12/7 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者: 2憶66,449,429人・ 死者: 5百62,356人! ★国内感染者115人(累計172万8,480人)・死者2人(累計1万8,379人)!※コロナワクチンの”接種”励行!▼コロナ渦の”脅威”はいつ終息する?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--

☆今日12/8(水)10℃8℃雨/曇 明日9(木)13℃6℃晴/曇 明後日10(金)13℃3℃曇/晴 ★コロナ渦予防及びインフルエンザ予防「手洗い・マスク・自粛」!。

f:id:penpensosss:20211208121208j:plain★関東や伊豆諸島 非常に強い風 暴風や高波に警戒を!。低気圧の影響で関東の沿岸部や伊豆諸島を中心に風が強まっています。関東や伊豆諸島では9日未明にかけて非常に強い風が吹き海上は大しけとなる見込みで、気象庁は暴風や高波に警戒するとともに、8日昼前にかけては大雨にも十分注意するよう呼びかけています。気象庁によりますと昨夜、伊豆諸島付近に発生した低気圧がゆっくりと東へ進み、関東の沿岸部や伊豆諸島では風が強まっています。▽午前5時47分には千葉県銚子市で29.1メートル、▽午前6時18分には三宅島の坪田で24.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。8日各地で予想される最大風速は▽関東の海上で25メートル、▽伊豆諸島で23メートル、▽関東の陸上で20メートル、最大瞬間風速はいずれも35メートルと予想され、海上は大しけとなる見込みです。低気圧の動きが遅く非常に風が強い状態は9日未明にかけて続く見込みで暴風や高波に警戒が必要です。又低気圧に向かって流れ込む湿った空気の影響で大気の状態が不安定になり、関東の沿岸部を中心に8日昼前にかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水のほか、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」に十分注意するよう呼びかけています。急に冷たい風が吹く、雷の音が聞こえるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。東京湾フェリー 強風で欠航 神奈川県横須賀市久里浜と富津市の金谷を結ぶ「東京湾フェリー」は、強風や高波の影響で▼久里浜を午前6時20分に、また▼金谷を午前7時15分に出発する始発の便から欠航となっています。運航の再開については海上の状況を見ながら判断するとしています。

f:id:penpensosss:20211208075831j:plain☆大谷・真鍋さんに柔道の阿部兄妹…今年も「変わり羽子板」!。今年話題になった人物を題材にした「変わり羽子板」(7日午前10時9分、東京都台東区で)今年、話題を集めた人物を描いた「変わり羽子板」が7日、東京都台東区の人形店「久月」で披露された。二刀流で活躍した米大リーグの大谷翔平選手や、東京五輪できょうだいそろって金メダルを獲得した柔道の阿部一二三(ひふみ)選手と詩(うた)選手、ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎(しゅくろう)さんら13人が色とりどりの羽子板(長さ60センチ・幅25センチ)に描かれた。久月の横山久俊社長(39)は「コロナ禍でも明るい話題があったことを思い返し、来年に向けての励みにしてほしい」と話した。

f:id:penpensosss:20211208075212j:plain☆真下から7色のハイヤ大橋を 牛深町でナイトクルーズ!ライトアップされた牛深ハイヤ大橋を海上から眺める乗客たち 天草市牛深町で、7色にライトアップされた牛深ハイヤ大橋を海上から眺めるナイトクルージングが始まった。来年1月8日までの毎週土曜(元日除く)に運航する。地元有志でつくり、ハイヤ大橋のライトアップを実施している実行委員会と、牛深港発着の遊覧船「サブマリン号」を運航するブルーマリンサービスが連携して初めて企画した。4日は、約20人が参加したモニターツアーがあり、ハイヤ大橋周辺を通る約40分のクルージングを楽しんだ。家族3人で参加した男性(23)=同町=は「真下からの眺めと、海面に映る光がきれいでした」とにっこり。料金は1人1500円。要予約。各日1便で、定員30人。午後6時出港。ブルーマリンサービスTEL0969(73)1173。

f:id:penpensosss:20211208075401j:plainf:id:penpensosss:20211208075539j:plain★師走の伝統行事「大根だき」中止で大根配布 京都 千本釈迦堂!。京都の千本釈迦堂で、大きな釜で炊いた大根を食べて無病息災を願う、師走の伝統行事「大根だき」が、新型コロナの影響で去年に続いて中止となり、かわりに持ち帰って食べてもらうための大根が参拝者に配られています。京都市上京区にある千本釈迦堂では、直径およそ1メートルの大きな釜を使って大根を炊き、参拝者にふるまう「大根だき」を、毎年この時期に行ってきましたが、感染対策のため去年に続いてことしも中止となりました。かわりに持ち帰って食べてもらうための大根を配ることとし、境内には、釈迦を意味するぼん字が書かれた京野菜聖護院大根が、200本用意されました。7日は、雨の降りしきるあいにくの天気となりましたが、地元の人などが訪れて、まるまると育った大根を持ち帰っていました。この大根は、お守りと合わせて1本1000円で用意され、8日も配られることになっています。

f:id:penpensosss:20211208074933j:plainf:id:penpensosss:20211208074954j:plainf:id:penpensosss:20211208075031j:plain
★色鮮やかな「びんてまり」展示会始まる 19日まで 滋賀 愛荘町!。
ガラスびんの中に色鮮やかな手まりを入れた伝統工芸品「びんてまり」の展示会が滋賀県愛荘町で開かれています。「びんてまり」は、愛荘町に伝わる伝統工芸品でいったんガラスびんの中に空洞の手まりを入れたあと、綿を手まりの中に詰め込んで作ります。毎年12月に「愛知川びんてまりの館」で展示会が開かれていて、ことしは直径9センチから、大きいものになると25センチのびんてまり、445点が展示されています。新型コロナ終息の願いを込めて疫病から人々を守るとされる妖怪のアマビエや、サンタクロースなどの色鮮やかな刺しゅうが施されていて訪れた人たちを楽しませていました。会場を訪れた40代の女性は「クリスマスや紅葉など手まりに季節感が表れていてすごくきれいでした」と話していました。「愛知川びんてまりの館」の小川亜希子副館長は「コロナ禍で気分が沈むこともあると思いますが、色とりどりの華やかなびんてまりを見て温かな気持ちになってもらえれば」と話していました。この展示会は休館日の月曜日と火曜日を除いて、12月19日まで開かれています。

f:id:penpensosss:20211208080137j:plain靖国神社超党派議連の99人が一斉参拝 岸田内閣からは9人!。超党派議員連盟みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、新型コロナウイルスの感染拡大で、おととし秋から一斉参拝を見送っていましたが、7日、およそ2年ぶりに100人近い議員がそろって靖国神社に参拝しました。超党派議員連盟みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、毎年、春と秋の例大祭と、8月15日の「終戦の日」に東京 九段の靖国神社に参拝していますが、新型コロナの感染拡大を受けて、おととし10月以降、一斉参拝を見送っていました。議員連盟では、国内の感染状況が落ち着いていることや、衆議院選挙が終わったことなども踏まえ一斉参拝を再開することを決め、7日午前8時ごろ、会長を務める自民党の尾辻元参議院副議長のほか、自民党日本維新の会、国民民主党などの衆参両院の国会議員99人がそろって参拝しました。このうち岸田内閣からは、内閣府赤池副大臣や、環境省の務台副大臣ら、9人の副大臣政務官が参拝しました。参拝のあと、尾辻氏は記者会見し「久しぶりにみんなで参拝できてよかった。コロナという国難に見舞われている日本をしっかりと守ってくださいとお願いした」と述べました。また、岸田総理大臣の参拝については「参拝したい気持ちはお持ちだと思うので、早い機会に参拝してもらいたい」と述べました。韓国外務省「深い憂慮と遺憾」 超党派の国会議員による靖国神社の一斉参拝について、韓国外務省は報道官の論評を出し「植民地侵奪侵略戦争を美化する象徴的な施設である靖国神社に参拝したことに対し深い憂慮と遺憾の意を表明する」としています。そのうえで「歴史を正しく直視し、過去の歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すとき、国際社会が日本を信頼できるという点をいま1度厳しく指摘する」としています。

