2/20 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者: 4憶23,032,160人 ・死者: 5百,880,673人! ★国内感染158人死亡(累計2万1,860人)・ 7万1,488人感染(累計449万8,175人)!※コロナワクチン”接種”励行!▼コロナ渦”脅威”はいつ終息する?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--

☆今日21(月)8℃0℃晴 明日22(火)8℃-4℃晴 明後日23(水)8℃-2℃曇/晴 

★コロナ渦予防・ワクチン接種励行及びインフルエンザ予防「手洗い・マスク・3蜜の自粛」!。

 f:id:penpensosss:20220221164841j:plain

★北海道・東北中心 今夜遅くにかけ猛吹雪など警戒を!。発達している低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で、北日本を中心に風が強まっています。21日夜遅くにかけて北海道や東北を中心に雪を伴って非常に強い風が吹く見込みで、見通しのきかない猛吹雪などに警戒が必要です。視界が悪くなって事故が発生しているところもあり運転する際には無理をしないよう心がけてください。気象庁によりますと、発達しながら北海道付近を進む低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で、北海道や東北などでは猛吹雪となっているところがあります。午後2時までの3時間に観測された最大瞬間風速は、▽青森県八戸市で33メートル、▽北海道網走市で31.3メートル、▽山形県酒田市の飛島で31メートルなどとなっています。北日本を中心に雪も強まり、午後2時までの3時間に降った雪の量は、▽北海道斜里町で17センチ、▽宮城県鳴子温泉で9センチ▽北海道留萌市幌糠で8センチなどとなっています。猛吹雪“ホワイトアウト”も 低気圧の影響で21日夜遅くにかけて北海道や東北を中心に雪を伴って非常に強い風が吹く見込みです。21日、北海道と東北で予想される最大風速は25メートルで、最大瞬間風速は35メートルに達する見込みです。北海道では陸上でも最大瞬間風速が35メートルと予想されていて、見通しのきかない猛吹雪、いわゆる「ホワイトアウト」の状態になるおそれがあります。波も高くなり、北海道と東北、それに新潟県で大しけが続く見込みです。気象庁は、暴風雪や猛吹雪による交通への影響のほか、高波にも警戒を呼びかけています。視界が悪く、事故が発生しているところもあります。帰宅の時間帯も風が強いと予想されるため、吹きだまりでの事故や車の立往生などにも警戒し、運転する際には無理をしないよう心がけてください。大雪にも警戒を新潟県や北陸などを含む日本海側では、大雪にも警戒が必要です。22日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで▽新潟県で70センチ▽東北で60センチ、▽北海道と関東北部、それに長野県で50センチと予想されています。その後、23日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで▽新潟県で60センチから80センチ、▽北海道と長野県で30センチから50センチと予想されています。大雪による交通への影響のほか、雪崩や着雪による停電、屋根からの落雪にも十分注意してください。北海道内 鉄道の影響 JR北海道は、21日終日、道内のすべての特急列車のほか、札幌駅を発着するすべての普通列車、快速列車を運休させます。JR北海道は、雪や風が強まり列車の運行に支障が出るおそれがあるとして、21日終日、道内のすべての特急列車を運休させます。更に普通列車と快速列車についても、札幌駅を発着するすべての列車を含めて、ほとんどを終日、運休させます。終日、運休するのは札幌駅を発着する区間では、▽千歳線の札幌と新千歳空港、苫小牧、▽函館線の小樽と岩見沢、▽学園都市線の札幌と北海道医療大学の間です。このほか▽函館線の長万部と小樽、岩見沢旭川、▽室蘭線岩見沢と苫小牧、▽石勝線の南千歳と新得、▽根室線の滝川と新得、▽花咲線の釧路と根室、▽釧網線の釧路と網走、▽宗谷線旭川稚内、▽石北線旭川と網走、▽富良野線旭川富良野、▽留萌線の深川と留萌の間も終日、運休します。▽根室線の釧路と新得の間は、午後2時半ごろまで運休します。JR北海道は、天候しだいで22日以降も運休や遅れが発生する可能性があるとして、ホームページで最新の情報を確認するよう呼びかけています。東北 交通の影響(21日午後0時半時点)東北での午後0時半時点の交通の影響です。【鉄道】新幹線は山形新幹線で一部の列車に遅れがでています。東北新幹線は平常通りです。在来線では奥羽本線羽越本線などで運転の見合わせが相次いでいます。【高速道路】東北自動車道は、吹雪のため岩手県秋田県宮城県福島県の一部の区間で通行止めとなっています。又秋田自動車道や八戸自動車道、日本海東北自動車道東北中央自動車道などの一部区間も通行止めとなっています。JR羽越本線 雪で列車動けず 乗客は下車 21日正午ごろ、雪のため、羽越本線平木田駅中条駅の間で乗客11人が乗った列車が動けなくなりました。動けなくなったのは、新潟駅から村上駅に向かっていた普通列車です。新潟県内は20日から各地で雪になっていて、JRによりますと、列車が正午ごろに現場にさしかかったところ、線路上に積もった雪の影響で動けなくなったということです。JRによりますと午後3時半ごろ、乗客は乗務員の誘導で列車から降りたということで、現在、線路上の除雪作業を進めています。空の便の影響(21日午前11時現在)雪や風の影響で、北海道や東北などを発着する空の便、合わせて213便で欠航するなどの影響が出ています。午前11時現在で欠航したり欠航が決まったりしているのは、▽全日空が73便、▽日本航空が68便、▽スカイマークが24便、▽ピーチ・アビエーションが22便、▽エアドゥが20便、▽ジェットスターが6便となっています。航空各社は、今後の天候次第ではさらに欠航便が増える可能性があるとしてホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。小中学校の臨時休校暴風雪警報が出ている北海道の網走市紋別市北見市常呂町のすべての小中学校は、21日の臨時休校を決めました。▽北見市常呂町にある3つの小学校と1つの中学校、▽網走市内にある9つの小学校と6つの中学校、▽紋別市内にある6つの小学校と3つの中学校です。

