動を示す先月の鉱工業生産指数は、前の月を0.1%上回って3か月ぶりの上昇となりました。新型コロナウイルスの感染拡大や部材の供給不足の影響が緩和したことが主な要因です。経済産業省の発表によりますと、2月の鉱工業生産指数の速報値は95.8で、前の月を0.1%上回って3か月ぶりに上昇しました。これは新型コロナの感染拡大や部材の供給不足などの影響が緩和したことが主な要因で、なかでも「自動車」が10.9%の大幅な上昇となったほか、航空機エンジンの部品や鉄道車両などの「輸送機械」も7.9%上昇しました。生産の基調判断については「持ち直しの動きがみられる」という判断が維持されました。一方、今後の生産活動を予測する指数は3月が3.6%の上昇、4月も9.6%の上昇が見込まれています。今後の見通しについて、経済産業省は「自動車が全体をけん引する形で、ほとんどの業種で回復基調にあるが、引き続き、ウクライナ侵攻を受けたエネルギー価格の推移などを注意深く見ていきたい」としています。

f:id:penpensosss:20220401092457j:plain

★2月の宿泊者数 コロナ感染拡大前の3年前同月比 45.7%減少!。2月に国内のホテルなどに宿泊した人は、感染拡大前の3年前の同じ月と比べて半分近く減りました。東京や大阪などにまん延防止等重点措置が出されていた影響ですが、今月下旬には重点措置が解除されたため、旅行需要の回復が期待されています。観光庁の宿泊旅行統計によりますと2月に国内のホテルや旅館などに宿泊した人の数は、速報値で延べ2364万人でした。東京や大阪などで緊急事態宣言が出ていた去年2月と比べると34.1%の増加ですが、新型コロナウイルスの感染拡大前の3年前の同じ月と比べると45.7%の減少で、依然として低い状況が続いています。2月は、オミクロン株の感染拡大で、18の都道府県にまん延防止等重点措置が出されていたことが影響しました。又、2月のホテルや旅館などの稼働率は、速報値で34.5%と、オミクロン株の感染が急速に拡大した1月以降、低迷が続いています。一方で、まん延防止等重点措置が2月21日にすべての地域で解除されたことを受けて、観光庁は4月1日、旅行代金の割引きを受けられる観光需要の喚起策「県民割」の対象地域を、都道府県の同意を前提に拡大することにしていて、今後、旅行需要の回復が期待されています。

f:id:penpensosss:20220401092816j:plain

★使い捨てプラスチック製品12品目 削減義務化の法律 1日施行!。使い捨てのプラスチック製品の削減を企業などに求める「プラスチック資源循環法」が4月1日に施行され、無料で提供されるコンビニのスプーンやホテルの歯ブラシなど12品目が削減の対象となります。この法律では、無料で提供される使い捨てのプラスチック製品の削減を企業などに求めます。対象となるのは、▽コンビニなどで渡されるストローやスプーン、▽ホテルや旅館で用意される歯ブラシやかみそり、▽クリーニング店で使われるハンガーや衣類カバーなどの12品目です。こうした製品を年間5トン以上提供している小売店や宿泊施設、飲食店などは削減の取り組みが義務になります。代わりとなる素材への転換や、プラスチック製品の提供の有料化などが求められ、著しく不十分な場合、勧告を受けたり社名を公表されたりし、それでも対応が変わらなければ50万円以下の罰金が科されます。一方、年間5トン未満の個人経営の店などについては努力義務となっています。法律の施行に合わせて、コンビニや外食チェーンではスプーンやフォークを木製や植物由来の製品に切り替えるなどの対応が始まります。又、ホテルの中には、部屋に歯ブラシなどを用意せずフロントにまとめて置いたり、客に持参を促したりするところがあるほか、クリーニング店でも衣類カバーに従来より薄いフィルムを活用するなどプラスチック削減の取り組みが広がる見込みです。