f:id:penpensosss:20211208074701j:plain★世界の感染者数・死者数(累計)12月7日 14時時点、感染者: 2憶66,449,429人 死者: 5百62,356人、★多い国①米国感染者49,278者789千人②インド感染者34,641千人死者475人③ブラジル感染22,147千人死者615千人④英国感染者10,515者145千人⑤ロシア感染者9,661千人死者276千人⑥トルコ感染者8,923千人死者78千人⑦フランス感染者7,727千人死者117千人。

f:id:penpensosss:20211208085158j:plainインドネシア火山噴火 34人死亡 17人行方不明に 捜索急ぐ!。インドネシアのジャワ島で4日に起きた火山の噴火では、火砕流がふもとの集落に到達し、これまでに34人の死亡が確認されました。さらに17人が行方不明となっていて、救難当局が捜索を急いでいます。インドネシアのジャワ島東部では4日、標高およそ3600メートルのスメル山が噴火し、火砕流や火山灰が、ふもとの集落に到達しました。国家災害対策庁によりますと、これまでに34人の死亡が確認されました。また、依然として17人の行方が分からなくなっているほか、56人が、やけどなどのけがをしたということです。さらに、噴火によって周辺のおよそ3000棟の住宅が被害を受け、現地からの映像では、住宅が埋まり、屋根だけが見えている様子も確認できます。国家捜索救難庁は、犠牲者の数がさらに増えるおそれもあるとして捜索を急いでいますが、手作業で地面を掘り起こしているうえ、悪天候のために活動は難航しています。京都大学火山活動研究センターの井口正人教授は「スメル山はインドネシアで最も活動的な火山の1つで、94年の噴火でも死者が出ている。今回の噴火は、そのときのものよりも災害の規模が大きい」と話してた。

f:id:penpensosss:20211208085810j:plain★オミクロン株 日本含め48の国と地域で感染確認!。NHKが7日午後4時時点でまとめたところ、新たな変異ウイルス、オミクロン株の感染は、日本を含め世界の48の国と地域で確認されています。【アジア】日本、香港、韓国、インド、シンガポール、マレーシア、スリランカ、タイ、モルディブ、ネパール【オセアニア】オーストラリア、フィジー【北米】アメリカ、カナダ【中南米】メキシコ、ブラジル、チリ、アルゼンチン【ヨーロッパ】イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、デンマークチェコオーストリアスウェーデンフィンランドノルウェー、スペイン、ポルトガル、スイス、アイルランドギリシャアイスランドルーマニア、ロシア【中東】イスラエルサウジアラビアUAEアラブ首長国連邦【アフリカ】南アフリカボツワナ、ナイジェリア、ガーナ、ジンバブエチュニジアザンビア

f:id:penpensosss:20211208090027j:plainIOC「政治決定を尊重」 米 北京五輪・パラ 外交的ボイコットで!。IOC国際オリンピック委員会は6日、アメリカのバイデン政権が来年の北京オリンピックパラリンピックについて、政府関係者を開会式などに派遣しない「外交的ボイコット」を明らかにしたことを受けて「政治的決定を尊重する」とする声明を発表しました。来年2月と3月に開かれる北京オリンピックパラリンピックについてアメリカのバイデン政権は、中国の新疆ウイグル自治区などでの人権状況を理由に政府関係者を開会式などに派遣しない「外交的ボイコット」をすると明らかにしました。これを受けてIOCは6日、声明を発表し「政府関係者の出席は、各政府の純粋な政治的決定であり、IOCは決定を尊重する」としました。そして、選手団については派遣する方針を示したことに触れ「オリンピックと選手団の参加が政治を超えたものであることを明確にしていて歓迎する」としています。IOCでは7日から3日間の日程で予定されている理事会の中で北京オリンピックの準備状況などについて確認するとしていましたが、今回のアメリカの「外交的ボイコット」を受けてバッハ会長やIOC委員らの発言や対応が注目されます。