f:id:penpensosss:20220221105141j:plain

★猛吹雪で交通障害に要警戒 予想最大瞬間風速35メートルも!。急速に発達する低気圧の影響で、北海道や東北、北陸では、猛吹雪や大雪による交通障害に警戒が必要。20日午後9時半ごろの北海道・留萌市の様子。風で雪が強く吹きつけられ、辺りが真っ白になっているのが確認できる。北海道の最大瞬間風速は、留萌市で30.1メートルとなったほか、えりも岬では36.9メートルを観測した。このあと、北海道や東北では、雪をともなって非常に強い風が吹き、猛吹雪となるおそれがある。予想される最大瞬間風速は、北海道と東北で35メートル。22日朝までの24時間に予想される降雪量は、多いところで北陸で70cm、北海道と関東甲信の山沿いで50cmとなっている。ホワイトアウトや吹きだまりなどによる交通障害に警戒が必要。又、21日の空の便にも影響があり、日本航空で64便、全日空で43便が欠航する。

f:id:penpensosss:20220221071333j:plain☆春の訪れ、一足早く感じて…菜の花ほっこり見頃!。山口県柳井市のやまぐちフラワーランドで早咲きの菜の花が見頃を迎えた=写真=。黄色のじゅうたんのように広がっており、一足早い春の訪れを感じることができる。園内の約1000平方メートルに植えられた早咲きの品種「早陽一号」約2600本。担当者は「まだまだ寒い日が続くが、菜の花を見てほっこりしてほしい」と話す。 午前9時~午後5時で、木曜休園。入園料は高校生以上510円、小中学生250円。問い合わせはやまぐちフラワーランド(0820・24・1187)へ。

f:id:penpensosss:20220221074003j:plain羽生結弦、転倒したビンドゥンドゥンを救助「微笑ましかった」と反響/フィギュア!。大会マスコットのビンドゥンドゥンに抱きつく羽生結弦20日、首都体育館 北京五輪フィギュアスケートエキシビションが20日、行われ、男子で4位だった羽生結弦(27)=ANA=は「春よ、来い」に合わせて滑り、観衆を魅了した。フィナーレでは転倒したマスコットのビンドゥンドゥンを羽生が救助する場面があった。【写真】パンダの帽子をかぶる羽生結弦ビンドゥンドゥンはスケートをはいてリンクに登場。勢ぞろいしたスケーターたちのもとへ向かったが、転倒してしまい、羽生がいち早く駆け付けて起きるのを手伝った。その後、笑顔で羽生がビンドゥンドゥンを抱きしめるシーンもあった。これにスケートファンが反応。ツイッターでは「最後ビンドゥンドゥンに全部持ってかれて見てて微笑ましかった」「滑ってコケるビンドゥンドゥンを助けるゆづドゥンドゥン」「ビンドゥンドゥンが起き上がれなくて、大玉転がしみたくなってる」「ビンドゥンドゥンかわゆー!」などの声があがった。

   f:id:penpensosss:20220221074228j:plain

★手塩にかけ育てて3年、熊本産アサリ復活へ一丸!。有明海の干潟でアサリの育成に取り組む大浜漁協の組合員ら(17日、熊本県玉名市で) 外国産のアサリが「熊本産」として流通する産地偽装が問題になる中、かつて一大産地だった熊本県有明海沿岸では、産地復活に向けた取り組みが進められている。同県玉名市大浜町の漁場ではこの10年、2016、17年以外はアサリの漁獲がゼロ。約3年前から地元の大浜漁協は、満潮時にエイに食べられないよう、稚貝を網に入れて育てている。組合員らは干潮時に網を動かしてアサリが窒息しないよう泥を落としたり、新しい網に移し替えたりする作業を行っている。今年は出荷できる大きさのアサリも育っている。木山義人組合長(75)は「産地偽装が起きていることは残念。地元産アサリの漁獲を復活させ、早く消費者の元へ届けたい」と話した。

f:id:penpensosss:20220221074635j:plain

世界遺産「ハニ棚田」で春の耕作準備進む!。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州紅河県の各郷鎮ではこのところ、農家の人たちが春の耕作準備に追われている。ハニ棚田の至る所で忙しく働く農家の人たちの姿が見られ、活気にあふれる喜ばしい光景が広がっている。 紅河県のハニ棚田は世界文化遺産紅河ハニ棚田群の文化的景観」の重要な構成要素で、ハニ族の人々は棚田での赤米栽培を主な収入源としている。

f:id:penpensosss:20220221071227j:plain★世界の感染者数・死者数(累計)2月20日 14時時点、感染者: 4憶23,032,160人 死者: 5百,880,673人!。★多い国①アメリカ感染者78,457千人死者934千人②イン感染者42,802千人死者511千人③ブラジル感染28,177千人死者644千人④フランス感染21,649千人死者133千人⑤英国感染者18,580人死者160千人⑥ロシア感染者14,979人死者337千人⑦ドイツ感者13,605千人死者121千人。

