3/20 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者: 4憶69,714,863人・ 死者: 6百074,560人!。★国内感染者 66人死亡(累計2万7,138人)・ 3万9659人感染(累計610万9,637人)!※コロナワクチンの”接種”励行!▼コロナ渦”脅威”いつ終息?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--

☆今日21(月)14℃6℃曇/晴 明日22(火)5℃3℃雨/曇 明後日23(水)12℃3℃曇 ★コロナ渦予防・ワクチン接種励行及びインフルエンザ・花粉症予防対策「手洗い・マスク・3蜜の自粛」!。

f:id:penpensosss:20220321144051j:plain春一番 きょう春分の日がリミット!今年は近畿、中国、四国、九州北部「観測なし」か2022年の「春一番」は、すでに北陸や関東、東海、九州南部・奄美地方で観測されています。ただ、「春一番」の条件には、期間が決められていて、きょう春分の日がリミットです。近畿、中国、四国、九州北部では、2022年は「春一番」観測なしという可能性が高くなっています。●2022年の「春一番」春の訪れを告げる気象現象の一つが「春一番」です。気象庁では、冬から春への移行期に、初めて吹く暖かい南よりの強い風を「春一番」としています。2022年の春一番は、2月15日に北陸地方、3月5日に関東と東海地方、3月18日に九州南部・奄美地方で観測されました。(沖縄、甲信、東北、北海道では、「春一番」を観測していません。)「春一番」が吹いたと発表されるには、期間や風向、風速、最高気温、気圧配置などの条件があり、風速や最高気温などの条件は、地方によって、少し違っています。ただ、期間は、いずれの地方も「立春春分」で、今年、まだ「春一番」を観測していない近畿、中国、四国、九州北部では、きょう春分の日がリミットなのです。●近畿、中国、四国、九州北部 21日午後も「暖かい南よりの強い風」なし21日午後も、近畿や中国、四国、九州北部では、暖かい南よりの強い風が吹く可能性は低くなっています。もし、このまま「春一番」の観測がなければ、近畿は2020年以来2年ぶり、中国地方は2008年以来14年ぶり、四国は2011年以来11年ぶり、九州北部は2016年以来6年ぶりのことです。

f:id:penpensosss:20220321141316j:plain★「まさかこんなにひどいとは」墓参の前に除雪!。記録的大雪の札幌は彼岸の中日も雪予報 春分の日のきょうは彼岸の中日です。札幌市内の霊園では墓が深い雪に埋まっているため除雪が必要で、墓参りも一苦労のようでした。雪かきスコップを持った男性が雪山を越えて向かったのは、札幌市豊平区の平岸霊園です。大雪に見舞われたことし、墓は大部分が雪に埋もれていました。(墓参りに来た人)「まさかこんなにひどいとは思わなかったですね。想像以上ですね」3連休最終日ですが、この雪の影響か人の姿はまばらでした。21日はこの後も雪が降る見込みで、墓参りをする際には雪かき道具や長靴が必要です。

f:id:penpensosss:20220321074642j:plainf:id:penpensosss:20220321074714j:plainf:id:penpensosss:20220321074739j:plainf:id:penpensosss:20220321074805j:plain

★エゾ鹿を探しに入った山中で胸まで雪に埋もれながら遭遇した「森の神」!。食事中にハンターに気付いたエゾ鹿。こちらを凝視しつつも口は動いている、射撃を始めて間もないころ、仲間と狩猟に出かけたときのこと。車で林道を進んだ後、それぞれが徒歩で散らばって山に入ったことがあった。狩猟のスタイルはいくつかあって、大人数で行う「巻狩(まきがり)」、一人で行う「忍び猟」、車両を用いる「流し猟」などがある。我々は基本的に「流し猟」を行っているのだが、この時は忍び猟風に歩いてみた。

f:id:penpensosss:20220321085531j:plainf:id:penpensosss:20220321085619j:plain

地震 福島 相馬の「浜の駅」被災から4日ぶりに営業再開!。16日に震度6強の揺れを観測した福島県相馬市にある商業施設「浜の駅 松川浦」は20日、4日ぶりに営業を再開し、訪れた人たちが地元で水揚げされた魚などを買い求めていました。地元の特産品を販売する相馬市尾浜の「浜の駅 松川浦」は、今月16日の地震で壁にヒビが入るなど施設に被害が出たほか、停電や断水などの影響を受けて営業を休止していましたが、建物の安全が確認され、この地域では断水が解消したことから4日ぶりに営業を再開しました。地震の影響で地元の魚や総菜の仕入れは、今も安定していないということですが、一日も早く営業したいと再開を決め、施設に野菜を卸している業者が被災した人たちへの支援としてバナナを無料で配布しました。この施設は、東日本大震災からの復興を支えようと、おととしオープンしましたが、去年2月に起きた最大震度6強地震に続き、およそ1年半で2度、地震による大きな被害を受けました。福島市から来た37歳の女性は、「月に1、2回来ています。来るたびに家族みんなが好きな商品を買っています。SNSで再開を知って、応援したいという気持ちで来ました」と話していました。「浜の駅 松川浦」の常世田隆店長は、「この店は相馬の復興のシンボルなので、立ち止まらずにとにかく営業して前に進んでいきたいです」と話していました。

f:id:penpensosss:20220321073951j:plain★世界の感染者数・死者数(累計)20日 感染者: 4憶69,714,863人 死者: 6百074,560人!。★多い国①アメリカ感染者79,728千人死971千人②インド感染者43,007千人死者516千人③ブラジル感染29,624千人死者657千人④フランス感染23,395千人死者137千人⑤英国感染者20,093千人死者163千人⑥ドイツ感者18,717千人死者126千人。⑦ロシア感染者17,297人死者356千人。

f:id:penpensosss:20220321090134j:plainf:id:penpensosss:20220321090148j:plainf:id:penpensosss:20220321090201j:plainf:id:penpensosss:20220321090214j:plainf:id:penpensosss:20220321090229j:plain

★“ごめんなさい…” ロシア人ユーチューバーの告白!。「初めてロシア人でいたくないと思いました」「皆さんに顔を合わせられない」声をつまらせて告白したのは、日本で活動するロシア人ユーチューバーの女性です。ウクライナの友人のこと、ロシアにいる家族のことを話してくれました。楽しく飲んで語っていただけなのに ロシア出身で、日本で暮らすユーチューバーのラナさん(30)。ロシア語や英語が通じない生活にチャレンジしたいと、10年前に来日しました。接客業などで働きながら自身で立ち上げたユーチューブチャンネル「Lanaの晩酌」では、ロシア人や海外出身者が感じる日本と文化の違いなどを伝えています。居酒屋で友達と飲みながら気軽に話す姿などが人気を呼び、チャンネルの登録者数は25万人を超えました。(ラナさんのユーチューブチャンネルより)然し、2月24日にロシアがウクライナに侵攻すると、配信する動画の内容が一変。侵攻から2日後には“ロシア人でいたくない”と題した動画を公開しました。「正直に言えば皆さんに顔を合わせられない」と声を震わせながら告白しました。早く悪夢から目覚めたい 言語も似ていて、ウクライナにルーツのある人も多いロシア。ラナさんもウクライナに多くの友人がいます。そこに自国の軍隊が侵攻し多くの犠牲者がでている現実をニュースで知りラナさんは目を疑いました。ウクライナの友だちは大丈夫?母国ロシアの家族への影響は?考えているうちに精神的に不安定になり、眠れなかったり手が震えたりしました。早くこの悪夢から目覚めて。ロシア人であることを、初めて生まれ育った国を、恥じるようになりました。「あなたの話は全部ウソ」と告げた母親 ラナさんに追い打ちをかける出来事がありました。ロシア国内にいる母親を心配してオンライン通話をしたときのことです。「あなたが言っていることは全部フェイクニュースよ」思い切って「戦争のことどう思っているの?」と尋ねると、母親からは「戦争なんて起きていないでしょ」と言われました。ラナさんの認識が間違っていると批判されたのです。母親は70代で、インターネットはほとんど使えず、ふだんはほとんどテレビを見て過ごしているといいます。母にわかってもらいたい。世界中のメディアの情報をもとに、ラナさんは数時間にわたって母親に語りかけました。ニュースだけでなく、ウクライナにいる友人から送られてきた動画も見せました。然し、母親は「それはアメリカのプロパガンダよ。動画を撮った人はスパイよ」などと言って、聞く耳を持ってくれなかったといいます。それどころか、逆にロシアの「軍事作戦」の意義を強調されました。説明はこうでした。“ウクライナでの被害はロシア軍によるものではなく、ナチスウクライナを攻撃しているからよ。ナチスウクライナの一般人を盾にしているの。ロシアは攻撃しているのではなく、ナチスから救うために戦っている。あくまで狙っているのは軍事施設だけ。テレビではそう報じているわ”ロシア国内の報道では“ナチスからウクライナを守るためにロシアが侵攻した”という主張がされていて、専門家は高齢者ほどこうしたテレビや新聞の影響を受けやすいと指摘しています。ついには母親から「あなたはナチスを応援しているの?そういう考え方であれば、もう死んでも構わない」とまで言われたというラナさん。「きっと母はただ熱くなって言ってしまっただけ」と考えるようにしていますが、それでもやはりショックで、その気持ちをユーチューブの動画でも吐露していました。報道の自由がなくなる中で 一方で、ロシア国内の若い世代ではインターネットや独立系メディアの情報をもとに、プーチン大統領の姿勢を批判する人々も少なくないといいます。実際、ラナさんの友人の中にも、学校を退学になったり職を失ったり、刑務所に入れられたりすることも覚悟の上で、反戦デモに参加する人も少なからずいるということです。只、ロシア国内の情報統制が進む中で、発信がますます難しくなっていることにラナさんも危機感を覚えています。「侵攻前は本当のことを伝えることができる番組や新聞、インターネットメディアはありましたが、最近法律が変わってしまい、メディアがより自由に活動できなくなっています。個人のブロガーやユーチューバーなどは直接的な表現を避けて、何とか伝えることができている人もいますが、新聞やテレビは、自由に報道できなくなっています」私がこの場にいていいの…?ロシア人のユーチューバーとして何を発信すべきなのか。日本にいて何ができるのか。もどかしさばかりが募る中、ラナさんはある決心をしました。渋谷駅前で行われた、軍事侵攻に抗議する集会に参加しました。ロシア人がみな、プーチン政権を支持しているわけではない。そう示したいという思いからでした。只会場に行くにはためらいもあったといいます。「応援するつもりで行ったとしてもウクライナの人たちがどんな気持ちになるか分かりませんし、ロシア人が来ると嫌な気持ちにさせるのではないかと少し怖かったです。自分の生まれ育った国が軍事侵攻しているので、すごく責任感というか、申し訳ないという気持ちがありました」それでもいま、自分にできることはユーチューブで伝えることだけ。カメラを持って参加者にインタビューをしていると、あるウクライナ出身の女性と出会いました。青と黄色のウクライナ国旗を服の上からまとい、戦争への抗議の意を示していました。女性は両親や親戚が母国に残っていて、いとこは戦争にかり出されたと涙ながらに打ち明けてくれました。そして女性はラナさんにこう語りかけてくれました。「ロシア人が悪いわけじゃない、わかっている」インタビューをしながら、2人は思わず抱き合い、ラナさんは涙が止まらなくなりました。その日に取材した内容は翌日に公開。17日時点で、約19万回再生されています。そして、この動画を含むウクライナに関する動画の広告収入はすべてウクライナへの支援金にあてると決めました。日本語で伝えたいことロシアの軍事侵攻が始まって以降、ラナさんは17日までにみずから制作したウクライナ関連の動画約10本を公開。ロシアに帰国すればみずからの身に危険がおよぶかもしれないとして、当面、日本でユーチューバーとして日本語での発信を続けたいとしています。「生まれ育った国がこういう信じられないことをすることにものすごく胸が痛みます。ロシアが世界中から嫌われている状況で、SNSで批判があったとしても、ロシア人の中にも戦争に反対している人がいることを伝え続けられたらなと思っています」

