11/9 “コロナ渦!” ★世界の累計感染者: 2億50,357,929人 ・死者: 5百055,612人! ★国内感染者204人(累計172万4,884人)死者3人(1万8.328人)!※コロナワクチン”接種”実施励行!。▼コロナ渦の”脅威”はいつ終息する?。

 ---ようこそ!。小江戸川越・新河岸(高階)パソコン爺の隠れ家へ!。ー--

☆今日11/10(水)22℃10℃晴 明日11(木)19℃7℃晴 明後日12(金)19℃7℃晴/曇 ★コロナ渦予防及び季節のインフルエンザ予防「手洗い・マスク・自粛」!。

f:id:penpensosss:20211110183416j:plain★西~北日本日本海側大気不安定 落雷や突風 ひょうに十分注意!。上空の寒気の影響で西日本から北日本日本海側を中心に大気の状態が不安定になっていて気象庁は落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」に十分注意するよう呼びかけています。東北の日本海側を中心に12日にかけて雨が降り続くおそれがあり、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水にも注意が必要です。気象庁によりますと西日本から北日本の上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で日本海側を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。風も強まり、山形県酒田市の飛島で午後5時に28.9メートル、金沢市で午後4時半すぎに23.7メートルの最大瞬間風速をそれぞれ観測しました。長崎県平戸市では10日朝、突風によるとみられる被害も発生しています。大気の不安定な状態は11日も続く見込みで、西日本から東北にかけての日本海側、それに北海道では落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意が必要です。急に冷たい風が吹くなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物に移動するなどして安全の確保を心がけてください。また、東北の日本海側を中心に12日にかけて強い雨が断続的に降る見込みで、総雨量が増えるおそれもあります。東北の日本海側の多いところでは、11日夕方までの24時間に降る雨の量は80ミリ、その後、12日夕方までには50ミリから100ミリと予想されています。気象庁は土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に注意を呼びかけています。

   f:id:penpensosss:20211110073025j:plainf:id:penpensosss:20211110073007j:plain里山に初冬の宝珠 那須干し柿作り!。軒下につるされた干し柿=8日午前10時50分、那須町大畑 初冬の風物詩である干し柿が民家の軒に下がり始めた。福島県境に近い那須町大畑、木材業菊地尚(きくちたかし)さん(84)方では約1600個の実がカーテンのようにつるされ、冬の足音が近づく里山に彩りを与えている。 菊地さんは20年ほど前から妻良子(りょうこ)さん(83)と干し柿作りを行っており、今年は1週間前から作業を始めた。渋柿の「蜂屋柿」「西条柿」を手むきしてひもにつなぎ、湯通しした後、竹ざおに等間隔につるしていく。柿は先に干したものから褐色に変化していき、1カ月ほどで甘い干し柿に仕上がる。菊地さん方では暮れに餅と一緒に詰めて親類や友人に送るといい、夫妻は「喜んでくれればうれしい」と話していた。

f:id:penpensosss:20211110075751j:plain☆「ジオパーク秩父」認定継続へ正念場 埼玉!。ジオパーク秩父」内の荒川沿いに広がる岩畳=5日午前、埼玉県長瀞町(深津響撮影)© 産経新聞ジオパーク秩父」内の荒川沿いに広がる岩畳 貴重な地形や地質を持つ自然公園「日本ジオパーク」の一つに選ばれている「ジオパーク秩父」(埼玉県秩父市など)が、認定継続に向けて正念場を迎えている。日本ジオパーク委員会による令和元年の審査では、運営上の課題があるとして「条件付き再認定」を受けており、改善したと評価されなかった場合、認定が取り消される可能性があるからだ。委員会は来年1月に予定している会合で再認定の可否を検討する。ジオパーク秩父秩父市横瀬、皆野、長瀞小鹿野の4町をエリアとし、平成23年に日本ジオパークの認定を受けた。長瀞町の荒川沿いに幅数十メートル、長さ約600メートルにわたって広がる岩畳や、約1550万年前の地層が露出している小鹿野町の国指定天然記念物「ようばけ」、秩父盆地の山々を一望できる秩父市秩父ミューズパーク展望台などが、ジオパークを構成する「ジオサイト」に位置づけられる。元年の審査では、地域内でのジオパークの理念共有や事務局の体制強化などが認定継続のための条件として指摘された。理念の共有に関しては、1市4町と埼玉県などで構成する協議会が、専門家を招き、協議会の担当者や地域住民を対象にジオパークの持続可能な開発などに関する講習を行ってきたほか、今年6月には公式ガイドブックも発行した。事務局の体制については、協議会に設置している専門部会の数を1つから3つに増やすなどして、保全に向けた取り組みを強化した。更に、ジオサイト選定の根拠のあいまいさが問題視されたことを受けて、この点を明記した計画の策定にも着手。案内の仕組みに工夫が必要だという指摘を踏まえ、ガイド役を目指す人のための講習も始めた。日本ジオパーク委員会は今月6日までの3日間、再認定の可否の判断材料とするため、ジオパーク秩父の現地調査を行った。協議会の担当者によると、委員会の調査員からは「事務局の体制を財政負担のない形で強化した」「ジオパークの広報活動に協力している民間の事業者や団体がある」といった評価を受けたという。担当者は「高い評価をいただいた。引き続き認定を受けて、秩父らしいジオパークを維持していきたい」と話した。日本ジオパーク 環境保護に加え、教育や観光振興に関する地域の取り組みを委員会が評価して認定する。全国44地域が認定されており、このうち9地域は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに選ばれている。