f:id:penpensosss:20220221075757j:plain

日系人強制収容の大統領令から80年 米で人種差別考える催し!。太平洋戦争中、アメリカで日系人が強制収容されることになった大統領令の発令から19日で80年となり、アメリカでは各地で人種差別問題を考える催しが開かれました。旧日本軍による真珠湾攻撃からおよそ2か月後の1942年2月19日、当時のアメリカのルーズベルト大統領は大統領令に署名し、これを受けておよそ12万人の日系アメリカ人などが各地の収容所に送られました。大統領令の発令から80年となる19日、アメリカでは各地で人種差別問題を考える催しが開かれました。このうち収容所があった西部アイダホ州では、当時と今の人種差別問題を考えるパネルディスカッションが開催され、この中で、当時、両親が強制収容されたという日系人の参加者は「戦争中、人々は強制収容という事実から目を背けていた。こうした問題は今も存在する」と述べました。又、元判事のパネリストは、「近年のヘイトクライムの急増は深刻だ。アジア系住民らの5人に1人が被害を受けたというデータもある」と述べ、現在にもつながる人種差別問題について考える必要があると指摘しました。80年前の大統領令について、バイデン大統領は18日、「二度とないように」という日本語も交えた声明を発表し、人種差別問題と向き合う決意を示しています。アジア系住民ねらったとみられる暴力事件相次ぐ アメリカでは、アジア系住民をねらったとみられる暴力事件が相次いでいます。アジア系住民へのヘイトクライムなどを調べているカリフォルニア州立大学サンバーナーディーノ校の「憎悪・過激主義研究センター」による独自の調査によりますと、ニューヨークなど10の都市では去年1年間、アジア系住民に対する差別や偏見に基づくヘイトクライムとみられる事件が295件で前の年の79件からおよそ3.7倍に増えました。調査を行った都市ごとにみると▽ニューヨークが前の年のおよそ4.4倍、▽ロサンゼルスが前の年のおよそ2.7倍に増えたということです。調査を行った「憎悪・過激主義研究センター」のブライアン・レビン教授は、「アジア系住民に対するヘイトクライムの増加は、新型コロナの感染拡大や、インターネット上で広がる『アジア系はアメリカに悪影響を及ぼす』などという論調と相関関係がある。2020年は、トランプ前大統領の言動などによって偏見が増幅され、ヘイトクライムが増加したが、その傾向は次の年も続いている」と分析しています。

f:id:penpensosss:20220221075523j:plain★独仏 ウから退避勧!。独仏、ウクライナからクライナの退避勧告 「東部で停戦違反」ドイツの外務省は19日、ウクライナに滞在する自国民に対し、直ちに国外退避するよう勧告した。

f:id:penpensosss:20220221074931j:plain

ウクライナ東部の戦闘 爆発や銃撃など停戦合意違反1500件余!。ウクライナ東部では、ウクライナ軍と親ロシア派の武装勢力との間で続く戦闘で1日で確認された爆発や銃撃といった停戦合意違反が、1500件余りに上るなど緊張が高まっています。アメリカは、ロシアがこうした状況を軍事侵攻のための口実にしようとしていると警戒感を強めています。ウクライナ東部では、ウクライナ軍と親ロシア派の武装勢力との間で戦闘が続いています。停戦監視にあたっているOSCE=ヨーロッパ安全保障協力機構によりますと、東部のドネツクとルガンスク周辺では18日夜までの1日で合わせて1566件に上る停戦合意違反が確認されたということです。親ロシア派の武装勢力の報道担当者は17日、「市民を守るために応戦しなければならなかった」と述べ、ウクライナ軍の担当者も19日、「市民や兵士を守る必要がある場合を除いて、報復射撃を行わない」と述べるなどそれぞれ相手に責任があると非難しました。一方、アメリカ・ホワイトハウスのサキ報道官は、19日、声明を発表し、「現地の状況は、ロシアがいつウクライナを攻撃してもおかしくないことを再確認させるものだ」としてロシアが東部の状況を軍事侵攻のための口実にしようとしていると警戒感を強めています。ホワイトハウスによりますと、バイデン大統領は、週末もホワイトハウスに滞在し、現地の状況について定期的に報告を受けているほか、20日は、NSC国家安全保障会議を開き、ウクライナ情勢について協議する予定だということです。

f:id:penpensosss:20220221075316j:plain

★ロシアとベラルーシの合同軍事演習 “撤収の指示まだ出ず”!。ウクライナ北部と国境を接するベラルーシで行われているロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習は、20日に終了する予定となっています。只、ベラルーシ政府の幹部は、NHKなどの取材に対して、ロシア軍を撤収させる指示は現時点で出ていないと明らかにし、部隊が演習終了後、すみやかに撤収するかは不透明です。ウクライナ北部と国境を接するベラルーシでは、今月10日からロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習が続けられ、19日、演習の様子がNHKなど海外メディアに公開されました。演習では、まず、戦闘機の支援を受けた爆撃機が、地上への空爆を行った後、ロシア軍とベラルーシ軍による大規模な戦車部隊が展開し、敵によって一時的に占拠された地域を奪還するという想定で行われました。ベラルーシには、冷戦終結以降、最大規模と指摘されるロシア軍が派遣されていますが、ロシア政府は、この演習も含めて終了すれば、部隊は元の配置に戻るとしています。只、演習を視察したベラルーシ国家安全保障会議のウォルフォビッチ書記は、NHKなどの記者団から部隊は、演習終了後に撤収されるのか聞かれたのに対して「現在、演習の内容を検証しているのでなんとも言えない。大統領が決断すれば撤収することになる」と述べロシア軍を撤収させる指示は現時点で出ていないと明らかにしました。ベラルーシのルカシェンコ大統領は、演習でも使われたロシア軍の最新兵器を自国にも配備したい意向を示していて、ロシアがベラルーシを拠点に軍備強化を進める可能性もでています。アメリカなどは、ロシアが演習を名目にベラルーシに軍の部隊を集結させ、ウクライナに侵攻するのではないかと警戒を強めるなか、ロシアが、部隊のみならず兵器についても演習終了後、すみやかに撤収させるかは不透明です。独 ルフトハンザ航空 キエフ発着便 運航取りやめ ウクライナ情勢を巡って緊張が高まるなか、ドイツのルフトハンザ航空は、ウクライナの首都キエフを発着する便について、今月21日からの1週間、運航を取りやめると発表しました。一方、ルフトハンザ航空は、ポーランドとの国境に近く、日本やアメリカなども大使館の機能を一時的に移転している西部の中心都市リビウへの便は運航を続けるということです。ウクライナを発着する便を巡ってはオランダの航空会社KLMオランダ航空も、オランダ政府が渡航中止を勧告したことなどから航空便の運航を当面、取りやめるとしています。岸田首相 林外相からG7の報告受ける ウクライナ情勢をめぐって緊張が高まるなか、岸田総理大臣は20日夜、総理大臣公邸で、G7=主要7か国の緊急の外相会合から帰国した林外務大臣と会談しました。外相会合で、ウクライナ周辺でのロシアの軍備増強に重大な懸念を共有するとともに、仮にロシアが軍事侵攻すれば、制裁措置を含めた甚大なコストを招く事態になるという認識で一致したことや、関係各国の動向などについて報告を受けたものと見られます。