f:id:penpensosss:20220401092835j:plain

★大相撲 横審委員に紺野美沙子さんと池坊保子さん 女性2人は初!。日本相撲協会は、横綱審議委員会の委員に俳優の紺野美沙子さんと、元文部科学副大臣池坊保子さんの2人を新たに委嘱したと発表しました。女性委員が2人になるのは初めてです。日本相撲協会は31日理事会を開き、横綱審議委員会の委員について紺野さんと池坊さんへの委嘱を決めました。紺野さんは、相撲協会が設置した有識者会議のメンバーだったほか、池坊さんは相撲協会評議員を務めてきました。横綱審議委員会は、横綱の昇進などを審議する日本相撲協会の諮問機関で、内舘牧子さんが平成22年まで10年近くにわたって女性唯一の委員を務めていましたが、内舘さんが任期終えたあとは女性の委員はいませんでした。

f:id:penpensosss:20220401101905j:plainf:id:penpensosss:20220401101920j:plainf:id:penpensosss:20220401101928j:plainf:id:penpensosss:20220401101940j:plainf:id:penpensosss:20220401101953j:plain

★日本初「食べられる培養肉」 東京大学と食品メーカーが作成!。肉の細胞を培養して新たな肉を生み出す「培養肉」について、東京大学と食品メーカーの研究グループが、実際に人が食べても大丈夫な素材と技術を使って牛肉から「食べられる培養肉」を国内で初めて作り出しました。この研究は東京大学の竹内昌治教授と「日清食品ホールディングス」などのグループが行いました。グループでは、牛肉の細胞からステーキ肉を再現する研究を進めていますが、これまでは研究用の素材を使っていたため実際に食べることはできませんでした。このため食用に対応した培養液などを独自に開発し「食の安全」などの観点から研究の進め方について大学の委員会で審査を受け、食べても大丈夫な牛肉の培養肉を作成したということです。できた培養肉は、重さが2グラムほどで縦4.5センチ、横2センチ、厚さ1ミリのしゃぶしゃぶ肉のような形をしていて、本物と同じように筋肉の組織が立体的に再現されているということです。グループによりますと、こうした技術で、食べても大丈夫な培養肉が作られたのは国内では初めてだということです。29日に東京大学で試食が行われ、培養肉を湯せんで加熱したあと、研究者たちが何度もかみしめながら味や食感などを確かめました。日清食品ホールディングスの研究員、古橋麻衣さんは「しっかりとしたかみ応えだった。味はまだ牛肉とは言えないかもしれないが、あっさりとしたうまみ成分がじわっと感じられた」と話していました。グループでは、3年後には100グラム程度の培養肉のステーキを実現したいとしていて、竹内教授は「培養肉を食べて評価しながら研究を進めることができる環境がようやく整った。将来的には医療や細胞を使ったものづくりにも応用が広がっていくと思う」と話していました。「培養肉」とは 「培養肉」は、牛などの動物や魚からとった筋肉の細胞を栄養成分が入った液を使って培養して作られる肉です。実現すれば、人口増加に伴う食肉不足や畜産が環境に与える負荷などの解決につながると期待され、世界中で研究が進められています。このうち、2013年にはイギリスで培養肉のハンバーガーの世界で初めてとなる試食会が行われ、当時は1個当たり3000万円以上のコストがかかることが話題となりました。只、ハンバーガーのパテのようにミンチ状の培養肉を作る技術は進んでいますが、ステーキ肉のようなかたまりの肉にするには、筋肉や血管などを立体的に構築する必要があり、再現が難しいのが現状です。「培養肉」の可能性は「培養肉」は、実現すれば環境にやさしく、持続可能な食材になるとその可能性に期待が高まっています。人口増加などにより世界的に食肉の需要は高まっていますが、食肉の生産には広い土地や大量の飼料などが必要となるうえに、家畜が出す温室効果ガスの問題も指摘されています。仮に培養肉が大量生産できるようになれば、こうした問題が解決する可能性があるだけでなく、衛生管理された環境で生産できることから家畜の病気のリスクなどが減り、安定的で持続可能な生産につながるとみられています。更に、培養肉を実際の肉の組織に近づける技術はヒトのからだを再生する再生医療にも応用できると期待されています。「食べられる培養肉」乗り越えた課題は国内で「食べられる培養肉」を作るには、食用に適した素材だけで培養する技術的な側面と、研究の進め方や倫理面に問題がないかなどの制度的な側面で一定の水準を満たす必要があります。グループでは、食品としても使うことができる牛の血液の成分から、栄養成分が含まれた培養液や細胞が増えていく際の足場となる材料を独自に開発したということです。又、研究の計画についても東京大学の倫理審査専門委員会の審査を受け、去年11月に承認を得たということです。