f:id:penpensosss:20220321090349j:plain
★「戦争の本質は文学的」「降伏はジェノサイドの危険性を孕んでいる」日本人に“降伏論者”が多いワケと見逃されている《恐るべき代償》!。
「各国の経済制裁で“心のプーチン”が音を上げる時は必ず来る」戦争の現場を知る“平和構築の専門家”が語る《プーチンを追い詰める方法》とは から続く「戦争とはそもそも文学的なものなんです。それが橋下徹氏らにはピンとこないのかもしれません。だからウクライナに対して『降伏しろ』と簡単に言えてしまうのだと思います」こう諭すように語るのは、国際政治学者の篠田英朗氏だ。篠田氏は学生時代より難民救援活動に従事し、カンボジアでのPKO活動をはじめとして、アフガニスタンイラクなど数々の平和構築に携わってきた“平和構築の権威”である。ロシアへの抗議デモを行うウクライナ国民「国民が犠牲になる前に降伏すべき」の落とし穴 橋下徹氏をはじめとして日本では“ウクライナ降伏論者”が積極的に「ロシアに降伏すべき」と主張している。橋下徹氏や玉川徹氏がテレビやSNSで持論を展開し、テリー伊藤氏がラジオ番組でウクライナ女性へ降伏するよう意見して炎上したこともあった。彼らの主張は大雑把にまとめればこういうことだ。「太平洋戦争ではもっと早く降伏していれば犠牲者が少なかった。ウクライナも多くの国民が犠牲になる前に降伏して戦争を終わらせるべき」一見すると“現実的な主張”をしているかにも思える。然し「デイリー新潮」(3月12日公開)などで歴史的な観点から、彼らの主張は戦後に日本が被った被害に目を向けられていないと指摘されている。篠田氏もこう批判する。「いま、ウクライナが降伏することはジェノサイドのリスクを孕んでいます。太平洋戦争でも戦後すぐに国内が安定したわけではなく、そこかしこに占領軍によって蹂躙された人々がいた。そのほかの戦争でも同様のことが起きています。もしその後に“平和”が訪れるとしても、そこまでに生じる犠牲を無視することはできません。然し、それ以上に問題なのがここで降伏することはウクライナにとって『国としての死』を意味するということです。ゼレンスキー大統領のスピーチにあった通り、彼らは自分たちの存在を賭けて『生きるか死ぬか』の瀬戸際で戦っているんです」降伏論者に見えていない「戦争の本質」3月8日、ゼレンスキー大統領は英国議会でシェイクスピアハムレットを引用し、「to be or not to be(生きるべきか死ぬべきか)答えはイエス、生きるべきだ」と演説。どんな犠牲を払ってでも戦い続ける決意を表明した。このスピーチを称賛した篠田氏のツイートに対し、橋本徹氏は《現実の戦地・政治をリアルに感じ取ることのできない学者の思考・感覚》《文学的表現に拍手喝采とは欺瞞の極み、というか超お花畑》などと批判。篠田氏は橋本氏のような考え方があることを認めつつ、「シェイクスピアの引用は彼らの戦争の本質を的確に表現していた」とも語る。「戦争は単に人間が亡くなるか否かだけではなくて、国家やその国民である自分の存在をかけた戦いです。そういった意味で、戦争の本質は文学的であるといえる。そもそも文学には戦争を扱ったものが多いですよね。ゼレンスキー大統領がシェイクスピアを引用したのは、イギリス人になじみのある英文学でイギリス国民にアピールしたかったから、という見方ももちろんできます。しかしあの言葉はそういった“狙い”を超えて、戦争の本質を突いていました。ウクライナはこれ以上ないほど最悪な状況です。その渦中の最高責任者が悩んで出した答えが、『自分の生きる道はここに残って戦うこと』だった。イギリス人は感動し、そして腹落ちしたことでしょう。彼らはいま、自分たちの存在をかけて“生きるために”戦っているんだ、と」ロシアの圧倒的な軍事力を考えれば、ウクライナが置かれている状況は厳しい。それでも多くのウクライナ人が戦い続けることを選択しているのはなぜなのか。それは彼らのアイデンティティに関わる問題なのだ。「自分の国がロシアの一部になっていく様を目の当たりにして、相当数のウクライナ人はこう自問自答することになる。『自分は戦っただろうか』『これから誇りと自信を持って生きていくことができるか』。ここで降伏を受け入れるということは、ロシア政府に粛清されないように、『私はロシア愛好者です』とノートにいっぱい書いて親ロシア派をアピールして、殺された人たちのことを忘れて、自分自身を繕って生きていくということなのです」降伏した後の「大きすぎる代償 “文学的”な理由以外でも、ウクライナが降伏した際のデメリットは計り知れない。現在、ウクライナ世論調査では、国民の9割が大統領を支持しています。つまり、9割のウクライナ人は、『ロシアからの要求は受け入れられない。ロシアの言いなりになるくらいだったら戦った方がマシだ』と思っているわけです。ここで降伏論者が現れて『ケチケチしないで降伏を受け入れろ』と言ったとしても、国民の反感を買うだけです。そうなればその後の政権運営に支障が出て、アフガニスタンの二の舞になってしまいます」昨年8月、アフガニスタンからアメリカ軍が撤退したことで、タリバン政権がすぐさま台頭。当時のガニ大統領は失踪してしまった。「私自身、アフガニスタンには何度も足を運んで調査してきました。アメリカ軍が駐留していた頃、徐々に上向いていた市民生活はタリバン政権の復活とともに崩れ落ちました。そこから起きているのが国家の“崩壊”です。イスラム原理主義政権が国民の自由を抑圧。女性の権利はいちじるしく制限され、教育や仕事、芸術と、日常生活は大きく形を変えました。ウクライナが降伏するということは、こうした状況に陥るということなのです」ウクライナがロシアに一矢報いる“可能性”とは 自分たちの存在意義をかけた戦争。しかし、それでもロシア軍が撤退した後にウクライナ軍が得るものは何もない。「今度は何をもって『勝利』もしくは『敗北』とするかが重要になってきます。非武装化を回避できれば勝利なのか、せめて賠償金がなくなれば敗北ではないとするのか。どのレベルの敗北を受け入れても、『それだったらこの状況を受け入れてやってもいい』と彼らが思うかどうかは分かりません」今はまだ戦い続けることを選んでいるウクライナだが、彼らは決して華々しい勝利を飾ることはない。「戦った末に、平和が達成できるのなら悔しいけれどそのために銃を置く。その瞬間は必ずやってきます。そしてそこには必ず何かしらの敗北の要素があるんです。家が壊されたり、親を亡くしたりしているかもしれません。しかし、これは降伏論者が勧める降伏とは違います。『明日、私として生きられる』というギリギリのところを守っての敗北なのです」それでも歴史を振り返れば、この戦争でウクライナがロシアに一矢報いる可能性があるかもしれない。篠田氏は日露戦争を引き合いに出してこう語。「日露戦争で、日本は停戦までの道筋を明確につけて開戦しました。それはある程度まで成功を収めています。それでも当時の外交官である小村寿太郎が締結した停戦条件に民衆が納得できず、日比谷焼打ち事件が起こりました。この結果、日本では政治家の権力が弱体化して軍部の台頭を許してしまったという歴史があります。ウクライナもロシアを追い詰めて停戦条件で譲歩を勝ち取れば、ロシアという大国のその後に大ダメージを与えることができるかもしれません」ウクライナ人が生きるための戦いは、今なお続いている。