f:id:penpensosss:20211110080031j:plainf:id:penpensosss:20211110080047j:plainf:id:penpensosss:20211110080101j:plainf:id:penpensosss:20211110080113j:plain
☆運休中の『海幸山幸』が鹿児島中央~宮崎間を運行! 11/21,23,27の3日間!。
JR九州のD&S列車「海幸山幸」© 鉄道チャンネル JR九州のD&S列車「海幸山幸」2021年9月の台風14号により、日南線の一部区間で土砂崩れが発生。青島~志布志間では代行バス輸送を実施し、南宮崎~青島間も運行本数を減らしている。宮崎~南郷間を走るJR九州のD&S列車『海幸山幸』は運休中だ。そんな『海幸山幸』が2021年11月21日(日)、23日(火・祝)、27日(土)に普段は走らない鹿児島中央~宮崎間を1日1往復する。車内からは桜島を望めるだけでなく、眼前に広がる鹿児島湾の大パノラマも堪能できる。鹿児島中央~宮崎間運行計画© 鉄道チャンネル 鹿児島中央~宮崎間運行計画運行中の車内では次のようなサービスを実施する。・列車名の由来となった「海幸彦・山幸彦」の神話を紙芝居で紹介・日付入のフォトパネルで客室乗務員が記念撮影のお手伝い・車内で5種類のカードを使った「運だめし」乗車には利用区間の乗車券と指定席特急券(全車指定席)が必要。きっぷは2021年11月10日午前10時から発売する。

f:id:penpensosss:20211110080435j:plain☆今年コメの作柄 全国平均で「平年並み」 農林水産省!。農林水産省は、先月25日時点のことしのコメの作柄について、全国平均では「平年並み」になるという見通しを示しました。農林水産省は平年を100とした先月25日時点のコメの作況指数を9日発表しました。それによりますと全国平均は1か月前の発表と比べ1ポイント上昇して「101」となり、「平年並み」となる見通しです。地域別に見ますと、生産量が多く生育が順調に進んだ北海道は「108」で「良」、東北は「102」で「やや良」となりました。一方、8月の台風や低温、日照不足などの影響を受けた東海と沖縄は「98」、北陸は「97」でいずれも「やや不良」でした。関東・甲信と四国は「101」、近畿、中国、九州は「99」でいずれも「平年並み」となっています。九州と四国は台風や低温などの影響を受けたものの9月中旬以降は雨が少なく、昼と夜の寒暖差も大きかったことなどから生育状況が回復し、1か月前と比べて作況指数が上昇しました。また、併せて発表したことしの主食用のコメの予想収穫量は、去年よりもおよそ22万トン減って700万トン余りとなる見込みです。これは新型コロナウイルスの影響で外食需要が減少するなどして去年産の在庫がふくらみ、主な産地で作付面積を減らしたためです。

f:id:penpensosss:20211109072058j:plain★世界の感染者数・死者数(累計)11月9日 14時時点、感染者: 2億50,357,929人 死者: 5百055,612人、★多い国①米国感染者46,613者755千人②インド感染者34,366死者461人③ブラジル感染21,886千人609千人④英国感染者9,333千人死者141千人⑤ロシア感染者8,689千人死者243千人⑥トルコ感染者8,261千人死者72千人⑦フランス感染者7,039千人死者115千人。

f:id:penpensosss:20211110080922j:plain★宇宙飛行士 星出彰彦さん 地球に帰還!。国際宇宙ステーションに長期滞在していた日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんら4人の飛行士は、宇宙船に乗って日本時間の午後0時半すぎにアメリカ・フロリダ州の沖合に着水し、地球に帰還しました。国際宇宙ステーションにことし4月から滞在している日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんら4人の飛行士は、打ち上げの時に乗ってきたクルードラゴンの2号機に再び乗り込んで、日本時間の午前4時すぎに宇宙ステーションを離れました。そして、クルードラゴンとしては初めて、およそ200メートルの距離で国際宇宙ステーションを1周し、ステーションの詳細な写真の撮影を行いました。その後、帰還に向けたエンジン噴射を行って大気圏に突入し、パラシュートを開いて日本時間の午後0時半すぎにアメリカ・フロリダ州の沖合に着水して地球に帰還しました。星出さんにとって3回目となる今回の宇宙飛行は、滞在期間が半年余りにあたるおよそ200日で、日本人としては2人目となる国際宇宙ステーションの船長を務めたほか、自身としては4回目となる船外活動を行いました。