f:id:penpensosss:20220401102633j:plain

★札幌 クマに襲われ生態調査の2人 頭や腕にけが クマは逃走!。31日午後2時半ごろ、札幌市西区の山道で、クマの生態調査を行っていた男性2人がクマに襲われ頭や腕にけがをしました。いずれも意識はあるということで、警察が詳しい状況を調べています。31日午後2時半ごろ、札幌市西区山の手にある三角山で「山の中でクマに襲われた」と消防や警察に通報がありました。警察によりますと、市の職員や委託先の職員など、合わせて5人がクマの生態調査を行っていたところ、巣穴から出てきたクマ1頭に突然かまれたということです。40代と50代の委託先の男性職員2人が、それぞれ頭と腕をけがしましたが、いずれも意識はあるということです。クマは斜面を下って逃走したということです。警察によりますと、3月に入って付近の住民からクマの巣穴があるという通報を受け、31日に調査に訪れていたということです。現場は、ふもとまで住宅街が広がる山で、警察は詳しい状況を調べるとともに、付近の住民に注意を呼びかけています。

f:id:penpensosss:20220401102833j:plainf:id:penpensosss:20220401102843j:plain

高校野球 センバツ決勝【速報】大阪桐蔭が優勝 4年ぶり4回目!。センバツ高校野球の決勝は午後0時半から甲子園球場で行われ、大阪桐蔭高校が、滋賀の近江高校に18対1で勝って4年ぶり4回目の優勝を果たしました。センバツの決勝は、滋賀県勢として春夏通じて初めての優勝を目指す近江と、4年ぶり4回目の優勝を目指す大阪桐蔭の対戦となりました。大阪桐蔭は、2回までに2点を奪い、3回には3番 松尾汐恩選手のツーランなどホームラン2本で3点を追加して序盤でリードを広げました。大阪桐蔭は、このあとも2本のホームランを打ち今大会のチームのホームラン数を11本に伸ばして1つの大会でのチーム最多記録を大きく更新したほか、先発全員のヒット16本をマークするなど強力打線が力を発揮して18点を奪いました。投げては、先発した2年生の前田悠伍投手から3年生の川原嗣貴投手への投手リレーで近江の反撃を1点に抑えました。一方の近江は、キャプテンでエースの山田陽翔投手が準決勝で左足に受けたデッドボールの影響が懸念されたなか、完投してきたこれまでの4試合に続いて先発のマウンドに立ちました。然し、序盤から相手打線につかまって3回途中4失点でマウンドを降り、リリーフも相手の攻撃を抑えられずに失点を重ね、悲願の初優勝はなりませんでした。大阪桐蔭 西谷監督「大会の中で選手が成長してくれた」4年ぶり4回目の優勝を決めた大阪桐蔭西谷浩一監督は「近江高校の山田投手が苦しいなかでも魂を込めて投げている姿を見て、うちの選手たちも負けずにいこうと、粘り強く戦ってくれたと思います」と決勝戦を振り返りました。決勝を含め3試合連続で二桁安打、二桁得点をあげた打線については「なかなか打てるチームではなかったが、この大会の中で選手が成長してくれた。自分たちもびっくりするような得点、ヒット数が出て、この大会に合わせてくれたなと思う。京都国際高校や広島商業が出られなくなったりといろいろなことがあった大会だったので、野球をやらせてもらえることが当たり前じゃない、心から野球をしようと言い続けて、選手がそれを体現してくれました」と話していました。そして夏に向けては「一生懸命やる選手が多くていいチームだったが、少しずつ強いチームに変わってきています。まだ発展途上なので夏に向けてもっといいチームを作って甲子園に戻ってきて、頂点に立てるように頑張りたい」と意気込みを語りました。大阪桐蔭 星子主将「部員全員の41人でつかみ取った優勝」大阪桐蔭のキャプテン、星子天真選手は「素直にうれしいです。この大会期間中はメンバーに入ってない仲間に支えてもらったので部員全員の41人でつかみ取った優勝です。先輩たちが去年夏の甲子園で敗れた近江高校との決勝戦だったのでより強い思いで試合に臨みました」と話していました。そして夏に向けては「春夏連覇を目指せるのは自分たちだけなので、あしたから1年生も含めて3学年で夏の頂点も目指したいです」と意気込みを語りました。大阪桐蔭 通算11本塁打で大会記録更新センバツ高校野球の決勝で、大阪桐蔭高校が4本のホームランを打って今大会のチームのホームラン数を11本とし、1つの大会でのチーム最多記録を更新しました。大阪桐蔭は今大会、準々決勝でチームの1試合最多記録に並ぶ6本のホームランを打つなど、決勝までに通算7本のホームランを打ってきました。そして近江高校との決勝では、3回に3番 松尾汐恩選手がツーランホームラン、同じ3回に6番 田井志門選手がソロホームラン、6回には5番 海老根優大選手がスリーランームラン、8回に2番 谷口勇人選手が満塁ホームランを打ち、今大会でのチームのホームラン数を11本に伸ばし、1つの大会でのチーム最多記録を大きく更新しました。これまでの記録は、1984年に清原和博さんや桑田真澄さんを擁した大阪のPL学園が記録した8本でした。