f:id:penpensosss:20211208090247j:plainノーベル物理学賞のメダル 真鍋淑郎さんに授与 米ワシントン!。今年のノーベル物理学賞に選ばれたアメリカ・プリンストン大学の真鍋淑郎さんにノーベル賞のメダルを授与する式典が6日、首都ワシントンで行われました。今年のノーベル賞のメダルの授与は新型コロナウイルスの影響で、それぞれが住んでいる国で行われることになり、6日、アメリカの首都、ワシントンで式典が行われました。ノーベル物理学賞に選ばれたプリンストン大学の真鍋淑郎さんは、化学賞と経済学賞を受賞する研究者2人とともに式典に出席し、笑顔でノーベル賞のメダルと賞状を受け取っていました。式典に先立って行われたシンポジウムで、真鍋さんは「研究を楽しんできた人生でしたが、若い人たちも自分たちが得意なことや楽しめるテーマを見つけて、すばらしい時間を過ごしてほしい」と述べ、若い世代の研究者にメッセージを送りました。真鍋さんは愛媛県の出身で、現在はアメリカ国籍を取得していて、気候をシミュレーションするモデルの基礎を開発して地球温暖化研究を切り開いた功績で、ドイツとイタリアの研究者とともにことしのノーベル物理学賞の受賞者に選ばれました。日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含め28人目で、物理学賞では6年前の梶田隆章さんに続き、12人目になります。真鍋さん「本当に自分のやりたい好奇心満たす研究を」式典のあと、報道陣に囲まれた真鍋さんは「いかがでしたか」と日本語で尋ねられたのに対し、いったんは英語で説明を始めましたが、日本の報道陣の取材と気づくと「これは日本語で大丈夫?じゃあ、始めからやりますか」と話し、もう一度、日本語で答え始めました。今回の受賞について真鍋さんは「とにかく大変な驚きで非常に喜んでいます。特にこれが地球科学、気候変動に対して出たことに非常に意味があると思う。日本でも土砂崩れや洪水の頻度が増え、非常に大きな問題になってきているので、これから若い人に気候変動の研究をやってほしい」と話していました。更に「若い人に言いたいんだけど、格好のいい研究、格好のいい分野を選ぶことは必ずしも考えないで、本当に自分のやりたい、好奇心を満たすような研究をやってほしい。若い人に自分の得意なことをやれと。興味があって得意なことをやれば、一生、楽しい人生を過ごせるので、これからぜひ、そういう具合に研究してもらいたい」と若い世代に対してエールを送っていました。真鍋淑郎さん経歴と業績アメリカ・プリンストン大学の客員研究員で、海洋研究開発機構のフェローを務める真鍋淑郎さんは現在の愛媛県四国中央市出身の90歳です。1958年に、東京大学で博士課程を修了後、アメリカの海洋大気局で研究を行いコンピューターによる気候のシミュレーションモデルを開発しました。1967年にはこのモデルを応用して二酸化炭素の濃度が2倍になると気温が2.3度あまり上昇することを導き出し、世界に先駆けて二酸化炭素の増加が地球温暖化に影響することを示しました。又1969年には大気と海洋を結合した物質の循環モデルを提唱し、大気と海の熱の交換をモデルに取り入れることで、二酸化炭素が増加すると地球全体の気候がどのように変化するのかを導き出しました。こうした研究成果は地球温暖化の研究に欠かせないものになり、真鍋さんは各国の温暖化対策に大きな影響力をもつ国連のIPCC=「気候変動に関する政府間パネル」が1990年に最初に出した第1次報告書の執筆責任者の1人にもなるなど、世界からさらに注目されるようになりました。2015年にはアメリカのノーベル賞といわれる「ベンジャミン・フランクリン・メダル」を受賞。2018年にはスウェーデン王立科学アカデミーが選ぶクラフォード賞を受賞していました。真鍋さんは渡米後の1975年にアメリカの国籍を取得して1997年に一度、日本に帰国し海洋研究開発機構などでも研究を続けていましたが、再びアメリカに戻り、2001年からはプリンストン大学で客員研究員を務めています。出身地 愛媛 四国中央の人達も見守るアメリカで行われたノーベル物理学賞の式典を、真鍋淑郎さんのふるさと愛媛県四国中央市の人たちもパブリックビューイングで見守りました。真鍋淑郎さんの出身地、四国中央市新宮町にある施設では市が主催するパブリックビューイングが行われ、式典の模様をインターネット中継で見ようと午前5時の早朝から真鍋さんの同級生や地元の人などおよそ50人が集まりました。そして、真鍋さんの姿が映し出され、記念のメダルなどを受け取ると会場は大きな拍手に包まれました。同級生の大岡武重さん(90)は「当時から尊敬していたし、やはりすごいなという思いです。同級生が90歳という中、現場で研究されて受賞されるというのは夢のようです」と話していました。地元で茶を生産している男性は「これをきっかけに地域の活性化につなげていけたらと思います。真鍋さんにはできれば一度帰ってもらい、顔を見せてほしい」と話していました。又、新宮公民館の出水武美館長(74)は「先生の功績をたたえたいと思います。これからも頑張っていただきいつか新宮に帰ってきてお祝いしたい」と話していました。北海道大学 山中教授「温暖化の研究 源流はすべて真鍋先生」真鍋さんのかつての部下で30年あまりにわたって親交がある北海道大学の山中康裕教授はメダルが授与された時の真鍋さんの様子について「さすがに緊張していたようで少し固かったが、特徴のある歩き方は30年前と変わっていなかったです」と話していました。そして「ノーベル賞は人類の貢献につながる研究をした人に贈られる賞であり、まさに気候モデルの開発がそれにあたる。温暖化の研究は現在、あらゆる学問が絡んでいるがその源流はすべて真鍋先生であり、私自身も真鍋先生の考え方を受け継いで研究をしているのでとてもうれしいです」と改めて功績をたたえていました。科学技術政策担当者「若い能力あるひと才能いかす支援を」国の科学技術政策を担当する科学技術振興機構の濱口道成理事長は真鍋さんが若くしてアメリカに渡って業績を積み重ねたことを念頭に「ノーベル賞の受賞者が受賞理由となった論文を発表した年代は30代がピークだが日本では30代の研究者はほとんど独立しておらず大きなプロジェクトの歯車になっている。才能が十分いかされるような環境が少ないと言える。若い能力のあるひとの才能をいかすような支援がまだまだ足りてない」と話していました。そして、真鍋さんのような研究者を日本で育てるために必要なこととして「才能のある若手が全国にたくさんいます。若く独創的なアイデアをもっている人をお互いに刺激し合う環境で長期的に育てる必要があります。研究は成果が出るまで長い時間がかかるもので、真鍋さんのような方をもっと生み出す国となるためおおらかな気持ちで研究者の成長を見ていく必要がある」と話していました。

f:id:penpensosss:20211208090342j:plainf:id:penpensosss:20211208090401j:plainf:id:penpensosss:20211208090451j:plain

★米ロ首脳会談 緊張緩和への糸口見いだせるか不透明!。ロシアが隣国ウクライナの国境周辺で軍備を増強しているとして、欧米各国が警戒を強める中、アメリカとロシアの首脳会談が7日、日本時間の8日行われる予定です。アメリカ側はロシアに対して経済制裁の強化も辞さない構えで、首脳会談で緊張緩和に向けた糸口が見いだせるかは不透明です。ウクライナをめぐり欧米各国は、ロシアが国境付近などで9万人以上の軍の部隊を展開し、軍備を増強しているとして警戒を強めています。こうした中、アメリカのバイデン大統領とロシアのプーチン大統領のオンラインの首脳会談が7日、日本時間の8日午前0時から行われる予定です。これを前に、バイデン政権の高官は6日、記者団に対し「ロシアが大規模な軍事行動に向けて準備を進めているという証拠がある」と述べました。そのうえで首脳会談では、バイデン大統領がプーチン大統領に直接懸念を伝えるとし「ロシア経済に深刻な打撃を与える対抗策に打って出ることもありえる」と述べ、経済制裁の強化も辞さない構えを示しました。一方、プーチン大統領は11月30日「ウクライナ領内にミサイルシステムなどが配備された場合、数分でモスクワに到達する。ウクライナの領土からわれわれに対する脅威を作り出すことこそ、越えてはならない一線だ」と述べ、アメリカなどNATO北大西洋条約機構によるウクライナへの軍事的な関与を強くけん制しました。ウクライナ情勢をめぐって、アメリカとロシアは互いに相手が緊張を高めていると非難していて、首脳会談を通じて緊張緩和の糸口が見いだせるかは不透明です。バイデン大統領 英独仏伊首脳と電話会談 アメリカのホワイトハウスは6日、バイデン大統領がイギリス、ドイツ、フランス、イタリアの首脳と電話で会談し、ウクライナ情勢をめぐって協議を行ったことを明らかにしました。この中で、バイデン大統領と4人の首脳は、ウクライナの国境周辺でロシアが軍備を増強していることに懸念を示したうえで、ロシアに対し、緊張の緩和に努めるよう呼びかけました。又、首脳たちはウクライナの主権と領土保全への支持を強調し、NATO北大西洋条約機構の同盟国やEUヨーロッパ連合の各国と緊密な協議を続け、連携していくことを確認したということです。ウクライナをめぐる米ロの動きウクライナでは、2014年に、ロシアが黒海に面するクリミア半島を一方的に併合し、その後も、ウクライナ東部で、親ロシア派の武装勢力と、ウクライナ政府軍との間で7年以上にわたり、戦闘が続いています。そして、ことしに入って、ウクライナ情勢は再び、揺れ動きます。今年3月ごろ、ウクライナの国境地帯で、ロシアが10万人以上とされる軍の部隊を増強させ、両国の間で軍事的な緊張が続きます。アメリカのバイデン大統領とロシアのプーチン大統領が6月、スイスのジュネーブで初めての首脳会談を行い、両首脳はウクライナ情勢についても協議し、一時は緊張の緩和につながりました。しかし、先月から、ウクライナ国境周辺では、ロシア軍が再び、9万人以上とされる大規模な部隊を駐留させ、ウクライナや、アメリカなどNATO北大西洋条約機構の加盟国は警戒を強めます。これに対し、プーチン大統領は、11月18日に行った外交政策をめぐる演説の中で、アメリカなどNATO側が、黒海周辺の上空で戦略爆撃機を飛行させるなどロシアの国境近くで軍事活動を続けていると強調したうえで「われわれの警告したレッドラインを表面的にしか捉えていない。ロシアは相応の措置をとる」とけん制しました。12月2日には、スウェーデンの首都ストックホルムアメリカのブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相が会談し、ブリンケン長官は、部隊の撤退を求めましたが、ロシア側は、強硬な姿勢を崩していません。そして、アメリカの有力紙、ワシントン・ポストは3日、独自に入手したとする衛星写真を掲載し、ロシア軍がウクライナ周辺の4か所に部隊を集結させつつあると伝えました。また、アメリカ政府の分析として、ロシア軍が今後、部隊を最大17万5000人規模にまで増強し、来年初頭にもウクライナに攻勢をかける可能性があるとしています。欧米側が懸念を強める中、バイデン大統領とプーチン大統領との首脳会談で、緊張の緩和につなげられるかどうかが焦点となっています。松野官房長官「会談の動向を注視」 松野官房長官は、午後の記者会見で「ウクライナ情勢への対応をはじめ、国際社会が強い関心を有する課題が存在している中、日本政府として会談の動向を注視している。アメリカとロシアは国際社会における重要なプレイヤーであり、会談が有意義なものになることを期待している」と述べました。