f:id:penpensosss:20220321090955j:plainf:id:penpensosss:20220321091005j:plainf:id:penpensosss:20220321091036j:plainf:id:penpensosss:20220321091048j:plainf:id:penpensosss:20220321091113j:plain

NASA新型ロケット「SLS」ついにその姿を現す!。本番さながらのリハーサルを実施予定!。【▲ ケネディ宇宙センターのロケット組立棟(VAB)から39B射点に向けて運ばれるSLS初号機と移動式発射台(Credit: NASA/Joel Kowsky)】© sorae 【▲ ケネディ宇宙センターのロケット組立棟(VAB)から39B射点に向けて運ばれるSLS初号機と移動式発射台(Credit: NASA/Joel Kowsky)】歴史的な初飛行に向けての大きな前進です。アメリカ航空宇宙局NASA)は現地時間3月17日、開発中の新型ロケット「SLS(スペースローンチシステム)」の初号機を組立棟から射点に移動する初のロールアウト(移動作業)を実施しました。SLSの初号機はNASAの有人月面探査計画「アルテミス」最初のミッション「アルテミス1」に用いられます。アルテミス1はSLSおよびNASAの新型宇宙船「Orion(オリオン、オライオン)」の無人テスト飛行にあたるミッションで、2022年4月以降の実施を予定。SLSで打ち上げられた無人のオリオン宇宙船は月周辺を飛行し、打ち上げから4~6週間後に地球へ帰還します。尚、SLS初号機には日本で開発された「OMOTENASHI(オモテナシ)」と「EQUULEUS(エクレウス)」を含む13機の超小型衛星(CubeSat)も相乗りしています。

f:id:penpensosss:20220321091421j:plain

★インドに円借款3000億円 鉄道建設、医療施設整備!。文書を交換しインドのモディ首相(右)と握手する岸田首相=19日、ニューデリー日本、インド両政府は19日、インドのデリー首都圏と西部ムンバイ間の貨物専用鉄道建設や北東部アッサム州の医療施設整備など計7件に約3122億円の円借款を供与する文書に署名した。サイバーセキュリティー分野の情報共有や研究開発協力でも合意した。岸田文雄首相とモディ首相がニューデリーで会談後、文書交換式に立ち会った。円借款7件には、南部チェンナイ都市圏の地下鉄建設、南部ベンガルール都市圏の上下水道整備、北東部トリプラ州の国道整備が含まれる。日本政府はこれらの事業により、現地の産業能力強化や医療サービス改善につながるとしている。

f:id:penpensosss:20220321091733j:plain

★日印首脳会談 “紛争の平和的解決を求める必要ある”!。インドを訪れている岸田総理大臣は日本時間の19日夜、モディ首相と首脳会談を行いました。ウクライナ情勢をめぐり、力による一方的な現状変更はいかなる地域でも許してはならず、国際法に基づき紛争の平和的解決を求める必要があるという認識で一致しました。会談は、首都ニューデリーの迎賓館で日本時間の19日午後8時半すぎからおよそ2時間行われ、岸田総理大臣はウクライナ情勢をめぐって「ロシアによる侵略は国際秩序の根幹を揺るがす深刻な事態で、きぜんとした対応が必要だ」と述べました。そして両首脳は、力による一方的な現状変更はいかなる地域でも許してはならず国際法に基づき紛争の平和的解決を求める必要があるという認識で一致し、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた取り組みをいっそう推進していく重要性を確認しました。又、覇権主義的な行動を強める中国を念頭に、東シナ海南シナ海での力による一方的な現状変更の試みや経済的威圧に強く反対していくことでも一致したほか、北朝鮮問題での連携を確認しました。外務 防衛の閣僚協議(2プラス2)早期に開催へ 更にウクライナ情勢を受けて新たな国際秩序の枠組みを求める声が高まっているとして、国連安保理改革に向け、常任理事国入りを目指すG4=日本、ドイツ、ブラジル、インドの枠組みも活用しながら、改革の機運を醸成していくことを確認しました。一方、会談で、岸田総理大臣は「核兵器のない世界に向けた国際的な取り組みをリードする」と述べ、インドとも対話を続けていくことで一致しました。そして、安全保障分野で日印両国や多国間の連携が強化されていることを評価し、2回目となる日印の外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2プラス2の早期開催の方針を確認しました。又経済面での協力をめぐって、今後5年間で、インドに5兆円を投資する目標を伝えました。更に岸田総理大臣は、サイバーセキュリティーの構築やクリーンエネルギーの導入、高速鉄道事業、それにインド北東部の開発を支援することや、3000億円を超える円借款を行う考えも伝えました。このほか、今回の訪問を首脳間の往来再開の契機とし、両国関係をいっそう強化する考えを示しました。岸田首相「インドと連携して戦闘停止の働きかけや人道支援を」会談のあと岸田総理大臣は共同記者発表を行い、ウクライナ情勢に関連して「世界はいま国際秩序の根幹を揺るがす事態に直面しており、民主主義や法の支配など基本的な価値を共有する日本とインドが『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けて緊密に連携していく重要性は格段に増している」と述べました。そのうえで「インドと連携し、戦闘の即時停止と対話による事態打開に向けた働きかけやウクライナや周辺国に対する人道支援を進めていきたい。わが国もすでにウクライナや周辺国に1億ドルの緊急人道支援を決定しているが、さらなる追加支援を行う」と述べました。モディ首相 ウクライナ情勢には直接言及せず インドのモディ首相は最近のウクライナ情勢を念頭に「地政学上の出来事は新たな課題を示している」と述べたものの、直接的な言及はなく、友好国のロシアに配慮したものとみられます。一方、日本との関係については「日本とインドが連携を深めることは両国にとってだけではなく、インド太平洋地域や世界にとって重要なものだ」と述べ、今後の関係発展に期待を示しました。共同声明 ロシアへの直接的な非難盛り込まれず 岸田総理大臣とインドのモディ首相による首脳会談のあと、共同声明が発表されました。ウクライナ情勢に対する深刻な懸念を示す一方、軍事侵攻を進めるロシアを名指しした直接的な非難は盛り込まれませんでした。共同声明ではウクライナ情勢や中国による覇権主義的行動を念頭に、すべての国が武力による威嚇や武力の行使、一方的な現状変更の試みに訴えることなく、国際法に従って、紛争の平和的解決を追求しなければならないとしています。そして、ウクライナでの紛争と人道的危機に深刻な懸念を表明し、インド太平洋地域を中心に、より広範な影響を分析したとしています。そのうえで、現在の国際秩序は国連憲章国際法、そして主権と領土一体性の尊重という基盤の上に構築されてきたと指摘しています。又、ウクライナにおける原子力施設の安全とセキュリティーの重要性を強調しこれに向けたIAEA国際原子力機関の活発な取り組みを認識したとしています。そして、戦闘行為の即時停止を要求するとともに、紛争の解決のためには対話と外交以外に選択肢はないと強調し、ウクライナにおける人道危機に対処するための適切な措置をとることを確認したとしています。一方で、共同声明では、ウクライナへの軍事侵攻を進めるロシアを名指しした直接的な非難は盛り込まれませんでした。このほか、インド太平洋地域の平和、安全、繁栄を促進するため日印両国に、アメリカとオーストラリアを加えたクアッドなどの重要性を確認し、今後数か月以内の開催を予定しているクアッド首脳会合を通じて、4か国の協力を前進させるとしています。又、中国を念頭に、東シナ海南シナ海などにおけるルールに基づく海洋秩序への挑戦に対抗するための日印両国の連携を促進するほか、国連安保理決議に違反し、不安定化をもたらす北朝鮮弾道ミサイル発射を非難し、北朝鮮に対し、関連する安保理決議のもとで、国際的な義務を完全に順守するよう求めるとしています。岸田首相「さらなる協力を求めた」首脳会談のあと、岸田総理大臣は記者団に対し「ウクライナ情勢については、夕食会も含め、かなり長時間、非常に突っ込んだやりとりをした。私からはロシアによる侵略はアジアを含む国際社会の秩序の根幹を揺るがす暴挙だとして、プーチン大統領に対する働きかけを含め、さらなる協力を求めた」と述べました。そのうえで「インドはロシアと歴史的に緊密な関係があるが、モディ首相と一歩踏み込んだ連携を確認することができたと感じており有意義だった。個人的な信頼関係をより深められた」と述べました。又、今年前半に東京で開催される予定の日米豪印4か国、いわゆるクアッドの首脳会合に関連し「こうした状況だからこそ、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて具体的な取り組みを進めていかなければならない。4か国でワクチン、インフラ、気候変動などさまざまな分野の協力をさらに前進させ、地域が直面する戦略的な課題にも緊密に連携していくことを確認した」と述べました。一方、岸田総理大臣は今週ベルギーで開かれるG7=主要7か国の首脳会議に出席する意向を表明し、「ロシアによるウクライナ侵略に対してG7の結束を示すことが大事でより突っ込んだ意見交換ができればと思う。情勢も日々変化しているので、状況に応じて具体的なやりとりをしたい」と述べました。