f:id:penpensosss:20211110081147j:plainf:id:penpensosss:20211110081217j:plainf:id:penpensosss:20211110081230j:plainf:id:penpensosss:20211110081247j:plainf:id:penpensosss:20211110081300j:plain
★海に飲み込まれる国 モルディブ!。
「今世紀末には国が消滅してしまうだろう」こう話すのは、インド洋の島国モルディブの大統領です。日本人にも人気のリゾート地、モルディブでいったい何がおきているのでしょうか?ビーチの異変モルディブの空港が近づき、機体が降下し始めると、乗客たちが次々に窓にスマホを構えます。写真におさめているのは透き通った海に浮かぶ島の数々。ハネムーンやリゾートの行き先として、世界的な人気を誇るモルディブですが、いまその楽園が存続の危機に立たされています。首都マレから高速船で30分ほど。サーファーに人気のスルスドゥー島には多くのゲストハウスが建ち並んでいます。然し、その目の前に広がるビーチに異変が起きていました。細長い無数の根がむき出しになったヤシの木が、あちこちで倒れ、朽ち果てていました。砂浜の浸食が進み、根が幹を支えられなくなったといいます。この島で生まれ育ったアブドゥル・マンナーンさん(60)は、特にこの1年ほどで浸食のペースが速まっていると証言しています。アブドゥル・マンナーンさんマンナーンさん「昔の砂浜はとても広かったが、突然、浸食が始まり、ヤシの木がどんどん倒れていった。これまでに20本以上が倒れた。砂浜は7メートル以上も狭まっている」こうした光景はこの島だけではありません。およそ1200の島からなるモルディブですが、すでに97%の島で浸食が始まり、64%の島では深刻な被害が出て います。マンナーンさんは倒れたヤシの木を触りながらつぶやきました。マンナーンさん「このペースで浸食が進めば、この美しい島はすぐに消えてしまうだろう」国がなくなってしまう浸食の要因となっているのが、温暖化による海面上昇です。“1.01メートル”これは国連のIPCC気候変動に関する政府間パネルがことし8月に公表した海面上昇の予測です。化石燃料を大量に使い続けた場合、2100年までに最大で1メートル余りに達するおそれがあると指摘しています。海面が1メートル上がるとどうなるのか、具体的にイメージしづらいかもしれませんが、モルディブの島の8割は海抜1メートル以下なので、今世紀末には国の大部分が失われてしまうおそれがあるのです。モルディブで気候変動問題を担当する閣僚のことばには、国がなくなってしまうかもしれないという危機感がこもっていました。政府の担当閣僚「サンゴ礁は死に、水産業はほろび、頼りの観光業も廃れる。モルディブは死に、人が住めなくなってしまう」土地をみつけることが絶対に必要 モルディブ政府は、なんとか生き延びようと新たな島の開発を進めています。首都マレと橋でつながるフルマーレ島は「シティ・オブ・ホープ=希望の都市」と呼ばれています。広さ400ヘクタール余りの、埋め立てられた人工の島です。もともと20年余り前、マレの人口過密の解消などを目的に、政府は島の埋め立てに着手しました。海面上昇対策もとられ、海抜は2メートルが基準となっています。これまでに島の半分の開発が終わり、集合住宅や商店街、学校、それに人工のビーチなどがきれいに整備されています。西日が差し気温が下がるころには、スケートボードパークで子どもたちの滑る音が響いていました。この島ではすでに5万人余りが新たな生活を始めています。さらに残り半分のエリアでも本格的な開発が始まり、いくつものマンションの建設が急ピッチで進んでいます。モルディブは高層ビルが少ないため、ほかの島とは異なる雰囲気が際立ちます。建設中のマンション 将来は、モルディブの全人口の4割、20万人余りがこの島に住むことができるようになるということです。人工の島というと、中東ドバイにあり高級ホテルや別荘が建ち並ぶ「パーム・ジュメイラ」が有名ですが、モルディブで開発を請け負う企業の担当者は次のように違いを説明します。企業の担当者「ほかの地域でも人工の島はありますが、ほとんどの場合それは裕福な人たちのためです。私たちはそのような開発をする余裕はありません。土地を見つけることが絶対に必要なのです」沈まぬ島 更にモルディブでは、人工島の次を見据えた、壮大な計画も進んでいます。それは海上に浮く都市の建設です。埋め立てではなく、文字どおり「海に浮いている」といいます。本当にそんなことができるのか?波で揺れないのか?計画を知った時、次々と疑問がわいてきました。これがその計画のイメージ図です。コンクリートのブロックをサンゴの模様のように組み合わせて作られています。補強工事が施された環礁に囲まれているため、波の影響はほとんどないといいます。その最大の特徴は、海面が上昇すれば、それに合わせてブロック全体が浮き上がる仕組みになっていることです。モルディブ政府がオランダの企業と共同で開発を進め、5000戸の住居のほか、行政施設やホテルなども整備されることになっています。オランダでは多くの水上住宅が建設されていますが、この規模の都市がまるまる海上に浮かぶのは世界でも初めてだということです。住宅はすべて海に面し、広さは100平方メートル以上。値段は安いもので25万ドル、日本円で2800万円ほどから。近く工事が始まり、3年ほどで完成する見込みです。海面上昇によって水没するおそれがある国は、モルディブだけではありません。南太平洋の島国なども同様の危機にあります。共同開発にあたる企業は「モルディブを海面上昇対策のモデルケースにしたい」と話していました。1.5度より上は死刑宣告 只、こうした取り組みはいわば対症療法で、気候変動対策そのものが進まなければ、すべてがむだになりかねません。11月、イギリスのグラスゴーで開かれている国連の会議、COP26の最大の焦点は世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べて1.5度に抑えることで一致できるかどうかです。COPで演説したモルディブのソリ大統領は、世界のリーダーたちに次のように訴えました。ソリ大統領「モルディブは気候変動で地図から消えるかもしれないとよく言われるが、その現実を実感している。島は少しずつ海に飲み込まれている。その運命はほかの国々が待ち受ける厳しい未来の暗い兆しとなるだろう。これが気候変動に先手をうつ最後のチャンスになるかもしれない。どうかこの機会をむだにしないでほしい」モルディブの将来は世界が温室効果ガスの排出削減を約束し、それを実行できるかにかかっています。特に日本を含む先進国には、資金や技術の提供などより多くの責任があります。そしてモルディブや世界を守るために私たち一人一人にもできることがあります。モルディブのシャウナ環境・気候変動・技術相はインタビューでこう呼びかけました。シャウナ環境相「1.5度と2度の違いはモルディブにとって死刑宣告です。まずは石油などの化石燃料への依存を見直す必要があります。日常生活で車を使う回数を減らし、公共交通機関を使いましょう。プラスチックを減らしましょう。私やあなたが減らすことで大きな助けになります」遠い未来の話として片づける?モルディブで話を聞いた人たちのことばには、それぞれに国がなくなるという危機感がストレートに表れていました。その一方で、今すぐに行動を始めれば未来は変えられるという、願いにも似た希望も口にしています。国がなくなるおそれが指摘される2100年を、遠い未来の話として片づけるのか。それとも、きょうやあすの延長と考え、少しだけ生活を変えてみるのか。私たちはいま大きな岐路に立っています。f:id:penpensosss:20211110081746j:plainf:id:penpensosss:20211110081610j:plainf:id:penpensosss:20211110081627j:plainf:id:penpensosss:20211110081647j:plainf:id:penpensosss:20211110081657j:plainf:id:penpensosss:20211110081728j:plain