f:id:penpensosss:20211208091004j:plain★米 ニューヨーク市 市内の全企業の従業員「ワクチン接種義務」!。アメリカのニューヨーク市は、新たな変異ウイルスのオミクロン株の感染対策として、12月27日から、市内のすべての企業に従業員のワクチン接種を義務づけると発表しました。これは6日、ニューヨークのデブラシオ市長が会見で明らかにしました。それによりますと、12月27日から市内のすべての企業に従業員のワクチン接種を義務づけます。従業員の接種義務化は全米の都市で初めてだということで、導入の理由について、オミクロン株の感染力が強いと指摘されていることや、これから寒さが厳しくなること、それにホリデーシーズンで人が集まる機会が増えることなどを挙げています。違反した場合の罰則などについては、12月15日に発表するとしています。対象となる事業所はおよそ18万4000にのぼるということで、デブラシオ市長は「新たな脅威に対処するためには非常に大胆かつ積極的な行動をとる必要がある」と述べ、理解を求めました。又、ニューヨーク市はこれまで屋内の飲食店や劇場などを利用する12歳以上を対象に、ワクチンの接種を少なくとも1回受けたことを示す証明書の提示を求めてきましたが、12月27日からは対象を5歳以上に広げ、1回接種するタイプのジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを接種した人以外は、ワクチンを2回接種した証明書の提示を求めることにしています。

f:id:penpensosss:20211208090747j:plain

★中国 11月の貿易総額増加 原材料高騰などで輸入額 大幅増に!。中国の11月の輸出と輸入を合わせた貿易総額は、去年の同じ月と比べて、およそ26%増加しました。ヨーロッパなどへの輸出が伸びたことや原材料価格の高騰を背景に輸入額が大幅に増えたことなどが要因です。中国の税関当局が7日に発表した11月の貿易統計によりますと、輸出と輸入を合わせた貿易総額は5793億4000万ドルで、去年の同じ月と比べて26.1%増加しました。このうち輸出額は3255億3000万ドルと、22%増加しました。これは、ヨーロッパや東南アジア向けへの輸出が増加したほか、パソコンなどの電子機器の輸出が引き続き好調だったことが要因です。また、輸入額は2538億1000万ドルと31.7%の大幅な増加となりました。国内での電力不足に対応するため、燃料の石炭の輸入量が増加したことに加えて、原油天然ガス、それに銅などの原材料価格の高騰で輸入額が伸びたことが要因とみられます。原材料価格の高騰は、中国経済の減速の要因の1つとなっていて、中国の中央銀行中国人民銀行が6日、中小企業などの資金繰りを支えるために追加の金融緩和策を発表するなど、当局は懸念を強めています。

f:id:penpensosss:20211208091253j:plain

トヨタ 米南部に電池生産工場建設へ 2025年稼働開始予定!。車の電動化が世界的に進む中、トヨタ自動車アメリカでは初めてとなる電池の生産工場を南部ノースカロライナ州に建設する計画を発表しました。北米トヨタは6日、アメリカでは初めてとなる電池の生産工場を南部ノースカロライナ州に建設する計画を発表しました。理由として交通のインフラが整っていて完成車工場に製品を運びやすいことに加えて、再生可能エネルギーを利用しやすいことなどを挙げています。計画では、この生産工場の建設のために、トヨタ自動車豊田通商と設立した新会社で、12億9000万ドル、日本円で1400億円あまりを投資して、1750人を雇用するとしています。また、稼働開始は2025年を予定していて、まずはハイブリッド車用のリチウムイオン電池を生産し、生産能力は当初年間80万台分で、その後は年間120万台分に拡大するとしています。車の電動化が世界で進む中、アメリカではGMゼネラル・モーターズやフォードも電池工場の建設を進めていて、大手自動車メーカーの間で巨額の投資計画が相次いでいます。

f:id:penpensosss:20211208091610j:plain★米 北京五輪・パラ 「外交的ボイコット」へ 選手団派遣の方針!。アメリカのバイデン政権は、来年2月と3月に開かれる北京オリンピックパラリンピックについて、政府関係者を開会式などに派遣しない「外交的ボイコット」をすることを明らかにしました。中国の新疆ウイグル自治区などでの人権状況が理由だとしていて、中国政府は強く反発するものと見られます。アメリカ・ホワイトハウスのサキ報道官は6日の記者会見で「バイデン政権は北京オリンピックパラリンピックに外交や公式の代表を派遣しない」と述べ、「外交的ボイコット」をすることを明らかにしました。その理由としては、中国の新疆ウイグル自治区で、民族などの集団に破壊する意図をもって危害を加える「ジェノサイド」が続いていることなど、中国政府による人権侵害を挙げました。サキ報道官は「人権侵害が行われている状況下では通常どおりに対応するわけにいかないというメッセージになる」としています。一方で、選手団は派遣する方針だということです。中国政府はこれまで、新疆ウイグル自治区における人権問題への批判に対し「内政への干渉だ」と反発していて、今回の発表に対しても強く反発するものと見られます。人権重視を掲げるバイデン政権は新疆ウイグル自治区で「ジェノサイド」が続いているという認識を示してきたほか、アメリカ議会の超党派の議員からも「外交的ボイコット」を求める声が上がっていたことなどから、中国の人権状況を容認しない、強い態度を国内外に示すねらいがあります。アメリカの決定は各国にも影響を与えるものと見られ、中国が国際的な影響力を増す中、各国の対応が今後の焦点となります。バイデン政権は、ことし開かれた東京オリンピックでは、開会式に大統領夫人のジル・バイデン氏を、閉会式にはトーマスグリーンフィールド国連大使を派遣していました。中国大使館の報道官「何ら影響を与えることはない」アメリカのバイデン政権が「外交的ボイコット」を発表したことについて、ワシントンにある中国大使館の報道官はNHKの取材に対し「アメリカのいかなる政治家にも招待状は出されておらず、この『外交的ボイコット』はどこからともなく降って湧いたものだ。こうしたうぬぼれた行動は政治的なごまかしでしかなく、オリンピック憲章のひどい歪曲だ」とコメントし、強く非難しました。そのうえで「これらの人々が来るか来ないかは誰も気にかけておらず、冬の北京オリンピックの成功に何ら影響を与えることはない」と強調しました。