f:id:penpensosss:20220221085329j:plain★首相 3月にインド訪問で調整!。首相、3月訪印で調整 中国念頭にクアッド連携 岸田文雄首相が3月にインドを訪問し、モディ首相と首脳会談を行う方向で調整に入ったことが19日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。今春に日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国による協力枠組み「クアッド」の首脳会合が日本で開催される予定で、日印両首脳は中国の脅威を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」に向けた協力強化を確認する。首相は新型コロナウイルスの感染状況を見極め、訪印の可否を最終判断する方針だ。

f:id:penpensosss:20220221085115j:plain

商船三井、自動車船で出火 ポルトガル沖、乗組員無事!。ポルトガル沖を航行中、出火した自動車運搬船「フェリシティ・エース」 商船三井は19日までに、同社が運航する自動車運搬船「フェリシティ・エース」がルトガル沖を航行中、船内で出火したと発表した。乗組員22人は無事で、近くの島に全員避難した。消火活動が続く中、船は大西洋を漂流しているという。積み荷はポルシェを含め、ドイツのフォルクスワーゲンVW)グループの高級車など約4千台に上る。 商船三井によると、ドイツから米国に向けて航行中の現地時間16日に出火。油の流出は確認されておらず、ポルトガル海軍が派遣した巡視船が監視しているという。乗組員はポルトガルアゾレス諸島にヘリコプターで搬送された。出火原因は分かっていない。

f:id:penpensosss:20220221103348j:plainf:id:penpensosss:20220221103409j:plain

★コックピットはまるで戦闘機!? KTM『X-BOW GT2』公道仕様をスクープ!。オーストリアのレーシングカーブランド「\KTM」が開発を進める、レーサー『X-BOW GT2』のロードゴーイングカー(公道仕様)。その市販型の最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。スカンジナビア北部の氷上に出現したプロトタイプのフロントエンドには、アグレッシブなリップスポイラーを装備、鋭いヘッドライトが確認できる。注目はドアのないボディだ。ガラスのコックピットはフロントガラス前方をヒンジで固定する、ジェット戦闘機風のキャノピー式コックピットが採用されている。

f:id:penpensosss:20220221071257j:plain
★【国内感染】新型コロナ158人死亡 7万1,488人感染確認(20日)!。
全国で7万1488人の感染が発表されています。又、大阪府で22人、兵庫県で20人、東京都で17人、神奈川県で13人、北海道で11人、千葉県で10人、福岡県で9人、愛知県で8人、広島県で6人、奈良県で5人、京都府で4人、埼玉県で4人、茨城県で4人、和歌山県で3人、栃木県で3人、滋賀県で2人、静岡県で2人、香川県で2人、高知県で2人、鹿児島県で2人、佐賀県で1人、宮崎県で1人、山口県で1人、山形県で1人、岐阜県で1人、岡山県で1人、岩手県で1人、熊本県で1人、石川県で1人の合わせて158人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め449万7463人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて449万8175人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が2万1847人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて2万1860人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。()内は20日の新たな感染者数です。▽東京都は90万6564人935)▽大阪府は58万4150人(8400)▽神奈川県は40万1968人(6814)▽愛知県は28万4794人(4690)▽埼玉県は27万8288人(6070)▽千葉県は24万69人(4160)▽兵庫県は23万3496人(4350)▽福岡県は20万9399人(3189)▽北海道は15万5090人(2334)▽京都府は11万1568人(1769)▽沖縄県は9万4950人(527)▽静岡県は7万7901人1114)▽広島県は6万8926人(771)▽茨城県は6万3569人(1525)▽奈良県は4万7557人(1059)▽群馬県は4万6784人(590)▽岐阜県は4万6755人(612)▽熊本県は4万4129人(470)▽岡山県は4万4105人(641)▽滋賀県は4万1792人(908)▽栃木県は4万272人(652)▽三重県は3万6494人(675)▽宮城県は3万5554人(695)▽長野県は2万8231人(420)▽鹿児島県は2万7706人(388)▽新潟県は2万6113人(415)▽長崎県は2万3338人(258)▽福島県は2万1902人(286)▽石川県は2万1438人(399)▽大分県は2万1271人(230)▽佐賀県は2万439人(204)▽和歌山県は2万233人(311)▽山口県は1万9045人(274)▽青森県は1万8124人(245)▽宮崎県は1万6850人(207)▽香川県は1万5609人(402)▽愛媛県は1万5122人(213)▽山梨県は1万5027人(223)▽富山県は1万4317人(455)▽高知県は1万676人(169)▽福井県は1万257人(292)▽山形県は1万187人(196)▽徳島県は8694人(239)▽岩手県は8313人(270)▽秋田県は8000人(164)▽島根県は5699人(73)▽鳥取県は5512人(140)です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は1万1013人(65)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、20日時点で1477人(-3)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、20日時点で、▽国内で感染が確認された人が35万4290人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて35万4949人となっています。又、今月17日の1日に行われた自主検査を除くPCR検査などの数は速報値で9万632件でした。