f:id:penpensosss:20220321091757j:plain

★岸田首相 カンボジア首相とウクライナ情勢などで会談へ!。インドを訪問していた岸田総理大臣は、日本時間の20日夕方、次の訪問国カンボジアに到着しました。このあと行われるフン・セン首相との首脳会談で、ウクライナ情勢をめぐる国際社会の連携の重要性を確認したい考えです。インドを訪れていた岸田総理大臣は、日本時間の20日午後5時ごろ、次の訪問国、カンボジアに到着しました。このあと岸田総理大臣は、首都プノンペンの首相府で、フン・セン首相と首脳会談を行うことにしています。ASEAN東南アジア諸国連合のことしの議長国を務めるカンボジアは、先に国連総会で行われたロシアに対する非難決議の共同提案国でもあり、ウクライナ情勢をめぐる国際社会の連携の重要性を確認したい考えです。又、日本が国連のPKO=平和維持活動の一環としてカンボジア自衛隊を派遣してから今年で30年になることから、地域情勢や国際貢献の在り方などをめぐっても意見を交わすものとみられます。

f:id:penpensosss:20220321092147j:plainf:id:penpensosss:20220321092202j:plainf:id:penpensosss:20220321092212j:plain

★露侵攻は「世界の食料市場に甚大な影響」 副大臣が警鐘!。ウクライナ化学兵器計画、露が主張ウクライナのタラス・ゾーバ農業食料副大臣 ロシアによる侵攻が続くウクライナで、世界有数の輸出量を持つ農業への影響が深刻化しつつある。露軍による占領や攻撃への懸念から農作業が行えないだけでなく、農業機械の燃料や働き手の不足、更に輸出拠点の黒海沿岸の港も機能していないためだ。取材に応じたタラス・ゾーバ農業食料副大臣は「世界の食料市場に甚大な影響を与えかねない」と述べ、早期の戦争終結に向け国際社会からの対露圧力の強化を訴えた。ウクライナは国土の約7割が農地で「欧州の穀倉」とも呼ばれる。国連食糧農業機関(FAO)によると2020年、ウクライナは主に食用油として使われるひまわり油の輸出量が世界1位だったほか、トウモロコシが4位、小麦が5位などとなった。小麦はその多くが北アフリカや中東、アジアの発展途上国に輸出されており、供給不安はそれらの地域に深刻な影響を与えかねない。ゾーバ氏は露軍の侵攻により「一部地域では農地が占領されたり、地雷が敷設されたりして農作業ができなくなった」と指摘。露軍が農業機械を接収するケースもあるという。さらに、機械の稼働に必要な燃料も「ロシアから輸入していたので不可能になった。燃料貯蔵施設への攻撃も起きている」と話す。ウクライナでは間もなく春の作付けの季節を迎えるが、「農民がウクライナ軍に参加するケースもあり、働き手も不足している」。農作物の輸出拠点となる黒海沿岸の港も「大半が封鎖されている」といい、「ひまわり油やトウモロコシ、大豆の輸出に甚大な影響が出ている」と明かす。ゾーバ氏は、今年のウクライナの農産物生産量がどれほど減少するかは「まったく想像できない」と指摘。ウクライナ国内では、昨年からの貯蔵分もあり食料不足は防げるとの見方を示しつつ、輸出量の減少が「世界の食料価格の大幅な上昇をもたらしかねない」と警告する。そのうえで「この状況が長く続くほど事態は悪化するだけだ」とし、「国際社会はロシアの侵攻を食い止めるために、迅速に行動を起こすべきだ」と語った。ゾーバ氏は日本に対しても、「日本は食品加工で高い技術力を持つ。ぜひウクライナの農産物を使って、付加価値の高い新たな食品の開発に取り組んでほしい」と述べ、戦後のウクライナの農業復興に向けた支援を訴えた。

f:id:penpensosss:20220321092515j:plainf:id:penpensosss:20220321092540j:plain天安門事件で米国に亡命した中国人弁護士が中国人留学生に刺殺される!。事件を起こした中国人留学生は精神的に不安定な状態だったという 1989年6月の天安門事件当時の著名な民主化運動指導者で、事件後、米国に亡命し、ニューヨークで弁護士として活動していた李進進氏(66)が3月14日、弁護士事務所で中国人女性の留学生に腹部を刺され殺害される事件が起こった。この女性は精神的に不安定な状態だったとの証言もあり、李氏との間でトラブルが発生していたとみられている。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。この中国人女性は張暁寧と名乗っており、年齢は25歳で、昨年7月、留学生としてニューヨークに到着。「北京で(中国人)警官に強姦された」などと訴え、ニューヨークの中国総領事館や国連本部を訪れては陳情を繰り返していたという。女性はニューヨーク市内の李氏の弁護士事務所を何回も訪れており、米国籍の取得などについて相談していた。しかし、時々激高して大声を出すなどしたため、李氏は彼女を避けていたようだ。事件が起こった3日前の11日にも、この女性は李氏に大声を出して泣きわめき、暴力を振るおうとしていたことから、李氏の秘書が警察に通報し、女性は事務所から追い出されるというトラブルがあった。その際、李氏は警察に対して、「この女性はまだ若いので、逮捕しないでほしい」などと穏便に済ますよう頼んでいたという。ところが、女性は14日正午ごろ、再び、事務所を訪れ、李氏と会うと、いきなりナイフを取り出して、李氏の腹部を数回めった刺しにした。李氏は救急車で病院に運ばれたが、すでに絶命していた。 李氏は1955年生まれで、北京大学の博士課程に在籍中に中国の民主化運動に身を投じ、1989年の天安門事件後、警察に逮捕され服役、釈放後、米国に亡命。ウィスコンシン大学で法学の博士課程を修了。その後、ニューヨークの弁護士事務所で働いていた。 その傍ら、李氏はやはり天安門事件後、米国に渡り、ハーバード大学で博士課程を修了し、いまも民主化運動団体を主宰している王丹氏らと連携して、米国で中国民主化団体のリーダーとして活躍していた。 李氏の悲報を聞いた王丹氏らは「事件は筆舌に尽くしがたいもので、李氏には落ち度はない。人間の本性はどうしてこんなに邪悪なのか。説明のしようもない」などと語っているという。

f:id:penpensosss:20220321092736j:plain

★英元首相が運転する支援トラックがポーランドに到着!。ウクライナからの避難者に支援物資を届けようと、トラックを自ら運転していたイギリスのキャメロン元首相が20時間以上かけてポーランドに到着しました。  キャメロン元首相:「20時間以上、運転して、ポーランドとの国境近くにある赤十字の施設にようやく到着した」ウクライナ支援で自らトラックを運転しポーランドへ向かっていたキャメロン元首相が19日、ツイッターで動画を公開し、無事に目的地に到着したと明らかにしました。約1600キロの道のりを20時間以上、運転し続けてウクライナ国境近くにある赤十字の施設へ衣類や寝具、おむつなどを運んだということです。  キャメロン元首相は2016年に政界を引退していて、18日に地元の慈善団体のメンバーとともにフリースにスニーカー姿でイギリスを出発する様子をツイートし、話題になっていました。 「疲れたがとても良い仕事ができた」と話しています。