f:id:penpensosss:20211208091906j:plainf:id:penpensosss:20211208091921j:plain
★大型クロマグロ漁獲枠 15%増加で正式合意 中西部太平洋で!。
太平洋クロマグロなどの資源管理を話し合う国際会議で、日本の近海を含む中西部太平洋での大型のクロマグロの漁獲枠を15%増やすことで正式に合意しました。これによって日本が漁獲できる量は大幅に増えることになります。中西部太平洋まぐろ類委員会の会議は、今月1日から7日までオンライン形式で開かれ、日本やアメリカ、パプアニューギニアといった島しょ国が参加しました。会議で焦点となった太平洋クロマグロの資源は回復傾向にあるとして、日本近海を含めた中西部太平洋での大型のクロマグロの漁獲枠を15%増やすことで正式に合意しました。これによって来年日本が漁獲できるクロマグロは732トン増えることになります。一方、メバチやキハダなどについては、今の資源管理を2年間継続することになりました。水産庁は、今後、各都道府県などへの割り振りを議論することにしています。太平洋クロマグロ交渉の経緯 マグロは、▽高級マグロとしてトロなどに使われるクロマグロミナミマグロと、▽大衆マグロとして赤身などに使われるメバチとキハダ、ビンナガに大きく分けられます。クロマグロは、世界的に需要が増えて乱獲による減少や枯渇が懸念されていることから各国が連携して太平洋と大西洋などで資源の管理に取り組んでいます。このうち大西洋クロマグロの資源管理を行う国際機関は、資源が回復しているとして、先月、西大西洋での来年の漁獲枠を16%増やすことで合意しました。一方、日本近海を含む太平洋のクロマグロについては「中西部太平洋まぐろ類委員会」で毎年、国や地域ごとに漁獲枠が決められてきました。委員会では資源の減少を受けて、漁獲枠の削減を行ってきました。2014年には世界の野生生物の専門家などでつくるIUCN=国際自然保護連合が「絶滅する危険性が増大している」として太平洋クロマグロ絶滅危惧種に指定し、資源保護を求める声が高まりました。この翌年の2015年、委員会は(開催は2014年)重さ30キロ未満の小型のクロマグロについて年間の漁獲量を2002年からの3年間の平均に比べて、半分に抑えるという規制を設けました。また2017年には(委員会開催は2016年)重さ30キロ以上の大型のクロマグロについて年間の漁獲量の上限を2002年からの3年間の平均とすることになりました。こうした漁獲規制によって資源は回復傾向にあるとして、日本は2018年の会合で漁獲量の上限を15%引き上げるよう提案しました。これ以降去年まで3年連続で引き上げを提案し続けましたが、アメリカなどの反対でいずれも合意には至りませんでした。そして、4年目のことしは夏から開かれた委員会の下部組織の会合で、引き上げを提案する日本の主張が一定程度認められ、大型のクロマグロの漁獲枠を15%増やすことで合意されました。

f:id:penpensosss:20211208092047j:plain

f:id:penpensosss:20211208092105j:plain

f:id:penpensosss:20211208092138j:plain

f:id:penpensosss:20211208092202j:plain

f:id:penpensosss:20211208092225j:plain

f:id:penpensosss:20211208092257j:plain

f:id:penpensosss:20211208092318j:plain

★鉄くずが 黄金に!?。ある商社の社員は、こうつぶやきました。「“鉄くず”が“黄金”のような存在になってしまったんです」ものづくりの現場に欠かせないスクラップなどの鉄くず。然し、まさかの価格高騰で、手に入りにくくなっているというのです。要因は、私たちの暮らしと切り離せなくなった“あの問題”でした。“鉄くず” が記録的高騰私が、ものづくりの現場で起きている“異変”に気づいたのは、先月、静岡県内の工作機械メーカーを訪れたときのこと。世界的な半導体不足の影響について尋ねてみると、意外なことばが返ってきました。「半導体も不足しているんだけど、今は『鋳物』が手に入らないんですよ…」「鋳物」とは、金属を溶かして型に流し込み、冷やして固めた金属部品のこと。自動車や家電などあらゆる製品の土台となる、ものづくりに欠かせない部品です。その主な原料となるのが、スクラップや鉄を加工した際の切れ端などの“鉄くず”です。天然資源に恵まれない日本ですが、スクラップなどの“鉄くず”は、工業大国の日本が他国の影響を受けることなく確保できる貴重な資源のはず。然し、メーカーの取引先の鋳物製造会社を訪ねると、これまで経験したことがないという鉄くず価格の高騰に直面していました。武村社長「去年は1キロ30円台で買っていたものが、今は70円台に上がりました。うちの会社は創業110年になりますが、これほど急激な値上がりは経験したことがありません」関東・中部・関西の3地区で取り引きされた鉄スクラップの平均価格の推移です。新型コロナの感染が拡大し始めた去年4月は1トン当たり1万8500円だった価格が、ことし10月には5万6300円。実に3倍以上に値上がりしています。鉄くずは“グリーン素材”なぜ、鉄くずの価格が高騰しているのか。取材を進めると、世界的に加速する大潮流が背景にあることがわかりました。「脱炭素」です。先月までイギリスで開かれていた国連の気候変動対策の会議「COP26」では、世界の平均気温の上昇を1.5度に抑える努力を追求するとした成果文書を採択。世界各国が競うようにカーボンニュートラル温室効果ガス排出量の実質ゼロ)の目標を打ち出しています。こうした中、特に対応が急がれているのが『鉄鋼業界』。鉄鋼業界から排出される二酸化炭素の量は、国内全体の14%を占めています。鉄の製造は「高炉」で鉄鉱石と石炭由来のコークスを混ぜて溶かす方法で生産されるのが一般的でしたが、この方法だと大量の二酸化炭素が出ます。そこで注目されているのが「電炉」。“鉄くず”を電気の熱で溶かして再利用する製造方法で、これなら鉄の製造時に出る二酸化炭素を最大で7割程度、減らせるといいます。脱炭素の動きが加速する中、鉄くずは、いわば“グリーン素材”として一躍、脚光を浴びる存在になっていたのです。“電炉シフト”にかじを切る中国日本国内の大手鉄鋼メーカーも相次いで鉄くずの再利用に乗り出していますが、この“電炉シフト”に大きくかじを切っているのが、中国です。中国の習近平国家主席は、去年9月の国連総会で「2060年までに二酸化炭素の排出量の実質ゼロを実現できるよう努力する」と宣言。それに向けて、「電炉」での鉄鋼生産の割合を今の2倍に引き上げる目標を掲げました。このため大量の鉄くずが必要となった中国は、国内だけでは調達しきれず、海外からも買い集めるようになっていたのです。特に、良質で割安とされる日本の鉄くずは需要が急激に増加。日本から中国への「鉄スクラップ」の輸出量は、去年は1万6000トン余りでしたが、ことしはすでにおよそ37万トンと、23倍に急増しています。武村社長「中国は北京オリンピックを手前に控えている中で、一生懸命、脱炭素の動きを強めています。こうした中でわれわれのような中小メーカーは高い素材を買って製品を作るか、それとも作るのをやめるか、現場にはこの2つの選択肢しかないんです。コストダウン一辺倒でやってきた日本には、もはや高いモノを買う力がありません。このままでは日本でものづくりを続けられなくなるんじゃないかと不安です」グリーン+インフレーション=『グリーンフレーション』脱炭素につながるモノを世界中で奪い合うことによって引き起こされる価格の高騰。「グリーン=Green」と、継続的に物価が上昇する「インフレーション=Inflation」を合わせて「グリーンフレーション=Greenflation」と呼ばれています。価格が高騰しているのは“鉄くず”だけではありません。例えば最近の「銅」や「アルミニウム」の高騰は、太陽光発電の設備や電気自動車の材料として多く使われ、脱炭素で世界的に需要が高まっていることが要因のひとつになっています。また、石炭や石油など化石燃料への依存を減らすヨーロッパなどでは、二酸化炭素の排出量が比較的少ない「天然ガス」の価格が過去最高値の水準まで高騰。取材を進めると、驚いたことに「グリーンフレーション」の影響は食品にまで及んでいることがわかりました。世界最大のトウモロコシの産地・アメリカ。先月、日本の大手総合商社の現地駐在員が取引先の農家のもとを訪ねると、示されたトウモロコシの価格は、コロナ前から60%も上昇していたといいます。価格高騰の理由の1つが、トウモロコシを主な原料とする「バイオエタノール」の需要拡大。「バイオエタノール」を車の燃料にすれば、ガソリンよりも二酸化炭素の排出量が少なくなるため、脱炭素につながるとしてアメリカ国内で注目度が上がり、相場を押し上げていたのです。日本は多い年でトウモロコシの9割をアメリカから輸入し、多くは牛や豚の餌に使われています。脱炭素によるトウモロコシの値上がりは餌代の高騰につながり、ついには牛肉や豚肉の値上がりの要因になります。いち早く経済活動が再開した中国で豚肉の需要が拡大したことも、トウモロコシの価格高騰に拍車をかけていました。大手総合商社の担当者は、次のように話します。「世界的な物価上昇が起こっていて、この波、トレンドは変わらないと思います。食料自給国ではない日本としては非常に危機感を持たなければいけない状況です。特に中国の動きは大きく価格に影響してくるので、彼らの動きの情報をいち早くキャッチしていくことが大事だと思っています」世界的な脱炭素の動きを背景にした、さまざまなモノの価格高騰。専門家は「グリーンフレーションは一過性の現象ではない」と指摘しています。「脱炭素について、多くの国が2035年から2060年という、かなり先の将来的な目標を掲げています。このため価格の上昇は長期化する可能性があります。資源や原材料などの多くを海外に依存している日本では“買い負ける”ことによって負担感が増し、所得の海外流出が拡大することを意味します。こうした悪い物価上昇が続けば、世界に先行された景気回復がさらに遅れる要因になりかねません」差し迫った問題にどう対応するか日本のものづくりの現場に欠かせない“鉄くず”の高騰から見えてきたのは、世界的に加速する脱炭素の動き、そして世界有数の経済大国となった中国の動向など、もはや日本経済にとって切り離すことができない問題でした。取材を通じて改めて強く感じたこと。それは、脱炭素はカーボンニュートラルの目標年である2050年に向けた課題ではなく、今まさに、私たちに差し迫った問題だということです。これまでの常識が通用しない異常事態にどう対応していけばいいのか。今後も現場の課題を注意深く見つめていきます。