f:id:penpensosss:20220221085912j:plain★“高齢者施設など3回目ワクチン接種進める” 後藤厚生労働相!。新型コロナ対策をめぐり、後藤厚生労働大臣は、NHKの「日曜討論」で、高齢者施設の入所者などへの3回目のワクチン接種を、自治体を支援しながら進める考えを示しました。この中で、後藤厚生労働大臣は、新型コロナの感染状況について「新規感染者数は確かに減少に転じているが、『BA.2』と呼ばれる新しい系統の感染などを心配する向きもあり、ピークを越えたかどうかは即断できない。今後、重症者などが増えていくことに的確に対応していく必要がある」と指摘しました。又、3回目のワクチン接種について「交互接種に不安を感じている国民が多いことはよく認識している。副反応の心配もあると思うので、丁寧に説明し、交互接種の有効性や安全性についてご理解いただけるようにしていきたい」と述べました。そのうえで「高齢者施設での接種は非常に重要だ。どんな支援ができるか、高齢者施設ごとに、国も自治体と協力しながらしっかりとサポートしていきたい」と述べました。一方、政府の分科会の尾身茂会長は、濃厚接触者に求める自宅などでの待機期間について「オミクロン株の特徴として、感染してから別の人に感染させるようになるまでの『世代時間』と『潜伏期間』が非常に短くなっていることも踏まえると、さらに柔軟にする議論を始めておいた方がいい」と指摘しました。