f:id:penpensosss:20220321092936j:plain

f:id:penpensosss:20220321092951j:plain

f:id:penpensosss:20220321093034j:plain

★ロシア軍ヘリが次々撃墜されるワケ ウクライナ兵1人でも対抗可能 攻撃ヘリの能力と限界!。回転翼機のキモでありアキレス腱でもある場所 ロシアのウクライナ侵攻が長期化するなか、戦闘の様子が両軍の公式WEBサイト以外にもSNSなどにアップされています。そうした状況下、ロシア軍の攻撃ヘリコプターが撃墜される映像が流れてくるなどしていますが、この攻撃ヘリという機種は、いったいどのような能力を備えており、どの程度の運用が限界なのでしょうか。改めて探ってみます。【世界最大のヘリも】ロシア軍が運用するさまざまなヘリコプターたち ロシアのMi-35M攻撃ヘリコプター。そもそもヘリコプター自体は、第2次世界大戦末期に実用の域に達した航空機です。ただ、ヘリコプターが軍用として大量に使用され、攻撃用途含めてさらなる発展の契機となったのは、ベトナム戦争だったといえるでしょう。当初、ヘリコプターは「空飛ぶ戦場タクシー」として兵員輸送に用いられましたが、離着陸時は回避行動がとりにくく、しかも低速なので敵の対空砲火でやられるケースが多発しました。加えてヘリコプターは、その特徴的な構造ゆえの脆弱性も有していました。固定翼機、いわゆる飛行機は、主翼や尾翼を備えており、エンジン出力だけでなく空気による揚力も活用して空を飛びます。そのため、被弾などにより万一エンジンが停止しても、揚力に関わる翼関係が無傷なら、滑空することで一定程度は飛行できます。然しヘリコプターは、エンジンで回すローター(回転翼)だけで飛ぶ力を生み出しています。それ以外に生み出される揚力や推進力がないため、ローター損壊で回転力が生み出せなくなると墜落しやすいという致命的な弱点を有していました。しかも、ローターの回転力で揚力と推進力の両方を生み出しているということは、その羽を音速を超えて回すことができないという弱点もあります。ゆえにヘリコプターには速度の限界があり、現行のヘリコプターのほとんどが、固定翼機(飛行機)よりも飛行速度が遅いのはそのせいだといえます。加えて、エンジン出力を回転翼に伝えるためのローターシャフトは、その構造上、壊れないようガッチリ固定したり、または装甲で覆ってしまったりするようなことはほぼ不可能です。回転翼(ローター)も揚力と推進力を生み出すためには、同様に固定や装甲で覆うといったことができません。この脆弱な部分をヘリコプターは有しているため、これらが壊れると、ひとたまりもなく墜落してしまいます。アメリカが嚆矢となった攻撃ヘリの出自 ベトナム戦争で、ヘリコプターの損害増大に頭を悩ましたアメリカ軍は、敵の攻撃に対処するため、ヘリコプターに武装を施して攻撃してくる敵に反撃できるようにしましたが、単に兵員輸送用ヘリに武装を搭載しただけでは、戦闘能力に限界があることが判明します。 そこで、アメリカ軍は戦闘に特化した専用ヘリ、いわゆる「攻撃ヘリ」を開発したのです。こうして誕生したのが、世界初の攻撃ヘリといわれるAH-1「コブラ」でした。 ウクライナ軍の攻撃で不時着したロシア軍のKa-52攻撃ヘリコプター。AH-1「コブラ」は攻撃専用のため、速力、機動性、被発見性などの点で汎用ヘリよりも優れていました。以降、地上部隊と密接に連携して戦う攻撃ヘリは、アメリカだけでなく旧ソ連などでも開発されます。また、のちにはミサイルを搭載するようになったことで、対戦車戦闘や対艦戦闘などへも投入されるようになりました。又、そのなかで攻撃ヘリは敵の攻撃に耐えられるよう、堅固な防御装甲を備え、機体強度も強化されるようになったほか、たとえ墜落しても乗員の生存性が高くなるように発展しています。只、それでも前述したように、ヘリコプターとしての構造上の欠点・弱点は攻撃ヘリも有しています。いくら機体そのものの防御力や生残性を高めても、その部分の改善は無理でした。このような脆弱性を持つがゆえに、攻撃ヘリが固定翼機の攻撃機などと比べて被害にあいやすいのは当然といえるでしょう。ウクライナ攻撃ヘリが飛び回れない理由 ヘリコプターは、垂直離着陸が可能であることから、滑走路を備えた飛行場の必要がないため、車両で移動する整備補給ユニットと組み合わせて、野戦運用しやすいという強みがあります。この長所から地上部隊の進軍にあわせて最前線に投入されやすいのですが、今回のウクライナのように対空戦闘能力が高い場合、大口径機関砲や対空ミサイルの餌食になりやすい軍用機でもあります。ロシア製の9K338「イグラ-S」個人携行地対空ミサイルを構えるウクライナ軍兵士(画像:ウクライナ参謀本部)。© 乗りものニュース 提供 ロシア製の9K338「イグラ-S」個人携行地対空ミサイルを構えるウクライナ軍兵士(画像:ウクライナ参謀本部)。長・中距離防空を担う地対空ミサイル・システムと、短距離防空を担う対空自走砲や対空火器、さらに近接防空を担う個人携行地対空ミサイルを完備した敵の正規軍との交戦では、まずは砲撃や攻撃機による対地攻撃で地対空ミサイル・システムや対空自走砲、対空火器を無力化。その後が攻撃ヘリの出番となりますが、敵が個人携行地対空ミサイルを潤沢に装備していたら、当初投入される攻撃機に発見・攻撃されずに生き残り、続く攻撃ヘリもその攻撃を受ける覚悟をしなければなりません。これがウクライナでロシア軍の攻撃ヘリが苦戦している理由です。兵士ひとりで運搬・射撃が可能な携行型ミサイルの場合、上空からは見つけにくく、神出鬼没の存在です。それでいて脆弱な回転翼部分やエンジンなどに一撃食らったら、ヘリは即墜落してしまいます。然し逆に、ゲリラや反乱軍のように対空兵器をほとんど備えていない敵に対しては、攻撃ヘリは文字通り「低空の殺戮者」となります。つまり「空飛ぶ弱い者いじめ」といったところでしょうか。ウ軍が現地で行っているかも? な対攻撃ヘリ戦術 尚、これはあくまで筆者(白石 光:戦史研究家)の推察ですが、もしかしたらウクライナ軍は、携行型ミサイル1基を装備する対空チームを2組セットにして互いに無線通信(スマホや携帯含む)で連携し合い、同一の敵機に対してまず1チームが発射。そのミサイルを見つけて回避機動に入った当該の敵機に、連携している2チーム目が追い打ちをかけるという時間差射撃での運用をしているかもしれません。 というのも、1発目に対する回避は割と成功しやすいのですが、その無理な回避機動の途中で、さらにもう1発に時間差で狙われると、最初と同じレベルのきつい回避機動に入れないことが多く、被弾する可能性が高くなるからです。それに2チームを1組とすれば、もし1チームが空から発見され攻撃を受けても、もう1チームが掩護することができ、たとえ1チームが失われてしまっても、残る1チームでも戦闘の継続が可能です。ロシア軍(旧ソ連軍)は、かつてアフガニスタンのゲリラなどと戦った経験を有しています。しかし、それらとは異なり、ウクライナにはアメリカ製の「スティンガー」に代表される優秀な個人携行地対空ミサイルが西側諸国から供給されているため、今回のウクライナ侵攻で、ロシア軍は攻撃ヘリも含めてかなりの数のヘリコプターを失うことになるかもしれません。

f:id:penpensosss:20220321101533j:plain

★林外相 UAE産業・先端技術相と会談 原油安定化への貢献を要請!ウクライナ情勢をめぐり、林外務大臣は、訪問先のUAEアラブ首長国連邦でジャーベル産業・先端技術相と会談し、原油市場の安定化に向けて貢献するよう求めたのに対し、ジャーベル氏は日本を強く支援していく意向を示しました。UAEを訪れている林外務大臣は、日本時間の20日午後、国営石油会社のCEOも務めるジャーベル産業・先端技術相とオンライン形式で会談し、ウクライナ情勢を背景に原油価格が高騰していることへの対応をめぐって意見を交わしました。この中で、林大臣は、日本の原油輸入量全体のおよそ3割をUAEからの輸入が占めていることも踏まえ「現下の原油価格の高騰を懸念している。『OPECプラス』の主要メンバーとして、さらなる原油供給などを通じ、世界の原油市場の安定化に貢献してもらいたい」と協力を求めました。これに対し、ジャーベル氏からは、国際原油市場の安定化や脱炭素化の取り組みも含め、日本を強く支えていきたいという意向が示されたということです。林大臣は、このあと日本時間の21日未明、UAEのアブドラ外相とも会談する予定で、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻をめぐって意見を交わすことにしています。林大臣は、「現在、UAEは国連安全保障理事会非常任理事国で、今月は安保理の議長国を務めている。ロシアの侵略に対する日本の確固たる立場を伝えつつ、日本とUAEとの緊密な連携に向けて率直な議論を行いたい」と述べました。

f:id:penpensosss:20220321101810j:plain f:id:penpensosss:20220321101925j:plain北朝鮮“ロケット砲”飛翔体を発射~韓国軍!。北朝鮮20日午前、ロケット砲とみられる飛翔体を発射したと韓国軍が発表しました。韓国軍は20日午前、北朝鮮がロケット砲と推定される射撃を行い、動向を追跡監視していると発表しました。韓国・聯合ニュースによりますと、発射されたのはロケット砲4発で、朝鮮半島西側の黄海に向けたものだったということです。発射を受けて、韓国政府は午前9時半からNSC(=国家安全保障会議)の緊急次官会議を開催。飛翔体についてアメリカとともに精密分析を進め、「一連の北朝鮮のミサイル発射に対し警戒心をもって動向を注目する」としています。北朝鮮は今月16日にも弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射し、高度20キロ以下で空中爆発して失敗したと韓国軍が分析していました。