f:id:penpensosss:20211208092758j:plainf:id:penpensosss:20211208092831j:plain★高いセキュリティー機能の国産ドローン 国内5社が協力し開発!。経済安全保障の観点から、国内の企業が協力して開発を進めてきた新しい国産のドローンが7日、報道陣に公開されました。公開されたドローンは、ヤマハ発動機NTTドコモベンチャー企業など国内の5社が協力して開発したものです。4枚の回転翼を持つ小型の機体で、災害時の被害状況の把握やインフラの点検作業などでの利用を想定しています。サイバー攻撃によって機体が乗っ取られたり、撮影した画像の情報が抜き取られたりしないようデータを暗号化するなど、高いセキュリティー機能を備えているのが特徴だとしています。ドローンをめぐっては、中国メーカーが、世界の市場で高い販売シェアを占めていることなどから、政府が経済安全保障の観点から、国産メーカーの育成を支援していて、7日に公開されたドローンも、経済産業省からの委託を受けて開発が進められてきました。来年から、国内外で1000台規模の販売を目指しているということで、開発に参加したベンチャー企業「ACSL」の鷲谷聡之社長は「初めて政府が技術開発を支援し、日本の英知が集まった機体だ」と話していました。
f:id:penpensosss:20211208074730j:plain★【国内感染】新型コロナ 2人死亡 115人感染確認!。7日は、これまでに全国で115人の感染が発表されています。また、兵庫県で1人、埼玉県で1人の合わせて2人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め172万7768人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて172万8480人となっています。亡くなった人は、国内で感染が確認された人が1万8366人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1万8379人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は7日の新たな感染者数です。▽東京都は38万2286人(19)▽大阪府は20万3228人(15)▽神奈川県は16万9338人(9)▽埼玉県は11万5884人(4)▽愛知県は10万6926人(11)▽千葉県は10万496人(6)▽兵庫県は7万8718人(3)▽福岡県は7万4650人▽北海道は6万1179人(2)▽沖縄県は5万338人(3)▽京都府は3万5994人(1)▽静岡県は2万6814人(4)▽茨城県は2万4450人(1)▽広島県は2万2175人▽岐阜県は1万8920人▽群馬県は1万6961人(8)▽宮城県は1万6285人(2)▽奈良県は1万5647人▽岡山県は1万5545人(2)▽栃木県は1万5497人(5)▽三重県は1万4815人▽熊本県は1万4395人▽滋賀県は1万2435人▽福島県は9489人(1)▽鹿児島県は9103人▽長野県は8890人(1)▽大分県は8187人▽新潟県は8042人(5)▽石川県は7969人▽宮崎県は6139人▽長崎県は6119人▽青森県は5897人▽佐賀県は5866人▽山口県は5792人▽愛媛県は5412人▽和歌山県は5303人▽山梨県は5156人▽富山県は4868人▽香川県は4702人▽高知県は4167人▽山形県は3604人▽岩手県は3487人▽徳島県は3291人▽福井県は3115人▽秋田県は1934人(1)▽島根県は1733人▽鳥取県は1669人です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は4685人(12)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、7日時点で28人(-1)となっています。一方、症状が改善して退院した人などは、7日時点で、▽国内で感染が確認された人が170万8819人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて170万9478人となっています。また、5日の一日で行われた自主検査を除くPCR検査数などは速報値で8863件でした。【取り下げ】▽京都 12/1で1人。 12/3で1人。 12/5で1人。▽群馬 12/5で1人。▽兵庫 11/25で1人。・集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。・在日米軍の感染者は含めていません。

f:id:penpensosss:20211208093005j:plain

★骨太方針に沿って2025年度のPB黒字化目指す=鈴木財務相!。2025年度に基礎的財政収支プライマリーバランス、PB)を黒字化する目標を堅持する考えを改めて示した。同日午前の閣議後会見で語った。鈴木財務相はPB目標について「骨太方針に沿って25年度のPB黒字化を目指す。別の指標を考えることなく従来方針に沿って進める」と語った。財政運営を巡って「財政再建の旗を降ろさず、しっかりやらなければならない」との考えも述べた。