f:id:penpensosss:20220401103111j:plain

★工事中のビルでエレベーターが10階から落下 1人重体 東京 銀座!。31日午後、東京 銀座にある工事中のビルで、エレベーターが10階の高さから落下し、乗っていた40代の男性が意識不明の重体となっています。東京消防庁によりますと、3月31日午後3時40分ごろ、中央区銀座1丁目にある工事中のビルで、エレベーターが10階の高さから落下しました。エレベーターには当時、40代の男性が乗っていて、病院に搬送されましたが意識不明の重体だということです。現場は、東京メトロ銀座一丁目駅から南東におよそ200メートル離れたビルが建ち並ぶ場所で、警視庁と東京消防庁が詳しい状況を調べています。

f:id:penpensosss:20220401103229j:plainf:id:penpensosss:20220401105305j:plain

★競馬レース直後のコース上に たぬき現れる 高知!。高知競馬場で29日に行われたレースの直後、コース上にたぬきが現れて話題を集めています。高知県競馬組合によりますと、たぬきが現れたのは、高知競馬場で29日午後7時すぎに行われた8レース目の直後です。映像では、ゴールしたあと、スピードを落として移動する馬の先に、白っぽいたぬきがじっとしているのが確認できます。競馬場でたぬきが出没したことにSNS上では驚きの声が上がるなど話題となっています。たぬきは馬にはねられることなく、騎手や馬も無事だったということです。県競馬組合によりますと、高知市の長浜地区にある高知競馬場は、自然が豊かな場所にあるため、たぬきやハクビシンが出没することはよくあるということですが、レースの映像に映り込むのは珍しいということです。

f:id:penpensosss:20220401105537j:plain

カーリングロコ・ソラーレ」の5選手に北海道から栄誉賞など!。北京オリンピックで銀メダルを獲得したカーリング女子日本代表の「ロコ・ソラーレ」の5人の選手に、北海道から「栄誉賞特別賞」や「栄誉賞」が贈られました。北海道庁で31日に行われた贈呈式には「ロコ・ソラーレ」の5人の選手が出席し、鈴木知事が一人一人に賞状を手渡しました。前回のピョンチャン大会ですでに「栄誉賞」を受賞している▽藤澤五月選手▽吉田知那美選手▽吉田夕梨花選手▽鈴木夕湖選手の4人には「栄誉賞特別賞」が▽初めての受賞となる石崎琴美選手には「栄誉賞」がそれぞれ贈られました。鈴木知事は「オリンピックという舞台で、カーリングを全力で楽しむ姿勢はすばらしかった。見ていた多くの人が感動をもらい、道民を代表して心からお祝いしたい」と述べ、活躍をたたえました。贈呈式のあと藤澤選手は「4年間、頑張ってきた証しで大変光栄に思います。北海道じゅうの多く人に応援していただいて受賞した賞なので、北海道じゅうの皆さんに贈られた賞だと思います」と話していました。石崎選手は「このような賞を初めていただき、あたたかく『おめでとう』と言ってもらえる北海道に生まれてよかったなと思いました」と話していました。