f:id:penpensosss:20220221090013j:plainf:id:penpensosss:20220221090023j:plain

★ワクチン3回目接種 1日最大75万回余 目標の100万回に届かず!。新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種をめぐって、政府が1日当たり100万回の実現を目指す中、今月に入ってからの1日当たりの接種回数は最大で75万回余りとなっています。特に高齢者の接種率はおよそ35%となっていて、政府は希望者への接種をどう加速させるかが課題だとしています。3回目のワクチン接種について政府は、2回目から原則8か月としていた接種間隔を去年12月から段階的に6か月に前倒しし、できるだけ早い時期に1日当たり100万回の接種を実現することを目指しています。総理大臣官邸のホームページによりますと、ワクチン接種記録システムのデータでは、今月に入ってから1日当たりの接種回数は増加傾向にあるもののおよそ32万9000回から75万7000回となっています。今月17日までに3回目の接種を受けた人は全人口の12.6%に当たる1600万9146人で、今月末までに対象となる人数の42.7%です。都道府県別で接種率が最も高かったのは▽佐賀県で18.3%、次いで▽岡山県が17.3%▽山口県が17%。最も低かったのは、▽秋田県で8.5%、次いで▽神奈川県が9.7%、▽新潟県が9.8%でした。又、デジタル庁のホームページによりますと、65歳以上の高齢者で3回目の接種を受けた人は19日時点で1260万1114人で、接種率は35.2%となっていて、政府は希望する人への接種をどう加速させるかが課題だとしています。厚生労働省は当初、自治体が8か月の接種間隔で準備をしていたために、接種券の送付が間に合っていないケースも少なくないとみて、接種券が届いていない人も速やかに接種を受けられる体制を整えるよう自治体に改めて周知しています。在宅療養者急増 接種に充てる時間と人員 確保困難に 3回目のワクチン接種を行う医療機関の中には、新型コロナに感染した患者の診察に追われ、接種のスピードを上げられないところもあります。板橋区では3回目のワクチン接種を医療機関で行う個別接種と自治体の会場で行う集団接種を組み合わせて行っていて、接種全体のおよそ7割を個別接種が占めています。このうち個別接種を行う板橋区役所前診療所は、施設に入所する高齢者や外出が難しい高齢者の自宅を訪問し、在宅で接種を行っています。高齢者への接種が本格化した去年6月には1か月で1回目と2回目をあわせて3000回あまりの接種を行いましたが、3回目では今月16日までのおよそ1か月で半数の1500回ほどになっているということです。急激な感染拡大の影響で先月から在宅療養者への往診が急増して対応に追われ、接種のために充てる時間と人員を確保するのが難しくなっているといいます。板橋区役所前診療所の鈴木陽一医師は、「去年の接種は比較的感染が落ち着いていた時期と重なり、もとの予定より数を繰り上げ、予約枠をどんどん確保し、かなりの数の接種をこなせたが、現在は感染した患者の対応に追われながらの接種で思うように接種のスピードを上げるのが難しい状況だ。ただ早く接種したいという高齢者は多いので、厳しい状況だができるかぎりやっていかなければならない」と話しています。又、都内の他のクリニックでは訪れる患者の中に2回目までとは異なるメーカーのワクチンを接種する交互接種に対して慎重な姿勢を示す人や副反応への不安を漏らす人も少なくないということです。高齢者施設43%は3回目未接種 クラスター発生も 3回目のワクチン接種は特に高齢者施設での進捗(しんちょく)が課題となっています。高齢者施設でつくる団体は今月10日に記者会見を開いて、全国の5800余りの施設を対象に行ったアンケート調査の結果を公表しました。それによりますと、今月9日までに3回目の接種を終えていない施設は43.5%に上っています。接種が進まない理由を複数回答で尋ねたところ、「ワクチンがまだ届いていない」が27.1%、「接種券がそろってから対応しようと考えていた」が24.4%、16.3%が「2回目の接種から6か月が経過していない」と回答しました。全国老人保健施設協会の東憲太郎会長は「1回目や2回目の接種のときと比較して全体的に危機感が薄く自治体と施設とのやり取りがスムーズにいかなかった。接種券の発送も遅く、ワクチンの分配においても高齢者施設を優先的にしようという姿勢が感じられなかった。国や自治体は接種券がなくても接種できるということをしっかり周知してほしい」と話しています。厚生労働省は今月15日に高齢者施設で希望する入所者や職員に対するワクチンの3回目接種を今月末までに終えるよう、全国の自治体に通知しました。そのうえで接種の予定について調査したところ、今月末までに接種を完了すると答えた施設は全体の74%にとどまりました。こうした中、厚生労働省によりますと今月14日までの1週間に全国の高齢者施設で確認されたクラスターなどは過去最多の455件に上り、中には接種を待つ間にクラスターが起きた施設もあります。茨城県茨城町の介護老人保健施設では先月下旬から今月にかけて入所者と職員合わせて49人が感染するクラスターが発生し、入所者2人が死亡しました。施設では今月3回目の接種を予定していましたが、その前に感染が広がったということです。施設を運営する社会福祉法人の木村哲之法人本部長は「ワクチンを打ったから必ず感染しないというわけではないが、第5波のときにはかなり効果があり、施設のクラスターは激減したと実感しています。今回は3回目のワクチンが感染拡大に間に合わなかったと感じています」と話しています。専門家「手続きが負担に」新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐる自治体の対応について、複数の自治体の政策アドバイザーをつとめる長野県立大学の田村秀教授は「国から急きょ接種の方針が前倒しされるなか接種券を発送するなど自治体には細かい手続きを行うよう国のほうで求められていて十分に対応しきれていないところがある。自治体が手続きをきっちりやり、業務をこなすのはかなりの負担だ」と指摘しています。そのうえで接種券が届かずワクチン接種をできない人がいる現状について、「平常時は公平性や手続きの妥当性が特に重視されるが、いまは緊急時なので何を優先するのかを考えることが大事だ。早く接種を進めたいならば、接種券がなくても接種が受けられるなど、手続きを省略することなどを国は積極的に認め、自治体の裁量を許容していくべきだ。接種しない人もいるが、接種したい人がどんどん打てるようにすることが求められる」としています。1、2回目接種との比較新型コロナウイルスのワクチン接種について、1回目、2回目の接種と3回目の接種の進捗状況を比べました。厚生労働省内閣官房のまとめによりますと接種が始まっておよそ2か月後の全国の接種率を比べると、▼1回目の接種はおよそ1%、(4/17)▼2回目もおよそ1%で、(5/10)これに対して▼3回目は4.9%と高くなっています。その理由として前回と比べて一度に供給されるワクチンの量が多いことが影響していると考えられます。100万回時の接種率は接種回数について政府が目標とする1日100万回となったのは、1回目と2回目の接種では、接種が始まってからおよそ4か月後の去年6月9日でした。この時の接種率は▼1回目の接種がおよそ15%▼2回目はおよそ5%でした。一方、3回目接種では最も多い日で今月12日のおよそ75万回7000回となっています。接種率だけでみると3回目の接種は19日時点で14%と、1回目で1日100万回を超えた時と同じ程度となっています。100万回時の接種会場は 1、2回目で1日100万回となった時と接種会場の数で比較するとその時期に自治体が設置した集団接種や個別接種の接種会場は全国でおよそ5万3000か所でした。然し、3回目では今月17日時点で全国でおよそ8万8000か所あり、前回と比べて65%増えています。100万回時の高齢者の接種率は 一方で、1、2回目で1日100万回となった時と接種回数に占める高齢者の割合で比較すると▼1回目はおよそ91%、▼2回目はおよそ77%でした。これに対して3回目接種では19日時点で高齢者の割合はおよそ71%とこれまでと比べて低くなっています。

f:id:penpensosss:20220221090702j:plain

JR北海道 暴風雪で特急など168本運休!。JR北海道20日、道内で風や雪が強まり列車の運行に支障が出るおそれがあるとして20日運行予定の列車のうち特急31本を含む合わせて168本の列車の運休を発表しました。このうち特急列車は、▽札幌と釧路を結ぶ「おおぞら」と▽札幌と帯広を結ぶ「とかち」が始発から最終まですべて運休するほか、▽札幌と網走を結ぶ「オホーツク」2本、▽札幌と旭川を結ぶ「ライラック」2本と「カムイ」2本、▽札幌と東室蘭を結ぶ「すずらん」2本、▽旭川稚内を結ぶ「サロベツ」1本の合わせて31本が運休となります。このほか快速と普通列車は▽函館・千歳線で「快速エアポート」22本を含む35本、▽函館線で30本、▽学園都市線で15本、▽石勝線と釧網線でそれぞれ12本、▽花咲線で10本、▽根室線で7本、▽石北線で5本、▽室蘭線宗谷線留萌線でそれぞれ3本▽富良野線で2本がすべての区間で運休、または部分運休します。JRは、今後の天候次第で、更に運休や遅れが出るおそれがあるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