f:id:penpensosss:20211208093324j:plainf:id:penpensosss:20211208093346j:plain

★10月の消費支出 0.6%減 3か月連続の減少!。今年10月に2人以上の世帯が消費に使った金額は、去年の同じ月よりも0.6%減って3か月連続の減少となりました。緊急事態宣言が解除されたものの外食や宿泊代の減少が続いています。総務省が7日に発表したことし10月の家計調査によりますと、2人以上の世帯が消費に使った金額は1世帯当たり28万1996円でした。物価の変動を除いた実質で、去年の同じ月よりも0.6%減り、3か月連続の減少となりました。今年10月は全国的に新型コロナの感染者数が減少し、すべての都道府県で緊急事態宣言が解除されましたが、飲酒代など外食の支出を含めた「食料」が0.9%の減少となったほか、宿泊料やパック旅行の代金などを含む「教養娯楽」が、去年は「GO TOトラベル」があった反動で5.4%減少しました。一方で「交通・通信」は外出の機会が増え、近距離の鉄道の利用が増えていることなどから10.9%の増加となりました。今後の見通しについて総務省は「消費に回復の兆しも見えてきているが、新たな変異ウイルスのオミクロン株がどのような影響を与えるのか注意して見ていきたい」としています。

f:id:penpensosss:20211208093731j:plain☆10万円給付、全額現金も可能=政府!。記者会見する松野博一官房長官=7日午前、首相官邸© 時事通信 提供 記者会見する松野博一官房長官=7日午前、首相官邸 松野博一官房長官は7日の記者会見で、2021年度補正予算案に盛り込まれた18歳以下への10万円相当の現金・クーポン給付について、全額現金で支給することも可能だとの見解を示した。「(5万円相当のクーポン分は)クーポン給付を基本に検討いただきたいが、地方自治体の実情に応じて現金給付も可能とする」と述べた。その上で、クーポン給付により「地域の創意工夫を促し、民間事業者の振興や新たな子育てサービスの創出、消費の下支えなどにつながることも期待される」と理解を求めた。 

f:id:penpensosss:20211208093820j:plain

★“文書交通費 日割りでの支給 法改正優先を” 自民 茂木幹事長!。国会議員に支払われるいわゆる文書交通費をめぐり、自民党の茂木幹事長は、与野党間で異論がない、日割りでの支給に改める法改正を優先的に行うべきだという考えを強調しました。国会議員に毎月100万円支払われる「文書通信交通滞在費」をめぐっては、与野党で、日割りでの支給に改める法改正を行う方向で調整が進められていましたが、野党側が、使いみちの公開の義務づけも求めたことで、合意の見通しが立たなくなっています。これについて自民党の茂木幹事長は、記者会見で「国民の関心からしても、いちばんおかしいのは、1か月働いていないのに全額が支払われていることだ。まずは、これを是正すべきで、ぜひ、そこまでやってもらいたい」と述べ、日割りでの支給に改める法改正を、優先的に行うべきだという考えを強調しました。一方で、使いみちの公開義務づけについては「まず日割りでの支給を行い、それ以上のことが合意できるのなら、進めてもらうのは異存がない。そこは各党・各会派の議論だ」と述べました。

f:id:penpensosss:20211208094038j:plain

日本医師会など 厚労相に診療報酬「本体」部分引き上げ求める!。来年度の診療報酬改定をめぐって、日本医師会日本歯科医師会、それに日本薬剤師会は、後藤厚生労働大臣に対し、新型コロナの影響で医療機関の経営は厳しい状況にあるとして、医師の人件費などにあたる「本体」部分の引き上げを重ねて求めました。日本医師会日本歯科医師会、それに日本薬剤師会の3つの団体の会長は、7日午後、厚生労働省を訪れ、後藤厚生労働大臣とおよそ15分間面会しました。この中で、団体側は、新型コロナウイルスの影響で医療機関の経営は厳しい状況にあるとして、来年度の診療報酬改定で医師の人件費などにあたる「本体」部分を引き上げるよう重ねて求めたのに対し、後藤大臣は「厚生労働大臣としての役割を果たす」と述べたということです。面会のあと日本医師会の中川会長は、記者団に対し「次期改定は絶対にプラスにしてほしいと強く要望した。今回の改定でしっかりと手当てができなければ、ポストコロナの医療提供体制の道筋も付けられないし、このまま補助金頼りの経営もできない」と述べました。来年度の診療報酬改定をめぐっては、財務省が、社会保障費を抑えるため「本体」部分も引き下げるべきだとしていて、具体的な改定率の今月中の決定に向けて、今後大詰めの調整が行われます。

f:id:penpensosss:20211208094229j:plain

★東京都 新型コロナ 19人感染確認 先週火曜日より2人減!。

f:id:penpensosss:20211208094423j:plain

★「オミクロン株か1日以内に判別」都が独自の検査手法を確立!。都が独自に確立した新型コロナの新たな変異ウイルス、オミクロン株の検査は、1日以内に判別することができます。この検査を確立した都の研究機関の所長がNHKのインタビューに応じ「新しい株が日本で広がる前に、早めに手を打つことができるのがいちばん大きい利点だ」と述べ、検査の意義を語りました。都の研究機関「東京都健康安全研究センター」は、新たな変異ウイルスオミクロン株を判別できる独自の検査手法を確立し、先週から実際に持ち込まれた検体でこの検査を始めています。検査では、まず、現在、国内の新型コロナウイルスのほとんどを占めているデルタ株が持つ「L452R」の変異があるかどうかを調べます。「L452R」の変異が見つからなければ、つまり、デルタ株でなければ、こんどは「E484A」の変異などオミクロン株の特有の変異があるかどうかを調べます。今回、このE484A」の変異の有無を調べる試薬を新たに開発できたことで、独自のPCR検査が可能になりました。このPCR検査だと、結果は1日以内で判明するということで、ウイルスの遺伝子の情報をすべて調べて、オミクロン株かどうかを確定させる遺伝子解析よりも、大幅に時間を短縮することができます。「東京都健康安全研究センター」の吉村和久所長は7日、NHKのインタビューに応じ、今回、独自に確立したPCR検査の意義を語りました。吉村所長は「今、日本では感染者がかなり減っている。新しい株が日本に広がる前に、早めに手を打つことができるのがいちばん大きい利点だ。広がったあとに手を打つと、人的にも資源的にもロスが大きいが、疑いがある患者や濃厚接触者を早期に囲い込むことができれば、保健所の担当者などの負担がかなり軽減できる。それがいちばん期待できるのではないか」と述べました。また「今、何が起こってるかを正確に知ることが、このような状況ではいちばん重要だ。どういう株がはやっていて、その株がどういう特徴を持っているか、現時点で分かっていることを把握することが、安心感につながるのではないか」と述べました。そのうえで、オミクロン株について「ワクチン接種で重症化をたぶん防げるだろうと考えている。ただ、感染者が増えると重症者が増えるので、感染の広がりを防ぐことがいちばん重要だ。そのためにワクチン接種やマスクの着用、手洗いを続けることはこれまでの株と変わらない。感染を防ぐためにいちばん有効で、こうした対策を続けていくことが重要だ」と指摘していました。都内の7日の感染確認は19人で、26日連続で30人を下回りました。都は7日、都内で新たに10歳未満から80代までの男女合わせて19人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1週間前の火曜日と比べて2人減りました。都内の一日の感染確認が50人を下回るのは52日連続、30人を下回るのは26日連続です。7日までの7日間平均は15.9人で、前の週の106.0%です。一方、都の基準で集計した7日時点の重症の患者は、6日と同じ3人でした。また、7日死亡が確認された人はいませんでした。