☆観光客を魅了する「砂漠の花畑」チリ!。チリ北部に広がるアタカマ砂漠に咲き誇る花々。冬の降水量が多かった年に、チリ北部・アタカマ砂漠の最南端にある海岸寄りの場所では、春になるとさまざまな植物が芽を出し、花を咲かせる。今年は同地では冬となる6月から8月にかけて、同砂漠の南端で雨が複数回降り、春の訪れとともに一面に花のじゅうたんが広がった。f:id:penpensosss:20211110080649j:plainフィンエアー、来夏は日本線週40便体制に 6月に関空線ダブルデイリー化!。フィンエアーは、2022年夏期スケジュールに、日本路線を週40便運航する。東京/羽田〜ヘルシンキ線を新たに開設し、日本の5都市6空港にサービスを展開する。東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜ヘルシンキ線を1日1便、福岡〜ヘルシンキ線を週3便、札幌/千歳〜ヘルシンキ線を週2便を運航する。札幌/千歳〜ヘルシンキ線の夏期運航は初めて。6月には、大阪/関西〜ヘルシンキ線を1日2便に増便することを予定している。夏期スケジュールにはこの他に、釜山、ダラス/フォートワースとヘルシンキを結ぶ新路線を開設するなど、約100都市に就航することを計画している。オーレ・オルヴェール最高商務責任者(CCO)は、「ヘルシンキハブ空港を経由してヨーロッパとアジアを結ぶ、最高で持続可能な接続を提供するという継続的なコミットメントを示します」とコメントした。

f:id:penpensosss:20211109072957j:plain★【国内感染】新型コロナ 3人死亡 204人感染確認!。9日はこれまでに全国で204人の感染が発表されています。また埼玉県で1人、東京都で1人、沖縄県で1人の合わせて3人の死亡の発表がありました。国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め172万4172人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で合わせて172万4884人となっています。亡くなった人は国内で感染が確認された人が1万8315人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1万8328人です。各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は9日の新たな感染者数です。▽東京都は38万1844人(30)▽大阪府は20万2735人(28)▽神奈川県は16万8996人(12)▽埼玉県は11万5664人(14)▽愛知県は10万6729人(5)▽千葉県は10万363人(9)▽兵庫県は7万8568人(16)▽福岡県は7万4474人(4)▽北海道は6万838人(13)▽沖縄県は5万279人(4)▽京都府は3万5917人(8)▽静岡県は2万6764人(5)▽茨城県は2万4416人(2)▽広島県は2万2115人(5)▽岐阜県は1万8875人(5)▽群馬県は1万6813人(2)▽宮城県は1万6273人▽奈良県は1万5623人(4)▽栃木県は1万5460人(3)▽岡山県は1万5403人(11)▽三重県は1万4806人▽熊本県は1万4393人▽滋賀県は1万2416人(1)▽福島県は9485人▽鹿児島県は9102人▽長野県は8881人(1)▽大分県は8186人▽新潟県は8001人(2)▽石川県は7963人▽宮崎県は6137人▽長崎県は6118人▽青森県は5896人(1)▽佐賀県は5863人(2)▽山口県は5766人(2)▽愛媛県は5406人(1)▽和歌山県は5296人(1)▽山梨県は5155人▽富山県は4867人▽香川県は4700人▽高知県は4166人▽山形県は3551人▽岩手県は3486人▽徳島県は3289人(2)▽福井県は3115人(1)▽秋田県は1913人(2)▽島根県は1731人▽鳥取県は1668人です。このほか、▽空港などの検疫での感染確認は4494人(8)▽中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、9日時点で99人(-2)となっています。重症者が100人を下回るのは去年8月4日以来です。一方、症状が改善して退院した人などは、9日時点で、▽国内で感染が確認された人が170万2668人、▽クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて170万3327人となっています。また、7日の一日で行われた自主検査を除くPCR検査数などは、速報値で1万961件でした。▽兵庫県が9月9日に発表した感染者を1人取り下げ。▽福岡県が11月7日に発表した感染者を1人取り下げ。・集計は後日、自治体などにより修正される可能性がありますが過去の原稿はさかのぼって修正しないため累計数などで差が出ることがあります。在日米軍の感染者は含めてない。