f:id:penpensosss:20220321102552j:plain

★シリア退避 ウクライナでも戦火に!。祖国シリアから逃れた医師、ウクライナで再び戦火に、医師のオサマ・ジャリ(Ossama Jari)氏は2014年、祖国シリアの首都ダマスカスを離れ、黒海(Black Sea)沿岸にあるウクライナ港湾都市ミコライウ(Mykolaiv)へと逃れた。妻はウクライナ人で、ジャリ氏がこの国に留学していたときに知り合った。

f:id:penpensosss:20220321102822j:plainf:id:penpensosss:20220321102852j:plain

ウクライナ 南部や東部で激しい戦闘 市民の犠牲者増え続ける!。ロシアの軍事侵攻が続いているウクライナでは、南部や東部で激しい戦闘がおき、市民の犠牲者が増え続けています。プーチン政権は、ウクライナ側が生物兵器化学兵器を使用する疑いがあると一方的に主張し、アメリカなどは、ロシアが虚偽の主張をもとに攻撃をエスカレートさせることを警戒しています。ロシア ウクライナ側が生物兵器使用の疑いと一方的に主張 先月24日、ウクライナに侵攻したロシア軍は首都キエフを包囲する部隊の増強を進めるとともに、南部のミコライフや東部のマリウポリにミサイル攻撃を行い、抵抗するウクライナ軍との間で激しい戦闘が続いています。国連人権高等弁務官事務所は、ウクライナで今月18日までに少なくとも64人の子どもを含む847人の市民の死亡が確認されたと発表しました。東部のマリウポリでは、ロシア軍の攻撃で都市が孤立し、激しい市街戦が続いているとみられ、多くの住民が周辺の地域に逃れています。南東部のザポリージャに避難した人は「多くの人が路上で亡くなり、遺体が横たわっていました」と現地の凄惨(せいさん)な状況を語りました。市街戦に備えて、ウクライナ各地で市民の戦闘訓練が行われていて、今後、ロシア軍の本格的な侵攻が予想されている南部の都市オデッサでは、18日、若者たちが自動小銃の扱い方などを教わりました。こうしたなか、ロシアのプーチン大統領は19日、ルクセンブルクベッテル首相と電話会談を行い、ロシア大統領府によりますと「ウクライナアメリカが、生物学的な軍事活動を行い、容認できない。ロシアだけでなく、ヨーロッパに大きな危険をもたらしている」と述べ、ウクライナ側が生物兵器を使用する疑いがあると一方的に主張しました。更にロシア国防省も19日、「ウクライナ民族主義者が北東部のスムイでアンモニアや塩素を使用する疑いがあり、南部ミコライフ州の村でも有害な化学物質の入った容器を爆発させることを計画している」と主張しました。アメリカやイギリスの国防当局は、ウクライナ軍の激しい抵抗によりロシア軍部隊が予想以上に苦戦していると分析していて、ウクライナの通信社は19日、ウクライナ軍の発表として軍事侵攻が始まってから3週間の間に、ロシア軍の将校を含む少なくとも10人の軍幹部が戦死したと伝えています。アメリカなどは、ロシアが虚偽の主張をもとに生物兵器化学兵器を使用するなど、攻撃をエスカレートさせることを警戒しています。

f:id:penpensosss:20220321103159j:plainf:id:penpensosss:20220321103105j:plainマリウポリ400人避難の学校爆撃か!。マリウポリで新たに避難所爆撃か 住民400人避難していた芸術学校 ロシア軍に包囲されているウクライナ南東部マリウポリ市の当局は20日、住民400人が避難していた芸術学校に、ロシア軍が19日に爆弾を投下したと発表した。避難していたのは主に女性や子ども、老人だという。市当局は、建物が破壊され、多くの住民ががれきの下敷きになっているとしている。

f:id:penpensosss:20220321103506j:plainf:id:penpensosss:20220321103537j:plain

ウクライナの国歌を歌い平和願う キエフ姉妹都市の京都!。ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナの首都キエフ姉妹都市京都市20日、合唱団のメンバーらが集まり、ウクライナの国歌を歌って平和を願いました。これは、関西で活動する声楽家が中心となって企画したもので、20日午後、JR京都駅の広場に地元の合唱団のメンバーやウクライナ出身の人たちなどおよそ40人が集まりました。はじめに、ウクライナ国歌の歌詞の発音を教わり、伴奏に合わせて練習を行いました。そして本番では力強い合唱を披露し、広場に設けられた客席は埋まり、通りかかった人たちも足を止めて聞き入っていました。現地に届くことも期待し、スマートフォンを使ったライブ配信も行いました。合唱に参加したウクライナ出身のオレーナ・シガルさんは「ウクライナの人たちにとって励ましになると思います。一日も早く戦争が終わってほしいです」と話していました。又、マリヤ・ボドナルさんは「日本の人たちがウクライナのために集まって国歌を歌ってくれて、とてもうれしかったです」と話していました。合唱を企画した声楽家山本昌代さんは「きょう、歌うことでみんなで祈りをささげたいと思いました。音楽がパンや水にはならなくても、何か心を励ますぬくもりになるかなと思いました」と話していました。

f:id:penpensosss:20220321103830j:plain

寺地拳四朗がリベンジ戴冠!矢吹を3回KO リング上で号泣「あーうれしい!」!。3R、TKO勝ちを収めた寺地 「ボクシング・WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ」(19日、京都市体育館)前王者で同級1位の寺地拳四朗(30)=BMB=が王者の矢吹正道(29)=緑=を3回1分11秒KOで破り、王座を奪回した。王座を奪われた相手から王座を奪い返したのは輪島功一(2回、相手はオスカー・アルバラード=米国、柳済斗=韓国)、徳山昌守(相手は川島勝重)、村田諒太(相手はロブ・ブラント=米国)に続く国内5例目。前回の対戦で序盤から得意の左ジャブを突いて距離を取りながら試合を進めたものの、4回終了時の公開採点で2者が矢吹リードとする誤算があった拳四朗。その反省から初回はプレッシャーをかけていき矢吹を下がらせる場面が目立った。2回に入ると拳四朗のパンチの着弾が増加。そして3回、拳四朗はさらにプレッシャーを強めてコーナーロープ際に追い込む場面が目立ち、最後は右ストレートでダウンを奪い、そのままKOとなった。試合後のインタビューで、拳四朗は「あー、うれしい。あー、よかった」と号泣。「みんな僕のスタイルビックリしたでしょ。あれが新しい作戦で、加藤さん(健太トレーナー)を信じてやってきたかいがありました。本当にありがとうございます」と感謝した。 続けて「あとはもう加藤さんを信じて戦ったら。負けたらしょうがないと思ったので。でも、信じてやれば、絶対勝てると思っていたので。それだけを考えてやりました」と話し、矢吹に向けて「僕を強くしてくれてありがとうございました。楽しい試合でした」とメッセージ。今後について、「1回、自信をなくしたんですけど、今日で完全に自信も取り返せて、より自分も強くなったと思うし、これからはもう、どんどん強い相手としかやらないと思うので。統一戦や、階級上げたりも考えてはいるけど、多分、今日よりまた強くなっちゃうので、これからも是非、試合にきてください。応援してくれたらうれしいです」と、最後は満面の笑みを浮かべた。 両者は21年9月22日、今回と同じ京都市体育館で対戦し、21年の年間最高試合に選ばれた激闘の末、矢吹が10回TKOで拳四朗の9度目の防衛を阻んで王座を奪取して以来のダイレクト再戦。前回の対戦では拳四朗が右目上から出血した原因がヒッティングとされたが後に拳四朗陣営が故意のバッティングだとする質問状をJBCに提出、偶然のバッティングに訂正され、WBCから再戦指令が出された因縁がある。