f:id:penpensosss:20211208103701j:plainf:id:penpensosss:20211208103718j:plainプロ野球 正力松太郎賞 ヤクルト 高津監督 特別賞 初の2人受賞!。今年のプロ野球に最も貢献した人に贈られる「正力松太郎賞」に、20年ぶりに日本一に輝いたヤクルトの高津臣吾監督が初めて選ばれました。また、特別賞には、大リーグで今シーズンのMVP=最優秀選手に選ばれたエンジェルスの大谷翔平選手と、東京オリンピックの野球で金メダルを獲得した日本代表の稲葉篤紀前監督の2人が選ばれました。「正力松太郎賞」は、プロ野球の創設と発展に力を尽くした故 正力松太郎氏をたたえ、毎年、プロ野球に最も貢献した監督や選手などに贈られています。7日は都内で選考委員会が行われ、セ・リーグを6年ぶりに制し、20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトの高津監督が初めて選ばれました。選考委員会では、接戦となった日本シリーズを制して野球ファンを盛り上げたことを評価したということです。また、ことしは、大リーグで投打の二刀流で活躍し、アメリカンリーグのMVPに選ばれたエンジェルスの大谷選手と、東京オリンピックの野球で金メダルを獲得した、日本代表の稲葉篤紀前監督が特別賞に選ばれました。特別賞には、平成16年に当時マリナーズイチローさん、平成25年には、この年、日本一になった楽天田中将大投手が選ばれていて、2人同時に受賞するのは今回が初めてです。選考委 座長 王貞治さん「話題が多い年だった」選考委員会の座長を務めた王貞治さんは、ことしの選考について「話題が多い年だったが、この賞は正力松太郎賞だから、やはり日本シリーズが話題となった。ことしは、つい引き込まれるようなシリーズで、日本一になった高津監督で最終的に話はまとまった」と明かしました。そのうえで、高津監督について「野村克也さんの教え子なので、考える野球やデータ野球を体で覚えていたのではないか。野村さんの影響があったのではないかと思う」と話していました。大谷選手については「彼には大きな話題性があり、アメリカの現地の人たちも彼に声援を送っていた。まさか満票でMVPに選ばれるとは思わなかった」と驚きを隠せない様子でした。特別賞の稲葉前監督については「自国開催のプレッシャーを乗り越え、よくやったと思う。長い期間、戦力を整えながらチームを作っていった」と話していました。ヤクルト 高津監督「チーム代表して賞 胸を張りたい」正力松太郎賞に選ばれたヤクルトの高津臣吾監督は「チームのみんなが導いてくれた。代表して賞をいただき胸を張りたい。チームのみんなに感謝している」と心境を語りました。ヤクルトからの受賞者は若松勉さん以来、20年ぶりとなることについては「あれから20年か、という気持ちだ。日本一になったのが、この間のようにも感じるし、長かったようにも感じる。勝ててよかったという実感がある」と話していました。恩師でもある野村克也さんと同じ賞を受賞したことについては「肩を並べたとか名を連ねたとかという気持ちはない」と話していました。大谷翔平「ファイターズの先輩と一緒 縁を感じる」特別賞に選ばれた大谷選手は「栄誉ある賞をいただけて光栄です。大リーグ所属選手としてはイチロー選手以来ということで、アメリカでの活躍を評価いただけて嬉しく思います。またファイターズの先輩の稲葉さんと一緒に特別賞をいただけたことに縁を感じます。来シーズンも日本から応援いただければ嬉しいです」とコメントしています。日本代表 稲葉前監督「結束力のたまもの」賞に選ばれた野球日本代表の稲葉篤紀前監督は「このような素晴らしい賞を受賞させていただき、大変光栄に思います。今回、受賞することが出来たのも、トップチームの監督として関わらせていただいた、全ての選手、コーチ、スタッフ、サポートしていただいた皆様の結束力のたまものだと思っています。今後も、微力ではありますが野球界発展のために尽力して参ります」とコメントしています。

f:id:penpensosss:20211208103834j:plain

オリックス 今季13勝の宮城大弥 推定年俸5倍超5000万円で更改!。プロ野球 オリックスの2年目でパ・リーグ2位の13勝をマークした宮城大弥投手がいずれも推定で今シーズンの5倍を超える年俸5000万円で契約を更改し、「来年は年俸に見合った投球をしないといけない」と意気込みを語りました。[来年は年俸に見合った投球を]高校卒業2年目の宮城投手は開幕からローテーションを守って23試合に先発し、パ・リーグ2位となる、13勝をあげ、防御率もリーグ2位の2.51をマークして、チームの25年ぶりの優勝に貢献しました。宮城投手は7日、大阪 此花区の球団施設で契約交渉を行い、いずれも推定で、今シーズンの5倍を超える年俸5000万円で契約を更改しました。宮城投手は「球団から本当にいい提示をされて、来年は年俸に見合った投球をしないといけない。1年間投げ切れたということが大きな収穫で、それを継続できるように体力作りをしていきたい」と意気込みを語りました。また「もっと防御率を良くしていきたい。山本由伸投手に今は1点以上離されているので時間はかかると思うがタイトルを奪いたい」と話し今シーズン沢村賞を受賞したエースの山本投手を強く意識していました。

f:id:penpensosss:20211208104035j:plain

日本ハム ルーキー伊藤大海 推定2600万円増の4100万円で更改!。プロ野球日本ハムのルーキーで10勝をあげた伊藤大海投手が契約を更改し、いずれも推定で2600万円アップの4100万円で契約を結び、さらなる飛躍を誓いました。北海道鹿部町出身の伊藤投手は、ドラフト1位で入団し、1年目から先発ローテーションに入ってスライダーやフォークボールなど多彩な変化球を武器に活躍しました。8月29日の西武戦では、4安打で三振9つを奪って完封勝ちも収め、23試合の登板で10勝9敗、防御率2.90の好成績を残しました。また、東京オリンピックでは日本代表の中継ぎとして、決勝のアメリカ戦など3試合に登板し、5イニングを無失点と好投して金メダル獲得に貢献しました。伊藤投手は7日、札幌市の球団事務所で契約更改の交渉を行い、いずれも推定で2600万円アップの4100万円で契約を結びました。伊藤投手は今シーズンを振り返り、「苦し紛れの10勝だったが規定投球回数をクリアできたのは自信になった。9敗分は、決定的な何かを相手に与えているので、少しずついい方向に持っていけるようにしたい。体のパワーアップはもちろん、動きのレベルの高さを求めていく」とさらなる飛躍を誓いました。新庄監督のもとで2年目のシーズンを迎えることについては、「小学生の時に見ていたスーパースターが監督になった。ことしの成績に関係なく、新庄監督に使ってもらいたいと思われるようにアピールしていきたい」と話しました。また、プロ5年目の堀瑞輝投手も契約を更改しました。堀投手は中継ぎとして、42ホールドポイントをあげて最優秀中継ぎのタイトルを獲得しいずれも推定で、3200万円アップの6000万円で契約しました。堀投手は、「タイトルは自信につながったので、来年も同じような成績を残せるようにしっかり頑張りたい」と話しました。