f:id:penpensosss:20211110082502j:plain☆秋の叙勲「大綬章」受章者に皇居で親授式!。秋の叙勲で「大綬章」を受章した人たちへの勲章の親授式が9日、皇居で行われました。今年の秋の叙勲で「旭日大綬章」を受章したのは、三菱UFJフィナンシャル・グループの初代社長などを務めた畔柳信雄さんと、元東北電力社長の高橋宏明さんの2人です。「瑞宝大綬章」は、元京都大学学長の松本紘さんが受章しました。又、外国人の叙勲では、アメリカのケネディ元駐日大使など5人が「旭日大綬章」を受章しました。親授式は午前10時半すぎから、皇居・宮殿の「松の間」で行われ、天皇陛下から出席した一人一人に勲章が贈られました。続いて受章者を代表して高橋さんが「それぞれの分野において一層精進を重ねる決意でございます」とあいさつしました。天皇陛下は「長年、それぞれの務めに励まれ、国や社会のために、また、人々のために尽くしてこられたことに深く感謝いたします」と述べられました。このあと受章者たちは、勲章を身につけて宮殿の前で記念撮影に臨みました。

f:id:penpensosss:20211110104738j:plain

★東京都 新型コロナ 30人感染確認 前の週の同じ曜日より増加!。都は9日、都内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。また、都は感染が確認された1人が死亡したことを明らかにしました。東京都は9日、都内で新たに10歳未満から80代までの男女合わせて30人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。都内の1日の感染確認が50人を下回るのは24日連続です。一方、1週間前の火曜日より12人増え、8日に続いて前の週の同じ曜日を上回りました。9日までの7日間平均は23.1人です。一方、都の基準で集計したきょう時点の重症の患者は、8日と同じ10人でした。また、都は、感染が確認された80代の男性1人が死亡したことを明らかにしました。これで都内で感染して死亡したのは3157人になりました。

f:id:penpensosss:20211110105123j:plain★全国の重症者100人下回る 昨年8月以来 新型コロナ!。厚生労働省 新型コロナウイルスに感染した重症者が全国で99人になったことが9日、厚生労働省のまとめで分かった。100人を下回ったのは昨年8月4日(88人)以来で、約1年3カ月ぶり。感染者が急増した今夏の「第5波」では、重症者も増え、9月4日には過去最多の2223人に上った。医療体制の逼迫(ひっぱく)が懸念されたが、その後は減少が続き、11月6、7日には100人、8日は101人となっていた。

f:id:penpensosss:20211110105403j:plain景気ウォッチャー調査 2か月連続で改善 基調判断を上方修正!。働く人たちに景気の実感を聞く内閣府景気ウォッチャー調査で、先月の景気の現状を示す指数は、前の月を13ポイント上回る55.5となり、2か月連続で改善しました。景気ウォッチャー調査は、2000人余りの働く人たちを対象に、3か月前と比べた景気の実感を聞いて指数にしています。先月25日から31日にかけて行われた今回の調査では、景気の現状を示す指数が前の月を13.4ポイント上回って55.5となり、2か月連続で改善しました。先月、緊急事態宣言などが全面的に解除されたことに加え、新型コロナウイルスのワクチンの接種が進んだことが影響しているということです。調査に対し、北陸のレストランからは「徐々に県民が外出するようになっていて、観光客や出張者も増えている」という声が寄せられたほか、北海道の旅行代理店からは「緊急事態宣言が解除されたことで、航空機利用の団体旅行が回復し始めた」といった声が出されました。このため、内閣府は景気の現状について「新型コロナウイルスの影響は残るものの、緩やかに持ち直している」として、基調判断を上方修正しました。また、2か月から3か月後の景気の先行きを聞いた指数も小売りや住宅関連が回復するとして、前の月を0.9ポイント上回る57.5となりました

f:id:penpensosss:20211110105718j:plain★政府、リニア事故でJR指導=再発防止徹底求める!。リニア中央新幹線伊那山地トンネルの事故現場=8日、長野県豊丘村JR東海提供)松野博一官房長官は9日の記者会見で、岐阜県と長野県のリニア中央新幹線トンネル工事現場で事故が相次いだことについて「残念だ」と述べ、「工事が安全かつ確実に実施されるよう、JR東海を適切に指導、監督していく」と説明した。事故の続発を国は重く見ており、再発防止の徹底を求める方針だ。