f:id:penpensosss:20220321104132j:plain

NBA ウィザーズ 八村塁 今季初先発で7試合連続のふた桁得点!。NBAアメリプロバスケットボール、ウィザーズの八村塁選手は、レイカーズ戦で今シーズン初めて先発出場し、7試合連続でふた桁となる10得点をマークし、チームも逆転勝ちして連敗を6で止めました。八村選手は19日、本拠地で行われたレイカーズ戦で今シーズン初めて先発出場し、チーム最初のシュートを決めるなど、前半で6点、後半で4点をあげてこの試合10得点として7試合連続のふた桁得点をマークしました。八村選手は25分余りプレーして、リバウンドとアシストはともに1つで、相手のボールを奪うスティールは2つでした。ウィザーズは第4クオーターで逆転して127対119で勝ち、連敗を6で止めて通算成績を30勝40敗としました。この試合で38点をあげたレイカーズレブロン・ジェームズ選手は通算3万6947点となり、歴代2位となりました。
f:id:penpensosss:20220321074042j:plain★国内感染者 66人死亡(累計2万7,138人)・ 3万9,659人感染(累計610万9,637人)!。20日全国で3万9659人の感染が発表されています。又、京都府で8人、千葉県で8人、東京都で8人、大阪府で7人、兵庫県で6人、北海道で4人、神奈川県で3人、福岡県で3人、茨城県で3人、埼玉県で2人、広島県で2人、鹿児島県で2人、三重県で1人、奈良県で1人、宮城県で1人、宮崎県で1人、山口県で1人、山形県で1人、岐阜県で1人、栃木県で1人、熊本県で1人、香川県で1人の合わせて66人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め610万8925人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて610万9637人となっています。亡くなった人は、国内で感染が確認された人が2万7125人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2万7138人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は20日の新たな感染者数です。▽東京都は117万5483人(6502)▽大阪府は75万8281人(2908)▽神奈川県は56万1942人(4371)▽埼玉県は39万1695人(3323)▽愛知県は38万8713人(2037)▽千葉県は33万1963人(2588)▽兵庫県は31万5245人(1680)▽福岡県は28万1383人(1762)▽北海道は20万5866人(1519)▽京都府は14万6789人(761)▽沖縄県は11万3781人(677)▽静岡県は11万2804人(895)▽茨城県は10万1374人(1282)▽広島県は8万8320人(660)▽奈良県は6万9419人(331)▽群馬県は6万3942人(441)▽滋賀県は6万3642人(445)▽岐阜県は6万2809人(239)▽熊本県は6万216人(250)▽岡山県は5万8556人(373)▽栃木県は5万6467人(433)▽宮城県は5万2521人(489)▽三重県は5万885人(348)▽長野県は3万8919人(446)▽鹿児島県は3万8372人(321)▽新潟県は3万7396人(492)▽石川県は3万2213人(253)▽長崎県は3万1928人(201)▽福島県は3万1689人(361)▽青森県は3万1223人(415)▽大分県は2万9124人(208)▽佐賀県は2万9098人(94)▽山口県は2万6656人(202)▽和歌山県は2万6587人(126)▽香川県は2万6319人(301)▽富山県は2万5449人(259)▽宮崎県は2万3000人(161)▽愛媛県は2万2262人(216)▽山梨県は2万1121人(156)▽福井県は1万9546人(166)▽岩手県は1万5952人(205)▽山形県は1万5810人(129)▽高知県は1万5576人(113)▽徳島県は1万5017人(129)▽秋田県は1万3727人(173)▽鳥取県は8463人(75)▽島根県は8317人(60)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は12892人(83)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や、ECMOをつけたり集中治療室などで治療を受けたりしている重症者は20日時点で955人となっています。重症者の数は19日から28人減っています。一方、症状が改善して退院した人などは、▽国内で感染した人が551万6590人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人で、合わせて551万7249人です。又今月17日の一日に行われた、自主検査を除くPCR検査などの数は7万5609件でした。

f:id:penpensosss:20220321104455j:plainf:id:penpensosss:20220321104432j:plain★4回目のワクチン接種の効果によって明らかになってきた!。既存の新型コロナワクチンの有効性の限界。日本では現在ブースター接種とも呼ばれる3回目の新型コロナワクチンの接種が進められています。イスラエルではすでに4回目の接種が行われており、その結果の一部が報告されています。残念ながら目覚ましい効果は確認されず、この結果によってワクチン政策は大きな岐路に立たされることとなりそうです。4回目のmRNAワクチン接種後、抗体はどれくらい増えるか 3回目までファイザーのmRNAワクチンを接種した後、4回目にファイザーまたはモデルナのワクチンを接種した場合の抗体価の推移 医療従事者を対象にしたイスラエルでの4回目のワクチンの効果と安全性を評価した研究が報告されています。1250人の医療従事者のうち、ファイザー3回目接種から4ヶ月後以降に154人がにファイザーの4回目の接種を受け、120人がモデルナの4回目を接種しました。ワクチン接種後のスパイク蛋白RBDと呼ばれる、実際のウイルスを中和する中和抗体の量を反映しやすい抗体価の推移を示しています。縦軸は2回目よりは3回目、3回目よりは4回目の後の方が抗体価は高くなっていますが、それほど大きな変化とは言えません。但し、3回目の接種後に時間が経つと抗体価が減ってきますが、4回目によってそれが再上昇するということは確認できます。オミクロン株に対する中和抗体は4回接種後も不十分 野生株、デルタ株、オミクロン株に対する中和抗体価の推移 ワクチン接種後に産生される中和抗体(実際にウイルスを中和するための抗体)の量は、変異株の種類によって異なります。元々、ファイザーやモデルナのmRNAワクチンは、武漢で見つかった新型コロナウイルス(いわゆる野生株)のスパイク蛋白を細胞内で産生し、免疫を得るというものです。しかし、オミクロン株では非常に多くのスパイク蛋白の変異が起こっており、野生株のスパイク蛋白とは顔つきが大きく変わっています。このため、mRNAワクチンの接種によって野生株に対する中和抗体は多く産生されますが、オミクロン株に反応するための中和抗体の量は十分ではありません。4回目の接種ではどうなるかというと、これもやはり野生株と比べると10分の1以下の量となっており、十分とは言えません。中和抗体の量は感染を防ぐ効果と概ね相関すると考えられており、オミクロン株に対して十分な中和抗体が産生されないことは、十分に感染を防ぐことは難しいと推測されます(重症化を防ぐ効果は必ずしも中和抗体の量と相関しません)。4回目のワクチンの感染予防効果は11〜30% 4回目のワクチン接種をした人と、3回目までの接種の人の累積罹患率の推移 この研究では、4回目のワクチン接種をしなかった人(3回目まで接種した人)は、観察期間中に25%がオミクロン株に感染したのに対し、ファイザー接種群は18.3%、モデルナ接種群は20.7%が感染しており、3回目接種のみの人と比べた感染予防効果はそれぞれ30%、11%と計算されました。但しこの研究では参加者の人数が多くないため、ワクチンの効果を過小評価している可能性もあります。因にこの研究でオミクロン株に感染した医療従事者は、4回目接種群の方が無症候性感染者の割合が多かった(25〜29.2%)ものの、4回目を接種した群も接種なしの群と比べてウイルス量は多く、感染した場合の周りに感染を広げるリスクはおそらく変わらないものと考えられます。4回目接種後に生じた副反応の頻度 尚、4回目の接種後に生じた副反応は、3回目までの副反応と大きな違いは見られませんでした。これまで通り接種部位の腫れや痛み、だるさ、筋肉痛、頭痛、発熱、リンパ節の腫れなどが見られています。3回目までよりも特に副反応が多くなる、ということはなさそうです。60歳以上の高齢者では感染リスクが半減、重症化リスクが1/4 ファイザー社は3月15日にプレスリリースを発出し、イスラエルにおける60歳以上の高齢者を対象にした4回目のワクチン接種の効果について発表しました。このプレスリリースによると、3回目の接種から4ヶ月後以降に4回目のワクチン接種をした高齢者では、4回目を接種していない高齢者と比較して感染者が半分、重症化した人が4分の1であった、とのことです。これらのデータを元に、ファイザー社はアメリカのFDAアメリカ食品医薬品局)に65歳以上の高齢者に対する4回目の接種に関する申請を行ったとのことです。4回目接種の効果で見えてきた既存ワクチンの限界 以上のように、4回目のワクチン接種の効果や安全性に関する情報は限られていますが、3回目と4回目とでは大きな効果の差はなく、少なくとも「全員が4回目の接種をしたらコロナは終息する」ということは期待できなさそうです。オミクロン株が主流となっている現状においては、4回目のワクチン接種することで接種した人の感染リスクを下げることはできるようですが、感染を完全に防ぐことはできないようです。高齢者では時間経過とともに重症化を防ぐ効果も下がってきますので4回目を接種する意義はあるでしょう。病院内でのクラスターを少しでも防ぐという意味では医療従事者も接種対象になると思われます。然し、既に3回接種を完了して重症化リスクが大きく下がったそれ以外の人たちにとって、3回目からたった4ヶ月の間隔で4回目の接種を行うのは現実的ではないでしょう。今回の4回目の接種の効果に関する報告は、有効性を示したというよりは既存のワクチンの限界を示したとも言えます。これまでにmRNAワクチンなどの新型コロナワクチンが果たした功績はあまりに大きく素晴らしいものです。現在、感染力が極めて強いオミクロン株で感染者が爆発的に増えてしまいましたが、それでもこれだけの重症者・死亡者で済んでいるのはワクチン接種の影響が非常に大きいです。然し、既存のワクチンは重症化予防効果は保たれているものの、短期間で出現してくる変異株に対して十分な感染予防効果を持続的に保つことができなくなってきています(今後、オミクロン株よりもワクチンが効きやすい変異株がオミクロン株から置き換わるということも、これまでの変遷を考えればあまり期待できないでしょう)。4ヶ月ごとに追加接種を延々と行うことは、一部の免疫不全者・基礎疾患のある方や高齢者以外の人々にとっては現実的に難しいと考えられます。既存のワクチンの追加接種は重症化リスクの高い人に限定し、今後は、より長期間効果が持続するワクチンや、様々な変異株に対して幅広い効果を持つワクチンの開発に注力すべき、という意見が増えてくるでしょう。そういう意味では、今回の4回目の接種に関する効果に関する報告は、今後のさらなるワクチン開発の必要性を改めて認識させるものになったと言えるでしょう。そして、そうしたワクチンが登場するまでは、4回目以降のワクチンは「どういった人たちへ」「どれくらいの間隔で」接種すべきなのか、科学的根拠と実現可能性の見地から検討しなければなりません。尚、高齢者や基礎疾患のある方にとっては3回目のワクチン接種が重症化リスクを大きく下げることは間違いありません。又多くの人にとっても3回目のワクチン接種はオミクロン株による感染を防ぐ効果を再び高めることができます。