f:id:penpensosss:20220221091218j:plain f:id:penpensosss:20220221090800j:plain f:id:penpensosss:20220221090831j:plain路面電車が乗用車と衝突し脱線 けが人なし 広島!。広島市路面電車が乗用車と衝突し、脱線する事故がありました。20日午前7時20分ごろ、広島市西区己斐本町広島電鉄路面電車が乗用車と衝突し、脱線する事故がありました。広島電鉄によりますと、当時、電車にはおよそ20人が乗っていましたが、乗客にけが人はいないということです。 この事故の影響で広島電鉄は、西広島・土橋駅の間で上下線ともに運転を見合わせています。 事故当時、路面電車は広島駅方面に東へ、乗用車は南方面へ直進していたということです。

f:id:penpensosss:20220221092325j:plain北アルプスで雪崩 1人意識不明 悪天候で救助活動はあす以降に!。19日、長野県の北アルプスの八方尾根でバックカントリーと呼ばれるスキー場のコース外でスキーをしていた2人が雪崩に巻き込まれ、1人は自力で下山しましたがもう1人は意識がないということです。天候が悪いため、救助活動は、21日以降になる見通しです。19日午後3時前、北アルプスの八方尾根で「2人が雪崩に巻き込まれた」と近くにいた人から警察に通報がありました。警察によりますと、雪崩があったのはスキー場のコースの外で、巻き込まれた男性2人は、近くにいた人たちに助け出され1人は自力で下山したということです。もう1人は東京都から来ていた46歳の会社員の男性で、呼びかけに応じず意識がないということです。警察などが20日朝から救助に向かっていましたが天候が悪いため救助活動は21日以降になるということです。2人は登山届を出して、白馬村の「八方尾根スキー場」から唐松岳に登り、スキーで下山している途中だったということです。

f:id:penpensosss:20220221092530j:plain★川に転落男性死兵庫。19日午前10時50分ごろ、兵庫県養父市鵜縄の川で、男性が倒れているのを通り掛かった女性が見つけ、119番した。男性は現場で死亡が確認された!。県警南但馬署によると、近くの職業不詳の男性(53)。男性は上下ジャージー姿で、長靴と手袋を着け、自宅前にある水深約50センチの川で横向きに倒れていたという。近くに大型のシャベルが落ちていたことから、同署は男性が雪を川に捨てようとした際、高さ3~4メートルの土手から転落した可能性があるとみて調べている。

 

f:id:penpensosss:20220221090356j:plain

☆ロコの“もぐもぐ” どら焼き注文急増で「工場フル稼働状態」!。ロコ・ソラーレが“もぐもぐタイム”で食べるどら焼き(津具屋製菓提供)ロコ・ソラーレもぐもぐタイムも大きな反響を呼んでいる。菓子製造会社「津具屋製菓」(長野県)がその一つ。選手たちが同社のどら焼きを食べる姿に注文が急増。関係者は「コロナ禍で注文が減って止まっていた工場のラインがフル稼働状態です」とうれしい悲鳴を上げた。 もぐもぐタイムでは、ほかの食べ物も話題に。銀メダル以上が確定し、チームに米100俵と各メンバーに乳製品1年分を贈呈する全農は、吉田夕梨花がお気に入りの「国産紅はるかの干し芋」を差し入れ。04年アテネ五輪から日本選手団ソウルフード・梅干しを提供する「中田食品」(和歌山県)の「梅ぼし田舎漬」と「しらら」にも注目が集まっている。

f:id:penpensosss:20220221102538j:plain

★生命保険業界の給与体系 販売実績より顧客対応重視に見直しへ!。生命保険業界では、営業職員の給与体系について、顧客対応をより重視した形に見直す動きが広がっています。新型コロナウイルスの影響で、非対面の営業が増える中、多様化する顧客のニーズによりきめ細かく対応するねらいです。このうち明治安田生命は、営業職員の給与について、前の月の販売実績に応じて毎月、変動する仕組みを取りやめます。来年度からは、1年間の実績や勤務態度などをもとにした固定給に切り替え、毎月の販売実績はボーナスに反映させます。短期的な営業成績にとらわれない顧客対応を促すねらいで、自治体とともに行う健康相談やがん検診の周知など、地域の人たちの健康づくりにつながる取り組みも評価に加えます。明治安田生命の山川真哉営業企画部長は「人生100年時代で健康で自分らしく長生きしたいというニーズは高い。地域に根ざした相談対応が求められていて、そこで信頼をえることが事業の発展につながる」と話しています。又、日本生命は、来年度から契約の継続率や相談対応などを対象にした評価制度を新たに設け、今後、給与に反映させる方針です。生保業界では、新型コロナの影響で非対面での営業が増えていて、顧客対応をより重視した評価に見直すことで、健康づくりや老後の資産形成など多様化する顧客のニーズにきめ細かく対応しようという動きが広がっています。

f:id:penpensosss:20220221102737j:plain☆師匠・ジャンボ尾崎に認められる結果を 佐久間朱莉の新たなる“課題”【注目ルーキー報告書】!。3月3日開幕の「ダイキンオーキッドレディス」で幕を開ける今季の国内女子ツアーで、今年もフレッシュなルーキーたちが本格的にプロゴルファーとしての第一歩を踏み出す。そこで昨年末に行われたQTで上位になり、レギュラーツアーを主戦場に戦う選手を紹介。今回は佐久間朱莉(QTランク14位)ジャンボのDNAが注入された佐久間朱莉のドライバースイング ジャンボ軍団から、また一人新たなスター候補がツアーに送り込まれた。佐久間は中学3年から尾崎将司が主宰する「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」に通い、プロを目指してきた。ジャンボ邸を拠点に、2020年には日本ゴルフ協会ナショナルチーム(日本代表)にも選出。そして初受験となった昨年6月の最終プロテストではトップ合格を果たした。身長155センチとプロとしては決して恵まれた体ではないが、飛距離アップのため師匠から出された『とにかく振れ!』という課題をひたすら続けてきた。「短くて重いミニクラブを、ひたすら素振りでマン振り」する日々。その結果、220ヤードだった飛距離は240〜250ヤードにまでアップした。そして93期生の主席として、すぐにその実力の一端を見せつけることに。昨年11月に行われたステップ・アップ・ツアーのシーズン最終戦「京都レディース」で優勝という結果を残した。テスト合格年にプロ初勝利。ただそれを師匠に報告した時には、『まだまだこれからだ』と発破をかけられたという。「優勝と認めてもらえませんでした(笑)。来年はレギュラーで勝って報告にいきたい」。再び“課題”を乗り越えるための日々が始まる。■佐久間 朱莉(さくま・しゅり)出身地:埼玉県川越市 生年月日:2002年12月11日、19歳 出身校:埼玉平成(埼玉県)身長:155センチ体重:52キロ 血液型:AB型 ゴルフ歴:8歳〜最終プロテスト受験回数:1回 1W平均飛距離:240ヤード 目標とするプロゴルファー:ジョーダン・スピース アマチュア時代の主な戦歴:「関東女子ゴルフ選手権」優勝、「三菱電機レディスゴルフ」ローアマチュア。