f:id:penpensosss:20211110105925j:plain☆新幹線と在来線、来春減便 コロナ禍でJR東!。JR東日本の深沢祐二社長は9日の定例記者会見で、新型コロナウイルス禍での乗客減少を踏まえ「来年春のダイヤ改正で、新幹線、在来線ともに、運行本数や1編成当たりの車両数を減らすなどのコスト削減を実施する」と明らかにした。首都圏の路線も過度な混雑にならない範囲で対象とし、需要が回復したら臨時列車を出すこともあり得ると説明した。深沢社長は「来春のダイヤ改正でローカル線の廃止は考えていない」と述べたほか、今春に実施した大規模な終電繰り上げを再び行うかどうかは「一部路線で終電を見直すが、今春ほど大きくは変わらない」とした。

f:id:penpensosss:20211110110225j:plain★スピードスケート日本代表選手ら ドイツ合宿中にコロナ感染!。日本スケート連盟はスピードスケートのワールドカップに参戦するため、ドイツで合宿を行っていた日本代表の選手とスタッフ合わせて10人が、新型コロナウイルスに感染したと発表しました。スピードスケートの日本代表は、今月12日にポーランドで開幕するワールドカップに参戦するため、先月28日からドイツで合宿を行っていました。日本スケート連盟によりますと、合宿を終えポーランドに入国するため今月4日から7日にかけて新型コロナウイルスPCR検査を受けたところ、選手4人とスタッフ6人の合わせて10人が陽性反応を示したということです。ドイツの保健当局の指示に従って10人はチームから隔離されていて、このうち数人は微熱とけん怠感の症状があるということです。感染した選手4人は、ポーランドでのワールドカップに出場できませんが、そのほかの選手については予定どおり出場するということです。

f:id:penpensosss:20211110110418j:plain★横須賀で道路が冠水 9日午後2時前!。9日午後2時前に横須賀市上町の歩道橋から撮影された映像です。道路の広い部分が冠水し、タイヤが水につかった自動車がゆっくりとしたスピードで進む様子が確認できます。その後、雨は弱まり、1時間ほどで道路の水はひいていったということです。映像を撮影した女性は「雨が急に強まって、短い間に一気に道路が冠水した。ゆっくり進む車がほとんどでしたが、中にはハザードランプをつけてその場に止まってしまう車もあり、恐怖を感じた」と話していました。土砂災害警戒情報は午後3時すぎに解除大雨の影響で、横須賀市と逗子市、それに葉山町に出されていた土砂災害警戒情報は、午後3時すぎにいずれも解除されました。

f:id:penpensosss:20211110082735j:plainf:id:penpensosss:20211110082750j:plainゆるキャラアルクマ」が保育園で火災予防啓発 長野 千曲市!。ご当地キャラクターの日本一を決める「ゆるキャラグランプリ」にも輝いた、長野県のPRキャラクター「アルクマ」が千曲市の保育園を訪れ、子どもたちに火事を防ぐことの大切さを伝えました。「アルクマ」は各地をクマなく歩き回って信州の魅力を広く伝えるのが生きがいというクマのキャラクターで、おととしの「ゆるキャラグランプリ」にも輝きました。千曲坂城消防本部では「アルクマ」など4体のゆるキャラたちに防火活動の啓発に一役担ってもらおうと辞令を交付し、「アルクマ」たちは9日、千曲市坂城町の保育園などを訪れました。このうち千曲市にある満照寺保育園では、年長の園児14人に火災予防の大切さを伝えました。そして、子どもたちと、火事が起きたら「すぐに逃げる」「大人に知らせる」「自分の命を守る」ことなどを約束し、アルクマから園長に「約束の書」が手渡されました。参加した男の子は「ゆるキャラが来てくれて楽しかったです。火遊びはしません」と話していました。千曲坂城消防本部の横林伸一消防長は「子どもたちにも火の取り扱いや火災が起きたらどうするかなど家族ぐるみで話し合ってほしいです」と話していました。

f:id:penpensosss:20211110082856j:plain

レッサーパンダの赤ちゃん 愛くるしい寝顔見せる 静岡!。静岡市の動物園でことし8月に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんが9日から公開され、愛くるしい寝顔を見せました。静岡市駿河区日本平動物園で9日から公開されたのは、ことし8月4日に4歳の母親「ニコ」と2歳の父親「和」の間に生まれたオスの赤ちゃんです。生まれたときには全身が白い毛に覆われていましたが、いまは顔やしっぽにレッサーパンダ特有の茶色と黒のしま模様が浮かび上がっています。頭からお尻までの体長は45センチ、体重は2キロあまりと、生後3か月としてはやや大きめだということです。9日は朝から雨もようでしたが、訪れたこども園の園児たちが飼育施設の窓の前に集まり、愛くるしい寝顔を眺めながら「レッサーパンダさん、こっち向いて」と呼びかけていました。日本平動物園絶滅危惧種となっているレッサーパンダの繁殖に取り組んでいる全国の動物園の拠点になっています。又動物園ではレッサーパンダの赤ちゃんの名前を決める投票も受け付けていて、訪れた人に「かずのこ」、「スマイル」、「ツナ」、「アロン」、「まくら」の5つの候補から1つを選んでもらい、今月28日までの投票で最も多かった回答の名前に命名することにしています。飼育員の中村あゆみさんは「コロナでしばらくお客さんが少ない時期がありましたが、ぜひ赤ちゃんを見に来てほしいです」と話していました。