f:id:penpensosss:20220321105102j:plain堀琴音が1打差で逃げ切り、ツアー2勝目を挙げた!。◇国内女子◇Tポイント ENEOS ゴルフトーナメント 最終日(20日)◇鹿児島高牧CC (鹿児島)◇6419yd(パー72)単独首位で出た堀琴音が3バーディ、1ボギーの「70」として通算9アンダーで逃げ切り、優勝した。2021年7月の「ニッポンハムレディス」に続くツアー2勝目を手にした。前週は2位で惜敗していた。優勝スピーチで「こんなに早く2勝できると思っていなかったので、うれしい」と話した。西村優菜と葭葉ルミが1打差の通算8アンダー2位。昨年6月のプロテストに合格した内田ことこが7アンダー4位で終えた。高橋彩華が通算6アンダー5位。5アンダー6位に上田桃子森田遥、吉田優利が並んだ。ツアー23勝の横峯さくらが通算4アンダー9位で、国内ツアーでは2018年3月「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」以来となるトップ10入りを果たした。西郷真央は「69」で通算3アンダーの10位で終え、連続アンダーパー記録を26試合に更新した。前年覇者の小祝さくらが同順位で並んだ。<主な上位成績>1/-9/堀琴音 2T/-8/西村優菜、葭葉ルミ 4/-7/内田ことこ  5/-6/高橋彩華 6T/-5/上田桃子森田遥、吉田優利 9/-4/横峯さくら 10T/-3/西郷真央、小祝さくら ほか。

f:id:penpensosss:20220321105132j:plain

地震による断水続く 宮城と福島で約9000戸断水(20日午後6時)!。宮城県福島県では、地震の影響で、一時6万戸以上が断水しましたが、復旧作業の結果、断水が続いているのは、宮城県福島県のおよそ9000戸となっています。このうち宮城県では多くの地域で復旧が進み、20日午後6時現在、角田市の54戸となりました。又、福島県では20日午前9時の時点で9250戸が断水していて、20日中に全域で送水が可能となる見込みですが、一部の水道管で復旧工事が続いているため、全戸に飲み水が供給されるまでまだ時間がかかるとしています。福島県内 計9250戸が断水(午前9時現在)震度6強の揺れを観測した福島県相馬市周辺で、水道水を供給している相馬地方広域水道企業団によりますと、復旧作業に伴って地域によっては断水は徐々に解消されているものの、午前9時現在、▽相馬市で5864戸、▽新地町で1903戸、▽南相馬市鹿島区で1483戸の合わせて9250戸で断水しているということです。20日中に全域に水を送ることができるようになる見込みですが、一部の水道管では復旧工事が続くことから、全戸に水が供給されるまでまだ時間がかかるとしています。又、水が出ても濁りのあるおそれがあることから、企業団が水質を確認するまでは、飲み水には使わないよう呼びかけています。福島県20日も断水続く 復旧を待つ声 福島県の新地町、相馬市、それに南相馬市の一部の地域では、20日も断水が続いていて、復旧を待つ声が聞かれました。南相馬市鹿島区に6人で暮らす田中孝好さんの自宅では、20日午後5時半の時点でまだ断水が続いています。飲み水としては、親戚が送ってくれたペットボトルの水を飲み、トイレを流す水には地震が起きる前の日に風呂にためていた水を使っています。又、食器を洗わなくて済むよう、食器にラップを敷いてから使ったり、近くに住む親戚の家から井戸水を分けてもらったりと、工夫しながらやりくりしています。田中さんは「何をするにも水が必要で、6人だとあっという間に水が無くなり不安です。早く断水を解消してほしいです」と話していました。宮城県内では角田市の54戸が断水 宮城県内の各自治体によりますと、20日午後6時の時点で、県内では角田市のおよそ50戸を除いて復旧し、断水は解消されました。宮城県内では角田市の54戸で断水が続いています。角田市は21日中の復旧を目指すとしています。一方、栗原市では2759戸が20日も断水していましたが、試験的に水を通した結果、飲み水として使えることが確認できたため、午後5時半までに市内の全ての地域で断水を解消しました。大崎市でも市内のすべての地域で断水が解消しました。大崎市では19日夜、松山地域の断水が解消したのに続いて、20日午後0時15分までに、鹿島台と田尻地域でも飲み水として使える水が出ることが確認できたということです。又町内全域で断水していた美里町では、20日の午前4時までに断水が解消されました。涌谷町でも一時全域が断水していましたが、20日の午前9時半までに断水が解消されました。涌谷町は、さびなどが含まれる水が出た場合は、町役場の水道を利用してほしいと呼びかけています。仙台市のごみ処理施設 家具など災害ごみを受け入れ仙台市のごみ処理施設では、今月16日の地震で使えなくなった家具などの災害ごみを受け入れていて、自宅の片付けを終えた市民が運び込んでいます。仙台市では今回の地震で、壊れたり汚れたりして使えなくなった家具などの災害ごみについて、4か所の処理施設で無料で受け入れています。このうち青葉区にある施設では20日も自宅の片付けを終えた市民が車で訪れ、割れた食器や壊れた家具などを次々と運び込んでいました。20代の男性は、「絨毯がぬれて汚れてしまい使えなくなってしまいました。物が倒れて壊れる被害をこれまでも繰り返しているのでつっかえ棒や滑り止めシートなど基本的な対策をもう1度見直そうと家族で話し合いました」と話していました。又、50代の男性は、「大きな被害はありませんでしたが、食器が割れたほか、棚も壊れてしまいました。このあと2、3回は往復することになりそうです」と話していました。仙台市の施設では3月末まで災害ごみを受け入れます。持ち込む場合には、各区役所で「り災届出証明書」の発行を受けたうえで、区の環境事業所に事前に電話で連絡し、環境事業所の窓口で申し込んでほしいとしています。

f:id:penpensosss:20220321105637j:plain f:id:penpensosss:20220321105649j:plain★海水浴場で水上バイク暴走 男出頭!。海水浴場で水上バイク暴走「殺人未遂と言われて驚いた」「もう乗らない」…男が出頭 明石市の海水浴場で昨夏、水上バイクが遊泳客の近くを暴走した。事態を重く見た市が、容疑者不詳で殺人未遂容疑などで神戸海上保安部に刑事告発。同県加古川市の男(45)が海保に「自分が運転していた」と名乗り出た。当時、暴走する様子がテレビで流され、男は読売新聞の取材に「こんなに大騒ぎになると思わなかった」と話した。f:id:penpensosss:20220321105151j:plain

地震で脱線した東北新幹線 車両をに戻す作業始まる!。震度6強を観測した今月16日の地震にレールより宮城県内を走行中の東北新幹線が脱線した事故で、20日から脱線した車両をレールに戻す作業が始まりました。作業は少なくとも数日がかかるとみられます。東北新幹線は、今月16日の地震で、宮城県白石市内を走行中の下り列車が脱線しました。JR東日本は被害の調査と並行して復旧も進める方針で、20日午前、脱線した車両をレールに戻す作業を始めました。現場では、新青森方向の先頭車両の周りに作業員が集まり、設置したジャッキで車体を持ち上げレールに乗せる作業が進められていました。今回の事故では17両編成のうち16両が脱線し、JR東日本によりますと、すべての車両をレールに戻すには少なくとも数日がかかることが見込まれるということです。更に、東北新幹線の沿線では▼レールのゆがみや▼架線の切断、▼高架橋や電柱の損傷などが広い範囲で確認されていて、JR東日本は、これまでに経験したことのない、想定外の被害だとしています。東北新幹線は現在、栃木県の那須塩原駅盛岡駅の間が不通となっていて、JR東日本は、今月中の全線での運転再開は困難だとした上で、まずは不通となっている区間を短縮させるなど復旧を急ぐことにしています。




f:id:penpensosss:20220321074528j:plainf:id:penpensosss:20220321074428j:plain地震 観光いちご園に大きな被害 客足も落ち込む 福島 相馬!。震度6強の揺れを観測した福島県相馬市にある観光いちご園は、いちごを栽培する棚が崩れるなど大きな被害を受け、営業を再開したものの、3連休の客足は落ち込んでいて、農家からは落胆の声が聞かれました。相馬市の観光いちご園では、地元の農家が22棟のハウスでいちごを栽培していますが、今回の地震で50か所余りでいちごを栽培する棚が崩れたということです。施設の被害額がどの程度になるかはまだ分かっておらず、地震の翌々日の18日に一部で営業を再開したものの、落下したいちごは廃棄処分となり、販売量が大きく減るほか、3連休にいちご狩りに来る客も落ち込んでいて、営業の被害額だけでおよそ500万円にのぼるということです。ちご園を運営する和田観光苺組合の齋川一朗組合長は、「今月に入ってからは客足も戻りつつあり、3連休はかき入れ時だっただけに、非常に残念です。毎年のように災害に見舞われていて、物的にも精神的にも今回がいちばんつらいです」と話していました。