f:id:penpensosss:20220221103008j:plain

★貝の出荷規制につながる「貝毒」 除去する新種の微生物を発見!。貝を食べることでしびれや呼吸困難の症状を起こす「貝毒」の原因となるプランクトンに寄生し、これを除去する働きを持つ新種の微生物を東北大学の研究グループが発見しました。被害を減らす技術につながるのではないかと期待されています。貝毒は有毒なプランクトンを食べた二枚貝の体内に毒素が蓄積したもので、このうち「まひ性貝毒」は食べた人に手足のしびれや頭痛、呼吸困難などの症状が出て、死亡することもあります。東北大学大学院農学研究科の西谷豪准教授の研究グループが大阪湾の海水を詳しく分析した結果、まひ性貝毒の原因となる有毒なプランクトンに寄生して、これを除去する働きを持つ新種の微生物を発見しました。「アメーボフリア」と呼ばれる微生物の一種で、プランクトンの表面から細胞の中に入り込むと数百個にまで増殖し、寄生したプランクトンを2~3日で消滅させるということです。大阪湾の調査では、繁殖のピークを迎えた有毒プランクトンの70%余りにこの微生物が寄生し、1週間から2週間でほぼ消滅させましたが、多くの海の生物が餌とする「けいそう」などの植物プランクトンには寄生しないということです。都道府県などが行う検査で基準を超える貝毒が検出され貝の出荷が規制される事例は、宮城県岩手県などで増えているということで、研究グループは微生物を増やして海にまくことで、被害や影響を減らせるのではないかと期待しています。西谷准教授は「実用化を目指して安全性や効果を確認し、漁業者の協力も得ながら3年後をめどに海での試験を始めたい」と話しています。有毒プランクトンを消滅させる様子 新たに発見された微生物が、貝毒の原因となる有毒プランクトンに寄生し消滅させる様子を顕微鏡で撮影した映像では、微生物が有毒なプランクトンに取りつくと、細胞の中に侵入して増殖していきます。最後には微生物が300個から400個にまで増えて、プランクトンをいわば乗っ取り、内側から突き破って周りに拡散していく様子が確認できます。有毒なプランクトンを培養し、大量に増やした液体は茶色く濁り、赤潮のような状態になっています。この液体に、発見した微生物を入れて1週間余り経過すると、無色透明になり、プランクトンが消滅したことが分かります。西谷准教授は「微生物が寄生すると、驚異的な速さで増殖し、プランクトンを除去することができる」と指摘しています。まひ性貝毒 水産業界では深刻な問題に 水産研究・教育機構厚生労働省によりますと、まひ性の貝毒は北海道から沖縄までの各海域で発生していますが、近年は範囲が広がったり、期間が長くなったりする傾向にあり、水産業界では深刻な問題になっています。瀬戸内海を例にすると、例年、まひ性の貝毒が報告されてきたのは主に西側の海域でしたが、近年は大阪湾や播磨灘といった東側の海域でも確認されるようになったということです。更に、貝毒が発生する期間も長くなっていて、通常は海水温が上昇する4月下旬ごろから発生し水温が冷たくなると収まるとされていますが、近年は2月ごろから貝毒の発生が報告されるようになっていて、出荷できない時期が長期化する傾向があるということです。まひ性の貝毒をめぐっては発生を未然に防ぐ対策はないとされていて、発生が確認されれば出荷を制限する措置などが取られています。水産研究・教育機構の浜口昌巳さんは「養殖業者にとって貝毒の被害は年々深刻になってきている。これまで対策はないとされてきたので、今回の成果は有効な対処方法になる可能性があるとして期待される」と話していました。宮城県では東日本大震災以降に増加傾向 宮城県の各海域で国の基準値を超える貝毒が検出され出荷の自主規制が行われた件数はここ数年多い状態が続き、規制の期間も長引く傾向があります。宮城県のまとめによりますと、貝毒の検出に伴う出荷の自主規制が行われた件数は以前は年間に10件前後でしたが、東日本大震災が発生した平成23年ごろからは増加傾向にあります。平成30年は26件と、記録が残る平成4年以降で初めて20件を超え、おととしはさらに増えて37件となりました。去年も29件にのぼっています。また以前は、水温が低くなると、原因のプランクトンの発生が落ち着くとされていましたが、最近は冬になっても貝毒が検出されることがあり、ホタテガイなどでは出荷規制の期間が200日以上に及ぶ事例が相次いでいます。こうした背景について、宮城県東日本大震災津波貝毒の原因となるプランクトンが海底から浮き上がり活性化した可能性が考えられると指摘しています。