f:id:penpensosss:20211110102339j:plainf:id:penpensosss:20211110102353j:plain☆「イプシロン」5号機 打ち上げ成功 鹿児島!。大学や企業などが開発した人工衛星を載せた日本のロケット「イプシロン」5号機が9日午前10時前鹿児島県から打ち上げられ、人工衛星はすべて予定の軌道に投入されて打ち上げは成功しました。大学や企業などが開発した人工衛星を搭載したJAXA宇宙航空研究開発機構のロケット「イプシロン」5号機は、9日午前9時55分、鹿児島県肝付町内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。ロケットは1段目や2段目を切り離しながら上昇を続け、打ち上げから1時間余りの間に高度およそ600キロで搭載していた9つの小型の人工衛星すべてを予定どおり分離し、打ち上げは成功しました。人工衛星は大学や企業などからアイデアを募集して選ばれたもので、宇宙のごみを除去するための技術実証を行う大手機械メーカーの衛星や、宇宙で微生物を観察する大学の衛星、それに、全国10の高専が開発した木星の電波を観測する衛星などです。又、9日は日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんが搭乗して地球に帰還するために飛行していた宇宙船などを避けるために、急きょおよそ4分遅らせての打ち上げとなりました。「イプシロン」ロケットは小型の人工衛星を低コストで打ち上げようと開発され、8年前の初号機から今回まで5回連続で打ち上げに成功したことになります。人工衛星開発の大学生ら「努力が報われた」宇都宮市にある大学の学生たちが開発した小型の人工衛星が予定の軌道に投入されて打ち上げが成功したことを受け、学生たちはほっとした表情を見せていました。宇都宮市にある帝京大学は地元企業のサポートを受けながら10年ほど前から人工衛星の開発に取り組んでいます。大学の教室では学生や企業の関係者らおよそ30人が集まって現地からの映像を見守り、午前11時すぎに人工衛星が予定の軌道に投入され打ち上げが成功したことがわかると、学生たちがほっとした表情を見せていました。学生プロジェクトマネージャーで4年生の杉本秀真さんは「打ち上がってくれて一安心するとともに、1年生の頃から開発してきた努力が報われました」と話していました。帝京大学の河村政昭准教授は「衛星が宇宙空間に行ってくれてまずはほっとしています。ミッション成功に向けてこれから始まる運用に力を入れたい」と話していました。

f:id:penpensosss:20211110102717j:plain f:id:penpensosss:20211110102732j:plain☆ハタハタ記録的な不漁で「まだ一度も食べてない…」!。全国有数の漁場、兵庫・但馬沖で水揚げ9割減!。香住漁港西港で昨年9月の初競りに掛けられたハタハタ=兵庫県香美町香住区若松 山陰沖で沖合底引き網漁が解禁された9月、兵庫県が全国トップクラスの水揚げを誇るハタハタの漁獲量が、前年の約1割に落ち込み、記録的な不漁に終わった。主要な漁場への来遊が極度に少なく、漁師も早々と他の魚種へ狙いを変えたことなどが要因とみられる。店頭に並んだ期間もごくわずかで、地元の消費者らは「まだ一度も食べていない。寂しい」と残念がっている。 ハタハタは日本海を回遊する魚で、秋田沖と朝鮮半島東岸沖が二大産卵場。山陰沖は若い魚が豊富な餌を食べて成長する海域として知られ、小ぶりでも身に脂が乗っているのが特徴だ。漁期は主に9月と3~4月という。兵庫県但馬水産事務所によると、今季は豊岡市香美町新温泉町の漁港で、漁船40隻が操業。しかし、9月の漁獲量は、過去3年平均(約210トン)に比べ9割減の約26トンにとどまった。兵庫県の過去10年の総漁獲量は年間約1100~約2600トン台で、漁業関係者は一様に「あり得ない数字」と驚く。同県但馬水産技術センターによると、秋の漁場となる鳥取沖や但馬沖で8月に実施した調査では、主な漁獲対象の1歳魚(14センチ前後)が2005年以降で最も少なかった。さらに9月にかけて何らかの原因で「成熟した2歳魚(16センチ前後)や3歳魚(18センチ前後)も例年より早く産卵場に移動した可能性がある」と推測する。追い打ちをかけたのが、大きいものではかさの直径が1メートルを超えるエチゼンクラゲの大量発生だ。不漁の上、網を破られるなど漁獲の妨げになることを嫌い、初航海のみでハタハタ漁を断念した漁師もいた。香住漁港西港(香美町)では、9月中旬に水揚げがなくなり、同月の漁獲量は、前年同月比9割減の約6トンに低迷。但馬漁協の販売担当者は「漁獲金額の減少はもちろん、名産の干物を作る水産加工業者に原料を提供できないのも痛い」と嘆く。同町の主婦(61)はスーパーで一時見掛けたが、価格の高さに購入を諦めた。刺し身や唐揚げ、煮付けなど幅広く調理できる食材だけに、「今年はもう、旬に食べられないと思うと悲しい」と話している。

f:id:penpensosss:20211110103122j:plain☆水族館前の海底に見慣れないエビ、実は新種でした「きれいです」!。トゲツノミナミロウソクエビ=平林勲さん提供 串本海中公園センター水族館(和歌山県串本町)は、水族館前の海底で採集したエビが新種とわかり、論文が海外の学術誌に掲載されたと10月29日に発表した。水族館係長の平林勲さん(31)が2018年7月、ダイビングをしていて、水深10メートル前後の海底で体長約5センチの見慣れないエビ1匹を見つけた。エビの分類の専門家で千葉県立中央博物館動物学研究科長の駒井智幸さんに識別を依頼。駒井さんが、国内では6種類しか見つかっていない「ミナミロウソクエビ」属の新種と判断した。今年7月までに4匹を採集し、いずれも新種とわかった。エビは、頭の先端から鋭くとがった2本の触角が飛び出している。この特徴で同じ属のエビと区別できるという。この特徴から、駒井さんは「トゲツノミナミロウソクエビ」と命名した。平林さんと共著で発表した論文が10月20日付でニュージーランドの学術誌「ズータクサ」(WEB版)に掲載された。採集された5匹は標本にされ、同博物館で保存。別に採集された3匹が水族館で展示されている。平林さんは「半透明の体に白い星のような斑点がある、きれいなエビです。ぜひ、見てください」と話している。

f:id:penpensosss:20211110104349j:plainf:id:penpensosss:20211110104247j:plain名古屋駅前、ナナちゃん化粧直し 15年ぶり、来月に再登場!。捕修のため解体される名古屋駅前の巨大マネキン「ナナちゃん」=9日午後 名鉄百貨店名古屋市)は、名古屋駅前の待ち合わせスポットとして有名な巨大マネキン「ナナちゃん」の補修に乗り出す。9日に解体撤去作業を始め、15年ぶりに「お化粧直し」する。12月1日の店舗リニューアルに合わせて再登場する予定だ。ナナちゃんが補修のため撤去されるのは、2006年10月以来。時間の経過とともに汚れや傷が付いており、頭や腰など7個のパーツに分解し、トラックで京都市の工場に運んで補修する。高さ6.1m、重さ600キロのナナちゃんが立っていた場所には、妹のマネキン「ミナちゃん」(高さ1m)が置かれ、ナナちゃんの帰りを待つ。

f:id:penpensosss:20211110110650j:plainこども園に刃物持って侵入の疑い 31歳容疑者逮捕 宮城 登米!。9日午前、宮城県登米市認定こども園に刃物を持って侵入したとして、31歳の容疑者が建造物侵入の疑いで逮捕されました。職員や園児にけがなどはありませんでした。調べに対し「子どもを殺す目的で侵入した」と供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。逮捕されたのは登米市豊里町の無職、大槻渉容疑者(31)です。警察によりますと9日午前10時40分ごろ、近くにある認定こども園に刃物を持って侵入したとして、建造物侵入の疑いが持たれています。職員が園の周辺をうろつく大槻容疑者を不審に思い、園庭で遊んでいた園児を建物内に避難させたうえで声をかけたところ、突然、高さ1メートルほどのフェンスを乗り越えて、園内に侵入してきたということです。その際、刃渡り12センチの刃物が地面に落ちたため、容疑者は拾い上げて職員を切りつけようとしましたが、複数の職員に取り押さえられ、駆けつけた警察官に引き渡されました。職員や園児にけがなどはありませんでした。警察によりますと調べに対し「子どもを殺す目的で侵入した」と供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

f:id:penpensosss:20211110110734j:plain

★アパートで火事 70代男性死亡 たばこが酸素吸入装置に引火か!。西東京市のアパートで火事があり、この部屋に住む70代の男性が亡くなりました。部屋にあった酸素を吸入する装置が焼けていたことから、警視庁はたばこの火が燃え移った可能性があるとして調べています。警視庁や東京消防庁によりますと、8日昼前、西東京市北原町の2階建てのアパートから火が出て1階の部屋の内部が焼けました。部屋には70代の男性が1人で住んでいて、病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。関係者によりますと、男性は病気でほぼ寝たきりの状態で、近くにあった酸素を吸入する装置が焼けていたということです。又、周辺にはたばこの吸い殻が落ちていたということです。警視庁や東京消防庁はたばこの火が装置に燃え移った可能性があるとして、当時の状況を詳しく調べています。酸素を吸入する装置を使うと顔付近の酸素濃度が高くなり、これまでもたばこの火などが引火して火災が起きるケースが相次いでいて、消防などが注意を呼びかけています。酸素吸入装置など使用時の火災相次ぐ医療機器メーカーなどで作る業界団体「日本産業・医療ガス協会」によりますと、自宅で酸素を吸入する装置などを使用していて火災が起きるケースは全国であとを絶たず、2003年以降、ことし8月までに少なくとも85人が亡くなっています。装置を使っている時にたばこを吸おうとしてライターを顔に近づけて引火したり、台所で調理をしようとして火災になったりするケースが確認されているということです。この装置は、周辺の空気を取り込んで酸素を濃縮し患者が鼻や口から吸うため顔付近の酸素濃度が高くなり、わずかな火でも燃え広がるおそれがあるとして国などが注意を呼びかけています。東京消防庁調査課の山崎武見消防司令補は「装置を使用中はわずかでも火気があると顔の近くで燃え広がるおそれがあり大変危険だ。周りにいる人も含めて十分に注意してほしい」と話していました。